カテゴリー別アーカイブ: 精神・感情面のサポート系パワーストーン

精神、感情についての安定性とコントロールを取り戻すのに最適なパワーストーンのカテゴリー。多くのストーンがこの種の助けをできますが、状況に応じて最適な物を選びましょう。

ロードナイト・認める勇気・2019年1月21日

ロードナイト(Rhodonite)
ロードナイト(Rhodonite)

ロードナイト・認める勇気・2019年1月21日

ロードナイトが出ています。

ロードナイトに求めるのは「誠意」「いたわり・優しさの表現」です。

何かこじれたことを解決しようと思うとき、ロードナイトは役立ちますね。

「誠意を持って対応できるようになる」これができれば人間関係などかなり回復させることができます。

また、そうするために先にあるのが「不安感や恐怖心などから心を解放し、自信を取り戻すこと」。

ロードナイトにはそれができます。

「許してくれるだろうか?」「自分が言っていることを認めてくれるだろうか?」

ロードナイトはそんな不安を解消し、関係修復に乗り出そうとするときに力になってくれます。

カード:ソードの9/リバース

ソードの9というカードは、9本の剣の前で悲しんでいる人の図柄。

これを見れば、意味的には「絶望的で悲しいことになってすよ」と・・・

基本的にだめパターンなんですが、その逆位置(リバース)の意味するところの取り方は2通りあります。

  1. 絶望や悲しみの逆だから、それが解決する。
  2. 絶望や悲しみという現実から目を背け、または環境や人のせいにする。

しかし、カードの番号としての「9」に意味を持たせると(最後のカード10のひとつ前ですから)「最終的な試練」とも取れます。

そのように取る場合、問題は解決に向かうことが予測されます。

そして、今の悲しみを「環境や人のせいにする」のは、自分自身の心も問題であって、いかようにも変化させることができるはず。

そうして積極的に考えを変えることができる人にとって、ソードの9/リバースは「問題が解消する」という方向があり得ることになりはしないでしょうか?

認める勇気

問題を解消するためには、こちらに非がある部分に関しては自ら気づいて謝罪し、償うことは大切。

これは最もシンプルに人生を生き易く生きる秘訣です。

間違いや罪に関して自己正当化し始めるとすぐに螺旋悪循環が始まります。これは苦しい人生ですよ。むしろそれから将来に渡って苦悩が付きまといます。

自己正当化のためなら、ことによっては嘘をつくこともあり得ます。そうして悪循環がさらに深まります。

なお、謝罪し償うことは現実に向き合う能力と勇気、責任が必要なのは言うまでもありません。それらがない人が謝れず償いもしないのです。

こじれてしまった何かを修復するには、それに向き合い、非があることが自覚できる部分に関しては率直に誠意を持って対応しましょう。

この方がよほど楽。無責任にその場をしのいで逃れるよりも最終的に楽なのです。

明日が良い日でありますように。

アメジスト・現状維持と発展のために・2019年1月17日

アメジスト(Amethyst)
アメジスト(Amethyst)

アメジスト・現状維持と発展のために・2019年1月17日

アメジストが出ています。

アメジストに求めるのは「落ち着こう」です。

アメジストはもうこのページでもお馴染みでよく登場しますね。普通に売っているし大変重宝します。

ところで実は、ストーン選択にあたって「よく考えよう」と言う単語も元にありましたが、いえいえ、考えると言うようり「見てみよう」が正解。

「落ち着いて」反応的な恐怖はちょっと脇へ置いといて・・・

そうすれば見るべきものが見られるはず。

カード:ペンタクルの2

まあ良いカードです。

上手にことをこなしているようですよ。

そこそこに現状をうまく暮らしている様子。

しかし、逆に言えば持てる才能を十分には発揮していない可能性もあり。

または発揮するための前段階にある・・・といった示唆もありです。

反応的な「苦手感」があるなら、それを克服するのも良し。新しいターゲットの用意を。

自分を過小評価しないで才能を発揮しましょう。

苦手4パターン

ツイッター上の書き込みでこんなのがありました。

「レストランで食べいると、厨房から盛んに厳しい指導の声が聞こえる。なんだか食べ物が美味しくなくなった。」

これ、筆者も経験ありで、テレビに取り上げられた「お好み焼き」店でのこと、半ば罵倒するような「指導」の声、と言うより、カウンターの向こうでもろにその様子を見ながらお好み焼きを食べることに。

