カテゴリー別アーカイブ: 自己実現系パワーストーン

自己実現系にお勧めのパワーストーンに関する記事を集めています。小さなことでも何か成し遂げたいことがあるなら、このコーナーにあるパワーストーンがお勧め。

シトリン・栄誉を得る・2019年3月18日

シトリン(Citrine)
シトリン(Citrine)

シトリン・栄誉を得る・2019年3月18日

シトリンが出ています。

シトリンに求めるのは「豊かさ・実り」。

シトリンは金運ストーンとして売られることが多いのですが、その本質としては「所有性の拡大」があります。(今回のコラムに少し詳しく解説)

平たく言えば、金運として「お金が転がり込む」というよりも、その器を用意する、という感じ。

シトリンにこれができる根本として、下がった感情のレベルを引き上げるということも関連しそうです。

カード:カップの王

良いカードです。

これまでの行いが正当に評価され、それなりな実り、地位を得ることになりそうです。

今現在の状況として十分に賛同が得られていないように見えても、もう少しで協力者が出てくる兆候。

ビジネス系ではビッグチャンスが巡ってきそうですからそれなりな受け取りの心づもりを。

所有性について復習

このコラムでは何度か出てくる話題の「所有性」。

所有性とは、何かを所有するための能力。何かの持ち主になることです。

言い換えれば「引き受ける能力」です。

所有とは、自分自身が維持管理して責任を持てることですね。(もちろん、それを誰かに委ねるという権限も含めましょう)

そして所有には単にある物体を自分の物として所有するという意味以外に、組織や環境に関しても言えます。

例えば社長とか監督という立場の人は、それぞれが認められた権限に置いてその組織を所有していると言えます。

この所有性に必ず伴うのが「責任」ですね。責任のないところに真の意味での「所有性」はありません。

ですから社長とか監督といったリーダーになりたくない人は、単純に言えば「責任を負いたくない」ということです。

何かを所有するための許容量は、そのまま「責任を負うことを引き受けられるか?」という自分自身の決定によります。

「あそこに見えるビル一棟を君にあげよう」と言われたとして、今現在の自分自身にビルの持ち主としての責任を負う能力があるかどうかは関係ありません。

単に「責任を負うことを引き受けられるか」それを自分で決めるかどうかなのです。

そこでシトリンは、この引き受ける能力をアップさせるわけですね。

簡単な例として、ある大きな仕事が舞い込むとします。

「わ、それはちょと引き受けられません」
「はい、それを引き受けてみましょう」

これらの違いは、前者では小さくまとまるだけのことで終わります。後者ではビジネスが拡大する可能性があります。

上の答え2つ、どちらにしたって実際には確証はないでしょう。単なる決定だけでどちらの道に進むか分岐します。

明日が良い日でありますように。

ハイパーシーン・賞賛・2019年3月5日

ハイパーシーン(Hypersthene)
ハイパーシーン(Hypersthene)

ハイパーシーン・賞賛・2019年3月5日

ハイパーシーンが出ています。(意味辞典に未記載)

ハイパーシーンに求めるのは「勇気・優しさ」。

リーダーにオススメのストーンではありますが、実際には「癒し系」が先にあります。

リーダーがリーダーたるために必要なこととして不安や恐怖に打ち勝つことで、これをしようと思えばどうしても過去体験に関する処理が必要になるわけです。

現在に影響を与えている過去体験って実際にはかなり細かくくだらないことだったりもします。

さて、実生活ではリーダーとして立ち回る必要がない人でも、自分自身のリーダーたることは必須。

自分自身で何かを変えようとする時に使えるストーンですね。

カード:ワンドの6

良いカードです。ここのところ良いのが続きますね。

ほとんど前回の延長といった感じもあり。

ひと口に言って「賞賛」を得られるという局面にあります。

物事がうまく行くか、そのチャンスが到来しているようですよ。

あきらめかけていたことでもそれが復活して大成功に導かれるということもあるようです。

これはすごい追い風なのですが、調子に乗らないこと。

脇をしめて、そしてあなたを頼る人がいるなら優しく手を差し伸べてください。有頂天になってはいけません。

そうすることで本当の人望と賞賛がさらに集まることでしょう。

良いことに集まる悪いこと

ちょっと変なサブタイトルですが、これ実際に起こります。

例えば、あなたが何か「良いこと」を思いつき、これを発表したとしましょう。

このとき、すごいマイナス感情で否定的な意見をもらいます。

これ、すごく多いです。

有名人が被災地に「寄付をした」ということをネットに上げたら、それだけで「売名行為」としてののしられれることもあり。

この現象は非常に多くあり、これはどうやら「良いことは悪いことを惹きつける」としか思いようがありません。

実際にそうなっています。

なぜそうなるのかはわかりませんが、観察結果としてはそうなっています。

そして、「良い話」が「悪い話」を説得しようとしてもほとんど無駄骨です。

むしろ「悪い話」は「良い話」からエネルギーを得てどんどん膨らむ感じです。

(もしかしたら本当は、悪い話は良い何かを欲しているのかもです)

さて、これはどうしたら良いか?

