カテゴリー別アーカイブ: 癒し系パワーストーン

癒し系にお勧めのパワーストーンに関する記事を集めています。癒しとひと口に言っても様々なケースがあります。あなたにピッタリのパワーストーンを見つけましょう。

グリーントルマリン・豊かな心で・2019年6月25日

グリーントルマリン(Green-tourmaline)
グリーントルマリン(Green-tourmaline)

グリーントルマリン・豊かな心で・2019年6月25日

グリーントルマリンが出ています。(意味辞典に未記載)

グリーントルマリンに求めるのは「心の豊かさ・いたわり」。

思いやりや慈愛心を豊かにするパワーストーンです。

それができるようになるために、まずは持ち主自身の心を豊かにし、それから人を助けいたわることができるようになります。

ですから、まずは自分自身に対しての癒しとして働くのが順序です。

また、第六感のような感覚が豊かになることから、人の気持ちを察することができるようにもなるのでしょう。

カード:ペンタクルの5

表面的には物事があまりうまく行っていないことを暗示します。

望み通りに運ばないこと、不信、失望といった感じがそこにあります。

今まで信じてきたことが通用しない、よりどころがなくなるといった気分。ある意味では逆境です。

しかしながら、このカードはそこから学ぶことも意味します。

今まで求めていたことに本当に価値があるのか?

今までがむしゃらに求めてきたことやその行動は本当に正しかったのか?

これを改めて考えるチャンスかもしれません。

物事の価値を見つめ直し、自分は何のために何をするのかを再考できるときです。

ここでのポイントは心を豊かにもっと大局を見て、真の幸福に向かって再スタートすることのようです。

あなたを助けてくれようとした人々に改めて感謝し、他人の働きに対して感謝しいたわる気持ちを持ちましょう。

問題からゲームへ

これまでのコラムで「人は問題が好き」「人はいつもゲームを欲している」ことを書きました。

今回はゲームについて少し掘り下げます。

人生はゲームに例えることができ、それは単に障害を乗り越えてゴールをゲットすることです。

そのゲームは、まあ普通に言うところの「価値観」によって様々なケースがあります。

退屈しのぎのために作った問題を解決するゲームなのか、自分や人々や社会がより幸福になるためのゲームなのか、どんなことを選ぶのかは人それぞれでしょう。

また、自発的でなくとも自分がゲームに参加させられていることもあり。

しかし、そこから抜け出すというゲームを設定することもできます。

そして、ゲームの盤上にいるときには目先のゴールしか目に入りません。

しかし日々のゲームとしてそれをこなさなければならないのも確か。

ただ、人はそのゲームを「ゲームのコマ」としてではなくゲーム盤そのものを上から見ようと思えばそうすることはできます。

そうして見ると、ゲームそのもののルールがおかしくないか?と気づくこともあります。

そうすると、もしかしたらルールを変更するべきだ、という新しいゲームに行き当たることもあり。

また、おかしなルールに気づいたならば、そこを突破口に人が気づかぬ作戦でゴールをゲットできるかもしれません。

また、ことによっては「おかしなルールのゲームはお断り」としてそのゲームから降りるゲームを開始できるかもです。

何れにしても、誰しもが何らかのゲーム盤のコマとして存在します。

しかし、ゲームの「コマ」としてでなく、上から見ることは大切です。

こうすると自発的に価値観の転換ができるかもです。

価値観の転換が起こると、昨日していたその仕事やその作業を今日も同じようにしたとしても、昨日とまったく異なった気分で取り組むことになるかもです。

大局を見て自分で価値観を変えるには、実はそもそもが心が豊かな状態であることが必要そうです。

逆に、切羽詰まっているときにこそ、ゲーム盤を上から見てみましょう。(あくせくしないで心豊かにです)

その方が本質的な解決策が見出しやすいです。

グリーントルマリンを使ってみてください。

明日が良い日になりますように。

プレナイト・選択のとき・2019年6月13日

プレナイト(Prehnite)
プレナイト(Prehnite)

