カテゴリー別アーカイブ: 自己実現系パワーストーン

自己実現系にお勧めのパワーストーンに関する記事を集めています。小さなことでも何か成し遂げたいことがあるなら、このコーナーにあるパワーストーンがお勧め。

ムーンストーン・手放すとき・2019年9月13日

ムーンストーン(Moon-stone)

ムーンストーン・手放すとき・2019年9月13日

ムーンストーンが出ています。

ムーンストーンに求めるのは「手放すこと」「新しいステージへの道標を得る」。

これらの働きは意味辞典の方ではほとんど触れられていませんね。

ムーンストーンは基本的に「情緒安定系」としての働きとなります。

情緒不安の元はと言えば、過去の体験の影響が多大にあり、これらを握りこんで手放せない状態と言えます。

(非常にシンプルに言えば単なる反応です)

この情緒安定作用のさらに根本にあるのは「自分と対話すること」が挙げられます。

人は様々な場面において様々な感情を得ますが、これが実に不合理なことが多々あります。

そこで、自分がなぜこんなことにクヨクヨ悩むのか?とか「これが苦手て仕方ないのはなぜか?」と自分に問いかけてみるのが大切。

それがムーンストーンが手伝えることなんですよね。

そうして得られた情緒安定はすなわち、自分が設定した方向をまっすぐに見て動揺せずに進むことに他なりません。

カード:ソードの3/リバース

要注意なカードです。

が、それを解消することを示唆する情報として取りましょう。

現状としては消化不良でわだかまりがある感じ。

うまくいかない何かがあってもそれを無理に納得せざるを得ない、といった感じです。

また、喪失感や敗北の感じがあるでしょう。

そして・・・現在のテーマはそれらのマイナス感情を手放すこと。

これができたら!

思わぬ展開で新たにスタートを切れます。

心の機械仕掛け

感情は単なる反応として不合理に動くことがある、ことを冒頭ムーンストーンの解説部分に記しました。

で、単なる反応というのはほとんど「機械仕掛け」と変わりません。

機械仕掛けというのは、考えて動いているわけでなく、単に条件による選択があるだけです。

例えば「信号が赤ならそこで停止する」など。

人の心も、機械仕掛けのように働くことがあります。

それは自分で設定する場合もありますが、自分以外に誰かが自分に対して設定することもあります。

後者の場合は「教育」があります。

自分が設定した機械仕掛けは自分で考えて外すこともできるでしょうが、教育として誰かに設定された機械仕掛けを自分で外すことは困難です。

なぜなら、それが教育として設定された機械仕掛けだと気づくのが難しいからです。

しかしながら、何か不合理な反応について、自分の心や記憶と十分に対話してみてください。

きっとおかしなものがたくさん見つかりますよ。

また、自分で設定した「おかしなもの」があるかもです。

当時は役立ったけれど、今は全く不要で害にしかならないこともあるはずです。

明日が良い日になりますように。

アマゾナイト・未知数のチャンスが目の前に・2019年9月12日

 

アマゾナイト(Amazonite)
アマゾナイト(Amazonite)

アマゾナイト・未知数のチャンスが目の前に・2019年9月12日

アマゾナイトが出ています。

アマゾナイトに求めるのはチャンスに対して「積極的に動く」こと。

アマゾナイトはゴールへの道筋を示し、そこへ進んでいくための心の支えとなります。(このあたりのこと意味辞典では未記載)

