カテゴリー別アーカイブ: 愛情系パワーストーン

2017年10月19日 マンガンカルサイト・愛情の具現化/女帝

マンガンカルサイト(Manganese-calcite)
マンガンカルサイト(Manganese-calcite)

2017年10月19日 マンガンカルサイト・愛情の具現化/女帝

わわわっ!また良いカード!がしかし、一昨日と同じ!

このカードは端的に言って物質的な豊かさを表しています。

ただしこの結果を得るためには過去に自分で種を蒔いていたことが重要。

そして今この瞬間に、その種が本当に実るのだろうかと不安に感じる必要はありません。必ず努力が報われると言う暗示が出ています。

そうして得られる富ですが、単に何かが手に入ると言うことではなく、元々は自分自身の内にある愛情と豊かさがポイントになっており、それが具現化して目に見える形を取ると言うことです。

ですから、単に「物を求めていた結果」としての富が得られるのではありません。あなた自身が愛情を傾けて育んできたことが結果につながるのです。

さあ、受け取ってください。今までの苦労が報われるときが来たのです。

このようなときにオススメのパワーストーンはマンガンカルサイト

マンガンカルサイトに求めるのは「愛情の受け取りと送り出し」。このストーンは特に愛情関連でよく使います。確かに愛情を持っているのにそれを素直に表現できなかったり、愛情を受け取ることに臆病になっている人にとっては助けになるでしょう。

女帝のカードでは、得られる富の根本が「注いだ愛情」にあるとしています。マンガンカルサイトは愛情に関してのスムースな感覚を呼び起こすことでしょう。

子供の手伝いについて

またまた良いカードです。そこで今回もちょっと脱線。

今回のカードでは愛情関連についてが要点となっています。そこでこのコラムでは珍しく愛情関連として「子供」への接し方について触れておこうと思います。

子供に対しては必ず愛情を持って接することが必要なわけですが、それでは具体的にどうするのかが難しい点ですよね。

そこで今回は「子供に手伝いをさせる」ことを書きます。(特に親子関係においての子供ですね)

親子関係での子供の立場というのは、普通はもう一方的に保護されてばかりになります。子供が自立するまでに完全に保護状態です。

そうなりますと、どんなに「悪ガキ」であろうと親に対して恩義を感じてしまいます。なにせ一方的に保護を受けてばかりですから。

これはある意味で非常にバランスが悪い状態と言えます。子供本人がまったく気づいていないとしても「恩義を感じる一方」なのです。まったくそんなそぶりを見せなくてもですよ。

これは実際にかなりなプレッシャーです。

ですからこのプレッシャーが、あるときには思わぬ方向に噴出することがあります。恩義に押しつぶされてしまうこともあるのです。

このプレッシャーを取ってやるには、最も簡単な方法として「家の手伝いをさせる」があります。

家族の一員として何かの役割を負っているというのがベストでしょう。できれば、かなり幼い頃からこれをしているのが良いですね。

幼いときに与えられる「お手伝い」は簡単なことになるでしょうが、それがたどたどしくても見守って続行されるべきでしょう。

これがあるとなしとでは、その子供の将来がかなり違うことになるでしょう。

また、親子関係でなくとも、子供たちが集まるところで自分が管理者、保護者として彼らを見守るような立場になったとしたら、そこでも子供達に何かの「手伝いをさせる」のはかなり良いことです。

彼らの中の何人かは、飛び跳ねて喜んでお手伝いをして、そしてキラキラすることでしょう。

次回はこのことの基礎理論、タネ明かしと応用編に続きます。

明日が良い日でありますように。

2017年9月25日 マンガンカルサイト・収穫のときが来る/女帝

マンガンカルサイト(Manganese-calcite)
マンガンカルサイト(Manganese-calcite)

