カテゴリー別アーカイブ: 学習系パワーストーン

ビジネスのスキルアップ、受験などの助けになるパワーストーンの紹介するカテゴリー。集中力のアップ、目標をゲットするために必要な能力を助けるパワーストーンとは?

2017年10月13日 パープルフローライト・新しいことを始めよう/魔術師

2017年10月13日 パープルフローライト・新しいことを始めよう/魔術師

面白いカードです。

創造を意味しており、いかようにもことの始まりを作れるというわけです。

新しいことに取り組んだり、現状の環境から飛び出したいといった願望も表しており、実現不能と思えるようなことにも挑んで行こうとするかもしれません。

しかしながら、そうは思っても自分にそんな能力があるのかと、疑いの気持ちになることも。

それでも今、たくさんの選択肢が目の前にあるはず。

また自分で気づいていなくても創造のタネは心の中にあるのです。

多くの選択肢から情報を集め、今までとは異なるやり方を選んでトライしよう!

創造性豊かなこのタイミングを存分に使いましょう。

このようなときにオススメのパワーストーンはパープルフローライト(意味辞典に未記載)。

パープルフローライトに求めるのは「発想の転換」。直観力・洞察力・多面的に物事を判断する力を与えてくれるストーンです。多くの情報、選択肢の中から「これは」という物を選び出し、新しい感覚で考えられるよになるでしょう。魔術師のカードが出ているとき、頭を整理してパープルフローライトを使うことをお勧めいたします。

創造性、それは誰もが持っている

人間の魂が得意とする最も典型的なことは「創造すること」。

このコラムでこれまでに書いてきた「知っている」そして「知らないでおく」こと、そして「創造すること」が人の三大能力と言えるかもです。

しかし「私は創造なんてことは苦手だ」と思われる方も少なくないでしょう。

ところが実際には、何かをしない理由、できない理由などマイナス思考に囚われた人でもすごい創造力または想像力を働かせることができていますよ。

実際のところ、人はプラス側にもマイナス側にも素晴らしく創造力を発揮しています。

そしてマイナス思考に陥るときは「知らないでいる」ことができず、過去のデータを積み上げて自分にダメ出しの創造性を発揮しているように見えます。

ちなみに、子供の創造性がプラス側に多いのは、過去のデータを積み上げることができないからかもしれません。

そしてその子の成長過程で「こんなことをしたら大人に叱られる」というデータが蓄積していき、創造性が失われるのでしょう。

ここでも「知らないでいる」の能力がかなり有効なようです。

「これこれをしたら大人に叱られる」というのは過去のデータを知っており、そして未来にそれがどうなるか知っている、という状態です。

創造性は「知らないでいる」ことと密接に関係しそうです。

明日が良い日でありますように。

017年10月5日 グリーンフローライト・初心に戻ろう/ワンドの10/リバース

2017年10月5日 グリーンフローライト・初心に戻ろう/ワンドの10/リバース

ちょっとばかり注意なカード。

あらぬことで努力がフイにとか、かなりきわどい状態にはまり込む暗示です。

その上に、ダメとわかっていてそれを続けざるを得ないという状況の発生とか・・

いやでもねえ、人生にはそんな状況は時折は起きますよ。誰だにだってあります。

全部が全部、順風満帆とは行きません。

ハプニングで心が折れそうなときには、「初心」を思い出しましょう。

そして落ち込むヒマがあったら「どう切り抜けようか?」と考えるのです。

そして「初心に帰る」はかなり良いお薬ですよ。迷ったらそうするべき。

また、どうしても落ち込んでしまったなら、ルーチンワークや部屋の掃除で切り抜けてしまいましょう!

