カテゴリー別アーカイブ: 癒し系パワーストーン

癒し系にお勧めのパワーストーンに関する記事を集めています。癒しとひと口に言っても様々なケースがあります。あなたにピッタリのパワーストーンを見つけましょう。

フローライト・冴えた判断・2019年4月18日

 

バイカラーフローライト(Bycolor-fluorite)
バイカラーフローライト(Bycolor-fluorite)

フローライト・冴えた判断・2019年4月18日

フローライトが出ています。

フローライトに求めるのは「視点を変える」こと。

フローライトの働きの根本は癒し系。

ストレスの解消やマイナスイメージを取り去ることをしています。

その上で成り立つのが能力の発揮です。

精神的余裕が生まれ、物事を大きな目で見ることができるようになります。

カード:ソードの王

良いカードです。

冴えていますね。

的確な判断力、頭脳は明晰です。

自分を律することもでき、問題に対して最善の対応もできるような状態。

このとき、目先の問題だけにとらわれぬよう、大きな目で見て全体に対して最も有用な解決策を求めましょう。

そのために、ストーンとしてはフローライトを取り上げました。

視点を様々に変え、個々の問題と相互作用している様々なことを見ることが大切です。

感情のレベルをハリウッド映画で知る(その2)

集中講座続けます・・・

ハリウッド的映画の登場人物に例える感情のレベル学習。
(前回のコラムが第一回となりますね)

まずは下のスケール(ものさし)を記しておきます。

  • 静穏      合理的
  • 熱狂       ↑
  • 陽気
  • 強い興味
  • 保守的
  • 満足
  • 退屈
  • 敵対心
  • 怒り
  • 秘めた敵意
  • 恐れ
  • 同情
  • 悲しみ      ↓
  • 無気力     不合理

マッド・サイエンティスト(悪い科学者)

多くは「怒り」にいます。

復讐のために人々の支配とか人類滅亡をもくろんでいます。

そうなった理由として、彼の研究が世間で認められなかったり、または彼の大切な家族の命が権力によって奪われたという理由が多そうです。

彼の研究が世間で認められなかった理由として多いのは、それがあまりに非倫理的なことな場合が多いでしょう。(元から悪人だったわけです)

この役柄の感情のレベルは「怒り」からあまり動かないようです。

また、彼が悪人の主役であるか、または本当の黒幕に操られているパターンがあります。

おべっか野郎

人におべっかを使い機嫌を取ることで自分だけは助かろうとしている役柄。多くは悪人側にいるでしょう。

感情のレベルとして「恐れ」です。

彼はいつもヒヤヒヤしていて、自分が助かるためなら簡単に寝返ります。

すぐに謝ったり命乞いしたりしますが本心ではありません。助かるためならとにかく何でもします。

彼はヒーロー側にいることもあり、スパイ活動をしていたりもします。

時々は感情のレベルが上がって最終的にヒーロー側の大きな助けになることも。

奴隷たち(被害者)

