カテゴリー別アーカイブ: 愛情系パワーストーン

ローズクオーツ・バランスの大切さ・ 2018年9月13日

ローズクオーツ(Rosequartz)
ローズクオーツ(Rosequartz)

ローズクオーツ・バランスの大切さ・ 2018年9月13日

ローズクオーツが出ています。

今回ローズクオーツに期待するのは「バランスの取れた生活」。

ただし、ローズクオーツはできるだけ色が薄いものを。

色が薄いローズクオーツの特徴として、ローズクオーツの基本的な働き以外に「適度なリラックス効果」と「オン/オフの使い分けが上手」があります。

ですので薄い色のローズクオーツはいつもバリバリ働いているあなたに、バランスを取る意味でオフを十分に満喫するにはお助けになるストーンと言えます。

この辺りのこと、意味辞典のページでは触れられていません。

さて、カードは「節制」。

まずまずの状態を示しています。

要点としてはバランスが取れている状態を表しているようです。

また逆に、バランスが取れた状態にすることで様々な問題の解決があるだろうことを暗示してもいます。

自分自身、家族、社会、世界、地球全体として、バランスが取れているでしょうか?

最大限のバランスを目指すこと

バランスが取れる、ということはとにかく全体としてのサバイバルがうまく行くことを意味します。

これについては「生存の多重円」がそれを端的に表します。

生存の包含関係
生存の包含関係(多重円)

中心に自分があります。

自分だけの生存に明け暮れ、他の上位の円にある「家族〜生物界」をないがしろにしていれば、最終的には自分自身が生きられません。

グループに着眼しましょう。

「国家」というグループの存続のみを見て、それに包含されている「個人」(ここでは自分)をないがしろにすれば、最終的には国家それ自体が成り立ちません。

このように、この多重円のどれか一つを突出して成り立たせることはできません。どの円も非常に大切な生存なのです。

さて、これまでのコラムでは「まずいこと」とか「罪」について書きました。

「罪やまずいこと」これらはこの多重円のどれかだけ突出した状態で生き延びようとした間違った方法をとることと定義できます。

例えば、不倫で家族を裏切り、ことによっては会社での立場も失ってグループから追い出される、なんていう典型的なパターンがありますよね。

これも生存の多重円の意味が分かれば、起こる現象をたちどころに理解できるでしょう。

ある会社(グループ)が自社の利益のために公害を撒き散らせば、生物界のサバイバルをくじき、生物界には自分も家族も含まれていますよね。その公害が社会問題になれば、会社の社会的立場が危うくなり、サバイバルが危ぶまれるでしょう。

これもシンプルに生存の多重円が意味するところを端的に表しています。

「バランスを取ること」

非常に非常に大切です。これ一個人の中でも大切です。

明日が良い日でありますように。

公開日:2018年9月12日 最終更新日:2018年9月12日

ロードナイト・愛情系でよい兆候・ 2018年7月27日

ロードナイト(Rhodonite)
ロードナイト(Rhodonite)

ロードナイト・愛情系でよい兆候・ 2018年7月27日

ロードナイトが出ています。

ロードナイトに期待するのは「愛情表現と母性」。

前回に引き続き、また愛情系。ロードナイトも典型的な愛情系関連のパワーストーンですね。

ロードナイトは意味辞典に書かれている以上に多くの愛情系の働きがあります。

そこで今回取り上げたい働きは「愛情を正しく使えるように導くこと」です。

それにはもちろん愛情の表現方法も含まれています。

愛情表現というのは、人によっては非常に困難を抱えていることがあります。

それというのも、元々がトラブルを抱えやすいのが愛情系だからでしょう。

そのトラブルのせいで愛情に関する屈折が多いのですね。

なお、簡単に記せば、感情のレベルが低いほどに愛情表現は難しくなりますよ。(あまりに感情のレベルが低いと愛情自体がないわけですが)

さて、カードは「カップの女王」。

良いカードです。

なんらかの愛情系に関する望みが叶い、実感できる暗示です。

また現状として愛し愛される状態や、とにかく満ち足りていることを強く望んでいる状態も表しています。

これは直感とか感受性といった感覚が強くなっていることを意味し、その中心にには母性があるようです。

そしてその愛や母性は根本的に協調性ということに関係し、問題の解決や良くはなかった人間関係の回復などにも影響があります。

感情のレベル、芸術、エネルギー

カップの女王のカードは直感や感受性という意味から芸術とも大きく関係します。

直感や感受性は正確性を期して書きますと感情のレベルとしてかなり高いところにあります。

直感の定義を正確に記しますと・・・

推理・考察など論理的思考によらず,感覚的に物事の真相を瞬時に感じとること。
(スーパー大辞林)

(ここで大事なのは「物事の真相を・・」の部分)

