プレナイト・価値観の転換・2019年7月23日

プレナイト(Prehnite)
プレナイト(Prehnite)

プレナイト・価値観の転換・2019年7月23日

プレナイトが出ています。

プレナイトに求めるのは「選択」。

断捨離が必要なつかえるストーンという意味でも確かに「選択」系ですよね。

本当に自分に必要な情報だけを選び出す能力をアップさせる働きがあります。

ただし、その情報を取り込むためには不要なものを手放すという事前のアクションが伴います。

例えば「考えを変える」という場合、先にあった考えを捨てる必要があるでしょ。

カード:カップの8

価値観の転換期を表します。

これまで一生懸命にしていたこと、大切だと思っていたことが色あせて見えたりするかもです。

そうして何か、今まで求めていたこととは異なる価値を見出すことになりそうです。

だだし、それができるためには今までの考えを捨てることも必要。

新しい道に歩みだしたいのならチャンスが巡ってきているようですよ。

お金の本当の話(その5)

前回までに「利息のおかしさ」について書きました。

今現在、金融経済を元に回っているお金は利息つきで生み出されているわけです。

それも、ほとんど無から有を生み出す感じでそのお金が生み出されます。

なにせ銀行が口座に数字を書き込むだけでお金が生まれるのです。

そして貸し出した額よりも多くを取り戻して利益を得るわけですね。

で、多くの人々は直接的、間接的にかかわらずその利息のためにあくせくと働くことになります。

こんな詐欺みたいな話があるでしょうか?(いや実際、詐欺システムでしょう)

クレジットカードのおかしさ

さて、今回はクレジットカードのおかしさについても言及しておきます。

クレジットカードというのは、それを使う人にとってみれば現金なしに買い物ができる、という便利なもの。

これはある意味、カード利用代金支払日まで無利息で借金できるような感じですからお得に思えるでしょう。

しかし!!

カードを使われたお店は、「カードの決済手数料」をカード会社に支払う必要があります。

例えばお客さんが1万円分をカードで買い物したら、お店は1万円の数パーセントをカード会社に支払います。

で、カード会社のルールとしてはその決済手数料を商品代金に乗せるなということになっています。(少なくとも明示的に乗せてはならず)

で、その商品代金そのものは、例えば次の月の月末にカード会社からお店に対して支払われます。

これって支払い期日までお店がカード会社にお金を貸していた形になりますよね。でもここでは利息は発生しません。(その上にカード決済手数料を取られます)

これ、お店は踏んだり蹴ったりの状態。

さて、それにクレジットカード使用に関しては「ポイント」が付く仕組みがあります。

このポイントというのは、実際にお金の代わりになり、物やサービスを買えます。

クレジットカードをどんどん使う人はポイントがたまってお得でしょ。

このポイントでの買い物はカード発行会社が負担しますが、その元手は何のことはない、カードの加盟店の手数料が元になっているそうです。

これねえ、全部お店が負担することになっていますが、それならどうしてもそれらの費用は価格に転嫁せざるを得ないでしょ。

これお店が可哀想に見えますが、もっと可哀想なのはクレジットカードを使わないで買い物をしているお客さんです。

だって普通に現金で買い物をしているのにクレジットカードにまつわる手数料を払わされていることになるからです。(すでに商品価格に乗っている)

得をしているのはポイントを使える人とカード会社です。

クレジットカードは持てないけれど一生懸命に働いて生きている多くの人を食い物にしている仕組みです。

これマジ腹たちます。

あのね、お金に関して価値観の転換が必要そうでしょ。

お金というのは本当は何も実体がありません。本当は無から生まれた幻の数字なんですよ。(これまでに書いてきたお金が生まれる仕組みから)

明日が良い日になりますように。

サファイア・人に伝える力・2019年7月22日

ブルーサファイア(Blue-sapphire)
ブルーサファイア(Blue-sapphire)

