ターコイズ・ぐるりと回る運命の輪・2019年1月23日

ターコイズ(Turquoise)
ターコイズ(Turquoise)

ターコイズ・ぐるりと回る運命の輪・2019年1月23日

ターコイズが出ています。

ターコイズに求めるのは「流れに乗る」ことです。

これができる根本にあるのは「柔軟に物事を考えられるようになる」こと。

古い考え、習慣、しきたりにとらわれていると、流れに乗れないことしばし。

そして古い考えに縛られるのは感情のレベルとしては保守的以下の、まあそんなに高くない位置にいることを意味していますから。

それから日本では組織の中での同調圧力が高く、古いしきたりのようなことに絡め取られることも多々あるでしょう。

そこで、ターコイズの他の働き「自分は自分という信念を強く持てる」という働きも助けになりますね。

このあたり、意味辞典の方では詳しく触れていない部分です。

カード:運命の輪

これはまさに吉兆。

特にこれまで苦労のどん底にいたなら浮かび上がれるチャンスが到来していますよ。

しかし、あまりにどん底が長いために、そんな吉兆は信じられない、ということもあるでしょう。

しかし!運命の輪は回ります。

ただし、このチャンスをぼんやりして逃してはいけません!

タナボタを待つことがないように、この流れに乗りましょう!

先手が大切!

問題と人生(その2)

前回の記事では、人は人生において問題の解決者になるか、問題そのものになるかを選ぶことができる、と書きました。

今回はその続き・・・

さて、人は様々な問題を提起し、それを解決することを繰り返しますが、ときには問題の解決に完全に敗北することがあります。

そうなると、その人は解決者でなく問題そのものになります。(ただし、それ自体も自分で決定していますよ)

また、教育の過程において「お前は問題だ、お前は問題だ、お前は問題だ」と繰り返し押し付けられることで「自分は問題だ」と思い込まされることもあります。

「なぜこれができないんだ、部屋を片付けろ、なんだこの成績は、(お前は問題だ)」

これ、山ほどありますよね。

そして自分で自分をどうしようもなくなってしまい・・・

このような場合に起こり得ることとして、自分が問題で、もうどうしようもないと思った人は勝者(解決者)のふりをすることがあります。

で、何をするのかと言えば・・・

「なぜこれができないんだ、部屋を片付けろ、なんだこの成績は、(お前は問題だ」

と、自分が言われたことを自分の子供にします。

これってハラスメントの連鎖みたいなことですよ。家庭内だけでなく、会社や部活のような組織でも起こるでしょう。

この現象を端的に書きますと、「自分が問題になったと思った人は、勝者のふりをする」です。

これ、まずいですよね。

ハラスメントをしている人は、先に自分で解決できなかったという敗北か、教育による刷り込みがあった可能性大。

そこで、そうならないためには・・・

勝者のふりをするのではなく、自分が問題だと思い込んでしまったことを改める、または負けた問題について何があったのかをありのままに見るのが先決。

問題の解決者(提起者)になるか、問題そのものになるか、もともとそれは自分で選択できます。

明日が良い日でありますように。

アクアマリン・深い慈愛・2019年1月22日

アクアマリン(Aquamarine)
アクアマリン(Aquamarine)

アクアマリン・深い慈愛・2019年1月22日

アクアマリンが出ています。

アクアマリンに求めるのは「愛情」「穏やかさ」です。

これができるようになる基本的な働きは「人に対する許容力・許す心を強化する」ことにあります。

さらにこれを可能にするのが「精神的な余裕をもたらす」ことです。

自身の中にある理性と感情の対立を解消し、人に対して優しく愛情を持って接することができるようになるでしょう。

カード:カップの女王

まずまずのカードです。

一言で表すと「慈愛」ですね。

また直観力も冴えている時期と言えます。

大切な何かを育てたいとか、調和を大切に環境を整えたいと願っているようです。

アクアマリンにある愛情や穏やかさを発揮すれば、難しい問題も解決に向かうはず。

もうすぐに愛情、友情を実感できる出来事が訪れそうですよ。

いずれにしてこのカードは吉兆です。

問題と人生

ある大学の先生が「わかったぞ!」として以下の言葉を掲示板につぶやいていました。

「成長とは、同じヘマを繰り返さず別なヘマを繰り返すことである。」

笑い話のようなことですが、これは確かに言えそうです。

この「ヘマ」なんですが、誰でも最初はヘマをします。

と言うか、最初に様子を見るために触ってみる、見てみる、というときにはヘマ率が高いでしょう。なにせ初めてですから。

そして何度かやり直して成功するときは成功します。

これって問題の解決のステップです。

問題がひとつ解決したら、さらに新しい問題にあたり、またヘマをして、それから成功するか、別な問題に取りつくかでしょう。

この問題の解決というのは、ほとんど「生まれてきた理由」なのかもですよ。

生まれてすぐに起きる問題・・・それは「おっぱいを飲まなきゃ死ぬ」これを解決することでした。

それ以降ほとんどが、より良いと思われる生存のために新しく問題に取り付く(問題を提起する)ことを繰り返しています。

まさにこれ・・・

「成長とは、同じヘマを繰り返さず別なヘマを繰り返すことである。」

ゲームの全てはこれにかかっているかもです。

人が生まれてきた理由は単に「問題を解決すること」。

そして重要なのは、人は問題を提起する能力を持っていることです。

もしも問題を提起することがないとすると、体を維持する、という問題以上のことは何もなしの人生になります。

さらには、自分自身が誰かの問題になっているという例も多々ありますよね。

だいたいこれは反社会的であったり、最終的には人類の敵でしょう。遅かれ早かれ自滅に向かいます。

問題の解決者の立場を取るか、自分が問題そのものになるのか、それさえ自由に選択できるのが人間のようです。

明日が良い日でありますように。

ロードナイト・認める勇気・2019年1月21日

ロードナイト(Rhodonite)
ロードナイト(Rhodonite)