2017年9月25日 マンガンカルサイト・収穫のときが来る/女帝

良いカードです。「豊かさ」を表します。

特に物質的な豊かさを意味しており、内面で育ててきたことが外面に現れることを表していることも。

これまでに蒔いた種が実り、もうすぐ刈りとることになりそうですよ。

物質的な豊かさを得たとしても、これからもどうぞ内面を大切に。

人間関係は損得ぬきに心を広く。いたわりと優しさの気持ちを忘れずに。

あなたのひと言で周囲の人々がよい方向に進むこともあることを知りましょう。周囲の人が幸せになれば自分自身も幸せになれます。

このようなときにオススメのパワーストーンはマンガンカルサイト

マンガンカルサイトに求めるのは「愛情表現を楽に」。いつも愛用していると「愛すると言う事は、あるがままを受け入れるという事」という教えが、心に刻まれるようになります。「愛」には、思いが報われるか?などの「見返りを求める愛」だけではなく、ただ「与えるだけの愛」という形もある事を教えてくれるストーンです。

どん底からの脱出(補足4)

新しい一週間が始まります。出直すつもりで行きましょう!

続きとして、どん底からの脱出としてさらに解説します。

前回までに「決まり切った週間を止める」「倫理的にまともになる」ということを書きましたが、今回はちょっと番外編として「慢性的な身体的不調」について書きます。身体の調子が悪くて「どん底感」を感じている人も少なくないでしょう。

身体的不調は、もちろん医学的に対処するべきことなのですが、ここに書くことは医学とはまったく異なる視点からです。

さて、「慢性的な身体的不調」というのは医学的にはなかなかその原因がつかみにくいことがあります。

しかしながら心理的な側面であり得る事例を記しておきます。

病気の人の人格を借りているパターン

失った誰かの人格を借りる、ということがあることをこのコラムでは何度か触れています。

その借りた人格の人が慢性的に何かを患っていたならば、その病気までも(見せかけ)として借りることがあります。

症状を借りただけですから、一般医学ではその原因がわからないものです。

しかしその人はその症状で確かに苦しんでいます。医師としてはそれなりな診断を下して既存の病名をつけるしかありません。

そしてその人自身は誰かの人格を借りていることに気づいていません。

先に亡くなった身内と同じ病気を抱えている場合、それは遺伝よりも「人格を借りる」というパターンが確かに存在します。

都合上、自分で症状を作るパターン

具合が悪くなることで受けられる愛情、ということがあります。これは幼い頃の親子関係でよく現れますが、それが成人しても、老年になっても続くケースがあります。

愛情を受けられるなら、どんな症状でも出すでしょう。
(普通の医師にはなぜその症状が出るのかわかりません)

以上簡単に2例を書きましたが、これらのことを吹っ切るには「他に重要なゲームを作る」ことにつきます。

逆に言えば、人からゲームを奪うと慢性的な病気になりやすい、と言えます。

ですので、誰か問題(ゲーム)を抱えている人の問題を他人が解決してしまうと、最初に問題を抱えていた人は病気になることもありえますよ。

ですから、誰か困っているいる人を見たら、その問題を他の人が片付けてしまってはなりません。その人を「助ける」という形でお手伝いするのが正解。

まとめますと、人がゲームをすべて失うと、最後に残るのが病気、こうしたメカニズムが存在します。

明日が良い日でありますように。

公開日:2017年9月24日 最終更新日:2017年9月24日

2017年8月16日 グレームーンストーン・ちょとダレ気味/愚者/リバース

2017年8月16日 グレームーンストーン・ちょとダレ気味/愚者/リバース

夏季休業明けのカード・・・ちょっと注意です。

ダレ気味で緩み過ぎに注意。

現実をしっかり見る勇気は「自分への自信」がくれるはず。

自分の力量、したいことをしっかり知ることが大切。

もしかしたら今は何にもやる気が起きない感じでしょうか。まあこの休み明けですから仕方のない部分もあるでしょう。

日常モードに戻るためにも現実に目を向けましょう。責任回避はダメですよ。

また責任回避するために自分を過小評価したり自己卑下をしないように注意です。

このようなときにオススメのパワーストーンはグレームーンストーン(意味辞典に未記載)。

グレームーンストーンに求めるのは「自分との対面・本心を知る」。グレームーンストーンはムーンストーンの強力版と考えてOKです。とにかく自分のことを知るときに役立つストーンですね。そうして自分を知った上で、不要な部分を捨て去るという働きもあります。癒し効果もありますから、自分自身について悩む人には特におすすめです。

