カテゴリー別アーカイブ: 精神・感情面のサポート系パワーストーン

精神、感情についての安定性とコントロールを取り戻すのに最適なパワーストーンのカテゴリー。多くのストーンがこの種の助けをできますが、状況に応じて最適な物を選びましょう。

カイヤナイト・決断しよう・ 2018年4月24日

カイヤナイト(kyanite)
カイヤナイト(kyanite)

カイヤナイト・決断しよう・ 2018年4月24日

カイヤナイトが出ています。

カイヤナイトを取り上げる理由として「新しい自分への生まれ変わり・強い意志を作る」があります。

これらの働きはカイヤナイトが持っている「記憶の整理」から来るもので、過去の出来事に付随するマイナス感情を取り去ることに主眼を置いています。

さて、カードは「ソードの2」。

迷いの状態を象徴しているようです。でも本当は内心としては決定があるのに、答えのアクションを遅らせているだけなのかもしれません。

こんなときには誰かからの「ひと押し」があれば結論を下せそうに思ってそれを待っているという状況にあることも考えられます。

また、せっかくなら方々が円満に解決されるように願っていることも決断を遅らせているかもです。

いずれにせよ、決断に躊躇(ちゅうちょ)があるようですが、もうすぐに問題のうちのひとつが解決されようとしているようです。

「責任」について少し深掘り

このコラムではことあるごとに「責任」について取り上げています。今回もまたです。

カードは「ソードの2」で、端的に言って「さっさと決めろや!」ですから、これは「決断の責任を負え」ということなんです。

で、パワーストーンのカイヤナイトはそれに対応して「自分に責任を負う」という能力アップのために選択しています。

さて、「責任」と言えば何かどこか重苦しく「責め」を負っている感じがしますが、そんなことはありません。

ここで、責任について「美しく」定義しておきます。

自分自身と、自分という存在、そして考え、物質、エネルギー、空間、時間、形態との間に介入する権利を否認および拒否し、それに対して決定を下す完全な権利を引き受けること。完全な責任とは「罪」ではなく「起因」であるという認識。

ちょっと難しく見えますが、要するに、介在物を入れずに自分が決めて自分が処理する権利を引き受けること。です。

そしてこのコラムでは使うパワーストーンの働きの中で「過去の出来事」とか「過去に得た悪感情」を処理するといったことがよく出てきますよね。

実はこれって自分が持っている過去の出来事について「責任を持て」ということです。

責任を持てないから向き合えず、いつまでもズルズルと過去の悪感情や後悔を引きずってしまうわけです。

ただし、責任を持つ能力が減退している人に、無理に過去に向き合えと言っているわけではありません。(これをすると状態が悪化することあり)

ただ、メカニズムをわかってしまうと「気が楽になる」ということはありますよ。

さてさて、カイヤナイトの働きに「記憶の整理」がありますが、これが「過去に直面する能力をアップする」ことに他なりません。

それはすなわち、自分自身の記憶に対して責任を持つ、すなわち処理してやろうではないか!と起因に立てることを意味しているわけです。

明日が良い日でありますように。

ハイパーシーン・リーダーシップを発揮しよう・ 2018年4月23日

ハイパーシーン(Hypersthene)
ハイパーシーン(Hypersthene)

ハイパーシーン・リーダーシップを発揮しよう・ 2018年4月23日

ハイパーシーンが出ています。(意味辞典に未記載)

これは「お尻叩き系」のストーンですね。「リーダーとしてさあやりなさい、突き進め」というときに使われるパワーストーン。

ハイパーシーンは特に、強く何かを成し遂げようと決心している人にお勧めで、そのためには捨てるべきものを捨てるという「断捨離系」にも使えます。

さて、カードは「皇帝」。

週の始めにふさわしいかもです。

思い描いていたことがようやくこの手でつかめるチャンスが到来しようとしています。(ただし、それをつかみ取るのは自分の実力でですよ)

