グリーンアベンチュリン・アドバイスを聞こう・2018年11月14日

グリーンアベンチュリン(Green-aventurine)
グリーンアベンチュリン(Green-aventurine)

グリーンアベンチュリン・アドバイスを聞こう・2018年11月14日

グリーンアベンチュリンが出ています。

グリーンアベンチュリンに求めるのは「アドバイスを大切に受け取る」こと。これは意味辞典では扱われていない内容です。

グリーンアベンチュリンの基本的な働きとして「素直になれる」があります。

それから「本質を見る」という部分があり、これも自分の知識の中だけで判断せず、人からのアドバイスを使ってもさらにものを見ることができるようになる意味と言えます。

さて、カードは「法王」。

まずまずな良いカードと言えるでしょう。

なんらかの選択を迫られているとしても、正しい道をあなたは知っている、これを象徴しているカードですね。

既存の知識だけでは計り知れない真理を、実はとおに知っている可能性もあり、本人がそれに気づいていないだけ、という状況もあります。

ただ、この時期には冒険やリスキーなことを起こすには適しません。

常識や年長者のアドバイスに従う方が吉のようで、そのような人が現れる暗示も。

このアドバイスがすぐには理解できなかったとしても、それを受け入れるだけの度量を用意しさえすれば、困難なことでも解決していくことでしょう。

ヘイトのメカニズム

「法王」にちなんで記しておきます。すでにこのコラムでは何度か触れていますが、少し具体的な話にします。

ヘイトスピーチということがあります。

これはシンプルに、そのスピーチをしている人々は、先にヘイトの相手の方に「悪いことをしたことがある」と判断して間違いありません。

「A」が「B」について散々に非難しているとしましょう。(ヘイトスピーチですね)

これは実は「A」が「B」に先に悪いことをしていて、それを謝ることができず、それを正当化するために「A」は「B」を悪く言う必要に迫られていると言う形です。

「B」は目に見えて卑怯者です。

単に、自分が犯した悪いことを謝れないで、そして正当化しようとするわけです。単に弱虫で無責任、卑怯者です。

逆に、卑怯者を見たときに、彼らが声高に叫んでいた非難を観察すれば、それは単に自分の罪を正当化するためのことだったことがわかります。

世の中にある「異議」「申し立て」をつぶさに観察してみましょう。

それが、先に犯した罪の正当化かそうでないか、それを見抜く目を持ちましょう。

正当化としての振る舞いをする人々の特徴は、卑怯者、無責任、元の仲間でさえ助けることはない、必要ならば嘘もつくといった性質を持っています。

騙されてはなりません。

明日が良い日でありますように。

ホワイトオパール・不可能が可能になる・2018年11月13日

ホワイトオパール(White-opal)
ホワイトオパール(White-opal)

ホワイトオパール・不可能が可能になる・2018年11月13日

ホワイトオパールが出ています。(意味辞典に未記載)

ホワイトオパールに求めるのは「チャンスを形にする」こと。

基本的な働きとして「目に見えないことを形にできる」があります。

インスピレーションで得たチャンスを、どんどん具体化できるように助けてくれるのがホワイトオパールですね。

ですので、アーティストにも愛用者が多いパワーストーンです。

ただし、オパール全般として気分が高揚しやすくありますので、使用前から気分に高ぶりがある人はちょっと注意ですよ。

さて、カードは「ソードの騎士」。

ここのところずっと良いカードが続きます。

今回はカードが象徴する「騎士」のように前進せよということです。

気力に満ち溢れ、目標に向かって試練にも立ち向かっている姿です。

やりたいことを形にするチャンスが巡っています。

ちゅうちょせず全力で挑むときです。

ひたむきに進む姿を見た周囲の援助者の心を動かし、多数の味方が現れることでしょう。

不可能が可能になります。

「捨てること」の留意点

最近、身内の引越しを手伝いました。この時のことを思い出して記しておきます。

引越しに伴って捨てられる物がたくさんあります。

引越しでなくとも、断捨離しようとする人は何かを捨てますね。

「捨てる」ということは何か物がなくなるということですよね。

自分で捨てても「なくなる」のには変わりがありません。

これは一種の「喪失」です。

実は、この「喪失」というのが人生の中で「悲しみ」と結びついていることが多々あります。

  • 幼い頃、自分が知らない間に親に何かを捨てられたこと
  • 仲良しだった友達が引っ越した
  • パートナーとの離別
  • 学校や会社を辞める
  • あるグループからの離脱

