モスアゲート・居直る方がマシ・2020年10月29日

 

モスアゲート(Mos-agate)
モスアゲート(Mos-agate)

モスアゲート・居直る方がマシ・2020年10月29日

モスアゲートが出ています。

モスアゲートに求めるのは「厳しい自己管理」「観察」。

モスアゲートは自己反省に関連するストーン。

自己管理、そして自分自身と状況をよく観察することですね。

これができる根本的な働きとは、感情の乱れを収めることにあります。

モスアゲートと相性が良いストーン

ムーンストーン

ムーンストーンも「自分との対話を促す」という働きがあり、モスアゲートに違いところがあります。

カード:悪魔

要注意です。

受け入れがたいことが起こる起こり得る兆し。

信じたくなくてもそれが現実に起こる可能性あり。

または、現実に悪いことが起こるのではなく、自分自身が悪魔のささやきに負けることも。

さてさて、この悪魔をやり込めてしまう方法はただひとつ。

「悪魔」を意識することです。

おびえて過ごしたり、まずいとわかっていてしてしまうことから逃れるには、その自体に直面するしかありません。

恐れたり、逃れたりしようとしなければ必ず打開策が見つかります。

直面できない時に起こること

思いもよらず大変まずいことにめぐり合い、それに直面できない時に人が最大限にすることは「失神」です。

気を失ってバッタリです。

それによって偶然にも助かるのは映画の中にしかないでしょう。大抵の場合はもっとまずい事態に陥ります。

または、失神まで行かなくてもある種の「催眠状態」に陥ることがあります。

これって実は日常的にも気づかぬまま起こっていますよ。

例えば、ちょっとの「まずいこと」ってたまには誰でもあるでしょう。

仕事でちょっとしたミスをしてしまった時などです。

そのミスに直面できない時、ことによっては何か言い訳を探すこともあり。誰かや天候のせいにしてみたり。

これってだから「悪魔」ですよね。

これは自分では意識しないで自動的にそうなることってあるでしょう。(恒常的にそうしている人もいる)

自動的にそうなるなら、それはもう催眠状態と変わりません。自分の判断など入っていないのです。

で、その催眠状態に陥る理由は、起こっている事態に「直面できないから」。(要するに失神しない代わりに言い訳を探す)

さて、その催眠状態ですが、過去の経験に大きく関係するのは確か。

かなりまずい事態に対して「過去の時間」にあった出来事を参照して都合よく対処する言い逃れを探す感じです。

そうならないためには・・・

「よっしゃ!引き受けたるで!」

という感じの居直りが最適です。本当ですよ。

その方が感情のレベルとしてもグンと上なのです。

明日が良い日になりますように。

ネフライト・努力の判定どき・2020年10月28日

セレニティアスのロゴ720

ネフライト・努力の判定どき・2020年10月28日

ネフライトが出ています。(意味辞典に未記載)

ネフライトに求めるのは「自分を鍛える」「じっくり待つ忍耐力」。

ネフライトは軟玉ヒスイのことですね。

古くは魔除け、厄除けに使われました。

基本的には心理的な混乱を収めるという癒し系があり、そこから「人間的・精神的に弱い面」を成長させるように働きかけます。

この働きが結局は魔除けといったことになるようです。

ネフライトと相性が良いストーン

ユナカイト

これは普通に癒し系ですね。感情の安定性をもたらしてネフライトの働きを助けます。

カード:ペンタクルの騎士/リバース

要注意、そしてアドバイス色の強いカード。

物事がことごとくはかどりません。

そのような状況から、今していることをそのまま続けるべきか迷っているかもです。

今は、うまく行かない状態にくじけることなく、機が熟すのを待つだけの忍耐を鍛える時期なのかもです。

少し遠く離れたところから事態を観察し、チャンスを待ってください。

努力の空回りをしないために

いくら努力してもまったくはかどらないことがあります。

努力さえすればなんとかなる、という考えや言い方がありますが、それは嘘ですね。

努力の方向や方法が間違っていると、それ自体は無駄になることが確かにあります。

その努力をしようとした最初の判断が間違っていると、やっぱりその努力は間違っていることになります。

しかしながら、今までの努力が「もったいなくて」間違いを認められないことがあります。

今回のストーンでは「忍耐」ということがポイントになりますが、間違った努力を続けることが忍耐ではなく、間違いを認めるだけの忍耐が時として必要なのです。

そこで、今回のカードのアドバイスのように、少し「引いて」全体を見渡してみましょう。

できるだけ客観的に見て、何が努力の無駄を作っているのか観察してみてください。

そうすることで、これまでの努力をさらに続けるべきか、または方向変換をするべきか、より正しい判断ができるでしょう。

また、間違った努力をしたいたことに気づいたとしても、それはそれで全体としてのノウハウとして蓄積されるでしょう。

それに長い間には、間違った努力をしていることも多々あるのが普通ですよ。

誰か手本になる人がいるなら相談するのはかなり良いアイディアです。内向しないで人に話しましょう。

そのようなアクションも、自分を鍛え忍耐力を増すことになります。

明日が良い日になりますように。

アメジスト・本当に正しいことは?・2020年10月27日

アメジスト(Amethyst)
アメジスト(Amethyst)