そして、最高権力を表しているこのカードは大きな目標に向かって邁進する様子を示しています。

得たいものがあるならそのためにチャンスを待つのではなく、前向きに努力せよと告げています。

ただし、自分自身が権威主義的になって人を圧倒したりすることがないように。

そしてあなた自身が誰かの権威の影響下にあることを表していることも。

「努力」について少し深掘り

このコラムでは「努力」についてあまり肯定的でない書き込みがあります。

今回は「皇帝」のカードを題材にこれの復習編ですね。

さて、「努力」というのは道徳のコーナーとしては一応「尊い何か」として扱われることが多いです。

皇帝のカードでも「そのチャンスをゲットできるように努力せよ」と言ったお説教系と言えそうです。

「我慢してする何か」・・・努力というのはそんなニュアンスがありませんか?

これ、感情のレベルで言えば、せいぜいが「保守的」です。

思想的な「保守的」でなく、あくまで感情としての保守的ですよ。

感情のレベル 参考資料

それより低いレベルよりかなりマシと言えばそうですが、どうやっても保守的です。

感情のレベルとしての「保守的」は「責任」という分野においては意外にも「そこそこいい加減」と見て良いです。

これに関しては「え、なんで?」と思われるかもしれませんが本当にそうですよ。世の中の保守的な分野の何かや人々をよく観察してみてください。

保守的のレベルより上にある「強い興味」とか「陽気」と言ったレベルの方がよほど責任ある処理ができます。

保守的な何かは、新しい事案について「強い興味」を持つこともなく、それに対して「陽気」になったりはしません。

そして「努力」というのは「保守的」の範疇のものです。

これがまた、非常に非効率なことであるのを思い出してください。

保守的な状態の何かが努力の結果何かを成すのにどれくらいの無駄が生じつつ時間がかかっているか・・・

ここで皆さんにお尋ねしますが、自分が興味を持っていることに対して、それをどうこうするときに「努力」が必要だったでしょうか?

必要ないですよね。

興味があったのでパッとやってみるといったことではなかったでしょうか?

そして本当に興味があったなら、何かハードルがあったとしてもやすやすとそれを乗り越えてしまっていませんか?

ハードルをハードルとも感じていないくらいに。

一方、退屈であったり、保守的な仕事をしていると、そこには努力が必要になってくるでしょう。

そこで、その仕事をどうにかして興味あることに変えていく工夫をすることで必ずや効率が上がるでしょう。

その効率とは仕事が単に早くなるだけでなく、楽しくできる、ということにつながるようです。

思考としてのお試しに、以下のことはどうでしょう?

あなたが、役所で住民票の発行係をしているとします。これは普通に見るとかなり退屈そうで、保守的以外の何物にも見えません。

でも、この仕事を興味を持って少しでも楽しくするにはどうするか?

筆者自身が観察するところによれば、見たところ普通に考えれば「退屈そうな仕事」にも関わらず、興味を持って楽しくしている人は存在します。

さてさて、最後にハイパーシーンについて触れておきましょう。

このパワーストーンはひとくちに言えば「指導者の石」。

物事に対して誠実に、思慮深く、そして決断力を得られるというもの。そして隠れた働きとして「そんなことできっこないさ」という過去からの呪縛を解く働きも。

まず最初にするべきは、自分に対してそれをすることだと思えます。自分自身の指導者になることが先決。

明日が良い日でありますように。

ルチルクォーツ・磨きをかけよう・ 2018年4月18日

ルチルクオーツ(Rutile-quartz)
ルチルクオーツ(Rutile-quartz)

ルチルクォーツ・磨きをかけよう・ 2018年4月18日

ルチルクォーツが出ています。

これは「さあ!やりましょう!」と言う合図と思ってください。

ルチルクォーツは、とにかく「何かを成し遂げよう」としている人にはピッタリのパワーストーン。ビジネス、学業、研究などなど、感情のレベルで言えば「強い興味」以上を保って進もうとしている人にはおすすめですね。

さて、ここに出ているカードは「ペンタクルの3」。

久々に良いカード。ここのところ要注意系とかアドバイス色が強いものが多かったですが、ぼちぼちそこから脱出できそうです。

ペンタクルの3は自分自身の力が実際に向上していることを表し、それに伴って周囲からの評価がついてくるという暗示。

もしも、「今まで散々努力してきたけれど、どれもこれも成果が上がらず評価もされていない」と思っていたらそれは心配ご無用。くさることはありません。

自分が気づかないところで実力がついており、しっかりと評価が上がり、そしてそれが目に見える形となってもうすぐ実を結ぼうとしています。

この流れは当分続くようです。今が大事です。土台を強固なものにして行きましょう。

今ある実力にさらに磨きをかけてください!