これは美味しくなかった。こんな場面は苦手です。

多くの人がきっとそうだとは思います。

ところで、この「苦手な何か」には4つのパターンがあります。

  1. 自分が誰かに何かをする
  2. 誰かが自分に何かをする
  3. 誰かが誰かに何かする(のを見る)
  4. 自分が自分に何かする

これら「何かする」は例えば「話しかける」とか「教える」とか「怒る」とかと動詞が入ります。

で、冒頭の食べ物屋さんの例は上の「3.誰かが誰かに何かする」に当たります。

さて、これらの苦手が合理的に苦手なのであれば、それは仕方のないことでしょうが、「反応的な苦手」は注意です。

例えば、3.の「誰かが誰かに」の場合、実はかつて自分がされたことの場面の記憶があり、それに反応しているといったケースがあります。

実際には放っておけば良いようなことでも、誰かが誰に何かしているそのシーンを見ると超イライラしたり、超悲しくなったりがありませんか?

またシンプルに、自分が誰かを助けることに失敗した経験があると、誰かが自分を助けてくれようとしているのに、それを素直に受け入れることができなかったりと。

そのような反応が存在します。

誰かの助けを拒んで自滅するタイプの人を見たことがあるでしょう。

これらはどれも不合理な反応です。

不合理な反応の裏には、過去の経験で失敗したゲームがあったり、単に虐げられたりといった記憶が元になっていることがあります。

自分が持っている経験がパターン1であるのに、パターン2に反応するとかね。

自分がした失敗があるせいで、人の同じ失敗に我慢がならんとかね、と言うことです。

ですので、不合理にも苦手な何かを持っていると思うなら、4つのパターン全部で洗ってみることがおすすめ。

パターン1が苦手だなあ、と思ってそれに当てはまる記憶だけを探すのではなく、同じ状況でのパターン4つ全てを「見る」ことが必要です。

例えば、誰かが誰かに叱られているのを見るのが反応的に苦手、だとしたら、そのような過去の記憶を探すだけでなく、自分が叱られた、または自分が誰かを叱りすぎて自己嫌悪とか、そんなことも探します。

パターン1が苦手としたら、その根底には2とか3などがある可能性大、と言うことです。

これ、反応的な苦手の克服のヒケツ。

明日が良い日でありますように。

プレナイト・選択のために見る・2019年1月15日

プレナイト(Prehnite)
プレナイト(Prehnite)

プレナイト・選択のために見る・2019年1月15日

プレナイトが出ています。

プレナイトに求めるのは「正しい情報を選ぶ」こと。

ちょっと前にも出たストーン・・・

ポイントになるのは「見ること」。

また、他の作用として持久力アップがあり、取り組みに関してそれをやり遂げる手伝いをしてくれます。

カード:ワンドの6

良いカードです。

目標達成のチャンスが訪れそうです。そして賞賛を浴びることになりそうです。

これまでには結構厳しいことを通り過ぎ、じっと我慢の時を過ごしていたかも知れませんね。

負けたゲームも多数あるのでしょうが、なんとか乗り越えてきた感じ。

ここで気を抜かずにもうひと押しすることが大切です。

今足を引っ張る出来事が起こったとしても、これをなんとか処理して進む心構えで行きましょう。慎重に注意深くです。

見ることと考えること

何かを解決しようとするとき、見ることよりも考えることをして先に進まないことが多々あります。

なぜ、見るよりも考えてしまうのかと言えば「見る」のは怖いと思ってしまっていることがあります。

考えることならば、自分が許容できる範囲内のことで治ります。

「フタを開けて見る」というのは、中から何が飛び出すかわからないという恐怖があります。

さて、復習として以下に何かを「知る」ことに関する段階を記します。(下に行くほど物事がわからないまま)

  1. 知っている
  2. 見ている
  3. 感じている
  4. 努力
  5. 考えている

何かを知ったり、知ることによって問題を解決しようとするなら、現時点においてそれを「知っている」必要があります。

ここで「考えている〜努力」というのは未来のことであって現時点のことではありません。

もちろん、将来のことを考えるのは大切なのですが、それが本当にできるのは現時点において「見て、知っている」人だけです。

そして現時点で見て、知っている人が問題を解決する主役たりえます。

例えば・・・

突然パソコンが動かなくなったとします。(問題です)

画面が真っ暗、そしてキー入力を受け付けません。

あれやこれやと考えます、考えて考えて・・・

原因はなんだろう?

