カテゴリー別アーカイブ: 自己実現系パワーストーン

自己実現系にお勧めのパワーストーンに関する記事を集めています。小さなことでも何か成し遂げたいことがあるなら、このコーナーにあるパワーストーンがお勧め。

2017年10月24日 ムーンストーン・自分自身の声を聞こう/愚者

ムーンストーン(Moon-stone)
ムーンストーン(Moon-stone)

2017年10月24日 ムーンストーン・自分自身の声を聞こう/愚者

面白いカードが出ています。

愚者、いわゆるジョーカーのような役割ですね。

そう言う意味ではどうにでも転がる事ことになります。よく言えば可能性が無限大。

もしも現状に満足していないなら・・・
しかしこれから新しい冒険に出るのもどうかな・・・
しかしこのままじゃ文字通りこのままだし・・・

などなど、色々迷っているかもしれませんね。

さてさて、このある種の欲求不満をなんとかせねばなりません。

そうするには動き出すしかないようですよ。

ここ数日は非常に良いカードばかりが出ていました。

それでも現状に満足していないなら、とりあえず動き出してみてはいかがでしょう?

本当の意味の出発になるかもですよ。

このようなときにオススメのパワーストーンはムーンストーン

ムーンストーンに求めるのは「心の声を聞くこと」。自分の本心を素直に聞くことは意外に難しいものです。

人は思わぬところで思いもよらない行動を取ってしまい、後から後悔することがありますよね。こんな事をする自分ではないはずなのに、そう言う行動をしてしまうことがあり得ます。これは反応です。人間にできるのは「反応」でなく考えて行動できること。そして考えそれ自体として反応で湧き上がることがあります。そこで、ある考えが出た時、それが単なる反応でなく、本心からそう考えているのかどうか、ちょっと立ち止まって検証してみることはプラスです。

そんなとき、ムーンストーンは自分の本心を正確に聞き取ることに関して役立ちます。誰かの考えや本当は意味のない教育から、自分の本心とは無関係な「考え」を持ち出さないこと。そうすれば自分の人生に自分で責任を負えるようになるものです。

「眠っている」という決定で人は眠る

突然ですが、今回はつい最近知った「睡眠」の心構えに関する話題。

まず一般的に、極度な睡眠障害とかを除いては、日中の運動は良い睡眠にとって非常にプラスなことはご存知の通りです。

私のお勧めとしては軽い運動でなく、かなりな長距離散歩で方々に目線を投じるのが非常にプラスです。特に、同じ問題や仕事に長く取り組んでいるときとか、人間関係にストレスがあるときなど、長距離散歩が良いですよ。例えば10kmくらいのですね。

次に、これが新しいネタですが「眠ろうとするとき」の心構えみたいなことがあります。

普通、寝つきが悪い事を意識し出すと「寝よう、寝よう、とにかく寝よう」とかと思います。

または、睡眠障害的に寝つきが悪い場合には「眠れなかったしてもそれを深く考えないでおこう」といったアドバイスが一般的にあります。

ここである意味!奇想天外ですが、確かにそう、という発想があります。

まず、眠ろうとするときには「私は寝よう」と考えるのではなく・・・

「私は眠っている」と考えます。

考えると言うよりも「私は眠っている」という自己決定をする事です。

「寝よう」とする自分はまだ目覚めています。

しかし「寝ている」自分は寝ています。

ですから「自分は寝ている」と決めるわけです。

バカみたいなお話に見えますか?

気が向いたら試してみてください。

明日が良い日でありますように。

2017年10月23日 ヘマタイト・気力・判断力の充実期/ソードの王

2017年10月23日 ヘマタイト・気力・判断力の充実期/ソードの王

おお、週の初めになかなか良いカードが出ています。
(いやー、最近は良いカードばかり)

心身ともに絶好調!

思っている考え、アイディアをどんどん公表しましょう。

そうすることで協力者が大勢出てきますよ。自分にはまだない知識やスキルを持った人が援助に現れることでしょう。そして良い話には乗りましょう!