成し遂げることに大切なこと

本当につくづく思う大切なことは、他でもない「持続性」です。

(これは一貫性と言い換えても良いでしょう)

何かを成し遂げようと思えば、やはりどうしてもある程度の時間がかかります。

何かを始めるのに取り付いたのは良いですが、それが長続きせずに放置されれば結局何も成し遂げられません。

まるでお説教のようになってイヤなんですが、どうしてもこれは事実です。

これまでの歴史上に出てくる偉業を成し遂げた人、そうでなくてもそこそこの成功者の誰を見ても、とにかく持続性があるのは確か。

例えばアスリートなら、そのスポーツについてわき目を振らずに人生の大半をその練習に捧げています。練習しないでメダルが取れるはずもありません。

何かの研究者でもビジネスマンでも、四六時中そのことを考えていて人生をそれに費やしています。

成功者を見たとき、様々な才能、環境云々の話をすることがありますが、実際に最も必要な才能があるとすれば「そのことを持続してやっていられる」と言うことに尽きると思います。

そのためにできる具体的なアクションは、時間管理と言えます。
(なにせ、人生は時間でできています)

「何時から何時はこれをする」

これを守るだけ。

子育てや介護中の人など、イレギュラーに対応しなければならないことはもちろんあるでしょう。それでもとにかく各自ができうる範囲で、子育てしながらでも自分が決めた時間管理の中で行動するしかないでしょう。

もちろん、融通を効かせなければならないことも多々あるでしょう。でも例えば一週間単位で帳尻を合わせると言った工夫をしながら乗り切るしかありません。

そこでこの「行動」が習慣化すれば、持続が楽になります。

習慣化するまで、ちょっと歯を食いしばってでも「自分が決めた行動を取る」をすることしかなさそうです。

これはそもそもが特別な才能がなくてもできることで、ちょっと頑張れば普通に才能がある人を追い抜くことすらあり得ると思えます。(そして持続することが最大の才能になるでしょう)

何かをやり遂げようと思う時、強力な助けになるのが、他でもないルチルクォーツなわけです。初志を通そうと思うなら、ぜひともルチルクォーツを活用しましょう。

明日が良い日でありますように。

マラカイト・謝っちまおう・ 2018年4月17日

マラカイト(malachite)
マラカイト(malachite)

マラカイト・謝っちまおう・ 2018年4月17日

マラカイトが出ています。

ただし、意味辞典にある一般効能以外の使い方をします。

今回のマラカイトの意味、働きとして・・・

  • 冷静に客観的な思考をする
  • 他者、相手の立場の理解

これらを取り上げfます。

マラカイトは基本的に「精神安定系」の働きがあるわけですが、これは「冷静に客観的な思考をする」と通じる部分ですね。

それができれば「他者、相手の立場の理解」も進むことでしょう。

さて、なぜマラカイトのこれらのような働きを取り上げるかといえば・・・

今回のカードは「正義」。(ちょっと前にも出た)

これ、カードのネーミングは良いのですが「気をつけよう」というアドバイス系と思ったほうが良いです。

自分が正しいと思っていることが通らない!とか・・

自分を正当化するために「正義らしいこと」を取り上げている、と言った傾向がないでしょうか?

