カテゴリー別アーカイブ: 自己実現系パワーストーン

自己実現系にお勧めのパワーストーンに関する記事を集めています。小さなことでも何か成し遂げたいことがあるなら、このコーナーにあるパワーストーンがお勧め。

ターコイズ・ぐるりと回る運命の輪・2019年1月23日

ターコイズ(Turquoise)
ターコイズ(Turquoise)

ターコイズ・ぐるりと回る運命の輪・2019年1月23日

ターコイズが出ています。

ターコイズに求めるのは「流れに乗る」ことです。

これができる根本にあるのは「柔軟に物事を考えられるようになる」こと。

古い考え、習慣、しきたりにとらわれていると、流れに乗れないことしばし。

そして古い考えに縛られるのは感情のレベルとしては保守的以下の、まあそんなに高くない位置にいることを意味していますから。

それから日本では組織の中での同調圧力が高く、古いしきたりのようなことに絡め取られることも多々あるでしょう。

そこで、ターコイズの他の働き「自分は自分という信念を強く持てる」という働きも助けになりますね。

このあたり、意味辞典の方では詳しく触れていない部分です。

カード:運命の輪

これはまさに吉兆。

特にこれまで苦労のどん底にいたなら浮かび上がれるチャンスが到来していますよ。

しかし、あまりにどん底が長いために、そんな吉兆は信じられない、ということもあるでしょう。

しかし!運命の輪は回ります。

ただし、このチャンスをぼんやりして逃してはいけません!

タナボタを待つことがないように、この流れに乗りましょう!

先手が大切!

問題と人生(その2)

前回の記事では、人は人生において問題の解決者になるか、問題そのものになるかを選ぶことができる、と書きました。

今回はその続き・・・

さて、人は様々な問題を提起し、それを解決することを繰り返しますが、ときには問題の解決に完全に敗北することがあります。

そうなると、その人は解決者でなく問題そのものになります。(ただし、それ自体も自分で決定していますよ)

また、教育の過程において「お前は問題だ、お前は問題だ、お前は問題だ」と繰り返し押し付けられることで「自分は問題だ」と思い込まされることもあります。

「なぜこれができないんだ、部屋を片付けろ、なんだこの成績は、(お前は問題だ)」

これ、山ほどありますよね。

そして自分で自分をどうしようもなくなってしまい・・・

このような場合に起こり得ることとして、自分が問題で、もうどうしようもないと思った人は勝者(解決者)のふりをすることがあります。

で、何をするのかと言えば・・・

「なぜこれができないんだ、部屋を片付けろ、なんだこの成績は、(お前は問題だ」

と、自分が言われたことを自分の子供にします。

これってハラスメントの連鎖みたいなことですよ。家庭内だけでなく、会社や部活のような組織でも起こるでしょう。

この現象を端的に書きますと、「自分が問題になったと思った人は、勝者のふりをする」です。

これ、まずいですよね。

ハラスメントをしている人は、先に自分で解決できなかったという敗北か、教育による刷り込みがあった可能性大。

そこで、そうならないためには・・・

勝者のふりをするのではなく、自分が問題だと思い込んでしまったことを改める、または負けた問題について何があったのかをありのままに見るのが先決。

問題の解決者(提起者)になるか、問題そのものになるか、もともとそれは自分で選択できます。

明日が良い日でありますように。

ルチルクオーツ・実行するときが来た・2019年1月18日

ルチルクオーツ(Rutile-quartz)
ルチルクオーツ(Rutile-quartz)

ルチルクオーツ・実行するときが来た・2019年1月18日

ルチルクオーツが出ています。

ルチルクオーツに求めるのは「思い立ったらすぐ実行」です。

もう単純に、やる気を起こして前進しようとするときに使うストーンですね。

一般的には金運と言われていますが、それよりも実行力強化がルチルクオーツの本命。

ビジネスマン、営業マンが目標を掲げているなら、必ず使って欲しいストーンですね。

カード:戦車

名前の通り勇ましいカードです。見たまんまです。

挑戦するときが来ています。

どうしようかなぁ〜、自信ないしなぁ〜、と言っていると、いつまでたっても実行できませんよ。

このカードが出ていたら、そんな甘えを捨てて実行に移すべき。

何が苦手とか何が嫌とか言っている場合ではありません。

本当にやりたいことのために、理想を掲げて邁進するときが来ています。

未来は開けています。

苦手パターン(その2)

