ガーネット・リセットスタート・2020年1月16日

ガーネット(Garnet)
ガーネット(Garnet)

ガーネット・リセットスタート・2020年1月16日

ガーネットが出ています。

ガーネットに求めるのは「リセット」「再起」「忍耐・努力」。

まずリセットについては、押し込められていた感情を解放し、心身ともにスッキリする、そのような働きを意味します。

それが「再起」のきっかけを作ります。

そうして次のアクションを忍耐強く続けることを助けます。

ガーネットと相性が良いストーン

・ルビー
・サファイア

ルビーは自信と勇気を刺激し、サファイアは精神安定の作用があります。

どちらも、今回のガーネットの働きを補うのに使えますね。

カード:ワンドの10

良し悪しの判定が難しいカードですね。

思い描いたゴールをゲットしているかもですが、しかしちょっとお疲れ気味な感じがあるかもです。

またはゴールに到達していても、いまだに細かい問題に悩んでいる部分があるかも。

「やっとこさここまで来たな」という思いと同時に「あー、こんなで良かったのかな?」とふと疑問に思うことも。

むしろ背負い込んでいることの重さにプレッシャーを感じていることも。

でもね、まずはここまでの到達については自分自身を肯定して良いでしょう。

そうして、今までのやり方、または根本的にゴールを考え直して再スタートすることを考えましょう。

じきにさらに大きな実りが待っているようですよ。

努力と興味

努力は力(ちから)を伴います。この熟語の成り立ちそのものですよね。

「力」というのはエネルギーを使って何かをなすことができます。

そこには必ずエネルギーが伴います。

ですからずっと努力をしているだけだと必ず消耗しますよね。また、それをするには「精神力」が必要だ・・・というのはよく聞きます。

理不尽にも、不本意ながらにもしなければならない何か、というのはかなりな努力を強いられますよね。

このように努力というのは何かを力で押し付けるように行わねばなりません。

ところが、大好きな何かをしている人はどうでしょう。

我慢も努力もありません。

定期試験の一夜漬けの徹夜は努力が必要ですが、麻雀好きな人は徹夜も平気です。

これを見ますと、好きなことは努力なしにできて、同じことでも人から強いられると努力が必要という感じでしょう。

また、自分が好きでやっていることはすごく上達しちゃいます。

しかし強いられた努力ではなかなか上達しないこともあり。

また、これを感情のレベルの観点で見てみますと、努力は「退屈」あたりでしょうか。

そして好きなことをやっている時は「強い興味」〜「熱狂」あたり。

努力というのはだいたい尊ばれるのですが、同じことでも好きでやっている人の方が幸せそうですね。

この場合、自発的かどうかは大きな違いです。努力の場合はそもそもが受け身になっていることが多いです。

なので、楽に何かを遂行するには自発的になるのがコツ。感情のレベルも高い位置にあるわけです。「退屈」や「保守的」では自発的にはなりません。

明日が良い日になりますように。

ジェダイト・手放してやり過ごす・2020年1月16日

ジェダイト(Jadeite)
ジェダイト(Jadeite)

ジェダイト・手放してやり過ごす・2020年1月16日

ジェダイトが出ています。

ジェダイトに求めるのは「手放すこと」「心理的な安定」。

ジェダイトは心がかき乱されている時に使いたいパワーストーンですね。

物事を正しく判断すること、そして困難と思えることにも立ち向かえるように持ち主を支えます。

総じて身辺守護としての扱いができるのがジェダイトの特徴です。

ジェダイトと相性が良いストーン

チャロアイト

理性を呼び覚ますことで精神安定の助けになります。チャロアイトはジェダイトの助っ人として役立つでしょう。

カード:ソードの3/リバース

要注意なカードです。

降りかかったまずい出来事を正面から受け入れらないとか、失敗に対しての自信喪失や悔しさから自分への憤り、そのような感情が沸き起こりやすい状態です。

いずれにしてもマイナス感情が足を引っ張る感じ。

さて、こんな状況から脱出するには・・・

もう山ほど書いてきましたが・・・

「捨てること」

そんな意味のない感情は捨てちまいましょう。

次へ行く準備に力を入れましょう。

問題に直面すれば、おのずとするべきアクションが定まってきます。

できるだけのアクションをとったら、あとは寝て待ちましょう。

精神安定させ、正しい判断をして必要なアクションを取る。そのためにジェダイトを取り上げています。

ルーチンワークだけでもこなす

わかっちゃいるけどどうしようもない・・・

感情のレベルがグンと下がってしまうことは誰だってあります。

人が生きていくうちには様々なことが起こりますから、それは仕方がありません。(だってそもそもがゲームですから、紆余曲折は読み込み済)

