ブラッドストーン・乗り越えるとき・ 2018年7月24日

ブラッドストーン(Bloodstone)
ブラッドストーン(Bloodstone)

ブラッドストーン・乗り越えるとき・ 2018年7月24日

ブラッドストーンが出ています。(意味辞典に未記載)

別名キリストの石、ヘリオトロープと呼ばれていますね。

ブラッドストーンはグリーンを基本に赤い部分があり、赤い部分を血液に見立てた命名のようです。

元がグリーンの中に赤い部分がる形なので、石の削り方によってはグリーンばかりの丸玉が存在します。

ブラッドストーンの働きは基本的に精神的な強さを助けること。

困難に遭遇したとき、くじけずに進み続けるよう支えてくれます。

また、プレッシャーに弱いと思っている人が日常的に持っていることもできます。

それと、ブラッドストーンが精神面を助けることの元にあるのは「精神安定」の働きが大きいようです。

少しのことに動揺しない安定度こそが精神的な強さの元になり、困難を切り抜ける原動力になります。

さて、カードは「ワンドの5」。

もしかしたらある意味で困難に遭遇する可能性あり。

ただし、これは悪いことが起こるというより、自分自身の姿勢が試されるといった形で現れそうです。

しかし、ことによっては自分自身で価値観の変革を迫られることも。

簡単に信念といっても、それが自分自身として本物かどうか、よく考え直すということが必要なこともあります。

何れにしても、あなたが信念を貫こうとするとき、はじめのうちには賛同者が少ないかもしれません。

しかしそれにひるまず、丁寧に地道に人々を説得できるような姿勢でいれば大きな利益が待っているようですよ。

エネルギー 使う/使わない のあれこれ

前回のコラムで感情のレベルとエネルギーの関係についていくつかの例を書きました。

今回はもう少し突っ込んだ具体例を。

例えば「怒り」の人。この人はエネルギーの発散状態ですね。そしてやってくるエネルギーに対してエネルギーを持って対抗しようとしています。

早い話がケンカです。

このような人に対してこちらもエネルギーを持ってどうこうしようとしても、もっとひどいケンカになるだけですよね。

ところが「怒り」にいる人をどうにかできるのは少し上の「退屈」にいる人です。

感情のレベル 参考資料

↑参照ページが開きます

退屈な人はエネルギーを作ったり、出したりすることは「めんどくせー」と思っています。ケンカをしたくはありません。

で、「怒り」と「退屈」な人が当事者同士だとすると「退屈」な人は・・・

「わかったよ、もういいよ」と言って(もうめんどくせー、ですから)自分が引くことでケンカの収束に向かうことができます。(めんどくさいので嘘でも謝るかもです)

または「退屈」な人が第三者として見ていたなら「まあまあ、もうそのくらいでいいじゃん(めんどくせー奴らだ)」と、「退屈」は意外にケンカを納めることができる感情のレベルです。(あまりかけ離れたレベルではダメ)

また「怒り」にいた人も、エネルギーを発散し尽くしてしまうと、出すエネルギーが枯渇してしまい、そうなると退屈のレベルに近づき、これでケンカが収束してしまうこともあります。(なお、この場合は相手が退屈にいれば、やってくるエネルギーもなく、エネルギーで対抗する必要性がなくなります)

で「怒り」の人が「退屈」まで上がってこれたのなら、全体としては良い結果と言えます。怒りより退屈の方がよほど合理性が高く、生存性は上です。

だって、あれですよ、簡単に「怒り」と書きますが、これって戦争のことですよ。戦争するよか退屈でいた方が1000倍マシでしょう。

感情のレベルの変異の基礎、その段階を上げるメカニズム、それとエネルギーの関係のひとコマです。

さてさて、最後になりますが、今回のストーン、ブラッドストーンを使って困難を乗り越えようとするとき、おすすめするのはエネルギー任せでゴリ押しはしないことです。

自己実現系では「目的に向かって突き進む」とかという表現が多いのですが、それがエネルギーばかりに依存していては全くはかどらないことになります。(これを知らないのでうまくいかない)

