カテゴリー別アーカイブ: 人間関係系パワーストーン

対人関係に困ったときに応用できるパワーストーンを知ろう。お勧めのパワーストーンに関する記事をまとめて紹介しています。

ブルーレースアゲート・決断と行動/皇帝・ 2018年1月9日

ブルーレースアゲート(Bluelace-agate)
ブルーレースアゲート(Bluelace-agate)

ブルーレースアゲート・決断と行動/皇帝・ 2018年1月9日

さてさて、年明け早々の連休も終わり、本格スタートですね。

そしてそのカードは「皇帝」。

これは良いカードですよ。

権力者を意味しており、壮大な計画に邁進することの象徴。

そして大胆に決断せよ、行動を起こせと言っています。そして成功を掴み取れと!

リーダーシップを発揮して、みんなをリードしましょう。

ただし、周囲の状態をよく観察しながら行動しないと「裸の王様」になって、みんなに嫌われるから注意。

ここで紹介したいパワーストーンはブルーレースアゲート

その意味として「円滑なコミュニケーション」をキーワードとしましょう。皇帝のカードにはちょっと意外な組み合わせかもですが。

皇帝のカードで持って権力を振りかざし、高圧的な会話にならぬよう、ブルーレースアゲートは失言を抑えてくれます。

そして穏やかな心で人とコミュニケーションできるようにもなりますよ。

皇帝のカード・コントロールの力

権力者ほど、何かをコントロールする能力が問われます。

権力者は、ことによっては「混乱おさめ、秩序を与える」任務を帯びています。

様々なことがスムースに進んでいるときには構いませんが、何かの拍子に混乱が起こったら、権力者は速やかにその混乱を収める必要あり。

混乱は「不確実性」であり「愚かさ」です。

秩序をもたらすことは「確実性」であり「知性」であり、そして混乱を避けたり通り抜ける能力は「安定性」です。

ここで必要になるのが「良いコントロール」です。

良いコントロールは確実、明快、そして結果を予測できます。

人は良いコントロールに対しては確信を持ち、それを実行できますが、悪いコントロールに対しては確信を持ちません。

悪いコントロールの後には不確実と不安定がやってきます。

そして目の前で破壊が起こります。

さてさて、ではその混乱を治める方法ですが「とにかくなんでもひとつのことを取り上げる」です。

混乱とは良いコントロールをされていないランダムネス。ですから、なんでも良いので一つのことを取り上げてください。

そうすれば「ランダムネス」の度合いが必ず下がります。

(これって昨年12月29日の記事のステーブルデータのことですよ)

ところで、今回のカードは皇帝で、権力者の象徴ですが、これって対外的なことだけでなく、自分自身についても言えると思えます。

自分が自分の主人ですよね。

自分に対して良いコミュニケーションとコントロールをしたいと思いませんか?

そういう意味ではブルーレースアゲートは非常に役立つパワーストーンです。

ブルーレースアゲートは感情とコミュニケーションに関して非常に有益な効果を持っていますよ。

緊張を取り除き、感情を穏やかにします。

まずは自分に対してそうありたいものです。

そして皇帝として誰かに命令するとしても、そこには良いコミュニケーションがなければ、誰もついては来ませんよね。

明日が良い日でありますように。

モスアゲート・価値観の転換/カップの8/リバース・ 2017年12月29日

モスアゲート(Mos-agate)
モスアゲート(Mos-agate)

モスアゲート・価値観の転換/カップの8/リバース・ 2017年12月29日

リセットの日!!

新しい目標設定をしたり、ムリな人間関係の精算にベスト!

ここは躊躇(ちゅうちょ)せずに思い切りやったほうが将来的には大吉!!

カップの8が裏で出ていますが、このカードに関してはどちらかと言えば裏の方が良さげ。

基本的には価値観の転換を迫られるカードですね。そして裏に出ているときはこれを積極的に活用するという暗示。

ここで紹介したいパワーストーンはモスアゲート。(それにしてもちょとと前にも出てたなあ、この石)

その意味として「執着を断ち切る」です。

その根本にある効果は「満たされない想い」を感じ取ると、目標の再確認をさること。これを応用しようということですね。

おお、これならカップの8/リバースにぴったりな!

意味辞典のモスアゲートの解説では「このストーンを手にすると、余計なプライドなんかにしがみついていることもできませんよ」とあります。

何と恐ろしいことですが、価値観の転換時、そして執着断ち切る意味として不可欠ですね。

執着とモスアゲート(ステーブルデータの考察)

価値観の転換と言えば、なんだかえらく大事(おおごと)に聞こえますが、誰でもやってます。

「わっ、こっちの方がイイじゃん!」と言って何かの選択を変えることなんか日常的にあります。これ、価値観の転換。

さて、何かを判断するときに必ず使っているのが「ステーブルデータ」ということ。

これは直訳して「安定データ」となります。

例えば、何かを買うとき、参考にする情報あるでしょう。

友達の意見、ネットの評価、信頼のある人からの助言。もちろん、自分の考えも入ります。

そして、これらステーブルデータがなくなるとどうなるか?