別名として「希望の石」と呼ばれることもありますね。

前向きで安定した心の状態を保つことでいつも希望を見出せるようにサポートします。

その根底にあるのは心の安定度です。

そこから分析力もアップし、とるべき行動に指針が生まれるわけです。

そして最終的にはそれを積極的な行動に移すことです。

カード:カップの王子

良いカードでしょう。未知数の可能性を示唆しています。

未来に対して希望が満ち溢れる時期のようでです。

目の前に世界が大きく開け、そしてチャンスが待っているようですよ。

独自の才能を開花させたり、夢に描いた愛と富を得るためにスタートするにふさわしいタイミング。

旅立ちの準備をしてください。

ただし、このチャンスをモノにできるかどうかは、あなた次第。

幸福と勇気

今回のカードは自分が思う幸福に向かってスタート(その準備)せよ、ということのようです。

ところで・・・

人は「幸福」の定義として以下のものを持っています。

それは、自分が思う望ましい目的に向かって、知ることのできる障害を乗り越えていく過程、またはその過程をやり遂げたことについて、つかの間思いを巡らせることです。

これは実際に有効な定義でしょう。しかし、もし人が本当に幸福になろうと思うのであれば・・・

勇気が必要です。

さて、その幸福を追求するにあたって取り組む必要があるのは「問題の解決」。

問題を扱うには3つの方法があります。

ひとつは、直接的あるいは間接的に、その問題を『攻撃』すること。

もうひとつは、一直線にあるいは遠まわしに、その問題から『逃げる』こと。

そしてもうひとつが、問題を『無視』することです。

どの問題を扱うのにどの方法を選ぶかは、理性の問題です。

露骨かつ直接的に問題を絶えず攻撃することは、必ずしも勇気ある取り組み方ではなく、怒りによる破壊的な取り組み方でしかないかもしれません。

しかし、根気良く問題に取り組むには勇気が必要です。なぜなら、勇気の構成要素のひとつは、努力を続けることだからです。

明日が良い日になりますように。

カーネリアン・大チャンスの到来・2019年9月6日

カーネリアン(Carnelian)
カーネリアン(Carnelian)

カーネリアン・大チャンスの到来・2019年9月6日

カーネリアンが出ています。

カーネリアンに求めるのは「起爆剤!」。

起爆剤としての意味はヘマタイトあたりと似た使い方になります。

違いがあるとすればカーネリアンの場合は実力を十分に発揮できるようサポートしてくれること。

今回のカードの方では周囲からの評価が高まるときです。それがあって存分に実力を発揮できるようカーネリアンを選びました。

実際にはマイナス感情をセーブするといった癒しも根本にあり、実力発揮をサポートしています。

カード:カップの王

かなり良いカードです。

自己実現の達成を暗示させます。

これまでの努力が実り、それが認められ栄誉を受ける状態が近づいています。

経済的にも自立が可能で、これまで賛同が得られなかったことにも周りからの協力が得られるようになるでしょう。

それといいうのも、あなた自身の責任感と愛情があってこそ。これが実を結んでビッグチャンスがおとずれる兆候です。

周囲からの引き立てや、オーソリティーから認められると言う栄光もあるでしょう。

この幸運をしっかりつかんでください!

此の期に及んで尻込みしてはいけません。受け取るものは受け取りましょう。

ただし、周囲には確実に寛大になること。人望を失うことがないように。

力を使わないこと

今回のカード、カップの王について思うことを書きましょう。

人は賢くなるほどに「力」を使わなくなります。もちろん、力が必要な努力をしたりもしません。

何かを成し遂げようとするとき、どうしても「力」(パワー)が必要なのではないかと普通はそう思われるでしょう。

しかしながら、それに先立って必須なのが「自己決定」と言うこと。

「私は○○をする」と言う決定です。

ところで、「力」でできることは「破壊」以外にはありません。

もしも「力」のみに頼って物事を推し進めようとするなら、そこには必ず破壊があります。

これが物理的な「力」だけでなく、目に見えない「権力」と言う「力」でも同じことが起こります。

人類の歴史を見ても、この「力」に頼った文明は「力」に伴った破壊によって最終的には自らを滅ぼすこともあります。(シンプルに言えば戦争が起こったり、環境破壊によってそこに住めなくなったり)