悪の支配者に奴隷としてこき使われています。

完全に自由を奪われ、自力で脱出するチャンスも何の希望もありません。自分で自分のことを考える能力を奪われています。

ちょっとしたヘマで簡単に殺されてしまいます。

感情のレベルは「無気力」。

彼らはわめいたり、抵抗したり、泣くこともありません。淡々と支配者の言いなりです。

しかし時として、この奴隷たちの中のひとりが人々を救い出すヒーローとして覚醒するような筋書きもありますね。

または、後から新入り奴隷として連れてこられた「将来のヒーロー」が現状を打開する突破口になったりです。

そのヒーローはまだ完全に「無気力」に陥っておらず、チャンスを待っている感じ。

その間、悲しい思い出で「悲しみ」にいたり、「怒り」にもえることも。

彼は奴隷の境遇にいても決して「無気力」ではありません。

ヒーローが奴隷たちを率いる

ヒーローが奴隷たちを目覚めさせて悪の支配者と戦うことがあります。

これはヒーローが奴隷たちの感情のレベルを徐々に引き上げて革命を起こすという感じ。

奴隷たちは「無気力」から「悲しみ」に上がって泣けるようになり、さらに上がって悪の支配者に対して「怒り」を抱けるまでになります。

ここまで上がればやっと戦えるようにはなります。それ以前のレベルだと戦えません。

が、奴隷の中には革命否定派がいたりします。このレベルは「保守的」。

さらに感情のレベルを上がり、ヒーローが立案した脱出作戦を知り「これは行けるかも!」と思う奴隷が出てきます。

ここまでくると「強い興味」です。

そして「よし、やるぞー!」となり、これが「熱狂」。

戦っている最中も「熱狂」ですね。

そうして解放された奴隷たちは真の自由を得ます。彼らの表情は本当に晴れ晴れとしています。

このラストシーンでは「静穏」かもです。

==============

さてさて、どうでしょう。

ハリウッド的映画を参考にした話。

感情のレベルについてリアリティを持っていただけましたか?

次回のコラムで総まとめします。

明日が良い日でありますように。

シトリン・希望の星・2019年4月16日

シトリン(Citrine)
シトリン(Citrine)

シトリン・希望の星・2019年4月16日

シトリンが出ています。

シトリンに求めるのは「自分を信じること」。

シトリンは一般的に金運ストーンとして使うことがありますが、セレニティアスではこの用途に使いません。

それよりも自己実現系ですね。(それを通じて金運に結びつけることもありとして)

シトリンのポイントとなる働きは「自信・勇気・明るさ」をもたらすことです。

実のところ、これを実現するには精神安定系とともに過去のトラウマを防ぐような癒し系の要素が根本にあるのは確かです。

カード:星

おお!良いカードですね。

導きの星が輝いています。

あきらめかけていたことがあるなら再チャレンジのとき。

そして希望を叶えるために第一歩を踏み出すチャンスの到来です。

自分自身で希望を捨てない限り、この星はいつでもあなた自身を照らし続けていることを忘れないでいましょう。

アイディアがあるならそれを具体化するときでもあります。

感情のレベルを「使う」その2

さてさて、さらに具体的な感情のレベルの話を続けます。

まずは下のスケール(ものさし)を記しておきます。

  • 静穏      合理的
  • 熱狂       ↑
  • 陽気
  • 強い興味
  • 保守的
  • 満足
  • 退屈
  • 敵対心
  • 怒り
  • 秘めた敵意
  • 恐れ
  • 同情
  • 悲しみ      ↓
  • 無気力     不合理

題材:ブラック企業で働くと・・・

ブラック企業のエゲツない就労状況が話題になることがあります。

それを知った時に第三者の感想として「なんでそんな職場を辞めないのだろう?」と思ったことはありませんか?

しかし当事者は辞められないのですよね。

心身ともに限界なのに、自分からは辞められないのです。

とにかく日々暮らすための収入のためとか、次の就職が難しいだろうと考えてとか、理由は様々でしょう。

ところが、ブラック企業で働きすぎて命を落とすほどの人の中には、それらの条件に当てはまらない人も少なくありません。

例えば実家に帰ればとりあえず当面は食べられるとかね・・

ではなぜ辞められないのか?

それはそこで働いている人々の感情のレベルが最低の「無気力」にまで落ちてしまっているからです。

自分の命が脅かされるほど理不尽なことでも引き受けてしまい、寝食を忘れて働き続けます。

それは「こんなのおかしいだろ!」という当たり前で合理的な判断をする気力が奪われているわけですね。

「理不尽なことに抵抗しない」というのは感情のレベルの中では「無気力」ですよ。

これに近いこととしてDV被害者にも同じことが起こります。

暴力を振るわれることに対して抵抗せず「無気力」に陥っているわけです。

ここで言えることは、ブラック企業やDV加害者は、悪辣な意図によって被害者の感情のレベルをとことん下げることをしているということです。

被害者の感情のレベルをずーっと下げて下げて「無気力」にまで到達させると抵抗しなくなり、どんな理不尽なことでも引き受けるということです。

(なにせ合理性においては最低ランクですから)