このようなときにオススメのパワーストーンはグリーンフローライト(意味辞典に未記載)。

グリーンフローライトに求めるのはとにかく「発想、思考の転換」。このストーンは多面的な物の見方や判断ができるようにサポートします。この働きは結果的に冷静さをアップさせることにもなります。あることで冷静さを欠いて感情がたかぶったとしたら、それは物の見方が偏っている可能性がありますよね。

どうして良いかわからない、という混乱を治める

今回のカードは、本文にも書きましたが誰にも起こり得る、まったく普通のこと。とにかく乗り切ってしまうこと以外にありません。

そして、ゲームにはハプニングがつきもので、そうでなければすぐに退屈してやめてしまいます。

退屈なゲームは誰にとってもつまらないのです。

さて、今回のカードの処方では「初心に帰る」がありました。

具体的には、基礎的なことを見直すとか、そもそも今持っている情報が正しいのか?といったことを洗ってみましょう。

混乱を治める唯一の方法とは、すでに何度も書きましたが「とにかく何かひとつ取り上げる」です。

そして今回、どうして良いかわからないなら「初心に帰る」を取り上げて混乱を治めるわけです。

今思い出しましたが、夜の地震や火事でのとき、家から逃げだす人がなぜか「枕」持って出てきている、という話を聞いたことはないでしょうか?

これは実際にあることで、枕だけでなく、とにかくまったく大切そうでない適当なものを持って逃げ出しています。

実はこれが「混乱を治めるためにとにかく何かを取り上げる」というアクションの典型例です。

その人は、すぐそばにあった枕を取り上げることでとにかくその場の混乱を治め、逃げ出すということができているわけです。脱出それ自体に成功していますから、持ち出す物が枕でも良いのです。

慌てていたから枕を持って出たのではありません。枕をとにかく取り上げたので、逃げ出すことができたのです。

明日が良い日でありますように。

公開日:2017年10月4日 最終更新日:2017年10月9日

グリーンフローライト・価値観の変革が来る/塔

フローライト(Fluorite)
フローライト(Fluorite)

上の画像ではグリーン色をしたのが「グリーンフローライト」

2016年10月4日 グリーンフローライト・価値観の変革が来る/塔

うわっ!出てしまった塔のカード!

大雑把に言えば、塔は「崩壊」を表します。が、単純な崩壊ではありません。一見して、悪い予感の的中や、ハプニングで計画が流れることが起こるかもしれませんが、これはあくまでも表面的なこと。

この現象は自分の力ではどうにもならないことに関して、運気の流れがあなたを本道に導き直すといったことも考えられるのです。

ことによっては大きな喪失を伴うことが起こるかもしれませんが、瑣末(さまつ)なことに目を奪われず、真の幸福を見つけるためのきっかけになるような暗示があります。

流れに抗うことなく、真実だけを見つめていましょう。

急激な変化の一日です。

このようなときにオススメのパワーストーンはグリーンフローライト(意味辞典に未記載)。

グリーンフローライトは主人が持つ人間的に未熟な部分が、より良い状態へと成長を遂げられるように導いてくれます。別名を「学びの石」。身の回りで起こることすべてを糧とできるように導いてくれるでしょう。

考えを変えることができないその理由

前回までのコラムで問題の解決と第一、第二の決定について書きました。

要点としては第一、第二の決定それぞれをよく見直すということでした。第一の決定が一体何であったのかよく見て、そして第二の決定に嘘がないかを自覚するということでしたね。

そうして第一の決定を本当にあるがままに見たとすれば、その決定(の効力)は消えてしまい、現在の自分に影響が及ばないという基礎原理が最後のところでした。

この、あるがままに見てそれが消える、というのは、そこで初めて第二の決定が有効になり、「本質的に考えを変えることができる」という状態です。(もちろん第二の決定に嘘があってはなりません)

しかしながら、なぜか第一の決定を「あるがままに見られない」または「見ているつもりだが消すことができない」ということに行き当たる場合があります。これでは考えを変えられないわけです。(第二の決定に移れない・問題の継続)。

これは第一の決定をあるがままに見ることが困難なときに起こりやすいです。そうなる理由の一つは・・・

「第一の決定を自分でしていない」

ということが挙げられます。

これは大いにあり得ます。幼い頃は誰でもその生活のかなりな部分を親が決定していたでしょう。そして進学、就職、結婚などについてその進路を自分で決定できていないということも少なからずあるでしょう。

要するに、自分以外の誰かによる「他決定」が第一の決定である場合、それを取り消すということが困難なのです。自分の中を探してもその決定がなかなか発見できませんから。

それから、人生の進路決定について大きく影響しやすそうなのは「親」であることは簡単に推測されますが、実際には曾祖父母であったり、親しい友人や先輩であったりもします。ことによっては本の文章やマスコミ情報の何かでさえあり得ます。

