カテゴリー別アーカイブ: 人間関係系パワーストーン

対人関係に困ったときに応用できるパワーストーンを知ろう。お勧めのパワーストーンに関する記事をまとめて紹介しています。

2017年10月18日 アマゾナイト・天から栄誉を授かるとき/世界

アマゾナイト(Amazonite)
アマゾナイト(Amazonite)

2017年10月18日 アマゾナイト・天から栄誉を授かるとき/世界

うおっ!また良いカード!

もうこれはどうかしていると言うほどに良いカードが連続しています。それにしても今回のは最上級。

暗示的にはひとつの完成を表していて、大アルカナと言うカードグループの最後に当たります。

邪魔ものは完全に消え去って目的に一直線に進むための希望に溢れているようです。そして自分自身は持っている才能を発揮し、多くの助けも得ながら夢を実現させることを表しています。

人間関係としても文字通りに世界を築くための相手の発見があるかもです。

天からの祝福のときです。理想の追求に邁進してください。

このようなときにオススメのパワーストーンはアマゾナイト

アマゾナイトに求めるのは「成功への後押し」。夢の実現のために自己表現力をアップさせどのように自分が進んでいけば良いかを教えてくれるストーンです。心と身体の良い面を伸ばし、その働きを強めるエネルギーを持っています。

天から授かった幸運を最大限に発揮するためには、そもそも自分自身がしっかりと意思を持って行動すること。これまでと同じようにしていても運が浪費されるだけですね。横になってテレビを見ていても何も始まりません。アマゾナイトを使って積極的に行動しましょう。

音楽と人間の感情について考える

またまた良いカードです。そこで今回もちょっと脱線。

突然ですが・・・

誰かと知り合い、親しくなる過程では「どんな音楽が好きか」と言うことが話題になりますよね。そうしてお互いが聞いている音楽のジャンルなどの話をします。

そして時折、音楽についての話として・・・

楽しくなければ音楽じゃない

といった言葉を見たり聞いりします。

「楽しくなければ・・・」

いやー、そうは言っても「悲しいけれど」良い音楽というのもありそうではないですか?これはジャンルを問わずにそうではないかと思えますよ。

ところで、「楽しい、悲しい」というのはもろに人間の感情を表す言葉ですよね。

と言うことは、音楽は人間の感情に当てはめることができるかもしれないと言うことです。

これはあくまで私見ではありますが、さほどの音楽ファンでなくともいつも耳にするような音楽は感情として分類しやすいと思えます。

大雑把に言って「楽しい系」「悲しい系」「はつらつ系」「しみじみ系」「怒り系」と言う感じのものは多いです。読者の方もこれくらいは確かに分類できるだろうなと思っていただけるのではないでしょうか。

ですからこれだけ見ても、「楽しくなければ音楽じゃない」とかと簡単には言えないでしょう。

しかし、人間の感情のそれぞれのレベルには簡単には当てはめにくい音楽もありますよ。

それは「芸術系」です。

多くのクラシック音楽がこれに当てはまることになるでしょう。それから前衛的なジャズなどもこれに分類されると思われます。

芸術系の難しいところは、これが日常的な感情のどれにも当てはまりにくいことが挙げられます。(もちろん、感情と芸術で重なる部分を持っている作品もあります)

参考ページ:感情のレベル

感情のレベル 参考資料

芸術系は感情を完全に飛び抜けており、これはもう「美的感覚」としか言いようがありません。

すごく感動的な音楽を聞いたとして、その感覚が日常的な「感情」などではもう語りつくせないと言うことがありますよね。これって「美」と言うしかありません。

これは音楽に限らず絵画、小説、映画などの芸術作品全てが含まれますね。
(そして芸術とはコミュニケーションそのものですが)

美的感覚、これがわかる人と、そうでない人は確かにいます。だから気をつけて、わからないものを押し付けてはいけません。

望まないコミュニケーションをさせてはいけないのです。

明日が良い日でありますように。

2017年9月25日 マンガンカルサイト・収穫のときが来る/女帝

マンガンカルサイト(Manganese-calcite)
マンガンカルサイト(Manganese-calcite)

2017年9月25日 マンガンカルサイト・収穫のときが来る/女帝

良いカードです。「豊かさ」を表します。

特に物質的な豊かさを意味しており、内面で育ててきたことが外面に現れることを表していることも。

これまでに蒔いた種が実り、もうすぐ刈りとることになりそうですよ。

物質的な豊かさを得たとしても、これからもどうぞ内面を大切に。

人間関係は損得ぬきに心を広く。いたわりと優しさの気持ちを忘れずに。

あなたのひと言で周囲の人々がよい方向に進むこともあることを知りましょう。周囲の人が幸せになれば自分自身も幸せになれます。

このようなときにオススメのパワーストーンはマンガンカルサイト

マンガンカルサイトに求めるのは「愛情表現を楽に」。いつも愛用していると「愛すると言う事は、あるがままを受け入れるという事」という教えが、心に刻まれるようになります。「愛」には、思いが報われるか?などの「見返りを求める愛」だけではなく、ただ「与えるだけの愛」という形もある事を教えてくれるストーンです。

どん底からの脱出(補足4)

新しい一週間が始まります。出直すつもりで行きましょう!

