カテゴリー別アーカイブ: 愛情系パワーストーン

ローズクオーツ・豊かさを受け取ろう・ 2018年7月18日

ローズクオーツ(Rosequartz)
ローズクオーツ(Rosequartz)

ローズクオーツ・豊かさを受け取ろう・ 2018年7月18日

ローズクオーツが出ています。

今回ローズクオーツに求めるのは「母性・優しさ・愛情」。

もう典型的に愛情系のパワーストーンですね。

注意していただきたいのは、恋愛系でなく愛情系ということ。

男女間だけでなく、人間愛とか、自然を愛する心にも関連する働きです。

さて、カードは「女帝」。

良いカードですね。

これまでの努力が実るという象徴。

特に物資的な富とか繁栄を表しています。

現時点において「どうもそんな気がしないぞ」と思われるかもしれませんが、心配には及びません。

そして物質的な豊かさだけでく、内面からにじみ出る愛情に注目してください。

自分自身に、そして周囲の人々と愛情を分かち合えるように心がけましょう。

そうすることで内面にある愛が外面として物質的に豊かになることを知りましょう。

クレクレ君とモックアップできること

愛情は、一種のエネルギーと言えます。

エネルギーをおさらいしますと、この物質宇宙になんらかの変化をもたらす可能性を持つ力のこと、とします。

ところで、人は自らエネルギーを生み出す能力を持っているようです。

普通に考えると、何かを取り込んで、それをエネルギーに変え、そしてなんらかの仕事をする、という段取りがあるように見えます。(医学的に肉体だけを見ているとね)

しかし実は、人は「何もないところ」からエネルギーを生むことができるようです。

例えば、食べることによって体を動かすためのエネルギーを生むのは普通の考えです。

しかしながら、少し前に話題になったように、かなり食べないでも平気な人がいるのは確かです。(いわゆる不食、医学的にはなぜそれができるか不明)

そして愛情というのも人が自ら生み出せるエネルギーの一種です。

何かを愛したといって、そのせいで「わあ、お腹が空いた」と思う人は少ないでしょう。(体内に蓄積している熱量というエネルギー源を消費しないわけです)

ところが、世の中には「クレクレ君」がいます。

愛情を欲しがるばかりで自分では生み出せない例ですね。

このような例では、愛情ばかりかとにかくエネルギーを生み出すことができない状態に陥っているようです。

これをリハビリするには、まず自分は何かを生み出すことができる、という感覚を取り戻すこと。

そしてまずは自分の中にエネルギーを満たすことが必要そうです。それができてからやっと自分以外へ愛情を注ぐことができます。自分が枯渇していてはそれができません。

一般的な言い方として「自分を愛せないでは他を愛することはできない」ということがありますが、そのメカニズムは前述の理由によることになります。

クレクレ君は自分の中でエネルギーが枯渇していて、それを自分で作れないため、外からエネルギーを取り込もうとだけします。

これだと穴の空いたバケツのようにエネルギーを取り込むことだけしかできません。どんどん消費して作り出すことをしません。

それがクレクレ君です。

そのままではどうやっても豊かさを享受できません。穴の空いたバケツです。

これ、一部の人たちは「ヴァンパイア」とも呼んでいるようです。

これだと豊かさを受け取れないばかりか、自分から何かを愛することはできません。エネルギーを自分で作れるとは思っていませんから。

そこでローズクオーツの超根本的な働きとして、その持ち主がエネルギーを生み出す能力を取り戻すことの手伝い、ということがありげです。

最後にまとめますと・・・

クレクレ君たちはなぜ吸い取るばかりしかできないのか?

それは自分でエネルギーを作る能力を放棄しているから。

その対策はまず、自分はエネルギーを作ることができることを思い出すこと。

初歩的な第一歩は・・・

何でも良いからモックアップ(目の前に物体を想像して存在させること)できる能力を取り戻すこと。

そもモックアップの一例をあげておきます。

「あなたの好きな食べ物を目の前に思い描いてください」

このモックアップで描かれた映像は、明らかにエネルギーの表れですよ。

最後の最後に、普通に書けば「自分から愛することをしてみ」となります。

その裏付けとして「自分でエネルギーを生むことを思い出そう」です。

明日が良い日でありますように。

マンガンカルサイト・喜ばしい出来事・ 2018年6月4日

マンガンカルサイト(Manganese-calcite)
マンガンカルサイト(Manganese-calcite)

