カテゴリー別アーカイブ: 安眠系パワーストーン

安眠にお勧めのパワーストーンについて書かれた記事を集めています。神経を落ち着かせたり不安を取り除いたりといった意味のパワーストーンが集まっています。

スモーキークオーツ・不安は作られる・ 2018年8月31日

スモーキークオーツ(Smoky-quartz)
スモーキークオーツ(Smoky-quartz)

スモーキークオーツ・不安は作られる・ 2018年8月31日

スモーキークオーツが出ています。

今回スモーキークオーツに期待するのは「想像による不安をかきたてないこと」「静かに待つこと」です。

スモーキークオーツは一般的に「安眠系」としての用途が言われますが、そのもとになる働きは、ひと口に言って「無意識下での問題解決」と言えます。

そういった、自分では気づきにくいところの、心に抱えた問題の解決から、それが安眠につながる感じがありますね。

さて、カードは「月」。

少しばかり要注意と言えますが、このページをずっとお読みの方は恐ることはありません。

月のカードは不安や恐怖といったマイナス感情の象徴です。ことによってはトラウマに触るようなこともあり。

しかしながら、自分で作ったものならば、それはみな消すこともできます。

また現実に起こっているまずい事態をどうにかして消したいのであれば、それに取り組んでしまい、通り抜けることしかありません。

  • 自分で作った恐怖は消せる
  • 現実に起こっているまずいことなら、手を下す

これら二つのアクションで大方のことは進展を見るでしょう。

(トラウマに触れたのなら、ちょっと我慢でやり過ごすのも方法)

月の影響の再考察

以前のコラムで、「月が人の生活に影響を与えるという顕著なデータは得られない」という研究結果があるということを書きました。

古くから、満月や新月の夜には事件事故が起きやすいという話がありましたが、
きっちりとデータを取ってみるとそんなことはない、という話です。

筆者としては経験上、にわかにはこの情報を信じることができなかったのですが、今回の月のカードでふと思うことがあります。

月齢にかかわらず、事件事故の件数はもしかしたら「変化なし」かも知れません。

しかし、「変な事件、事故」の率が上がってはいないだろうか?ふと思うのです。

事件なら、動機が理解できないとか、なぜこんなところでこうなる?という事故が増えないかという感じがするのです。

統計的には多分「件数」のみが計上され、その事件事故の「異様さ」は見ていないかと。

まあ、「異様さ」というのは数値化しにくいですから統計データ化するには難しいかもですね。

ふとそんなことを思いました。

さて、今日は木曜日、今週最後の更新となりました。
それでは良い週末を。また次の日曜に更新します。

明日が良い日でありますように。

公開日:2018年8月30日 最終更新日:2018年8月30日

スモーキークオーツ・問題は解消する・ 2018年6月26日

スモーキークオーツ(Smoky-quartz)
スモーキークオーツ(Smoky-quartz)

スモーキークオーツ・問題は解消する・ 2018年6月26日

スモーキークオーツが出ています。

スモーキークオーツに求めるのは「想像による不安を消す」。

スモーキークオーツと言えばこのサイトでも非常によく出てくるパワーストーンですね。

特に使用者の内面の問題解決系としては重宝します。と言いますか、多くのことは本人が内面を変えることから取りかかる以外に物事が変わっていかないことがほとんどなのでスモーキークオーツの使用率も高くなります。

そこでスモーキクオーツの働きとして最重要なのが「「心に隠し持つ闇の部分」にスポットライトを当て、それをクローズアップする」と言えます。

もちろん、本人としては「心に隠し持つ」というつもりはないにせよ「見たくないので伏せておく」ということは少なくありませんよね。

さて、カードは「ソードの9/リバース」。

これはリバースの方が良いカードと言えます。

問題は解消に向かう兆しです。

もしも考えることが先行したがために作ってしまっていた問題であればなおさら。

これを機会に「問題は自分の考えによっても作られる」ということを知ることができるかもです。

そうして、単に安心するのではなく、人間関係においては些細なことにも気を配って誠意を尽くすように務めてください。

今回の問題解消を経験として成長があるかもです。間もなく安心と幸運がおとづれるはずです。

先に考えることの弊害

考えることによって可能性を全部摘み取ることができるほど、考えは邪魔になることがあります。

これはよくある例えですが、自分の行く手の信号が全部青になるまで出発できない、というのはまさに考えが可能性を邪魔しているパターンですね。

あれはこれやと考える前に「見てみよう」これがここしばらくの課題です。

考えるのは「見てから」でも遅くはありません、というよりそうするべきでしょう。

できない理由を挙げることは100でも1000でもピックアップできますよね。

可能性を生かすには、考えるよりも「見る」ことを優先しましょう。

そして見てから考えましょう。

慌てて悪いことを考えることに何もメリットはありません。

それに「後悔」ということも「考え」によって作られます。

現時点においての後悔ということが、役に立つ例というのはほとんどありません。

次に起こり得る何かを「見た」後、過去の事例でつけた知恵を使って対処しましょう。

明日が良い日でありますように。

公開日:2018年6月25日 最終更新日:2018年6月26日

スモーキークオーツ・考えを変えれば解放される・ 2018年6月13日

スモーキークオーツ(Smoky-quartz)
スモーキークオーツ(Smoky-quartz)