ですので、例えばカーネリアンを使って自己実現すると言っても「力」の行使なしに、人々の賛同を得る方向に思慮を巡らせることが大切です。

ということで、これからも世の中や身の回りを観察してみてください。

「力」「権力」によって物事を推し進めようとするところには必ず破壊や何らかのトラブルを引き起こすことでしょう。

また、そうでなくとも「力」で何とかしようとする発想の元では学習や思慮が働かず、何らの向上もなしに原始人のままでいることになるでしょう。

明日が良い日になりますように。

ブラックスピネル・チャレンジの時・2019年9月5日

ブラックスピネル(Black-spinel)
ブラックスピネル(Black-spinel)

ブラックスピネル・チャレンジの時・2019年9月5日

ブラックスピネルが出ています。(意味辞典に未記載)

ブラックスピネルに求めるのは「チャレンジ・向上心」。

古くから「魔除け」に使われたいたストーンですが、今回はチャレンジ精神を助ける方向で使います。

その根底にあるのがネガティブな感情を抑え、自分の意思を貫くこと。そして進むべき道を教えてくれることです。

このチャレンジにより自分自身を向上させたい、そんな人におすすめしたいのがブラックスピネルです。

カード:ワンドの王子

良いカードです。

新しくチャレンジするタイミングが来ているようです。

何かをスタートしようとするときのワクワクする感じ、夢にあふれる時期に当たっています。

夢は大きく描きましょう。今は不可能と思えるようなことにでも取り組んでいくときです。

人によっては第二の人生を歩むことになるかも。

ことによっては過去をリセットし、全く新しい方向に進み出すことが必要そう。

病状の記録で症状の悪化?!

身体に現れる不快な症状や病気(特に慢性病)を観察・記録し、それを回復や予防、そして治療に役立てようとすることがあります。

これを日記やメモ、または最近であればスマホのソフトでする人がいるわけですね。

ところが!

この「症状の記録」が逆に回復の妨げや症状の悪化になっている場合があるそうです。

以下の記事より知りました。(WIREDより)

病状を記録し続けると、それだけで体調が悪化する!? 記録アプリや睡眠トラッカーの落とし穴

これねえ、もしかしたら前からそういうことがありはしないかと思えてました。

超大雑把に言えば、「プラセボ(偽薬効果)」の反対の状況が起こるわけです。これを「ノセボ効果」と言うそうです。

これをさらに超大雑把に言えば・・・

例えば「○○をした後に頭痛がした」と言う記録があったとしましょう。

その「○○」が頭痛の原因かどうかは別にして、とにかく後日にその人は「○○」をします。

すると「○○」をしてしまったので頭痛になりはしないかと心配になったり、自ら頭痛を引き起こすことがあるそうです。

(あくまで大雑把な超たとえですよ)

これは、さらに大雑把に言えば、このコラムで何度も取り上げる「内向」なんですよね。

そして自分で心配のネタを作って悪い方へはまっていくパターンです。

じゃ、逆のパターンとはどんなことか?

例えば、先ほどの人が「○○」をしてしまったけれど(頭痛の原因かもしれない何か)、その日は忙しくチームで肉体労働しなければならず(外向的)、してしまった「○○」のことなど忘れてその仕事をしていた。

すると案の定、頭痛は発生しなかった。

このような状況に例えることができます。

また元記事によりますと、慢性的な症状以外に怪我の回復についても同じことが言え、症状を逐一記録していると回復が遅れることが観測されています。

これも、超大雑把な例えをしますと・・・

怪我をしてまだ回復が完全でなく、動かすとちょっと痛いところがあったとします。

ある人は忙しさにかまけて多少の痛みをそっちのけで仕事をしてしまいます。またある人は痛い箇所をかばい、毎日回復の記録をつけていたとしましょう。

回復が早いのは前者なんですよね。

これ、最終的にはこのコラムで書いている「内向/外向」の違いにありそうですよ。

この「内向/外向」は目に見える症状だけでなく、精神疾患にも関係あります。

例えば、イジメられたとしてもキレて逆襲する人の方が精神的にダメージがないわけです。

人にどう思われるかなど気にせず、目の前にあるやりたいことをする、これに尽きると思います。

そうすればことが進みます。内向すると、ことが停滞、そして悪化します。

明日が良い日になりますように。