続きとして、どん底からの脱出としてさらに解説します。

前回までに「決まり切った週間を止める」「倫理的にまともになる」ということを書きましたが、今回はちょっと番外編として「慢性的な身体的不調」について書きます。身体の調子が悪くて「どん底感」を感じている人も少なくないでしょう。

身体的不調は、もちろん医学的に対処するべきことなのですが、ここに書くことは医学とはまったく異なる視点からです。

さて、「慢性的な身体的不調」というのは医学的にはなかなかその原因がつかみにくいことがあります。

しかしながら心理的な側面であり得る事例を記しておきます。

病気の人の人格を借りているパターン

失った誰かの人格を借りる、ということがあることをこのコラムでは何度か触れています。

その借りた人格の人が慢性的に何かを患っていたならば、その病気までも(見せかけ)として借りることがあります。

症状を借りただけですから、一般医学ではその原因がわからないものです。

しかしその人はその症状で確かに苦しんでいます。医師としてはそれなりな診断を下して既存の病名をつけるしかありません。

そしてその人自身は誰かの人格を借りていることに気づいていません。

先に亡くなった身内と同じ病気を抱えている場合、それは遺伝よりも「人格を借りる」というパターンが確かに存在します。

都合上、自分で症状を作るパターン

具合が悪くなることで受けられる愛情、ということがあります。これは幼い頃の親子関係でよく現れますが、それが成人しても、老年になっても続くケースがあります。

愛情を受けられるなら、どんな症状でも出すでしょう。
(普通の医師にはなぜその症状が出るのかわかりません)

以上簡単に2例を書きましたが、これらのことを吹っ切るには「他に重要なゲームを作る」ことにつきます。

逆に言えば、人からゲームを奪うと慢性的な病気になりやすい、と言えます。

ですので、誰か問題(ゲーム)を抱えている人の問題を他人が解決してしまうと、最初に問題を抱えていた人は病気になることもありえますよ。

ですから、誰か困っているいる人を見たら、その問題を他の人が片付けてしまってはなりません。その人を「助ける」という形でお手伝いするのが正解。

まとめますと、人がゲームをすべて失うと、最後に残るのが病気、こうしたメカニズムが存在します。

明日が良い日でありますように。

公開日:2017年9月24日 最終更新日:2017年9月24日

2017年7月28日 マンガンカルサイト・目覚めのときがきた/審判

マンガンカルサイト(Manganese-calcite)
マンガンカルサイト(Manganese-calcite)

2017年7月28日 マンガンカルサイト・目覚めのときがきた/審判

ううむ、これは昨日のカードの延長な感じ・・

今までの辛さを吹っ飛ばすような「意識変革」が起きやすい日。

頑張って取り組んでいたことに新しい命が吹き込まれたように前進していくでしょう。

これまでに様々な苦境を過ごしてきた人も、これから復活する暗示です。未来を信じて歩み出せるタイミングに来ています。

こんなときこそ自分を支えてくれていた人、こと、ものに感謝です!

このようなときにオススメのパワーストーンはマンガンカルサイト

マンガンカルサイトに求めるのは「素直な気持ちの表現」。基本的に癒し系としての働きがあるストーンですね。自分が癒されると人に対しても優しくなれますよね。愛情表現が楽になることで人間関係もよくなりますよ。

すべては考えでできている

審判のカードの特徴として、環境の変化よりも自分自身の内面の変化があるということです。

実際のところ、環境を変えることはかなり大変です。そのためには少なからずエネルギーを使うことが必要でしょう。

例えば、部屋という環境を掃除しようとするだけでもエネルギーが必要で、目の前のコップを持ちあげるのでさえがエネルギーが必要です。

ましてや、周囲の人々の考えをエネルギーを使って変えるのはかなり大変なゲームと言えます。(ゲームについてはその構成要素をここのところのコラムで書いてきましたね)

しかしながら内面が変化するにはエネルギーは全く必要はありません。

「考え」を変えるだけで良いのです。

また、自分の考えを変えることについては何か「ゲーム」を設定する必要はありません。対戦者はどこにもいないですよね。ただ自分自身で考えを変えるだけです。

この「考え」というのはほとんど自分自身の本体ということができますよ。自分自身から「考え」を取り去ったとしたら何が残るでしょうか?