間違ってはいけないのは、感情のレベルが低い状態ではまともな直感や感受性はなく、それは単に「反応」であるということです。

例えば、恐怖に怯えている人の直感(実は反応)に従っていてはまともな選択はできないでしょう。それが災害時なら、かなり生存率が下がるでしょう。

また「信号が青ならそのまま渡れ」を反応的に得ていて、それを本当に機械的に実行するなら、信号無視の車がきていててもそのまま交差点に侵入で事故になります。直感が働いているなら、自分の側が青信号でも止まっているでしょう。

さて、今回話題にする「芸術」ですが、感情のレベルとしてはかなり最上位にあるのは確か。

エネルギーに依存することなく、エネルギーを自由に生み出すことができているのが芸術活動そのものです。

これ、本当に不思議なことです。

例えば音楽があります。目の前の生の演奏を聴くと、確かに演奏者が奏でる音はエネルギーとして聴衆に伝わります。(実はエネルギーなしでも伝わるのですが)

しかし、作曲者がそこにいる必要はなく「譜面」という記号がエネルギーの出し方を記していて、演奏者はそれに従っていることになります。

そして良い演奏者は、譜面に記された記号を自分なりの解釈でエネルギーに変換するという作業をしています。

ここを見ても、精神活動にはエネルギー以前にすることがある、ということを表しているようですよ。

いずれにしても、このような高度な作業をしているとき、感情のレベルはかな〜り、高いです。

怒っている演奏者、退屈な演奏者では良い音楽は作れないでしょ。ま、でも現実には「保守的」あたりの演奏者は多いでしょうか。それがつまらない演奏と言われるものかもです。

それから愛情系のロードナイトに照らしていえば、これら芸術家はどうやっても愛情ということと無縁ではいられないことがお分かりと思います。

優れた芸術、何年何百年もの時を超えて人々に感動を呼び起こすその芸術にはどうやっても深い愛情が関係します。(愛情がなければ「理解の三角形」も存在しないしょ)

さてさて、今週最後のコラムは芸術、感情のレベル、エネルギーの関係について少し考察しました。

今週末、場所によっては台風が通過します。万全の準備をいたしましょう。

それでは良い週末を。また次の日曜、更新いたします。

明日が良い日でありますように。

公開日:2018年7月26日 最終更新日:2018年7月26日

マンガンカルサイト・良い出来事・ 2018年7月26日

マンガンカルサイト(Manganese-calcite)
マンガンカルサイト(Manganese-calcite)

マンガンカルサイト・良い出来事・ 2018年7月26日

マンガンカルサイトが出ています。

マンガンカルサイトに期待するのは「愛を送る」こと。

愛情系の代表格と言えるパワーストーンですね。

マンガンカルサイトはとにかく「調和」が取れていることが好きです。

様々なことを円満に運びたいとき、大変助けになります。というか、できるなら、あらゆることは円満に解決したいものです。(もちろん不可能なこともあります)

マンガンカルサイトは愛情を受け取ること、そしてこちらから出すことの両面において大変有用です。

なお特別な働きとして、幼い頃に愛情を受けられなかったことからくるトラウマを解消する方面でも役立ちますよ。

さて、カードは「カップの3」。

大変良いカードですね。

なにせ良いことが起こりそうです。問題があったならそれが解決する方向に。

才能や働きを認められ、周囲から祝福されるようなことも。

これらには、ひとえに周囲の人々からのサポートに負うことも多々あることを意識してください。

それまでは敵対的だと思っていた人までが、実はあなたを支持していた、ということもあり得ます。

また、自分自身が誰かのサポートをすることでさらなる発展と自己成長があるはずです。

人の力では長続きしない話

さてさて、エネルギー系の話題も最後になるでしょうか。

前回は、感情のレベルが低いとエネルギーの凝縮のために病気になりやすいことを書きました。

そして医学によらず病気を治すことがあるのは、凝縮したエネルギーをなんとかしているからではないか、と少し触れておきました。

セレニティアスではスピリチュアル系の話題が少ないのですが、医学によらず疾病が治癒することは事実としてあるようです。

これは患者に凝縮しているエネルギーを施術者が取り除いているのではないかと想像されます。

これ、実のところ現代医学の医師によってもなされることがあるようで、その先生に症状の話をするだけでも楽になる、といった現象もあります。(もちろん医師自身は何も意識せず)

そして実際に、このエネルギー処理が大変うまい人がいるのはどうやら事実。そうして「病気が治った」という証言も少なくはありません。(特に医学的に原因不明とされる症状などで多いです)

そうです、治る時には治ります。これは認めざるを得ません。

しかし、一度は治ったとしても、多くの場合は疾病が再発するか、他のどこかが悪くなったり他の病気になる例が多いです。

これには簡単な理由があります。

その人がいくら他人の力でエネルギーを処理してもらっても、自分の感情のレベルが低いところに落ち着いていれば、やはり病気の元になるエネルギーの凝縮がすぐに始まるということです。

