カテゴリー別アーカイブ: 癒し系パワーストーン

癒し系にお勧めのパワーストーンに関する記事を集めています。癒しとひと口に言っても様々なケースがあります。あなたにピッタリのパワーストーンを見つけましょう。

モスアゲート・気分転換しよう・2019年2月14日

モスアゲート(Mos-agate)
モスアゲート(Mos-agate)

モスアゲート・気分転換しよう・2019年2月14日

モスアゲートが出ています。

モスアゲートに求めるのは「気分転換」。

これはある意味癒し系としての扱い。

思いつめたり煮詰まったり、とにかくストレスフルな気分をほぐします。

そうすることでポジティブな部分を呼び起こし、再起する原動力を得ることができます。

このあたり、意味辞典では触れられていない使い方。

カード:ワンドの10/リバース

うわ、これはちょっと逆境を意味するカード。

ダメとわかっていても取り組まざるを得ない状況とか、これまでのど努力がムダになるといった感じ。

しかし、ここで弱気になることがないように!

いやいや、長い人生の中ではそんな事もありますって。ないわけがありません。

そうそう、何かしている人にとっては避けられないことではないでしょうか?

ここは気分転換。

気分を新しくしてことに当たりましょう。

受け取りようで変わること

うわ、今回のカードはなんだか昨日とは真逆っぽいですね。

でもねえ、ありますよこんな事も。ゲームなんだから。

さてさて、だんだん板についてしまった格言シリーズを・・

一羽のツバメが来ても夏にはならないし、一日で夏になる事もない。
一日もしくは短い時間で人は幸福にも不幸にもなりはしない。
(アリストテレス)

さて、注釈です。

この格言には様々なことが含まれているようです。

非常に単純には、目の前のこと(短い期間)に一喜一憂するな。人生をもっと長い目でみよ。

そして、日々の積み重ねによって人は幸福にも不幸にもなる。

こんな感じでしょうか。

それから、目の前で起こっていることについて、その時の気分によって受け取り方が異なるでしょう。

今回のカードのように逆境が予想されたとしても、それに立ち向かうか、屈服するかはその時の気分次第ということがあります。

また、同じ現象に対して人それぞれで受け取り方が全く違うのですよね。

ちなみに、その人が感情のレベルのどこにいるかで全く受け取りようが違いますよ。

やっていることにうんざりしたり、疑問が生じてやる気を失ったとしたら、気分を変えて、考えを変えるのが吉。

明日が良い日でありますように。

マンガンカルサイト・幸せを分かち合おう・2019年2月12日

マンガンカルサイト(Manganese-calcite)
マンガンカルサイト(Manganese-calcite)

マンガンカルサイト・幸せを分かち合おう・2019年2月12日

マンガンカルサイトが出ています。

マンガンカルサイトに求めるのは「分かち合うこと」。

根本的に調和と愛情を生み出すことが得意なパワーストーンですね。

円満な人間関係を望むなら是非とも使いたいですね。

また過去の愛情系トラブルに関して癒し系の働きを持っています。

現在において愛情表現が苦手であったり、この話題周辺に何らかのトラブルを抱えている人にもおすすめです。

カード:カップの3

おお、これはいいですね。

カードの絵柄として乙女三人がカップを掲げて祝杯という感じのデザイン。

喜ばしい出来事として吉兆です。

問題の円満解決、周囲からの祝福、協調、協力、このようなことを象徴しているようです。

また、ひとりでできないことでも他人からサポートを得ることで成し遂げられることもあり、得られた幸福を皆で分かち合うことが大切

これから起こる良きことは、人々や環境との関係性の大切さが大事であることを知ることになるでしょう。

明日を思いわずらうな

今回は良いカード。そして連休明けの仕切り直しとして趣向を変えてみます。

そこで「格言」いくつかを紹介しましょう。

困難を予測するな。
決して起こらないかも知れぬことに心を悩ますな。
常に心に太陽を持て。
(ベンジャミン・フランクリン)

およそ惨めなものは、将来のことを不安に思って、不幸にならない前に不幸になっている心なのである。
(ルキウス・アンナエウス・セネカ)

これら上の2つは同じ意味ですよね。

筆者的に注釈を加えておきます。

将来の不安や心配の原動力は、実は過去の中にあります。

将来のことを不安に思うのは、未来を見ているようで、実は過去にとらわれているわけです。

で、過去に囚われたまま未来を見るために「現在」において身動きが取れない状況になるわけです。

これから脱出する徹底的にシンプルな方法は、現時点における「必要性のレベル」が高いこと。

極端な例えですが、今まさに「火事だー!」と言われたら、明日の心配はそっちのけで今すぐ逃げ出すでしょう。

実際のところ、何かで忙しい人は明日のことを考える余裕はありません。

ま、できるかできないかはともかく、過去にはまり込むのも、そこから脱出するのも、元々は難しいことではありません。

そう言えば、冒頭にのせた2つの言葉は、似たようなことが新約聖書にもあるような気がします。

明日が良い日でありますように。

ホワイトハウライト・リセットしよう・2019年2月6日

ホワイトハウライト(White-howlite)
ホワイトハウライト(White-howlite)