お盆について再考

少し長めの夏季休業をいただきました。皆様はどうお過ごしでしょうか。

帰省されていた方々は交通期間の混雑でお疲れかもしれませんね。

さて、お盆と言えば古くから様々な行事がありますが、もともとは仏教上での盂蘭盆会(うらぼんえ)のことですね。そしてさらにその源流はサンスクリット語やペルシャ語と関係があるようです。そう、元は日本のものではなく、意味も行事も後付けで定着したようです。

面白いことには精霊馬(しょうりょううま)の作りや作法も地方によって様々なようです。

精霊馬ってナスやキュウリで作るご先祖様の乗り物ということのようですが、これが人によっては馬でなくてモロに自動車の形にしたものとかが登場しています。

ご先祖様もビックリ!みんなの作った『精霊馬』が驚きの進化!(8選)

それどころか、何がどう変わってしまったのか、ナスやキュウリで作るのではなく、車のおもちゃを軒下に吊るすといったところもあります。これはもう精霊馬でなく精霊車ですね。

お盆につるす「精霊車」…山形・遊佐町の風習

さてご先祖さまも無事に冥土に戻られたでしょうか。

明日が良い日でありますように。

公開日:2017年8月15日 最終更新日:2017年8月15日

マンガンカルサイト・発展と前進・解決/カップの3

マンガンカルサイト(Manganese-calcite)
マンガンカルサイト(Manganese-calcite)

2017年6月20日 マンガンカルサイト・発展と前進・解決/カップの3

おお!昨日の延長上にあるような、これまた良いカードですね。

問題があるならそれが解決しそうです。それだけでなく、周囲からの応援もあってあなた自身の社会的地位の向上といったこともあり得るでしょう。

まさに喜ばしいことが起こる予感です。

本当にそうなったときには正直に喜びましょう。そして周囲の人にも感謝の気持ちを伝えてくださいね。

そしてあなた自身が誰かを支援するように心がけてください。そうすることで得られる人間的な成長もあります。

このようなときにオススメのパワーストーンはマンガンカルサイト

マンガンカルサイトに求めるのは「愛と喜びを周囲にも伝えること」。いつも愛用していると「愛すると言う事は、あるがままを受け入れるという事」という教えが、心に刻まれるようになります。「愛」には、思いが報われるか?などの「見返りを求める愛」だけではなく、ただ「与えるだけの愛」という形もある事を教えてくれるストーンです。

錯覚と思いこみの体験を語る

今回も手放しで良いカード。ですのでこのコラムもまた脱線とします。

筆者はたまに「ノンアルコールビール」を飲みます。アルコールが入っていませんから、酔うわけはないですよね。

しかし、なぜかアルコールが入ったように気分になります。これは本当に錯覚としか思えません。ビール的な味の飲み物を飲むと、アルコールがなくても酔っている気分になってしまうようなのです。

皆さんはこれと似たような体験がないでしょうか?