新しいプロジェクトを進めたり、そして問題解決の良いチャンスですよ。この機を逃さず
行動を起こしましょう。

今あなたにリーダーシップを発揮することが期待されています。周りは気付かず、あなただけが気づいている重要な情報があったりします。是非ともアイディアを披露してみましょう。

このようなときにオススメのパワーストーンはヘマタイト(意味辞典に未記載)。

ヘマタイトに求めるのは「活力・行動力・実行力の起爆剤」。活力系としてお馴染みのパワーストーンですね。単に元気をもらうだけでなく、もしも心にマイナス感情があるならそれも取ってくれる働きがあります。ここ一発で何かを成す必要があるとき、強い味方になってくれます。

人はなぜ悲しい音楽を愛するのか

今回はライフハッカーの記事より・・・

人はなぜ悲しい音楽を愛するのか

記事を思い切り要約しますと「悲しい気分に浸るのは悪いことではない」ということになります。

個人的には記事内容に同意できない部分もあります。

例えば・・・

「憂うつな気持ちは、ネガティブな感情だとみなされていますが、創造性を豊かにするのに非常に大きな役割を果たします。」

ううむ、どうでしょう?

私としては憂鬱な気持ちで創造性が豊かになったりはしないと思えます。とりあえず、何かを生み出すきっかけにはなる可能性がありますが、それは創造性のなせることではなく、単に「吐き出す」という行為に近いと思っています。

単に吐き出すことと芸術的な創造とは別物です。

さてそこで、悲しい音楽を聴くなら聴くで、ちょっとしたコツを期しておきます。

それは「現在の自分の感情よりも少し上に位置する感情の音楽を聴くこと」

以下に感情のレベルについて復習

  • 陽気      合理的
  • 強い興味     ↑
  • 保守的
  • 満足
  • 退屈
  • 敵対心
  • 怒り
  • 秘めた敵意
  • 恐れ
  • 同情
  • 悲しみ      ↓
  • 無気力     不合理

上に行くほど生存性が高く、下の方は生存性が低いです。

そこで今自分がどっぷりと「無気力」な状態にいるのなら、それより少し上のレベルにある「悲しみ」とか「同情」的な音楽を聴くと良いです。

そうすると自分の感情は「無気力」から「悲しみ」に上がります。

もしも自分が「退屈」にいたなら「保守的」や「陽気」な音楽を聴くと良いことになりますね。

しかし間違ってこれらと逆パターンをしてはいけません。

退屈なときにそれより下にある「怒り」とか「悲しみ」の音楽を聴いてはいけないことになります。

是非一度試してみてください。

明日が良い日でありますように。

2017年10月20日 ピンクオーラクオーツ・大逆転劇/運命の輪

ピンクオーラクリスタル
pink-aura-crystal

2017年10月20日 ピンクオーラクオーツ・大逆転劇/運命の輪

ううううゎゎゎぁ〜!今度は「運命の輪」

またまた、また最上位クラスの良いカード。どうかしてます・・・

ひと口に言って予期せぬ幸運の訪れです。

現在はまったく報われず、誰からも注目されることもなく、がんじがらめでどうしようもなく、何をやってもうまく行かなかったという状況でさえもが「ぐわん!」と輪が回るように状況が好転する暗示。

そしてその運命は何の前触れもなく訪れるようですよ・・・

思いもよらぬところからの援助もあり、これまでに諦めていたことに再チャレンジするチャンスが訪れようとしています。

今現在が大変辛いのかもしれませんが、どうか大局を見てください。運命の輪がぐるっと回って劇的な変化が訪れます。

ですから、今までが絶好調という人は、将来に対する準備に抜かりなくお願いします。

このようなときにオススメのパワーストーンはピンクオーラクオーツ(意味辞典に未記載)。

ピンクオーラクオーツに求めるのは「気負わないこと」「自然に流れるままに居られること」。まだ新しいタイプのストーンです。ただし基本的に中身はクリアクリスタル。そしてイオン化した金属を蒸着してピンクに発色させています。さて、その働き方ですが、クリスタルをベースにしながらも独特な働きがあります。楽しむこと、笑うこと、望むことなど「自分が喜ぶものを受け取る許可」を育むといったことが得意なようです。

