カテゴリー別アーカイブ: ビジネス系パワーストーン

ビジネスに必要な能力アップ。それに役立つパワーストーンとは?このカテゴリーではビジネス系にお勧めのパワーストーンに関する記事をまとめて紹介しています。

カーネリアン・勇気を持ってあたろう・2019年2月18日

 

カーネリアン(Carnelian)
カーネリアン(Carnelian)

カーネリアン・勇気を持ってあたろう・2019年2月18日

カーネリアンが出ています。

カーネリアンに求めるのは「勇気」。

端的に言えば、自分が持っている力を100%発揮できるように作用するように働きます。

自分の力にストップをかけているのは、ほかならない自分自身ですよね。

引っ込み思案になったり、不要に「奥ゆかしく」なったりがありませんか。

これではそこに来ているチャンスを単に見送っていることになります。

良いカードが出ていますから、これに乗じてやりたいことをやってしまいましょう。

カード:魔術師

良いカードです。

創造性が発揮され、あなたの新しい取り組みがうまい具合に進みそうです。

やる気に満ちている感じですね。

または、現状ではどうにもならないだろうと思うことがあり、これをなんとかしたい気分満々ではないですか?

そこそこに準備はできているようです。そしてそれに加えて魔法のようにパワーが加わりそうですよ。

それでもまず、奇跡を期待するのではないく、自分自身のできうる限りの知恵と工夫を総動員してください。

そうしてこそ、奇跡的なことが起こり得ます。

勇気と責任

今回の魔術師のカードのように、創造性が発揮されて物事に取り組みやすい時期なのですが、ここで「臆病かぜ」にやられてチャンスを逃すと言うことも多々ありますよね。

「だって自信がなかったから」と言う具合にです。

これ、ほとんど提案ですが、自信があろうがなかろうが、やってしまった者勝ちな気がしています。

まあ、失敗したら自分だけでなく家族の生活にまで影響があるようなことならば、慎重になることも必要でしょうが、そうでなければ「やっちまいな」です。

で、「自信がなくてできない」と言うことの中には、実は「ダメだった時に責任を負えない」ことがあるでしょう。

要するに「する/しない」の判断は結果に対する責任を「負える/負えない」の問題であることがほとんど。

で、勇気というのは結果に対して責任を負える度合いと同等と言えるでしょう。

しかし、この責任を負う気がなければ、本当に何もできません。

自分に対しての責任を負う気がない状態がこの世にどれほど溢れているでしょう。

これ、「感情のレベル」で言えば「保守的」より上に位置することはありません。

そんな人たちが何かを改革したり、新しい何かを始めたりはありません。

「保守的」より下にいる人たちの無責任さは、例を挙げるまでもなく、たくさん見ている通りです。(なにせ、保守的より下のレベルの方が圧倒的に多いのです)

勇気を持って、したいことをしましょう。そのためにカーネリアンをお勧めしました。

明日が良い日でありますように。

公開日:2019年2月17日 最終更新日:2019年2月17日

ルチルクオーツ・実行するときが来た・2019年1月18日

ルチルクオーツ(Rutile-quartz)
ルチルクオーツ(Rutile-quartz)

ルチルクオーツ・実行するときが来た・2019年1月18日

ルチルクオーツが出ています。

ルチルクオーツに求めるのは「思い立ったらすぐ実行」です。

もう単純に、やる気を起こして前進しようとするときに使うストーンですね。

一般的には金運と言われていますが、それよりも実行力強化がルチルクオーツの本命。

ビジネスマン、営業マンが目標を掲げているなら、必ず使って欲しいストーンですね。

カード:戦車

名前の通り勇ましいカードです。見たまんまです。

挑戦するときが来ています。

どうしようかなぁ〜、自信ないしなぁ〜、と言っていると、いつまでたっても実行できませんよ。

このカードが出ていたら、そんな甘えを捨てて実行に移すべき。

何が苦手とか何が嫌とか言っている場合ではありません。

本当にやりたいことのために、理想を掲げて邁進するときが来ています。

未来は開けています。

苦手パターン(その2)