次、思い込みの体験を書きます。

昔、仕事で時折は飛行機での移動がありました。機内サービスでソフトドリンクの提供があり、私は紅茶を頼んでいました。

そしてある日の飛行機でもこのソフトドリンクのサービスが始まります。するとなぜか「おべんとのお汁がこぼれた」ような匂いが・・なだろうなあ、飛行機の中でこの匂いは?と思えました。

で、私のところにサービスが回ってきてカップに入った透明褐色の湯気が出る液体。「紅茶」だと思いました。(なぜかコーヒーなどの選択問い合わせなし)

そしてそれをひと口飲んで思わず吹き出しそうに。その紅茶、塩辛いのです。

そして隣の人に「ねえ、この紅茶、何でしょうね?」と聞いてみると「え、紅茶なんですか?、私のはコンソメスープですが・・・」

あ、コンソメスープ・・・あ、そうか、そうですね。

最初に匂ってきたお弁当臭は、コンソメスープだったんですね。

勝手に紅茶と決めつけていたのでコンソメスープの味がまったくわかりませんでした。いや、確かに、普通にコンソメスープなのです。私が勝手に紅茶だと決めつけていました。

いやー思い込みと錯覚は怖いですね。

ん、もしかしたら、人生は全てこういうことで出来上がっているのではないかと思うとぞっとしますよ。

明日が良い日でありますように。

公開日:2017年6月19日 最終更新日:2017年6月19日

ロードナイト・実りを受け取れる兆し/女帝

ロードナイト(Rhodonite)
ロードナイト(Rhodonite)

2017年5月2日 ロードナイト・実りを受け取れる兆し/女帝

良いです。このカードは豊かさの象徴ですね。

昨日の「お疲れ」が挽回される感じでしょうか。

これまでに蒔いた種が実を結ぼうとしていますよ。数々の挫折や苦労があったかもしれませんが、それらがすべて報われる兆しです。

自分の内にあったものが物質的になって表面に現れることを意味しています。

そして優しさ、いたわり、愛情を持って人に接すると「大きな豊かさ」が還ってくる日でもあります。

こんな風に行動できるあなたは周囲の人から「大切な存在」として認識されるでしょう。

このようなときにオススメのパワーストーンはロードナイト

ロードナイトに求めるのは「愛の表現」。他人に対してどのように振舞う事が、自分のためであり、相手のためになるのかをいつも考えさせてくれます。円満な人間関係のためには、時には「NO」と言う事も必要だとこの石は問いかけてきます。

次回の更新は連休と土日を挟んで5月7日(日)の午後10時以降になります。

ストーンの撮影という難しさ

今回はちょっと今まで書かなかったような話題を振ってみます。

セレニティアスが始まって以来、もうかなりな数のストーンを撮影してきました。

撮影総数でもうだいぶ前に万は突破しています。だいたい一作品で10カット以上は撮影するでしょうか。

ストーンの撮影は他の小物と違って肉眼で見た時とカメラで撮影した時の差が大きいのが特徴です。それで、どんな撮影でも最終的に肉眼で見た状態に近いことを目的にしています。

そうして試行錯誤を繰り返し、だいたいは万能に使えるライティングなどが決まってくるのですが、とにかく差が出るのがカメラそのものによる違いですね。

これはカメラ個々の性能というよりも、そのカメラが生まれつき持っている特性の中で良いと思えるところを引き出し、悪いと思えることをセーブする「撮影方法」を確立するということに腐心します。

ですから、高性能なカメラさえあれば美しい画像が撮れるというわけではありません。ワンランクアップした良い画像を撮ろうと、手持ちのカメラより高級なカメラを導入したとしても、単にそれだけでより良い画像が撮れることはまずありません。

新しいカメラを使い始めると、また一からそのカメラの特性を飲み込むまで試行錯誤が始まります。

ちなみに、現在出回ってるスマホのカメラはかなり良い画像が撮れます。しかしながらストーン撮影で背景が黒や白のモノトーンの場合はかなり苦しいことになります。とは言ってもコンデジを使えば簡単に良い画像が撮れるというわけでもありません。それはそれで苦しみますよ。

もしも今スマホでの撮影に限界を感じてコンデジを買おうとしているなら、少し踏みとどまってスマホでの撮影をもっと研究した方が良いかもしれませんよ。ライティングはかなり試行錯誤してみてください。

また、今持っているコンデジの性能に限界を感じているとしても、まだまだ研究の余地があるかもしれません。なにせ高性能なカメラがあれば勝手に良い画像が撮れる訳ではないのです。本当に使い方の方が出来上がりを大きく左右しますよ。

