ホワイトアゲート・回復完了・2019年11月14日

ホワイトアゲート(White-agate)
ホワイトアゲート(White-agate)

ホワイトアゲート・回復完了・2019年11月14日

ホワイトアゲートが出ています。(意味辞典に未記載)

ホワイトアゲートのキーワードは「落ち着く」「じっくり」「正義」「信頼」。

基本的に「平和と安定」をもたらすストーンとされます。

それに伴い、人脈を築く働きがありますが、それは現状の自分にふさわしい人が集まることになります。

ですので、今の自分がアホならアホが集まりますよ。その意味から常日頃よりの研鑽を忘れずにです。

カード:ソードの4/リバース

これはリバースで良いカード。

めちゃくちゃ働いて困難を解決しつつ一服している感じ。そして回復完了!

まだ問題は残っているにせよ、それを乗り越えるだけの実力派「あるな」と自分で気づいているかもです。

ここでパワーと時間をかけてじっくり取り組みましょう。

自分を信じて貫いてください。そうすることで有利な展開が望めます。

そこでワイトアゲートの「信頼」「じっくり」「落ち着く」といった働きが大切になるわけですね。

悪習慣を止めるきっかけ(その2)

前回までに「それをやった最初の出来事を探そう」ということを書いてきました。

が、それを探し出せないという人が多数だと思います。正直言って簡単なことではありませんから。

「探し出せない」というのは、ある意味では記憶の閉塞、または自分で触ることができない、ということです。

このコラムで何度もしつこく出てくることに「解決したければそれを見る」がありますが、それができなとう状態ですね。

そこで、ちょっとした練習をお教えしましょう。

まず、一般的に記憶へのアクセスそれ自体がたやすくはありません。

そこで、失敗とか嫌な記憶に触れる前に、普通に楽しかったことなどの時間にアクセスする練習があります。

例えば・・・

  • 幸せだったとき
  • 何かを作り終えたとき
  • 人生が楽しかったとき
  • 誰かが何かをくれたとき
  • 美味しいものを食べたとき
  • 友達がいたとき
  • 自分は精力的だと感じたとき
  • 誰かがあなたのことを待っていたとき
  • 好きなものを見たとき
    etc

このようなことを思い出す(想起する)ことをしてみてください。

もしも、これすらができない、というケースもあります。
心配しないでもそれはありうることで、普通です。

明日が良い日になりますように。

カーネリアン・幸運な展開・2019年11月13日

カーネリアン(Carnelian)
カーネリアン(Carnelian)

カーネリアン・幸運な展開・2019年11月13日

カーネリアンが出ています。

カーネリアンに求めるのは「やり通す」「みのり・ゴール」「気力」。

カーネリアンは自分が持つ力を100%発揮させるストーンです。

そのための根底にあるのは「自分の本心にアクセスできること」そして自分の本心をを人に知られることに物怖じしないこと。

「私はこれをこうしたい」ということを普通に表明できるということです。(だいたい、表明できないようなことは実現しませんから)

これができるようにするためには感情のレベルをグンと上げることですね。

カード:ペンタクルの9

お、これは良いカード。

これまでの取り組みが素晴らしい成果をもたらそうとしている暗示。

昇進したり昇給があるかもですよ。

今までに散々辛い思いをしながらも温め続けた仕事が認められるとき。

もしも今の段階であと一歩のところにいると感じるなら、最後の詰めをやってしまいましょう。

ここで気を抜かず、最善を尽くしてください。

新しい人脈ができる予感もあります。有力な縁ができたりと新たな人間関係が生まれるとき。やってくる縁を大切に。

悪習慣を止めるきっかけ

前回のコラムで「悪い習慣を止める」ことについて書きました。

「悪い習慣」というのは少しピンと来にくかったかもです。

そこで、こういうことはないでしょうか?

「いつも同じ間違いをしてしまう」

これの方がぴったりかもです。

それから自分自身の性格について、もしも気に入らない部分があるとしたら同じことです。

なにせ、その人の人格の半分くらいは「習慣」でできていますからね。

そこで、これら治したい「同じ間違いグセ」「性格」のようなことがあるなら、やはりそれを最初に行った時のことを特定するのが早道です。

  • それはいつ?
  • どこで?
  • なぜ?
  • それをしてどうなったか?

