ローズクオーツ・和解して吉・2021年1月28日

ローズクオーツ(Rosequartz)
ローズクオーツ(Rosequartz)

ローズクオーツ・和解して吉・2021年1月28日

ローズクオーツが出ています。

ローズクオーツに求めるのは「誠意」「心配り」「優しさ」。

一般的には愛情系ですが、本当に目指すところは「理解」ですね。

恋愛に関わる縁だけでなく、人間関係の縁結びや、仕事の縁結びまで様々な縁結びに役立つストーンです。

一見は外向きな状態を変化させるように見えますが、実際にはまず自分の内面を手当てすることをしています。

ここに関しては意外に手強いところがあり、過去の傷に触るような作用があります。

ローズクオーツが働いたとき、もしもマイナス感情が湧き出てきたら、それは過去の傷を治す作用だと思ってください。

ローズクオーツと相性が良いストーン

アクアマリン

相手が喜ぶ言が使えるようになります。それは単に相手を「よいしょ」するのではなく、自分自身が人に対する許容力・許す心を育むことが先にあります。

カード:ソードの9/リバース

このカードは判定が難しいですね。(もしかしたら前回の延長的)

図柄としては9本のソードの前にげんなりした男ですね。(そしてそのリバース)

様々な受け取り方がありますが、良いものを取り上げました。

悩んでいた問題が解決に向かう兆し。

もしかしたら思い過ごしや悩みすぎだったのかもです。

自分自身が疑っていたことが、実はなんでもなかったりすることを発見するでしょう。

実際には問題を作っていたのは自分自身なのかもです。

それに気づいたら、まずくなったかもしれない人間関係を取り戻しましょう。誠意を尽くして対応してください。

そうすることで多くの和解を得られることでしょう。

今回の悩みを超える経験から成長を得てください。

もうすぐ大きな安心と幸福感がやってきます。

幸福・問題・勇気・努力

人は「幸福」の定義として以下のものを持っています。

それは既知の望ましい目的に向かって、知ることのできる障害を乗り越えていく過程、またはその過程をやり遂げたことについて、つかの間思いを巡らせることです。

これは幸福のひとつの定義であると考えることができ、実際に有効な定義でしょう。

しかし、もし人が幸福になろうと思うのであれば「勇気」が必要です。

ところで・・・

問題を扱うには3つの方法があります。

ひとつは、直接的あるいは間接的に、その問題を「攻撃」すること。

もうひとつは一直線にあるいは遠まわしにその問題から「逃げる」こと。

そしてもうひとつが問題を「無視」することです。

どの問題を扱うのにどの方法を選ぶかは、理性の問題です。

とろろで、露骨かつ直接的に問題を絶えず攻撃することは、必ずしも勇気ある取り組み方ではなく、怒りによる破壊的な取り組み方でしかないかもしれません。

しかし、根気良く問題に取り組むには勇気が必要です。

なぜなら勇気の構成要素のひとつは、努力を続けることだからです。

さて、今回の記事冒頭にローズクオーツに求めることとして誠意」「心配り」「優しさ」を取り上げました。

これらも自然にそうしたいところですが、それが自然にできないのであれば努力や勇気がそこに必要なのでしょう。

明日が良い日になりますように。

ルビー・運命の輪が回る・2021年1月27日

ルビー(Ruby)
ルビー(Ruby)

ルビー・運命の輪が回る・2021年1月27日

ルビーが出ています。(意味辞典に未記載)

ルビーに求めるのは「先手」「積極性」「情熱」。

ルビーの基本は「自信と勇気」をもたらすこと。

災難から主人を救うとしている国もありますが、これは実は災難に立ち向かう自信と勇気を得られることから来るのではないかと思えます。

実際には、今の幸福を維持するにも自信と勇気が必要なんですよね。

幸福でいると、自然に自信と勇気を持っていて、何かにチャレンジする気が起きるものですが、逆にいじけていると、そのまま災難に飲み込まれてしまいます。

様々な文献でルビーのことを読むとその働きはかなり広範なのですが、共通するのは「生存性」を高めるということに尽きると思えます。

どんなときも生き延びる力を与える、これがルビーの根本のようです。

ルビーと相性が良いストーン

ルチルクオーツ

ルビーの働きと相まって起因に立つことを促します。自分から何かを始めることがほとんどの解決策です。

カード:運命の輪

ことによっては最上級のカード。

大きな変化の兆し。

そしてその変化は何の前触れもなく・・・

予期せぬ転機、それも大きな変化が訪れようとしています。

今まで苦難の道を歩んできた人はそれがガラリと好転し、絶好の好機となることでしょう。

思わぬところから助けが差し伸べられたり、運命を左右するような出会いがあることも。

報われなかったことが注目されて栄誉を受けたり、過去の失敗を乗り越えて再チャレンジのチャンスが訪れることも。

逆に、今までが順風満帆だったと思われる方は、予期せぬトラブルに備えることが大切。もしかしたら「うまく行っている」と思っていることが全部幻想だということに気づくことも。