これらの出来事は物語としては「悲しみ」を伴うことが多いです。

そしてこれが「喪失と悲しみ」がごっちゃになってくる理由です。

これは物体や人間関係、組織への帰属といったことだけでなく、自分自身の中で「ある考えを捨てる」という捨て方にも及びます。これも喪失の一種です。

もちろん「捨てた方が良い考え」というのがありますが、捨てたことによって起こる「気づかぬ喪失感」がちゃんとあります。

喪失感からくる悲しみと穴埋め

例えば、こんなことはありませんか?

大笑いするとストレス発散できますよね。これって何か捨ててる感じがしませんか?

大笑いした後は身も心も軽快な気分ですが、実は!喪失感が伴っているはず。

これら何かを捨てるということは、それが良いことであっても必ず喪失が伴います。(で、なぜかしら悲しい)

ですので喪失した分は自分でエネルギーを作り出すか、または何らかの方法で代わりになる事柄を持ち直す必要ありです。でないと不思議な悲しみが収まりません。

早い話、穴埋めが必要なのですね。

ここで間違ってはいけないのは、同じ持ち直すなら「良いもの」にしておこうということ。

つまらんものを持ち直してはなりません。

喪失に気づかないでいると、また変なものを掴んでしまいます。

同じ失敗を繰り返すことの理由としてこれが挙げられます。

ですから、捨てることによる喪失を自分できっちり意識して、せっかくなら前より良いことをつかみ直すことをしましょう。

達人になると自分でエネルギーを作り出せますから、改めて何かをつかむ必要はありません。

元々、これが断捨離の最終状態のようです。

ちなみに、何かを捨てられない人は、喪失感から来る悲しみが怖いのです。

明日が良い日でありますように。

プラチナルチルクオーツ・才能を磨くとき・2018年11月12日

プラチナルチルクオーツ(Platina-rutile-quartz)
プラチナルチルクオーツ(Platina-rutile-quartz)

