カテゴリー別アーカイブ: 安眠系パワーストーン

安眠にお勧めのパワーストーンについて書かれた記事を集めています。神経を落ち着かせたり不安を取り除いたりといった意味のパワーストーンが集まっています。

スモーキークオーツ・心して当たろう/ペンタクルの女王/リバース・ 2018年1月18日

スモーキークオーツ(Smoky-quartz)
スモーキークオーツ(Smoky-quartz)

スモーキークオーツ・心して当たろう/ペンタクルの女王/リバース・ 2018年1月18日

ここのところまずまず良いカードばかりが続きましたが、今回ばかりはちょっと要注意。

それでもね、こんなことは普通に起こります。

思わぬアクシデントの気配あり。

絶対に大丈夫と確信していたことがダメになって超がっかりするような気配です。

また、自分自身に非がなくても災難がやってくることは誰にでもあり得ます。

しかしながら、このカードは「この状況から抜ければその先は明るい」という暗示も含んでいますから・・・

どんなことが起きようと心して当たりましょう。

今おかれた状況から最善を尽くす・・・いつだってこれしかありません。

こんなとき、パワーストーンとしてはスモーキークオーツを取り上げましょう。

スモーキークオーツは安眠効果以外にも有用な働きが多いパワーストーンですよ。

スモーキークオーツ・心の闇に希望の光

人がアクシデントに見舞われると、身動きが取れなくなることがあります。

交通事故を起こした人が、自分には怪我がなくとも呆然としたりします。

これに関しては心の働きが非常に優位に立っているようです。

これは精神が心に負けている状態。これどういう意味か・・・

そこで、まずは人間の構造についてある観点から観察してみます。

身体・心・精神

人間は「身体」「心」「精神」という三部門に分けて考えることができます。これらがどこにあるか、ではなく、機能としてこのように分けられるという話です。

「身体」というのはまったく物質的なことで、見たり聞いたり味わったりができます。センサーの役も負っていることになります。(もちろん、物質的な面で何かする、という役も)

身体というセンサーがキャッチした景色を心が受け止め、そして「すばらしい景色だ」と感じたりできるわけです。

それ以前に暑さ寒さとかも同じことですね。

身体が得た情報に心が動かされ、感情が沸き起こるという段取りです。

そしてその感情をさらに「精神」が受け取り、最終的な処理がなされるようです。

その感情が望ましいならそのままに、もしも何か対処が必要となれば、精神は心に働きかけて対応策を取らせます。

身体が寒いという情報を心に送り、精神はその対応策を作り、それを心に返して暖を取るような行動を取らせます。

さてさて、人が何かを喜ばしく肯定的に捉えたり、またはことによっては感情を抑えて「辛抱」したりできるのは、そこに「精神」があるからでしょう。

こうしてみると、精神はそこそに心や感情を統制できる存在となります。

ですから、感情が関わる何かを統制するためには精神の機能が十分に働くことが必要というわけです。

パワーストーンの意味や効果の解説として、よく書かれていることに感情に対しての働きかけがあります。しかし実際には、感情を統制している精神に働きかけているのが正解です。

ですから、今回取り上げたスモーキークオーツに関しても同様です。

スモーキークオーツの働きとして「心の闇に希望の光」というのは、心が作った感情を精神がコントロールできることを取り戻す・・・そんな感覚に近いです。

実際には他のパワーストーンでも同じですね。

「心の波を鎮める」といった作用を持つパワーストーンもたくさんありますが、これらは直接心に作用しているのではなく、心をコントロールしている精神の能力を取り戻している・・・これが正解です。

そして精神の大きな仕事のひとつは、心に起こる不合理な反応を処理していくことです。

コラム冒頭で書きました「交通事故を起こして呆然としている」様子のこと。

これ、心の「不合理な反応」です。

この不合理な反応は、根本的に生存にかかわります。

これを処理するのは精神が負っている役割であり、そして、ここ何度か書きました「決定」も精神の仕事です。

ややや・・・長くなりましたが、パワーストーンの働きを解説しようとするとこんな話にもなってしまいます。スミマセン。

あ、でもね、簡単に書けば、精神が心に負けたら・・・それは野獣と同じ。

でもね・・・昔からある精神論を言っているのではありませんよ。

精神は、自らの生存のためになるように、いつも合理的な判断をして心を統制することが望ましい・・・ただそれだけなんです。

セレニティアスでは、パワーストーンに助けてもらってもそれを実現できるようになったらいいなと考えているわけです。

明日が良い日でありますように。

スモーキークオーツ・過去も未来も気にしない/ワンドの9

スモーキークオーツ(Smoky-quartz)
スモーキークオーツ(Smoky-quartz)

2017年2月17日 スモーキークオーツ・過去も未来も気にしない/ワンドの9

すでにやることはやって、今現在結果待ちの状況かもしれません。

これまでにミスはなかったかなどとハラハラしているかもです。しかしながら心配は無用です。うまくいった状態だけを思い描いてください。

それと、緊張状態で心が疲れ気味ではありませんか?

