カテゴリー別アーカイブ: 恋愛系パワーストーン

恋愛系にお勧めのパワーストーンに関する記事を集めています。単に彼、彼女を作ったり付き合いがうまく行くということにとどまらず、本質的に魅力的になれるようなパワーストーンが重要です。

ロードクロサイト・ちょっと待ちのとき・2019年10月4日

ロードクロサイト(Rhodochrosite)
ロードクロサイト(Rhodochrosite)

ロードクロサイト・ちょっと待ちのとき・2019年10月4日

ロードクロサイトが出ています。

ロードクロサイトに求めるのは「待つ・信じる」「沈黙」「柔軟な心」。

まずは愛情系のトラウマが動き出した時にはそれを癒す働きを持っています。

だいたい、トラウマって要するに「反応」なんですよね。

ロードクロサイトの癒しがあれば、変に焦ったりせずにちょっとは頭を働かせて柔軟に対処することも可能。

ロードクロサイトはどちらかと言えば恋愛成就系として使われやすいですが、そのメカニズムは癒し系として愛情系のトラウマ解消にあることを知りましょう。

カード:カップの女王/リバース

本ページでは珍しいカード。今までに何度も出てはいません。

とりあえず要注意カードです。

愛情系でうまくいかない兆候。

愛情系のトラウマが刺激されたり、片思いの暗示。

しかし、これはどうやらあなたの愛情が試されている感じがあり。

不安感や焦りがあるかもしれませんが、軽はずみな行動は禁物です。

状況を好転させるには「信じて待つこと」。

また、あなたの思いを利用しよとする人物がいることもありで、そっちは要注意です。

アウトフローが必要なわけ

たとえば電車に乗ればなんらかの方法で電車賃を払いますよね。

「払う」というのはアウトフローに他なりません。

さて、これをもう少し大きい目で見てます。

それに必要なのが以下の概念。

生存の多重円」です。

生存の包含関係
生存の包含関係(多重円)

全ての人は個人的に見れば誰もが円のセンターにいます。

すなわち、どうやっても他の円の中にしかいません。

自分自身だけがそこにあって、その周りには何もなし、という世界はないのです。

そして自分がどれだけ外の世界と関わりを持つかが、自分自身の生存の可能性をどれだけ高められるか、といいうことです。

冒頭の「電車に乗って電車賃を払う」はまさに、その世界への働きかけとかかわりに他なりません。

そして全く何もかかわらないほどに、生存の可能性は落ちるわけです。

さて、人が日常的にいて簡単に意識できるのは「家族」と「グループ」でしょう。

極度な引きこもりとしてインフローだけしていると、家族やグループとの関わりがなくなります。

もちろん、外に出ませんから電車賃も払うことがありません。

当然ならが生存の可能性が落ちますよね。

山にこもって思索に耽る人よりも、何かをしようと電車賃を払う人の方がよほど自分と人のためになることがわかると思います。

明日が良い日になりますように。

公開日:2019年10月3日 最終更新日:2019年10月6日

ローズクオーツ・愛についての良い兆候・2019年5月28日

ローズクオーツ(Rosequartz)
ローズクオーツ(Rosequartz)

ローズクオーツ・愛についての良い兆候・2019年5月28日

ローズクオーツが出ています。

ローズクオーツに求めるのは「愛」。

ローズクオーツは基本的に癒し系のストーンです。

愛情系のトラブルとして多いのが過去の体験からくる反応なのですが、ローズクオーツはまずその辺りに触ります。

愛することができる/できない、愛されることができる/できない、これらの感覚は過去の経験がかなり作用します。

思い込み、勘違い、または臆病になることや後悔などがあり、現時点で愛情表現につまづきがあったりするものです。

まずは、過去の自分についての愛情系トラブルを解消することが、現時点での愛を素直に感じたり表現できるようになる秘訣です。

カード:カップの2

愛情系で良いカード!