できるだけ古い時間に遡って見てみてください。あまりに記憶をたどりすぎて「前世」にまで入っていく人がいるかもですが、気にしないで遡ります。

ことによると、そのクセや性格は、自分のものでなく、自分以外の誰かのものを借りていただけ、ということを発見するかもですよ。

その発見と目撃があると、その習慣をやめられるチャンスですよ。

明日が良い日になりますように。

クリスタル・戦う時・2019年11月12日

クリスタル(Crystal)
クリスタル(Crystal)

クリスタル・戦う時・2019年11月12日

クリスタルが出ています。

クリスタルに求めるのは「信じること」。

クリスタルはパワーストーン界のご飯かパンです。これが基本中の基本。

他のストーンをチャージしたり、魔除け系に使ったりと用途はほぼ万能と言っても良いかもです。

(ただし癒し系はあまりないか)

他のストーンの隣に置いて元のストーンのパワーを上げる、コントロールするという用途が多いのがセレニティアスの使い方です。

それでもこれって適当ではダメ。以下の記事が参考になると思います。

パワーストーン・配置の秘密

カード:ワンドの5

戦っていますね。これは悪い意味ではなく、自分のゲームを戦っています。これは良いことです。

信念とやる気を試される時のようです。

ゲームですから様々な障害や困難が立ちはだかっています。それは時に理不尽に見えることもありますが、それがゲームです。果敢に挑戦する時です。

こんなとき、周囲からは「もうダメだろう、撤退だよ」というアドバイスが多くあります。

しかし、それを簡単に受け入れてはなりません。

あなたの理想の追求が試されていますよ。

これを突破するには思い切った自己改革や発想の大転換が必要かもです。

最初は反対者が多くとも、少しずつ賛同者が現れ、大きな展開が待っています。

今の戦いは、これはチャンスなのです。

習慣と意志

少し前のコラムで「何かを成すための習慣作り」ということを書きました。

そして本日、目にした記事にこのようにありました。

やり抜けるかどうかは「意志の強さ」ではなくそれを「習慣づける」かどうかである。

そうです、その通り。何かを続けるというのは「意志」なんかではありません。単に「習慣」です。

さて今回は特別に「習慣となってしまったまずいこと」を止めるヒントを記しておきます。

「やり抜くこと」が意志の力でないなら、悪いと思っている習慣を止めるのも意志の力ではありません。

まず、その悪い習慣の発端となった出来事、もしくはその行為を最初に行った瞬間を特定します。

  • それはいつ?
  • どこで?
  • なぜそれをしたか?
  • それをしてどうなったか?

これらの内容をしっかりと特定します。

ところが、特定したつもりが同じことをもっと古い時間に行っていたことを思い出すかも。

そうしたら、構わずどんどん古い記憶に遡っておなじことを特定してください。

ふと気づくと、それがどんなにバカバカしいことだったかと思えたら、その不要な習慣を止めるきっかけにはなります。

明日が良い日になりますように。

ピーターサイト・再スタートの時・2019年11月11日

ピーターサイト(Pietersite)
ピーターサイト(Pietersite)

ピーターサイト・再スタートの時・2019年11月11日

ピーターサイトが出ています。

ピーターサイトは意味辞典のページにないので販売ページへのリンクとなります。

ピーターサイトの詳しい内容はこちら

ピーターサイトの最新商品はこちら

ピーターサイトに求めるのは「再生」「復活」。

「古く不要な観念をとにかく押し出してしまう」が基本です。

かなり強烈な働きを持っており、別名「テンペストストーン」。要するに暴風雨のように強烈です。

そこでセレニティアスではピーターサイト単体での使用を避けていくつかの補助ストーンと当時に使うことを推奨。

カード:カップの5/リバース

これはちょい前にも出た良いカード。

一度はあきらめたことが復活し、新しく希望が見えるという兆候。

もう一度トライするチャンスが巡っているようです。

しか〜し!

それができるのはこれまでのやり方を振り返って考えを変えてからの話。

同じようにズルズルと進んでいては同じことが起こりますよ。

なぁ〜に、人間がもっとも得意なのは「考えを変えること」です。

本当に断ち切るには

過去の囚われず自由に生きたい、と多くの人が望みます。

で、囚われる理由は簡単で、自分が過去を避けているからです。

「断ち切る」とか「断捨離!」とか掛け声だけでは断ち切れません。

それには「観察すること」が最重要。観察できないというのは嫌で怖くて触れないということ。

この状態では自分の記憶に自分が操られることになってます。

見て見ぬふりをすると、その対象からコントロールを受けてしまいます。

対象をコントロールしようと思うなら、見ることです。いえ、見ないでコントロールはできません。シンプルな話なんです。

そこで観察によって客観視できるよになってから初めて本当に断ち切ることができます。

で、客観視できるようになると、強いて断ち切るということをするまでに、自分でそれを忘れている・・・というレベルに達しているはず。

逆に人に言われて「そう言えば、そんなことがあったよね、ガハハハハ」となったらかなり良しです。

ピーターサイトの働きの中に「観察する」が入っているのは偶然ではありませんよ。

明日が良い日になりますように。