カテゴリー別アーカイブ: 精神・感情面のサポート系パワーストーン

精神、感情についての安定性とコントロールを取り戻すのに最適なパワーストーンのカテゴリー。多くのストーンがこの種の助けをできますが、状況に応じて最適な物を選びましょう。

ムーンストーン・手放すとき・2019年9月13日

ムーンストーン(Moon-stone)

ムーンストーン・手放すとき・2019年9月13日

ムーンストーンが出ています。

ムーンストーンに求めるのは「手放すこと」「新しいステージへの道標を得る」。

これらの働きは意味辞典の方ではほとんど触れられていませんね。

ムーンストーンは基本的に「情緒安定系」としての働きとなります。

情緒不安の元はと言えば、過去の体験の影響が多大にあり、これらを握りこんで手放せない状態と言えます。

(非常にシンプルに言えば単なる反応です)

この情緒安定作用のさらに根本にあるのは「自分と対話すること」が挙げられます。

人は様々な場面において様々な感情を得ますが、これが実に不合理なことが多々あります。

そこで、自分がなぜこんなことにクヨクヨ悩むのか?とか「これが苦手て仕方ないのはなぜか?」と自分に問いかけてみるのが大切。

それがムーンストーンが手伝えることなんですよね。

そうして得られた情緒安定はすなわち、自分が設定した方向をまっすぐに見て動揺せずに進むことに他なりません。

カード:ソードの3/リバース

要注意なカードです。

が、それを解消することを示唆する情報として取りましょう。

現状としては消化不良でわだかまりがある感じ。

うまくいかない何かがあってもそれを無理に納得せざるを得ない、といった感じです。

また、喪失感や敗北の感じがあるでしょう。

そして・・・現在のテーマはそれらのマイナス感情を手放すこと。

これができたら!

思わぬ展開で新たにスタートを切れます。

心の機械仕掛け

感情は単なる反応として不合理に動くことがある、ことを冒頭ムーンストーンの解説部分に記しました。

で、単なる反応というのはほとんど「機械仕掛け」と変わりません。

機械仕掛けというのは、考えて動いているわけでなく、単に条件による選択があるだけです。

例えば「信号が赤ならそこで停止する」など。

人の心も、機械仕掛けのように働くことがあります。

それは自分で設定する場合もありますが、自分以外に誰かが自分に対して設定することもあります。

後者の場合は「教育」があります。

自分が設定した機械仕掛けは自分で考えて外すこともできるでしょうが、教育として誰かに設定された機械仕掛けを自分で外すことは困難です。

なぜなら、それが教育として設定された機械仕掛けだと気づくのが難しいからです。

しかしながら、何か不合理な反応について、自分の心や記憶と十分に対話してみてください。

きっとおかしなものがたくさん見つかりますよ。

また、自分で設定した「おかしなもの」があるかもです。

当時は役立ったけれど、今は全く不要で害にしかならないこともあるはずです。

明日が良い日になりますように。

ピーターサイト・決定のときがくる・2019年9月11日

ピーターサイト(Pietersite)
ピーターサイト(Pietersite)

ピーターサイト・決定のときがくる・2019年9月11日

ピーターサイトが出ています。

(リンク先は製品の販売ページですが詳しく解説。ただし完売商品です。)

ピーターサイトに求めるのは「迷い・混乱の原因を解決する」こと。

ピーターサイトの働きの第一は「不要な観念を捨てる」ことにあります。

過去につかんで手放せない思いや考えが、現在の判断を迷わせていることが多いです。

そこでまずは自分の精神状態をクリアにすることが有効です。

ピーターサイトの働きは複雑ですが、まずはこの特性が根本にあります。

カード:ソードの2

現在は迷いの段階、または状況を放置している状況にあるようです。

ここだけ見ると要注意なのですが、このカードはそれが解消に向かうことも暗示しています。

迷っているようでも実際には心の奥底では自分なりな決定がないでしょうか?

それを持ち出す勇気が必要なのかもしれません。

誰かの言葉が後押ししてくれたら、すぐにも決定を下せそうに感じている、そんな受け身の状態がありませんか?

どんな手段になるにせよ、近々には決断を下すことになりそうです。

自分の本心に従ってください。

このようなとき、ピーターサイトは実に助けになるパワーストーンです。

迷いの状態

昨日の復習に使った「知っている」のスケールがそのまま「迷い」について使えます。

  • 知っている
  • 見ている
  • 感じている
  • 努力
  • 考えている
  • シンボル
  • 食べる
  • ・・・・
  • ・・・・
  • ミステリー

さて、ある主題について「迷い」が起こるのは上のスケール上では「考えている」に当たります。

となりますと、実はその問題に関してまだ見ていないことになります。

ちゃんと見れば「あ、それならこっちを選ぼう」ということになり、考える必要はありません。

まあ「考えている」から脱して上の「見ている」に移動するには「努力」も経過する必要がありますね。

見るにはそれなりな努力が必要でしょう。

もしかすると「考えている」に止まるのは「努力」したくないからかもですね。

このあたりにフォーカスしてみてはどうでしょう。

カードのコーナーで書きましたが、誰かに後押ししてもらう、というのも「努力」のうちかもですね。

明日が良い日になりますように。

カーネリアン・大チャンスの到来・2019年9月6日

カーネリアン(Carnelian)
カーネリアン(Carnelian)

