017年9月26日 ルビー・何か始めるとき/魔術師

2017年9月26日 ルビー・何か始めるとき/魔術師

何か新しいことを始めたいと思う気持ちが高まっているようです。

または何か奇跡的な変化を望んでいることも。それは自分の力だけではどうにもならないと思われることに挑もうとしているのかも。

確かに幸運や奇跡といいうのはありえますが、やりたいことがあるなら十分な下準備を。

なおかつ、自分を最後まで信じて突き進む覚悟を。

自分を信じることで、自分自身では気づいていない創造の力が湧き出るでしょう。

自分に魔法をかけられるのは自分自身です。

このようなときにオススメのパワーストーンはルビー(意味辞典に未記載)。

ルビーに求めるのは「勝利・情熱」。「不滅の炎が宿る石」と言われていて、主人となる人の「健康・富」を守護しながら、深い愛情に恵まれるように導くストーンです。

貴石として扱われている透き通った美しいルビーを連想することが多いでしょうが、濁りが入ったルビーなら普通に安く入手しやすいですよ。濁っていてもパワーストーンとしての働きに変わりはありません。

どん底からの脱出(補足5)

前回は、人からゲームを完全に奪うと病気になるかもしれないことを書きました。
(最後に残るのが病気というゲームというわけです)

ここで気づくのですが、問題を抱えている誰かの問題を解決してあげると、その人はいつもさらに新しい問題を持ってやってくる、ということがないでしょうか。

その人にとって問題とはゲームそのものなんですね。

ですからその人のことを思うなら、くれぐれも、その人に成り代わって問題を解決してあげてはいけません。あくまでも解決のヒントだけあげて「助ける」パターンの方が良いです。

そうして問題が解決したら、ちょっとはマシなゲームに取り組むように助言するのが良いでしょう。

人にとってゲーム(問題)はなくてはならないことのようです。

ゲームが本当になくなると、自分とゲームを始めてしまって病気にすらなるわけです。

しかしながら、どんなゲームでもないよりもよほどマシ、と思っているようですよ。

本当に本当に、ゲームが何もない状態とは、死んでいる状態です。

明日が良い日でありますように。

2017年9月25日 マンガンカルサイト・収穫のときが来る/女帝

マンガンカルサイト(Manganese-calcite)
マンガンカルサイト(Manganese-calcite)

2017年9月25日 マンガンカルサイト・収穫のときが来る/女帝

良いカードです。「豊かさ」を表します。

特に物質的な豊かさを意味しており、内面で育ててきたことが外面に現れることを表していることも。

これまでに蒔いた種が実り、もうすぐ刈りとることになりそうですよ。

物質的な豊かさを得たとしても、これからもどうぞ内面を大切に。

人間関係は損得ぬきに心を広く。いたわりと優しさの気持ちを忘れずに。

あなたのひと言で周囲の人々がよい方向に進むこともあることを知りましょう。周囲の人が幸せになれば自分自身も幸せになれます。

このようなときにオススメのパワーストーンはマンガンカルサイト

マンガンカルサイトに求めるのは「愛情表現を楽に」。いつも愛用していると「愛すると言う事は、あるがままを受け入れるという事」という教えが、心に刻まれるようになります。「愛」には、思いが報われるか?などの「見返りを求める愛」だけではなく、ただ「与えるだけの愛」という形もある事を教えてくれるストーンです。

どん底からの脱出(補足4)

新しい一週間が始まります。出直すつもりで行きましょう!

続きとして、どん底からの脱出としてさらに解説します。

前回までに「決まり切った週間を止める」「倫理的にまともになる」ということを書きましたが、今回はちょっと番外編として「慢性的な身体的不調」について書きます。身体の調子が悪くて「どん底感」を感じている人も少なくないでしょう。

身体的不調は、もちろん医学的に対処するべきことなのですが、ここに書くことは医学とはまったく異なる視点からです。

さて、「慢性的な身体的不調」というのは医学的にはなかなかその原因がつかみにくいことがあります。

しかしながら心理的な側面であり得る事例を記しておきます。

病気の人の人格を借りているパターン

失った誰かの人格を借りる、ということがあることをこのコラムでは何度か触れています。

その借りた人格の人が慢性的に何かを患っていたならば、その病気までも(見せかけ)として借りることがあります。

症状を借りただけですから、一般医学ではその原因がわからないものです。

しかしその人はその症状で確かに苦しんでいます。医師としてはそれなりな診断を下して既存の病名をつけるしかありません。

そしてその人自身は誰かの人格を借りていることに気づいていません。

先に亡くなった身内と同じ病気を抱えている場合、それは遺伝よりも「人格を借りる」というパターンが確かに存在します。

都合上、自分で症状を作るパターン

具合が悪くなることで受けられる愛情、ということがあります。これは幼い頃の親子関係でよく現れますが、それが成人しても、老年になっても続くケースがあります。

愛情を受けられるなら、どんな症状でも出すでしょう。
(普通の医師にはなぜその症状が出るのかわかりません)

