カテゴリー別アーカイブ: 自己実現系パワーストーン

自己実現系にお勧めのパワーストーンに関する記事を集めています。小さなことでも何か成し遂げたいことがあるなら、このコーナーにあるパワーストーンがお勧め。

ハイパーシーン・リーダーシップを発揮しよう・ 2018年4月23日

ハイパーシーン(Hypersthene)
ハイパーシーン(Hypersthene)

ハイパーシーン・リーダーシップを発揮しよう・ 2018年4月23日

ハイパーシーンが出ています。(意味辞典に未記載)

これは「お尻叩き系」のストーンですね。「リーダーとしてさあやりなさい、突き進め」というときに使われるパワーストーン。

ハイパーシーンは特に、強く何かを成し遂げようと決心している人にお勧めで、そのためには捨てるべきものを捨てるという「断捨離系」にも使えます。

さて、カードは「皇帝」。

週の始めにふさわしいかもです。

思い描いていたことがようやくこの手でつかめるチャンスが到来しようとしています。(ただし、それをつかみ取るのは自分の実力でですよ)

そして、最高権力を表しているこのカードは大きな目標に向かって邁進する様子を示しています。

得たいものがあるならそのためにチャンスを待つのではなく、前向きに努力せよと告げています。

ただし、自分自身が権威主義的になって人を圧倒したりすることがないように。

そしてあなた自身が誰かの権威の影響下にあることを表していることも。

「努力」について少し深掘り

このコラムでは「努力」についてあまり肯定的でない書き込みがあります。

今回は「皇帝」のカードを題材にこれの復習編ですね。

さて、「努力」というのは道徳のコーナーとしては一応「尊い何か」として扱われることが多いです。

皇帝のカードでも「そのチャンスをゲットできるように努力せよ」と言ったお説教系と言えそうです。

「我慢してする何か」・・・努力というのはそんなニュアンスがありませんか?

これ、感情のレベルで言えば、せいぜいが「保守的」です。

思想的な「保守的」でなく、あくまで感情としての保守的ですよ。

感情のレベル 参考資料

それより低いレベルよりかなりマシと言えばそうですが、どうやっても保守的です。

感情のレベルとしての「保守的」は「責任」という分野においては意外にも「そこそこいい加減」と見て良いです。

これに関しては「え、なんで?」と思われるかもしれませんが本当にそうですよ。世の中の保守的な分野の何かや人々をよく観察してみてください。

保守的のレベルより上にある「強い興味」とか「陽気」と言ったレベルの方がよほど責任ある処理ができます。

保守的な何かは、新しい事案について「強い興味」を持つこともなく、それに対して「陽気」になったりはしません。

そして「努力」というのは「保守的」の範疇のものです。

これがまた、非常に非効率なことであるのを思い出してください。

保守的な状態の何かが努力の結果何かを成すのにどれくらいの無駄が生じつつ時間がかかっているか・・・

ここで皆さんにお尋ねしますが、自分が興味を持っていることに対して、それをどうこうするときに「努力」が必要だったでしょうか?

必要ないですよね。

興味があったのでパッとやってみるといったことではなかったでしょうか?

そして本当に興味があったなら、何かハードルがあったとしてもやすやすとそれを乗り越えてしまっていませんか?

ハードルをハードルとも感じていないくらいに。

一方、退屈であったり、保守的な仕事をしていると、そこには努力が必要になってくるでしょう。

そこで、その仕事をどうにかして興味あることに変えていく工夫をすることで必ずや効率が上がるでしょう。

その効率とは仕事が単に早くなるだけでなく、楽しくできる、ということにつながるようです。

思考としてのお試しに、以下のことはどうでしょう?

あなたが、役所で住民票の発行係をしているとします。これは普通に見るとかなり退屈そうで、保守的以外の何物にも見えません。

でも、この仕事を興味を持って少しでも楽しくするにはどうするか?