実は、筆者自身が書きたくないのでこれまで書きませんでしたが、「感情のレベル」の一覧の最も下、すなわち「無気力」の下には、実は「死」があります。

また、無気力でブラックな働かせ方をさせられている人(そしてDV被害者)を救い出しにくいのは、無気力であるがために自分で声を上げないという現実もあります。

ちなみに、収入のためにやむなくそこで働いている人の場合は、そこに「自己決定」という合理性があります。(感情のレベルとしては保守あたりか)

これは「無気力」でなく、声を上げる必要があるならそうするし、辞める時には辞めるでしょう。(感情のレベルとしては保守を脱して強い興味あたり)

さらに「ブラック企業反対!」としてデモ参加や署名を集めているような人は「悲しみ」や「怒り」から始まり「強い興味」といった感情のレベルにまで到達していると言えそうです。

国全体の感情のレベルで考える

上の例では就労に重点を置いて書きましたが、「無気力になる」ということについては様々な分野にまたがります。

例えば・・・政治

政治に無関心、というのは政治に関して国民が「無気力」なこともあり得ます。

国家自体がブラック化すればそのようになります。

筆者個人としては、日本が(一部分でも)そうなっている可能性を否定できません。

よしんば「無気力」でないとすれば「無責任」でしょう。

国民が国全体に対して無責任(レベルとし退屈〜満足あたり)で良いはずはありませんが「無気力」よりもよほどマシです。

でもね、結局は多くの国民の無責任(感情のレベルとして退屈〜満足あたり)なことの結果として、最終的なしわ寄せが行く立場の弱い人々が「無気力」に落とし込められていると見ることができそうですよ。

ちなみに、排外主義的な思想は感情のレベルとして「恐れ」あたりのもの。思い当たるフシがありませんか?

そして最後に、あなた自身がどの感情のレベルにいたいかは、自分が自分で決定できます。これが自己決定です。

明日が良い日でありますように。

スギライト・ちょと我慢どき・2019年4月11日

スギライト(Sugilite)
スギライト(Sugilite)

スギライト・ちょと我慢どき・2019年4月11日

スギライトが出ています。

スギライトに求めるのは「冷静さ」「我慢強さ」。

スギライトは癒し系三大ストーンの内のひとつですね。

まずは精神安定です。

悪い方(下に)に偏っている感情のレベルというのは、多くの場合は合理性を欠いていて、考えることやすることはまあハズレです。

せめて退屈までは「感情のレベル」を上げ、それ以上に安定たいところ。何を考えるにせよするにせよ、話はそこからという感じですね。

それからスギライトの癒し系「以外」の働き方として「精神力を強化し、逆境や苦しみに耐える力を与えてくれる」があります。

これは意外かもしれません。

逆境や苦しみに耐えられないその理由は、実のところ「感情のレベルの低さ」すなわち不合理性が原因。

同じようなまずい状況に当たったとして、そのときの感情のレベルの高低によって受け取り方と対処が異なりますよ。

「悲しみ」なんかにいる人が、さらにまずい状況を知ると「もうダメだ!」と思うでしょ。

同じ状況でも「陽気」にいる人は笑い飛ばすかもです。

よって、スギライトの強い癒しで感情のレベルを高い位置に引き上げることが役立つわけです。

そして少しばかり「我慢」しましょう。

カード:ソードのエース/リバース

これねえ、ダメダメです。

久しぶりですが、たまにはあるわな・・・という感じ。
(だからスギライトね)