明日が良い日でありますように。

公開日:2017年5月1日 最終更新日:2017年5月1日

グリーントルマリン・過信に注意/ワンドの女王/リバース

2017年4月24日 グリーントルマリン・過信に注意/ワンドの女王/リバース

久々にシンプルに要注意カードです。が、心がけで災難を回避しましょう。

そのまま進むと思っていたことが予期せぬトラブルに見舞われたり、頼りにしていた人間関係がダメになるといった暗示。

これはもともと過信であったり策に溺れることが原因になりそうです。

もしも思い当たるフシがあるなら十分に気をつけてください。また、嫉妬や根拠のない疑いを持つことも大きなマイナスに。

周囲の人への感謝、いたわりの心を欠くと足元をすくわれます。

自我、勝気を少しセーブして気配りを心がけよう。

このようなときにオススメのパワーストーンはグリーントルマリン(意味辞典に未記載)。

グレームーンストーンに求めるのは「いたわりと愛情の心」。グリーントルマリンは慈愛の心を豊かにしてくれるストーンですね。この流れで得たことを人々に分け与えることを念頭に置いてください。誰にもでも公平に愛情を注ぐことが大切です。

子供にお手伝いをさせる意味

少しだけお休みをいただいていました。お久しぶりです!

さて、休み明けに面白い記事を見つけました。おなじみライフハッカーより・・

「お手伝いをする子ども」のほうが、大人になって成功する

というお話。

私自身はこれは当然だと思っています。

まず、人が生まれると「慣れない身体」をなんとか使うことから始めます。物質宇宙という空間で目の前にある何かに対処することを強いられます。これって要するに「サバイバルを強要されている」という状態です。

そして家事というのは根本的なサバイバイルに他なりません。どんなことだろうが誰かが家事をしているからそこで暮らしている人が生き延びられるわけですから。

子供に家の手伝いをさせるのは、まさにサバイバルの訓練に他なりません。目の前の物体に向き合い、直面し、問題を解決するトレーニングです。

これには手で行う作業がついて回ります。これはスマホやPCのゲームと違い「実態を伴ったゲーム」です。

家事は全て実態を伴う物質的な空間で行う実態を持った作業なのです。

何かを手で持つ。その感触、重さ、それが硬いのか柔らかいのか、危険か安全か?彼がこの空間で自由を得るにはこのあたりの感覚がトレーニングされることが望ましいです。もちろん空間認知力も高まります。

彼(彼女)が作業するとき、その空間は彼のものです。よって彼は空間的な所有という概念を得ることもできます。少なくとも、その作業中はそこが彼の居場所です。だからその家には彼の居場所があります。

幼い頃から家の手伝いをするのはほとんど良いことばかりです。

まあ、件の記事にあるように、子供にその仕事を任せても全体の仕事が減ることはないという可能性もありますけれど。

でもこれは単なる家事ではありません。彼に対しての非常に理にかなった教育だと思います。

明日が良い日でありますように。

公開日:2017年4月23日 最終更新日:2017年4月23日

ロードナイト・恵みを受け取る/ソードの6

ロードナイト(Rhodonite)
ロードナイト(Rhodonite)

