カテゴリー別アーカイブ: 守護系パワーストーン

守護系にお勧めのパワーストーンについて書かれた記事をまとめています。学校や会社でのいじめ、ハラスメントなどにお悩みの方の助けに。

ターコイズ・自由にスタートできる・2018年10月23日

ターコイズ(Turquoise)
ターコイズ(Turquoise)

ターコイズ・自由にスタートできる・2018年10月23日

ターコイズが出ています。

ターコイズに求めるのは「自由な表現」。ううむ一週間前と同じだ・・・

やっぱり今回も同じ働きとしてターコイズを使います。

もともと発想と表現は自由であるはず。

既成の考えに囚われず、自分が本当に信じること、やりたいことに取り組める柔軟さを得ましょう。

誰かの評価でなく、自分で自分を評価しましょう。

スタートするかどうか、それを自分で決めましょう。

そしてターコイズはその旅のお守りにもなってくれますよ。

さて、カードは「愚者」。

うわー、一週間ほど前にも出ましたね。またまたゼロスタートでしょうか?

と言うよりも、愚者が示す内容としては今の状態にあまり満足はしていない感じが。

しかしながらその状態を打開する気分でもなく、現状に甘んじていようかなと消極的なことがないでしょうか?

もしかしたら単に勇気がないだけのことかもですよ。

さてさて、カードの意味としての根本は数字で言うと「0」これは「無」ですね。

「無」についての考察

前回のコラムで、駅伝のレースで膝を擦りむきながらはってタスキを渡した選手のことを書きました。(その選手は足を骨折していたようです)

後の情報ではチーム監督がすぐにレースの中止を申し出ていたそうですが、大会関係者の方で情報伝達が遅れていたことによってレーズ続行してしまったようです。

ですよね、棄権が正しい選択だと思います。今回の件から、試合中の情報伝達について是正しようという働きが起こっていると聞きました。これはこれで良い方向へ行くようです。

以上、前回の話題に少し触れておきました。

さて、今回のカード「愚者」についてその根本は「無」であると。

実はこの「無」が曲者(くせもの)で、多くの人が苦手とするのが「無」のようです。

例えば「無」を想像することはそこそこに困難があるでしょう。

これって「何も考えないようにする」ということと同じですね。何も考えないようにしようと思うと「何も考えない」ということを考えてしまいますから。

これは座禅を組む人はできるのかもしれません。「無の境地」です。

「無」に感じる恐怖

この「無の想像」や「無の境地になること」が困難なことについて、その理由として多くの人が根本的に「無」が怖いという話があります。シンプルに怖がったり嫌がったりする人は確かにいますよ。

うっかりすると自分自身がそこからなくなるような感覚があるのでしょうか?

実際にはそれよりむしろ、ずっと昔から「何々であらねばならない」という固定観念にとらわれており、「無」でいることができなくなっているという話もあります。

また「何々であらねばならない」と教育されることもあるでしょう。

自分が何者であるかを決定しなければならないのがこの地球上での習わしであり、そうでないなら存在は不可能と思えますよね。

なので今更「無になれ」と言われても、そのやり方がわからないということがありげです。

そして人によっては「無」が怖いという話が確かにあるようです。普通のことですからあまり気にしないでおいてください。

「無」によるリラックス

ところが実際には、この「無でいてはならない」というのはなかなか骨の折れる作業のようで、無の想像や座禅で「無」ができるようになると、それはかなり深いリラクゼーション効果が発揮されるようです。

思いますに、人はもともと「無」であって、「無以外の○○であらねばならない」というのは後付けではなかろうかと。

筆者もちょっと「無でいる」ことに少し取り組んでみたのですが、なるほどもしかしたらリラックスするなと。

座禅が精神衛生に良いと言われるのはこのことなのか、と思った次第です。

明日が良い日でありますように。

公開日:2018年10月22日 最終更新日:2018年10月23日

ラピスラズリ・運命の輪が回る・ 2018年8月22日

ラピスラズリ
ラピスラズリ(Lapis-lazuli)

ラピスラズリ・運命の輪が回る・ 2018年8月22日

ラピスラズリが出ています

ラピスラズリに期待するのは、今回はもうシンプルに「幸運のお守り」です。

パワーストーンに何か願いをかける、ということもないけれど、持っていること自体が楽しいし、さて、それでは何を持とうかな?

