タグ別アーカイブ: マンガンカルサイト

マンガンカルサイト・愛情系で吉兆・2019年3月1日

マンガンカルサイト(Manganese-calcite)
マンガンカルサイト(Manganese-calcite)

マンガンカルサイト・愛情系で吉兆・2019年3月1日

マンガンカルサイトが出ています。

マンガンカルサイトに求めるのは「分け与えること」。

基本的に調和と愛情のストーンですね。

さて、その作用の根底にあるのはマンガンカルサイトの癒し系の働き。

これは、それぞれの人が持っている過去の愛情系のトラブルを癒すことから、愛情に関しての素直な発露を促す作用が元にあります。

カード:カップの3

良いカードです。

愛情系に関連して様々な好転や発展、成長があるでしょう。

そしてその喜びを人々と分かち合うことが大切です。

その体験からさらに愛情について学ぶことになるでしょう。

理解についての復習

久しぶりになりますが愛情系に絡んで基本中の基本の復習です。

理解の三角形

  • 愛情
  • リアリティ
  • コミュニケーション

何かや誰かを理解するときに働く三角形です。

「他人に愛情を持とう」と突然言われても簡単にはできやしません。

で、日常的にやってみることは「コミュニケーション」。

コミュニケーションなしに愛情を持つことはまず不可能と言えます。リアリティも持ち得ません。

これは単純な例えとして、頼りになるのは「遠くの親戚より近くの他人」ということです。

遠くにいてコミュニケーションがない親戚にはその存在にリアリティが薄く、愛情も湧きにくいわけです。

もちろん、理解が深まって破断することもあります。それはそれで判断材料です。

また、もちろんですが相手がコミュニケーションを拒むこともあり得ます。

これは相手がこちらを理解したくない、という状況にあります。これはうまく行きません。そこで止めるか、他の手を考える必要ありですね。

さて、理解の三角形は対人関係だけには限りません。

とにかく何かを「理解」しようとする時には完全に当てはまります。

新しい部署に配属されたとき、新しい機械を手に入れたとき、理解したければコミュニケーションです。

明日が良い日でありますように。

公開日:2019年2月28日 最終更新日:2019年2月28日

マンガンカルサイト・幸せを分かち合おう・2019年2月12日

マンガンカルサイト(Manganese-calcite)
マンガンカルサイト(Manganese-calcite)

マンガンカルサイト・幸せを分かち合おう・2019年2月12日

マンガンカルサイトが出ています。

マンガンカルサイトに求めるのは「分かち合うこと」。

根本的に調和と愛情を生み出すことが得意なパワーストーンですね。

円満な人間関係を望むなら是非とも使いたいですね。

また過去の愛情系トラブルに関して癒し系の働きを持っています。

現在において愛情表現が苦手であったり、この話題周辺に何らかのトラブルを抱えている人にもおすすめです。

カード:カップの3

おお、これはいいですね。

カードの絵柄として乙女三人がカップを掲げて祝杯という感じのデザイン。

喜ばしい出来事として吉兆です。

問題の円満解決、周囲からの祝福、協調、協力、このようなことを象徴しているようです。

また、ひとりでできないことでも他人からサポートを得ることで成し遂げられることもあり、得られた幸福を皆で分かち合うことが大切

これから起こる良きことは、人々や環境との関係性の大切さが大事であることを知ることになるでしょう。

明日を思いわずらうな

今回は良いカード。そして連休明けの仕切り直しとして趣向を変えてみます。

そこで「格言」いくつかを紹介しましょう。

困難を予測するな。
決して起こらないかも知れぬことに心を悩ますな。
常に心に太陽を持て。
(ベンジャミン・フランクリン)

およそ惨めなものは、将来のことを不安に思って、不幸にならない前に不幸になっている心なのである。
(ルキウス・アンナエウス・セネカ)

これら上の2つは同じ意味ですよね。

筆者的に注釈を加えておきます。

将来の不安や心配の原動力は、実は過去の中にあります。

将来のことを不安に思うのは、未来を見ているようで、実は過去にとらわれているわけです。

で、過去に囚われたまま未来を見るために「現在」において身動きが取れない状況になるわけです。

これから脱出する徹底的にシンプルな方法は、現時点における「必要性のレベル」が高いこと。

極端な例えですが、今まさに「火事だー!」と言われたら、明日の心配はそっちのけで今すぐ逃げ出すでしょう。

実際のところ、何かで忙しい人は明日のことを考える余裕はありません。

ま、できるかできないかはともかく、過去にはまり込むのも、そこから脱出するのも、元々は難しいことではありません。

そう言えば、冒頭にのせた2つの言葉は、似たようなことが新約聖書にもあるような気がします。

明日が良い日でありますように。

公開日:2019年2月11日 最終更新日:2019年2月11日

マンガンカルサイト・人に愛情を・2018年11月27日

マンガンカルサイト(Manganese-calcite)
マンガンカルサイト(Manganese-calcite)