せっかく「運命の輪のカード」が出ているわけですから、天から巡ってくる恵みと賞賛を素直に受け入れましょう。自然体で「何かを受け取ること」が不得意なケースにはピンクオーラクオーツは役立つでしょう。

フローのバランスを考えよう

昨日は「子供の手伝いについて」を書きましたが、今回はその理由の基礎をなす原理についてです。

さて、人間関係について「フロー」ということがあります。

フローの語源は英語の”flow”ですね。直訳すると「流れ」です。

そして「フローのバランス」といのはそのまま「流れのバランス」ということになります。

何かが流れ込んでいること、そして流れ出ること、それらのバランスが取れている状態が「フローのバランスが取れている」ということです。

例えば誰かとコミュニケーションを取っているとして、どちらか一方が話すばかりで残りの一方は聞いてばかりとすれば、それは「フローのバランスが悪い」ということになります。

昨日の「子供」に関する例で言えば、子供が保護され愛されるばかりでは「親の恩義」が一方的なフローとなり、これもバランスが悪い例です。

もしもフローが一方的にやって来て、それが自分の中に溜まるばかりであると、それは居心地の悪い状態になります。溜まったフローはどこかではけ口を探して暴発しそうになります。

また、一方的に「フローを出した」側は、なにせ放出する一方ですから「何かを失った」という喪失感があります。

これを親子の関係に例えますと、子供として恩義を受けるばかりのフロー、そして親は恩義を与えるばかりのフローとなります。

ですからこのままでは子供は溜まったフローのやり場がなくて暴発しそうになり、親は子供を愛するがためにフローを出したままで喪失感を伴います。

そこで、フローというのは常にバランスが取れていることが大切です。

出した分は受け取る、受け取った分は出す。こうできることがベストです。

シンプルな例としては誰かと会話によるコミュニケーションを取っているなら、聞き手と話し手は交互に交代するのが良いです。そうすればフローのバランスが保てます。
(フローのバランスについて知っている人はそう持っていくべきでしょう)

そして、誰かに恩義を感じているなら、その恩義に報いるための何らかの行動は必要でしょう。

他には、例えば講演会などで講演者がボランティアとして無償で一方的に話し、何の報酬もないとすれば講演者は喪失感があります。また、聴衆(と主催者)の方には講演者に対して恩義のみが残ります。

上の例では無償の講演者と主催者もしくは聴衆との間で何らの形を持ってフローのバランスをとる必要があるでしょう。例えば、金銭的な報酬が無理なら、講演者に対して聴衆からの暖かいメッセージが届くといった具合にです。

それから、恩義に関してフローのバランスをとるとき、受け手がその恩義に報いる形になれば良いのですが、子供の反応としては「恩義の相手にとにかく影響を与える」という行動に出ることがあります。なにせ子供ですから恩義に報いる方法を十分には知らないことがあり、あらぬ行動をとる可能性もあるわけです。

この「フローのバランス」というのはあらゆるところで応用が効く観察方法です。

今までの経験から、「もしかしたらあれはフローのバランスが悪かったのではないか?」と思われることをピックアップしてみてください。

それがあった後には、かなりな確率で何らかの「具合が悪いこと」が起こっていませんか?

ところで、このフローのバランスを取ることに対してふさわしいストーンを選ぼうとしましたが、ちょっと難しい側面があります。それぞれの状況に応じた対応が必要そうです。

ただし、強いてあげてばクリソコーラでしょうか。これを挙げておきます。

明日が良い日でありますように。

今週はこれで終わります。日曜日は衆院選の投票です。忘れずに行きましょう!

2017年10月18日 アマゾナイト・天から栄誉を授かるとき/世界

アマゾナイト(Amazonite)
アマゾナイト(Amazonite)

2017年10月18日 アマゾナイト・天から栄誉を授かるとき/世界

うおっ!また良いカード!