ホワイトハウライト・リセットしよう・2019年2月6日

ホワイトハウライトが出ています。

ホワイトハウライトに求めるのはひと言で「リセット」です。

状態が煮詰まって先に進めない感じがするとき、考えがぐるぐる回りして良いアイディアが出ないとき、ホワイトハウライトがオススメ。

ホワイトハウライトは外からの刺激に対してもそれを和らげる働きがありますから、情報や仕事に追い回される気分が和らぐことでしょう。

カード:ワンドの10

現状について良し悪しよりもアドバイス色が強いカード。

絵柄としては男がワンド(棒ですね)を10本束ねて持っており、空を仰いでいる感じ。

得たものは得たかのかもしれませんが、それはそこそこ大変で、まだこれからも同じ調子なのかな・・・と、もしかしたらうんざりなのかもです。

どちらかといえば、過去と将来にわたってストレスフルな感じがあり「これで良いのか?」と疑問もしばし。

でもまあ、ここまで頑張って来られた自分を祝福してあげましょう。現在までの成果を否定することのないように。

さてさて、これから抜け出す方策は、リセットです。

考え方を変えてみたり、方法を変えてみたり、新しいチャレンジを探してみたりといったことをしてみましょう。

そこでリセットの意味でホワイトハウライトを取り上げているわけです。

少なくとも、ちょっと気分転換してみましょう。

節約というゲームにハマること

ここのところ恵方巻きを端緒に食品ロスのことを書きました。

様々な分野でロスが発生しないよう心がけるのは大切だと思いますが、何かを節約する、ということにおいての注意点を少し。

パワーストーンに関する願い事の上位に「お金」にまつわることが多いです。

もっと収入を得たい、というのが一般的ですね。

で、現在の収入をできるだけ無駄にしないために「節約」ということをするのも一般的。(または節約しなければやっていけない、というのも同様)

世の中には様々な節約術があり、これを合理的に行うなら生存の多重円として罪が少ない生活になることでしょう。

これは自分自身のためになり、そして家族、組織、地球環境にプラスにもなるでしょう。

ところが、収入を増やしたい、と思っている人の中には「節約」の方が最大に重要なゲームになってしまい「収入を増やす」という方面のゲームを忘れやすいようです。

今の収入に満足しておらず、その収入を増やしたいと思っているなら、単なる節約でなく、その節約のために余らせた資源を収入アップの方に回すことが必須です。

ゲームを取り違えてはなりません。

でもね、節約してみて結果的に「あ、これ以上の収入は必要ないんだ」と思えるならそれも間違いではないですよね。

それでも、今の収入では足りないので節約をしている、という人の幾らかは、収入アップのゲームをしないで節約ゲームにはまり込み、元のゲームを忘れてしまいやすいので注意です。

明日が良い日でありますように。

公開日:2019年2月5日 最終更新日:2019年2月5日

スモーキークオーツ・心を豊かに・2019年2月5日

スモーキークオーツ(Smoky-quartz)
スモーキークオーツ(Smoky-quartz)

スモーキークオーツ・心を豊かに・2019年2月5日

スモーキークオーツが出ています。

スモーキークオーツに求めるのは「心を豊かに」「本当に大切なことを見つける」「想像からくる不安に負けない」。

おなじみ過ぎるほどポピュラーです。使い勝手が良いパワーストーン。

スモーキークオーツの働きを非常にシンプルに書けば、マイナス感情から脱出するといったアクティブな癒し系となります。

例えば何かに失敗した、何かを失ったといった喪失に関することが悲しみや、やる気のなさに人を落ち込ませます。そしてそれが記憶に刻まれます。

スモーキークオーツの癒しはそこそこに深い記憶に達して処理する能力を持ちます。

一般に言われる「安眠をもたらす」という働きはそれらの副次的な効果のようです。(わかりやすいから取り上げやすいのですね)

カード:ペンタクルの5

ペンタクルのカードはお金などの物質的なものがもたらす豊かさの象徴。そして「5」は物質よりも精神性の象徴。

総体としては物質的にうまくいかないことから得られる精神的なことに関する目覚めを表しているようです。

実際、表面的には困難な状況があるかもです。これまで信じていた幸福に意味を見出せなくなることがあったりも。

しかし、精神性な目覚めを知るなら、物質が幸せを運ぶわけではないと知ることになりそうです。

正確には16億円以上の廃棄だった

恵方巻、2019年度のより正確な廃棄量として金額で16億円分以上となるようです。(最初の予測が10億円)

この食品ロスはなんとかせねば。

と、ここで復習「知っている」のスケール。具体例をあげましょう。

  1. 知っている
  2. 見ている
  3. 感じている
  4. 努力
  5. 考えている
  6. 食べる

恵方巻それ自体は「食べる」そして「シンボル」という物体に値します。

そして「考えている」で「恵方巻きってなんだっけ?」とふと思うことです。

その由来を人に聞いたり、ネットで調べたりが「努力」、そして自分なりに「感じ」ます。

そして自分が感じたその感覚と恵方巻きの真実を「見ている」ことになります。これはもう、シンボル状態の時に目に入る「見ている」とは意味が違いますね。

シンボルの時には見ていないです。

そして、最終的に恵方巻きを「知っている」です。ね、実は16億円分以上を廃棄する事実も「知っている」の分野。

また、恵方巻きの全国的流行はセブン・イレブンが作り出したということも。シンボルを見せつけていたわけです。

それでも、節分に家族団欒が恵方巻きで楽しむこと自体を否定することもありません。それはそれで良いでしょう。

問題は、廃棄処分されるロスですね。

明日が良い日でありますように。

公開日:2019年2月4日 最終更新日:2019年2月4日