混乱が生じます。

どんな形であれ、ステーブルデータが存在していることによってそこに安定が築かれますが、これがことによっては「執着」となります。

人が執着するひとつの理由として「ステーブルデータ」を失って混乱したくない、ということがあるようです。

そこでモスアゲートの働きは、自分自身でステーブルデータを再構築するためのとっかかりになっていると思われます。

実のところ、元にあるステーブルデータというのは、案外正しく評価はされていません。

誰かの意見、信頼している人が言っているからまあ間違いはないだろう、といった、そんなに根拠があるものではないのです。

ステーブルデータの働きは、とにかく「混乱を治めている」だけであって、それが正しいことかどうかは別次元のことなんですよ。

今回はちょっと難しい話かもです。

さて、よく考えたら今年はこのコーナーも最後になりました。

次回は新年1月4日に最初の「明日のパワーストーン」更新になります。

それでは皆さま、今年一年のご閲覧いただきありがとうございました。

今年もあと数日を残すばかりになりましたが、踏ん張って参りましょう!

それでは良いお年を!

明日が良い日でありますように。

公開日:2017年12月28日 最終更新日:2017年12月28日

マンガンカルサイト・人には愛/カップの3・ 2017年12月28日

 

マンガンカルサイト(Manganese-calcite)
マンガンカルサイト(Manganese-calcite)