プレナイト・選択のとき・2019年6月13日

プレナイトが出ています。

プレナイトに求めるのは「選択力」。

プレナイトは基本的に癒し系ではありますが、今回は「断捨離系」としての使い方になります。これは意味辞典のページの方にある通り。

この、プレナイトが癒し系でありながら断捨離に使える理由は、頭をスキリさせる働きによるところが多いようです。

さて、断捨離にはとにかく「選択」が必須ですよね。

選択とは即ち決断のことです。優柔不断と真逆です。

しかし、何かを選択しようにもどれを選ぶべきかわからない・・・

という人も多いはず。今回はこのことについてコラムで少し掘り下げます。

カード:恋人たち

良いカードとしましょう。そしてちょっとアドバイス。

新しい出会いに関する選択の時を意味しています。

この「選択」ということをしない限り、どんなことにも「すれ違い」が生じます。

通り過ぎて行ったことは、それが一体自分にとって何であったかも知ることができません。

選択しなかったことは体験でいないですからね。

さてさて、この「選択」ということに関してそこに求められることは何か・・・

ちょっと復習っぽいですがコラムで触れることにします。

「選択」を深掘りする

まずは「選択できない理由」を考えます。

だいたい、そこにあるのは「混乱」です。

「Aがいいか、Bがいいか、いやいやCもあるぞ・・・正解はどれだ?」

だいたいこんな感じでしょうか。これっていわゆる混乱です。

上記のA、B、Cそれぞれを同時に試せるなら問題はありませんよね。

また、同時でなくとも順番に試せればそれでも良いでしょう。

しかし、どれかひとつを選ばなければならない時に人は躊躇(ちゅうちょ)するわけです。

「どれかひとつしか選べない・・・」

これを少し深く考えてみます。

どれかひとつしか選べない、ということは、選ばなかった残りの物については手も足も出ない、即ち自分にはどうすることもできない何かです。

過去に戻ってやり直しできないですからね。

で、今は「先のことなど全くわからない」のですよね。

そうです「わからない」のです。

わからないのですから、AでもBでもCでもかまわないということですよ。

AでもBでもCでも、とにかく選んだことに対して対処する・・・これしか道はありません。

そして、とにかく、AでもBでもCでも取り上げてください。

そうすれば最初にあった「混乱」はその時点で消滅します。

混乱を収める秘訣、というか取るべき態度は「わからないのだからとにかくどれでも取り上げろ!」これしかありません。

どれでも取り上げてしまえば、それまで目の前になかった道がとにかく出来上がります。そしてその道を進みながら、新しい選択に進んで行きましょう。

そして選択に求められること

さてさて、じゃあその選択としてどれでも「えいや!」と選べるようになる資質は何か???

それは「自分の運命を引き受ける能力」です。

自分の運命を引き受けられない人があらゆることを人のせいにしていますよ。

自分の運命を人に委ねたり、また気に入らないことだけを人のせいにするよりも、自分の運命を自分が引き受ける方がよほど「楽」で、そして高い感情のレベルを維持できますよ。

不平不満、自分が選択しないで人に選ばせ、結果が気に入らないとそれは人のせいにする・・・

責任逃れをしようとするほどに、余計に人生が辛くなります。

あたりを見渡して、自分の運命を引き受けている人、そうでない人を探してみてください。

明日が良い日になりますように。

アマゾナイト・次に進もう・2019年6月10日

アマゾナイト(Amazonite)
アマゾナイト(Amazonite)

アマゾナイト・次に進もう・2019年6月10日

アマゾナイトが出ています。

アマゾナイトに求めるのは「一歩づつ進むこと」。

そして「ゴールへの道のりを示してくれる」こと。

どちらも根本は同じで、元々は「分析力のアップ」のようです。

あれやこれやとしなければならないことを抱えていて、いつしかゴールを見失い、それじゃあ今何をすればいいのかわからない・・・そんな時アマゾナイトは頭をスッキリさせてくれる働きがあります。