前回は過去の出来事と関連する苦手の4パターンについて書きました。

今回は「苦手な科目」について記します。

才能を疑う前に

特定の科目についてそれが苦手なとき、その理由のひとつに「間違って覚えた単語」があります。

意味を間違って覚えたり、正しい意味を知らないままに読み飛ばした単語があると、それから先の学習が進みません。

これ、大変重要なことです。

学習が進まないと、そこで「自分にはその分野の才能がない」と思ってしまうことがありますが、それは違う可能性大です。

単に、ひとつの単語について意味を取り違えたり、知らないまま、わかっていないままで進めようとした学習があまりにもはかどらず、嫌になってしまっただけかもです。

意味を正確に知らない単語、これを読み飛ばしてはいけません。

辞書を引き正確な意味をつかみ直しましょう。

文章の中に知らないでいたり間違って覚えている単語がひとつあると、その文章全体の意味がわかりません。

これをきっかけに、それ以降の学習が滞り、そして嫌になります。

知らない、または不正確な単語を見つける

学習が進まなく、つまらなくなった直前に知らない単語をつかんでいる可能性が非常に高いです。

ですから、どこでその学科についていけなくなったのかを調べ、十分について行けていたその最後の部分に怪しい単語がないかをチェックします。

才能のあるなしを言う前に、以上の点に注意してみてください。

苦手科目が消えると、むしろ新しい才能を発見するかもですよ。

そして、やれば取り返せませます。

明日が良い日でありますように。

公開日:2019年1月17日 最終更新日:2019年1月17日

アマゾナイト・問題は解決へ・ 2018年6月15日

アマゾナイト(Amazonite)
アマゾナイト(Amazonite)

アマゾナイト・問題は解決へ・ 2018年6月15日

アマゾナイトが出ています。

アマゾナイトに求めるのは「素早さ」「雰囲気、気配を読む」です。

これ、意味辞典の方ではあまり触れてはいませんが、アマゾナイトの働きの根本部分です。

「素早さ」に関しては「速攻で自分の気分を変え」たとえ落ち込んでいてもさっさと次のアクションを取れるようになるということです。

「雰囲気、気配を読む」に関してはコミュニケーションにまつわる部分として非常に大切です。

というのは、相手の感情のレベルに応じていなければコミュニケーションが成立しないからです。

単にコミュニケーションといっても、雰囲気、気配を感じることが大切なのはこのあたりのことが重要になり、これがアマゾナイトのコミュニケーション能力アップの根幹をなします。

さてさて、カードは「ソードの7/リバース」。

これに関しては「リバース」の方が良いですね。

問題が解決する暗示です。

思いもよらないような助けが入るといった兆候が見られます。

また、もしもミスがあったとしても素早く対応することで新たに信頼を築けるといったおまけも。

そして問題解決のきっかけになることは身近にある感じ。

今はとにかくスピーディーに動きましょう。

それもあってアマゾナイトをお勧めいたします。あまり深く考えず、さっさと「これだ」というアクションをとってください。

感情のレベルについて復習(コミュニケーションの再確認)

