アマゾナイト・再スタートのチャンス!/星・ 2018年1月17日

アマゾナイト(Amazonite)
アマゾナイト(Amazonite)

アマゾナイト・再スタートのチャンス!/星・ 2018年1月17日

全般的な意味として良いカード。

17日は新月。

星が象徴する「再スタート」にふさわしい日のようです。

これまでに取り組んでいたことが挫折しそうになったり、そんなときにこのカードが出るのは非常に良い兆し。

再びチャレンジするチャンスですよ!

ただし、これから先もずっとその夢を持ち続け、自分を信じて実行すること。

星のカードはチャンスのタイミングを教えてくれているのと同時に「希望を捨てるな」と言っているようですよ。

こんなとき、パワーストーンとしてはアマゾナイトを取り上げましょう。

アマゾナイトの意味や効果として「夢と現実とのギャップを埋めるサポート」となります。

アマゾナイトには癒し系としての働きもあり、くじけそうになって落ち込んだときに自信を呼び起こしたりということも。

こうしてみると、アマゾナイトは自己実現系と癒し系の働きを併せ持った便利なパワーストーンですね。

(このあたりのこと、意味辞典の方では触れていませんね)

ところで!

夢と現実のギャップを実際に埋めるのは、自分自身がどうするか?にかかっていますよ。

面白いゲーム・退屈なゲーム

良いカードが出ていますね。

思い描いた夢を実現しようとすることは、すなわちゲームです。

ゲームはこのコラムで何度も出てきていますね。

で、ゴールをゲットできることがわかっているゲームは面白くないわけです。

ゲームは勝敗がわからないで競り合いをしているときが最も面白いでしょ。

勝利を完全に予測できているゲームは、ゲームの形をしていても実際にはゲームではありません。ルーチンワークです。

ゲームを楽しむには、ある程度は「難しいゴール」が設定されていなければなりません。

安易なゲームしか選択肢にないと、人生が退屈しますよ。

努力より大切なこと 再スタートへのアドバイス

「夢や目標に向かって努力する」そんな話はもう耳にタコですよね。

アスリートであればフィジカル面でトレーニングするのは当然のことで、楽器の演奏者だって日々練習に取り組みます。

そして、彼らがそれが好きなら努力を努力などと感じずに、好きでやってしまうことですよね。

そして!努力より先に大切なのが「決定」。

このコラムで何度も出てくる「決定」です。

決定できない状態は、要するに迷いがある状態。

その迷いとは、その決定による結果に責任を負いたくないという感情にあります。

それがあると、人は決定を他人や環境に任せる傾向が強まります。
(不平不満、あきらめが始まります)

星のカードが出ているこのチャンスに、改めて自分自身の「決定」をしてみてください。

決定のあやふやさに気づかぬままだと、している努力がかなりな率ではかどらないことを、そこそこ保証します。

ですから、再スタートのチャンスにおいて、決定の再確認は大変重要なのです。

あ、ここまで書いてふと気づくこと。

前回のカード&コラムで「休みの間に考えよう」でした。もしかして「決定」について再考せよということかも・・・・

報われない努力とおさらばしましょう。

明日が良い日でありますように。

グリーンアベンチュリン・休憩しよう、そうしよう/ソードの4・ 2018年1月16日

グリーンアベンチュリン(Green-aventurine)
グリーンアベンチュリン(Green-aventurine)