これは第一の決定を自分でなく他に委ねたということです。自己決定をしないで他に決定を委ねるということは、まさに責任を自分以外に転化してしまった状態です。

これって結構複雑ですよね。

そうそうそう、自分で決定しないと後が大変なんですよ。自分の人生を自分で歩むことができずに苦しむことになるのです。

ただ、このケースでも望みがあるとすれば・・・

「誰がその決定をあなたに言い渡したのか?」
「そしてその決定の責任を誰かに転化する、という決定をした瞬間を特定する」

という作業はできます。

これが「誰かからもらった第一の決定」を知るためには必要なアクションとなります。

こうしてみると、人生を複雑にするのは他でもない、自分自身ではないか・・と思えます。

ちなみに、「責任転化の瞬間」を、それを「あるがままに見る」ことができれば、それを消すことができます。あるがままに見ると、なんでも消えてしまいますよ。

明日が良い日でありますように。

公開日:2016年10月3日 最終更新日:2016年10月3日

パープルフローライト・価値観の転換を/審判/リバース

2016年4月6日 パープルフローライト・価値観の転換を/審判/リバース

ちょっとばかり要注意なカードが出ています。

思いもしなかったトラブルとか、これまでの価値観では手も足も出ないような何かで困り果てるという暗示。

これは悪く取れば単なる災難にしか見えませんが、これはある意味チャンスと捉えるべき。

昨日のカード「女帝」を覚えていますか?これが実現するためには価値観の転換が必要そうということなのですよ。

自分を振り返る機会を経て、思わぬ大きな方向変換の必要を知ることになるかも。

変化を受け入れ、気持ちをリセットしましょう。

このようなときにオススメのパワーストーンはパープルフローライト(意味辞典に未記載)。

パープルフローライトは発想の転換を図るときに使いたいストーンです。そしてその働き方が特殊です。持ち主の思考パターンが行き詰まりを感じたときに自動的に発動しますよ。知力もアップし、決断力、判断力も強化されます。

こだわりということ・価値観の転換

今回のカードによると、何か価値観の転換をしなければならないようです。

といえば、ふと気づけば人気レストランなどで「こだわりの何々・・」を売りにしていることや、または「シェフのこだわり何々・・」といった売り方が普通になっています。

しかしながら、ちょっと考えますと元々「こだわる」というのは良い意味でなく、傾向としては悪い方の意味で使います。元はそうだったのです。

こだわる

① 心が何かにとらわれて,自由に考えることができなくなる。気にしなくてもいいようなことを気にする。拘泥する。「金に―る人」「済んだことにいつまでも―るな」
② 普通は軽視されがちなことにまで好みを主張する。「ビールの銘柄に―る」
③ 物事がとどこおる。障る。「脇差の鍔(つば)が横つ腹へ―つていてえのだ」〈滑稽本東海道中膝栗毛6〉
④ 他人からの働きかけをこばむ。なんくせをつける。「達ておいとまを願ひ給へ共,郡司師高―つて埒明けず」〈浄瑠璃娥哥がるた〉

スーパー大辞林より

ですから、レストランなどで使っているのはまあ上記の②でしょうか。

で・・・

価値観の転換を行うには「こだわり」を捨てる必要性あり。

また、意識できる「こだわり」でなくとも、知らず知らずのうちに持ってしまっている価値観というのもあり、また植え付けられた価値観もありです。

そんな中で、最も身近にあって役に立たない価値観として、私は「世間体」というのを取り上げたいところです。「世間体」とは要するに、人からどう見られているかを気にすることですね。

昔、この世間体というのは現実問題の世間体でしたが、現在ではSNS上での世間体ということまでもが生活の中に入ってきてしまっています。

世間体のようなことにエネルギーを使うと自分がなくなりますよ。そして人から賞賛されようと思ってする行動は世間体を良くしようと思っていることですね。また、真逆に人から同情を買うための行動も「受け身」として自分をすり減らしますよ。