もうこれはどうかしていると言うほどに良いカードが連続しています。それにしても今回のは最上級。

暗示的にはひとつの完成を表していて、大アルカナと言うカードグループの最後に当たります。

邪魔ものは完全に消え去って目的に一直線に進むための希望に溢れているようです。そして自分自身は持っている才能を発揮し、多くの助けも得ながら夢を実現させることを表しています。

人間関係としても文字通りに世界を築くための相手の発見があるかもです。

天からの祝福のときです。理想の追求に邁進してください。

このようなときにオススメのパワーストーンはアマゾナイト

アマゾナイトに求めるのは「成功への後押し」。夢の実現のために自己表現力をアップさせどのように自分が進んでいけば良いかを教えてくれるストーンです。心と身体の良い面を伸ばし、その働きを強めるエネルギーを持っています。

天から授かった幸運を最大限に発揮するためには、そもそも自分自身がしっかりと意思を持って行動すること。これまでと同じようにしていても運が浪費されるだけですね。横になってテレビを見ていても何も始まりません。アマゾナイトを使って積極的に行動しましょう。

音楽と人間の感情について考える

またまた良いカードです。そこで今回もちょっと脱線。

突然ですが・・・

誰かと知り合い、親しくなる過程では「どんな音楽が好きか」と言うことが話題になりますよね。そうしてお互いが聞いている音楽のジャンルなどの話をします。

そして時折、音楽についての話として・・・

楽しくなければ音楽じゃない

といった言葉を見たり聞いりします。

「楽しくなければ・・・」

いやー、そうは言っても「悲しいけれど」良い音楽というのもありそうではないですか?これはジャンルを問わずにそうではないかと思えますよ。

ところで、「楽しい、悲しい」というのはもろに人間の感情を表す言葉ですよね。

と言うことは、音楽は人間の感情に当てはめることができるかもしれないと言うことです。

これはあくまで私見ではありますが、さほどの音楽ファンでなくともいつも耳にするような音楽は感情として分類しやすいと思えます。

大雑把に言って「楽しい系」「悲しい系」「はつらつ系」「しみじみ系」「怒り系」と言う感じのものは多いです。読者の方もこれくらいは確かに分類できるだろうなと思っていただけるのではないでしょうか。

ですからこれだけ見ても、「楽しくなければ音楽じゃない」とかと簡単には言えないでしょう。

しかし、人間の感情のそれぞれのレベルには簡単には当てはめにくい音楽もありますよ。

それは「芸術系」です。

多くのクラシック音楽がこれに当てはまることになるでしょう。それから前衛的なジャズなどもこれに分類されると思われます。

芸術系の難しいところは、これが日常的な感情のどれにも当てはまりにくいことが挙げられます。(もちろん、感情と芸術で重なる部分を持っている作品もあります)

参考ページ:感情のレベル

感情のレベル 参考資料

芸術系は感情を完全に飛び抜けており、これはもう「美的感覚」としか言いようがありません。

すごく感動的な音楽を聞いたとして、その感覚が日常的な「感情」などではもう語りつくせないと言うことがありますよね。これって「美」と言うしかありません。

これは音楽に限らず絵画、小説、映画などの芸術作品全てが含まれますね。
(そして芸術とはコミュニケーションそのものですが)

美的感覚、これがわかる人と、そうでない人は確かにいます。だから気をつけて、わからないものを押し付けてはいけません。

望まないコミュニケーションをさせてはいけないのです。

明日が良い日でありますように。

2017年10月16日 ホワイトオパール・人生の逆転劇/運命の輪

2017年10月16日 ホワイトオパール・人生の逆転劇/運命の輪

週明け早々、良いカード!それもほとんど最上位クラスですね。

ガクン!と人生が変わってしまうかもしれない暗示ですよ。それも良い方に!