グリーンアベンチュリン・休憩しよう、そうしよう/ソードの4・ 2018年1月16日

疲れ、ストレスなどを意味すると同時に、お休みしようというアドバイスのカード。

それから、物事を切り替えるとか、とにかく新しい展開に移行するためのリフレッシュ期間の必要性を示唆しているようです。

さて、ここらで小休止!です。

そうです休憩しましょう、休みましょう。

対人関係も「相手との距離」を確保し、一人の時間を多めに作りましょう。そうして自分を癒しましょう。

正月明休みが明けて最初の本格的な月曜日、こりゃちょっと疲れが出てますよ。

適度に休みましょうや。

そうしてリフレッシュできたら改めて問題に当たりましょう。

そのほうが結局はうまく行くようですよ。

こんなとき、パワーストーンとしてはグリーンアベンチュリンを取り上げましょう。

グリーンアベンチュリンはもう単純に癒しのストーンですね。

これをもっていれば、ストーンが先回りして癒してくれるという便利なものです。この性質、ほかのストーンにはない特殊性。

ただ、現在は本来のグリーンアベンチュリンは大変入手困難で、似た見た目と働きの代用品がグリーンアベンチュリンとして売られていることが多いです。

休みが必要になる理由

肉体的なことはさておき・・・

物事がうまく行っているときは休憩は必要ありません。

たとえそこに問題があったとしても、その処理が進んでいるのであれば休みはさほど必要ではありません。

またその問題に自ら進んで手を下そうとしているときにも疲れが生じることは少ないです。

疲れるのは、嫌々それをしているとき。そしてさせられているときですね。

これは、していることに何か間違いがあるのです。

やり方の間違い、仕事として受けている指示それ自体が間違っていることもあるでしょう。

今回のカードでは「まあ、ちょっと休みなさいよ」で、それにグリーンアベンチュリンを対応させました。

せっかく「休め」の指示なので、ここは休みながら「本当は何がまずいのか」をとくと考えてみてはいかがでしょうか?

休憩を終え、前のことに以前と同じスタンスで取り組み直すのでは、また同じことで疲労困憊するはずです。

ですから、見つけ出すべきは「何がまずいのか?」です。

グリーンアベンチュリンで癒されながら、少しゆったりとした気分になれば「改善」のアイディアが浮かぶでしょう。

何の考えもなく、単にお休みしているだけだと、また元の疲労困憊が訪れますよ。

明日が良い日でありますように。

アイオライト・そのコスパ本当か?/正義・ 2018年1月15日

アイオライト(Iolite)
アイオライト(Iolite)

アイオライト・そのコスパ本当か?/正義・ 2018年1月15日

また新しい一週間が始まります。

正義のカード(表)は良し悪しよりもアドバイス色の強いカードですね。

「正義のために問題をこじらせないように」といった雰囲気があります。

「自分は正しい、間違っていない」と思っても、周囲がそれを認めなかったり、認められたとしてもそれによって得ることはなかったり。

また、自分が思う正義を振りかざすばかりで全体の調和が乱れて誰の益にもならなかったり。

とかく、正義というのは難しいことです。

ここで実行可能なアドバイスとして、感情の思うがままに行動しないこと。

落ち着けば「正しい判断」ができずはず。

迷ったら「論理的に考える」ことを忘れずに。

こんなとき、パワーストーンとしてはアイオライトを取り上げましょう。

その意味と効果としては「論理的な思考ができること」。

アイオライトの「多くの情報を収集し過ぎ、どの情報が正しいのか?などと判断に迷った時の助けとなる」。この働きを借りましょう。

最近の若い男性が恋愛しなくなっている理由

突然話が脱線するようですが、そうではありませんよ・・・

最近の若い男性が恋愛しなくなっていて、それが人口減少に拍車をかけている原因のひとつ。

そしてなぜ彼らが恋愛をしなくなっているのか、その理由を社会学者がアンケートや体験から解説すると・・・

若い男性は「恋愛はコスパが悪い」と思っている・・・だそうです。

えっ、コスパ(コスト-パー-パフォーマンス)ですか?!

これは恋愛という自然な感情を「損得」という天秤に掛けることを意味しています。

「天秤」すなわち、これは論理なんだろーなー・・・

そうして話は続きます・・・

「論理」を「倫理的選択」に使う話(サブタイトル固い!)

「論理的な思考」・・・

そう言われたって判断不能なことはあります。

そのようなときにおすすめな考え方は「倫理」に従うことです。

ところが倫理は「道徳 – 社会慣習として成立している行為規範」と定義され、時代や社会を超えて普遍的なこととは言えません。

しかしことによっては、近視眼的ではあったとしても、そこにある倫理に従ってやり過ごせばなんとかなる・・・ことが多いと思えます。(本当は下手な論理より倫理の方が100倍マシ)

このこと、少し前のコラムに書いた「ステーブルデータ」を思い出してくださいね。

困ったときのステーブルデータです。(混乱を収めるためにはとにかく何かを取り上げよ、これです)