先の例にあるように、退屈な人が怒りにいる人を収めることができるのです。

実のところ、退屈な人の「めんどくせー」にはケンカはいやだ、もう止めよう、という「意図」が入っていることを記しておきます。

「意図」そのものははエネルギーではありません。それより先にあることです。

明日が良い日でありますように。

アメトリン・許容量を増やそう・ 2018年7月23日

アメトリン(Ametrine)
アメトリン(Ametrine)

アメトリン・許容量を増やそう・ 2018年7月23日

アメトリンが出ています。

アメトリンに求めるのは「心の許容量をアップさせる」ことです。

受け入れられることが狭いと、実はかなり「生きづらい」ことが起こります。

許せる、許せない、好きか、嫌いか、そして暑いとか寒いとか・・・

こんな許容量が広いほどに自分自身が生き延びられる可能性がアップします。

またコミニュケーションにおいても同様。

コミュニケーションの要点の一つは「相手になりきることができるか」にかかる部分があります。

普通に言えば「相手の立場になれる」と言うことです。

許容量が少ないと、相手の立場になれる容量も少ないのです。

さらにこれは、相手があることだけなく、自分自身に対しても同じことが言えますよ。

さて、カードは「女教皇」。

良しとしましょう。しかしそれよりも示唆に富んだいることが重要。

理性と直感の融合、そしてバランスが取れることによって真実に向き合うことができる、そのようなことを伝えているようです。

何か解決したい問題があるなら、それはもしかしたらすでに深層では気づいているのかもしれません。

ところが、それが向き合いにくい何かであった場合でも、それを受け入れてこそ前に進むことができます。

このことは、これまでに書いてきた「考える前に見よ」と通じることですね。

で、見たことに対して「わあ、嫌だ!」と許容量が少ないと目をつむってまた考えてしまうわけです。

感情のレベルとエネルギー

ここのところエネルギーにまつわる話が続きますが、ここで感情のレベルとエネルギーの関係を見ておきます。

早速ですが、感情のレベルが上がるにつれてエネルギー依存は少なく「静穏」に達するとエネルギーをまったく必要としないレベルに至ります。(とは言ってもエネルギーを作ろうと思えばそれは自在に)

まずは以下に感情のレベルを復習しておきます。

  • 静穏      合理的
  • 熱狂       ↑
  • 陽気
  • 強い興味
  • 保守的
  • 満足
  • 退屈
  • 敵対心
  • 怒り
  • 秘めた敵意
  • 恐れ
  • 同情
  • 悲しみ      ↓
  • 無気力     不合理

「強い興味」あたりから上はエネルギーを作り出すことについて肯定的で、そうしようと思うならエネギーを作れる状態。(コントロールされている)

ちなみに、「怒り」のレベルでも自分でエネルギーを作っていますが、これはそのエネルギーのノーコントロール状態ですね。自分に当てられたエネルギーに対し、エネルギーで対抗しようとする姿勢です。(なのでエネルギー依存度高いです)

「保守的」あたりになると、もう余計なエネルギーは作りません、と言う宣言に近いでしょう。怒りよりましで、エネルギーに対してエネルギーで対抗しようとはしません。エネルギーに関してはただやりくり上手なだけ、と言う感じでしょうか。

さて、感情のレベルが下がるにつれてエネルギー依存度が増し、クレクレ君化しやすいのです。そして最後には、悲しみ、無気力あたりではエネルギーが欲しいどころか自分自身が物体になります。

「物体」とはすなわちエネルギーが凝縮したものです。

これすなわち、科学的に書いてみれば、アインシュタインの方程式、質量(物体ですね)とエネルギーの等価性「E=mc^2」です。いみじくも、科学者もそう考えた、というわけですね。宇宙を記述するための成果といえる一面です。