と思ったら、そんなときはラピスラズリがおすすめでしょう。

ラピスラズリは「色が変わる」という話があります。

が、実際の多くは、ことが起こった後にラピスラズリを見ると色が変わっていたのに気づくパターンのようですね。

これ、ラピスラズリが災難から救ってくれたのでしょうか?そうかもしれませんよ。

さて、カードは「運命の輪」。

ややや、四日ほど前にも出ましたよ。

運命というのは車輪のようぐるりと回っているわけですね。決してひとところに固定されはしません。

でもねえ、この輪は、自分で回そうと思えばさらにもっとよく回ると思います。

逆に、運命の輪はもともと回るのものなのに、自分がひとところに居続けようと思えばそれもあり、ではないでしょうか?

さてこのカードが出ているときは運命ががらりと変わる可能性あり。

現状が厳しすぎる人は、この機に乗じて脱出作戦を!

今が順調だという人は、将来に備えながら、これからの発展について作戦を練ってみましょう。

スパイラル・ダウンした人たち

これまでにスパイラル・ダウンのメカニズムと、そこにはまり込まない方法、また抜け出す方法を書いてきました。

さて今回は、スパイラル・ダウンのきっかけである「まずいこと」を行ってそのままはまり込む人々を観察してみます。

まず単純に、自分の非を認めて、謝罪し、償う人は問題ないわけですよね。ですからこれができない人がスパイラル・ダウンします。

それができない人は、すなわち、自分がしたことに直面できない人のこと。

これ、端的に言って「弱虫」さんです。

実際のところ、どんなに怖そうな犯罪者でも独裁者でも、スパイラル・ダウンが元で悪人になったとすれば、彼らはみんな弱虫なのです。

少し前にも書きましたが、独裁者の感情のレベルは「恐怖」。普通の悪人たちも同じく「恐怖」です。

彼らは周囲が怖いので、本当はいつもビクビクしており、逆に威勢を張って威嚇したりです。

このようなことにはまり込んでいる人が身の回りにいないか、観察してみましょう。

とは言ってもねえ、誰にでもいくらかは罪があり、それを素直に認められないという経験はおありでしょう。そしてスパイラル・ダウンしないように歯を食いしばっていることもあると思います。

これ、あっさりと罪を認めて、昨日書きましたリカバー方法を取るのがおすすめ。
(楽になりまっせ)

直接の謝罪はできなくとも、形を変えた償いはできるかもですよ。

明日が良い日でありますように。

公開日:2018年8月21日 最終更新日:2018年8月21日

ラピスラズリ・愛情系の吉日・ 2018年6月27日

ラピスラズリ
ラピスラズリ(Lapis-lazuli)

ラピスラズリ・愛情系の吉日・ 2018年6月27日

ラピスラズリが出ています。

一応ラピスラズリなんですが、ここではもう単に幸運のストーンといたします。守護的な働きがあったり、悪縁を切ったりと持ち主の幸運についての守り石ですね。

ラピスラズリはとりあえず持っているだけで「幸運のパワーストーン」という広い意味での使い方として有効といたしましょう。

さて、カードの方は愛情系としては最も良しの「カップのエース」。

もうパワーストーンの助けを得るまでもなく良いカード。

愛に包まれ、そして愛を与えることで知る喜びを得ることでしょう。

この愛情であなた自身の運命が大きく変わることを暗示しています。

また、これから愛の告白をしようとしているなら吉報と言えますよ。

人間関係で悩みがあったなら、それも良い形での解決に向かいます。

そして得られた愛を他の人々と大いに分かち合うことも大切。

芸術についての一考察

ここのところ良いカード続きで、今回もちょっと脱線を。

このコラムでちょこちょこと芸術について触れますが、今回はある学者さんの論文から知ったことについて触れます。

その学者さん、芸術家がなぜ芸術活動をするのか?ということについて書いていました。確か、論文のタイトルは「芸術家の作品とその精神分析」(随分昔に読んだために間違っているかもしれません)

その論がある意味で奇想天外でした。

例えば・・・超かいつまんで書きますと・・・

絵描きは十分に物が見えない。
音楽家は音が聞こえない。

なのだそうです。

これ、普通に考えると逆な気がしますよね。

絵描きは物がよく見えるので絵を描いており、音楽家は他の人より耳が良いと思いませんか?

