次回更新についてのお知らせ

9月15日分の更新は連休につきお休みです。

次回更新は9月16日午後10時以降となります。

その代わりに、でもないですが意味辞典のコラム「あるある」のコーナーに新記事アップです。

ゴムライン数珠タイプブレスレットのあるある

良いお休みをお過ごしください。

 

ムーンストーン・手放すとき・2019年9月13日

ムーンストーン(Moon-stone)

ムーンストーン・手放すとき・2019年9月13日

ムーンストーンが出ています。

ムーンストーンに求めるのは「手放すこと」「新しいステージへの道標を得る」。

これらの働きは意味辞典の方ではほとんど触れられていませんね。

ムーンストーンは基本的に「情緒安定系」としての働きとなります。

情緒不安の元はと言えば、過去の体験の影響が多大にあり、これらを握りこんで手放せない状態と言えます。

(非常にシンプルに言えば単なる反応です)

この情緒安定作用のさらに根本にあるのは「自分と対話すること」が挙げられます。

人は様々な場面において様々な感情を得ますが、これが実に不合理なことが多々あります。

そこで、自分がなぜこんなことにクヨクヨ悩むのか?とか「これが苦手て仕方ないのはなぜか?」と自分に問いかけてみるのが大切。

それがムーンストーンが手伝えることなんですよね。

そうして得られた情緒安定はすなわち、自分が設定した方向をまっすぐに見て動揺せずに進むことに他なりません。

カード:ソードの3/リバース

要注意なカードです。

が、それを解消することを示唆する情報として取りましょう。

現状としては消化不良でわだかまりがある感じ。

うまくいかない何かがあってもそれを無理に納得せざるを得ない、といった感じです。

また、喪失感や敗北の感じがあるでしょう。

そして・・・現在のテーマはそれらのマイナス感情を手放すこと。

これができたら!

思わぬ展開で新たにスタートを切れます。

心の機械仕掛け

感情は単なる反応として不合理に動くことがある、ことを冒頭ムーンストーンの解説部分に記しました。

で、単なる反応というのはほとんど「機械仕掛け」と変わりません。

機械仕掛けというのは、考えて動いているわけでなく、単に条件による選択があるだけです。

例えば「信号が赤ならそこで停止する」など。

人の心も、機械仕掛けのように働くことがあります。

それは自分で設定する場合もありますが、自分以外に誰かが自分に対して設定することもあります。

後者の場合は「教育」があります。

自分が設定した機械仕掛けは自分で考えて外すこともできるでしょうが、教育として誰かに設定された機械仕掛けを自分で外すことは困難です。

なぜなら、それが教育として設定された機械仕掛けだと気づくのが難しいからです。

しかしながら、何か不合理な反応について、自分の心や記憶と十分に対話してみてください。

きっとおかしなものがたくさん見つかりますよ。

また、自分で設定した「おかしなもの」があるかもです。

当時は役立ったけれど、今は全く不要で害にしかならないこともあるはずです。

明日が良い日になりますように。

アマゾナイト・未知数のチャンスが目の前に・2019年9月12日

 

アマゾナイト(Amazonite)
アマゾナイト(Amazonite)

アマゾナイト・未知数のチャンスが目の前に・2019年9月12日

アマゾナイトが出ています。

アマゾナイトに求めるのはチャンスに対して「積極的に動く」こと。

アマゾナイトはゴールへの道筋を示し、そこへ進んでいくための心の支えとなります。(このあたりのこと意味辞典では未記載)