プラチナルチルクオーツ・才能を磨くとき・2018年11月12日

プラチナルチルクオーツが出ています。

プラチナルチルクオーツに求めるのは「才能を磨く・引き出す」こと。

意味辞典の方では触れられていない働きとなります。

プラチナルチルクオーツは基本的な働きとして自分自身についての自覚がありますが、その中には自分自身の才能を認めるということも含まれるわけですね。

こういったことも、ストーンがよくわかると応用できるようになります。

さて、カードは「ペンタクルの3」。

良いカードですよ。

うまく行かないなあと思っていたことは次第に解消されるようです。

自分の才能にまつわること、経済面、ビジネス面などですね。予想しなかった方面からの助けもありげ。

ただ、これまで頑張っていた割には実りが少ないという感覚があるなら、それはすぐに捨て去ってください。

これから間も無く、あなたの才能が発揮されて高く評価される状態に導かれます。

そのためにも、今ある才能に磨きをかけて準備を始めてくださいね。

好きなこと・できること・食べられること

自分が好きなことと、実際にできることと、そして収入を得る仕事(食べられること)というのはなかなか一致しません。

人生の中で挫折感を伴って、これら三つがバラバラになるのが普通です。

また、うまく一致しているつもりでも「こんなはずでは?」と疑問に思うことも少なくはないでしょう。

一致しているようでも挫折はなくはないのです。

しかし、ひとつの才能というのは、前述の三つすべて同時に関係しそうで、自分がそれら三つの分野で才能を役立てることができたら、それは幸福だと思えます。

才能が使えて、その結果としての成果物を見るのは満足度が高いことでしょう。

今している仕事が、実は自分としては不本意な分野のことだったとしても、そこに自分の才能をどうにか発揮させることはできないか、と考えてみるのはどうでしょう。

自分で設定したゲームを進行させること、これが自分の人生を生きる道だと思えます。

また、与えたれたゲームの中でも自分のポジションを自分で決定し、自分のゲームを持つことが可能だと思います。

自分でゲームを決定できるかどうかで、それが自分の人生を生きられるかどうかが決まりそうです。

それは前述三つの分野、好きなこと、できること、食べられることがバラバラに見えるゲームでも、自分が決定できていれば三つ分の楽しみがあるということかもですよ。

明日が良い日でありますように。

アクアマリン・愛情を傾けよう・2018年11月9日

アクアマリン(Aquamarine)
アクアマリン(Aquamarine)

アクアマリン・愛情を傾けよう・2018年11月9日

アクアマリンが出ています。

アクアマリンに求めるのは「気持ちを素直に言う」こと。

引っ込み思案系の人には特におすすめですね。

それから、普段から言いたいことを言える人でも、言いたいことが相手にうまく伝わる意味でアクアマリンは役立ちます。

アクアマリンは、言いたいことを言ったとしても人間関係が悪化しないようにする能力がありますよ。

と言っても、暴言を吐いても大丈夫という意味ではありません。伝えることが上手になるのです。

さて、カードは「カップの騎士」。

ウフォー!またまた良いカード!

あらゆることがうまく進む!「あらゆることが」ですよ!

それも、自身が積極的に動くほどに、できないと思えていたことでもうまく行くのです。

ただしこれは今までの真面目な取り組み、愛情を傾けてしていたことに関してです。それらが実りを迎える時が来ているようですよ。

それから愛情系でも朗報。

告白するならこの時期です。誠実に、愛情を根本に持った行動を心がけてください。たとえ受け入れられなかったとしても(それは相手があることですから、あなたの人間性は高く評価され、総合的にはプラスに働きます。

このカードは特に、愛情が大切だと言っています。

再現すると消えてなくなること

受け取れない気分の正体(その2)

今回も非常に良いカードですが、ここでも受け取り下手の方のために記します。

前回の記事では「受け取れない」暗示について過去の出来事の中から全てピックアップすることを書きました。

更に、今回はコツを書きましょう。

暗示になることは全て「出来事」の形で記憶されていますよね。

「いついつのこと、親にこう言われた」といった形で出来事として扱います。

ぼんやりとニュアンスとして得ている形でなく、出来事として取り上げるのが最大の秘訣です。

これ、確かに嫌な出来事ですよ。しかし嫌がらないで客観的に単に出来事として取り上げます。

少し前のコラムで触れましたが、「嫌だと思っていると」それが付いて回る、と言う理屈を思い出してください。(嫌だと思っているうちはそれは消えません)

段々と薄くなる嫌な気分

人によってはその出来事は腹立たしく、ことによっては悲しいでしょうが、何度も繰り返し出来事を見ていると、感情のレベルが上がってきて「退屈」にまでは到達します。

これ、すでに嫌な気分が薄くなっている状態です。

実はこの嫌な気分と暗示が持続するのは、その出来事が「嫌だ」と思っているからなんです。

どうでも良い出来事ならば、印象に残らず消えており、暗示などの力は持ちませんから。

一言メモとして「嫌がるとそれが持続する」を記しておきます。

さて、それでは嫌でなくなる秘訣ですが、それはただひとつ・・・

その出来事を、確かにあったと単純に無抵抗に認めることです。

ここで「認める」と言うのは、あなたに対する理不尽な命令のことでなく、その事実があったと、確かに認めることです。

完全に認めることができたら、その出来事に関する嫌な気分は完全になくなります。

退屈な気分を通り越してしまうまで、その出来事を何度も思い返すことができたらかなりよしです。完全にはできなかったとしても、よしとしましょう。

そうすれば暗示の効力はかなり薄いです。

明日が良い日でありますように。