アメジスト・本当に正しいことは?・2020年10月27日

アメジストが出ています。

アメジストに求めるのは「冷静さ」「客観性」「公平さ」。

アメジストは非常に使いやすいストーンで、セレニティアスでは他のストーンの浄化用にもおすすめしています。

基本的に冷静さを取り戻すといった用途に使うことが多いです。

古い文献では「恋愛成就」に使う話題もありますが「冷静さ」を取り戻す意味から、ことによっては恋愛が冷めてしまうことがあるので注意です。

アメジストと相性が良いストーン

・ストロベリークオーツ

感情のコントロールに役立つストーンですね。そして冷静さや客観性を得ることに使います。これはアメジストに近い働きとなります。

カード:正義

良し悪しよりもアドバイス色の強いカード。

正しくあろう、公平であろうという意識が強まっています。

それはそれで悪いことではありませんが、公正/不正の判断が独りよがりになっていないかを十分に検討する必要ありです。

また、世の中には公正/不正だけでは判断できない複雑な事情が存在することもあり、ことによってはあまりに冷徹すぎることが多くの人の反感を買うこともあり得ます。

自分自身が正しくあることは大切ですが、人を裁くのは難しいものです。

また、自分が正しい行いをしているのになぜ不公正な人々が優遇されるのだといった不満がたまりやすくもなります。

正しさを振りかざすだけではうまく行かないことも多いのです。

正しさの難しさ

何が正しいのか、それはその人が持っている知識の質と量に大きな関連がありますよね。

「それはまずいよ」ということを知らなければ正しいことはできません。

また間違ったことをそうと知らずに信じていると、これもダメでしょう。

一人の人間の中でもそうですが、社会的な常識としての正しさも知識の質と量に関連するのは同じですよね。

科学的な知識は時代とともにより洗練されたことになるでしょうが、社会習慣も変化します。(よって各国の文化的な差異も起こるでしょう)

それでも、どの時代、どの人においても今ある知識の中から最善を尽くすしかありません。

そして願わくば、より正しい知識を蓄積して実行されるべきでしょう。

これって、今回の新型コロナ禍でもつくづく思います。

そこで、自分が信じている何かについて、あまりにも頑な状態であると、より正しい知識を排除することもあり得ます。

自分が正しいと思ってそれを人に押し付けたりもします。

また、人には新しい知識とか出会いを受け入れられるタイミングやキャパシティのようなことがあり、これを外していると、より正しいことがあったとしてもそれを受け入れることができないでいます。

また、ことによっては長期間の教育が必要だったりも。

ここで、理解の三角形がやはり重要です。▼クリックで解説ページへ

理解の三角形

それがどんなにより正しいとしても、相手が理解できて受け入れられるような状態でなければ何も伝わりはしません。

明日が良い日になりますように。

ホワイトハウライト・損切りのタイミング・2020年10月26日

 

ホワイトハウライト(White-howlite)
ホワイトハウライト(White-howlite)

ホワイトハウライト・損切りのタイミング・2020年10月26日

ホワイトハウライトが出ています。

ホワイトハウライトに求めるのは「現状把握」「やり方のリセット」「気分転換」。

感情をフラットに持っていくのが得意なストーンです。

何かをやり直そうとするとき、それまでの絶望的な気分(低い感情のレベル)から立ち直るのが早道。

落ち着いて物事を考えられるようになり、それから再スタートを切ることを手伝います。

ホワイトハウライトと相性が良いストーン

アゲート類

アゲートは様々なタイプがありますが、全般的には「守護」や「勇気」に基づくことが多いですね。

新しいスタートを切るためのお守りです。

カード:カップの5

これはどうしようもないカード。

期待していたことがことごとくうまく行かず、がっかり感。

努力がまったく報われません。

このようにどうにもならない状況で途方にくれることになります。

このカードが出た時、以上のような失望からリセットするべきタイミングに来ていることを暗示しています。

ひと言で言えば「損切り」せよ、です。

(取引で,損を覚悟で見切り売りすること。)

これまでにダメになったことをいじくりまわしても何も進展がないでしょう。

次のことを考えてまったく異なったアプローチをとることが肝心。

持続する問題の正体

実は「問題」に限らず、あることが持続するには「不同意」ということが存在します。

あることに反対すると、それは存続するわけです。

例えば、大阪市の存在に不同意する人がいると、都構想という問題が持続するわけです。

そこで、今回のカードのようにどうしようもない状態だと、まずはその状態に同意すること。

その状態を認めることです。

するとたちどころに問題が問題でなくなり、リセットがかかります。

「なぜこんなことになってしまったのか」といった具合に後悔しているうちには問題が問題として存在し続けます。

「わぁ!失敗だ、これはダメだ」とシンプルに認めて受け入れることによって次に進みます。

逆に、何か持続させたいことがあるなら、その存在に同意しないでおけば良いことになります。

存続するあらゆることは、どこかに不同意が含まれています。

これは良し悪しではありません。そのような仕組みです。

例えば「教会」が古くから存続するのは、不幸な人がいることを認めれらない、という不同意から成り立っています。

明日が良い日になりますように。