カテゴリー別アーカイブ: 自己実現系パワーストーン

自己実現系にお勧めのパワーストーンに関する記事を集めています。小さなことでも何か成し遂げたいことがあるなら、このコーナーにあるパワーストーンがお勧め。

サファイア・人に伝える力・2019年7月22日

ブルーサファイア(Blue-sapphire)
ブルーサファイア(Blue-sapphire)

サファイア・人に伝える力・2019年7月22日

サファイアが出ています。(意味辞典に未記載)
上の画像は参考例としてブルーサファイアです。

サファイアには様々なカラーと働きがありますが、今回求めるのは「発信力」。

ブルーサファイアは特に素直な自己表現をすることが得意な分野。

そこで「発信力」という働きをしてもらいます。

人は様々なことや特定なカテゴリーについての「引っ込み思案」を持っており、言いたいことがうまく言えないということがありますよね。

また、逆に「知らない」ということについての意識の表明ができずに周囲に流されることも。

そこでサファイアは、自分の本心を上手に発信できるように助けてくれるわけです。

カード:ソードの王

良いカード。心強いです。

冷静な判断力や決断力が働くとき。

周囲の協力も得られ、自分が持っていない知識や能力を補ってもくれるでしょう。

こうしてどんどん壁を突破していけそう。

自分自身が率先して動き、その意図を人々に理解できるように発信することが必要。

新しいアイディア、問題を突破するためのやる気に付いていけない人々が落ちこぼれないよう、あなたが自分で声をかけ、人々を引っ張るのが大切。

それもあって「発信力」という意味でサファイアが取り上げられています。

お金の本当の話(その4)

さてさて、前回まで「人々が手にするお金は元々が誰かの借金である」ことがお分かりになったでしょうか?

これは単なる事実ですから押さえてくださいね。

誰か(企業を含む)が銀行にお金を借りなければ、世の中にお金は出て行かず、わかりやすく言えスーパーで誰も買い物ができません。そうしないと世の中にお金はないのです。

宝くじで当たったお金でさえ、拾ったお金でさえ、それは元々が誰かの借金で作られています。

しかしそのお金は、元が借金でできているため、生まれながらに利息を背負っているのが宿命です。

以上は前回までの復習ですね。

今回はお金が背負わされた「利息」がどのように働いているかを見てみます。

さて、世の中で利息を背負ったお金が動く(すなわち支払いに使われる)とき、利息分がその商品価格に必ず付加されることになります。

超シンプルな例を以下に示します。

ある企業が新規事業の展開のために銀行から100万円借りたとします。
(これで世の中に新しく100万円が供給されました)

一年借りたとしてその利息が5万円なら、返済金額は105万円です。

企業は元の100万円で材料を仕入れ150万円分の価値を生み出したとしましょう。(100万円で仕入れ150万円で売ることに成功とします)

これで50万円の粗利です。しかし、5万円の利息も払わねばなりません。

言うなれば、利息分の5万円分を余計に働く(タダ働き)か、または商品価格に付加するしかありません。

「余計に働くこと」はこれ、利息の奴隷です。
「価格に付加する」これは利息を他の誰かへ付け回すことです。

ここをよく考えてみると、いずれにしても最終消費者が何らかの形で利息の負担をするということを意味しています。

そしてほとんどの人が労働者であり消費者です。みんなで金利を負担sていることになります。

じゃあ、この「利息」で吸い上げられた5万円は最終的にどこに行くのか??

直近では最初に企業がお金を借りた金融機関が5万円を取ります。

そしてそのお金はさらにどうなるのか?

金融資産の持ち主の懐に入ります。

これがピラミッドの頂点にいるひと握りの人たちだけが大金持ちになるメカニズムです。

なんだか嫌な話ですよね。

金融経済の影響下にある大多数の人々が、自分では借りた覚えのないお金、実際にはスーパーで買い物しても、自販機でジュースを買ってもついて回る利息のためにタダ働きさせられている形です。

そして今、「これはおかしいだろ!」と言う声が世界の各所で上がっているもの確か・・・・

明日が良い日になりますように。

レッドタイガーアイ・チャンスをつかめ・2019年7月11日

レッドタイガーアイ(Red-tiger-eye)
レッドタイガーアイ(Red-tiger-eye)

レッドタイガーアイ・チャンスをつかめ・2019年7月11日

レッドタイガーアイが出ています。(意味辞典に未記載)

