カテゴリー別アーカイブ: 守護系パワーストーン

守護系にお勧めのパワーストーンについて書かれた記事をまとめています。学校や会社でのいじめ、ハラスメントなどにお悩みの方の助けに。

ジェダイト・手放すとき・2019年5月8日

 

ジェダイト(Jadeite)
ジェダイト(Jadeite)

ジェダイト・手放すとき・2019年5月8日

ジェダイトが出ています。

ジェダイトに求めるのは「手放すこと」。

ジェダイトは日本では硬玉翡翠(こうぎょくひすい)ですね。

古くから勾玉(まがたま)の素材として使われていたアレです。これは主にお守り的な使われ方として防御系が多いようです。

それから意味辞典で触れられている働き以外に大切なものとして、「手放すことをいとわない」があげられます。

この手放すことですが、その根底にあるのは何と言っても「合理的な判断力」のことです。

カード:ソードの3/リバース

うわ、久々に悪いしらせ。このカードは表裏でどちらも良くない系として分類できるかもです。(捉え方は歴代の占者によって様々あり)

しかし総体としては・・・

うまく解決できない問題について消化不良気味。

「ええぃ、どうしようもないなあもう・・・」

「あああ、これはダメかもなあ、修復不能か・・・」

そんな思いに駆られているかもです。

が、裏の方がましかなあ。自分の考え方ひとつで将来を良い方に変えられる見込みあり。

というか、もうこの際はチャンスと見ましょう!

どうしようもなくなったことに、いつまでもウジウジしていてもムダ!

次のアクションを考えること、これに尽きます。

そのためには「手放すこと!」

何の役にも立たないマイナス感情を手放す!

そうすると、むしろ新しい展開が開けて問題の霧散が!

後悔とか、様々なことに対する悪感情は現在と将来に対して何の役にも立ちません。

捨てましょう。

この際ですから過去の「分析」は良しとしましょう。

出てきたデータに納得したら・・・

捨てましょう。

それでジェダイトをお勧めします。

セレニティアスでは以下の商品がありますね。

K2ムーンクオーツのバッグチャーム
K2ムーンクオーツのペンダント

「手放すこと」とあれこれ

まずは「手放す」ことと「知っている」のスケールについて書きましょう。

復習ですが、「知っている」のスケールとは様々なことや問題に対する態度です。

当然ですが、最上位の「知っている」が物事に対しての処理力は高いわけです。

  • 知っている
  • 見ている
  • 感じている
  • 努力
  • 考えている
  • シンボル
  • 食べる
  • etc

さてさて、「手放す」ことですが、もしも何かを手放せないとすれば、その対象に対して「知っている」のスケールの下の方にあるように思えます。

何かを取り憑かれたように集めるコレクターは、その対象についてかなり「知っている」かもしれませんが、もしかしたら「シンボル」としての扱いも多いかも。

もしも「食べる」にまで下がるとかなり手放せないでしょう。

次に、もともとが「問題が少なすぎる状態」にあること。

それを手放すと「手元から問題が何もなくなる」ときです。

人はいつも問題を欲しているようです。

問題がないと自ら問題を作り出すほどなのです。

不思議な話ですが本当ですよ。

それでは令和が良い年になりますように。

公開日:2019年5月7日 最終更新日:2019年5月7日

ラピスラズリ・導き・チャンス・2019年4月3日

ラピスラズリ
ラピスラズリ(Lapis-lazuli)