ぐるりと回る運命の輪に対し、それを「待ち」の状況で受け取るのではなく、起因に立つという能動性を持ちましょう。

運命の輪を自分で回す、くらいの心つもりでいましょう。

それでルピーを紹介しています。

変化の許容量を応用する(その2)

前回は、あまりに急速な変化の要求は拒絶されるので、少しの変化の積み重ねをお勧めすることを書きました。

それでは、変化が遅過ぎることで人々が耐えられないことの例を挙げましょう。

例えば、読者の方は「能」を鑑賞されたことがあるでしょうか?

もしかしたらことによっては演者の動作が遅すぎて超退屈し、これのどこが良いのかわからない、ということがないでしょうか。物語の筋を最後まで見届ける気力が湧きません。

他に、地球温暖化とか、マイクロプラスチックによる海洋汚染が進む話。

これは目に見える変化がないためにリアリティがなく、地球環境の悪化に対して自分が参加しようとはなかなか思えません。

これら「遅過ぎる何か」というのはそれを受け取る「リアリティ」に問題ありと言えます。遅過ぎることはピンと来ないのです。

こちらの問題では教育ということがかなり影響はしそうです。

少なくとも、その人が許容できる範囲で「遅い変化」の影響がどのように自分に影響するかを教える必要あり。

「能」に関してはこの伝統芸術の成り立ちや、「なぜこうなのか」を知ることによって「理解の三角形」が大きくなるでしょう。

遅いことに対する対応を得てもらうには「理解の三角形」の仕組みを活用すると良い結果が得られると思います。

明日が良い日になりますように。

レインボーオブシディアン・行動を起こすとき・2021年1月26日

レインボーオブシディアン(Rainbow-obsidian)
レインボーオブシディアン(Rainbow-obsidian)

レインボーオブシディアン・行動を起こすとき・2021年1月26日

レインボーオブシディアンが出ています。

レインボーオブシディアンに求めるのは「前進する」「優柔不断の解消」「実行」。

レインボーオブシディアンはするべきことができないでグズグズしている人にお勧め。ゴールを目指して突き進みたいなら是非ともお使いください。

自分でやろうと思っていることがあるのに、すぐに誘惑に負けたり、そして後から言い訳ばかりしていて肝心なことができないのならすぐに使ってください。

また、レインボーオブシディアンは自分の弱みについてあぶり出す働きを持ちますから、積極的に自分を立て直そうとするなら特にお勧めですね。

レインボーオブシディアンと相性が良いストーン

・アイリスクオーツ

新しくチャレンジすることを促す働きを持っています。限界に感じていたことを突破するときにレインボーオブシディアンと伴ってお勧めです。

カード:ワンドの騎士

良いカードです。

何かことを起こすなら良いタイミングに来ていると言えます。

今までになんとなくぼんやりと描いていた目的がしっかりと見えてきて、それに挑戦する気力が充実していることでしょう。

また、何か問題があるならそれを改善しようと、人間関係や環境に天気を迎えようとしているかも。

今、迷っている場合ではありません。退路を絶ってでも出発することです。

優柔不断を排除し、進むべき道に歩み出してください。

するべきことをすぐに実行に移し、冒険をいとわず挑戦する時なのです。

このタイミングを逃さないようにしましょう。自己実現が有利に進むはず。

レインボーオブシディアンの働きがピッタリですね。

変化の許容量を応用する

人は物事の変化量に対し、自分が処理できる許容範囲があります。

例えば「早すぎる何か」「遅すぎる何か」は、変化に気がつかないか、わかったとしても処理できずに拒絶します。

この「許容量に収まるかそうでないか」は、あらゆる分野や場面で観察されます。

シンプルなことではお風呂の湯加減です。誰でも許容範囲があるでしょう。

この許容範囲というのは、まあ一般的な値があるでしょうが、それは実質的には人それぞれです。

さて、これを応用してみますと「人から物を奪う」とかという場面でも観察されます。

例えば、何かを人から奪うとき、急速にそれをすると咄嗟(とっさ)に反応しますが、ゆっくりやると許容されることがあります。

これはじわじわ上がってきた「消費税」しかりなのです。

そこで・・・

誰かにその人の何かを変えるように依頼しなければならないとしたら、急速な変化を押し付けてはうまくいかないことがわかります。

人は少しの変化なら受け入れることができます(許容量はそれぞれですが)。これを積み重ね、最終的に大きな変化を起こすことができます。

実際、人に(本当は大きな)変化してもらうような頼み事をして目的を達成しようと思うなら、小さな変化を積み重ねるように持っていくのが有効です。

大きな変化をそのまま頼むと拒絶されやすい。
小さな変化なら受け入れられる。
小さな変化を積み重ねて大きい変化をもたらすことができる。

これは応用できます。実は自分にもです。

明日が良い日になりますように。

ハイパーシーン・冴えているとき・2021年1月25日

ハイパーシーン(Hypersthene)
ハイパーシーン(Hypersthene)