さて、今回のカードはその「考え」を変えるかなり最大級のチャンスが巡っているわけです。これを最大限に活用しましょう。

ちなみに、多くの人々にとっての現実は「考え」の「合意」によって成り立っています。

明日が良い日でありますように。

公開日:2017年7月27日 最終更新日:2017年7月27日

ブルーレースアゲート・コミュニケーションを図ろう/ワンドの8/リバース

ブルーレースアゲート(Bluelace-agate)
ブルーレースアゲート(Bluelace-agate)

2017年6月22日 ブルーレースアゲート・コミュニケーションを図ろう/ワンドの8/リバース

もしかすると、ここのところの良いカードで状況が良くなっていることの反動といった感じが出ているかもです。

環境変化により、今までのパートナーと合わなくなったり、意思疎通がおろそかになりやすい暗示があります。それによって孤独感を味わうことになるかもです。

また、状況が良いがために最初の目標を見失って何をすべきなのか混乱状態に陥りやすいわけです。

急激な変化に心が追いつかずに混乱しやすい日。

こんな日はコミュニケーションを密にして周囲の人と接しましょう。

落ちつてい考えれば「すべきこと」「目標やゴール」は見えるはず。そうすれば正しい道に戻れます。

このようなときにオススメのパワーストーンはブルーレースアゲート

ブルーレースアゲートに求めるのは「良好なコミュニケーション能力」。また、孤独感を和らげる作用がありますからワンドの8/リバースのカードに見られるような孤独感を乗り越える時にはうってつけのパワーストーンと言えるでしょう。

コミュニケーション、混乱の許容範囲

今回のカードではコミュニケーションについて少し注意がありました。

さて、このコラムではもう何度も出てくるコミュニケーションですが、重要ポイントを少し使いしておきましょう。

まずは以下の会話を見てください。

Aさん)こんにちは!(Bさんに対して)
Bさん)やあ、こんにちは!Aさん。
Bさん)今日はイイ天気ですね。
Aさん)そうですね、全く雲ひとつありませんね。

この会話は良いコミュニケーションの典型例です。

まず、AさんがBさんに問いかけ、Bさんが返事をする。
そして今度はBさんがAさんに問いかけ、Aさんが返事をする。

こういう組み合わせで出来上がっています。これを「二方向のコミュニケーション」と呼びましょう。できる限りこの二方向のコミュニケーションが起こるように留意してください。片方だけでは不十分なのです。

そしてできるなら自分自身は最初のコミュニケーションの「起因」Aさんの役をしてください。これ秘訣です。

次に、混乱の「許容範囲」について書いておきましょう。

混乱というのは起こって欲しくないのですが、実際には混乱を収めることを知ることこそがスキルアップに他なりません。

大混乱で全く手がつけられないのは困ったことですが、自分の実力を多少上回る混乱であればそれはスキルアップのチャンスなのです。

また、混乱の性質を二つに分けますと「動きが早すぎる場合」そして「動きが遅すぎる場合」があります。

動きが早い時には「飛んでいる粒子を捕まえられない」状態。動きが遅い時は「粒子の動きが遅すぎて待っていられない」状態です。

これらのどちらの状態をも処理できることがスキルアップです。

日常的には「新しく取り組む何か」というのは混乱です。スキルアップして混乱が治った状態というのは「粒子を捕まえることができる」「遅い粒子でも我慢することなく待っていられる」という状態です。

多少の混乱なら、進んで引き受けることが吉ですよ。

明日が良い日でありますように。

公開日:2017年6月21日 最終更新日:2017年6月21日

アンバー・無理に進めてはいけない/ワンドのエース/リバース

アンバー
アンバー(Amber)

2017年6月13日 アンバー・無理に進めてはいけない/ワンドのエース/リバース

ううむ、ちょっと注意なカードですね。

もっとも良いと思える考えでも、他人にとっては理解しがたいこともあります。

これを無理に推し進めようとしても大きな壁が立ちはだかることでしょう。

本当に自分が正しかったとしても、自分だけで突き進むのはかなり困難です。

今日は「感情的になったら負け」。

周囲の人たちの声に耳を傾け、ムチャな行動はしないこと。

このようなときにオススメのパワーストーンはアンバー

アンバーに求めるのは「人の言葉を正しく理解すること」。情報を正確にキャッチすることができるようになります。この働きは人間関係の改善にも役立つことになります。また特定の人に対する苦手意識を正すことにも使えるでしょう。