私は今までに見たことのないことの一つとして「世間体を気にして行った何かがその人の人生に何か良い結果をもたらしている」という状態です。

さあ、自分を由(よし)としようではありませんか。それが自由というものです。

明日が良い日になりますように。

公開日:2016年4月6日 最終更新日:2017年9月6日

グリーンフローライト・計画の立て直し/魔術師/リバース

フローライト(Fluorite)
フローライト(Fluorite)

2016年2月25日 グリーンフローライト・計画の立て直し/魔術師/リバース

予定通りに行かないことにいらついていませんか。また思いもよらない出来事が起こったりと。

理由はともあれ、思い描いていたゴールには遠い状態です。

今の考えややり方にとらわれず、新しく取り組み直したり再度の計画立案でこの状況から抜け出せるでしょう。

これまでのことが間違っていたわけではなく、物事を理解するためのステップのようですよ。

このようなときにオススメのパワーストーンはグリーンフローライト(意味辞典に未記載)。

グリーンフローライトは持ち主の人間的成長を促します。人との関わりが円滑になり、穏やかな人間性を与えてくれるでしょう。また「学習の石」とも言われ、多方面にわたって物事を理解するのに役立ちます。

海を守るために山を守る

今日もちょっとよもやま話をひとつ。

少し前になりますが、文部科学省が15年ぶりに改定した「食品分析表」によりますと「ひじき」の鉄含有量が従来の1/9になっています。

ひじきと言えば鉄分の王様みたいな食品だったのですが、そうとも言っていられない状況のようです。

これって調理のフライパンの質とか(鉄とかテフロンなど)に関係ありやと考えられていますが、今の所理由は不明。

これは私の推測のひとつなのですが、川から海に流れ込む水のミネラル分に変動があった可能性を否定できないと思っています。

たとえば、海で牡蠣を養殖している人たちにとっては切実なことで、川から栄養分、ミネラルなど十分に豊富な水が流れ込まないと、牡蠣の育成に悪影響があるということです。

良い牡蠣を育てないなら、山で良い木が育ち、栄養豊富な水が下流に流れる必要があるということなのです。

それなら海岸近くで取れるひじきなどもろに川の水の影響を受けそうに思えます。

日本の山はその昔、建築資材用に杉を植えまくりましたが、現在は輸入材に押されて杉山を放置している状態となっています。これだと山の土が死んで良い水が海に流れ込まないわけですね。

こうしたことから、牡蠣の養殖業者は積極的に山の世話をしようという動きをしているようです。

まるで「風が吹いたら桶屋が儲かる」的な関連性ですが、自然というのは少しいじると思いよらない環境破壊をもたらしますね。

それから、普通に売っているひじきは国産ばかりでなく輸入品もあるということですから、もしかすると産地によっての差があるのかもしれません。

参考記事
ひじきの鉄分が9分の1に ?! 「ひじきは鉄分の王様」 は過去の話だったなんて…。

明日が良い日になりますように。

公開日:2016年2月25日 最終更新日:2016年2月25日

バイカラーフローライト・ゴリ押しストップ、周囲との協調を/皇帝/リバース

フローライト(Fluorite)
フローライト(Fluorite)上の大きなフローライトがバイカラーですね。

2015年9月7日 バイカラーフローライト・ゴリ押しストップ、周囲との協調を/皇帝/リバース

物事があまりはかどっていないのは確か。勇気が不足したりあきらめていたりでしょうか。その原因としては過去の失敗が現在に影響している可能性も。

またはゴリ押ししてしまったことが裏目に出てその悪影響に困っていたり。

とにかくエネルギーを使う方向がよくないかもです。

今日はチカラでゴリ押しはストップ。注ぐべきエネルギーが正しい使われ方をしているかチェックしよう。周囲との協調も大切です。

こんなときにオススメするパワーストーンはバイカラーフローライト(意味辞典に未記載)。

このストーンの要点としては「冷静な判断」を下せること。そうするために焦りや不安感から解放し、良いアイディアを出したり発想力を豊かにしてくれますよ。またバイカラーフローライトは物事を多角的に見る能力を高めてくれます。