マンガンカルサイト・人には愛/カップの3・ 2017年12月28日

うん!これは前回の延長といった感じ。

同じ愛情系関連の良いカードです。

うれしいことが起こる兆し。そして問題があったならそれが解決に向かうようです。

また周囲の人から認められるという立場になるといった暗示も。

経済的にだって良い感じ・・・

そして少しアドバイスなところも。

物事がスムースに運ぶのは、周囲の人々の協力があってこそ、これを忘れないことが大切。

協力者に対してはきちんと感謝し、言葉や行動で表現することでさらに自分自身が成長し、周囲の人々も幸せになるでしょう。

さて、このようなときのパワーストーンとしてマンガンカルサイトをお勧めしましょう。

パワーストーンの意味としては「優しさ、愛情を表現する」。これですね。

自分にしてほしいことを人にしましょう。実はそれだけなんです。

人は、他の人々が自分を扱ったように自分自身を扱う。
人は、自分自身を扱ったように他の人々を扱う。

ということもあり。愛情の欠落が問題や悲劇の元。

もめごとの研究

意味辞典のマンガンカルサイトのコーナーには「もめごと」を安定させる効果が書かれていますね。

完全に二人の間のことであれば、マンガンカルサイトはお役に立つでしょう。

しかし・・・

今回のコラムは、少しパワーストーンそれ自体から離れ「もめごと」に焦点を当てて書いてみます。

「もめごと」の由来、基本原理を知ることで、さらに的確にパワーストーンを選ぶことができるようにもなると思います。

サードパーティー(第三者)がそこにいる

さて、もめごとのタイプには何通りかありますが、ありがちなのは「第三者の介在」によること。

AさんとBさんのコミュニケーションにCさんが介在していると、そこそこな確率で「もめごと」が起きます。

CさんがAさんに対して「Bさんがこう言っていたよ」・・・

また、CさんはBさんに対して「Aさんがこう言っていたよ」・・・

こんな形に介在しているケースです。

Cさんがもしもタチの悪いタイプだと「もめごと」はほとんど必然的に起こります・・・

というか、Cさんはそもそも、もめごとを起こしているわけです。

Cさんは、ことによっては本当に「それとなく」もめごとが起きるように、または「おためごかし」にコミュニケーションに介在します。

さらにひどいことには、Cさんは他へ行って「AさんとBさんがもめているよ」と吹聴していたりです。噂を振りまくようなタイプです。

このCさんタイプ。世の中に確実に、ある一定の割合で存在します。

このCさんタイプを感情のレベルで見ますと、「秘めた敵意」にいるのは確実。

感情のレベル←これを参照ください。

レベルはかなり低いです。

Cさんのような「秘めた敵意」の人本質は、自分のサバイバルのために他の人のサバイバルをくじくことにつきます。

さらにその奥にあるのは「自分が生きられないかもしれない」という「恐れ」。

ですから、「秘めた敵意」という感情のレベルはその下にある「恐れ」とくっついていますね。

サードパーティー(第三者)を取っ払う

さて、このようなときのもめごと解消は、非常にシンプルです。

AさんはBさんと互いにもめていると思っていますが、実質的にそれはCさんが作ったこと。

「何かおかしいぞ?」と思ったら、何の介在もなしにコミュニケーションしてください。

Aさん、Bさんは直接に話をしなければなりません。

このとき、Cさんが「犯人だ」ということがわかるでしょうが、AさんBさんは
Cさんを「とっちめよう」としても無駄でしょう。

Cさんはのらりくらり、どんな言い訳をしても責任を認めようとはしません。Cさんのような感情のレベルの人物とはそんな特性を持っています。

また、AさんとBさんの会話の場に、怪しいCさんを置いて「尋問」してもほとんど無駄。そもそも責任能力がないのです。

最終的に逃げ場がなくなれば、泣き落としでもなんでもするでしょう。

(後からきっと、AさんBさんにいじめられた、と吹聴するでしょう)

さて、本日は「もめごと」の話でした。

Cさんがどこかにいませんか?

Cさんに翻弄されてはなりません。必ず!その存在を見抜きましょう!

ちなみに、フェイクニュースを無責任に拡散する人、これは現代版の匿名なCさんが、山ほどネットにぶら下がっているということになります。

それだけ、大衆の感情のレベルが下がったというサインなのかもです。大勢の人が「秘めた敵意」にいます。それを支える感情は「恐怖」。

そんな人たちとは望んでかかわらないようにしたいものです。

明日が良い日でありますように。

公開日:2017年12月27日 最終更新日:2017年12月27日

クンツァイト・愛情に目覚めるとき/カップのエース・ 2017年12月27日

クンツァイト(Kunzite)
クンツァイト(Kunzite)

クンツァイト・愛情に目覚めるとき/カップのエース・ 2017年12月27日

うわっとぉ〜!こりゃイイカードです。

前回「お休み」の甲斐があってか、特に愛情系ではほとんど最上級クラス!

もちろん愛情系以外でも願望成就の良い暗示。

とにかく、愛情に満たされるであろうことが現れています。

また、ことによっては恋愛が始まるといったことも。

これまで関係に悩んでいたことがあるならば、それも解決に向かいそうですよ。

ただがむしゃらに物質的な欲求を満たすためだけに突っ走ってきたかもしれませんが、ここにきて「愛」に関する、目覚めがあったのかもしれません。

あたりを見渡して、実はあらゆることが愛情に基づいて巡り巡っていることを知りましょう。

愛情に真に気づいたとき、あらゆることが最も良い形で進展して行きそうです。

さて、このようなときのパワーストーンとしてクンツァイトが良いでしょう。

ただし、これはちょっと使い方がムツカシイ・・・

親愛とクンツァイトについて考察しよう

ここで久しぶりに、このコラムの要(かなめ)でもある三角形に登場してもらいます。愛情と理解について、ま、復習。

これ・・・

理解の三角形
理解の三角形

理解の三角形です。←クリックして解説ページへ

何かを理解するときに不可欠な仕組みですよ。

何かを理解するとき、愛情を持ってそれを見てコミュニケーションを行い、そして両者の間にはリアリティーがあるということです。

「遠くの親戚より近くの他人」

コミュニケーションが無くて疎遠になっている親戚よりも近くにいる親切な友人の方がお互いに理解していますよね。遠距離恋愛が難しいのもこの理屈。

「百聞は一見にしかず」

言葉で説明されてもよくわからないことが、現物を見れば簡単に理解できることってあるでしょ。見ることによってリアリティーが高まり、コミュニケーションが高まり、そして愛情も増えて理解できるる仕組みです。

理解の三角形のどれの角ひとつがないとしたら、そこに理解は生まれません。

逆に、どれかの角ひとつを大きくすると、理解が深まるということです。

理解しようとすれば、近づいて、そいてコミュニケーションするしかないのです。

嫌って距離をおいている限り、その対象は理解できません。それが自分自身であってでもです。

さてさてさて・・・

クンツァイトを使うときの重要な点は、他人を愛する前に「まず、自分が自分自身を好きでいる。自分を愛している」ということが絶対条件。

ですからまずは、自分自身に対しての「理解の三角形」が大きくなくてはなりません。

自分を嫌っていては、自分を理解することができないわけですね。

誰にも長所・短所があるでしょう。また短所は単に自分がそうだと決めつけているだけかもしれませんよね。

ですから、まず自分で自分を決めつける前に、理解の三角形を大きくしてください。

そのためにはまず、自分とのコミュニケーションが不可欠でしょう。嫌う前に、しっかりコミュニケーションしてみましょう。

(それには、第三者の目で自分を見るのも良いかもです)

ね、だからセレニティアスではパワーストーンの組み合わせが大事だというのはこのようなことからです。

クンツァイト一種類の使用だけでは、愛情に関して荷が重いというケースがほとんどなんですよ。

明日が良い日でありますように。

公開日:2017年12月26日 最終更新日:2017年12月26日