カテゴリー別アーカイブ: 恋愛系パワーストーン

恋愛系にお勧めのパワーストーンに関する記事を集めています。単に彼、彼女を作ったり付き合いがうまく行くということにとどまらず、本質的に魅力的になれるようなパワーストーンが重要です。

ローズクオーツ・バランスの大切さ・ 2018年9月13日

ローズクオーツ(Rosequartz)
ローズクオーツ(Rosequartz)

ローズクオーツ・バランスの大切さ・ 2018年9月13日

ローズクオーツが出ています。

今回ローズクオーツに期待するのは「バランスの取れた生活」。

ただし、ローズクオーツはできるだけ色が薄いものを。

色が薄いローズクオーツの特徴として、ローズクオーツの基本的な働き以外に「適度なリラックス効果」と「オン/オフの使い分けが上手」があります。

ですので薄い色のローズクオーツはいつもバリバリ働いているあなたに、バランスを取る意味でオフを十分に満喫するにはお助けになるストーンと言えます。

この辺りのこと、意味辞典のページでは触れられていません。

さて、カードは「節制」。

まずまずの状態を示しています。

要点としてはバランスが取れている状態を表しているようです。

また逆に、バランスが取れた状態にすることで様々な問題の解決があるだろうことを暗示してもいます。

自分自身、家族、社会、世界、地球全体として、バランスが取れているでしょうか?

最大限のバランスを目指すこと

バランスが取れる、ということはとにかく全体としてのサバイバルがうまく行くことを意味します。

これについては「生存の多重円」がそれを端的に表します。

生存の包含関係
生存の包含関係(多重円)

中心に自分があります。

自分だけの生存に明け暮れ、他の上位の円にある「家族〜生物界」をないがしろにしていれば、最終的には自分自身が生きられません。

グループに着眼しましょう。

「国家」というグループの存続のみを見て、それに包含されている「個人」(ここでは自分)をないがしろにすれば、最終的には国家それ自体が成り立ちません。

このように、この多重円のどれか一つを突出して成り立たせることはできません。どの円も非常に大切な生存なのです。

さて、これまでのコラムでは「まずいこと」とか「罪」について書きました。

「罪やまずいこと」これらはこの多重円のどれかだけ突出した状態で生き延びようとした間違った方法をとることと定義できます。

例えば、不倫で家族を裏切り、ことによっては会社での立場も失ってグループから追い出される、なんていう典型的なパターンがありますよね。

これも生存の多重円の意味が分かれば、起こる現象をたちどころに理解できるでしょう。

ある会社(グループ)が自社の利益のために公害を撒き散らせば、生物界のサバイバルをくじき、生物界には自分も家族も含まれていますよね。その公害が社会問題になれば、会社の社会的立場が危うくなり、サバイバルが危ぶまれるでしょう。

これもシンプルに生存の多重円が意味するところを端的に表しています。

「バランスを取ること」

非常に非常に大切です。これ一個人の中でも大切です。

明日が良い日でありますように。

公開日:2018年9月12日 最終更新日:2018年9月12日

クンツァイト・愛情に目覚めるとき/カップのエース・ 2017年12月27日

クンツァイト(Kunzite)
クンツァイト(Kunzite)

クンツァイト・愛情に目覚めるとき/カップのエース・ 2017年12月27日

うわっとぉ〜!こりゃイイカードです。

前回「お休み」の甲斐があってか、特に愛情系ではほとんど最上級クラス!

