カテゴリー別アーカイブ: 自己実現系パワーストーン

自己実現系にお勧めのパワーストーンに関する記事を集めています。小さなことでも何か成し遂げたいことがあるなら、このコーナーにあるパワーストーンがお勧め。

アイオライト・スタートに最適・2019年5月24日

アイオライト(Iolite)
アイオライト(Iolite)

アイオライト・スタートに最適・2019年5月24日

アイオライトが出ています。(意味辞典に未記載)

アイオライトに求めるのは「決断」。

「人生の羅針盤(コンパス)」がアイオライトのキャッチコピーのような感じですね。

そこで今回はアイオライトに「決断力」をもらいます。

まず、アイオライトが行うのは自信を取り戻すことです。

ミスや挫折があっても、そこからすぐに復帰することを助けてくれるでしょう。

これは実際にはアイオライトの癒し系の働きでそうしています。

失敗してくさった気分を一掃し、元気を取り戻して次のアクションにつなげることをしてくれます。

これは「決断」なんですよね。

自信を失ってグダグダしていると何も決められなくなってズルズルと時間だけが過ぎます。

そこでアイオライトに元気をもらって「次に進もう!」と言うことです。

他、アイオライトは集中力や意欲のアップを手伝ってくれますよ。

その根本にあるのは実は癒し系で、落ち込んだ気分をプラス側へ持ってくる作用に優れているのです。

カード:カップの王子

良いカードです。

素直に喜びましょう。

自分の未来に対して肯定的に捉えることができる時期。

また、直感力にも優れていて、必要なことを正しくピックアップすることができるでしょう。

才能、天分を生かして、そしてまだまだ取り組みたいことを発掘したり、今までやってきたことに関しても取り組みを深めて発展させることができるでしょう。

あらゆることに関してスタートするには良いチャンスなのです。

そこでアイオライトによる「決断」をお勧めするわけです。

ただし、将来どうなるかは自分自身の取り組みようにかかっています。

このカードはその意味では将来の未知な部分をも含んでいます。

アートの話題

今週最後のコラムです。ちょっと趣向を変えましょう。

少し前に「フェルメール展」を見に行きました。

フェルメール展示
大阪市立美術館フェルメール展
真珠の耳飾りの少女

(↑今回の展覧会には来ていません)

それかから今回のカップの王子では、直感力が良くなり芸術系のセンスにも優れることから、ちょっと芸術について考察します。

芸術というのは人の心を揺さぶりますよね。普通に言って「感動」です。

心を揺さぶられるわけですから、感情が動きます。

さてさて、感情が動くと言うのであれば、感情のレベルの一覧の上で確かに動きます。

  • 静穏      合理的
  • 熱狂       ↑
  • 陽気
  • 強い興味
  • 保守的
  • 満足
  • 退屈
  • 敵対心
  • 怒り
  • 秘めた敵意
  • 恐れ
  • 同情
  • 悲しみ      ↓
  • 無気力     不合理

ある絵画や音楽などでは上の感情のどれかっぽいなあと作品を当てはめてみることができそうですよね。

しかし、単にそれだけだと芸術にならず、使い捨てられ消費され、忘れ去られる作品になります。(ただしその時には爆発的に売れたりしますが)

絵画や音楽はその時々の流行りですぐに廃れるものと、何百年も生き残って名作とされるものがありますよね。

言い換えれば流行りモノと、時代や国を超えて賞賛される作品の違いです。

芸術作品は後者であって、流行りものは消費物です。

この違いは何なのか?

優れた芸術作品は、その作品が作られる時、作者の感情のレベルが最高位の「静穏」以上のところにいることが必要そうです。

静穏以上にいるから、その下の全てがわかります。

逆に言えば、芸術家の芸術活動は、その人の感情のレベルを静穏以上に引き上げるとも言えます。(そうでないと芸術作品を生み出せない)

(ことによっては、芸術活動によって精神の安定を得られる人もいるでしょう)

また、作品によってはそれを表現しているものが静穏以下の感情のレベルのどれにも当てはまらないものも多数あります。当てはめるとすれば、その作品自体が「静穏」以上のどこかです。(その方が多いでしょう)