前回は過去の出来事と関連する苦手の4パターンについて書きました。

今回は「苦手な科目」について記します。

才能を疑う前に

特定の科目についてそれが苦手なとき、その理由のひとつに「間違って覚えた単語」があります。

意味を間違って覚えたり、正しい意味を知らないままに読み飛ばした単語があると、それから先の学習が進みません。

これ、大変重要なことです。

学習が進まないと、そこで「自分にはその分野の才能がない」と思ってしまうことがありますが、それは違う可能性大です。

単に、ひとつの単語について意味を取り違えたり、知らないまま、わかっていないままで進めようとした学習があまりにもはかどらず、嫌になってしまっただけかもです。

意味を正確に知らない単語、これを読み飛ばしてはいけません。

辞書を引き正確な意味をつかみ直しましょう。

文章の中に知らないでいたり間違って覚えている単語がひとつあると、その文章全体の意味がわかりません。

これをきっかけに、それ以降の学習が滞り、そして嫌になります。

知らない、または不正確な単語を見つける

学習が進まなく、つまらなくなった直前に知らない単語をつかんでいる可能性が非常に高いです。

ですから、どこでその学科についていけなくなったのかを調べ、十分について行けていたその最後の部分に怪しい単語がないかをチェックします。

才能のあるなしを言う前に、以上の点に注意してみてください。

苦手科目が消えると、むしろ新しい才能を発見するかもですよ。

そして、やれば取り返せませます。

明日が良い日でありますように。

レッドタイガーアイ・完成(この機を逃してはいけない)・2019年1月16日

レッドタイガーアイ(Red-tiger-eye)
レッドタイガーアイ(Red-tiger-eye)

レッドタイガーアイ・完成(この機を逃してはいけない)・2019年1月16日

レッドタイガーアイが出ています。(意味辞典に未記載)

レッドタイガーアイに求めるのは「チャンスをつかむこと」。

チャンスをつかむために、洞察力をアップさせ、困難に遭っても自信と実行力維持して進みます。

また、今まで尻込みしていたようなことにでも取り組む勇気を与えてくれるので、苦手なことに取り組むのにも役立ちます。

カード:世界

メチャクチャ良いカードです。

番号として21番。最後に位置し、これは完成形。

前回のワンドの6がうまく進んだ感じと言えます。

邪魔なことは消えてなくなり、行く手は開けて目的地に到達しようとしています。

世界を変えるほどの偉業さえ達せられるほどに良い状態を表します。

今まさに才能を発揮し、全力で当たれる状態なのです。

ゴールに達したあなたを賞賛する準備が整っていますよ。

ここで臆することなく自分を信じ、もう一息だと心してください。

そしてまた新しい取り組みを見出してスタートを切る準備を。

見ることと考えること(その2)

今回レッドタイガーアイを取り上げましたが、その働きにあるのが「洞察力のアップ」

洞察力:物事を深く鋭く観察する能力。
(スーパー大辞林より)

これ、まさに「見ること」ですよね。

別にね、鋭く観察しないでも、ただ「見りゃわかるじゃん」ということも多いです。

知るためには見ること、ただそれだけです。

ただし、これってただの視力の話ではありませんよ。視力が2.0でも見ない人は見ません。

前回の記事では「考えたり」「努力している」人は現時点で見ないで未来を見ていることを書きました。

これに関して補足します。

まず、現時点で「見ない」その理由の根底にあるのは恐怖です。

怖いから現時点を見ないで未来を見る、それは「取り越し苦労」であって「将来のための備え」ではありません。

将来のための備えが本当にできる人は、現時点で見ることができる人です。

現時点で恐怖のために見ない人は将来にもやっぱり見ることができません。ですよね。

今見られないものを明日なら見られるのか?