でも、人は元々が決して物体ではありません。エネルギーには依存せず、そして自らエネルギーを生み出せる主体です。

さてさて、セレニティアスがパワーストーンを通じて行っているその願いは、お客様の感情のレベルが少しでも上昇できたらな・・・これにつきます。

明日が良い日でありますように。

ガーネット・立ち直って進め!・ 2018年7月20日

ガーネット(Garnet)
ガーネット(Garnet)

ガーネット・立ち直って進め!・ 2018年7月20日

ガーネットが出ています。

ガーネットに求めるのは「行動を止めない」「希望を失わない」です。

約束を守るための最終的なパワーストーンですね。この辺り、意味辞典の方では触れていませんが、元々は「信念を貫く」ために使いたいストーンです。

また、精神的な部分だけでなく、身体的なエネルギー部分にも作用があり、耐久力アップにも一役買います。

何か成し遂げたいという最終局面で使いたいパワーストーンがガーネットですね。

さて、カードは「星」。

良いカードでしょう。

星、という単語から様々なことが連想されますよね。「希望の星」という表現があるように、難しい局面の中でも将来に対しての望みを持つ勇気を感じます。

星のカードはまさに「希望の機会」を意味しているようです。

これまでに諦めかけたこと、がっかりしてバックレた夢があったらそれに再チャレンジするチャンスがあるよと教えてくれているようです。

険しい状態の中でも諦めてはなりません。

また、選択や行動はインスピレーションに従うことが吉。

立ち直って、さあ進め!と言っているようですよ。

エネルギーと科学

さて、無から有を生じさせる話、エネルギーとはなんぞやと、少し取っ付き難い話題が続きました。でももう少し辛抱をお願いいたします。

===

科学者は、エネルギーそのものや、エネルギーがした仕事の結果を見ていると言えます。

逆に言えば、それ以外のことは見ていないのです。そしてそれ以外のことに言及する場合には「科学的でない」と言います。

が、ここで間違ってはいけないのは「科学的でない=存在しない」ではありません。

例えば、医師は科学的な診断を行って病気を治します。しかし、ときとして人は科学者にとっては原因不明の病気になり、そして原因不明で治ります。

これは現実に起こっていることです。存在しない、ではありません。

また医学的に健康に良いとされる生活を送っていても、病気になるときはなり、そして治りもします。これも現実に起こっています。

これらのことは、エネルギーとは関わらない何らかの作用があるように感じています。

ところが冒頭にも書きましたように、科学者(医師)はエネルギーそのものと、それが働いた結果だけを見ます。エネルギー以前のことは扱えません。

これは自然科学というものの考え方の限界を示しているのではなく、そういった範疇でのものの考え方、ととらえるのが正解でしょう。

ここで思い出されるのが「知魚楽」という逸話です。

荘子(中国、紀元前369年頃 – 紀元前286年頃の思想家、哲学者)と恵子(けいし)という人物の会話です。(興味のある方はネットで引いてみてください)

私たちは物質宇宙を征服しようとするあまり・・

さて、私たちがこの地球に生まれ落ちてすぐに始めたことは何でしょう?

それは物質との戦いでした。

まず自分の肉体を何とかしなければ・・・です。そして、重力や体の周りに溢れる様々な物体との関係を何とかしなければ。です。

これは新生児にとって大仕事ですよ。

空気呼吸をして、乳を飲み、重力に逆らって歩くようになり・・・

これらってみんなエネルギーの取り入れ、消費、そしてコントロールに他なりません。

これはかなりな仕事です。

そしてこれらの仕事をしようと思っている本体それ自体が自分自身なのですが、そのことさえも忘れています。

エネルギー以前にまず自分があり、それからエネルギーを生み、それが物質に作用する、この順番を忘れています。

いつの間にか、先にエネルギーありき、と思い込んでしまうと、エネルギー依存になって際限なくエネルギーを吸い込むクレクレ君となります。

また、エネルギーさえあればなんでもできる、と思うようにもなり、これがまたエネルギー依存の原因にもなります。

そして、エネルギー依存の人は「力ずく(すなわちエネルギー)」で何でもできると思いやすく、そうすることによって常にその反作用を受けることにもなります。(これは物質宇宙の、科学的にもこれは法則です)

