アンバー・わっ!本当にリスタート・ 2018年9月21日

アンバー(Amber)
アンバー(Amber)

アンバー・わっ!本当にリスタート・ 2018年9月21日

アンバーが出ています。

アンバーに期待するのは「絶望感を癒し、立ち上がる気力を与える」。

ここではまずアンバーに癒し系として働いてもらいます。

そうして再起するために「生命力・勇気」を与えてもらいます。

実はアンバーは単なる癒し系だけでなく、再起のための力を与えてくれる役割がありますよ。

悲しみのどん底からでも、一段一段と少しずつ感情のレベルをあげましょう。

さて、カードは「塔」。

これは年間に何度も出ませんね。端的に言って「崩壊」を意味します。聖書の中のバベルの塔が元ネタになっていそうです。

そして変化は劇的に現れそうです。

予想もしなかったような出来事によって計画が完全にストップするとか、そうして起こることが自分自身の意思ではコントロール外であったりとか、とにかく大きな力によって進路を変えられる事態の暗示です。

これ、まるで前回のカップの5の本格版という感じ。本当にリセットが起こるのでしょう。

家賃2万円のアパートから億の収入へ

これ、筆者の実際の知り合いの話です。

1995年、阪神淡路大震災が起こりました。

彼は家と仕事を失い、家のローンだけが残り、家賃2万円のおんぼろアパートで暮らすことになります。

しかし支払いが追いかけてきて、いくら生活を切り詰めようとにっちもさっちも行かなくなりました。

これ、ほとんど「塔」の崩壊ですよね。

様々な仕事をしてみますが、どれもはかばかしく収入は上がりません。

彼に特別な才能があり、生まれながらに強かった、と言うわけではありません。普通の人のように悩んでおりました。

さて、この状態から彼が復帰する物語は、このページで語り尽くすのは困難。
(申し訳ございません)

しかしこれをひと口に言えば・・・

先にあった小さな自我を捨ててみたこと。

普通の考えでは這い上がれないことだけは確か。

よって普通のことしか考えられない自分を止める、そのことが大きなきっかけになって再起を果たします。

それから数年後、再起どころか、彼は億の年収を得るまでになってしまいました。

ポイントは・・・

「そんなことできるわけないよなー」

これをやめたことのようです。

人には様々な価値観があり、これはできてこれはできないとか、こんなことは恥ずかしいだろ、とか色々と縛りを持っています。

が、彼は自分が今までに持っていたそのようなことを全部捨ててみたようです。

彼が師匠について学んだのは確かです。

そして「えっ、そんなことするんですか?」と言う小さな自我が発する小さな抵抗をとりあえずやめてみたようです。

「いやいや、そんなちっぽけな物にしがみついていてもどうしようもないぞ!」

そうして彼は、もうこれ以上稼がなくても一生食べていけるほどの財産を得ます。

そうした高みに登って、改めて見える価値観というのがまたある様子。

その彼は現在、食べるためには働かないとしても、ゲームは続行中。

彼はきっと言うでしょう・・・

「塔」で崩壊、はっはっは!それがどうしたん?

さてさて、「塔」のカードに戻りますが、これは単に崩壊を意味するだけでなく、これをきっかけに魂の成長の可能性を意味しています。

もともとこれが大きいでしょう。

何か大きな出来事でもないと魂はそう簡単には成長しませんから。

わたし自身の見立てでは人口の20%程度が成長の可能性あり、残りの80%は螺旋悪循環にはまり込んでいる思えます。

明日が良い日でありますように。

シトリン・リスタートしよう・ 2018年9月20日

シトリン(Citrine)
シトリン(Citrine)

