カテゴリー別アーカイブ: 癒し系パワーストーン

癒し系にお勧めのパワーストーンに関する記事を集めています。癒しとひと口に言っても様々なケースがあります。あなたにピッタリのパワーストーンを見つけましょう。

チャロアイト・節目そして休憩・2018年12月13日

チャロアイト(Charoite)
チャロアイト(Charoite)

チャロアイト・節目そして休憩・2018年12月13日

チャロアイトが出ています。

チャロアイトに求めるのは「心安らぐひととき」。

シンプルに休憩!おやすみ!

チャロアイトは癒し系三大ストーンのひとつですね。

ただし、チャロアイトを使って良いのはその人が「理性」を持てる場合だけですね。これは意味辞典にある通りです。

自分自身で「心して休もう」と思うときには効果テキメンなパワーストーンと言えるでしょう。

さて、カードは「ワンドの4」。

良いカードです。

もう単純に幸運がもたらされる吉兆ですね。

正当な評価や良いパートナーに恵まれるということもありげですよ。

ただしそれは希望を忘れず進んで来た人にとってです。

まあだいたい、タナからぼたもちなことは確率的になかなか起こりません。ぼたもちが欲しければ自分でなんとかする方が話が早いのです。

さて、ワンドの4は良い兆しのサインですが、もうひとつ「節目」を表します。

目的のために走り続けるだけが人生なのか?とふと立ち止まって「本当の幸せ」について考えてみてください。

その意味もあってパワーストーンとしてチャロアイトが出ているようですよ。

チャロアイトの癒しによせて

チャロアイトは三大癒しストーンに扱われますが、その中ではちょっと特殊な部分があります。

それは癒されるために問題の本質を見せようとする部分ですね。

癒し、とひと口に言ってもその場限りで気持ちが和むだけでは束の間の幻。

本気で癒したいのなら、問題に焦点を当てて解決するしかありません。

ケガの痛みを癒したければ、ケガを治すのが本筋です。痛み止めを飲むのは単に痛みが引くだけでから。

ところで、この本質的に癒すことができないという原因として、問題を見ることができない、ということがあります。

見ていないので治せませんし、問題は解決しません。

その「見ていない」の根本にあるのは感情で言うと「恐怖」です。

感情のレベルとして低いのですね。

恐れている時、その人は対象を知覚していません。ですからほとんどの場合、人が恐れているものはその人にとって存在していないことになります。

定義:「恐れ」とは無知覚の状態、恐れとは進んで直面しようとしない状態。

覚醒の状態と感情のレベルの関連性について

昨日は「覚醒〜無意識」と催眠状態について具体例を書きました。

追加の知識として覚醒のレベルと感情のレベルは完全に一致することを記します。

感情のレベルの最下位は「無気力」ですね。これほとんど無意識です。

人を洗脳するのに使われるメカニズムとも言えます。

恐怖をあおって人をコントロールしようとするのも、相手の意識レベルの低下と関連しそうです。

ちょっと大きな話になっちゃいますが、セレニティアスはパワーストーンを使うことを通じて、お客様の感情のレベルを出来るだけ引き上げたいと思っているわけです。

すなわち覚醒のレベルを上げることです。目覚めた状態で物事を考えられるようにしたいわけです。

明日が良い日でありますように。

グリーントルマリン・常識と公平・2018年12月7日

グリーントルマリン(Green-tourmaline)
グリーントルマリン(Green-tourmaline)

グリーントルマリン・常識と公平・2018年12月7日

グリーントルマリンが出ています。(意味辞典に未記載)

グリーントルマリンに求めるのは「公平さ」。

グリーントルマリンは基本的に癒し系のストーンですね。

それに公平さを求める意味として博愛的な慈愛をもたらすことがあります。

自分が癒されてないと他に慈愛をもたらすのは難しいでしょう。

厳しい状況にあっても神経をなだめてちょっと落ち着こう、という時にトルマリンは役立つパワーストーンです。

神経をなだめることができれば、正常な判断力も戻り公平な考えもできるでしょう。

さて、カードは「法王」。

少しアドバイス色があるカード。

より正しい行いを選択しさえしていれば、必ず道は開けることを示唆しているカードです。

人は誰でも迷うことがありますが、自分を含めた最大多数の人々にとっての幸福につながる方を選択する、これが最も間違いのない選択となります。

これを簡単に書けば、より良い妥協点を見つけるように努力する、となるでしょうか。

ま、人生すべてこれかもです。

ただ間違ってはいけないのは、単なる妥協ではなく、総合的により良い妥協点を見つけることです。

総合的により良い妥協点を選ばなかった文化、文明は短命に終わります。

今の状況は「常識と公平」を保って進むとき。迷ったらこれに尽きます。

「罪」について改めて考察

今回の話題は上に書きました「より良い妥協点」に沿って進めます。

犯罪というのは何を隠そう、多くの人にとって迷惑な行為に他なりませんよね。

これ、すなわち「多数の人にとってより悪い妥協点」を選択した状態です。

参考までに、よく出る生存の多重円の通り、ひとつの円だけに突出して益をなして他の多数の円に害をなすのが罪です。すなわちより悪い妥協点のことです。

▼参考リンク

生存の多重円(生存の包含関係)

例を出せば、国の存亡のために人が死ぬ、ということがあります。いわゆる戦争ですが、非常にシンプルに国というグループを支えている個々の人を死なせてしまっては、国そのものが滅びるという仕組みです。