ロードナイト・認める勇気・2019年1月21日

ロードナイトが出ています。

ロードナイトに求めるのは「誠意」「いたわり・優しさの表現」です。

何かこじれたことを解決しようと思うとき、ロードナイトは役立ちますね。

「誠意を持って対応できるようになる」これができれば人間関係などかなり回復させることができます。

また、そうするために先にあるのが「不安感や恐怖心などから心を解放し、自信を取り戻すこと」。

ロードナイトにはそれができます。

「許してくれるだろうか?」「自分が言っていることを認めてくれるだろうか?」

ロードナイトはそんな不安を解消し、関係修復に乗り出そうとするときに力になってくれます。

カード:ソードの9/リバース

ソードの9というカードは、9本の剣の前で悲しんでいる人の図柄。

これを見れば、意味的には「絶望的で悲しいことになってすよ」と・・・

基本的にだめパターンなんですが、その逆位置(リバース)の意味するところの取り方は2通りあります。

  1. 絶望や悲しみの逆だから、それが解決する。
  2. 絶望や悲しみという現実から目を背け、または環境や人のせいにする。

しかし、カードの番号としての「9」に意味を持たせると(最後のカード10のひとつ前ですから)「最終的な試練」とも取れます。

そのように取る場合、問題は解決に向かうことが予測されます。

そして、今の悲しみを「環境や人のせいにする」のは、自分自身の心も問題であって、いかようにも変化させることができるはず。

そうして積極的に考えを変えることができる人にとって、ソードの9/リバースは「問題が解消する」という方向があり得ることになりはしないでしょうか?

認める勇気

問題を解消するためには、こちらに非がある部分に関しては自ら気づいて謝罪し、償うことは大切。

これは最もシンプルに人生を生き易く生きる秘訣です。

間違いや罪に関して自己正当化し始めるとすぐに螺旋悪循環が始まります。これは苦しい人生ですよ。むしろそれから将来に渡って苦悩が付きまといます。

自己正当化のためなら、ことによっては嘘をつくこともあり得ます。そうして悪循環がさらに深まります。

なお、謝罪し償うことは現実に向き合う能力と勇気、責任が必要なのは言うまでもありません。それらがない人が謝れず償いもしないのです。

こじれてしまった何かを修復するには、それに向き合い、非があることが自覚できる部分に関しては率直に誠意を持って対応しましょう。

この方がよほど楽。無責任にその場をしのいで逃れるよりも最終的に楽なのです。

明日が良い日でありますように。

ルチルクオーツ・実行するときが来た・2019年1月18日

ルチルクオーツ(Rutile-quartz)
ルチルクオーツ(Rutile-quartz)

ルチルクオーツ・実行するときが来た・2019年1月18日

ルチルクオーツが出ています。

ルチルクオーツに求めるのは「思い立ったらすぐ実行」です。

もう単純に、やる気を起こして前進しようとするときに使うストーンですね。

一般的には金運と言われていますが、それよりも実行力強化がルチルクオーツの本命。

ビジネスマン、営業マンが目標を掲げているなら、必ず使って欲しいストーンですね。

カード:戦車

名前の通り勇ましいカードです。見たまんまです。

挑戦するときが来ています。

どうしようかなぁ〜、自信ないしなぁ〜、と言っていると、いつまでたっても実行できませんよ。

このカードが出ていたら、そんな甘えを捨てて実行に移すべき。

何が苦手とか何が嫌とか言っている場合ではありません。

本当にやりたいことのために、理想を掲げて邁進するときが来ています。

未来は開けています。

苦手パターン(その2)

前回は過去の出来事と関連する苦手の4パターンについて書きました。

今回は「苦手な科目」について記します。

才能を疑う前に

特定の科目についてそれが苦手なとき、その理由のひとつに「間違って覚えた単語」があります。

意味を間違って覚えたり、正しい意味を知らないままに読み飛ばした単語があると、それから先の学習が進みません。

これ、大変重要なことです。

学習が進まないと、そこで「自分にはその分野の才能がない」と思ってしまうことがありますが、それは違う可能性大です。

単に、ひとつの単語について意味を取り違えたり、知らないまま、わかっていないままで進めようとした学習があまりにもはかどらず、嫌になってしまっただけかもです。

意味を正確に知らない単語、これを読み飛ばしてはいけません。

辞書を引き正確な意味をつかみ直しましょう。

文章の中に知らないでいたり間違って覚えている単語がひとつあると、その文章全体の意味がわかりません。

これをきっかけに、それ以降の学習が滞り、そして嫌になります。

知らない、または不正確な単語を見つける

学習が進まなく、つまらなくなった直前に知らない単語をつかんでいる可能性が非常に高いです。

ですから、どこでその学科についていけなくなったのかを調べ、十分について行けていたその最後の部分に怪しい単語がないかをチェックします。

才能のあるなしを言う前に、以上の点に注意してみてください。

苦手科目が消えると、むしろ新しい才能を発見するかもですよ。

そして、やれば取り返せませます。

明日が良い日でありますように。