これはかなり広い意味での「愛」に関して良兆候。

もちろんパートナーとの出会いもよし、一般的な人間関係としてもよし。

将来長く付き合っていくことになる取引先に良い人が現れた、といったことも含まれます。

また、一個人として組織やもっと広い人々、人類愛といった大きな視野も含まれます。

このタイミングで出会った人々は、きっと良い絆が結ばれることでしょう。

様々な愛情によって生きている喜びを知ることになります。

理解に欠かせないこと

久々に登場する「理解の三角形」復習です。

理解の三角形
理解の三角形

何かを理解しようとすれば愛情は不可欠なわけです。

この愛情をかなり推し進めると「その相手になってみる」ことができるレベルですね。

愛情があればコミュニケーションしようと思い、コミュニケーションすればお互いのリアリティ(現実感)が増えてさらに愛情が深まります。

ネットで喧嘩しても、会って話してみるとイイ人だった、ということがありますよね。

これ「会って話す」という「リアリティ」のアップで愛情がアップしています。また、会って話すのはネットのコミュニケーション以上に濃いやりとりがそこにあるでしょう。

また、逆に「ミイラ取りがミイラになる」ということも起こり得ます。

だって会って話すと愛情がわきますからね。

言葉よりも絵、絵よりも動画、これもリアリティのアップであり、理解が深まりますよね。

理解の三角関係について、これをいつも念頭においておくと様々なことに応用できますよ。

どうぞ使ってみてください。問題が解決に向かいだします。

明日が良い日になりますように。

公開日:2019年5月27日 最終更新日:2019年5月27日

ローズクオーツ・バランスの大切さ・ 2018年9月13日

ローズクオーツ(Rosequartz)
ローズクオーツ(Rosequartz)

ローズクオーツ・バランスの大切さ・ 2018年9月13日

ローズクオーツが出ています。

今回ローズクオーツに期待するのは「バランスの取れた生活」。

ただし、ローズクオーツはできるだけ色が薄いものを。

色が薄いローズクオーツの特徴として、ローズクオーツの基本的な働き以外に「適度なリラックス効果」と「オン/オフの使い分けが上手」があります。

ですので薄い色のローズクオーツはいつもバリバリ働いているあなたに、バランスを取る意味でオフを十分に満喫するにはお助けになるストーンと言えます。

この辺りのこと、意味辞典のページでは触れられていません。

さて、カードは「節制」。

まずまずの状態を示しています。

要点としてはバランスが取れている状態を表しているようです。

また逆に、バランスが取れた状態にすることで様々な問題の解決があるだろうことを暗示してもいます。

自分自身、家族、社会、世界、地球全体として、バランスが取れているでしょうか?

最大限のバランスを目指すこと

バランスが取れる、ということはとにかく全体としてのサバイバルがうまく行くことを意味します。

これについては「生存の多重円」がそれを端的に表します。

生存の包含関係
生存の包含関係(多重円)

中心に自分があります。

自分だけの生存に明け暮れ、他の上位の円にある「家族〜生物界」をないがしろにしていれば、最終的には自分自身が生きられません。

グループに着眼しましょう。

「国家」というグループの存続のみを見て、それに包含されている「個人」(ここでは自分)をないがしろにすれば、最終的には国家それ自体が成り立ちません。

このように、この多重円のどれか一つを突出して成り立たせることはできません。どの円も非常に大切な生存なのです。

さて、これまでのコラムでは「まずいこと」とか「罪」について書きました。

「罪やまずいこと」これらはこの多重円のどれかだけ突出した状態で生き延びようとした間違った方法をとることと定義できます。

例えば、不倫で家族を裏切り、ことによっては会社での立場も失ってグループから追い出される、なんていう典型的なパターンがありますよね。

これも生存の多重円の意味が分かれば、起こる現象をたちどころに理解できるでしょう。

ある会社(グループ)が自社の利益のために公害を撒き散らせば、生物界のサバイバルをくじき、生物界には自分も家族も含まれていますよね。その公害が社会問題になれば、会社の社会的立場が危うくなり、サバイバルが危ぶまれるでしょう。

