ヘマタイト・信念を曲げない/ソードのエース

2017年2月6日 ヘマタイト・信念を曲げない/ソードのエース

これは珍しいカード。

「正しいと思うことをやり通せ」という指示です。

それ以前に自分自身が具体的な行動に出る衝動に駆られているはず。

正しいと思うことをしようとするには勇気が必要だったり、大きな壁が立ちはだかったりすることもあるでしょう。

また、思ったようには行動の結果がすぐには現れないかもしれません。

しかしながら決して信念を曲げてはなりません。今回の行動が必ずや正しい結論にたどり着くでしょう。

コミュニケーション力を存分に発揮して自分の考えを外に表現していくと良い結果に。

このようなときにオススメのパワーストーンはヘマタイト(意味辞典に未記載)。

ヘマタイトに求めるのは「行動の起爆剤」。ヘマタイトを使うときは大概この働きに期待しています。持ち主のエネルギーをとにかく活性化し、チャンスを見逃さずに素早く行動に移せるようにしてくれますよ。気の弱い人でも精神面の支えになります。

正しいことの難しさ

正しいと思われることをしようとしても、現実的にはかなり難しいということがあります。

ただここで「正しい」ということの意味について少し考えておきましょう。

実は絶対的な善とか、絶対的な悪というのは存在しないでしょう。良いことも悪いことも実際には程度と比較の問題でしかないのです。

それから、ネット環境上ではSNSの広がりに連れ「善悪」について声高に叫ばれるようになりました。

「悪い」と思えた何かについて、匿名な状態を維持したまま徹底的にそれを叩くという行為が横行しています。

一見は「悪を叩く」という形に見え、自分が正義の代弁者といった立場ではありますが、これは結局のところ自分自身が「溜飲(りゅういん)を下げる」こと以上には至っていない感じがします。

溜飲を下げる: 不平不満などが解消され、むかむかしていた心持ちがすっとする様子を表す表現。「 溜飲が下がる」とも言う。「 溜飲」は元々、消化不十分による胸やけなどを意味する。(日本語表現辞典より)

さて、それでは自分自身が正しいと思うことがどれくらい正しいのか、その指標になるのは、これをすごく大きな目で見ますと行き着くところは「生存の多重円」です。

生存の多重円(生存の包含関係)

できるだけ広い範囲の円で善を為し、悪影響が最小限であることを「良い」と判断できます。「悪」はその逆で、最小限の円にしか善をもたらさず、広い範囲に悪影響をもたらす行為です。

ときによっては正しいことをしようとするとかなりな勇気が必要です。ことによっては自分の命さえが危険にさらされるという場面すらありえます。

しかしながら、「悪い」と知っていてそれを行うとき、それは必ず魂に刻み込まれることでしょう。これは悪循環を生みます。

あなたが先に悪いことをしたとき、後からその動機を作ります。その動機は「奴らが悪い、なぜなら・・」という形で語られることになるでしょう。

「誰かが悪い」と声高に叫ぶ者は、先に彼らに悪いことをしているのです。

明日が良い日でありますように。

公開日:2017年2月5日 最終更新日:2017年2月6日