こうしてみると、芸術の鑑賞についても、静穏より上の感情のレベルを必要とすることがあります。(自分が作品の感情のレベルより下にいては意味がわかりません)

ですので、芸術作品について全く理解不能という人もいるわけです。

また、静穏以下のどこか、例えば怒りにいる人が怒りに任せて作品を作ってもなかなか芸術にならないということも言えます。その作品は怒った人に消費されるだけで終わります。

明日が良い日になりますように。

ルビー・物質的な成果を得る・2019年5月23日

ルビー・物質的な成果を得る・2019年5月23日

ルビーが出ています。(意味辞典に未記載)

ルビーに求めるのは「愛」。

ルビーは古くから様々な働きが語られるストーンです。

どちらかと言えば守護+自己実現系に強い感じですね。

その中で今回は特に「愛情系」としての繁栄と平和の守り神としての用途を取り上げます。

愛情として、異性へ積極的に働きかける部分もあるのですが、もう少し包括的に愛情によって育み実りを得ると言った方向での働きに注目です。

カード:女帝

良いカードです。

ここのところ、ちょっと決断を迫る系のカードが連続していましたが、その結果として良い方へ向いている感じですね。

さて、女帝のカードは努力の結果として実を結ぶことを意味しています。

今までに徒労に感じていたことが、実は大きな収穫を迎えようとしています。

今現在はそれを信じ難いのかもしれませんが、もうすぐに富と繁栄を手にすることを表します。

これは自分自身の内面が、目に見える結果として体現されることです。

その意味からして、実は先にとにかく内面が重要と言うことになります。

罪悪感についての考察(その2)

前回のコラムでは本当は罪でもないのに植え付けられていることがあることを書きました。

他、罪の意識の多い例として「誰かを助けられなかった」系があります。

これはある種の後悔ですね。

そして、この助けられなかった系の後悔は連鎖することが多いようです。

この連鎖とは、昔々誰かを助けそこない、それが心の傷として残り、その後に似たシチュエーションにはまり込むと心の傷が痛み出すと言うパターン。

そうなると、2回目以降には「うまく助けられなかったらどうしよう?」と言ったビビった感覚が生まれ、また助けられない出来事を体験します。

実際、「助けられなかった系」のトラウマは多いですよ。

例えば、親が亡くなった後で「親孝行していなかった」と言う後悔。

飼っていたペットが死んだのが自分のせいではないかと言う後悔。

それから、大事故や災害などで自分が助かり、誰かが助からなかったと言う出来事。(いやこれはもう客観的には罪でもなんでもありません。これこそが感情的な反応で、もっと古い出来事に関連します。)

これらの後悔の念は、実はもっと古い似たようなシチュエーションで起きた「助けられなかった何か」に関する古傷が関連することがあります。

開けて見るならもっとも古いものを。です。

明日が良い日になりますように。

サンストーン・価値観が変わる・2019年5月20日

サンストーン(Sun-stone)
サンストーン(Sun-stone)