エネルギーの前に、人は愛情も憎悪も生み出すことができ、それからそれはエネルギーに変換されます。

人はエネルギー以前に存在し、エネルギーを自由に生み出すことができます。決して物質の仲間ではありません。

生まれて長く物質と戦っていると、これを忘れてしまいやすいです。

で、パワーストーンの働きを科学的に検証しようとすると、それは難しいでしょう。

なぜなら、パワーストーンはエネルギー以前のところに「何かある」と思えてなりませんから。

さて、長くなりました。今週のコラムはこれで終わりですね。

また次の日曜の夜、更新いたします。

明日が良い日でありますように。

ソーダライト・未来を創造しよう・ 2018年7月19日

 

ソーダライト(Sodalite)
ソーダライト(Sodalite)

ソーダライト・未来を創造しよう・ 2018年7月19日

ソーダライトが出ています。

ソーダライトに求めるのは「集中力・計画性・決断力」。

基本的には情緒安定のパワーストーンですね。

精神が安定していればこその集中力、計画性、決断力でしょう。

また一方で好奇心を刺激することもあり、これはなおさら集中力のアップに寄与しそうです。

さて、カードは「ペンタクルの王子」。

良いカードでしょう。前回の延長という感触もあり。

まず第一には「様々な可能性」を暗示しています。

将来のために何かをしようとしている、そのためにに努力を惜しまない姿勢が見え、そしてそれは成就されそうです。

集中力と計画性を持って臨むべきですが、ここでは柔軟性も必要。頑なな態度や意味のないこだわりは持たないことです。そうすれば確実に実りを得られそうですよ。

エネルギーを生み出す話題

前回のコラムでは何もないところからエネルギーを生み出すことを書きました。要するに無から有を作るということになります。

しかしこれは「自然の法則に合っていない」と思われることもあるでしょう。

もちろん、エネルギー保存則としても変。

確かに変ではありますが、それは自然科学というのもの考え方をベースにしたときに変であるだけです。

ところが、現状の自然科学が宇宙をどれほど理解しているのか、ここに書くまでもありませんね。

本当はどこまでわかっているのか、ということ自体がわかっていないのです。

(自然科学的なアプローチで宇宙の全容を理解できるとは思えませんが)

自然科学の知識で証明できないことだけをもってして、それが「存在しない」とは言えません。

自然科学がどうであろうと、そんなことは関係なしに宇宙は先に存在していました。

ここで面白い話を思い出します。

映画「コンタクト」(原作:カール・セーガン)の中で宗教者と科学者が会話しています。

科学者が宗教者に向かって・・・

「神がいるというなら、それを証明してみなさい。私は証明できないことを信じるわけにはいかない。」

宗教者が科学者に向かって・・・

「君はお父さんを愛しているというが、それを科学者として証明できるか?証明できないなら私はそれを信じることはできない。」

さてさて、あなたが何かに愛情を注ごうとしているとき、その愛情そのものが生まれる(生む)のにエネルギーは必要ありません。

あなたがそうしようと思っただけで愛情が生まれます。

ちなみに、心配事という恐怖さえ、あなたが無から生じさせることができるでしょ。あの心配が起こったとき、エネルギーが必要でしたか?

ところが、愛も恐怖もエネルギーを持っていますよ。他へ影響を与えることができるでしょ。

何かするにはエネルギーが必要だ!と思わないでくださいね。

それはクレクレ君がすることです。

明日が良い日でありますように。