以上簡単に2例を書きましたが、これらのことを吹っ切るには「他に重要なゲームを作る」ことにつきます。

逆に言えば、人からゲームを奪うと慢性的な病気になりやすい、と言えます。

ですので、誰か問題(ゲーム)を抱えている人の問題を他人が解決してしまうと、最初に問題を抱えていた人は病気になることもありえますよ。

ですから、誰か困っているいる人を見たら、その問題を他の人が片付けてしまってはなりません。その人を「助ける」という形でお手伝いするのが正解。

まとめますと、人がゲームをすべて失うと、最後に残るのが病気、こうしたメカニズムが存在します。

明日が良い日でありますように。

2017年9月22日 アイオライト・みんなで生き延びる/正義

アイオライト(Iolite)
アイオライト(Iolite)

2017年9月22日 アイオライト・みんなで生き延びる/正義

まずまずのカードといたしましょう。

良し悪しよりもアドバイス色が強いです。

感情的にならず、論理的に物事を判断、処理できる日でしょう。

バランス感覚はかなり良いので感情面でこじれていた問題の解決にはベストですね。

ただ、自分の正しさの確信を持って他を裁くような態度は改めましょう。いくら相手を責めたてたとしても問題が解決するわけではないのです。

今日の正しさは明日の間違いということもあるのです。

それでも、あなたが現在理不尽に感じていることは間もなく解消されるようですよ。

このようなときにオススメのパワーストーンはアイオライト

アイオライトに求めるのは「頭をすっきりクリアーにすること」。感情の波を鎮める作用が強く、頭をすっきりとクリアに保ち、冷静さを維持させてくれるストーンです。特に大きな判断を迫られた時に感情論ではなく、論理的にも最適な結果を導き出せるようにフォローします。このあたりのこと、意味辞典の方では触れていませんね。

どん底からの脱出(補足2)

さて、今週最終日の金曜になります。

続きとして、どん底からの脱出としてさらに解説します。

前回は「習慣や決まりきった行動をやめる」ことを説明しましたが、今回は・・・

「自分が行っているところの、倫理的にまずいことを発見し、それを徹底して正す。」

これを取り上げましょう。

今回のカード、正義が出ていますから丁度よい機会です。

今どん底にあるとすれば、実のところ自分自身の「倫理観の低下」がその原因になっていると心に命じてください。

この際ですから、それを信じられないとしてもそうなのです。

そして最終的には、今どん底にいること自体が倫理的に間違っているとも言えます。

さて、この「倫理」ですがこれをシンプルに説明すると、行き着くところは「生存の多重円」です。(下の説明文タイトルをクリックして解説ページが開きます)

生存の多重円(生存の包含関係)

倫理的な間違いは、この多重円のどこかのレベルでの生存をくじいていることを意味しています。

自分を裏切ることはもちろん間違いであり、家族を裏切ってももちろんダメ。組織の中でその職務をまっとうしていないということがあればこれも倫理的にダメですよ。

ですから「倫理的にまずいことを発見し、それを徹底して正す」というのは、生存の多重円全体を見て、どこかの生存をくじいていないかをじっくりと考え、生存にマイナスになる行動を避けるということになります。

実際のところ、そのまずい行動が「習慣として」続いていた可能性が大なのです。

しかし、ここまで読んで反論があると思います。

例えば勤めていた会社が倒産したから自分が「どん底になった」というのに、自分が何を改善すれば良いのか?という反論です。

ところが、このように過去の環境を見ても現状では何の解決にもならないことがわかるでしょうか?

会社の倒産は自分のせいではない、と言ってみたところで今の自分や家族のどん底からはい出ることはできませんよ。

今どん底にいて家族を養えない、というのであれば、その状態について見てみましょう。理由はともかくも、家族というレベルの生存を助けられないとすれば、それは罪なのです。悪意がなくとも倫理的にはアウトです。そこの部分に着目しましょう。

とにかく、今現在の状況から「自分、家族・・etc」の生存を助けられるようにするべき行動は何か、これだけに着目します。

ね、改めなければならない習慣もあるでしょ。

頭をクリアにして考えてみましょう。こんな時には確かにアイオライトが役に立ちそうですよ。

明日が良い日でありますように。

2017年9月21日 ルチルクオーツ・問題解決の兆し/ソードの7/リバース

ルチルクオーツ(Rutile-quartz)
ルチルクオーツ(Rutile-quartz)

2017年9月21日 ルチルクオーツ・問題解決の兆し/ソードの7/リバース

リバースで出ていますが良いカードですよ!
問題解決の兆し!