もちろん愛情系以外でも願望成就の良い暗示。

とにかく、愛情に満たされるであろうことが現れています。

また、ことによっては恋愛が始まるといったことも。

これまで関係に悩んでいたことがあるならば、それも解決に向かいそうですよ。

ただがむしゃらに物質的な欲求を満たすためだけに突っ走ってきたかもしれませんが、ここにきて「愛」に関する、目覚めがあったのかもしれません。

あたりを見渡して、実はあらゆることが愛情に基づいて巡り巡っていることを知りましょう。

愛情に真に気づいたとき、あらゆることが最も良い形で進展して行きそうです。

さて、このようなときのパワーストーンとしてクンツァイトが良いでしょう。

ただし、これはちょっと使い方がムツカシイ・・・

親愛とクンツァイトについて考察しよう

ここで久しぶりに、このコラムの要(かなめ)でもある三角形に登場してもらいます。愛情と理解について、ま、復習。

これ・・・

理解の三角形
理解の三角形

理解の三角形です。←クリックして解説ページへ

何かを理解するときに不可欠な仕組みですよ。

何かを理解するとき、愛情を持ってそれを見てコミュニケーションを行い、そして両者の間にはリアリティーがあるということです。

「遠くの親戚より近くの他人」

コミュニケーションが無くて疎遠になっている親戚よりも近くにいる親切な友人の方がお互いに理解していますよね。遠距離恋愛が難しいのもこの理屈。

「百聞は一見にしかず」

言葉で説明されてもよくわからないことが、現物を見れば簡単に理解できることってあるでしょ。見ることによってリアリティーが高まり、コミュニケーションが高まり、そして愛情も増えて理解できるる仕組みです。

理解の三角形のどれの角ひとつがないとしたら、そこに理解は生まれません。

逆に、どれかの角ひとつを大きくすると、理解が深まるということです。

理解しようとすれば、近づいて、そいてコミュニケーションするしかないのです。

嫌って距離をおいている限り、その対象は理解できません。それが自分自身であってでもです。

さてさてさて・・・

クンツァイトを使うときの重要な点は、他人を愛する前に「まず、自分が自分自身を好きでいる。自分を愛している」ということが絶対条件。

ですからまずは、自分自身に対しての「理解の三角形」が大きくなくてはなりません。

自分を嫌っていては、自分を理解することができないわけですね。

誰にも長所・短所があるでしょう。また短所は単に自分がそうだと決めつけているだけかもしれませんよね。

ですから、まず自分で自分を決めつける前に、理解の三角形を大きくしてください。

そのためにはまず、自分とのコミュニケーションが不可欠でしょう。嫌う前に、しっかりコミュニケーションしてみましょう。

(それには、第三者の目で自分を見るのも良いかもです)

ね、だからセレニティアスではパワーストーンの組み合わせが大事だというのはこのようなことからです。

クンツァイト一種類の使用だけでは、愛情に関して荷が重いというケースがほとんどなんですよ。

明日が良い日でありますように。

公開日:2017年12月26日 最終更新日:2017年12月26日

ロードナイト・喜びのとき/カップのエース・ 2017年12月7日

ロードナイト(Rhodonite)
ロードナイト(Rhodonite)

ロードナイト・喜びのとき/カップのエース・ 2017年12月7日

おお、これは良いカードですね。

そしてこのページでは今回で3回目という珍しいカード。

ことに愛情系で大変よく、運命的な出会いや良い体験が待っていることも。

「良い出会い」「運命の変化」が感じられる日。

また、愛情系だけでなく様々な方面での関係改善や進展が望めそうですよ。

ここのところ、ちょっと頑張り系カードが続いていたのですが、ふと、自身の内面にある愛について立ち止まるのに良い機会と思われます。

そして幸せになるコツは、自分から優しさや愛情を表現していくこと。

そのためにはロードナイトの効果を借りましょう。

ロードナイト・過去に使うか未来に使うか

ロードナイトはことに恋愛系では多用するパワーストーンです。

どちらかと言えば、過去の出来事から立ち直るという種類の願いに登場することが多いです。その意味で言えばロードナイトはマイナスからの出発を支えてくれるわけです。

昨日のコラムでは「過去の時間に引っかかっている人」を「現時点」に連れてくる話を書きましたが、ロードナイトも近い働きをしています。

一般的に、ほとんどの人は現時点にはいません。過去の時間から現在を眺めて反応的に暮らしていると言っても過言ではありません。

誰かの不合理な振る舞いをよく観察してみましょう。一緒に長い時間を暮らしている身内など、そこそこのスパンでその人の人生を観察すると、過去の出来事がどのように現在に影響しているかわかると思いますよ。

ところで、ロードナイトは過去のことだけでなく未来に向かうための効果を持っています。

他人に対してどのように振舞うことが自分のためであり、相手のためになるのかをいつも考えさせてくれるのもロードナイトです。

それからここだけの話ですが、恋愛は反応で行い、愛情は感情で行い、そしてどちらも理性で分かれます。

そしてとりあえず恋愛はかなりな度合いで過去に支配されているのは確かな様子。というのは、失敗を繰り返すケースって少なくないでしょ。「反応」ですから普通の学習が効かないのです。