そして、そう簡単に感情のレベルを自分で動かせないこともあります。

こんな時におすすめなのは、何らかの手作業が関係するようなことをすること。

できるなら、仕事系で必ずするべき何かがあればかなりよし。

例えば、筆者の場合はこのページを書くこと。

ある意味、これは時間制限付きのルーチンワークです。

もちろん、一般の家事などでもOKです。

「とにかくこれだけはまともに仕上げる」

そのつもりがあると、さっきまであったマイナス感情をセーブしやすいですよ。

これらは、とにかく一歩進むためのアクションです。

明日が良い日になりますように。

ルチルクオーツ・行動するときが来た・2020年1月15日

ルチルクオーツ(Rutile-quartz)
ルチルクオーツ(Rutile-quartz)

ルチルクオーツ・行動するときが来た・2020年1月15日

ルチルクオーツが出ています。

ルチルクオーツに求めるのは「突進」「勝利」。

ルチルクオーツは何度も出てきて恐縮ですね。でも今回のカードにはぴったり。

まぎれもなく「イケイケ」のストーンです。目標に向かうビジネスマンにはうってつけのおすすめですね。

「よぉっし!やるぞっ!」という時にお使いください。

ルチルクオーツと相性が良いストーン

プレナイト
アイオライト

プレナイトはちょっとばかり落ち着きを与えるストーン。ルチルクオーツと相反するようですが、物事を正しく遂行するためにパワーを制御(コントロール)します。

アイオライトは正しい方向性を見出すために使いましょう。

いずれも暴走を防ぐ感じですね。

カード:戦車

良いカードです。

挑戦する時がきているというしるし。

引っ込み思案や尻込みしている場合ではありません。今ある資源を動員して力を尽くし、ことに当たるべし。

そのようにカードは告げています。

この時、実際には倒すべき障壁は自分の中にあることを知りましょう。

超えられない壁は外にあるのではなく、自分の中にあるのです。

やればできる実例(ラ・カンパネラおやじの挑戦)

少しばかり古い話題になりますが「やればできる」の実例を。

普通なら「ギャハハ、できっこないでしょソレ」と思われることもやってしまえばできることのお話です。

クラシックの名曲「ラ・カンパネラ」をおじさんが弾きます。

ここで多くを語るより、動画をご覧ください。スゴイですよ。

私はこれを見て「挑戦する勇気」をもらいました。

明日が良い日になりますように。

スモーキークオーツ・良い急展開・2020年1月14日

スモーキークオーツ(Smoky-quartz)
スモーキークオーツ(Smoky-quartz)

スモーキークオーツ・良い急展開・2020年1月14日

スモーキークオーツが出ています。

スモーキークオーツに求めるのは「ゆったり構える」「過大に心配しないこと」。

スモーキークオーツは心配事に悩むことなく過ごせるように助けてくれます。

そこでスモーキークオーツで言われる「安眠」が取り上げられているわけですね。

しかし、この働きは「癒し系」というよりも「問題の本質を見せる系」です。

本当の問題は何か、これを知ることで適切な対処ができますよね。適切な対処をして、あとは天に任せます。ぐっすり寝てください。

スモーキークオーツと相性が良いストーン

ペリドット
シトリン

ペリドットはマイナス思考のクセを改善、そしてシトリンは精神安定に働きます。スモーキークオーツがよりうまく働くために良い組み合わせなのがお分かりになると思います。

カード:ワンドの8

良いカードです。

大きな転機が訪れようとしています。拡大と発展の流れがそこに。

うまく行っていないと感じていたことも、時が来れば良い方向へ転じることになりそうです。

だから過大に心配してはいけません。考えられる対処をして待ちましょう。

特に協力関係について良い兆候。表面的に見えることだけでなく、あなたを陰ながら支えてきた人々も沢山いるはずで、彼らの感謝を忘れないこと。

急展開、大成功が待っていますよ。

神様に任せる意味・引き受けること

スモーキークオーツの働きの説明で、するべきことをしたら「あとは天に任せる」と書きましたが、人によっては「神様に任せる」という表現をすることがあります。

デール・カーネギーの著作に「道は開ける」があります。

その中に子供が病気になって、手を尽くしても生死を分ける状態にある夫婦の逸話があります。(確かそうだったと)

これ、心配ですよね。

で、その夫婦が最後に悟ったのは、その子の運命がどうであろうと、それは「神様に任せよう」でした。

そう思えた瞬間、心配が消えたとあります。

確かに、その夫婦は敬虔なキリスト教徒ではあったようですが、このような状況においては宗教はある種の強み、または救いを持っているかもです。

しかし、このことをもう少し深掘りしますと「神様に任せる」という意味は、将来がどうであろうがそれは自分が引き受ける、受けて立つ、ということに他なりません。

「心配」は引き受けられない将来に対して抱くことです。

さらに言えば、引き受けられようがどうであろうが、その未来は必ずやってきます。

将来を心配するくらいなら、今できることをしようではありませんか。

そしてどんな結果になろうとも、それを必ず引き受けねばなりません。

できることを全てやったなら、あとは運を天に任せてぐっすり寝てしまいましょう。

スモーキークオーツの働きは、その問題の根本を見せることです。その問題に手を付けて、そして何らかの手を打ったなら、あとは寝て待つのです。

明日が良い日になりますように。