停滞していた案件がある人は解決へと動きだすでしょう。

多少のミスも「早めの対処」で結果オーライとなることでしょう。

今日はタイミング重視なので身軽に動くこと!
素早く動くことでミスが発生したとしても何らかのリカバーが働くはず。

なお、問題解決のきっかけは身近なところに。

このようなときにオススメのパワーストーンはルチルクオーツ

ルチルクオーツに求めるのは「気力の充実」。できるだけすばやい行動が取れるように選んだストーンです。金運系で使われることが多いのですが、セレニティアスではビジネス系としての能力中心に見ています。

どん底からの脱出(補足1)

前回(どん底からの脱出)の続きとしてちょっと補足しておきます。

行うべき項目の中に・・・

「習慣や決まりきった行動をやめる」

が、ありました。これを説明します。

現在の「まずい状態」になった原因として、ずっとしてきた習慣や決まりきった行動がありがちです。

それ自体はまずいこと、悪いことではないかもしれませんが、今それをしていると、状況はもっと悪化する可能性が高いです。

例えば、仕事時間、食事時間、食事の内容、睡眠の取り方、などなど、日常生活の中で習慣化していることは多いはず。

現状のどん底から脱出しようとするとき、例えば余暇時間などは後回しにせざるをえません。

また金銭的な問題があるとすれば、今までのようなお金の使い方(要するに習慣です)をしていたのではお金をコントロールすることはできません。

これらの習慣そのものは悪いことでなかったとしても、同じことを続けていてはこの状況から脱出はできないのです。

他、人間関係でつまづいて「どん底感」であるすれば、これも同様、習慣化している考え方を変えない限りは脱出できません。

この中で行動面の習慣とすれば、憂さ晴らしのためにお酒を飲んで酔いつぶれる、といった習慣があればそれも変えるべきでしょう。

いずれにせよ、今までのやり方、暮らし方、考え方を変えることで現状から脱出できます。

明日が良い日でありますように。

2017年9月20日 ハイパーシーン・チャンスが巡っている!/ワンドの6

ハイパーシーン(Hypersthene)
ハイパーシーン(Hypersthene)

2017年9月20日 ハイパーシーン・チャンスが巡っている!/ワンドの6

これははなかなか良いカード。前回のカードの影響がまだ続いているという感じですね。

ひとことで言って「チャンスをつかみ取る」です。

特に昔にやり損ねていたことに再チャレンジもOK!

大きなプロジェクトに抜擢されたり、栄光の対象になるという暗示があり。

これまでに、失敗や裏切り、不当な評価があったかもしれませんが、それらのことが一掃される勢いですよ。

このカードを生かすには、自分の実力を信じて周囲にも気を配り、頼れるリーダーとして行動すれば必ず成功。

ただし油断せずに細部を確認してください。そして助けが必要な人々には手を差し伸べることを忘れずに。

このようなときにオススメのパワーストーンはハイパーシーン(意味辞典に未記載)。

ハイパーシーンに求めるのは「優れたリーダー気質」。ハイパーシーンはまさにリーダーたろうとする人に最適なストーン。不安や恐怖を排除し、実行力をサポートします。過去の失敗体験をものともせず、目の前のことについて行動を起こせるでしょう。また、他人からの悪感情や邪心を防ぐ作用も。

どん底からの脱出

前回、今回とすごく良いカードが出ています。

しかしながら個人的には「今まったくどん底です」という方もいらっしゃるはず。

例えば収入がとことん下がってしまって支払いが苦しいとか・・・

そこでもしもやる気であればその「どん底」から脱出する方法を伝授しておきます。本当に取り組めば必ず脱出できますから。

まず第一にすることは「自分が危険な状態にある」ということをきっちりと認識します。このままでは生きて行くことが十分に危ぶまれるという状況です。

  1. 習慣や決まりきった行動をやめる。
  2. その状況、及びそこにあるあらゆる危険を処理する。
  3. 自分自身が危険な状況にあることを意識する。
  4. 自分が行っているところの、倫理的にまずいことを発見し、それを徹底して正す。

    まずは以上のことからスタートです。そして引き続き・・・

  5. 危険な状況が継続的に起きないよう、自分の生活を再編成する。
  6. 今後、同じ状況が起こり続けないように気をつける。

結構厳しいようですが、これをしないとどん底から脱出するのは難しいです。

明日が良い日でありますように。

2017年9月19日 ペリドット・完成!/世界

ペリドット(Peridot)
ペリドット(Peridot)

2017年9月19日 ペリドット・完成!/世界

お久しぶりです。台風18号が列島を去ろうとしていますが、皆様の地域では被害がなかったでしょうか。

さて今回のカードは「世界」これは良いですね!