別名として「希望の石」と呼ばれることもありますね。

前向きで安定した心の状態を保つことでいつも希望を見出せるようにサポートします。

その根底にあるのは心の安定度です。

そこから分析力もアップし、とるべき行動に指針が生まれるわけです。

そして最終的にはそれを積極的な行動に移すことです。

カード:カップの王子

良いカードでしょう。未知数の可能性を示唆しています。

未来に対して希望が満ち溢れる時期のようでです。

目の前に世界が大きく開け、そしてチャンスが待っているようですよ。

独自の才能を開花させたり、夢に描いた愛と富を得るためにスタートするにふさわしいタイミング。

旅立ちの準備をしてください。

ただし、このチャンスをモノにできるかどうかは、あなた次第。

幸福と勇気

今回のカードは自分が思う幸福に向かってスタート(その準備)せよ、ということのようです。

ところで・・・

人は「幸福」の定義として以下のものを持っています。

それは、自分が思う望ましい目的に向かって、知ることのできる障害を乗り越えていく過程、またはその過程をやり遂げたことについて、つかの間思いを巡らせることです。

これは実際に有効な定義でしょう。しかし、もし人が本当に幸福になろうと思うのであれば・・・

勇気が必要です。

さて、その幸福を追求するにあたって取り組む必要があるのは「問題の解決」。

問題を扱うには3つの方法があります。

ひとつは、直接的あるいは間接的に、その問題を『攻撃』すること。

もうひとつは、一直線にあるいは遠まわしに、その問題から『逃げる』こと。

そしてもうひとつが、問題を『無視』することです。

どの問題を扱うのにどの方法を選ぶかは、理性の問題です。

露骨かつ直接的に問題を絶えず攻撃することは、必ずしも勇気ある取り組み方ではなく、怒りによる破壊的な取り組み方でしかないかもしれません。

しかし、根気良く問題に取り組むには勇気が必要です。なぜなら、勇気の構成要素のひとつは、努力を続けることだからです。

明日が良い日になりますように。

ピーターサイト・決定のときがくる・2019年9月11日

ピーターサイト(Pietersite)
ピーターサイト(Pietersite)

ピーターサイト・決定のときがくる・2019年9月11日

ピーターサイトが出ています。

(リンク先は製品の販売ページですが詳しく解説。ただし完売商品です。)

ピーターサイトに求めるのは「迷い・混乱の原因を解決する」こと。

ピーターサイトの働きの第一は「不要な観念を捨てる」ことにあります。

過去につかんで手放せない思いや考えが、現在の判断を迷わせていることが多いです。

そこでまずは自分の精神状態をクリアにすることが有効です。

ピーターサイトの働きは複雑ですが、まずはこの特性が根本にあります。

カード:ソードの2

現在は迷いの段階、または状況を放置している状況にあるようです。

ここだけ見ると要注意なのですが、このカードはそれが解消に向かうことも暗示しています。

迷っているようでも実際には心の奥底では自分なりな決定がないでしょうか?

それを持ち出す勇気が必要なのかもしれません。

誰かの言葉が後押ししてくれたら、すぐにも決定を下せそうに感じている、そんな受け身の状態がありませんか?

どんな手段になるにせよ、近々には決断を下すことになりそうです。

自分の本心に従ってください。

このようなとき、ピーターサイトは実に助けになるパワーストーンです。

迷いの状態

昨日の復習に使った「知っている」のスケールがそのまま「迷い」について使えます。

  • 知っている
  • 見ている
  • 感じている
  • 努力
  • 考えている
  • シンボル
  • 食べる
  • ・・・・
  • ・・・・
  • ミステリー

さて、ある主題について「迷い」が起こるのは上のスケール上では「考えている」に当たります。

となりますと、実はその問題に関してまだ見ていないことになります。

ちゃんと見れば「あ、それならこっちを選ぼう」ということになり、考える必要はありません。

まあ「考えている」から脱して上の「見ている」に移動するには「努力」も経過する必要がありますね。

見るにはそれなりな努力が必要でしょう。

もしかすると「考えている」に止まるのは「努力」したくないからかもですね。

このあたりにフォーカスしてみてはどうでしょう。

カードのコーナーで書きましたが、誰かに後押ししてもらう、というのも「努力」のうちかもですね。

明日が良い日になりますように。