これもシンプルに生存の多重円が意味するところを端的に表しています。

「バランスを取ること」

非常に非常に大切です。これ一個人の中でも大切です。

明日が良い日でありますように。

公開日:2018年9月12日 最終更新日:2018年9月12日

クンツァイト・愛情に目覚めるとき/カップのエース・ 2017年12月27日

クンツァイト(Kunzite)
クンツァイト(Kunzite)

クンツァイト・愛情に目覚めるとき/カップのエース・ 2017年12月27日

うわっとぉ〜!こりゃイイカードです。

前回「お休み」の甲斐があってか、特に愛情系ではほとんど最上級クラス!

もちろん愛情系以外でも願望成就の良い暗示。

とにかく、愛情に満たされるであろうことが現れています。

また、ことによっては恋愛が始まるといったことも。

これまで関係に悩んでいたことがあるならば、それも解決に向かいそうですよ。

ただがむしゃらに物質的な欲求を満たすためだけに突っ走ってきたかもしれませんが、ここにきて「愛」に関する、目覚めがあったのかもしれません。

あたりを見渡して、実はあらゆることが愛情に基づいて巡り巡っていることを知りましょう。

愛情に真に気づいたとき、あらゆることが最も良い形で進展して行きそうです。

さて、このようなときのパワーストーンとしてクンツァイトが良いでしょう。

ただし、これはちょっと使い方がムツカシイ・・・

親愛とクンツァイトについて考察しよう

ここで久しぶりに、このコラムの要(かなめ)でもある三角形に登場してもらいます。愛情と理解について、ま、復習。

これ・・・

理解の三角形
理解の三角形

理解の三角形です。←クリックして解説ページへ

何かを理解するときに不可欠な仕組みですよ。

何かを理解するとき、愛情を持ってそれを見てコミュニケーションを行い、そして両者の間にはリアリティーがあるということです。

「遠くの親戚より近くの他人」

コミュニケーションが無くて疎遠になっている親戚よりも近くにいる親切な友人の方がお互いに理解していますよね。遠距離恋愛が難しいのもこの理屈。

「百聞は一見にしかず」

言葉で説明されてもよくわからないことが、現物を見れば簡単に理解できることってあるでしょ。見ることによってリアリティーが高まり、コミュニケーションが高まり、そして愛情も増えて理解できるる仕組みです。

理解の三角形のどれの角ひとつがないとしたら、そこに理解は生まれません。

逆に、どれかの角ひとつを大きくすると、理解が深まるということです。

理解しようとすれば、近づいて、そいてコミュニケーションするしかないのです。

嫌って距離をおいている限り、その対象は理解できません。それが自分自身であってでもです。

さてさてさて・・・

クンツァイトを使うときの重要な点は、他人を愛する前に「まず、自分が自分自身を好きでいる。自分を愛している」ということが絶対条件。

ですからまずは、自分自身に対しての「理解の三角形」が大きくなくてはなりません。

自分を嫌っていては、自分を理解することができないわけですね。

誰にも長所・短所があるでしょう。また短所は単に自分がそうだと決めつけているだけかもしれませんよね。

ですから、まず自分で自分を決めつける前に、理解の三角形を大きくしてください。

そのためにはまず、自分とのコミュニケーションが不可欠でしょう。嫌う前に、しっかりコミュニケーションしてみましょう。

(それには、第三者の目で自分を見るのも良いかもです)

ね、だからセレニティアスではパワーストーンの組み合わせが大事だというのはこのようなことからです。

クンツァイト一種類の使用だけでは、愛情に関して荷が重いというケースがほとんどなんですよ。

明日が良い日でありますように。

公開日:2017年12月26日 最終更新日:2017年12月26日