カテゴリー別アーカイブ: 精神・感情面のサポート系パワーストーン

精神、感情についての安定性とコントロールを取り戻すのに最適なパワーストーンのカテゴリー。多くのストーンがこの種の助けをできますが、状況に応じて最適な物を選びましょう。

アマゾナイト・選択の時がきた・2018年10月18日

アマゾナイト(Amazonite)
アマゾナイト(Amazonite)

アマゾナイト・選択の時がきた・2018年10月18日

アマゾナイトが出ています。

アマゾナイトに求めるのは「決断」。

アマゾナイトはかなり多くの働きを持つパワーストーンで、その人の状態や他のストーンとの組み合わせによって非常に応用範囲が広くなります。

そして今回の役割としてはアマゾナイトの働きとして「決断」を取り上げます。

まず、アマゾナイトは考えがゴチャゴチャしているときに分析力を発揮して頭をスッキリさせることができます。

様々な選択肢から「これ!」ということを取り上げるときには有用に働くわけですね。

また、アマゾナイトは実行中のプランを遂行させるという働きもあり、これも伴って「決断」を導くように使うことができます。

さて、カードは「恋人たち」。

選択の時を意味していますよ。ということは、前回に引き続き、やはり「岐路」のイメージがあります。

とにかく何かを選択せねばならないようです。

この選択に関してはあまり考えないで直感的な方が吉なようです。

考え出せばキリがないくらいにマイナス要因をいくらでも思いつくことができるでしょう。

未来に期待し、素直な気持ちで選択することをお勧めいたします。

ここでは決意、決断、そして決定だけが意味を持っています。

人生に「たら、れば」はない

後悔しようと思えばいくらでもできますよね。

あのときこうしていたら・・・ああしていたら・・・

しかし実際に選択しなかった方の道が今より良いかどうか、そんなことはわかりませんよね。

はい、どうやってもわかりません。死ぬまでわかりませんし、死んでもわからないです。

逆に未来のことを考えすぎてもロクなことにはならないでしょう。

本当にビシッと、心を動かさずに純粋にデータのみでコンピュータのような判断ができれば良いのですが、人はそんなことはなかなかできません。

過去に動いた心の動きを現在までもひきづっており、データは心の霧にかすんで正確に扱える状態にはありません。

過去のデータは役立つこともあるでしょうが、心が無節操に活性化するとコンピュータのような正確な判断など無理ですね。

そこで、間違いないのはとりあえず目の前にあることと、簡単にわかるごく近未来のことだけに着目しましょう。

例えば、「今日は会社を出るまでにこれこれだけはやっちまおう」とかそんな具合です。

もちろん、何十年先に渡る大きな計画はしても良いわけですが、そのときには目的とそれを実現するためのステップだけを記録し「もしも何々」ということは考えないでおくのが方法。

「もしも」を考え出したらそれは際限なくなります。考えがぐるぐる回りしだして目の前にあることにも手がつけられなくなりますよ。

過去のことに後悔し、未来のことを心配する・・・どうしようもないですね。

そんなことより目の前のことをしっかりやればほとんど万事OKです。(その積み重ねが未来を作る)

だから、アマゾナイトで決断しましょう。

明日が良い日でありますように。

ハイパーシーン・不要物処分のとき・2018年10月16日

ハイパーシーン(Hypersthene)
ハイパーシーン(Hypersthene)

ハイパーシーン・不要物処分のとき・2018年10月16日

ハイパーシーンが出ています。(意味辞典に未記載)

