カテゴリー別アーカイブ: 愛情系パワーストーン

クンツァイト・目の前には可能性・2019年12月13日

クンツァイト(Kunzite)
クンツァイト(Kunzite)

クンツァイト・目の前には可能性・2019年12月13日

クンツァイトが出ています。

クンツァイトに求めるのは「平等に注がれる深い愛情」。

クンツァイトはかなぁ〜り深く自分を愛することを第一義とするパワーストーンですね。

それができてこそ、自分以外への愛情を本当に注ぐことができるわけです。

また、自分への愛情以外に他人への怒りや批判を抑えてくれる作用がありすね。(マイナス感情のセーブですね)

組み合わせの相性としてローズクオーツ、そしてロードナイトがあげられます。

カード:カップの王子

これもなかなか良いカード、前回の延長上にあるようです。

まずは未知数の可能性を示しています。これは「0」の愚者のカードと違い、本人自身が将来に対して夢や希望を抱いていいます。

目の前はチャンスだらけなのです。

様々な発想が湧きやすく、直感にも優れている時期。独自のアイディアや芸術性について才能を発揮しやすくあります。

スタートするのはまさに今。

ただし、やりたいことには真剣に取り組むこと。

スタートの後は?

前回は「スタートの秘訣」について書きましたが、今回の記事では行動のサイクルの残り二つ「チェンジ」と「ストップ」について記します。

復習として・・・行動のサイクルは以下の三つで成り立ちます。

  • スタート
  • チェンジ
  • ストップ

さて、スタートした後は状況に応じて自由にチェンジします。

例えば車を運転しているとして、スタートしたものの何も変えずに走っていれば即、それは事故を起こします。

スピードを変え、方向を変えねばなりません。

そして必要に応じてストップするわけです。

スタート、チェンジ、ストップこれらの三つが行動の中に含まれていることを思い出しましょう。

「何かうまく行かない」ということの中には上に書いた行動のサイクルがうまく機能していないことが必ずあります。

スタートするべきことがスタートしていない、チェンジするべきことがチェンジしていない、ストップするべきことがストップしていない。

こんなことを発見することができるでしょう。

明日が良い日になりますように。

ローズクオーツ・人に寄り添う・2019年11月21日

ローズクオーツ(Rosequartz)
ローズクオーツ(Rosequartz)

ローズクオーツ・人に寄り添う・2019年11月21日

ローズクオーツが出ています。

ローズクオーツに求めるのは「愛」「優しさ」「母性」「感受性」。

愛情系でよく出てくるのがローズクオーツですが、その使い方は意外に難しいかもです。

端的に言って、ローズクオーツを持っていれば愛される、ということはありません。

基本的に自分のために使うのがローズクオーツであって、受け身として「愛される」はどこにもありません。

ローズクオーツが「出会いのチャンスを運ぶ」という表現がありますが、これも勝手に相手が寄ってくるのではなく、自分が変わるから結果としてそうなるわけです。

まずは、自分の中にある愛情系のトラウマを根本的に解消することがローズクオーツ基礎となります。

一見は癒し系のようですが、トラウマ消しは結構厳しいアクションです。

カード:カップの女王

良いカードです。

非常に良い精神状態を示します。慈愛深く人や物事を愛することができるようです。

多くの人に疎んじられているような人にでも愛情を持って接することができ、それによって問題を解消することにもなります。

逆に、思いもよらない人からの告白を受けることがあるかもです。

これらのことは人間関係にとどまらず、誰かの才能とか環境ということに対しても発揮されるでしょう。

この愛情を基にして、欲しているものが手に入る兆候です。

考えを上回る「決定」のこと

「考えを変える」ことによって行動を変えようという努力があります。

ところが考えより強力なのが「決定」です。このコラムでよく出てきますよね。

様々なところで「考え方を変えよう」という提案がありますが、実際には「決定」がそれに先立ってパワーを持っています。

この「決定」は、ことによっては単なる反応として存在するようです。

条件反射のように決定されるために、それは考えを超越して存在します。

ですので、なぜそのような「反応」なのか、考える前にそちらを始末する必要性ありです。

ローズクオーツのような深いところに作用するストーンはこのあたりに作用するようです。

ローズクオーツの使い方の難しさはそのあたりにありそうです。

明日が良い日になりますように。

公開日:2019年11月20日 最終更新日:2019年11月20日

ローズクオーツ・仲間と喜ぶ・2019年9月10日

ローズクオーツ(Rosequartz)
ローズクオーツ(Rosequartz)

ローズクオーツ・仲間と喜ぶ・2019年9月10日

ローズクオーツが出ています。

ローズクオーツに求めるのは「与える心」「優しく接する」こと。

ローズクオーツの基本形。愛情に関する癒しがまずあります。

与えたり、優しく接するには、まず最初に自分が癒されていることが大切。

しかし正直言えばローズクオーツの癒しはかなり「心の奥の奥」まで至ります。

人によっては結構厳しいかもですよ。生半可ではありません。

カード:カップの3

良いカードです。

喜ばしいことの到来を告げるカードです。

問題が解決したり、周りからの祝福があることの兆しがあります。

これは特にパートナーやグループとして仲間で喜びあうということになりそうです。

今回の喜びごとは、ひとえに周りの人々のバックアップや支え合いがあっての成果と言えます。

仲間たちに感謝を忘れず、必要があれば分け与え、優しく接することでさらなる発展があるでしょう。

また、反対者だと思っていた人たちさえあなたの助けになっていることもあり、全体の調和を保ちながら自己の成長を保つように心がけましょう。

愚かになる方法

これはマジ悪い意味で「愚か」になる話。

ちょっと復習。「知っている」のスケールをご覧ください。

  • 知っている
  • 見ている
  • 感じている
  • 努力
  • 考えている
  • シンボル
  • 食べる
  • ・・・・
  • ・・・・
  • ミステリー