無理ですよね。

そして、未来のために今を「あくせく」しているのも現時点を見ないための「努力」です。

  1. 知っている
  2. 見ている
  3. 感じている
  4. 努力
  5. 考えている

「努力」は一見は尊いように思えるかもしれませんが、現時点で見ていないでする努力は単に「あくせく」です。

「あくせく」と働いていても何も変わらない、ということが世の中に沢山ありますが、これは「現時点を見ていない」という結果です。

あくせく:心にゆとりがなく,目先のことに追われてこせこせと気ぜわしく事をするさま。
(スーパー大辞林)

目先のことになぜ追われるか・・・実際には見ていないからです。

見ると、追われるのではなく追いかけることができるようになります。

明日が良い日でありますように。

プレナイト・選択のために見る・2019年1月15日

プレナイト(Prehnite)
プレナイト(Prehnite)

プレナイト・選択のために見る・2019年1月15日

プレナイトが出ています。

プレナイトに求めるのは「正しい情報を選ぶ」こと。

ちょっと前にも出たストーン・・・

ポイントになるのは「見ること」。

また、他の作用として持久力アップがあり、取り組みに関してそれをやり遂げる手伝いをしてくれます。

カード:ワンドの6

良いカードです。

目標達成のチャンスが訪れそうです。そして賞賛を浴びることになりそうです。

これまでには結構厳しいことを通り過ぎ、じっと我慢の時を過ごしていたかも知れませんね。

負けたゲームも多数あるのでしょうが、なんとか乗り越えてきた感じ。

ここで気を抜かずにもうひと押しすることが大切です。

今足を引っ張る出来事が起こったとしても、これをなんとか処理して進む心構えで行きましょう。慎重に注意深くです。

見ることと考えること

何かを解決しようとするとき、見ることよりも考えることをして先に進まないことが多々あります。

なぜ、見るよりも考えてしまうのかと言えば「見る」のは怖いと思ってしまっていることがあります。

考えることならば、自分が許容できる範囲内のことで治ります。

「フタを開けて見る」というのは、中から何が飛び出すかわからないという恐怖があります。

さて、復習として以下に何かを「知る」ことに関する段階を記します。(下に行くほど物事がわからないまま)

  1. 知っている
  2. 見ている
  3. 感じている
  4. 努力
  5. 考えている

何かを知ったり、知ることによって問題を解決しようとするなら、現時点においてそれを「知っている」必要があります。

ここで「考えている〜努力」というのは未来のことであって現時点のことではありません。

もちろん、将来のことを考えるのは大切なのですが、それが本当にできるのは現時点において「見て、知っている」人だけです。

そして現時点で見て、知っている人が問題を解決する主役たりえます。

例えば・・・

突然パソコンが動かなくなったとします。(問題です)

画面が真っ暗、そしてキー入力を受け付けません。

あれやこれやと考えます、考えて考えて・・・

原因はなんだろう?

しかし考えるのをやめて「見ること」をしてみます。

すると、そのパソコンが動かない理由を知ることになります。

「あ、コンセントが抜けている」

非常にシンプルですが、これ、笑い話ではありませんよ。家電修理のサービスマンのお話ではこのレベルのことが本当にあるのです。

パソコンの調子が悪いとか、画面が真っ暗なんて、この理由を見て知るなんて怖いと思うでしょ。

わーお手上げだー!と思うでしょ。

(これは考えですよ)

だから見られないのです。

しかし実際に見ると、コンセントが抜けているだけなんです。

非常にシンプルな例ではありますが、これが考えることと見ることの違いです。

正しい選択をしたいなら、考えの中よりも、見て知ったことから選ぶのが吉。

そのためには恐怖を乗り越える必要があるでしょう。

が、その恐怖はそもそもが自分で作ったものであることがほとんどなんですけどね。(またはわざわざ取り上げる恐怖)

プレナイトの断捨離作用をもってこの「作った恐怖」を捨てたいものです。

「わからなかったら、考える前に見てみよう」です。

正しい情報は考えの中ではなく、見たことの中にありそうですよ。

また、情報を選択ができないでウロウロしている人は、見ないで考えているからなんです。

明日が良い日でありますように。