サンストーン・価値観が変わる・2019年5月20日

サンストーンが出ています。

サンストーンに求めるのは「方向転換」。

方向転換について直接言及できるのはサンストーンくらいでしょうか。

そして方向を変えたら新しい目的に対してひたすら後押しをしてくれます。

また、古い記憶によって現在に影響を受けるようなら、癒し系としても働き、すぐに強く立ち直って気持ちを前向きに切り替えます。

もしかしたら、サンストーンを「やる気系」として使うのは、癒し系がその元にあるかもです。

ただし、その後は強烈にプッシュしますから持ち主としてはへこたれないように。

カード:カップの8

やや!これは一週間ほど前にも出たカード。

良し悪しよりもアドバイス色が強いですね。

価値観の変容が起こります。

それが大きく出ると人生の岐路となります。

破壊は起こる

価値観が変わるとき、ある程度は「破壊」が起こるかもです。

ガラリと何か新しいことに取り組むには、既存の状態を破壊する場合があります。

例えば人間関係としては、付き合わなくなる知人友人がいるでしょう。

仕事を変えることで今までのしがらみを捨てることにもなります。

これらを失うことを怖がっていると、自分にとって真に価値があることな何なのか?これを追求することは難しいです。

なお、破壊それ自体は悪いことではありません。

例えば、古い建物が耐震性能として不十分なら建て直すことがあるでしょう。

そのためにはその建物を一度は破壊しますよね。

何かを作るとき、どこかで必ず破壊は起こります。

時間の平等

何かの分野の一流人は、非常に端的に、そのことについての時間をたっぷり使います。

何かの道に秀でようと思うなら、とにかくそれについて人生の時間を使って取り組むしかありません。

時間の進みは地球上の人間すべての平等にあり、その時間をどう使うかで人生の過ごし方が異なるわけです。

日本のような、曲がりなりにも一応の文明国に住んでいると、食べるだけならなんとかなりますから、食べられるだけの仕事をしたあとはゴロゴロしてTVを見たりネットサーフィンをしていてもなんら問題になりません。

が、何か成し遂げようとするなら、その目的に沿った何かを目一杯することが必要でしょう。一定の成果や区切りを見出すまではダラダラ過ごす時間などありません。

新しい取り組みに向かうなら、そのことについて時間を十分に使いましょう。

そうでないと、全く何もモノにならないのです。

時間だけは、誰にも平等に流れていますからね。その間に何をするかが人生の違いです。

あっ!思い出した以下の格言がありました。

「人生は時間でできている」

ベンジャミン・フランクリン

明日が良い日になりますように。

アメトリン・未来を作ろう・2019年5月16日

アメトリン(Ametrine)
アメトリン(Ametrine)

アメトリン・未来を作ろう・2019年5月16日

アメトリンが出ています。

アメトリンに求めるのは「受容力」。

アメジストとシトリンが合体したストーンですね。

ポイントとしては「相反することのギャップを埋める」ことから、今回は受容力をアップさせることを目的に使います。

そしてアメトリンには癒し系としてリラックス効果を持ちますが、これはそもそもが「受容力アップ」によってもたらされることがあります。

カード:ペンタクルの王子

良いカードでしょう。

未来に向けて研鑽を積もうとしている様子があります。

そのためにはある程度は物事に耐えることが必要かもしれませんが、それに対しても乗り越える気力が充実しているようです。

問題があるとしても、信頼できる人物や他から考えを導き入れることで柔軟な解決を見いだせることでしょう。

そのためには、偏りなく様々な意見を取り入れられる姿勢を保つことが大切。

経済面では嬉しい出来事があるかもですよ。

全体決定について(Pan-determinism)

人生はゲームに例えることができます。

これは将棋やチェスのボードの上で自分自身が駒になって戦う感じです。

ゴールを知っていて、自分が何を演じているのか、それを理解して進めるゲームですね。

しかし、単に駒として動いているときには見えないことがあります。

おかしいなあ、こんなはずでは?

人生には様々な疑問が湧き、どうして良いか分からないことが起きますよね。

そんなとき、ゲームの駒を演じるのを一時的にやめてみて、そのゲーム盤を上から見てみましょう。(例えて言えば、神の目になって)

対戦者の目的は、自分の目的は、戦局は、果たしてこのゲームそれ自体がそのそもまともなものなのか?

そんなことが見えてくるかもです。

そうすると、対戦者がやりたいことを理解できることもあります。

「あ、それなら半分譲っても構わないし、その方が全体としてうまくいくかも・・・」

そんなことに気づくかもですよ。

こういうとき、極端な考えを持っているとそれができません。相手を叩きのめすまで死闘を繰り広げようとしてしまいます。

ま、そんなことをしているのはそもそもが感情のレベルとして「敵対心」あたりに下がっていてそれから上がれない哀れな人々のすることですが・・・

ゲームを上から眺め、そして自分がどうするか決定すること、これを「全体決定」と言います。

全体決定:(Pan-determinism パン・デターミニズム)

これができるようになるには「受容力」のアップを必要とします。(そこでアメトリンがオススメなのです)

対戦者がどうしたいのか、これを知るには「対戦者になってみる」ということが必要になります。

単に相手を打ち倒すことに取り憑かれていては自分自身を含めた全体の生存にプラスにならないことの方が多いのです。

これ、組織や社会の運営、資本主義や国会決議で見失われて久しく思えます。

明日が良い日になりますように。