カテゴリー別アーカイブ: 癒し系パワーストーン

癒し系にお勧めのパワーストーンに関する記事を集めています。癒しとひと口に言っても様々なケースがあります。あなたにピッタリのパワーストーンを見つけましょう。

マラカイト・謝っちまおう・ 2018年4月17日

マラカイト(malachite)
マラカイト(malachite)

マラカイト・謝っちまおう・ 2018年4月17日

マラカイトが出ています。

ただし、意味辞典にある一般効能以外の使い方をします。

今回のマラカイトの意味、働きとして・・・

  • 冷静に客観的な思考をする
  • 他者、相手の立場の理解

これらを取り上げfます。

マラカイトは基本的に「精神安定系」の働きがあるわけですが、これは「冷静に客観的な思考をする」と通じる部分ですね。

それができれば「他者、相手の立場の理解」も進むことでしょう。

さて、なぜマラカイトのこれらのような働きを取り上げるかといえば・・・

今回のカードは「正義」。(ちょっと前にも出た)

これ、カードのネーミングは良いのですが「気をつけよう」というアドバイス系と思ったほうが良いです。

自分が正しいと思っていることが通らない!とか・・

自分を正当化するために「正義らしいこと」を取り上げている、と言った傾向がないでしょうか?

何が正しいか?というのは本当に難しい問題です。良かれと思ってしていたことがマイナスになったり、正義だと思っていたことがとんだ嘘っぱちだったことなんてたくさんありますから。

正義を振りかざす前に、様々な人々の立場や、現状で妥協できる八方よしの状態にちょっとでも近づける方策はないか、それを探ってみることとをお勧めいたします。

謝っちまおう・正当化の根源

「正当化」する、というのは誰にでも経験があるでしょうが、その中には具合が悪いものもあります。

単純な例として世の中で枚挙にいとまがない「いじめ」があります。

いじめる側は「いじめられる方にも原因がある」というのが非常にシンプルな正当化。

これとそっくりなのが「戦争を始めてしまったその理由」です。

で、やっちまった側に「なぜそんなことしたんだい?」と質問すると・・・

「だって、○○が△△したからさ」と答えるでしょう。

これ、端的に言って自分以外の誰かのせいなんです。

ここでひとつ面白い例を。

アメリカのハイウエイで速度違反の取締をして、違反者に「違反した理由(動機です)」を問うとその答えで多いのが・・・

「女房が急に産気づいたと電話が入ったので急いで病院へ向かう途中だった」

だそうです。

ひどいものは「ブレーキが壊れたので急いで直しに行くところだった」とか。

その「まずい行為」が、本当にうっかりの「過失」でない限りは必ず動機が語られます。(本当の過失でさえ正当化しようとする場合もあり)

そしてその動機は必ず「後から考えてくっつける」というメカニズムがあります。そしてそれは100%、自分でなくて「誰か(またな何か)のせい」です。

なんのことはない、とにかくその人は「まずいこと」をしてしまったのです。そして後からその理由(動機)を作ります。ま、これが正当化です。

ですから、正当化を懸命に語る誰かを見た場合、彼はとにかく「まずいことをしてしまったのだ」ということだけは確実。

また、正当化の中には「誰かを悪くする」ということが含まれています。これは多いです。これに当てはまるのは「いじめられる方にもその理由がある」とか「戦争を始めざるを得ない状況に追い込まれた」と言った話の持って行きようです。

なんのことはない、これらはほとんどが後付けの正当化です。

ですから、声高に誰かを悪し様に言う人を見たら、その人が先に「何かまずいことをしたんだな」と思っていて間違いありません。

さて、その「まずいこと」をしてしまう本当の理由を書いておかねばなりません。

「まずいこと」をする直前には、必ず「混乱」があります。

その混乱を収めるために取り上げた行動が「まずい何か」だったということです。

端的に言って「混乱の処理方法を間違った」です。

そしてそれを間違う理由は「知恵のなさ」です。

知恵がないので正しい判断ができていない、ただそれだけです。

ね、犯罪者を見てください。自分がしたことが自分と人や社会に対してどんなにリスキーなことであったのか、全く正しい判断ができていません。知恵が無いのです。

いじめのように、自分の八つ当たりで他人の尊厳を傷つけて良いわけがありません。知恵がありません。じゃあ自分がされたらどうなんだよ!です。

人は「自分は正しい!」と言って正当化するとき、実は自分には知恵が足りていませんでした!と白状しているに近い状態があることを観察してみてください。

もしも「混乱」に当たったら、冷静になって知恵を振り絞りましょう。

そしてもしも正当化しなければならない状況を持っているとすれば、過去の間違いを冷静に見て素直に謝っちまった方が1000倍楽で将来も明るいのですよ。

それにねえ、正当化は多くのケースで自分にも人や社会にも二次被害をもたらしますよ。ね。

正当化してしまったがために、その「知恵のない間違った行い」をさらに続けねばならなくなるのです。自分の正当性を主張せんがためにはそうなってしまいます。

↑これ重要。

だから言い訳(正当化)が多い人は、その間違いを続行せざるを得なくなりますよ。(言い訳が多い子供はなかなか躾ができないのもそんな理由。言い訳できる浅知恵が仇。)