もう、ここまできたら信じる力しかありません。信じる分量によって達成度が決まるとも言えるかも。

最後の最後まで自分を信じて夢を追求しましょう。

カードそれ自体は願いの成就、完成を表しているのは確か。これまでの頑張りが実ることを暗示しています。

もしもパートナーが関連するならその人(達)と新しい世界を築いていくスタートになるでしょう。

このようなときにオススメのパワーストーンはペリドット

ペリドットに求めるのは「自分への信頼」。どちらかと言えば癒し系のストーンと言えます。もしも自己肯定感の弱い人なら特におすすめ。世界というせっかくの良いカードが出ていますから、このチャンスを活かしましょう。ペリドットがあればマイナス感情を一掃できるでしょう。

エネルギーとミステリー、固着について

今回はちょっと「根本的は話」を書きましょう。ある意味極意です。

早速ですが、自分では処理できないと感じるエネルギーに出会うとき、そこには「創造」のストップがあります。

それはとても不快なある種の感覚です。しかしそこで私たちは大きなミステリー(謎)を持つことになります。

様々なエネルギーに対して固着するのは、それらに対してミステリーを持つことです。過去に固着するメカニズムはまさにこれです。

ミステリーを「知らないでおく」ことができれば、エネルギーに固着する必要はまったくありません。

「知らないでおく」というのは、わざと忘れるとか記憶を押しとどめるということではありません。文字どおりに「知らないでおく」です。

そして「知らないでおく」というのはゲームを戦う能力のひとつです。

さて、これらのことは今までにこのコラムで書いてきた様々な事柄のエッセンスと言えます。ある日、ピンとくる日が来るかもしれません。

明日が良い日でありますように。

2017年9月15日 ホワイトジェード・復活のとき/審判

2017年9月15日 ホワイトジェード・復活のとき/審判

これまでに苦労を重ねてきたと思われる人には大変良いカード。

復活、再スタートの暗示ですね。

今まで感じていた辛さに対して大きな意識改革が起きるかも。新しく大きな生命力が流れ込んできます。新しいスタートラインに立つことができる日。

これまでに様々な喪失や絶望的な出来事にあってきたかもしれませんが、まるで新しく生まれ変わるように、これらが一切清算されるというような、大きな心境変化があるかもです。

秘訣として、自分自身でも過去を手放すようにしてみてください。それがうまくいけば事態は必ず好転します。

このようなときにオススメのパワーストーンはホワイトジェード(意味辞典に未記載)。

ホワイトジェードに求めるのは「不安な感情の浄化と、それらを手放すこと」。細く鋭いエネルギーを持つヒスイの一種です。ジェダイトとは違って、鋭いながらも内面的な安定をサポートするように染み込んできます。魂や精神など「見えないけど自分の根幹部」にこびりついている「不要になったエネルギー」「不要になった過去の感情」を浄化し、それらを手放すよう促します。

過去を手放すために(ホワイトジェードはいいですよ)

今回のカードにちなんで過去を手放すことについて記しておきます。

ある出来事が起こった、という事実は誰にとっても同じです。それがなかったことにはできません。

しかし受け取りようは人の数だけありますよね。

その「受け取りよう」というのは、実際には「考え」で決定されます。どう思うかはその人次第です。

それから「考え」以外に反応としての受け取りようがあります。

これは前回までに書いていた「それに似た、より過去の出来事」の連鎖にあるように、反応的に植え付けらたものがあります。

しかしながら、この反応も、実際には「考え」で変えることができるのは確かですよ。

反応から脱して考えによって受け取りようを変える極意は、とにかくその出来事を良く見ること。

良く見てこそ、捨てるべきものの正体が分かります。

単に反応しているだけだと捨てるべきものがわかりません。

ところで、ここで捨てるべきは「感情」ではありません。多くの人がここで間違いやすいです。感情を捨てるのは難しいです。怒ったり泣いたりしている人が、その感情を捨てるのはちょっと無理があるように。

むしろ捨てるというよりも、整理してわきに置くというのがぴったりかもしれません。そのためにも、その出来事を良く見る必要があります。しっかり見ると、怒ったり泣いたりはしませんよ。

あなたが無意識だった瞬間、あなたの周りで誰かが何かを話していなかったでしょうか?

「もうダメだ!」と言っていたのはあなたでなく、あなたを見ていた誰かかもしれません。

明日が良い日でありますように。