そしてそれは思いもよらない形で現れる可能性あり。その予兆にまったく気づかないでいることも多いでしょう。

特に、今まで苦しみもがいていた人は、きっと良い方へ転がりだすことでしょう。報われなかった働きに対して改めて賞賛を浴びるチャンスが訪れたり、一旦はくじけてしまったプロジェクトを再開することになるでしょう。

逆に、今までが順風満帆(じゅんぷうまんぱん)だった人は、将来に備えることが大切。

運命の輪は大きく、ぐるりと回るのです。

このようなときにオススメのパワーストーンはホワイトオパール(意味辞典に未記載)。

ホワイトオパールに求めるのは「未来を信じる心」。運命の輪の働きをうまく捉えるためには、自分の将来を信じていることが大切。表面上では諦めてしまっているとしても、心の芯に「本当はこうしたい」と言った望みを常に持ち続けているからこそ、運命の輪に乗り切れるのです。

なお、ホワイトオパールは気分が高揚する働きを持っていますから、もしもあまりに「ハイ」な状態なときには使わないでおきましょう。

同意を得ることの技術

あまりに良いカードが出ていますので、今回のコラムはちょっと脱線。

さて、次の日曜は衆議院選挙の投票日です。

そこで筆者は昨日、ある候補者の立会い演説会を見てきました。

その現場に予定時間よりも早く着いたのですが、そこでは候補者のスタッフがビラを撒いていました。

このスタッフがかなり年配の白髪の方(おじいちゃん)で、その姿はスタッフジャンパーとスニーカーといういでたち。ウエストポーチを胴に巻き、ビラを手にして通行人に渡しています。

これがしかし、非常に貧相でヨレヨレに見える立ち姿。そしてビラを差し出すとき「お願いしま〜す」と通行人に声をかけるのですが「無表情」なんですよね。

はたから見ていると「わー、これじゃあダメだ。誰も受け取らないよ」と思いました。もうむしろ同情したくなるほどのダメさです。

いえ、その方自身は真面目に活動していると思います。私利私欲なく、きっとボランティアとして参加しているという雰囲気です。単に愚直に当たり前にビラを差し出しているのです。

しかし・・・これじゃあこの候補者に一票を投じる気が起きません。ううむ、誰か優秀な選挙参謀が必要ななかろかと。

もっと「にっこりして」ビラを差し出した方が良いでしょう。(たとえ受け取ってくれなくても)

「私はこの候補者の応援をしているのが楽しいんだ」という雰囲気でビラを差し出さねばなりません。

そして、ビラを次々に「ルーチンワーク」として機械的に通行人に差し出してはなりません。

一度ずつが、必ず「新しい時間」として開始されることが大切。

それから、このおじいちゃんの扮装は何とかしなきゃ。細身の体型な上、ウエストポーチでジャンパーの胴の部分を「キュッ」締めており、これも貧相に見える要因だな。

「この人からなら、うっかりビラを受け取っても構わない」とそう思わせるだけの最低のことが必要です。

貧乏神みたいな人から何かを受け受け取りたいとは思わないのです。

「ビラを受け取る」ということは、受け手が「ビラを受け取ることに同意」したときに初めて成立しますよね。

この点をよく考えることが必要でしょう。

ビラを渡す、ビラをもらう。これってコミュニケーションのことですよ。コミュニケーションについてはこのコラムで幾度となく話題にしてきたことです。

明日が良い日でありますように。

2017年10月13日 パープルフローライト・新しいことを始めよう/魔術師

2017年10月13日 パープルフローライト・新しいことを始めよう/魔術師

面白いカードです。

創造を意味しており、いかようにもことの始まりを作れるというわけです。

新しいことに取り組んだり、現状の環境から飛び出したいといった願望も表しており、実現不能と思えるようなことにも挑んで行こうとするかもしれません。

しかしながら、そうは思っても自分にそんな能力があるのかと、疑いの気持ちになることも。

それでも今、たくさんの選択肢が目の前にあるはず。

また自分で気づいていなくても創造のタネは心の中にあるのです。

多くの選択肢から情報を集め、今までとは異なるやり方を選んでトライしよう!