ある主題について「知っている」が最上位で、最下位は「ミステリー」です。

で、愚かになるにはどれだけ「ミステリー」をつかんでいるかということです。

ミステリーとは完全に知られないもの、謎のことです。

その人にとって何かがミステリーになるには、その主題について「見ること」を拒絶した総体とすることができます。

都市伝説がなぜミステリーとして語られるかと言えば、その主題について本当は誰も見てはいないということです。

また、陰謀論というのもまたミステリーとして本当は誰も「見ることができない」何かです。

誰も見ることができない方向へ話を持っていけば、それは簡単にミステリーになります。

ですから、もっともらしく都市伝説や陰謀論を語る場合、それは本当は誰も見ていない何かです。

また同時に、その主題について見ようともせず知ろうともしないことです。

ところで感情のレベルとしてミステリーに陥りやすいのは「恐怖」から下でしょう。

怖ければ見られないでしょう。これがミステリーの元にもあります。

ね、都市伝説や陰謀論には「怖い」話が多いでしょ。

感情のレベルの「恐怖」が正常な判断をすることはありません。

明日が良い日になりますように。

公開日:2019年9月9日 最終更新日:2019年9月9日

ローズクオーツ・愛情と理解・2019年8月23日

 

ローズクオーツ(Rosequartz)
ローズクオーツ(Rosequartz)

ローズクオーツ・愛情と理解・2019年8月23日

ローズクオーツが出ています。(またか、ですが)

ローズクオーツに求めるのは「秘めた愛情」。

ま、ここでは「秘めた」と言っても内緒の愛情という意味ではなく、すべてのことに愛情が伴うべきだということに受け取ってください。

自分が接するあらゆることに、そこに「愛情」を伴うことを意識してください。

ローズクオーツの基本として「愛情系」のトラウマ解消があります。

何度も書きますが、まずは自分自身を愛すること、これがスタート地点です。

カード:カップの女王

愛情系についてよい兆しです。

様々な場面で愛情を伴った行動や思慮ができるとき。

これに伴い直観力や感受性が高まり、芸術や人間関係、社会福祉などの方面でも良い影響がありそうです。

これまでの人間関係でうまく行かない部分があったとしても、その環境を含めて慈愛で大きく包み込むことで解決が見いだせそうですよ。

愛情をポイントに理解を復習する

かなりな広範囲で使える解決策は以下の通り。

理解の三角形」を使います。

理解の三角形
理解の三角形

これはコラムで何度も登場しますが、今回のカードはよい題材です。

  • 愛情
  • リアリティ
  • コミュニケーション

上記三点が「理解」に際して不可欠な要素。

どんな問題であれ、それを解決しようとすれば、そこにあることを「理解」する必要がありますよね。

そのためには、対象に対して「愛情」を持ち、「リアル」に見て、それに対して「コミュニケーション」をとること。

これらの3点のうち、どれかひとつでも大きくすれば、残りの2点は自動的に大きくなり、理解が進みます。

さて、ここで「愛情」なのですが、それをとにかく愛すべきである、ということでなく、まずはきっちりと「その存在を認める」こと、と思いましょう。

嫌いなことや物に対して「好きになれ!」ということではありません。

たとえばあなたが「害虫退治」をしなければならないとして、その害虫を好きになる必要はないのです。

少なくとも、その虫が「嫌だ嫌だ」と言って逃げ回っている限りは何も解決しませんよね。(愛情ゼロの状態)

そこで、なんとかその虫を駆除しようと思い立ちます。

そうすると「その虫についてちょっと調べてみるか・・・」となります。

これって「その虫の存在を認める」という愛情のスタートですよ。

秘められているかもしれませんがある種の愛情です。

そして、その虫をもう少し詳しく観察しようと思います。観察とはすなわちコミュニケーションの分野。

そしてその結果、自動的にリアリティが高まります。これで虫の種類を特定するかもしれません。

ね、その虫に対して理解が深まるでしょ。

で、ちょっと詳しく調べると、あれは害虫でもなく、放っておいても害はないことを知るかもです。

または、確実に駆除する必要がある、という結論になるかもです。

いずれにせよ、理解がなければより正しいアクションは取れません。

さて、これが理解の三角形の性質です。

応用範囲が広いです。どんどん使ってみてください。

ひとつのアドバイスとして、実は愛情以前にコミュニケーションを多くすることが解決が早いです。

なお、自分自身を理解するのも同じことですよ。

自分に対して愛情を持ち、リアリティを持ち、コミュニケーションすることです。

「考える」ことよりも、愛情、リアリティ、コミュニケーションを念頭に置いてみてください。

「考える」は「理解」するまでに自分の頭の中だけでぐるぐる回りしやすいです。間違えます。

理解、すなわちそれを知ることの発端は、とにかくそこに愛情が存在するはずです。(嫌な相手や害虫でさえが)

ローズクオーツを活用してください。

明日が良い日になりますように。

公開日:2019年8月22日 最終更新日:2019年8月22日