カテゴリー別アーカイブ: 自己実現系パワーストーン

自己実現系にお勧めのパワーストーンに関する記事を集めています。小さなことでも何か成し遂げたいことがあるなら、このコーナーにあるパワーストーンがお勧め。

アマゾナイト・再スタートのチャンス!/星・ 2018年1月17日

アマゾナイト(Amazonite)
アマゾナイト(Amazonite)

アマゾナイト・再スタートのチャンス!/星・ 2018年1月17日

全般的な意味として良いカード。

17日は新月。

星が象徴する「再スタート」にふさわしい日のようです。

これまでに取り組んでいたことが挫折しそうになったり、そんなときにこのカードが出るのは非常に良い兆し。

再びチャレンジするチャンスですよ!

ただし、これから先もずっとその夢を持ち続け、自分を信じて実行すること。

星のカードはチャンスのタイミングを教えてくれているのと同時に「希望を捨てるな」と言っているようですよ。

こんなとき、パワーストーンとしてはアマゾナイトを取り上げましょう。

アマゾナイトの意味や効果として「夢と現実とのギャップを埋めるサポート」となります。

アマゾナイトには癒し系としての働きもあり、くじけそうになって落ち込んだときに自信を呼び起こしたりということも。

こうしてみると、アマゾナイトは自己実現系と癒し系の働きを併せ持った便利なパワーストーンですね。

(このあたりのこと、意味辞典の方では触れていませんね)

ところで!

夢と現実のギャップを実際に埋めるのは、自分自身がどうするか?にかかっていますよ。

面白いゲーム・退屈なゲーム

良いカードが出ていますね。

思い描いた夢を実現しようとすることは、すなわちゲームです。

ゲームはこのコラムで何度も出てきていますね。

で、ゴールをゲットできることがわかっているゲームは面白くないわけです。

ゲームは勝敗がわからないで競り合いをしているときが最も面白いでしょ。

勝利を完全に予測できているゲームは、ゲームの形をしていても実際にはゲームではありません。ルーチンワークです。

ゲームを楽しむには、ある程度は「難しいゴール」が設定されていなければなりません。

安易なゲームしか選択肢にないと、人生が退屈しますよ。

努力より大切なこと 再スタートへのアドバイス

「夢や目標に向かって努力する」そんな話はもう耳にタコですよね。

アスリートであればフィジカル面でトレーニングするのは当然のことで、楽器の演奏者だって日々練習に取り組みます。

そして、彼らがそれが好きなら努力を努力などと感じずに、好きでやってしまうことですよね。

そして!努力より先に大切なのが「決定」。

このコラムで何度も出てくる「決定」です。

決定できない状態は、要するに迷いがある状態。

その迷いとは、その決定による結果に責任を負いたくないという感情にあります。

それがあると、人は決定を他人や環境に任せる傾向が強まります。
(不平不満、あきらめが始まります)

星のカードが出ているこのチャンスに、改めて自分自身の「決定」をしてみてください。

決定のあやふやさに気づかぬままだと、している努力がかなりな率ではかどらないことを、そこそこ保証します。

ですから、再スタートのチャンスにおいて、決定の再確認は大変重要なのです。

あ、ここまで書いてふと気づくこと。

前回のカード&コラムで「休みの間に考えよう」でした。もしかして「決定」について再考せよということかも・・・・

報われない努力とおさらばしましょう。

明日が良い日でありますように。

ムーンストーン・自分の声を聞こう/ペンタクルの4・ 2018年1月10日

ムーンストーン(Moon-stone)
ムーンストーン(Moon-stone)

ムーンストーン・自分の声を聞こう/ペンタクルの4・ 2018年1月10日

一応、良いカードでしょう。

物質面での充足の暗示はあります。

で、とりあえず「安定を求めている姿勢」を示唆しているのは確か。

安定の時間を十分に味わっているところに突然舞い込む冒険の話。

気分は半分半分。

「どうしたらベストなのか?」これは自分だけが知っていること。

ここは人の意見よりも自分の心の声を大切にしたいところ。

ここで紹介したいパワーストーンはムーンストーン

その意味は単刀直入に「本心との対話」。

ムーンストーンはどちらかと言えば女性が使いやすい効果が謳われているパワーストーンですが、実際には、男女に関係なく「自分を知る」意味で活用したいですね。

自分の声を聞くことの意味

意味辞典のムーンストーンのコーナーに「自分の声を聞く」ことに関してあまり触れてはいませんね。

ムーンストーンが「自分の声を聞く」ことに関して役立つとしても、これはそんなに簡単なことではなく、説明も難しいと思います。

でも、以下に一般には言われていない角度から考えてみます。

=====

多くの方が「自分は本当は何がしたいのか?」と悩むことがあります。

本心と違ったことを言ってしまう、ということがあるかもしれません。

ここで「人生はゲームの構造をしている」ことを思い出して欲しいのですが、自分がゲームの駒の役なのではなく、ゲームを盤上から見ているプレーヤーだということを忘れてはいけません。