レッドタイガーアイに求めるのは「チャンスをつかむ」こと。

もうシンプルにそのまんまの働きのために使います。

そのために「自信、実行力」を持たせるように働きます。

それができる理由として、洞察力のアップ。こうしてチャンスの小さい芽も見落とすことなく、スッとつかめるようになりますよ。

カード:ペンタクルの女王

良いカードですよ。かなり良いです。

そういえば長い間、どうしようもないような要注意カードが出てませんね。例えば「塔」とか「死神」とか。

さて、ペンタクルの女王は金貨を持った女王の絵。

実りを手にすることを意味していますね。

またそうなるようにたゆまぬ努力があったということでしょう。

その間に積んだ経験値が実力として身についていることも意味してます。

また、現在は表面的に困難に見えていることでも好転する兆しがあるはず。

これからやってくるチャンスをしっかりつかんでください。尻込みしてはいけません。

そのためにレッドタイガーアイを紹介しています。

「もめごと」の考察

突然ですが「もめごと」のこと。

最近、ご近所で小さなもめごとがあり、それをネタにして考えてみます。

純粋に二人だけの人間の間でもめているなら、それは互いにコミニュケーションをとって好きなようにするしかないです。

しかし、当事者二人のように見えて、実は第三者の介入がある場合が少なくありません。個人の間だけでなく、組織間の揉め事は圧倒的にこれが多いです。

これ、本当に多いのですよ。

もめごとが変にこじれるのはこの「第三者の介入」が多いのです。

例えば・・・

AさんとBさんがもめている。

実は事前に第三者であるCさんがAさんに対しBさんのことについて話をしている。

このとき、大体はCさんがくせ者なのです。

こんな状況です。

このもめごとを解消するにはA、B、Cの三人が同時に参加して話し合いをする必要があります。

ところがCさんはその話し合いに参加したがらないとすれば、Cさんは事前に嘘を混ぜた話をしています。

また、AさんとBさんは、互いに他に第三者がいないのか、十分に確認しあうのが大切です。

もめごとの裏には悪意のある第三者が存在します。

これ、組織、国家間でも同じこと。

戦争は大概、悪意の第三者がからんでいますよ。

もめごとの解消には・・・アメジストはいいでしょうね。

明日が良い日になりますように。

ホークスアイ・力のコントロール・2019年7月9日

ホークスアイ(Hawkseye)
ホークスアイ(Hawkseye)

ホークスアイ・力のコントロール・2019年7月9日

ホークスアイが出ています。

ホークスアイに求めるのは「洞察力」。

今回はシンプルにホークスアイのレギュラーな使い方となります。意味辞典にある内容そのままですね。

ホークスアイの働きの基本原理は否定的なマイナス感情を取り除くことにあります。

物事を正しく見るために、まずは自分の中にある否定的な感情を処理することが大切。

素直に見てこそ対象を正しく理解できるのです。

カード:力(ちから)

厳しい状況にもたじろがず立ち向かっている姿が現れています。

しかしカードのデザインでは女性がライオンを手なづけている様子が。

これは「力づく」でなくコントロールの大切さを表しているように見えます。

このためには観察する能力、洞察力が必要。そこでホークスアイの登場となります。

直面することを放棄する

さてさて、以下が「知っている」のスケールです。

  • 知っている
  • 見ている
  • 感じている
  • 努力
  • 考えている
  • シンボル
  • 食べる
    etc.

選挙の投票に行かない人は、ほとんどの場合が政治を「どうしようもないこと」の「シンボル」にしてしまっている傾向にあります。

シンボルとは単なるマークです。すでにそれ自体には意味がありません。

すでに意味を知る必要がない(としている)ところにシンボルが使われます。

上のスケールで「シンボル」の上に「考えている」がありますね。ですからシンボルまで下がるともう「考える」ことはしません。

そのような人にとって政治は考えることもなく「どうしようのないこと」のシンボルです。

「考えている」は「シンボル」よりもマシかもしれませんが、「見ている」や最上の「知っている」とはかけ離れており、文字通り考えているだけです。

むしろ、知ったり見たりを放棄した時に「考えている」にまで落ちるのです。

考えてばかりいて見ることをしなければロクなことは起こりません。

ちなみに、陰謀論者の多くは、知ることも見ることもできなくなったときに陥る「考えている」の中に誕生します。

知ることの対象にリーチできなくなると、自分の中に「知っている」を捏造する必要性が生まれ、そこで話が作られます。

(都市伝説はこうして生まれるわけです)