少し心を緩める方が良い運気の波に乗りやすくなりますよ。悪い結果を想像して自爆しないように。

待っている結果はもうすぐ手に入りそうですから。

このようなときにオススメのパワーストーンはスモーキークオーツ

スモーキークオーツに求めるのは「悪い想像を止める」こと。スモーキークオーツは「安眠の石」として使うことが多いのですが、これはそもそもがしっかりと問題を見て打つべき手は打つ、そして結果を待つということから起こるリラックスと関係があります。そして未来に起こることに対して受けて立つというスタンスですね。悪い想像が入り込む隙はなくなるでしょう。

時間の正体

「過去に縛られる」「未来を憂う」などなど、人間は時間を中心に様々に思考し、感情を動かします。

ところで、過去とか未来という、時間とはいったい何か?昔から多くの学者が考えているようですが、その正体に確定的な結論はないようです。だって「時間」というものが本当に存在するかどうかさえ疑わしいのです。

本当には存在しないかもしれない何かについて、その正体などわかりません。

ただ、現状の最有力な説として「時間は人間が考えた便宜上のもの」であってその実態は存在しない、ということのようです。あくまでも「考え」であって「便宜上」のことなんですよね。

筆者自身はその説が正しいと思っています。

もう少し解説しますと、例えば「過去」は実際には存在しない。ということがあります。しかし、人は「過去」を振り返ることをしますよね。昨日とか、一年前とか、自分が幼かった頃とか・・・

しかしながら、この「過去」はその人の記憶の中にしか存在しません。こうなると、SFの中に出てくるようにタイムトラベルで過去に戻るということはできないということになります。ちょっとつまらないですね。

同様に未来も、それはその人が思い描くことによってしか表現されません。それも人の考え以上のことでしかありません。

すると、実際にあるのは「現在」だけ、ということになりそうです。過去も未来も単に考えなのです。

ところが、人は人生において大いに「受け身」として時間という概念を与えられます。それはカレンダーであったり、時計であったりです。

「今日は何日?」「今何時?」「あと何分?」これら全部受け身ですよね。時間は全て与えられた状態でこの地球上で育ちます。

そこで、大きな提案ですが、自己決定として「時間」を作ってみてください。

これってとっつきにくいおすすめですが、時間に追われるか、自分が時間を追いかけていけるかの大きな分かれ目になることがらです。

「時間を作ってください」

「わかった、やりましょう」とあなたが言えたとき、時間に追いかけられることはなくなるでしょう。本当ですよ。

ところで、今度のカード「ワンドの9」ですが、要するに過去や未来を気にしてはいけないということですよ。気にしようにも、過去も未来も本当はどこにもありませんから。

それらはみんな単に「考え」の中にしかないのですから。スモーキークオーツで安眠してしまいましょう。

明日が良い日でありますように。

公開日:2017年2月16日 最終更新日:2017年2月16日

スモーキークオーツ・克服することが現れる/月

スモーキークオーツ(Smoky-quartz)
スモーキークオーツ(Smoky-quartz)

2016年10月12日 スモーキークオーツ・克服することが現れる/月

ううむ、ちょっとばかり要注意なカードですが、そのためのアドバイスも。

むしろこれは「ありがち」なことでしょう。

モヤモヤとした不安が無視できない状態になってきそうです。しかし、恐怖や不安に支配されないように冷静になることで乗り切れます。

想像による不安なのか、現実的な危機なのかこれをしっかり見極めましょう。現実的な危機なら、さっそく対処するのみです。考えている場合ではありません。

想像による不安なら、それは勝手に自分が作っているだけですから、すぐに捨ててください。

そしてこれは、あなた自身が越える必要がある壁のようです。これを越えることで一段上の段階へ登ることでしょう。

もしかしたらトラウマの克服といったことがこれに含まれるでしょう。

不安の多くは、過去の出来事から引っ張ってくる何かにすぎません。

このようなときにオススメのパワーストーンはスモーキークオーツ

スモーキークオーツに求めるのは想像による不安を取り除くこと。精神安定という方面での作用に期待します。ただこのストーンは安眠系としても使いますから、これが効きすぎる人は車の運転など気をつけてください。ブレスレットとして使うだけでつい眠くなる人がいますよ。

ゲームについて理解しよう(その2)

今回のカードは「生じる不安」をなんとかしなければならない、ということのようです。

さて、ここにゲームがあります。

不安は自分で作るもので、それに打ち勝つというのですから、対戦者は自分自身となります。

いうなれば一人相撲ですよ。

魂はいつもゲームを求めているという事実があります。どんなゲームでも何もないよりはよほどましなのです。どんなバカなゲームでもやってしまいます。

不安と戦うヒマがあれば、その時間で現実的な問題に対処した方がよほどまともなゲームとなるでしょう。

もしもゲームが全くない状態になると、人はかなり落ち込んだ状態になります。無気力にいるよりか、不安におののいている方がマシといえばまあ、マシかもしれません。

昨日はゲームの中で自分がどんな役割をするか?ということを書きましたが、多くの場合はその役割というのが自分自身で決定できず、人のいいなりになっていることが多いわけです。