しかしその学者さんの論によると、絵描きさんはよく見えないのでそれを補うために自分で絵を描き、音楽家は聞こえない部分を補うために音楽を作ると・・・

うううむ、これはどうだろうなぁ?

まったくを否定することもありませんが、素直に全面的に承服することもしにくいように思えます。

ただし、筆者自身もこの学者さんと似た見解を一部分は持っています。

というのは、芸術家の一部には、日常的にはコミュニケーション不全なところがある場合もある・・・ということです。

で、日常的には不十分なコミュニケーションを絵画とか音楽によって補っている部分もないとは言えないと思っています。

しかし、それはその芸術家の「限界」であって、日常的にコミュニケーションの不全がないとしても素晴らしい芸術家はたくさん存在するのも確か。

芸術それ自体はコミュニケーションの手段として存在し、それは日常的な言葉や視覚的な表現以上のことを伝えることができる何かだと思います。

人々が感動するのはその部分についてであって、それを芸術と呼んでいると思います。

日常的なコミュニケーション不全の部分を補ったという表現にいちいち感動したりはしません。

才能があって、良い芸術の作り手は、日常的なコミュニケーション以上のことを表現しますから、それの受け手もそれなりな能力が必要で、芸術が「わかる/わからない」という境目はこの辺で生まれます。

今回はちょっとややこしい芸術論めいた話でしたが、ここまで!

明日が良い日でありますように。

公開日:2018年6月26日 最終更新日:2018年6月26日

ラピスラズリ・自由がやってくる・ 2018年6月22日

ラピスラズリ
ラピスラズリ(Lapis-lazuli)

ラピスラズリ・自由がやってくる・ 2018年6月22日

ラピスラズリが出ています。

ラピスラズリに求めるのは「チャンス・幸運」。

ラピスラズリは主に「守護系」としての役割が多いのですが、今回は「幸運のお守り」として使います。

単にお守りとしてよりも、運気の上昇が目的ですね。

さて、カードの方はまたかなり良いものが。

「ソードの8/リバース」です。

このカードはリバースの方が良いですね。

問題の解消、制限が解けて希望が溢れる兆しです。

また、黙っていなければならなかったことをオープンにできるなど、自由がもたらされるようですよ。

経済的な悩みもなくなり、やりたい道に歩み出せることも。

これまでに不運の連続だった人は思わぬ幸運が!

話すことと見ること

前回のコラムでは「考える前に見てみよう」と書きました。更に前のコラムでは「人に話してストレスを減らす」ことを書きました。

実はこの「人に話す」はそのまま「見ること」に通じます。

人に何かを話すとき、自分の記憶へアクセスしていますよね。これ、すなわち自分の心を見ることに近いです。

話そうとすれば見るしかありません。

そして話し飽きるということはそのまま「見飽きる」ということになります。

見飽きるということは「もうそんな記憶はどうでもいいや」という状況です。

「どうでもいいや」と思っている何かからは影響を受けることはなくなります。

その辛い思い出が「どうでもよくなった」と思えたらかなりしめたものですよ。

ただ、辛い記憶というのはそれを自分自身で見ることが辛いのですよね。

しかし、それを辛いと言って見ないでいては、いつまでもその記憶の影響下に置かれます。

そして、ことによっては記憶を完全に閉塞した状況に置き、自分からはアクセスできないのにしっかり影響だけ受けるといいう状態もあります。

嫌な記憶については、少しずつでもアクセスして人に話すことをした方が良いですね。(練習によって回復することができますよ)

そういうところでラピスラズリの働きなのですが、もしかしらたら過去の嫌な記憶に関しても、その災転じて福となすようなことをしそうです。

さてさて、今週も最後のコラムとなりました。

それでは良い週末を。次の日曜の夜お会いしましょう。

明日が良い日でありますように。

公開日:2018年6月21日 最終更新日:2018年6月24日