自分の感情のレベルを向上させない限り、誰かにいくら治してもらってもきりがありません。

このことはエネルギー処理による治癒でなく、現代医学による治癒でも同じことです。(むしろ現代医学だけで見ていても、再発の理由などわかりません)

感情のレベルがもとの低いところにあれば、その病気体質は変わりません。

じゃあ、どうしたらイイのか・・

これ、病気のことから離れて端的に書きますと・・・

「(幸せをもらうより)自分で幸せになろう」です。

そのためには感情のレベルを高いところにできるだけ維持すること、これは声を大にしますが、マジ大切です。

憎悪でなく、愛情のエネルギーを使いましょう。そのためにもマンガンカルサイトは非常におすすめなわけです。

明日が良い日でありますように。

公開日:2018年7月25日 最終更新日:2018年7月25日

ローズクオーツ・豊かさを受け取ろう・ 2018年7月18日

ローズクオーツ(Rosequartz)
ローズクオーツ(Rosequartz)

ローズクオーツ・豊かさを受け取ろう・ 2018年7月18日

ローズクオーツが出ています。

今回ローズクオーツに求めるのは「母性・優しさ・愛情」。

もう典型的に愛情系のパワーストーンですね。

注意していただきたいのは、恋愛系でなく愛情系ということ。

男女間だけでなく、人間愛とか、自然を愛する心にも関連する働きです。

さて、カードは「女帝」。

良いカードですね。

これまでの努力が実るという象徴。

特に物資的な富とか繁栄を表しています。

現時点において「どうもそんな気がしないぞ」と思われるかもしれませんが、心配には及びません。

そして物質的な豊かさだけでく、内面からにじみ出る愛情に注目してください。

自分自身に、そして周囲の人々と愛情を分かち合えるように心がけましょう。

そうすることで内面にある愛が外面として物質的に豊かになることを知りましょう。

クレクレ君とモックアップできること

愛情は、一種のエネルギーと言えます。

エネルギーをおさらいしますと、この物質宇宙になんらかの変化をもたらす可能性を持つ力のこと、とします。

ところで、人は自らエネルギーを生み出す能力を持っているようです。

普通に考えると、何かを取り込んで、それをエネルギーに変え、そしてなんらかの仕事をする、という段取りがあるように見えます。(医学的に肉体だけを見ているとね)

しかし実は、人は「何もないところ」からエネルギーを生むことができるようです。

例えば、食べることによって体を動かすためのエネルギーを生むのは普通の考えです。

しかしながら、少し前に話題になったように、かなり食べないでも平気な人がいるのは確かです。(いわゆる不食、医学的にはなぜそれができるか不明)

そして愛情というのも人が自ら生み出せるエネルギーの一種です。

何かを愛したといって、そのせいで「わあ、お腹が空いた」と思う人は少ないでしょう。(体内に蓄積している熱量というエネルギー源を消費しないわけです)

ところが、世の中には「クレクレ君」がいます。

愛情を欲しがるばかりで自分では生み出せない例ですね。

このような例では、愛情ばかりかとにかくエネルギーを生み出すことができない状態に陥っているようです。

これをリハビリするには、まず自分は何かを生み出すことができる、という感覚を取り戻すこと。

そしてまずは自分の中にエネルギーを満たすことが必要そうです。それができてからやっと自分以外へ愛情を注ぐことができます。自分が枯渇していてはそれができません。

一般的な言い方として「自分を愛せないでは他を愛することはできない」ということがありますが、そのメカニズムは前述の理由によることになります。

クレクレ君は自分の中でエネルギーが枯渇していて、それを自分で作れないため、外からエネルギーを取り込もうとだけします。

これだと穴の空いたバケツのようにエネルギーを取り込むことだけしかできません。どんどん消費して作り出すことをしません。

それがクレクレ君です。

そのままではどうやっても豊かさを享受できません。穴の空いたバケツです。

これ、一部の人たちは「ヴァンパイア」とも呼んでいるようです。

これだと豊かさを受け取れないばかりか、自分から何かを愛することはできません。エネルギーを自分で作れるとは思っていませんから。

そこでローズクオーツの超根本的な働きとして、その持ち主がエネルギーを生み出す能力を取り戻すことの手伝い、ということがありげです。

最後にまとめますと・・・

クレクレ君たちはなぜ吸い取るばかりしかできないのか?

それは自分でエネルギーを作る能力を放棄しているから。

その対策はまず、自分はエネルギーを作ることができることを思い出すこと。

初歩的な第一歩は・・・

何でも良いからモックアップ(目の前に物体を想像して存在させること)できる能力を取り戻すこと。

そもモックアップの一例をあげておきます。

「あなたの好きな食べ物を目の前に思い描いてください」

このモックアップで描かれた映像は、明らかにエネルギーの表れですよ。

最後の最後に、普通に書けば「自分から愛することをしてみ」となります。

その裏付けとして「自分でエネルギーを生むことを思い出そう」です。

明日が良い日でありますように。

公開日:2018年7月17日 最終更新日:2018年7月17日