サファイア・人に伝える力・2019年7月22日

サファイアが出ています。(意味辞典に未記載)
上の画像は参考例としてブルーサファイアです。

サファイアには様々なカラーと働きがありますが、今回求めるのは「発信力」。

ブルーサファイアは特に素直な自己表現をすることが得意な分野。

そこで「発信力」という働きをしてもらいます。

人は様々なことや特定なカテゴリーについての「引っ込み思案」を持っており、言いたいことがうまく言えないということがありますよね。

また、逆に「知らない」ということについての意識の表明ができずに周囲に流されることも。

そこでサファイアは、自分の本心を上手に発信できるように助けてくれるわけです。

カード:ソードの王

良いカード。心強いです。

冷静な判断力や決断力が働くとき。

周囲の協力も得られ、自分が持っていない知識や能力を補ってもくれるでしょう。

こうしてどんどん壁を突破していけそう。

自分自身が率先して動き、その意図を人々に理解できるように発信することが必要。

新しいアイディア、問題を突破するためのやる気に付いていけない人々が落ちこぼれないよう、あなたが自分で声をかけ、人々を引っ張るのが大切。

それもあって「発信力」という意味でサファイアが取り上げられています。

お金の本当の話(その4)

さてさて、前回まで「人々が手にするお金は元々が誰かの借金である」ことがお分かりになったでしょうか?

これは単なる事実ですから押さえてくださいね。

誰か(企業を含む)が銀行にお金を借りなければ、世の中にお金は出て行かず、わかりやすく言えスーパーで誰も買い物ができません。そうしないと世の中にお金はないのです。

宝くじで当たったお金でさえ、拾ったお金でさえ、それは元々が誰かの借金で作られています。

しかしそのお金は、元が借金でできているため、生まれながらに利息を背負っているのが宿命です。

以上は前回までの復習ですね。

今回はお金が背負わされた「利息」がどのように働いているかを見てみます。

さて、世の中で利息を背負ったお金が動く(すなわち支払いに使われる)とき、利息分がその商品価格に必ず付加されることになります。

超シンプルな例を以下に示します。

ある企業が新規事業の展開のために銀行から100万円借りたとします。
(これで世の中に新しく100万円が供給されました)

一年借りたとしてその利息が5万円なら、返済金額は105万円です。

企業は元の100万円で材料を仕入れ150万円分の価値を生み出したとしましょう。(100万円で仕入れ150万円で売ることに成功とします)

これで50万円の粗利です。しかし、5万円の利息も払わねばなりません。

言うなれば、利息分の5万円分を余計に働く(タダ働き)か、または商品価格に付加するしかありません。

「余計に働くこと」はこれ、利息の奴隷です。
「価格に付加する」これは利息を他の誰かへ付け回すことです。

ここをよく考えてみると、いずれにしても最終消費者が何らかの形で利息の負担をするということを意味しています。

そしてほとんどの人が労働者であり消費者です。みんなで金利を負担sていることになります。

じゃあ、この「利息」で吸い上げられた5万円は最終的にどこに行くのか??

直近では最初に企業がお金を借りた金融機関が5万円を取ります。

そしてそのお金はさらにどうなるのか?

金融資産の持ち主の懐に入ります。

これがピラミッドの頂点にいるひと握りの人たちだけが大金持ちになるメカニズムです。

なんだか嫌な話ですよね。

金融経済の影響下にある大多数の人々が、自分では借りた覚えのないお金、実際にはスーパーで買い物しても、自販機でジュースを買ってもついて回る利息のためにタダ働きさせられている形です。

そして今、「これはおかしいだろ!」と言う声が世界の各所で上がっているもの確か・・・・

明日が良い日になりますように。

チャロアイト・内なる声を聞こう・2019年7月19日

チャロアイト(Charoite)
チャロアイト(Charoite)

チャロアイト・内なる声を聞こう・2019年7月19日

チャロアイトが出ています。

チャロアイトに求めるのは「内なる声に従う」。

基本的に癒し系ですね。

そしてチャロアイトの特徴として「観ることをさせる」です。

本当に癒しを得るには、実際には自分の心の中を観ることが必要です。

単に「気持ちいい」ということであれば麻薬で良いわけです。これでは何も解決しません。

今回は特に、自分の心をしっかり見て、そして自分の本心に従う目的でチャロアイトをお勧めします。

カード:ペンタクルの4

まあまあ、だいたいは良いカードとしましょう。

物質面、経済面については充実する暗示があります。

これまでの努力が実ってそのような状態を作れたのでしょう。

そしてこの状態を守りたいと思ってはいるのですが、色々と面白そうな話が舞い込んで迷う場面があるかもです。

このようなとき、自分は本当はどうしたいのか、自分の心の声を聞くことが大切。

お金の本当の話(その3)

前回の記事で「お金は誰かの借金で作られる」ということを書きました。これは単に事実です。

今あなたが持っている銀行口座やお財布にあるお金も、元はといえば誰かの借金で生まれたお金です。

そして、その借金をみんなが返済すると、この世からお金が消えてなくると。

しかしながら、実際にはその借金には「利息」がありますよね。

例えば、100万円借りたら105万円返さねばなりません。

世の中から100万円+5万円をかき集めねばならないわけです。

これ、帳尻が合わないことになりませんか?