ハイパーシーンに求めるのは「要不要の判断をしっかりと。不要なものはすっぱり処分する」という能力。

人生を大きく転換させようとするときには特にオススメのパワーストーンと言えます。

その転換のためには不安や動揺があり得ますが、ハイパーシーンはそのあたりのマイナス要素もカバーしてくれる働きがあります。

さて、カードは「悪魔」。

裏表ともにあまり出たことがないカードです。

名前は仰々しいですが、示唆に富んだカードだと思います。

できるなら避けたいと思っていることに直面せざるを得ない状況が起こりそうです。

また、どうしてもトラウマに触って避けがたいことに巻き込まれるとか。

しかし、悪魔と言っても自分以外の何か悪いものがあなたに作用しているのではなく、直面できないと思っているその心自体が悪魔の作用を持っているわけです。

そこで、このカードが出たならば、自分がこれまで直面することに失敗していることをあぶり出すことができた、と考えることもできます。

ですから悪魔のカードが出たと言ってビクビクする必要はありません。

何が起ころうとそれを受容しようとする心づもりがあればよしです。

悪魔のサーキットを見てみよう

さて冒頭にハイパーシーンとして「要不要の判断をしっかりと」と書きましたが、この「不要」な部分として「直面できずに反応すること」だと知りましょう。

  • なぜ私はコレコレが苦手なのか?
  • コレコレの状況になるとなぜ悲しい気分になるのか?
  • コレコレを言われるとついカッとなってしまう

だいたいこの種のことは反応であって、言わば「悪魔のサーキット」。サーキットとはこの場合「回路」ですね。自動的に反応することを意味しています。

こんな反応は不要です。元の自分自身ではありません。ならば捨てれば良いのですが、それを捨てるには「しっかり見ること」。

とは言っても自分自身に無理強いする必要はないと思います。

自分が触れる範囲で、そしてできれば少し頑張れる範囲が良いですね。

くれぐれも無理に直面しようとしないことです。さもないと新しいトラウマがついてしまいますから。

例えば、ピーマンが嫌いな子供に、ピーマンに直面せよ!と言って無理にピーマンを食べさせても、さらにピーマンが嫌いになりそうでしょ。

こういうやり方はダメでしょう。やせ我慢もダメでしょう。

一方、ピーマンが苦手なのはなぜだろう?と考えてみることは大切。

最重要なのは「なぜ?」と思って気づくこと。これが理性であって、やせ我慢として感情を無理やり押し付ける事や忘れたふりではありません。

明日が良い日でありますように。

ターコイズ・ゼロスタートがやってきた・2018年10月15日

ターコイズ(Turquoise)
ターコイズ(Turquoise)

ターコイズ・ゼロスタートがやってきた・2018年10月15日

ターコイズが出ています。

ターコイズに求めるのは「自由な表現」。

これはターコイズが持つ働きの中で「型にはまった窮屈な考えを一掃する」ことを使います。

今までよりも柔軟で広い視野に立った発想ができるようになることは、思わぬ事態に遭遇したときにも強みを発揮しますよ。

さて、カードは「愚者」。

ちょっと久しぶりのカードかもです。また週の初めにふさわしいかも。

愚者は基本的に「ワイルドカード」としてトランプで言う「ジョーカー」にあたります。

何にでも化けることができる「未知数」そのものを表していることがあるようです。

なにせ未知数ですから、したいことをスタートできることにもなりますし、そのままでよければそのままです。

いずれにせよ自分が今思っていることをそのまま遂行するチャンスと見ることもできます。

そこで大切なのは「柔軟な発想」。

固定観念にとらわれていては現状維持そのままとなるでしょう。

本当の愚者にならないために

それからもうひとつ。

本当の意味での「愚者」のことを。

愚かさとは、その人がその主題に関して直面しなかった事柄の総体と言えます。

そのことについてデータを取らなかっただけ、そこにミステリーを広げることになり、そしてそこに陰謀論が誕生するというメカニズムになっていますよ。

陰謀論へ逃げ込む人は、その主題に関して単に直面したくないということです。

そのために、人々が問題の本質を見ることからそらされることが多々あります。

また、嘘をつくためにわざとそこにあるデータを拒絶するという人もいますよ。この場合、自分が愚かなだけでなく、人をも愚かさに誘い込むというかなりな悪事と言えます。

ちなみに、「みんながそう言っている」というセリフがこの嘘に使われることが多いので注意です。出所が特定されないための言い方が「みんなが」なのです。

明日が良い日でありますように。

シーブルーカルセドニー・受け入れ準備をしよう・2018年10月12日

シーブルーカルセドニー(Seeblue-chalcedony)
シーブルーカルセドニー(Seeblue-chalcedony)