ラピスラズリ・導き・チャンス・2019年4月3日

ラピスラズリが出ています。

ラピスラズリに求めるのは「導き・チャンス」。

ラピスラズリは基本的に守護系のストーンですね。

一般的に言われる運気アップの働きは、もともとが悪因縁を断つということに関連しそうです。

それから、隠れた働きとしては癒し系もあり。むしろ古くからの言い伝えでは癒し系が強いです。

また今回取り上げた「導き・チャンス」の意味として「思考力の刺激」が挙げられます。

ラピスラズリは運気や能力に対してのかなりな万能ストーンと言えそうです。

カード:カップのエース

いやー、前回と同じカードです。愛情系の最上級。

喜びに満ちていて言うことなし・・・

良い出会い、成就、問題の解決などなど、すべての物事の良い進展を表します。

ただ、アドバイスがあるとすれば、身の回りのささやかなことにも愛情を注ぎ、見返りや結果を求めずに育むことの大切さを知りましょう。

ストーンとしてはラピスラズリの「導き・チャンス」を選択しましたが、小さなことにでも気づいて愛情を持って接することを求めています。

「責任」と所有性

さてさて、まだ「責任」に関して続きます。

前回は責任と管理能力について書きました。

そして今回は「責任–管理能力–所有性」です。

そのことが管理する(できる)つもりがなければそれについてその人は所有性はありません。

ゴミについて管理するつもりがない、すなわち責任を負えないならゴミ屋敷が出来上がります。そこの住人はゴミに対してですら所有性がありません。所有していないから手が出せないのです。

(ゴミ屋敷の住人が、なぜゴミを捨てられないのか今までにも様々な書き方で説明してきました)

このように責任と所有性は切っても切れない関係にあります。

ですので、お金にあかして様々な物体を買って持っているとしても実際の所有性とは関係がありません。ゴミ屋敷のゴミと同じく、ただそこにあるだけです。

最後に書きますが、責任とはもともと簡単なことなのです。

「それならば、それは私がやろう」これだけです。

ゴミ屋敷の住人は、ゴミに関して「それではそれを捨てに行こう」とさえ思えないほどに責任を放棄し、所有性を下げているわけです。

これを感情のレベルに当てはめれば最下位の「無気力」となります。

少し前に書きました「暑いのに窓を開けられない学生」のこと。これって「無気力」でしょ。窓を開けることを人に尋ねて賛同を得ようとしません。

ね、そこの教室についての所有性がゼロですよね。

明日が良い日でありますように。

公開日:2019年4月2日 最終更新日:2019年4月2日

ターコイズ・自由にスタートできる・2018年10月23日

ターコイズ(Turquoise)
ターコイズ(Turquoise)

ターコイズ・自由にスタートできる・2018年10月23日

ターコイズが出ています。

ターコイズに求めるのは「自由な表現」。ううむ一週間前と同じだ・・・

やっぱり今回も同じ働きとしてターコイズを使います。

もともと発想と表現は自由であるはず。

既成の考えに囚われず、自分が本当に信じること、やりたいことに取り組める柔軟さを得ましょう。

誰かの評価でなく、自分で自分を評価しましょう。

スタートするかどうか、それを自分で決めましょう。

そしてターコイズはその旅のお守りにもなってくれますよ。

さて、カードは「愚者」。

うわー、一週間ほど前にも出ましたね。またまたゼロスタートでしょうか?

と言うよりも、愚者が示す内容としては今の状態にあまり満足はしていない感じが。

しかしながらその状態を打開する気分でもなく、現状に甘んじていようかなと消極的なことがないでしょうか?

もしかしたら単に勇気がないだけのことかもですよ。

さてさて、カードの意味としての根本は数字で言うと「0」これは「無」ですね。

「無」についての考察

前回のコラムで、駅伝のレースで膝を擦りむきながらはってタスキを渡した選手のことを書きました。(その選手は足を骨折していたようです)

後の情報ではチーム監督がすぐにレースの中止を申し出ていたそうですが、大会関係者の方で情報伝達が遅れていたことによってレーズ続行してしまったようです。

ですよね、棄権が正しい選択だと思います。今回の件から、試合中の情報伝達について是正しようという働きが起こっていると聞きました。これはこれで良い方向へ行くようです。

以上、前回の話題に少し触れておきました。

さて、今回のカード「愚者」についてその根本は「無」であると。

実はこの「無」が曲者(くせもの)で、多くの人が苦手とするのが「無」のようです。

例えば「無」を想像することはそこそこに困難があるでしょう。

これって「何も考えないようにする」ということと同じですね。何も考えないようにしようと思うと「何も考えない」ということを考えてしまいますから。

これは座禅を組む人はできるのかもしれません。「無の境地」です。

「無」に感じる恐怖

この「無の想像」や「無の境地になること」が困難なことについて、その理由として多くの人が根本的に「無」が怖いという話があります。シンプルに怖がったり嫌がったりする人は確かにいますよ。

うっかりすると自分自身がそこからなくなるような感覚があるのでしょうか?