カーネリアン・大チャンスの到来・2019年9月6日

カーネリアンが出ています。

カーネリアンに求めるのは「起爆剤!」。

起爆剤としての意味はヘマタイトあたりと似た使い方になります。

違いがあるとすればカーネリアンの場合は実力を十分に発揮できるようサポートしてくれること。

今回のカードの方では周囲からの評価が高まるときです。それがあって存分に実力を発揮できるようカーネリアンを選びました。

実際にはマイナス感情をセーブするといった癒しも根本にあり、実力発揮をサポートしています。

カード:カップの王

かなり良いカードです。

自己実現の達成を暗示させます。

これまでの努力が実り、それが認められ栄誉を受ける状態が近づいています。

経済的にも自立が可能で、これまで賛同が得られなかったことにも周りからの協力が得られるようになるでしょう。

それといいうのも、あなた自身の責任感と愛情があってこそ。これが実を結んでビッグチャンスがおとずれる兆候です。

周囲からの引き立てや、オーソリティーから認められると言う栄光もあるでしょう。

この幸運をしっかりつかんでください!

此の期に及んで尻込みしてはいけません。受け取るものは受け取りましょう。

ただし、周囲には確実に寛大になること。人望を失うことがないように。

力を使わないこと

今回のカード、カップの王について思うことを書きましょう。

人は賢くなるほどに「力」を使わなくなります。もちろん、力が必要な努力をしたりもしません。

何かを成し遂げようとするとき、どうしても「力」(パワー)が必要なのではないかと普通はそう思われるでしょう。

しかしながら、それに先立って必須なのが「自己決定」と言うこと。

「私は○○をする」と言う決定です。

ところで、「力」でできることは「破壊」以外にはありません。

もしも「力」のみに頼って物事を推し進めようとするなら、そこには必ず破壊があります。

これが物理的な「力」だけでなく、目に見えない「権力」と言う「力」でも同じことが起こります。

人類の歴史を見ても、この「力」に頼った文明は「力」に伴った破壊によって最終的には自らを滅ぼすこともあります。(シンプルに言えば戦争が起こったり、環境破壊によってそこに住めなくなったり)

ですので、例えばカーネリアンを使って自己実現すると言っても「力」の行使なしに、人々の賛同を得る方向に思慮を巡らせることが大切です。

ということで、これからも世の中や身の回りを観察してみてください。

「力」「権力」によって物事を推し進めようとするところには必ず破壊や何らかのトラブルを引き起こすことでしょう。

また、そうでなくとも「力」で何とかしようとする発想の元では学習や思慮が働かず、何らの向上もなしに原始人のままでいることになるでしょう。

明日が良い日になりますように。

ホワイトオパール・こだわりを捨てる・2019年9月3日

ホワイトオパール(White-opal)
ホワイトオパール(White-opal)

ホワイトオパール・こだわりを捨てる・2019年9月3日

ホワイトオパールが出ています。(意味辞典に未記載)

ホワイトオパールに求めるのは「こだわりを捨てること」。

前回もリセット系のストーンを選びましたが、ホワイトオパールもその延長上にありそうです。

さて、ホワイトオパールは自分自身が生まれ変わりたいと思うときに役立つストーン。

特に、過去に囚われていると思う方にはお勧めです。

ただし、イライラしているときは使用を控えてください。

意味辞典の方ではオパール全般について解説しています。

カード:ワンドの2/リバース

このカード(リバース)の受け取りようはちょっと難しいこともあり。

どうやら予期せぬ方向に行きそうなのですが、それが吉と出るか凶と出るかは判断が別れるところあり。

とりあえず計画通りには行かない様子ですが、その結果として思いもよらぬところへ落ち着き、それが実際には良い状態な可能性もあり。

ですので「ありゃっ?こんなはずでは!」と思うだけでなく、訪れたことを受け入れてみましょう。

実はそれがあなたを幸せに導いていることもあり。

そこで、お勧めしたいのがホワイトオパールなんですね。

当初の計画にこだわらず、転がって行った先にあることを有効に活用してみましょう。

人間万事塞翁が馬

今回のカードワンドの2/リバースで思うのは、何度かコラムで紹介している「人間万事塞翁が馬」(にんげんばんじさいおうがうま)です。

「人生の幸・不幸は予測しがたく、幸運も喜ぶに足らず、不幸もまた悲しむにあたらないとのたとえ。」

以上コトバンクより引用
https://kotobank.jp/word/塞翁が馬-507194

そして、少し前のコラムでも書きましたが、成功/失敗は実際にはこの宇宙に存在せず、その人自身がどちらかを自分で決定していること。

ある人は世間で言われる健康的な生活を心がけていても病気になり、他の人は特に健康に気を使うでもなくても長生きしたりがあります。

また、しなかったことに関してする後悔は何も役に立ちません。やってもいないことに関してどんな評価ができるでしょうか?

ならば自分が好きなように生きて、そして起こることに対してとにかく最善と思われる対処をするしかなさげです。

最終的には身もフタもない話のようですが、くよくよ内向しないで外向的になりましょう。

と言うところで内向してしまった時の対処をひとつ。

とにかく外に出て、テクテクと通りを歩いてください。散歩です。

周囲の景色を見ながら、遠くに目線をやってください。

この散歩は肉体的にかなりヘトヘトになる距離や時間をかけてください。(家の周り数区画を回ると言う作戦でもOK)

かなーりヘトヘトになったら家に戻ってバタンキューと寝てください。

もしも眠れないようであれば「疲れ方」が足りませんよ。

明日が良い日になりますように。