戦争の泥沼化、不倫が原因の離婚などなど、例には事欠きません。

正当化したくなったら、マラカイトを見てみよう。正当化したくなったらそれより先にとにかく謝ることをお勧めします。重ねて書きますが、その方が1000倍楽で、未来が明るいのです。

明日が良い日でありますように。

バイカラーフローライト・一歩引いて観察・ 2018年4月3日

バイカラーフローライト(Bycolor-fluorite)
バイカラーフローライト(Bycolor-fluorite)

バイカラーフローライト・一歩引いて観察・ 2018年4月3日

バイカラーフローライトが出ています。(意味辞典に未記載)

パープルとグリーンのフローライトがひとつのストーンに混在した状態ですね。働きやその意味としても両者をミックスした感じになります。

このバイカラーフローライトの使い道をひと言で表すと「ジタバタしないこと」。

自分の気持ちのコントロールを取り戻して事態を正確に観察できるようになることです。

さて、カードは「ワンドの騎士/リバース」

このカードが出ている時には「厳しい現状」があることを表しています。

この状態をなんとかしようともがくのですが、それがうまく行きません。

また、通り過ぎたと思っていた問題が再燃する可能性も。

アドバイスとして、ここはちょっと静観するべし。

今は、まずい状況を強いて触らないことをお勧めします。

そのためには冷静になること。心がグラグラしそうですが、とりあえず状況を観察だけしておきます。

そこでバイカラーフローライトが登場するわけですね。

バイカラーフローライトは焦りや不安を取り除く意味があり、そして感情の波を鎮めてくれます。

コントロールすることとしないこと

そのまずい状況ということが、自分がコントロールできることなら何とかできるかもしれません。

しかし人によっては元々がコントロール範囲外のことまでコントロールしようともがくことがあります。

これ、単に苦しみです。

何かをコントロールしようとすれば、そのことについての責任が伴い、また知識がなければコントロールできません。

「責任」「知識」「コントロール」はいつも三つが伴っています。

で、何かをコントロールできないかと苦しみもがいている人は、これらのどれか、もしくは全部がないのにもがきます。

元々はほおっておくしなないことは確かにあるのです。

チェスの試合をしていて自分が負けそうな時、そのルールについて自分が勝てるようにコントロールしたいと思っても現状でそれは無理。

というか、それをしたら無法者呼ばわりされます。

例えて言えばそんなところです。

  • コントロールできること/できないこと
  • コントロールするべきこと/すべきでないこと

これらをきっちりと見極めましょう。

それでもルールを変更したいと思うなら、自分自身がチェスの世界の最高権威の近くに達するしかありません。(これ自体がゲームとなるでしょうが)

それはそれは知識も責任も大きく必要になるでしょう。

そして、もしも何でもかんでもコントロールできるとしたら、そこにはゲームがなくなります。

チェスで言えば、どんどん自分に有利にルールを変えれば、誰も相手をしてくれなくなりますよね。ゲームが成立しません。

人生はゲームを必要としています。

「ワンドの騎士/リバース」が出ている時は、そのゲームの途中でバイカラーフローライトなどを用いてちょっと退避せよ、という作戦行動が必要なのかもしれません。

明日が良い日でありますように。

公開日:2018年4月2日 最終更新日:2018年4月2日

スギライト・ここいらでちょっと休憩・ 2018年3月29日

 

スギライト(Sugilite)
スギライト(Sugilite)