ハイパーシーン・冴えているとき・2021年1月25日

ハイパーシーンが出ています。(意味辞典に未記載)

ハイパーシーンに求めるのは「リーダーシップ」。

ハイパーシーンは非常に強いエネルギーを持つストーンです。

特にリーダーシップを発揮するべき人にはお勧めで、弱気な心や恐怖心をセーブします。

この働きは過去の経験から反応的に作ってしまう恐怖心などのマイナス感情を取り除く作用が元になっています。(その意味では癒し系)

またハイパーシーンには断捨離系の働きがあり、不要なことを捨てる働きも。先の述べました「過去の経験からくるマイナス感情」も、すなわちこれは捨てるべきものですよね。

ハイパーシーンと相性が良いストーン

サファイア

サファイアはカラーによって各種の働きを持ちますが、全体として共通しているのは、心を鎮め精神を落ち着かせること。

ハイパーシーンで行動力を得ながらも精神の安定性をもたらします。

カード:ソードの王

良いカードです。

非常に判断力が冴えている時期です。

必要なことが明確にわかり、物事を正確に見通すことができるでしょう。

必要な情報や人脈を得られることで最も良い状態で物事を進めることができます。自分の知識を他の人が支えてくれることもあり、人々との関係を良好に保つべき。

このように周囲から信頼を得て、あなたの存在や発言が重要になってきます。ちゅうちょせずにリーダーシップを発揮してください。

また、あなたは冴え渡っているのでどんどん新しいアイディアが出てくるでしょう。

このとき、そのアイディアを人々に上手に伝えることが大切。

あなたには当たり前に思えることでも他のにとにはわからないこともあるのです。

丁寧なコミュニケーションを重ねて皆で力を合わせてください。プロジェクトはなお発展します。

罰則を無くする方策

前回の記事では法律で罰則を規定したり既存の罰則を強化するだけでは「秘めた敵意と破壊性」が増すだけだと書きました。

そこで今回は罰則を無くする方策について書きます。

罰則は秩序の乱れを恐怖によって維持しようとする試みです。

そもそも罪になることとは、生存の多重円において、最小限の円の生存しか見ていなく、大多数の円の生存を妨げる行為と定義できます。

ま、早い話が多くの場合は利己的で他の人の生存性を顧みない状態が罪なわけです。

さて、そこで罰則を増やさないために必要なことは第一に教育でしょう。まずはここからスタートです。

「これをしてはまずいよ、なぜなら・・・」という教育です。

ところが、一般的に言われる「しつけ」は、とにかく強制的に型にはめ込むことが多く「なぜなら」という説明がありません。

「なぜなら」を教えるのが教育です。

次に、それでも人は過失として罪を犯すことがあります。これは誰にもあり得ます。

そこで罰を与えるのではなく、必要なのは「償い」の方です。

罰として償わせるのではなく、純粋に償いです。

さて、罪とは前述の通り、自分以外の生存性を毀損(きそん)することです。

そこで償うべきは、自分が毀損した部分の生存性を回復させたり助長したりすることです。(これは生産的でもあります)

そうすることで、自分が毀損した他者の生存性を埋め合わせることができ、本人自身が罪の意識から脱却することができます。

それによって「秘めた敵意と破壊性」が生まれることがありません。

犯罪者を刑務所に閉じ込めて説教したり、厳しい生活をさせるだけでは償いはできませんよね。

交通違反者が反則金を払っても償うことにはなっておらず、単なる罰です。

さて、その償いの具体的な例として、交通違反者には交通安全に関する活動をしてもらいます。登下校時に緑のおばさんのような役をしてもらうとかですね。

交通の秩序を乱したら、交通の秩序を入れるという償いをするわけです。

これは子供たちにも大変有用です。

間違ったことをしたら罰を与えるのではなく、誰かが迷惑をした分、そのことに対して償いをするようにします。

その償いは生産性のあることを取り上げ、それだけで他人や社会に貢献できていることを実感することが大切です。

で、子供の頃からこのようなアクションによって育てられれば「秘めた敵意と破壊性」が生じません。

すなわち、そもそもが犯罪者を生むことを抑制できるわけです。すると、罰を与えることも減らすことができます。

明日が良い日になりますように。