またさらに、これができるようにするための元になるのがアマゾナイトの癒し系としての働きでしょう。

何かの目的に向かっている時、うんざりすることが起きたり挫折したりしそうになると、アマゾナイトの癒しの力が発揮され、ストレス軽減してくれますよ。

カード:ペンタクルの7

良し悪しよりもアドバイス色の強いカードですね。

図柄としていくつかの金貨を前にする男がちょっと憂鬱そうな表情をしています。

取りあえず成果はあったものの、予定とは違った結果だったのか、他にさらなる問題を発見したという感じでしょうか。

これはやり方や考え方をちょっと変えたほうがいいだろう、という示唆のように読み取れます。

どうやら、改善点され見つかれば物事は良い方向へ行きそうです。

また、金貨は得られているのですから、自分自身を過小評価する必要はありません。

これまでしてきたように、ひとつひとつの問題をクリアしながらステップを上がって行きましょう。

遊びの精神

今回のカードは金貨を手にしながらも憂鬱な男の絵。

思うように行かなかったようです。

で、次の手を考えねばなりません。

このようなとき最大のポイントは「深刻にならないこと」。

深刻にならないことがいつも勝利の近くにいるヒケツ。

「そんな軽薄で無責任な考えでいいわけないだろ!」と思われるかもですね。

しかしながら、実際にこの宇宙で物事を動かしている人々は深刻にならなかった人たちですよ。

深刻になるというのは感情のレベルがどんどん下がることを意味します。

だいたい「保守的」から下に下がると物事が深刻に見えてきます。

普通の段取りで解決できることなら保守的以下でもなんとかなるでしょう。

しかしながら本質的なブレークスルーが必要とされるときは「深刻好き」はそれが苦手な分野です。あーだこーだ言うだけでらちがあきません。

ブレークスルー

① 行き詰まりの状態を打開すること。
② 科学技術などが飛躍的に進歩すること。
③ 難関や障害を突破すること。

時には、保守的な人が眉をひそめるような突拍子もない思いつきがなければ先に進めない場面があります。

その根底にあるのは「遊びの精神」です。

明日が良い日になりますように。

公開日:2019年6月9日 最終更新日:2019年6月9日

まりも水晶・調和している・2019年6月7日

まりも水晶・調和している・2019年6月7日

まりも水晶が出ています。(意味辞典に未記載)

珍しいですね。このページでもまだ2回目。

まりも水晶に求めるのは「バランス・調和」。

このストーンは基本的に癒し系ですね。

とにかくエネルギーが優しい。

そして自分自身が穏やかで優しくなれるんですね。

そうすれば自分の周りには自然にそのような人が集まり、コミュニケーションも良好になるということです。

また、人との関わりが苦手な人は、まりも水晶が外から来るエネルギーを穏やかにして気分を和らげてくれるようです。

カード:節制

良いカードです。

調和がとれていて良い状態のようです。

バランス感覚に優れ節度を持って物事を行えています。

また、これまで何か折り合いがつかない問題があったとしても間も無く解決しそうですよ。

それもこれもバランス感覚から来ることですね。

逆に、何かまずいことがあってそれがうまく処理できないのは節度とかバランスを欠いていることがそこにあり、それが現在も進行中だと知りましょう。

バランスを考える

今回のカードは節制で、バランス感覚中心の話題です。

ストーンもバランスや調和を重点に置いた働きをするまりも水晶を取り上げました。

さて、バランスというのをちょっと大きな目で見ます。

良いバランスというのは「みんなが生存的である」状態としましょう。

なかなか折り合いがつかないことでも、双方で少しづつの譲歩があればどちらも生きられる、という状況があります。

片方だけに突出して有利にすると残りの一方が死滅し、実はそのことで先に有利だった方も死滅する、ということがあります。

これは二者だけの問題でなく、大きく見れば総合的にそうなっています。

このことを端的に表しているのが、もうお馴染みかもしれませんが「生存の多重円」に他なりません。

自分だけを優位にしてほかの生存を妨げると、巡り巡って自分自身も自滅するというメカニズムの上に成り立っています。

できる限り、今現在持っている知識や行動力を最大限に使って全体の生存を見ていないと、生存の多重円のバランスは簡単に崩れてしまいます。

家庭内のいざこざから過去のいくつかの文明の滅亡までも、このメカニズムで表されています。

自分自身の生存から、地球全体の環境のすべてまでも、すべてはバランスの上に成り立ちます。

他を踏みつけて自分だけが生存しよとしたり、間違った知識によって滅びていく人や国が歴史上にはたくさんありますよね。

アンバランスで間違った行いは、どのようなレベルのことでも必ず自滅が待っています。

明日が良い日になりますように。

公開日:2019年6月6日 最終更新日:2019年6月6日