理解を得られる方法を考えよう

本日のカードは「人に理解されないことは実行が難しい」とアドバイスしていますね。

これ、すでにこのコラムで幾度となく触れている「理解の三角形」の知識を持って改善できる部分があります。(というか、多岐に渡って応用可能)

理解の三角形

わかりやすくするため、ちょっと極端な例をあげましょう。

アポロ計画によって人は月に立つことができました。しかしこの計画の最初には多くの人が「そんなアホなことできるのか!?」と思ったことでしょう。これを「人に理解されない」という状況のサンプルとします。

次に、新しく「火星に人を送る」という計画が持ち上がります。これについてある程度の人は「ううむ、月に行けたのだからなんとかなるかも」と思うかもしれません。

後者の場合、アポロ計画で実証された「宇宙旅行」についてある程度のリアリティがあり、「理解」が進むわけです。

「愛情」「リアリティ」「コミュニケーション」これら三つのどれかを大きくすることで「理解」は向上します。

そしてまず「コミュニケーション」が最も大きな要素にはなります。

相手とどのようにコミュニケーションを図るか、相手に対して愛情を持ち、愛情を持ってもらい、そしてどうやればリアリティを得てもらえるか、これを考えましょう。

前例がなかった時代のアポロ計画は、かなり大変だったと思いますよ。

明日が良い日でありますように。

公開日:2017年6月12日 最終更新日:2017年6月12日

アンバー・こだわりを捨てよう/ワンドの4/リバース

アンバー
アンバー(Amber)

2017年5月24日 アンバー・こだわりを捨てよう/ワンドの4/リバース

このカードもアドバイス色が強いです。

ここのところの問題解決に向かうのに丁度良い具合ではないでしょうか。

成功のカギは逆転の発想。

特にヒントになることは「周囲のアドバイス」。

これまでのやり方にこだわるのを止めてみましょう。現在の考えに固着しないことで突破口が開けるはず。

ですので、自分自身の考え以外のところに問題解決のヒントが転がっているのです。

また、自分の考えにこだわるなら、コミュニケーション不全に陥っていることもありえますよ。

ここは周囲のとのコミュニケーションを回復し、調和をもたらすことが最善のようです。

このようなときにオススメのパワーストーンはアンバー

アンバーに求めるのは「人の言葉を理解すること」。他人からの言葉や外からの情報を正しく受信しにくい人にお勧めのストーンです。他人の言葉や外からの情報を正しく受け止めたい時は、この石を「左手」に軽く握りしめながら「今聞いた言葉や話を繰り返し反すう」してください。それらを正しく受け止める事が可能になりますよ。(このあたりのこと、意味辞典ではあまり触れられていませんね)

コミュニケーションを回復しよう・手放すこと

ほらほら、昨日に続き「手放すこと」に関するカードが出ています。

こだわりを捨てる=手放すこと

でしょ。

しかし、どんなつまらない不要なものでもなかなか手放せないという人は少なくありません。部屋中が物だらけでゴミ屋敷化する人は「手放すことができない」わけです。

なぜ手放すことができないかと言えば、「自分は持てる」という感覚を忘れているからです。

ですから手放すことができるようになるには「自分は持てる」という感覚をリハビリする必要があるのは確か。

これまで何度も書いてきた「所有性の回復」です。

そのリハビリのためにお伝えできる範囲のこととしては「モックアップ」の練習を積むことです。

以下にその手順を示します。

  1. 何か好きな物をモックアップ(頭の中でその映像を描く)します。
  2. それができたら同じ物をもう一つ。
  3. またもう一つ。
  4. さらにもう一つ。
  5. まだまだもう一つ。
  6. 20か30くらい同じ物をモックアップしてください。
  7. それができたらそれらをひとまとめにして丸めます。
  8. そうしたらそれを窓の外に投げ出してください。

できましたか?できるようになるまで1-8を何度でも繰り返します。

次にコミュニケーションを回復させます。

  1. 目の前に何がありますか?
  2. その物に、あなたに対して「こんにちは」と言わせてください。
    (頭の中で想像してください)
  3. その物が「こんにちは」と言ったら、あなたはそれに対して「OK」と返事してください。

スムースにできますか?