将棋かチェスの駒は、いつでも自分が生き残ることを目指しているでしょう。

しかし、ゲーム盤を上から見ているプレーヤーは、ある駒を捨てても王様を取るという作戦をするものです。

そのゲームで「本当は何をしたいのか?」

の部分は「相手の王様を取る」が来ますよね。「どの駒も絶対に殺させない」がゴールではありません。

自分の本心が見えないときは、このゴールの見定めが間違っていることがあります。

自分がゲームの駒としか見られないときは「死んではいけない」がゴールなのですが、それがゲーム全体としては間違った判断です。

王様を取るために、ある駒を相手に取らせる作戦を取ることがあります。ここで本心とそうでないことをごっちゃにしてはなりません。

自分の声を聞くときには、元々のゲームのゴールを取るために役立っていることか、そうでないかを見定めましょう。

駒としての立場の戦いしか目に入らないとき、本心を見誤りますよ。

それからもうひとつ。

本心というのはいつでも決定できることです。決定があってこその本心です。

決定しあぐねている人は、自分の行動、思考に対しての責任が取れない、取りたくないという裏返しが多いです。

ですから、責任を負いたくない人は余計に「本心が」わからなくなります。元から自分が決めたゴールがないからです。

ムーンストーンは、自分が本当は何がしたいのか、見定めるのに役立ちます。その心は「ゴールの明確化」。そしてその結果において責任を持ち得ること。

明日が良い日でありますように。

ホークスアイ・選択のとき/恋人たち・ 2018年1月5日

ホークスアイ(Hawkseye)
ホークスアイ(Hawkseye)

ホークスアイ・選択のとき/恋人たち・ 2018年1月5日

あけましておめでとうございます。

早速ですが、年明け一番のカードは「恋人たち」。

まずまずですね。

なんともロマンチックな名前のカードではありますが「選択のとき」を意味しています。

選択することによって未来を切り開いていこう、カードはそう告げているようですよ。

そして恋も仕事も「純粋さ」をキーワードにこなすと上手く行くようです。

ただし、「何を選択するか」を間違うと暗転。

必要なものを見極めるシビアな判断力がものを言うでしょう。

ここで紹介したいパワーストーンはホークスアイ

その意味として「洞察力・判断力アップ」です。

ホークスアイはタイガーアイと似たところもある効果があり、そう言えば別名で「ブルータイガーアイ」とも呼ばれています。

判断力そして選択力

改めまして、明けましておめでとうございます。

今年の第一弾は恋人たちでホークスアイの組み合わせ。

悪いカードではありませんが、ちょっとお尻を叩かれ気味。まあでも念頭の決意としてふさわしいかもです。

さてこのコラムでは「人生はゲームの構造をしている」ことを書いてきました。

自分、対戦相手、ゴール、この三つが揃えばゲームです。そして自分自身は本来、ゲームのプレーヤーのはずです。

そしてほとんどの人がなんらかのゲームを欲しています。

ゲームを欲しなくなるとき、それは死んだ状態に近づいていると言えます。

しかしながら、自分が選びもしないゲームに巻き込まれていることもあります。

例えば大きなことで言えば「戦争」。

まったく望んでいないゲームに放り込まれ、駒として動かされています。

さて!!

そこで大切になるのが「選択力」です。

「自分で選択する力」

ゲームを自分で選ばねばなりません。

そのためには選択力が必要ですが、これってかなり高い能力が必要ですよ。

ただただ、AとB、どっちがいいかな、じゃあA・・・といった具合に選べれば良いですが、実際にはそうではありません。

先の例では戦争をあげました。

もしも徴兵制がしかれていたらどうでしょう?