「積極的に間違ったチャレンジをしてしまう」

ひと口に言ってこれ。

こだわる、反感を買う、犠牲を伴う、独善、よって理解されない・・・

このようなサイクルがありそうです。

要するにまともな判断力が働いていません。

これは感情のレベルがかなり下がっている状況と言えそうですよ。

冷静になり、そしてこの難しい局面をちょっと我慢。

やり過ごしましょう。

意図の働き

このコラムでは何度も「意図」が出てきますね。

重要な語句です。

意図とはもうシンプルに「何かをしようと考えること」。

これが国語的な意味です。

しかしこのコラムの趣旨として「考える」以前の単なる「思いつき」の方がもっとぴったり来るように思います。

考えだすとすぐにマイナス要因が湧いて出てきますよ。

思い出しましょう。考えずに行動していた時がどんなにハッピーだったか。

でもねえ、段取りや戦略を立てることは間違いではありません。

その「思いつき」を実現するためにならです。

さて、この意図がどのような働いているか・・・

「単なる意図によって、自分自身と他の人々の行動を決定できる分だけ、その人は幸福や生存性が高い」

逆にこの能力が低いほどに人は奴隷化します。

ね、例えばブラック企業で働くことって自分の意図がもう吹っ飛んでいますよね。

逆に言えば、ブラック企業というのは人の意図する能力を奪うことをしているわけです。

明日が良い日でありますように。

ラピスラズリ・導き・チャンス・2019年4月3日

ラピスラズリ
ラピスラズリ(Lapis-lazuli)

ラピスラズリ・導き・チャンス・2019年4月3日

ラピスラズリが出ています。

ラピスラズリに求めるのは「導き・チャンス」。

ラピスラズリは基本的に守護系のストーンですね。

一般的に言われる運気アップの働きは、もともとが悪因縁を断つということに関連しそうです。

それから、隠れた働きとしては癒し系もあり。むしろ古くからの言い伝えでは癒し系が強いです。

また今回取り上げた「導き・チャンス」の意味として「思考力の刺激」が挙げられます。

ラピスラズリは運気や能力に対してのかなりな万能ストーンと言えそうです。

カード:カップのエース

いやー、前回と同じカードです。愛情系の最上級。

喜びに満ちていて言うことなし・・・

良い出会い、成就、問題の解決などなど、すべての物事の良い進展を表します。

ただ、アドバイスがあるとすれば、身の回りのささやかなことにも愛情を注ぎ、見返りや結果を求めずに育むことの大切さを知りましょう。

ストーンとしてはラピスラズリの「導き・チャンス」を選択しましたが、小さなことにでも気づいて愛情を持って接することを求めています。

「責任」と所有性

さてさて、まだ「責任」に関して続きます。

前回は責任と管理能力について書きました。

そして今回は「責任–管理能力–所有性」です。

そのことが管理する(できる)つもりがなければそれについてその人は所有性はありません。

ゴミについて管理するつもりがない、すなわち責任を負えないならゴミ屋敷が出来上がります。そこの住人はゴミに対してですら所有性がありません。所有していないから手が出せないのです。

(ゴミ屋敷の住人が、なぜゴミを捨てられないのか今までにも様々な書き方で説明してきました)

このように責任と所有性は切っても切れない関係にあります。

ですので、お金にあかして様々な物体を買って持っているとしても実際の所有性とは関係がありません。ゴミ屋敷のゴミと同じく、ただそこにあるだけです。

最後に書きますが、責任とはもともと簡単なことなのです。

「それならば、それは私がやろう」これだけです。

ゴミ屋敷の住人は、ゴミに関して「それではそれを捨てに行こう」とさえ思えないほどに責任を放棄し、所有性を下げているわけです。

これを感情のレベルに当てはめれば最下位の「無気力」となります。

少し前に書きました「暑いのに窓を開けられない学生」のこと。これって「無気力」でしょ。窓を開けることを人に尋ねて賛同を得ようとしません。

ね、そこの教室についての所有性がゼロですよね。

明日が良い日でありますように。

公開日:2019年4月2日 最終更新日:2019年4月2日