参考までにフローライトの解説ページへリンクします。

反応、理性、必要性のレベル

過去の失敗経験が現在に作用し、目の前のことにうまく手をつけられないとか、尻込みしてしまうという経験は誰にもあるでしょう。

過去の失敗経験から「学ぶ」べきこをと学んでいれば良いのですが、実際には単なる「反応」として身についてしまっているケースも多いです。

動物に芸を仕込むのには基本的に「反応」を使いますが、人間は学ぶチカラを持っています。

例えば、熱いアイロンがあったとして、それが熱いと知らずに触った犬は「アイロン」そのものを警戒します。これはもうアイロンという物の「形」を見ただけで反応できる状態です。よほどリハビリをしないと、冷めたアイロンにさえ近づこうとしない可能性が高いです。

しかし人間は、熱いアイロンに触って火傷をしても、冷えたアイロンと熱いアイロンの違いを知っていて、触ってまずいのは熱いアイロンだけであると判断します。アイロンの電源は入っているかどうか?または触る前に熱いか熱くないか、そっと指を近づけてみればわかるでしょう。

これが学習と反応の違いで、理性を持っている人間と他の動物を分ける大きな違いということができます。(反応で子供を教育しようとしていることも見かけますよ)

しかしながら現実には、人間でも動物と同様に知らぬ間に「反応」をたくさん抱えています。これはもしかすると本人さえ気づいていないのですが、確かに持っています。

何が「反応」なのか?それを見分ける一つの観点は、それが「不合理」かそうでないかです。

先ほどの例の「熱いアイロン」で言いますと、ある人がとにかくアイロンが嫌いで、それが熱い(危険)か冷たい(安全)かに関係ないとしましょう(動物状態)。このような状態は「不合理」です。「なぜだかとにかくアイロンは嫌い」というのは不合理です。

これはどこかで「反応」を得てしまい、理性がそれを制御できない状態ですね。「理由はわからないけどとにかくそうなんだ!」という状態です。

これは物事や食べ物の好き嫌いなどに端的に現れています。

しかしながら、人はときとしてこの不合理で理性の働かない「反応」をどうにかねじ伏せることをします。

それは「必要性のレベル」が高まったときです。

例えば「危機が迫っているとき」は端的です。

極端な例ではありますが、たとえば災害で孤立し、食料が底をつきそうになったときに、もう食べ物の好き嫌いを言っている場合ではないでしょう。アレルギーのある食品でもない限り、好き嫌いを乗り越えて食べてしまうことでしょう。

これは「生存のための必要性のレベル」が上がったというわけです。

そして危機的な状況における「必要性のレベル」は「反応」を解くだけでなく、能動的なことがらにも言えます。

端的に言えば「火事場の馬鹿力」がこれに当たります。火事という危機において、必要性のレベルが高まり、普段出せないような力で家財道具を運び出したりといったことです。

それからさらに「必要性のレベル」は理性を動員して働いて「反応」や「苦手」を克服してしまうこともあります。この場合には現状よりもさらに良いサバイバル(生存)に向けての努力と言えそうです。

たとえば、恋愛の相手がいたとして、相手に気に入られようとすれば自分自身の「反応」に立ち向かうといったこともするでしょう。食べ物の好き嫌い以上に優先させることがあると判断するわけです。

または大きなビジネスチャンスを目の前にして、少々苦手なことでもなんとかやりきるといったことです。

さてさて、こうして見ますと、自分自身の不合理(反応)から脱出するには・・・・

理性しかありません。

もし理性を使って反応を克服することがなければ、そしてもしも次の人生があったなら、その「反応」を持って行ってしまうようですよ。

そうなると生まれたときから何かが苦手な人生をスタートします。ね、そうでしょ。そう考えるとつじつまが合う話の方が多いようですよ。嫌ですね。

明日が良い日でありますように。

公開日:2015年9月6日 最終更新日:2015年9月7日

ホークスアイ・成功のチャンスは新しい人脈から

2015年6月10日 ホークスアイ・成功のチャンスは新しい人脈から/ソードの王子

新たな出発とその準備段階にいることを暗示しています。

新しい目的を発見してその活動のための情報集めとか勉強が始まっているかもしれませんね。

将来への好奇心と不安がまざったような状況でしょうが、思いがけなくチャンスが到来するかもです。これは新しい人間関係からやってくる可能性が高いようです。

成功のチャンスは新しい人脈から。いろいろな人に会い、語り合いましょう。

このようなときにお勧めのパワーストーンはホークスアイ(意味辞典に未記載)。

ホークスアイは行動力がアップし、日常のテリトリー外の交流が進められ、新しい人脈を築くことがしやすくなります。また、物事や人物の真意を見抜く洞察力が高まりビジネスチャンスが増えますよ。