筆者自身が観察するところによれば、見たところ普通に考えれば「退屈そうな仕事」にも関わらず、興味を持って楽しくしている人は存在します。

さてさて、最後にハイパーシーンについて触れておきましょう。

このパワーストーンはひとくちに言えば「指導者の石」。

物事に対して誠実に、思慮深く、そして決断力を得られるというもの。そして隠れた働きとして「そんなことできっこないさ」という過去からの呪縛を解く働きも。

まず最初にするべきは、自分に対してそれをすることだと思えます。自分自身の指導者になることが先決。

明日が良い日でありますように。

アジュラマラカイト・自分で満たそう・ 2018年4月20日

アジュラマラカイト(Azurite-malachite)
アジュラマラカイト(Azurite-malachite)

アジュラマラカイト・自分で満たそう・ 2018年4月20日

アジュラマラカイトが出ています。

アズライト(アジュライト)とマラカイトが合体いているパワーストーンですね。

アジュラマラカイトは「調和・協調」そして「適度な距離感」と言ったコントロール系を強化するために用います。

そして、コントロールに伴うのが「知識」と「責任」。

アジュラマラカイトの働きの根本原理として「意識をクリアーにする」があり、結局それはコントロールのための知識や責任能力の向上のもとになることでしょう。

さてさて、カードは「女帝/リバース」。

満たされない状態、枯渇、うまく行くと思っていたことが不発、不安感の暗示です。

(あまりにも、女帝の裏返しそのまんま)

この状態には変に愛情を傾けすぎて相手が立ち行かなくなってしまていることも含みます。

このあたりはアジュラマラカイトのコントロール系強化によって治されるべきところ。

また、失うことへの不安は過去の経験に対する反応として起こることでしょう。これに関してはまさにアジュラマラカイトを活用するための領域で、自分自身を現時点に連れ戻してくれることでしょう。

これもアジュラマラカイトの「意識をクリアーにする」という基本に備わった働きと言えます。

受け身でいると満たされない

「満たされない」「満たされる」

これ、受け身でやっていてもダメですね。

あまりに単刀直入。

もともと、人には創造する能力があります。

なので自分で自分を満たすことができます。

何かをどこかから持ってきて満たそうと思っても、それが去ったり壊れたりすればまたすぐに枯渇します。

何かを失うことの恐怖が、細胞の死滅という経験に関わる反応として存在することは前に書いた通り。これは単に、しなくてもよい反応ですよ。

さてさて、精神論みたいな話やめましょう。(でも本当ですけど)

そこで実質的に満たされる方法はないでしょうか?

そのひとつに挙げられるのが「自ら仕事を作って忙しくする」です。

自営業者なら、するべき仕事を自分で作ることはまずまずできるはず。

雇われている人であれば「私に○○をやらせてください」と名乗り出たり、実は怠慢によって溜めてた仕事を掘り起こして手をつけるのも方法。

満たされないと思う時、それは実は「ヒマなんだ」と思いましょう。

忙しくしていると「手一杯」です。

忙しくすることは、感情的な問題の多くを解決することを請け合います。本当に特効薬ですよ。

手帳をスケジュールでいっぱいにしてみてください!

さて、今週最後のコラムになりました。次は日曜の夜に更新です。

それでは良い週末を。

明日が良い日でありますように。

プレナイト・選択の時・ 2018年4月19日

プレナイト(Prehnite)
プレナイト(Prehnite)

プレナイト・選択の時・ 2018年4月19日

プレナイトが出ています。(意味辞典に未記載)

カードは「恋人たち」で、新しい旅立ちに先立つ「選択の時期」を表しています。

さて、そこでプレナイトですが、物事をやり遂げるために頭脳を明晰にし、正しい判断力を養うと言う働きのために使います。

そして、カード的にはあなたの選択が正しいことを暗示しているようですよ。

迷いを吹っ切り、好きな道を歩めと言っています。

そして何かを吹っ切ることとは、何かを捨てる必要性があるかもですね。

プレナイトは断捨離系にも有効で、これから育てていくべきことに不要な物を手放すことを促します。

「迷い」を深掘りしてみよう

迷うのはすなわち決断できない状態ですね。

これはこのコラムですでに触れているように、迷いとは、決断した状態について自分自身としては「責任をもてない」と言う状況です。

それに、決断ということは「選ばなかった方を捨て去る」ということで、それに未練があると捨てられず、そして決断できません。

その未練というのも、決断によって何かを捨てたその状態について「直面」できないということであって、要するに「責任が持てない」と同じです。

もっと普通に言えば「それを捨て去ることで、もしかしたらそのことを後悔するかもしれず、そうなった自分を見るのは嫌だ」です。

その人が、中途はんばな状態にどんな言い訳をしようと、本当は自分自身に責任が持てないという状態です。(持続するものには嘘があるの公理)

そうなんです。

責任を持てないがために迷うのは、そもそも将来の自分自身に責任を負えないからなんですよね。

ん?