スモーキークオーツ・考えを変えれば解放される・ 2018年6月13日

スモーキークオーツが出ています。

スモーキークオーツに求めるのは「想像による不安を振り切る」です。

スモーキークオーツはこのページでも度々登場しますが、パワーストーンの働きとして自己実現系のために欠かせない作用を持っているからに他なりなません。

また、スモーキークオーツは「安眠系」として有名なストーンですが、その作用の根底には「不安を解消する」ことがあります。

さて、カードは「ソードの8」。

これが意味するところは「焦り」や「行き詰まり感」です。

しかしながら、そもそもカードが示唆しているのは「足止めをしているのは自分自身だ」ということのようです。

それを理解して一歩踏み出せば、過酷な状況から解放されることが暗示されています。

「不安」について無謀に深掘りしよう

このコラムでは再々に渡って「不安」について語っていますよね。

実際のところ、人の人生を邪魔しているのが「不安」というこのふた文字ということが多いからでしょう。

さて、この不安を解消する方法は三つ。

  1. 不安に思うことをやめる
  2. それが不安でなくなるように対処する
  3. 不安だと言っている場合でない事態になる

まず、不安ということは自分で作らない限りはそこに存在しません。

ちなみに、不安がる動物は人間だけでしょう。

人間には良くも悪くも想像力というものがありますから、不安をも自由に想像できてしまいます。

この想像は、誰に強要されるでもなく、その人が自由にできてしまいますから本当に始末が悪いことです。

ならば、不安な想像をやめれば良いのですが、それができないから悩むのですよね。

そこでヒントですが、想像をやめるには「想像できない状態」を作れば良いのです。

想像は未知のことについてあれこれ自分で作り上げることですよね。

だったら、作り上げないで済むように、実際に見てしまえば良いのです。

「あの人が私のことを嫌いだったらどうしよう?」と不安なら、もう率直に聞いてしまいます。で、結論を得ます。

そしてダメが出たら、次に行きます。

わぁ〜、なんと過激な、と思われるかもしれませんが、ね、不安のネタが消えてなくなっているでしょ。

次に、不安がっていられないほどに忙しい状況にはまり込むと、何かを不安がっている場合ではなくなります。

ですから忙しい人は不安を想像する暇がありません。

周りにいる忙しい人を見てください。何かに不安がっているでしょうか?

さて、上の二例に共通するのは、とにかく「行動していること」です。

考えて堂々巡りや不安が起きるなら、行動することによって様々に物事が動き出しますよ。

考えでもって想像することをやめられないと思ったら、とにかく行動を起こしてみてください。

こんな時にもスモーキークオーツはきっと役立つと思いますよ。

明日が良い日でありますように。

公開日:2018年6月12日 最終更新日:2018年8月7日

スモーキークオーツ・静観しよう・ 2018年5月25日

スモーキークオーツ(Smoky-quartz)
スモーキークオーツ(Smoky-quartz)

スモーキークオーツ・静観しよう・ 2018年5月25日

スモーキークオーツが出ています。

今回スモーキークォーツ求めるのは「心の平静、平安」そして「深みにはまらない」ことです。

ただし、これは単に癒し系と考えるより、問題解決系としての平静を得ることが主たる働きと思ってください。

さて、カードはちょっと要注意の「ペンタクルの女王/リバース」。

何かガッカリな出来事の暗示。

そうして不安や孤独、疑いの気持ちが渦巻く感じがぁ〜!!

でもね、これを乗りきったら希望を見出すことができそう・・・ということのようですよ!(ちょっとひと安心)

ですからここはスモーキークォーツを使い、心に平静をもたらしましょう。

ちょっとお休みモードでも構いませんから、少しゆっくりと落ち着いて、ことの次第を見守りましょう。

自分から不安においちいることはありませんよ。

何度でも書こう「不安」ということ

もうタイピングする指にタコ気味に書きますが「不安」は作らなければそこには「ありません」。

もちろん、外の環境によって「恐れ」をあおられれば不安にもなるでしょうが、それでもそれは自分で作っています。

不安の元になるのは「恐れ」です。これを改めて感情のレベルで確認します。

感情のレベル 参考資料

(↑クリックで解説ページへ)

ここを見ると「恐れ」の二つ上に「怒り」がありますよね。

もしも恐れを感じたら、ガンとして二つ上の「怒り」に登ってください。

こればかりは自分を奮い立たせてそうするしかないと思いますが。

不安、恐れを感じたら、そこにとどまるのではなく「ちくしょ〜!」と思ってください。

「怒り」にいる方が「恐れ」よりもよほど生存率が高まりますよ。

ええ、そうですとも「逆ギレ」で構いません。

ね、そうすれば昨日までのいじめられっ子が今日は「逆ギレするやばいやつ」にまで浮かび上がることができますよ。

ね、生存率が上がりそうでしょ。

バカな話に見えるかもしれませんが、本当です。

「感情のレベル」の図表はこのように使う、というひとコマです。

おっと、今週最後のコラムになりました。それでは良い週末を。また次の日曜夜に更新いたします。

明日が良い日でありますように。

公開日:2018年5月24日 最終更新日:2018年5月24日