そして陰謀論はさらに落ちて「シンボル」になります。

さて、なぜ人がある主題において「知っている」から「シンボル」以下に落ちるのかと言えば、その主題に対して「直面するのを放棄する」ことから始まります。

これは思いますに「努力」の段階あたりに起きやすい感じです。

これは実はマスコミの中ですでに起こっています。

国会では国民に対して非常に影響がある法案がいくつも採決されていますが、マスメディアはそれを報じません。

マスメディアが国会に直面するのを放棄しています。

すると・・・国民は当然ながら「知っている」から遠ざかり「見ている」ことすらできなくなります。

そして人によっては「努力」で克服するのですが、それができないと「シンボル」まで落ちます。

明日が良い日になりますように。

公開日:2019年7月8日 最終更新日:2019年7月10日

ルチルクオーツ・実りを受け取る・2019年7月8日

ルチルクオーツ(Rutile-quartz)
ルチルクオーツ(Rutile-quartz)

ルチルクオーツ・実りを受け取る・2019年7月8日

ルチルクオーツが出ています。

ルチルクオーツに求めるのは「豊かさ」。

いつもはビジネスマンの強い味方として紹介しているルチルクオーツですが、今回は「豊かさ」の意味で取り上げます。

そもそもルチルクオーツが自己実現系に働く根本は「所有性」のアップ。

所有性とは、簡単い言えば自分が何かを持つ能力のこと。

「何かを持つ」というのは、なんらかの物体を自分で所有することだけでなく、プロジェクトに関して責任を持つといったことが含まれます。

「何も持つことができない」と思っている人にプロジェクトを任せてうまく行かないのはわかりますよね。

(所有することはすなわち、それに対して責任を負う能力が伴います)

「豊かさ」とは「持つことができる」という潜在能力のことを表します。

カード:女帝

良いカードです。

これまで育んできたことが実を結ぶ吉兆です。

(ただし、逆に言えば何も育んでいなければ何も起きないかもですが)

種をまいて育て、そして収穫の時がきていますよ。

それができるのも、実は豊かな心があってできることですよね。ギスギスして人を不幸に陥れたり、不誠実なことをしていてはこうはなりません。

どんな物質的な夢も豊かさも、元は心の豊かさがあってこそとこのカードは告げています。

生存の多重円と「選挙」ん、何々?

この7月21日には参議院選挙があります。

これって実は「生存の多重円」と密接に関係しています。

まず、人が生きるためには「絶対に逃れられない」生存の多重円の復習。

生存の包含関係
生存の包含関係(多重円)

円の中心に「自分」が居ます。

その周りに「家族」(孤独な場合もあるでしょう)

次に「グループ」があります。これは友人、会社、学校、地域の集まり、国など、人の集まりを表します。

自分が幸せに生きるためには、それを囲む家族がいるなら彼らが幸せに生きている必要があり、家族が幸せに生きるには、その周りにある人々の環境、会社や国が幸せに生き延びている必要がありますよね。

家族がめちゃくちゃな不幸にある時、自分だけが幸せではいられません。

会社や学校など自分が属する人々の集まりがめちゃくちゃだと、当然ながら自分が幸せではいられません。

もちろん、住んでいる国がめちゃくちゃだと会社や家族や、その中の自分が幸せでいられることはありませんよね。

ですので、自分の幸せな生存のためには家族、グループができる限り幸福でいる必要があります。

これは、それぞれのレベルが他の全てのレベルに対して生存を助けるための責任を負っていることを表します。

それをしないと、全体的な滅亡が待っています。本当ですよ。

「社会が何かまずいなあ」という部分があるとすれば、それは国というグループが他のレベルの生存に責任を負っていないという証です。

そこで・・・

選挙で投票することの意味は何か?

それは中心にいる「自分」の立場からグループの生存について責任を負うことと言えます。

投票は「権利だ」ということが言われますが、実際には「責任」であるのは「生存の多重円」の構造から明らかです。(その責任放棄も非常に簡単ではありますが)

「何言ってっんだか・・・投票なんかしても何も変わらないよ」

このように感じる人も少なくないでしょう。

これ、投票率の低さからもお分かりでしょう。

なんでこうなるのか?

実はこのコラムで今までに書いてきた「知っている」のスケールで解き明かすことができます。(これは面白いです!)

  • 知っている
  • 見ている
  • 感じている
  • 努力
  • 考えている
  • シンボル
  • 食べる
    etc.

ところで・・・

このコラムで幾度も出てくる「人生はゲーム」の話。

選挙の投票を棄権することはすなわち、ゲームをプレーすることを自分でやめること、そうなると逆に政治にプレーされることになりますよ。

明日から何回かに分けて解説いたします。

明日が良い日になりますように。

公開日:2019年7月7日 最終更新日:2019年7月10日