「将来の自分に責任を負えない」

じゃあ誰が責任を負ってくれるのでしょう?

そんなことは誰にもできません。

未来の決定権は自分自身以外の誰にもありませんから。

明日が良い日でありますように。

ルチルクォーツ・磨きをかけよう・ 2018年4月18日

ルチルクオーツ(Rutile-quartz)
ルチルクオーツ(Rutile-quartz)

ルチルクォーツ・磨きをかけよう・ 2018年4月18日

ルチルクォーツが出ています。

これは「さあ!やりましょう!」と言う合図と思ってください。

ルチルクォーツは、とにかく「何かを成し遂げよう」としている人にはピッタリのパワーストーン。ビジネス、学業、研究などなど、感情のレベルで言えば「強い興味」以上を保って進もうとしている人にはおすすめですね。

さて、ここに出ているカードは「ペンタクルの3」。

久々に良いカード。ここのところ要注意系とかアドバイス色が強いものが多かったですが、ぼちぼちそこから脱出できそうです。

ペンタクルの3は自分自身の力が実際に向上していることを表し、それに伴って周囲からの評価がついてくるという暗示。

もしも、「今まで散々努力してきたけれど、どれもこれも成果が上がらず評価もされていない」と思っていたらそれは心配ご無用。くさることはありません。

自分が気づかないところで実力がついており、しっかりと評価が上がり、そしてそれが目に見える形となってもうすぐ実を結ぼうとしています。

この流れは当分続くようです。今が大事です。土台を強固なものにして行きましょう。

今ある実力にさらに磨きをかけてください!

成し遂げることに大切なこと

本当につくづく思う大切なことは、他でもない「持続性」です。

(これは一貫性と言い換えても良いでしょう)

何かを成し遂げようと思えば、やはりどうしてもある程度の時間がかかります。

何かを始めるのに取り付いたのは良いですが、それが長続きせずに放置されれば結局何も成し遂げられません。

まるでお説教のようになってイヤなんですが、どうしてもこれは事実です。

これまでの歴史上に出てくる偉業を成し遂げた人、そうでなくてもそこそこの成功者の誰を見ても、とにかく持続性があるのは確か。

例えばアスリートなら、そのスポーツについてわき目を振らずに人生の大半をその練習に捧げています。練習しないでメダルが取れるはずもありません。

何かの研究者でもビジネスマンでも、四六時中そのことを考えていて人生をそれに費やしています。

成功者を見たとき、様々な才能、環境云々の話をすることがありますが、実際に最も必要な才能があるとすれば「そのことを持続してやっていられる」と言うことに尽きると思います。

そのためにできる具体的なアクションは、時間管理と言えます。
(なにせ、人生は時間でできています)

「何時から何時はこれをする」

これを守るだけ。

子育てや介護中の人など、イレギュラーに対応しなければならないことはもちろんあるでしょう。それでもとにかく各自ができうる範囲で、子育てしながらでも自分が決めた時間管理の中で行動するしかないでしょう。

もちろん、融通を効かせなければならないことも多々あるでしょう。でも例えば一週間単位で帳尻を合わせると言った工夫をしながら乗り切るしかありません。

そこでこの「行動」が習慣化すれば、持続が楽になります。

習慣化するまで、ちょっと歯を食いしばってでも「自分が決めた行動を取る」をすることしかなさそうです。

これはそもそもが特別な才能がなくてもできることで、ちょっと頑張れば普通に才能がある人を追い抜くことすらあり得ると思えます。(そして持続することが最大の才能になるでしょう)

何かをやり遂げようと思う時、強力な助けになるのが、他でもないルチルクォーツなわけです。初志を通そうと思うなら、ぜひともルチルクォーツを活用しましょう。

明日が良い日でありますように。