「お国のために死ぬ」は大きな考えちがいであるどころか、それは罪だとここに明記しておきます。

他の例では、生存の多重円に見る生物界に害をなすような公害物質を垂れ流せば、巡り巡って人間生活に悪影響が及びます。

ね、どちらも結果的に文明や文化が破壊されることになってますよね。

一体何が罪なのか、それがなんで罪なのかは、生存の多重円として全体が良くなるための妥協点の取り方に間違いがないかで判断できます。

ところでなぜ妥協点と書いているのか?・・・

これはシンプルに、生存の多重円の全てにムラなく誰一人として我慢してもらう必要がないような行為というのはほとんどないからです。

これ、いわば「民主主義」ということを表していますね。多数決とはちょっと違います。

ここはちょっと考えてみてください。

明日が良い日でありますように。

グリーントルマリン・ちょっと休息・2018年12月3日

グリーントルマリン(Green-tourmaline)
グリーントルマリン(Green-tourmaline)

グリーントルマリン・ちょっと休息・2018年12月3日

グリーントルマリンが出ています。(意味辞典に未記載)

グリーントルマリンに求めるのは「心のリフレッシュ」。

典型的な癒し系ストーンですね。

ゆれ動く神経を鎮め、心を穏やかにしつつ、心のわだかまりや、葛藤などを取り除き、滞りがちな感情を穏やかに保ち神経疲労をねぎらってくれるストーンです。

ただしトルマリンは高価ですね。ピンキリありますが、見た目に美しいものはかなりな高額で取引されています。全く美しくない物でもそれなりに高価。

ただしパワーストーンとしての働きは見た目とはあまり関係ないようですよ。

さて、カードは「カップの6」。

良し悪しとして語りにくいカードです。

過去の思い出をもとに、自分自身を癒そうとしている感じがあります。

ということは、現在何か具合がよくないのかもですね。

がしかし、癒しの甲斐があって復活するのは確かなようです。今はちょっと休息タイムが必要なのですね。

記憶を用いた癒し系の実用的なリスト

雰囲気だけでなく、実際に使える「癒せるリスト」の一部をピックアップしておきます。

簡単な記憶の「思い出し」です。6項目を挙げておきます。

  1. あなたにとって本当に現実的だった時を想起してください。
  2. あなたが誰かから本当の親愛の情を感じた時を想起していください。
  3. 誰かがあなたと良いコミュニケーションをとっていた時を想起してください。
  4. あなたが誰かに対する深い親愛の情を感じた時を想起してください。
  5. 自分が誰かに対して本当に良いコミュニケーションをしているとわかった時を想起してください。
  6. 何人かの人があなたに完全に同意した時を想起してください。

これらのリストを、気分が良くなるまで繰り返すのは方法です。

明日が良い日でありますように。

マラカイト・自己改革とコントロール・2018年11月22日

マラカイト(malachite)
マラカイト(Malachite)

マラカイト・自己改革とコントロール・2018年11月22日

マラカイトが出ています。

マラカイトに求めるのは「自己改革」。

マラカイトはどちらかと言えば癒し系に使いやすい働きを持っていることが紹介されていますが、実は!自己改革系としても有用です。このあたり、意味辞典の方では触れていませんね。

この自己改革はマラカイトが持っている「他人の気持ちを読む」ところに負う部分があります。

自分の言動が相手にとってどのように影響するか、このようなことを考えられるようになることから、自分の言動をより良い結果を生む方へ変えていける可能性があるわけです。

さて、カードは「力(チカラ)」。

うへぇ!一昨日もこれでした。

力の制御が不可欠な局面にあることは確か。そして自己信頼のもとにこの力をコントロールしていくことで状況は好転する。

力(チカラ)のあれこれエッセイ

このコラムでは過去にも「力」についてよく触れていますね。ここいらで少しまとめっぽく記しておきましょう。

力を使うとき、必要な三項目は以下の通り。

  • 知識
  • 責任
  • コントロール

力を使うにはそれがどのように作用し、どのように使うべきか知識が必要。

力を使うにはその結果において責任が伴う。

力を使うにはそのコントロールが必要。

これを感情のレベルに照合してみると、感情のレベルが高いほど力を上手に使えることになる。

▼参考ページ「感情のレベル」

感情のレベル 参考資料

例えば、感情のレベル「悲しみ」にいる人に力を使うことを任せられるでしょうか?

じゃあ「怒り」のレベルにいる人には?

それなら「退屈」とか「保守的」な人なら?

ね、これら感情のレベルが低い状態では力をうまく使えそうにありません。

感情のレベルが低いと、特に「責任」と「コントロール」の部分がかなり怪しくなっています。

それと重要なのは「倫理観」ですねぇ。

世の中のパワハラというのを見てください。倫理観が低いとそのパワーの使い方がめちゃくちゃです。

感情のレベルで言えば「秘めた敵意」〜「敵対心」あたりの低いところにありますよ。

社会的にどんな見せかけの感情のレベルを装っていても、その人の内心は本質的な感情のレベルに従った行動をしていますよ。

ちなみに、「秘めた敵意」とか「敵対心」のレベルにいる人は、その原動力として「恐怖」があります。

「恐怖」は、私が見る限りに多いなと思い当たることして自分が先に犯した罪がその根底にある感じ。

罪と動機の悪循環がそこに存在するようです。

「声高に人を非難する人は、実はそれに先立って罪を犯している」という法則です。

明日が良い日でありますように。

公開日:2018年11月21日 最終更新日:2018年11月21日