スギライト・ここいらでちょっと休憩・ 2018年3月29日

スギライトです。ズバリ癒し系。

ここいらで「ちょっと休もうぜ」です。

前回はカードとして「太陽」で将来は超明るい運びとなっているはず。

そして今回のカードは「カップの6」として「癒し」です。

まあまあ慌てずに、きっとうまく行くのだからちょっと癒しなよ・・でしょう。

ただしこのカード、判定が難しい感じ。数字の6それ自体は調和やバランスを表しており、良い兆候ではあります。

そして先へ進もうとするなら、過去の古傷を治してしまおうということのようです。

そこで癒し名人のスギライトをピックアップしています。

「古傷」の本当のありか

どんな古傷(心のですね)があろうと、それに触ることがなければ何も問題が起きません。

しかし現実の生活においては、好むと好まざるに関わらず、どうしても古傷に触れてしまうことがあり、そこで反応が起きます。

ことによってはいわゆるPTSDのようなことが起こるでしょう。

例えば、車による交通事故に関係する古傷であれば、車が一切目に入らないところに退避すると反応は起きませんが、実生活ではそうは行かないわけです。

さて、この古傷を本気で治そうとするなら、その傷をきっちり見るしかないようです。普通、見たくない傷は治りません。

ただしここでちょっとコツがあります。

例えば前述の「交通事故」が心の傷としてあると思うなら、より以前にそれに似た出来事がないかを探すことです。

車、交通事故、何か肉体的な衝撃、その時の感情として似ている場面、これらのことでさらに過去に起きた出来事を探してください。

もっと幼い頃の出来事、人によってはお母さんのお腹の中での出来事になるかも知れません。

妊娠しているお母さんが階段を踏み外したときの衝撃、こんなことが交通事故と似ているかも知れませんよ。

ある古傷(心の)が傷んでいる、と感じる時、実は根本の原因は思っているよりももっと古い似た出来事にあることがほとんどですよ。

これらの似た出来事が連鎖して反応し、現在に至るようにできています。

そして、人によってはこの記憶をたどると「前世」の記憶に達してしまうことがあるようですが、変だと思うことはよしましょう。その人にとってはそうとしか言えないのです。

さてさて、そこでスギライトは古い古い傷に作用することが得意なようです。これについてはパワーストーン各種あれどかなり最上クラスの癒し。

そして、癒すだけでなく「出来事に対する耐性をアップする」という働きがあります。このあたり、スギライトでは今まであまり取り上げなかった作用かも。

最後になりますが、本当の意味で癒したいなら、それに触るしかありません。フタをするのは癒しになりません。それはフタです。

明日が良い日でありますように。

公開日:2018年3月28日 最終更新日:2018年3月28日

グリーンアベンチュリン・ゴリ押し注意・ 2018年3月27日

グリーンアベンチュリン(Green-aventurine)
グリーンアベンチュリン(Green-aventurine)

グリーンアベンチュリン・ゴリ押し注意・ 2018年3月27日

久々に癒し系のパワーストーンとしてグリーンアベンチュリンを取り上げます。

が、癒しと言っても「ちょっと肩の力を抜いてリラックスしましょうよ」という優しい系ですね。

さてさて、出てきたカードは「力」(ちから)です。

このカード、どちらかと言えば「良し」としたいですが、アドバイスに富んだ部分が多いようです。

今現在、とにかく「力」を使ってなんとかしようという局面で、その気力も十分な感じではあります。

困難なことに立ち向かおうとしているとか、不可能と思えるようなことに挑戦しよとしているという姿がそこにあります。

また、目標達成のために欲求を抑えたりとか、自分自身をコントロールしようとする局面でもあるようです。

いずれにせよ、なんらかの「力」を使おうとしている場面です。

ただ、「力」は使い方に要注意。

そのためにはちょっと肩の力を抜くように、リラックスが大切。そこでパワーストーンとしてはグリーンアベンチュリンの癒し系な意味と効果を活用します。

力と理性

「力ずく」ということがあります。

目的を達成するために「力」を使うことですね。

ところが、力を使うと必ずその反作用があります。壁を押しても同じ分だけ押し返されることでわかりますよね。

そして、もっと力を使うとその壁を破壊することになります。(手も怪我をするかもです)このように、力の究極的な行使は破壊に行き着きます。

これを、ここのところよく出てくる話題として「感情の段階」で言えば「怒り」の特徴と言えます。

「怒り」はエネルギーの放出によって破壊をもたらします。

怒りのように、コントロールされない「力」を使っているときには感情の段階がかなり低いということです。

もちろん、何か生産的な目的のために「破壊」が必要なこともありますが「怒り」の破壊とは意味が異なりますよね。

さて人間の場合、単なる「力の行使」によらず、「要領よく」ことを進める能力が備わっています。

爆弾を落とすのではなく、話し合うということができるはずですよね、

また、同じ力を使うのでも、それを要領よく使うことができるはずです。

この「要領」といのはすなわち「理性」ということになりそうです。

理性は「力」とかエネルギーとかとは、もうまったく異次元にあります。

そして、理性は力やエネルギーを統制する能力を持っています。

そこで、わざわざグリーンアベンチュリンに登場してもらうのは、癒し系としてイライラを沈めたりといった作用から理性を呼び覚ます目的があります。

イライラって無秩序なエネルギーの発散(破壊)の元になるでしょ。

様々なことを頑張ろうと思いすぎるとき、ゴリ押し気味になることがありますよね。自分自身に対しても、他人に対しても。

そしてどこかで最終的に「力」とかエネルギーを使う必要があるにせよ、それは理性によって統制され、コントロールされることが必要です。

明日が良い日でありますように。

公開日:2018年3月26日 最終更新日:2018年3月26日