そのゲームに巻き込まれないように、徴兵されずになんとかしようと思うと、かなりな力量が必要ですよね。

家族ごと安全な国外に逃れる、国籍を変えるといったことまでできなければならないでしょう。

これと似たことは人生に沢山あります。

会社での配置転換があります。

これ、ことによってはやりたくもないゲームをさせられる場面ですね。

もしもそのゲームをやりたくなければ道は二つ。

会社を辞めるか、または新しい部署で自分のゲームを作り出すかです。

これ、すなわち選択力です。

もしもやりたくもないゲームにとどまるのであれば、それは自分自身がゲームの駒以上のことは演じられません。(ゲームのプレーヤーでなく駒そのもの)

これでは環境にコントロールされる一方です。選択力がなければそのままです。

ね、選択力って単なる「判断力」以上に高いスキルや志が必要でしょ。

判断力で「なるほど、これじゃあどうしよもないな」と判断はできます。

しかし「選択する力」がなければ、自分がゲームのプレイヤーとして存在できません。

選択力を養うには、不断の努力と意志の力しかないようです。

「選択できない」理由を環境に求めている限り、何も選択できないままにゲームのプレーヤーではなく、駒として生涯を過ごしてしまうことになります。

でしょ!

ところで、新年1回目の投稿でしたが、本日はもう木曜日ですね。

次回更新は1月7日(日)になります。(1月8日は祝日につき、次回更新は1月8日22時頃です)

お正月明けの週末がまいります。ちょっと一服ですね。

それではまた!

明日が良い日でありますように。

公開日:2018年1月4日 最終更新日:2018年1月7日

モスアゲート・価値観の転換/カップの8/リバース・ 2017年12月29日

モスアゲート(Mos-agate)
モスアゲート(Mos-agate)

モスアゲート・価値観の転換/カップの8/リバース・ 2017年12月29日

リセットの日!!

新しい目標設定をしたり、ムリな人間関係の精算にベスト!

ここは躊躇(ちゅうちょ)せずに思い切りやったほうが将来的には大吉!!

カップの8が裏で出ていますが、このカードに関してはどちらかと言えば裏の方が良さげ。

基本的には価値観の転換を迫られるカードですね。そして裏に出ているときはこれを積極的に活用するという暗示。

ここで紹介したいパワーストーンはモスアゲート。(それにしてもちょとと前にも出てたなあ、この石)

その意味として「執着を断ち切る」です。

その根本にある効果は「満たされない想い」を感じ取ると、目標の再確認をさること。これを応用しようということですね。

おお、これならカップの8/リバースにぴったりな!

意味辞典のモスアゲートの解説では「このストーンを手にすると、余計なプライドなんかにしがみついていることもできませんよ」とあります。

何と恐ろしいことですが、価値観の転換時、そして執着断ち切る意味として不可欠ですね。

執着とモスアゲート(ステーブルデータの考察)

価値観の転換と言えば、なんだかえらく大事(おおごと)に聞こえますが、誰でもやってます。

「わっ、こっちの方がイイじゃん!」と言って何かの選択を変えることなんか日常的にあります。これ、価値観の転換。

さて、何かを判断するときに必ず使っているのが「ステーブルデータ」ということ。

これは直訳して「安定データ」となります。

例えば、何かを買うとき、参考にする情報あるでしょう。

友達の意見、ネットの評価、信頼のある人からの助言。もちろん、自分の考えも入ります。

そして、これらステーブルデータがなくなるとどうなるか?

混乱が生じます。

どんな形であれ、ステーブルデータが存在していることによってそこに安定が築かれますが、これがことによっては「執着」となります。

人が執着するひとつの理由として「ステーブルデータ」を失って混乱したくない、ということがあるようです。

そこでモスアゲートの働きは、自分自身でステーブルデータを再構築するためのとっかかりになっていると思われます。

実のところ、元にあるステーブルデータというのは、案外正しく評価はされていません。

誰かの意見、信頼している人が言っているからまあ間違いはないだろう、といった、そんなに根拠があるものではないのです。

ステーブルデータの働きは、とにかく「混乱を治めている」だけであって、それが正しいことかどうかは別次元のことなんですよ。

今回はちょっと難しい話かもです。

さて、よく考えたら今年はこのコーナーも最後になりました。

次回は新年1月4日に最初の「明日のパワーストーン」更新になります。

それでは皆さま、今年一年のご閲覧いただきありがとうございました。

今年もあと数日を残すばかりになりましたが、踏ん張って参りましょう!

それでは良いお年を!

明日が良い日でありますように。

公開日:2017年12月28日 最終更新日:2017年12月28日