2017年3月30日 ロードナイト・恵みを受け取る/ソードの6

おお、これはかなり良いカード!行動してきた物事が具現化する日。

これまでに様々に右往左往、苦労の連続だったとしても恵みを受け取れることになったようですよ。

心配事は吹っ飛んでしまい、爽快な日が訪れそうです。

また、これを機に自分の幸福を周りに分け与えようとするのは非常に良いこと。すでにそれをしようとしているかもしれませんね。

そして新しくプロジェクトを始めるのも良いたタイミングです。

新たにやりたい事があるなら今日がスタートのチャンス。助けを求める人がいるならどんどん手を貸してあげましょう。

それが巡り巡って大きな幸運になって帰ってくるでしょう。

このようなときにオススメのパワーストーンはロードナイト。
http://serenitius.com/imi/index.php?ロードナイト

ロードナイトに求めるのは「正しい愛情表現」。人を助けようとするときに役立つ働きを持っています。他人に心を開いて付き合えない人や、人見知りなどで社交的になれない人にお勧めのストーンです。人前に出る時や、自分の思いを相手に伝えたい時などは、このストーンを「左手」に軽く握り締めてください。不安感や恐怖心から心が解放され、あなたの気持ちを素直に行動に移せるようになり、あなたが望んだ関係を築けるようになります。

正当化から解放されるには

先回のコラムでは「罪を犯す前に必ず混乱がある」ことを書きました。今回は「罪を犯した後にすること」を書いてこの話題の最後としましょう。

何度も犯してしまう罪は正当化の積み重ねによります。誰もが「自分は正しかったのだ」と思いたいわけです。これにしっかりはまりこむともう罪を罪とも思わなくなります。何せ自分が正しいわけですから。ことによっては居直るという形になるかもしれません。

これは実のところ非常に苦しい状態になります。罪によって実際には自分の生存が危うくなっているのはその人の本心ではわかっているのです。

これから抜け出す方法はひとつだけ。

その罪を犯した最初の場面をしっかりと思い出すことです。正当化によって似たような罪を重ねるわけですが、そのきっかけになった最初の罪の場面を思い出すことです。

そこには必ず「混乱」があります。

それはいつ、どこで、どのような場面であったか、明確に思い描けることが必要です。

ここで多くの場合また「正当化」が始まるかもしれませんが、それはその場面についてまだまだ「正直に見ていない」可能性が高いです。

ですから「ことの良し悪し」以前に、とにかく「何が起こっていたのか」を見ることが必要です。そうすれば必ずや「混乱」を発見できるでしょう。

さて、そこで「混乱」を発見できたらかなり気分が楽になっているはずです。(これは重要なポイントです)

これができれば「正当化」が入り込む余地がかなり少なくなっているはずです。もしもまだ正当化しようとする重苦しい気分があれば、まだまだ起こった事実を捻じ曲げて見ようとしている可能性が高いです。

さて、罪の直前の「混乱」が起こった時、そこでその人はその混乱を治めるために何らかの行動をしたでしょう。その行動が結果的に罪になったわけです。(または何もしなかったことが結果的に罪になったかもです)

ならば、全体としてより「ましな」状況たり得るにはどうすればよかったかを考えてみます。絶対的な正しい行動を探す必要はなく、より「ましな」行動を探します。

これができると気分はかなり良いと思いますよ。そしてその人は自発的に何らかの「償い」をしようと思えるかもしれません。

この償いは刑法上の服役とかとは全く異なります。この償いは生存の多重円全体を見て、それらの生存(サバイバル)を助けるための何かをしようという行動になることでしょう。

さて、罪を犯した人に刑法上でいう「罰」を与えても何の解決にもならないことはお分かりと思います。そして再犯率も低くはありません。なぜなら「罰」では正当化を抑えることはできないからです。

最後に、自分が罪を犯していると思って(正当化しているかもしれません)、その苦しみから解放されたいのなら、最初の「混乱」を探し出し、その場面を明確にして、取りうるべき最善の行動を探してみてください。楽になりますよ。もしも少しも楽にならない場合には、まだ何か正当化が働いている可能性が。

また、これらの「罪」ですが、いわゆる犯罪よりももっと広い意味で使っています。

例えば、困っている誰かを助けるべきときに助けられなかったことについて、その人自身が罪だと思っているならそれは罪になります。

そのときのの「混乱」を探し当ててみたら、その出来事について後悔することなく「なーんだ、あれは罪じゃないよね」と思うこともありえますよ。

明日が良い日でありますように。

公開日:2017年3月29日 最終更新日:2017年3月29日