「良い話」は「悪い話」を無視すれば収束するのが一般的なようです。

「取り合わない」これが正解のようです。

これはまるで現在のネットのお話のように見えますが、1960年代に書かれた書物にすでにでてきています。

明日が良い日でありますように。

公開日:2019年3月4日 最終更新日:2019年3月4日

レインボーオブシディアン・今でしょ!・2019年3月4日

レインボーオブシディアン(Rainbow-obsidian)
レインボーオブシディアン(Rainbow-obsidian)

レインボーオブシディアン・今でしょ!・2019年3月4日

レインボーオブシディアンが出ています。

レインボーオブシディアンに求めるのは「するべきことを決めて行動する」。

このストーンはよく登場します。いわゆる「お尻叩き系」ですね。

根本的な働きは「自己決定力の強化」と言えます。

優先順位の正しい判断、迷いを断つといったことが必要なときに強い味方になります。

「選択をすること」そしてその選択に対して「責任を取る」、これだけで人生ができているとして過言ではないでしょう。

こういった意味からすると、使用頻度が比較的高くなることがわかります。

カード:ワンドの騎士

良いカードです。

いよいよチャレンジするときが来ていますよ。そのために気力も充実していることでしょう。

今まで温めていることがあるのなら、すぐに実行に移しましょう。

このカードが出ている時は、退路を絶ってでも進むべしということです。

でもね、日常的に実際にはずっとそうなのです。

あれやこれや迷うクセがある人へのアドバイスとして「とにかく実際に手をつけよう」ということです。

優先順位に迷うことがあるならば、とにかく「今手をつけることができそうなことをする」これです。

手をつけてさえしまえば、必ず前進しています。

ミイラ取りがミイラになる話

「ミイラ取りがミイラになる」というのは、説得しに行ったはずなのに、かえって相手に説き伏せられてしまうことですよね。

これ、相手側に「理解の三角形」を使うのが上手い人がいる場合に起こります。

理解の三角形

またまたこれを例に復習してください。

他、「実演販売」ということもこれです。

すごい万能なクリーナーがあって、どんな汚れてもたちどころに綺麗にする・・・というのを目の前で見せられます。

これ、リアリティのことですよ。

話の上手い実演者には愛情も湧いてしまうでしょう。

他に端的な格言として「百聞は一見にしかず」ですね。

百度話を聞くよりもひと目見れば確かであると。これもリアリティに属することです。見ることでより理解が深まりますよね。

相手に対して理解を求めるなら・・・

  • 愛情
  • リアリティ
  • コミュニケーション

これら3つのどれかを増強させます。コミュニケーションとリアリティは使いやすいですね。

明日が良い日でありますように。

公開日:2019年3月3日 最終更新日:2019年3月3日

ピンクオーラクオーツ・新しいステージへ・2019年2月28日

ピンクオーラクォーツ(pink-aura-quartz)
ピンクオーラクォーツ(Pink-aura-quartz)

ピンクオーラクオーツ・新しいステージへ・2019年2月28日

ピンクオーラクオーツが出ています。(意味辞典に未記載)

ピンクオーラクオーツに求めるのは「素直さ」「受け取ること」。

「受け取ること」というのは様々なことに柔軟に対応できることです。

何かを処理できる、対応するというのはその物事を受け取ることができてこそのこと。

「うわっこりゃとてもダメだ!」という感想を抱いていてはそれについてまともな対応ができません。

実際には、単なる先入観や過去の厳しい体験から反応的に物事を受け取れない状態になっていることも多いのです。

そのためには「素直になる」ことです。

もちろん、ご褒美を受け取るためにも素直になってください。

カード:ペンタクルの騎士

良いカードと言えますが、アドバイス色も強いですね。

現状として「やらなきゃいけない、やろう!」という思いが強くなる時期。

次のステージに向けて準備を整えようとやる気になっている感じです。

そこで責任ある態度を取ることで周囲の賛同も得られ、仲間が増える兆候もあり。

ここであなたの態度が一貫性を保つなら、様々な困難をくぐり抜けて望みが叶いそう。

コントロールについて(その2)

カード的には昨日の延長的な感じがあります。

そこでコントロールについての追記です。

さて、何をするにしても物事を管理せねばなりません。そこで以下の三角形をご覧ください。

知識・責任・コントロールの三角形

  • 知識
  • 責任
  • コントロール

ね、コントロールがあります。

正しいコントロールのためにはコントロールしようとすることについて知識と責任が必要。

知識が増えれば正しいコントロールができ、それに伴ってより責任をもつことができるようになります。

責任があると自覚することでより良いコントロールを心がけるようになり、そのためには知識の必要性も理解するでしょう。

単純な例では「車の運転」はどうでしょう。

車を安全に運転するには「知識・責任・コントロール」が不可欠でしょ。

上の三角形の意味が簡単にわかりますよね。

で、この三角形を充実させようと思うなら、3つの頂点のどれかひとつでも大きくさせること。

普通にやりやすいのは知識を増すことでしょう。

ペンタクルの騎士のように新しいステージで何かをしようと思うなら、上の三角形を思い出しましょう。

また、ピンクオーラクオーツで「素直さ」を取り上げていますよね。

これって「自分には今何ができていて、そして足りないことはこれこれ」ということを素直に認められるという能力も含みますよ。

そうすれば、何をすべきか?という判断がしやすいでしょ。

追記:

少し大きなことを書きましょう。

原発の是非という課題があります。

原発の管理について上の三角形で考えることができます。

原発を管理する組織や政府が・・・

  • 知識は本当に十分か?
  • 責任を本当に持とうとしているか?
  • コントロールを本当にできるのか?

筆者的にはどれもかなり怪しいと思います。
だから事故が起きたのです。これから先も怪しげです。

明日が良い日でありますように。

公開日:2019年2月27日 最終更新日:2019年2月27日