これを嫌になるまで何度も繰り返してください。そしてバカバカしくなって、そして笑えてきたら終了です。

明日が良い日でありますように。

公開日:2017年5月23日 最終更新日:2017年5月23日

ロードナイト・恵みを受け取る/ソードの6

ロードナイト(Rhodonite)
ロードナイト(Rhodonite)

2017年3月30日 ロードナイト・恵みを受け取る/ソードの6

おお、これはかなり良いカード!行動してきた物事が具現化する日。

これまでに様々に右往左往、苦労の連続だったとしても恵みを受け取れることになったようですよ。

心配事は吹っ飛んでしまい、爽快な日が訪れそうです。

また、これを機に自分の幸福を周りに分け与えようとするのは非常に良いこと。すでにそれをしようとしているかもしれませんね。

そして新しくプロジェクトを始めるのも良いたタイミングです。

新たにやりたい事があるなら今日がスタートのチャンス。助けを求める人がいるならどんどん手を貸してあげましょう。

それが巡り巡って大きな幸運になって帰ってくるでしょう。

このようなときにオススメのパワーストーンはロードナイト。
http://serenitius.com/imi/index.php?ロードナイト

ロードナイトに求めるのは「正しい愛情表現」。人を助けようとするときに役立つ働きを持っています。他人に心を開いて付き合えない人や、人見知りなどで社交的になれない人にお勧めのストーンです。人前に出る時や、自分の思いを相手に伝えたい時などは、このストーンを「左手」に軽く握り締めてください。不安感や恐怖心から心が解放され、あなたの気持ちを素直に行動に移せるようになり、あなたが望んだ関係を築けるようになります。

正当化から解放されるには

先回のコラムでは「罪を犯す前に必ず混乱がある」ことを書きました。今回は「罪を犯した後にすること」を書いてこの話題の最後としましょう。

何度も犯してしまう罪は正当化の積み重ねによります。誰もが「自分は正しかったのだ」と思いたいわけです。これにしっかりはまりこむともう罪を罪とも思わなくなります。何せ自分が正しいわけですから。ことによっては居直るという形になるかもしれません。

これは実のところ非常に苦しい状態になります。罪によって実際には自分の生存が危うくなっているのはその人の本心ではわかっているのです。

これから抜け出す方法はひとつだけ。

その罪を犯した最初の場面をしっかりと思い出すことです。正当化によって似たような罪を重ねるわけですが、そのきっかけになった最初の罪の場面を思い出すことです。

そこには必ず「混乱」があります。

それはいつ、どこで、どのような場面であったか、明確に思い描けることが必要です。

ここで多くの場合また「正当化」が始まるかもしれませんが、それはその場面についてまだまだ「正直に見ていない」可能性が高いです。

ですから「ことの良し悪し」以前に、とにかく「何が起こっていたのか」を見ることが必要です。そうすれば必ずや「混乱」を発見できるでしょう。

さて、そこで「混乱」を発見できたらかなり気分が楽になっているはずです。(これは重要なポイントです)

これができれば「正当化」が入り込む余地がかなり少なくなっているはずです。もしもまだ正当化しようとする重苦しい気分があれば、まだまだ起こった事実を捻じ曲げて見ようとしている可能性が高いです。

さて、罪の直前の「混乱」が起こった時、そこでその人はその混乱を治めるために何らかの行動をしたでしょう。その行動が結果的に罪になったわけです。(または何もしなかったことが結果的に罪になったかもです)

ならば、全体としてより「ましな」状況たり得るにはどうすればよかったかを考えてみます。絶対的な正しい行動を探す必要はなく、より「ましな」行動を探します。

これができると気分はかなり良いと思いますよ。そしてその人は自発的に何らかの「償い」をしようと思えるかもしれません。

この償いは刑法上の服役とかとは全く異なります。この償いは生存の多重円全体を見て、それらの生存(サバイバル)を助けるための何かをしようという行動になることでしょう。

さて、罪を犯した人に刑法上でいう「罰」を与えても何の解決にもならないことはお分かりと思います。そして再犯率も低くはありません。なぜなら「罰」では正当化を抑えることはできないからです。

最後に、自分が罪を犯していると思って(正当化しているかもしれません)、その苦しみから解放されたいのなら、最初の「混乱」を探し出し、その場面を明確にして、取りうるべき最善の行動を探してみてください。楽になりますよ。もしも少しも楽にならない場合には、まだ何か正当化が働いている可能性が。

また、これらの「罪」ですが、いわゆる犯罪よりももっと広い意味で使っています。

例えば、困っている誰かを助けるべきときに助けられなかったことについて、その人自身が罪だと思っているならそれは罪になります。

そのときのの「混乱」を探し当ててみたら、その出来事について後悔することなく「なーんだ、あれは罪じゃないよね」と思うこともありえますよ。

明日が良い日でありますように。

公開日:2017年3月29日 最終更新日:2017年3月29日