マンガンカルサイト・喜ばしい出来事・ 2018年6月4日

マンガンカルサイトが出ています。

マンガンカルサイトに求めるのは「協力・調和」と「愛を伝えられる人」になること。

マンガンカルサイトは愛情系として使いやすいパワーストーンですね。セレニティアスでもフルオーダー作品などに使用頻度が高いです。

見た目と同様に穏やかな働きがあり、多くの方にフィットさせやすいという性質もあります。

そしてマンガンカルサイトで重要な働きとして「他人からの愛情を感じられるようになる」ことと言えます。

まったく気づかないところであなたをサポートしてくれている人がいることに感謝しましょう。

カードは「カップの3」。まずまずですね。

喜ばしい出来事の到来を暗示しています。そして、これまでに問題があったならそれが解決しそうですよ。

これもまでの活動が社会的に認められるとか、それなりなポジションを得るといったことが起こるかもです。

そしてこれらは、周囲のサポートがあってこその賜物。この喜びは大切な人たちと分かち合うのが大切です。

そうすればさらに数々の助けが得られ、ますますの発展が期待できそうですよ。

それからこの時期に重要なのは、自ら率先して人を助けること。敵だと思っている人にも手を差し伸べることで自分自身が学ぶことも多いのです。

愛情系に関してコミュニケーション力などはちょうどマンガンカルサイトを使うときの良い題材になると思いますよ。

愛情系に関して思うこと

これはもひと口にいって「コミュニケーションありき」以外の何ものでもないでしょう。

あらゆる民事裁判を見ればわかるように、最初にあるのはコミュニケーションの破綻です。

コミュニケーションに破綻をきたす最初のきっかけは、どちらか一方が何か「悪いことをしている」というケースがほとんどです。

人は、悪いことをしてしまったその対象とはコミュニケーションを避けるようになります。

例として、今まで自分自身がしてきた「悪いこと」を振り返ってみてください。

そのことについての話題にさえ入っていけない、ということがなかったでしょうか?

でも、そうとすれば「悪いことをしてしまった」という自覚があるので救いがあると言えばあります。

償いをしようと思うならできますから。

しかしながら世の中には本当の悪人というのが間違いなくいます。

彼らの場合、悪事を働いたという自覚さえありませんから、償いをしようとも思いませんし、その悪事がおもてに出たとしても悪びれることがありません。

罪の意識に苛まれる人の方がよほど善人ではあるのです。

そこで!

もしもコミュニケーションの不全を感じることがあったら、その相手について何か悪いことをしてしまっていないか、これを自分自身で再確認してみることはプラスです。

世の中の様々な問題は、実のところコミュニケーションで解決できることがほとんど。

撞着状態で動かないことを動かすには、とにかくコミュニケーションです。

そして待っているのではなく、自分から、です。

これ、本当ですよ。

最後に、実は「待つ」というのは感情のレベルとしてはかなり低い状態にあることを知りましょう。これも、本当ですよ。

明日が良い日でありますように。

公開日:2018年6月3日 最終更新日:2018年6月4日

ディープローズクォーツ・愛情系トラブルに注意・ 2018年4月26日

 

ディープローズクォーツ(deep_rose_quartz)
ディープローズクォーツ(deep_rose_quartz)

ディープローズクォーツ・愛情系トラブルに注意・ 2018年4月26日

ディープローズクォーツが出ています。(意味辞典に未記載)

ディープローズクォーツを使うのは「愛情系のトラブル」が出る暗示に対するサポート。

ここでは普通のローズクォーツの働きをより深くまで届かせると言う意味で使っています。(よって働きの基本形としてはローズクォーツとディープローズクォーツは同等と思っていただけます)

そこでローズクォーツの基本としては「心のしこりになっているような過去の傷を癒す力に優れている」を取り上げます。

そしてその留意点として、治そうとする心の傷に触ることになるため、傷に関する感情が一時的には表面化することがあることです。

しかし、傷を本当に治そうとするなら、そこに触るしかありません。(忘れることができる、というのは嘘ですよ)