実際にはそれよりむしろ、ずっと昔から「何々であらねばならない」という固定観念にとらわれており、「無」でいることができなくなっているという話もあります。

また「何々であらねばならない」と教育されることもあるでしょう。

自分が何者であるかを決定しなければならないのがこの地球上での習わしであり、そうでないなら存在は不可能と思えますよね。

なので今更「無になれ」と言われても、そのやり方がわからないということがありげです。

そして人によっては「無」が怖いという話が確かにあるようです。普通のことですからあまり気にしないでおいてください。

「無」によるリラックス

ところが実際には、この「無でいてはならない」というのはなかなか骨の折れる作業のようで、無の想像や座禅で「無」ができるようになると、それはかなり深いリラクゼーション効果が発揮されるようです。

思いますに、人はもともと「無」であって、「無以外の○○であらねばならない」というのは後付けではなかろうかと。

筆者もちょっと「無でいる」ことに少し取り組んでみたのですが、なるほどもしかしたらリラックスするなと。

座禅が精神衛生に良いと言われるのはこのことなのか、と思った次第です。

明日が良い日でありますように。

公開日:2018年10月22日 最終更新日:2018年10月23日

ラピスラズリ・運命の輪が回る・ 2018年8月22日

ラピスラズリ
ラピスラズリ(Lapis-lazuli)

ラピスラズリ・運命の輪が回る・ 2018年8月22日

ラピスラズリが出ています

ラピスラズリに期待するのは、今回はもうシンプルに「幸運のお守り」です。

パワーストーンに何か願いをかける、ということもないけれど、持っていること自体が楽しいし、さて、それでは何を持とうかな?

と思ったら、そんなときはラピスラズリがおすすめでしょう。

ラピスラズリは「色が変わる」という話があります。

が、実際の多くは、ことが起こった後にラピスラズリを見ると色が変わっていたのに気づくパターンのようですね。

これ、ラピスラズリが災難から救ってくれたのでしょうか?そうかもしれませんよ。

さて、カードは「運命の輪」。

ややや、四日ほど前にも出ましたよ。

運命というのは車輪のようぐるりと回っているわけですね。決してひとところに固定されはしません。

でもねえ、この輪は、自分で回そうと思えばさらにもっとよく回ると思います。

逆に、運命の輪はもともと回るのものなのに、自分がひとところに居続けようと思えばそれもあり、ではないでしょうか?

さてこのカードが出ているときは運命ががらりと変わる可能性あり。

現状が厳しすぎる人は、この機に乗じて脱出作戦を!

今が順調だという人は、将来に備えながら、これからの発展について作戦を練ってみましょう。

スパイラル・ダウンした人たち

これまでにスパイラル・ダウンのメカニズムと、そこにはまり込まない方法、また抜け出す方法を書いてきました。

さて今回は、スパイラル・ダウンのきっかけである「まずいこと」を行ってそのままはまり込む人々を観察してみます。

まず単純に、自分の非を認めて、謝罪し、償う人は問題ないわけですよね。ですからこれができない人がスパイラル・ダウンします。

それができない人は、すなわち、自分がしたことに直面できない人のこと。

これ、端的に言って「弱虫」さんです。

実際のところ、どんなに怖そうな犯罪者でも独裁者でも、スパイラル・ダウンが元で悪人になったとすれば、彼らはみんな弱虫なのです。

少し前にも書きましたが、独裁者の感情のレベルは「恐怖」。普通の悪人たちも同じく「恐怖」です。

彼らは周囲が怖いので、本当はいつもビクビクしており、逆に威勢を張って威嚇したりです。

このようなことにはまり込んでいる人が身の回りにいないか、観察してみましょう。

とは言ってもねえ、誰にでもいくらかは罪があり、それを素直に認められないという経験はおありでしょう。そしてスパイラル・ダウンしないように歯を食いしばっていることもあると思います。

これ、あっさりと罪を認めて、昨日書きましたリカバー方法を取るのがおすすめ。
(楽になりまっせ)

直接の謝罪はできなくとも、形を変えた償いはできるかもですよ。

明日が良い日でありますように。

公開日:2018年8月21日 最終更新日:2018年8月21日