そして自分で決めようとしても、それは教育とかマスメディアによって創られた「役割」しか思い描くことができません。ですので昨日書きましたようにゲームを作ったり、役割を演じるには本当の意味での教養が必要です。

例えば「親として良い家庭を築く」というゲームを立てたとしましょう。ここでいう「親として」の部分をきっちりと自分なりに定義できなくてはなりません。単に社会習慣やテレビに出てくる典型的な「親」や、これまで自分が教育された「親」では、自分のゲームになりません。

自分で役割を決めること。これはかなり大切です。

明日が良い日でありますように。

公開日:2016年10月11日 最終更新日:2017年12月3日

スモーキークオーツ・打つ手はある!/ワンドの6/リバース

スモーキークオーツ(Smoky-quartz)
スモーキークオーツ(Smoky-quartz)

2016年5月30日 スモーキークオーツ・打つ手はある!/ワンドの6/リバース

要注意なカードですね。そしてそれに対するアドバイスです。

悪い予想が当たったり、目標まであと少しのところで諦めざるを得ない状態になることも。

かなりがっくり、どうしたものかと途方にくれることがあるかも。

思うような成果を感じることができなかったならば、それはあなたの中で恐怖心のせいかもしれません。

勢いだけではどうにもならないことがあることを認めましょう。

しかし、手段はあるはず。考えらるあらゆる手段を動員して現状に立ち向かい、現状を打開しよう。

このようなときにオススメのパワーストーンはスモーキークオーツ

目先の恐怖心にとらわれず、知的能力を使えるようにサポートします。自分自身が「壁」だと思っていることを探り出し、その問題を解決する方法を導き出せることでしょう。

「欠乏」と「所有性」そしてダイエット

暖かい季節になると薄着になり、そして「ダイエット」が流行りだします。ですよね。

さて、今回のコラムではこのダイエットについて、これまでに書いきた知識の中から思い当たることをピックアップします。

で、ダイエットの前に「太っている人」というのは根本的に「欠乏状態」がある、ということを頭に置いてください。これは栄養学的な「欠乏」でもあれば、他の諸々の欠乏とも関係しています。

(ただ、肥満傾向があるすべての人がそうというわけではありません)

そしてその欠乏状態というのは「所有性」がないことと同義です。
(欠乏のメカニズムについては過去記事で触れていますね)

で、自分は欠乏しており、何も所有できないと自分で決めていると、その結果何をするかといえば、「食べます」「溜めます」で、太ります。何かを保持できない、所有できない、と(深層で)思っている人は何でも溜めるのです。
(ゴミ屋敷の住人も同じこと)

ここで、医学的に不思議な話ですが、100gの物を食べて、100g排出すればプラス・マイナスで体重変化なしと思うでしょうが「所有性のない人」というのはそんな算術とは関係なしに太れます。計算が合いませんがこれが現実。

ここで「溜める」と言っても単純に「脂肪」を溜めるという簡単なことには収まりません。その人は「何でも」溜めます。

さてさて、ダイエットの世界では誰もが簡単に「リバウンド」ということを口にしますよね。

リバウンドは、ある時期までうまく推移していた「体重減少」が、あるときふと油断するか、急激な体質変化かなんぞで「体重増」に反転する現象ですね。

このリバウンドのせいでダイエット前よりも体重が増えたりもします。

これは医学的に様々なことが言われ、栄養学的にある程度の答えも出ているでしょうが・・・

しかしながらもう一つ、簡単な答えがあります。

先に書きました「太っている人は欠乏している」がそのヒント。

で、ダイエットと称して「食べるもの」を減らしたとしましょう。それではもっと「欠乏状態」を作っていることになります。そりゃすごいリバウンドが訪れるでしょうに。

ただでさえ欠乏しているのにもっと食べ物を減らして所有性を落とすわけです。

ですから、正しいダイエットは、絶対に所有性を落としてはなりません。

これを普通の医学的にいえば、必要な栄養素をアップさせるべきなのです。
それらを十分にアップさせて所有性を高め、その上でカロリーだけ減じるという方向へ持って行く必要があるのです。

ですから本当は、その人の欠乏を正し、所有性をアップさせると太ることはなく、痩せるのも簡単です。

自分自身の記憶の中で、あなたの所有性を減じた事件がなかったでしょうか?

おもちゃを取り上げられた、誰かが去って行った・・・子供の頃にそんな記憶はありませんか?

この話、続きがあります。知りたいですか?

明日が良いに日なりますように。

公開日:2016年5月30日 最終更新日:2016年5月30日