シトリン・リスタートしよう・ 2018年9月20日

シトリンが出ています。

シトリンに期待するのは「失意・絶望感のリセット」「心を温めること」。

シトリンに対する一般論としての「金運」はセレニティアスではほぼ使いませんね。

さて、今回は特にブルーな気分を取り除くことを主たる役割として使います。

そして、どんなことがあろうとも、前を向いて歩くしかないわけですから、それを手伝ってくれるよう自信・勇気をもたらしてくれるよう期待します。

さて、カードは「カップの5」。

正位置ですが、これは要注意です。

と言いますか、注意していても仕方がない感じあり。

リセットの時期を表しています。

思っていたような結果が得られないとか、努力が水の泡になるといった暗示があります。

そしてどうして良いか全くわからないという絶望が伴う可能性あり。

そうして必要なのは「リセット」することと悟りましょう。

時として、本当にどうしようもないことは起こり得ます。

例えば災害。

日本に住んでいると、実際のところどこで何が起こっても不思議ではありません。

そんなときに必要なのはリセットしてでもやり直すこと。これ以外に方策はありません。

リスタートすること

リセットすることはかなりな抵抗があることでしょうが、現実的にそれしかない、ということがあります。

先に書きました通り災害でひどく被災するようなこともそうですが、受験の失敗で進路を変えるとか離婚の決意などもも含まれるでしょう。

このようなとき、まず最大限に大切にするべきは現在の「自分自身」。

生存の多重円の中心にいる「自分」です。

もしも、過去をズルズルと引きずるようなことがあれば、現在の自分自身をその余計なエネルギーで苛むことになります。これだけは避けたいところ。

これ、わかってはいてもいつまでもウジウジとしてしまうかもです。

こんなときの方策ですが、前回にも書いている「何かすること」がシンプルな処方です。

「ウジウジする」というのは過去を見ているからであり、現在を見ていません。

そこで何かする、ということは必然的に目の前の現在を見るということに他なりません。

現時点ではどうしようもない過去を見るのをやめ、現在を見ることは様々な面において有益なことが多いですよ。

リセットしたいなら、今を忙しくすること。これにつきます。

これがリスタートに向けてのきっかけです。

それからカップの5の考え方ですが、この挫折をこれ幸いにと、別な取り組みを発展させることができるとかなりラッキーだと思うのです。

今までやっていて、何かうまく行っていないと思っており、やっぱりダメじゃん!となれば、これは捨てるべきことだったのです。

再び書きますが、もしも悩んでいるのなら、それは暇な証拠かもです。何かしましょう。データがなくて悪い想像するくらいなら、それを探しに行きましょう。

明日が良い日でありますように。

クンツァイト・慈愛に包まれている・ 2018年9月19日

クンツァイト(Kunzite)
クンツァイト(Kunzite)

クンツァイト・慈愛に包まれている・ 2018年9月19日

クンツァイトが出ています。

クンツァイトに期待するのは「深い愛情」。

クンツァイトはスポジューメンの中でピンクに発色しているものをさします。

別名、慈愛の女王とあり、文字通りに持ち主を愛情を持って包み込みます。

癒し系としての使い方ができる以外に、自分自身が慈愛を持って人に接しようと心がけるときにもおすすめです。

さて、カードは「女帝」。

非常に良いですね。

そのままの意味、女帝があなたを愛情を持って見守っている状態を表します。

これまでに蒔いた種が実り、豊穣のときを迎えようとしているようです。

今現在はそのような手応えがなかったとしても、もうじき報われることになりそうです。

心の豊かさが全ての根本になっていることを忘れぬよう、まずは自己信頼を再確認しましょう。

何かする・安心を作る

「女帝」のように良いカードが出ているわけですが、現状ではとてもじゃないけどうまく行くように思えない・・・そんなことがありますよね。

それではこの不安を解消するために安心を作りましょう。

安心は「努力を使う」能力に基づいています。

逆に、不安になるためには何もしない(できない)ことです。

ここで今までに観察した経験を振り返ってみましょう。

不安だ不安だという人は、何もしないで単にそう言っています。

何かしている人は不安を口にしたりはしません。でしょ。

「もうやるだけのことはやった!あとは運を天に任せよう」となります。

これが「努力を使う」の意味です。

または、引き受けた仕事に対して責任を持とうとしててんてこ舞いしている人も不安がありません。これもれっきとした「何かしている人」です。

実際には暇な人だけが不安を持っています。

明日が良い日でありますように。

ヘマタイト・思考を柔軟に・ 2018年9月17日

ヘマタイト(haematite)
ヘマタイト(haematite)

ヘマタイト・思考を柔軟に・ 2018年9月17日

ヘマタイトが出ています。(意味辞典に未記載)

ヘマタイトに期待するのは「頭を柔らかくして柔軟な思考」を得ること。

ヘマタイトは今までには「お尻叩き系」として、とりあえずガンガン行こうぜ!というときに使っていました。

しかしそれだけでなく、元々はイライラの解消のように精神安定としても大変有用です。

そこで今回ヘマタイトに対しては「頭を柔らかく」という役割をしてもらいます。

イライラしているときというのは往々にして考えが深くに及ばず、力づくでことを進めてしまいがち。

ここでヘマタイトでイライラを解消して思考を柔軟にしようということです。

さて、カードは要注意系。

「ソードの王/リバース」

不利な状況にあって、できるなら逃げ出したい感じかあるかも。行き先が見えず、様々な情報に当たってみますが、それらに振り回されることも。

なので、大切な決断をするにはちょっと時期を待った方が得策です。

また、うまく行かないことにイライラしやすい傾向がありますから、そこはヘマタイトで抑えながら、思考を柔軟にすることで難局を乗り切りましょう。

最善の策は、イライラ状態で取り上げたことでないのは確か。

力づくは失敗する

物事がはかどらないとき、人は「力づく」で推し進めることがあります。

実は、その根底には混乱や不安があることも。

世の中で力任せに権力を得た人というのは不安でなりません。その不安を抑えるために更に力を行使しようとして悪循環にはまり込みます。

この力の行使において、それがまだ責任を持つことをしているうちは良いですが、そうとばかりは言えず、無責任な場合もあります。

しかし人間は生まれてこのかた「力の行使」が生きる方法だと思っています。

何かを食べ(エネルギーを得て)そして外部の何かに対して力を行使する・・・これが生きるということだと思っています。

また、外の世界を見てもそのようになっていて、それが当然だと思ってしまうでしょう。

しかしこれらはあくまで物質としての観察以上のことではありません。

ところが実際には、人間が持っている能力というのは「力」とは別なところにあります。

それは例えば「思い描くこと」「考えること」があります。

これらは全く外部のエネルギーを必要とはしていません。

さて、ここで思い出していただきたいのは、自分自身が力の行使なしで何か物事を動かし、小さなことでも大きなことで何かを成し遂げたことはないでしょうか?

力、権力なしでも思い描いたことが実現しているという現実をよく観察して見てください。

思考の柔軟さは、力の行使をやめてみることが良いきっかけになって取り戻されることがあるでしょう。

ヘマタイトはこのあたりの転換に対して助けになるパワーストーンです。

この地球上で、力の行使が最も得意なのはブルドーザーとか、核爆弾とか、その辺のものですよ。

人間はもともとそれらとは違う種類の仕事ができます。

明日が良い日でありますように。