しかし考えるのをやめて「見ること」をしてみます。

すると、そのパソコンが動かない理由を知ることになります。

「あ、コンセントが抜けている」

非常にシンプルですが、これ、笑い話ではありませんよ。家電修理のサービスマンのお話ではこのレベルのことが本当にあるのです。

パソコンの調子が悪いとか、画面が真っ暗なんて、この理由を見て知るなんて怖いと思うでしょ。

わーお手上げだー!と思うでしょ。

(これは考えですよ)

だから見られないのです。

しかし実際に見ると、コンセントが抜けているだけなんです。

非常にシンプルな例ではありますが、これが考えることと見ることの違いです。

正しい選択をしたいなら、考えの中よりも、見て知ったことから選ぶのが吉。

そのためには恐怖を乗り越える必要があるでしょう。

が、その恐怖はそもそもが自分で作ったものであることがほとんどなんですけどね。(またはわざわざ取り上げる恐怖)

プレナイトの断捨離作用をもってこの「作った恐怖」を捨てたいものです。

「わからなかったら、考える前に見てみよう」です。

正しい情報は考えの中ではなく、見たことの中にありそうですよ。

また、情報を選択ができないでウロウロしている人は、見ないで考えているからなんです。

明日が良い日でありますように。

プレナイト・選択と責任・2019年1月9日

プレナイト(Prehnite)
プレナイト(Prehnite)

プレナイト・選択と責任・2019年1月9日

プレナイトが出ています。

プレナイトに求めるのは「正しい選択」。

プレナイトには自分にとって必要な情報だけをフィルターにかけるように選りすぐってくれる作用がありますね。

この働きの根底にあるのは、実のところちょっとばかり「頭を冷やす」ということにありげ。

緊張があったり、うわついてのぼせ気味になっている心を鎮めてまともな判断をしようということになります。

カード:恋人たち

良いカードです。

ただしそれは「良い選択」ができていれば・・・

という条件をつけたほうが良いかもです。

新しいことが生まれる予感があるカードです。

例えば出会いがあるかもしれません。

それは恋愛系であったり、ビジネスの上でのことかもです。

そして将来の期待に胸おどるようなことがあるかもです。

ここで重要なのはなんと言っても「選択」。

そして「選択しなければならない時期にある」ということも言えそうなのです。

選択することと責任

選択するには責任を伴います。

で、優柔不断で決断することができずに選択が不能という人は、実のところ責任を負えないのではないか、という不安を抱えているわけです。

選択不能、優柔不断の正体はこれだけのことです。

で、そのような人は大切なことを他人に決めさせようとします。

そうすればその選択において自分が責任を負うことはありません。

これ、もしかしたら日本に昔から根付いている「空気を読む」とかと言う習わし、組織内での「立ち居振る舞い」の仕方と関係ありはしないかと思えてなりません。

これらの習わし、行動規範はもしかすると「個々が責任を問われずに済むかも」というセコイ損得勘定が働いてやしないかと。

で、一方「自己判断」で行動して失敗した人を見ては「自己責任だ」と声高に叫んでいるのではないかと。

でもね、元々が人の集まりというのは失敗した人でも助けなければならない「責任」があると思うのです。そうでなかったら「人々」ってなんでしょう?

それはグループとしての責任です。元々が助けあわねばこの地球上で生きていけないのが人間です。

そしてそのグループとしての責任回避をしたいがために、個々の人の失敗を「自己責任だ」と言って突き放すことをしているように見えます。

ど〜も、日本の風土には責任を負うことを回避するための圧力がずっとあるように思えてなりません。言うなれば責任回避文化です。

自分(とそのグループ)の責任を回避したいがために、個々の人には「自己責任」を押し付けていやしないでしょうか?

そんなところに、個々の真の自由や自立はないように思えます。

その選択が正しいか?プレナイトに聞いてみよう。

明日が良い日でありますように。

公開日:2019年1月8日 最終更新日:2019年1月14日