選択させられるとき

またまた、ちょっと良いカードが出ましたね。そこで本日も息抜きの話題を。

昨日は「選択」に関することを書きましたが本日もその続きです。

さて、人生の中には大小様々な「選択」があります。小さなことでは日常の買い物、大きなことでは職業選びとか結婚などです。

さて、この「選択」という行為は自分で選んでいるようで、実は「選ばされている」ということが多々あります。

今、日本は資本主義経済の中にありますから、端的に言って「物を売ってナンボ」の世界です。それで何かの購買についてはマーケティングによって特定の品物やサービスを「選ばされている」という現状があります。何かを人に買わせる、ということが職業そのものになったりするくらいです。

ところで、人が何かを選ぶという行動は、言い換えると「混乱を収束させる」ということと同義です。

「選ぶ」 = 「混乱の収束」  こういうことです。

これってちょっと不思議に思われるかもしれませんね。以下に少し解説しておきましょう。

まず、何かを選択しようとするとき、多少なりとも迷いがあります。ことによっては大いに迷いが起こります。即断できる場合もあるでしょうが、悩み続けることもあるでしょう。時間の長短、内容の浅深は様々ななれど、そこには迷いがあります。

例えば、スーパーで台所洗剤を選ぶとき、様々なメーカーが様々な用途効能でもって多数の製品を出していて、どれにするか私たちに選択を迫っています。

大きなことでは、ある人と結婚するかしないか、そんなことで迷っています。(誰と結婚するか、という迷い方もありますね)

ことの大小はともかく、頭のなかでは「あーでもない、こーでもない、こっちかな?あっちかな?」という具合です。

これって選択が終了するまである種の「混乱状態」です。

この混乱状態を収めるには、選択を完了させるためのデータをその人にただ一つ投げ与えればOKです。

むしろ人は、その混乱を収束させたい(選択を完了したい)がために、データを待っていると言えます。そしてことによっては嘘で騙されたり、間違ったデータを得て間違った選択をしてしまいます(それでも混乱はとにかく一旦収まります)

その、選択のために与えるデータが資本主義社会の中ではマーケティングとCMです。

「92%のプロがこの◯◯◯を選びました。」

これがキャッチコピーの一種で、プロが認めているなら間違いないだろうと思わせる方法。

「除菌もできる部屋の消臭剤」

これは、似たような製品が多数ある中で、これは「除菌もできますよ」と新しい特徴を与える方法。

まあ、これらは嘘でなくて製品にそれなりな機能があるなら問題ないでしょう。消費者がそのデータにピンと来て選択し、混乱が収まるならそれでよし。

しかしながら、実はもっと巧妙に私たちを騙すように選択させようとすることもたくさんあります。

それは「先に大きな混乱を作っておく」ことから始まります。

例えば・・・

「戦争が起こるかもしれない」

こんなことを吹聴したり、データを数多く見せつけるということを行います。

これってかなり混乱できそうでしょ。どうするべきか?という混乱の本質は、実のところ「洗剤の選択の迷いと同じなのです。

この「戦争が起こるかもしれない」とか「◯◯が攻めてきたらどうするか」というタイプの混乱を与えることは太古から為政者がよくやってきたことです。

そしてこの混乱を収束させるためのデータが(為政者によって)与えられます。

「私を支持し、この法律に従え」です。

それは為政者にとって都合の良いデータというわけです。人々は混乱を収束させたいがため、多少気に入らないデータでも受け入れてしまいます。

「だって今は他を選ぼうにも◯◯◯しかないし」とかね。

騙されないためにしなければならないこと。

「最初の混乱は本物か、その原因は何かを見極める」です。

明日が良い日でありますように。

公開日:2015年6月9日 最終更新日:2015年6月9日