創造性豊かなこのタイミングを存分に使いましょう。

このようなときにオススメのパワーストーンはパープルフローライト(意味辞典に未記載)。

パープルフローライトに求めるのは「発想の転換」。直観力・洞察力・多面的に物事を判断する力を与えてくれるストーンです。多くの情報、選択肢の中から「これは」という物を選び出し、新しい感覚で考えられるよになるでしょう。魔術師のカードが出ているとき、頭を整理してパープルフローライトを使うことをお勧めいたします。

創造性、それは誰もが持っている

人間の魂が得意とする最も典型的なことは「創造すること」。

このコラムでこれまでに書いてきた「知っている」そして「知らないでおく」こと、そして「創造すること」が人の三大能力と言えるかもです。

しかし「私は創造なんてことは苦手だ」と思われる方も少なくないでしょう。

ところが実際には、何かをしない理由、できない理由などマイナス思考に囚われた人でもすごい創造力または想像力を働かせることができていますよ。

実際のところ、人はプラス側にもマイナス側にも素晴らしく創造力を発揮しています。

そしてマイナス思考に陥るときは「知らないでいる」ことができず、過去のデータを積み上げて自分にダメ出しの創造性を発揮しているように見えます。

ちなみに、子供の創造性がプラス側に多いのは、過去のデータを積み上げることができないからかもしれません。

そしてその子の成長過程で「こんなことをしたら大人に叱られる」というデータが蓄積していき、創造性が失われるのでしょう。

ここでも「知らないでいる」の能力がかなり有効なようです。

「これこれをしたら大人に叱られる」というのは過去のデータを知っており、そして未来にそれがどうなるか知っている、という状態です。

創造性は「知らないでいる」ことと密接に関係しそうです。

明日が良い日でありますように。

2017年10月12日 ラピスラズリ・状況を受け入れる/吊られた男

ラピスラズリ
ラピスラズリ(Lapis-lazuli)

2017年10月12日 ラピスラズリ・状況を受け入れる/吊られた男

アドバイス色の強いカードです。

個人的にはけっこう好きですね。

男が逆さまに吊られている絵ですが、単にまずい状況を示しているわけでもありません。

ひと言でいえば「ジタバタするな」ですね。

状況を受け入れることは苦痛がともなうかも知れませんが、そうしてこそ解決策が見つかります。

まずい状態のときこそ自分自身の真価が問われます。ゲームを放棄するか、一発大逆転する力を信じるか、これはその人次第です。

今のあなたには「試練」をクリアできる力があるはずです。

辛抱強く耐え、時を待ちましょう。

元から持っているひらめきを種として、状況は一変し、人生が変わる可能性もあるのです。

このようなときにオススメのパワーストーンはラピスラズリ

ラピスラズリに求めるのは「試練をクリアする助け」。ラピスラズリは運気と密接に関係があるパワーストーンです。主人である人がより良い成長を果たすために、その人が生きている間に経験したり、学ばねばならないことなどを素早く察知し、呼び込みます。最終的にはあなたを守護するストーンになります。

あるがままに見るとそれは消えてなくなる

吊られた男がそこから脱出するには、今自分が置かれた状態をあるがままに受け入れることが条件になります。

状況が受け入れられないと言ってあがいているうちには脱出のチャンスを見失ったり、さらに状況が悪くなります。

これは実のところ「知らないでいる」から「知っている」の状況に近づくことと言えるかも知れません。

「知っている」はすなわち「あるがままに見る」です。

(ただし、完全に知っている、というわけではありませんよ)

「それは嫌だ!」と思いつつそれを見ても、それは「あるがまま」を見ていることにはなりません。だからその対象は「存続」します。

このままではあまりにも抽象的なので単純な例えを書いておきましょう。

例えば、負債を負っていたとしましょう。

「これをなんとかしなきゃ」と思うわけですが、本気でそうしようと思えばその負債の内容を明らかにしなければなりません。

返済するのか、免除される部分があるのか、返済するにしても現実問題として可能な方法があるのか・・・

このように考えられるようになるには、その負債を「あるがままに見る」のが第一歩です。あるがままに見ることができるようになってこそ、その負債を消すことができます。

負債が実際にいくらあるのか?それがわからないでは返済もできず免除のアクションも取れないでしょう。

他の例では、過去の辛い出来事はそれを忘れているつもりでも現時点の自分自身に影響を与えています。

これから脱却するにはその出来事を「あるがままに見る」のが必須です。出来事を否定し、忘れようとしている限りはその出来事はいつまでも影響力を持っています。

「あるがままに見ると、それは消えてなくなる」

これを覚えておいてください。

明日が良い日でありますように。