何が正しいか?というのは本当に難しい問題です。良かれと思ってしていたことがマイナスになったり、正義だと思っていたことがとんだ嘘っぱちだったことなんてたくさんありますから。

正義を振りかざす前に、様々な人々の立場や、現状で妥協できる八方よしの状態にちょっとでも近づける方策はないか、それを探ってみることとをお勧めいたします。

謝っちまおう・正当化の根源

「正当化」する、というのは誰にでも経験があるでしょうが、その中には具合が悪いものもあります。

単純な例として世の中で枚挙にいとまがない「いじめ」があります。

いじめる側は「いじめられる方にも原因がある」というのが非常にシンプルな正当化。

これとそっくりなのが「戦争を始めてしまったその理由」です。

で、やっちまった側に「なぜそんなことしたんだい?」と質問すると・・・

「だって、○○が△△したからさ」と答えるでしょう。

これ、端的に言って自分以外の誰かのせいなんです。

ここでひとつ面白い例を。

アメリカのハイウエイで速度違反の取締をして、違反者に「違反した理由(動機です)」を問うとその答えで多いのが・・・

「女房が急に産気づいたと電話が入ったので急いで病院へ向かう途中だった」

だそうです。

ひどいものは「ブレーキが壊れたので急いで直しに行くところだった」とか。

その「まずい行為」が、本当にうっかりの「過失」でない限りは必ず動機が語られます。(本当の過失でさえ正当化しようとする場合もあり)

そしてその動機は必ず「後から考えてくっつける」というメカニズムがあります。そしてそれは100%、自分でなくて「誰か(またな何か)のせい」です。

なんのことはない、とにかくその人は「まずいこと」をしてしまったのです。そして後からその理由(動機)を作ります。ま、これが正当化です。

ですから、正当化を懸命に語る誰かを見た場合、彼はとにかく「まずいことをしてしまったのだ」ということだけは確実。

また、正当化の中には「誰かを悪くする」ということが含まれています。これは多いです。これに当てはまるのは「いじめられる方にもその理由がある」とか「戦争を始めざるを得ない状況に追い込まれた」と言った話の持って行きようです。

なんのことはない、これらはほとんどが後付けの正当化です。

ですから、声高に誰かを悪し様に言う人を見たら、その人が先に「何かまずいことをしたんだな」と思っていて間違いありません。

さて、その「まずいこと」をしてしまう本当の理由を書いておかねばなりません。

「まずいこと」をする直前には、必ず「混乱」があります。

その混乱を収めるために取り上げた行動が「まずい何か」だったということです。

端的に言って「混乱の処理方法を間違った」です。

そしてそれを間違う理由は「知恵のなさ」です。

知恵がないので正しい判断ができていない、ただそれだけです。

ね、犯罪者を見てください。自分がしたことが自分と人や社会に対してどんなにリスキーなことであったのか、全く正しい判断ができていません。知恵が無いのです。

いじめのように、自分の八つ当たりで他人の尊厳を傷つけて良いわけがありません。知恵がありません。じゃあ自分がされたらどうなんだよ!です。

人は「自分は正しい!」と言って正当化するとき、実は自分には知恵が足りていませんでした!と白状しているに近い状態があることを観察してみてください。

もしも「混乱」に当たったら、冷静になって知恵を振り絞りましょう。

そしてもしも正当化しなければならない状況を持っているとすれば、過去の間違いを冷静に見て素直に謝っちまった方が1000倍楽で将来も明るいのですよ。

それにねえ、正当化は多くのケースで自分にも人や社会にも二次被害をもたらしますよ。ね。

正当化してしまったがために、その「知恵のない間違った行い」をさらに続けねばならなくなるのです。自分の正当性を主張せんがためにはそうなってしまいます。

↑これ重要。

だから言い訳(正当化)が多い人は、その間違いを続行せざるを得なくなりますよ。(言い訳が多い子供はなかなか躾ができないのもそんな理由。言い訳できる浅知恵が仇。)

戦争の泥沼化、不倫が原因の離婚などなど、例には事欠きません。

正当化したくなったら、マラカイトを見てみよう。正当化したくなったらそれより先にとにかく謝ることをお勧めします。重ねて書きますが、その方が1000倍楽で、未来が明るいのです。

明日が良い日でありますように。