明日が良い日でありますように。

公開日:2017年12月6日 最終更新日:2017年12月6日

ローズクオーツ・起因に立って行動して吉/カップの騎士

ローズクオーツ(Rosequartz)
ローズクオーツ(Rosequartz)

2016年10月25日 ローズクオーツ・起因に立って行動して吉/カップの騎士

お、これは良いカード。

すべてのことが順調に進行する日。

取り組んでいることに更に力を注げば大きな成功は間違いなし!

自分自身から起因に立って行動をすることで一見は難しく見えることでも突破していけます。これまで育ててきたことが刈り取りの時期を迎えているようです。

金銭面でも希望が持てるようです。現在進行中の仕事や新しい企画には積極的に動いてエネルギーを注いでください。ステップアップしたボジションが得られる可能性もあります。

また、人間関係でも自分自身から動くことで様々な好転が見られるでしょう。これまでまずかった関係修復、新しい人との交流、そして恋愛であれば告白するのもタイミングですよ。

そして重要なのは、愛情を持って自分から与えようとする姿勢。人間関係を良くしようと思うなら、愛情を持って自分から歩みよりましょう。

このようなときにオススメのパワーストーンはローズクオーツ

与える愛情であればそれはもうローズクオーツの仕事。「愛するという心を育む」ですね。多くの解説は不要でしょう。

たまには石の話も

今回は非常に良いカードだったので手放しで喜んでいる感じですね。たまにはこれも良いでしょう。

このコラムでは主に精神面でのことを扱い、それを実は石の力も借りて良い方に実現するために書かれています。石にかけるべき願いの根本をどのように見るか、これは大切なことです。

でもときにはもっとくだけたお話も。

さて、石はそれが地球の営みから生まれた関係からか、人工的な場所よりも自然豊かな所が好きなようです。

筆者はたまに所用やレジャーで郊外の自然がたくさんあるところに行くのですが、そこに綺麗な川があったら手持ちの石を水に浸すことをしています。ただし、かなり綺麗な水の川でなければいけませんよ。となると、そんな川はかなり山の奥だったりしますが。

で、ある日お守りのようにポケットに持っていた小さなクリスタルポイントを川の水に浸してみました。石はこれをかなり喜びます。ある意味では浄化になっているようですよ。

そうして自分自身は綺麗な空気を満喫し、川の流れの音に耳をすませながら伸びをしてみたり。

そしてふと、水に浸したクリスタルを取ろうとすると、もうどこにあるのかわかりません。

水と同化して見えなくなっているのです!
一瞬、しまった!と思いました。

少なくとも目で見ても探せず、手探りしてみますがなかなか出てきません。もっとしつこく、川の小砂利と共にいっしょくたにすくってみることを繰り返せば探し出せたでしょうが・・・

しかしこのとき、なんとなくですが、そのクリスタルはもう自然に返してやろうという気持ちが湧いてきました。

「無理に探さなくても、元あった自然の一部に返してやろう」

そのクリスタルはまだまだ元気を持っているようでしたが、いやいや、自分が持っているよりも、自然の一部でいる方がそもそもは自然な状態なのです。

さてさて、ストーンを綺麗な川の水につけてやれば浄化になりますが、クリスタルの場合は要注意です。必ずネットかザルのような物を用意し、それに入れてから水に浸しましょう。さもないと本当に、水中で見えなくなりますよ。

それから、思いますにストーンというのは元々は物欲の対象にしてはいけないような気もしているのです。それは大地にあったものですから、誰のものでもありません。(まあ、採集と加工、流通の対価としての金銭支払いは仕方ないとしましょう)

そうそう、セレニティアス製品でメンテナンスのためにお客様の手元からセレニティアスに戻ってきた石達。役目を終えたストーン達は定期的に山の上の綺麗な川に返しています。

あなたが持っていたストーンも、今は自然に帰って、そしてまた長い年月、人が生まれて死ぬその何倍もの年月を大地と共に暮らしていくことでしょう。

明日が良い日でありますように。

公開日:2016年10月25日 最終更新日:2016年10月25日