で、取り上げたものが現状で従うべき倫理だとすれば、かなりの確率で文句の出ようがありますまい。

ところで、現代社会の歪みは様々にあれど、社会学者がいうには「損得勘定優先で、正しさがないがしろにされている」ことがその原因。

筆者も確かにその通りだと思います。

これ、平たく言えば「損得が倫理に優先している」です。

取り上げるステーブルデータが、倫理でなくて損得に走った結果が今の状況と言えそうです。

今回のカード「正義」では、取り上げるパワーストーンの働きとしてアイオライトの「論理的な思考」でした。

ここで使いたい論理的な思考は損得勘定でなく、どうすることが最も「倫理的」か、ということに使いたいところです。

それでは!この一週間、いやもっと先まで、倫理的にまいりましょう。
(本当は、これが最もコスパが良いのです。そこそこ保証できます。)

アンバー・その不安は本物か?/月・ 2018年1月12日

アンバー(Amber)
アンバー(Amber)

アンバー・その不安は本物か?/月・ 2018年1月12日

ひと口に良し悪しが語れないカード。

そしてアドバイス色が強いです。筆者的には良しとしましょう。

明るい光が見えなくて「不安」でいっぱいになっているでしょうか?

そうとすれば、その不安は「想像の産物」ではありませんか?

今は焦ってあれこれしようとせず、心を鎮めて「運気の変わり目」を待つのも方法。

とにかく焦りと悲観はしないでおきましょう。

「月」が意味するとこよると深層心理が表に出やすいようです。なので一見は制御不能な感じがするかもしれません。

しかし、これを機会に自分の内面に光を当てて対面することを覚えられるかもです。

筆者的にこのカードを良しとするのは「その不安は必ず通り過ぎることができる」と思えるからです。

そして、不安の種は自分が作っていることが多いことに気づくきっかけにも。

ここでパワーストーンとしてはアンバーを取り上げたいです。

ここのところ、ちょっと厳し目な働きを持つストーンばかりが続きましたから、たまには癒し系が良いでしょう。

アンバーは全体傾向として癒し系、「不安・憂鬱感・絶望感」といったマイナス感情を取り除く意味を持ち、それと同時に「情報整理系」としての効果を持っています。(ここ、ちょっと変わった性質ですね)

アンバーを持つことで人の話を正確に評価し、無用な動揺をしないことにも役立ちます。(これ、情報整理です)

これはある意味、月のカードが示すような感情系を抑え気味にし、理性を働かせるという感じがありますね。

どんな「●●」も乗り越えてしまうチカラ、それは・・・

月のカードは無意識下にあった不安が表面化するといった暗示です。

普段知ることができなかった自分の深層を知ることにもなりますから、考えようによっては対処方法やことの真相を学ぶチャンスとなります。

ところで・・・

このコラムの結論的パターンとして多いのが「それは理性でなんとかしよう」だと思います。

ところが実際には、理性が感情(だいたい間違った感情ですが)に押しやられることが多く、人々の悩みが尽きないわけです。

そしてさらに、このコラムの結論的パターンとして「決定せよ」があります。

実のところ、これが究極の答えです。

決定することは、どんな感情も理屈も無意識をも乗り越えてしまいます。

悩みたくないのであれば・・・

「悩まないことに決定する」

これに尽きます。

これ、バカみたいな話だと思っちゃいけませんよ。これ、真実ですよ。

人の精神がする最も大事で、実はそれしかしていないだろうことが「決定」です。

だってねえ・・・

不安に浸ってどうしようもない状態の人がいたとしましょうや。

その人が不安に浸る決定をしていないことには、不安にだって浸れやしなのですよ!

「いやいや、それは自分の決定ではなく、ほかからもたらされた不安だから」

という反論もありそうですが、ここではやはり数々の、本人による決定があります。

まず、ほかからやってきた「それ」を受け入れる決定があり、その情報によって不安になるという決定が次にあります。

そして実際にさらに様々な決定があるのです。

やってきた何かと戦う、逃げる、いなす、そんなことを決定してやっているわけです。

長くなりましたね・・・

「決定」に関しては究極の原理ということもあり、コラム記事一本ではまとまりません。

が、しかし、覚えていてください。

決めるのは自分自身。「決めないこと」に決定してウロウロするのも自分自身です。

さて、今週も最後の記事になりました。

この週末、自分自身が何を決めて、そして何を決めないことに決めたのか、これを少し観察してみてください。

自分自身が決定していた何かの正体を知ってみることはかな〜り、プラスです。

明日が良い日でありますように。
そして良い週末を!

あ、最後に一言・・・

「決めること」の本質は「その結果を引き受ける責任」なんですよ。