シーブルーカルセドニー・受け入れ準備をしよう・2018年10月12日

シーブルーカルセドニーが出ています。(意味辞典に未記載)

基本的な働きはカルセドニーと同様になります。傾向としてはリラックス系と言えますね。(意味辞典のカルセドニーのコーナーを参照のこと)

(ちなみに、上の画像で青い玉は染めています。白い方が実は天然色ですよ。)

シーブルーカルセドニーに求めるのは「受け取る許容性」。

何かを受け取る許容力を高めてもらおうということです。それもその人の最大値まで・・・

その受け取れるものとは、物質的なことだけでなく、知識のように形がないことも含まれます。

そして実は、シーブルーカルセドニーは「手放す能力」を高める働きも持っています。

受け取る能力と手放す能力、まるで逆ですよね。しかしこれは両方を伴って必要なのですよ。

詳しくは本日のコラムで解説します。

さて、カードは「カップの王」。

これはかなり良いカードですよ。

あなたの努力が正しく評価され、賞賛を得られる暗示です。

これまでの様々な経験、成功や失敗の積み重ねが実を結び、独立とか経済的な成功をもたらすタイミングにあるようです。

また、周りの人々の協力を得やすい状況にあり、孤立無援であった人にも賛同者が現れるはず。

協力者という意味では愛情系も含まれており、経済面だけでなく、パートナーとしての新しいつながりを得ることになりそうです。

このカードはあらゆる面で良い方向に向かうことを表し、これを受け取れるかどうかに成否がかかっています。

受け取ることと手放すこと

さて、シーブルーカルセドニーに期待する「受け取り能力のアップ」ですが、それができるようになるには「手放す能力」が必須です。受け取ることと手放すことはついになっていると言えます。

これはまったく不思議な話に聞こえるかもしれませんが本当ですよ。

ここで「手放すこと」とは「浪費すること」と考えてください。

あなたが浪費することができる何かについては、その何かを自由に手に入れる(受容する)ことができます。

しかしその何かを浪費することができないのであれば、それを受容することはできません。

またまた不思議なことを書いているように思われるでしょうが、本当ですよ。

今までのことを、自分自身と他の誰かについて振り返って観察してみてください。

あなたが自由に浪費することができることなら、あなたはそれを自由に手に入れることができています。

またまたゴミ屋敷の例

試しに、このコラムで何回か出てくる「ゴミ屋敷」のことを思い出してください。

ゴミのような物を捨てる(すなわち本質的には浪費する)ことができないのでそこがゴミ屋敷になるわけです。

何かを捨てられないとき、それを「もったいない」と思うでしょう。ね、浪費できないわけです。

「もったいない」と思うのは、それが「再び手に入らない」と思い込む受容性のなさから来ます。

これらの元ネタといいますか、哲学的なバックボーンは古い東洋思想の中にもありました。

それは何もかも捨て去ることができるとき、何もかもを受け入れることができるようになるという教えです。

超簡単にまとめますと、こだわって持ち続けている何かが、新しく受け入れるべきものの邪魔をしている・・・

こんな感じでしょうか。

昔から、運気が悪いと思ったら部屋の掃除や片付けをしよう、ということがありますが、これは事実でしょう。誰にもできる運気回復方法ですね。

シーブルーカルセドニーは実のところ、断捨離系としても作用するパワーストーンです。

お金持ちはなぜお金持ちか?

最後にひとつの例。

お金持ちってお金を浪費するのが得意です。

「いや、お金を浪費や無駄遣いするのではなく、溜め込んでいるだけで増え続けている人もいるよ」

そうですか?

溜め込んだお金は何かの役に立っていますか?

寝かせているお金は、そもそもが「浪費の失敗」です。無駄に存在させていますよ。実質はその人にとってはゴミ屋敷と同じです。

明日が良い日でありますように。