みんなが借りた以上のお金をかき集めなければならいのです。

ということは、さらに誰かが借金してこの世にお金を生み出さねばならないことになります。

これは永遠に続けなければ確実に破綻してしまいますよ。

要は、この世の金融システムは永遠に、誰かが借金していなければ存続できません。

世の中の資源は一定量しかありませんから、これはいつか破綻することが予想されます。

明日が良い日になりますように。

カイヤナイト・次のステージはすぐそこ・2019年7月18日

カイヤナイト(kyanite)
カイヤナイト(kyanite)

カイヤナイト・次のステージはすぐそこ・2019年7月18日

カイヤナイトが出ています。

カイヤナイトに求めるのは「トラウマの克服」。

癒し系ですね。

ただし、カイヤナイトの働きとして重要なのは「記憶の整理」。

トラウマというのはその出来事が起きた時点での様々なことが未整理でごっちゃに記憶されています。

その時に見た光景、その時に言われたこと、その時の自分の感情、肉体的な感覚、五感の全てで感じたことがごっちゃになっています。

あの出来事で、本当は何が起こっていたのか?

これをきっちり整理できたとき、トラウマは解消されるようです。

カード:ソードの10

あることの最終状態を表しており、次のステージに向かう寸前のところにいる感じ。

ただ、次のステージに進むには、トラウマの克服がテーマになりそう。

これ、すごく重い話題のようですが、気楽になるように以下のことを記します。

「今現在、それは起こっていない」です。

トラウマになった出来事と何かが似ている場面に遭遇すると、トラウマが刺激されますが・・・

現時点でそれは起こっていない、です。

トラウマというのは機械的な反応様式しか持ちません。

古い傷が肉体的に反応したり、感情が動くこともあるでしょうが、それは単に錯覚です。

お金の本当の話(その2)

前回のコラムの最後に「お金は借金で作られる」ということを書きました。

変ですよね。(ご存知の方もいらっしゃるでしょう)

ところが実際に、世の中で流通しているお金のほとんどは「誰かの借金」です。

その意味(そして実態)を記しておきます。この世の中にお金が生まれるステップです。

(1)誰かが銀行に100万円預ける。

(2)銀行は、その100万円の例えば1%を日本銀行に預けます。

100万円の1%ですから、1万円ですね。

実際には1%以下ですが、説明を簡単にするために1%とします。

この日本銀行に預けることを預金準備制度といいます。

(3)ここまでのステップで、銀行は誰かにお金を貸し出す準備ができました。

銀行は100万円から1万円を引いた99万円を誰かに貸すことができます。(これがルールなんです)

と言っても、最初に100万円を預けた人のお金をそのまま他に貸し出すことはしません。(お金を下ろしに来れられたらまずいですから)

(4)誰かが銀行にお金を借りに来ます。

その銀行は99万円まで貸し出せます。

その方法は、借りに来た人の口座を作り、そこに「99万円」と「書き込みます」

これがお金が誕生した瞬間です。

本当に書き込むだけです。今ならキーボードでカタカタと。

これを実は「万年筆マネー」と言います。書いて作るお金ですからね。

借主は、その99万円で他銀行を経由して支払いをします。

それを受け取った他の銀行は、99万円の1%を日本銀行に預け(預金準備制度による)、今度は98万100円を作り出し、また誰かに貸すことができます。

これをグルグル繰り返します。

その結果、元の100万円の預金から、預金準備率1%とすると、合計1億円のお金がこの世に生まれます。

元が100万円なのに世の中には1億円が出回ります。

「この世にあるお金は誰かの借金」これ、本当ですよ。

じゃあ、お金を借りたみんなが、その借金を銀行に返すとどうなるか?

最初にあった100万円以外のお金はこの世から消えてなくなります。(元どうりの状態ですからね)

いやいや、最初の100万円だって誰かの借金だったかもです。

不思議でしょ、でも本当ですよ。

続く・・・

明日が良い日になりますように。