このコラムで何度となく出てくる「感情のレベル」について、コミュニケーションの観点から復習です。

感情のレベル 参考資料

↑クリックして参考ページへ

法則1)
感情のレベルがかけ離れている人同士はコミュニケーションが難しい

カンカンに怒っている人と、グスグス泣いている人とはコミュニケーションが取れませんよね。

怒っている人は泣いている人に「いつまでも泣くな!」とかと余計に怒り、泣いている人はもっと泣くかもです。

また、陽気な人が退屈な人に話しかけてもうまくいかないでしょう。

退屈な人は陽気な人が話しかけてもそれに乗ってきません。

保守的な人に対し、熱狂的な人が新しい事業計画など話しても否定的な反応しか得られないわけです。

法則2)
感情のレベルが近いほどコミュニケーションが可能になる。

これは法則1の裏返しのようなことですが、これをヒントにどんなレベルにいる人にでもコミュニケーションをとるきっかけを作ることができます。

泣いている人に対しては自分も悲しみからアプローチして行きます。

保守的な人に対しては保守的な話から入ります。

コミュニケーションに入るところは同じレベルかひとつ上、そして相手のレベルを上げていく様に話をします。

大きく以上の様に書きましたが、まずは上記二つの状態を、今までの経験や観察から拾い出してみてください。

ご自身のコミュニケーションの成功や失敗の中に、これらの法則はきっと入っているはずですよ。

さてさて、今週も最後のコラムになりました。それでは良い週末を1
また次の日曜夜にお会いしましょう。

明日が良い日でありますように。

公開日:2018年6月14日 最終更新日:2018年6月14日

ルチルクォーツ・チャンスの兆候・ 2018年6月6日

ルチルクオーツ(Rutile-quartz)
ルチルクオーツ(Rutile-quartz)

ルチルクォーツ・チャンスの兆候・ 2018年6月6日

ルチルクオーツが出ています。

今回ルチルクォーツに求めるのは「熱意を注ぎ続ける」こと。

どうやら、前回のガマンが実を結ぼうとしていますよ。

ここでもうひと踏ん張りして頑張ることで大きなチャンスを得られそうです。

ルチルクォーツの大きな働きとして「目標達成」があるのですが、その根源にあるのは「熱意を注ぎ続けること」に他なりません。

金運ストーンとして知られるルチルクォーツですが、その実態は、頑張りを続けられることに他なりません。(ですからギャンブルなどの一攫千金とは元々の意味が違います)

さて、カードは「ワンドの6」。

良い兆候です。

あきらめかけていたプロジェクトが動き出したり、挫折しかけた夢を再び追えるようになりそうです。

それというのも、今までにあきらめそうになりながらそうはしなかった、というガマンが功を奏しているようです。

もう少しは色々と壁が立ちはだかるかもしれませんが、たじろぐことなく、志を高く掲げて進みましょう。

そのような状況ですからルチルクォーツがおすすめなわけですね。

それから、あなたを成功に導くのは周囲の人々のサポートがあったはず。

これから先は人助けも忘れないように。そうすることで彼らがかけがえのないサポーターになってくれるようです。これで成功は強固なものになるようです。

疲労と意欲・・・よもやま話

今回はちょっと良いカードなのでコラムは脱線した話題といたします。

さて、ルチルクォーツなどを使って熱意を注ぎ続けるとしても、人は誰でも疲労しますよね。

疲労については実際にはそれを続けてたことで疲れたのではなく、どこかで意欲を失ったことが最大の原因であることは以前に書きました。

しかしながら、問題はこの「意欲」を持続させる方法でしょう。

これこそある程度のガマンが必要かもです。

何かをしながら「あー疲れた」と思ったら、実は疲れたのではなく、意欲が減退したのだと気づきましょう。

このとき、小さな小さな「意欲の維持方法」は「あと5分だけでもやってみよう」と思い直すことかもです。

そしてこの種の思考方法と行動は習慣化できるようです。

そこで忘れてはならないのは、「思考」(または考え)によって行動を変えることはできる、ということ。

人類が持っている「知恵」はここで使います。何かにつけて思考ありきだと思いましょう。

そして人生のあらゆる事柄は「考えの中」にあり、そこからはみ出す部分は少ないものです。

そう言えば、出来の悪い会社の経営者というのは従業員の「意欲を削ぐ」のがかなり得意であることはご存知の通り。

ですから、そこの会社の社員は非常に疲れます。そして無理やりに仕事を進めることで社員たちのエネルギーが浪費され、そして過労死ということもおきます。

ちなみに、過労死は単に休息を取らずに仕事をし続けることでは起こりません。モチベーションが維持されない状況で働き続けなければならない状況の時のみに起こり得ます。

ですから意外なことに、どんなに働いても社長という人たちは過労死しにくいです。(あまり聞きませんよね)

過労死の対策をしようと思うなら、労働時間だけでなく、その辺りのメカニズムを理解していないとムリ。

さて、とにかく、私たちは自分でモチベーション(意欲)を作ってなんとか前進するしかありません。

これらは全て「考え」の中にあります。

明日が良い日でありますように。

公開日:2018年6月5日 最終更新日:2018年6月5日