で、ディープローズクォーツはそれが更に深いところに働くので、その作業も文字通りディープだと言うことです。

さて、カードは「カップの女王/リバース」。

愛情系のトラブルそのまま。いくら相手を思ってもそれが通じないとか、一方通行型になりやすそう。

これはどうも、自分の愛情が本物かどうかを試されている感じです。

ここで早まった行動を取らず、待ちの姿勢を保つことが吉のようです。

また、あなたの愛情を利用しようとする相手の存在の可能性も暗示あり。ちょっと注意ですね。

そこでディープローズクォーツは「愛を信じる心」を育むと同時に「情に流されない大きな愛情」をもつことをサポートします。

これができるようになるには、過去の愛情関係のトラブルで負っている傷を上手に治さないとうまく行きませんから。

「愛情系」について深掘りしてみよう

愛情系のトラブルというのは、男女の仲だけでなく、人間関係の問題としてどこにでもありますよね。

家族、親族、会社、学校、人間関係があるあらゆる場面で様々な形の愛情があります。

今回のコラムは、今までに一般的に言われてたこととは少し異なった観点から描いてみます。

さて、愛情とは何かとひと口に言えば「空間の共有性」。

「空間の共有性」とは、相手のどれくらい近くに居てお互いが平気か?ということです。

Aさん、Bさんが居て、どちらも同じ「空間の共有性」のレベルであればうまく行くでしょう。

しかし、AさんはBさんの近くに居ることが平気でも、Bさんがそれを許さないという場合にはバランスが悪く、いわゆる片思いです。

片思いでも問題が出なければそれで良いのですが、片方がもう一方に「空間の共有性」を「強制」するようなことがあってはなりません。

とりあえず、参考資料として「理解の三角形」を見てみましょう。

↓(クリックでページへ移動)

理解の三角形

空間の共有性(愛情)を大きくしようと思えば、理解の三角形全体として大きくなる必要がありますよね。(お互いの理解が必須です)

だったら、リアリティに基づいたコミュニケーションを取ることです。

しかしながら、人は「望まないコミュニケーションを拒絶する権利」を持っています。これを忘れてはなりません。(片思い状態ですね)

この権利を無視してコミュニケーションを強要するのがストーカーですね。

また、別の例として「遠距離恋愛」とか「単身赴任」で愛情が破綻するのは「コミュニケーション」が疎になることが原因と言えます。(だから難しい)

それに遠距離にいる二人ですから、元々が「空間の共有性」が高いと言っても、そもそもそれができませんし。(だから難しい)

それから、最後になりますが「愛情」というのは、実は「そういう考え」の側面が大きいです。感情でなく、考えなんです。意外に思われるかも知れませんが、考えなんです。

離婚ということを見てください。そしてある恋愛を諦めるということを見てください。考えることによって愛情はいかようにも変化します。

ま、この話、話題はつきませんが今回はこの辺で。

明日が良い日でありますように。

公開日:2018年4月25日 最終更新日:2018年4月25日

ロードナイト・愛情の再確認・ 2018年4月12日

ロードナイト(Rhodonite)
ロードナイト(Rhodonite)

ロードナイト・愛情の再確認・ 2018年4月12日

ロードナイトが出ています。

ここでロードナイトが出てくるのは「感情、愛情の表現は相手に応じた適量を」という意味になりそうですよ。

カードとしては「女帝/リバース」。

これ、はっきり言って「豊か」の逆。枯渇状態を表します。

または栄養を与えすぎて相手が腐っている様子を表すことも。

いずれにしてもかなりストレートなダメ状態で、あまりアドバイスもないほどです。

しかしながら、反省できる点はしてみようではありませんか。

そんなときに役立つのはロードナイトの働きだと思います。

失う恐怖の考察

何かに愛情を傾けるとき、実際にはそこに「失うことの恐怖」が元になっていることがあります。

人がなぜ失うことを怖がるのか、このコラムでは何度かその理由を書いてきました。

そのひとつが「所有性」の低さですね。

「私には何かを持つことができない」

そんな感覚が元になっていて不要なものでも捨てられないといった状況です。

「何も持つことができない」という感覚は、幼い頃の教育で、何かにつけて「責任を負うこと」を放棄さられた、ということがあります。

次に、肉体的な怪我が原因になっている「失う恐怖」があります。

切り傷、擦り傷、火傷など、細かいことから大きなことまで人生の中には少なからず体験があるでしょう。

これらの怪我というのは、必ず細胞の損傷が伴います。これ、すなわち細胞を失うことです。

細胞の損傷によってそれを失うというのは肉体の生存に関してマイナス要因にとなっており、本能的に「それは避けたい」「それは嫌なこと」「すごい危機感」という思いがあります。

肉体としては細胞の保全がサバイバルなのですね。そして細胞を失うことは死に近づくことに他なりません。

ですから細胞を失うことはかなりな恐怖を伴うことして本能に刻まれているようです。

そして、自分の細胞を失うことと、何かそれ以外の物体や誰かからの愛情などを失うことをどこかでごっちゃにすることが多いのです。

ですから、何か大切なものを手放すとき「まるで自分の体の一部がもぎ取られるようだ」といった例えをすることがありますよねえ。あれです。

誰かからの愛情とか、所有物の何かを手放すとき、まるであたかも肉体的な損傷として大きな勘違いをしているわけです。

これが失う恐怖の根源なんですね。

そこで、特に愛情というのをつなぎとめよう思えば、こちらから思い切り愛情を注ぐことになりますが、その動機が「失う恐怖」であるとそれはロクなことではありません。

あなたが注ぐその愛情が、一体いかなるものであるのか、ロードナイトを使って再確認することができますよ。

明日が良い日でありますように。

公開日:2018年4月11日 最終更新日:2018年4月11日