マンガンカルサイト・人に愛情を・2018年11月27日

マンガンカルサイトが出ています。

マンガンカルサイトに求めるのは「自分から愛や優しさを人に贈る」こと。

マンガンカルサイトの受け持ち分野は愛情系ですね。

特に、人に愛情を与えることができるようになる、という働きはピカイチかもですよ。

また応用編として結果的に「揉め事を起こさなくなる」ということになります。

さて、カードは「ワンドの女王」。

良いカードですね。

もうじき成功がもたらされる暗示。

たとえ今がパッとしていないとしても、方向を変えたり諦めたりしないように注意です。意欲的に信じる道を進むべしでしょう。

あなたの妥協なき姿勢に魅力を感じ、多くの賛同が得られるのはもうじきのようです。

そのためには人に愛情を注ぐことを忘れないようにしましょう。

相手そのものに「なってみる」という話

愛情系を持ってする解決として「相手の立場になってみる」ということが一般的に言われていますよね。

まあ「そりゃそうだろう」とどなたも思うでしょう。

シンプルには「相手を思いやる気持ち」です。これは昔から言われています。

これ、理屈では誰でも理解でき、理屈の上でそうすることもできるでしょう。

が、しかし最終的には利害が折り合わないということもありますよね。

利害というのはそもそもが理屈の話であって、その理屈として「これはダメだね」ということもあるわけです。

ところが!

もっと根本的に解決してしまおうというアクションがあります。

文字通りに「相手になりきる」という行動です。

「相手の立場」ではなく相手になりきるです。

しかし、その対象が人間というのは何かしら難しいことがあるかもで、それまでに「物体」に対して「なりきる」という練習があります。

例えば目の前にある「パソコンになってみる」です。

これはすごく変な話に聞こえるかもしれませんが、「なりきる」その対象は、それが人間か動物か、無生物かは全く関係がない様子。

むしろ、無生物の方が最初は簡単かもしれません。

これできるでしょうか?

「そのスマホになってください」
「そのテーブルになってください」
「その車になってください」
etc.

これねえ、まるでお笑いかもしれませんが、人によってはかなりピンとくるかもです。

単にそんなことはできっこないと思う方も少なくなはいでしょうけれど。

その物体になりきることができると、それに対する理解が深まることがあるようです。

そうすると、それがマシンであれば、もっと上手に使えるようになりますよ。

そうしたら、ペットの動物とか植物なども同じようになりきることができます。

そして最後に人間ですね。

そして応用編・・・

試験を受けるなら、その試験問題を作った教師とか試験官に「なる」です。

これはもう利害が折り合うとか折り合わないの話ではないですね。

パートナーとしての仲がこじれそうなら、そう、相手になってみるです。

これは「相手の立場」になってみるのとは違いますよ。相手そのものになってみるということですよ。

そこを間違ってはいけません。

明日が良い日でありますように。

公開日:2018年11月26日 最終更新日:2018年11月26日

マンガンカルサイト・実りを受け取ろう・ 2018年8月16日

マンガンカルサイト(Manganese-calcite)
マンガンカルサイト(Manganese-calcite)

マンガンカルサイト・実りを受け取ろう・ 2018年8月16日

マンガンカルサイトが出ています

マンガンカルサイトに期待するのは「人の助けを大切に借りよう」です。

マンガンカルサイトが得意なのは、特に調和の取れた人間関係を築くことですね。

そして人からの愛情を感じられる気持ちになるのが大切な部分。

ここで思い出すのが「生きる技法」(著者:安冨歩)に出てくるところの「助けてください」と言えたとき、人は自立している、という話。

生存の多重円にも通じる話かも知れません。

生存の多重円(生存の包含関係)

↑クリックで開きます。

さて、カードは「ペンタクルの王」。

良いカードです。様々な形で実りが到来することを告げています。

身の回りには頼りになる人々、あなた自身にはチャンスが訪れ地位の向上があったり。

問題に対してそれを自分で大きくクローズアップして見なければ自然に解けてしまうことでしょう。

ここで忘れてはいけないことは、人々に助けられ、そしてあなた自身も人々を助けること。

そこでマンガンカルサイトが出てきているようですよ。

終戦記念日のこと(母の戦争体験)

さて、お盆休みも終わりですが、これを書いている今日8月15日は終戦記念日です。

筆者の母は1945年8月15日、終戦の日、女学校の学生でした。

子供の頃から何度も戦時中のことを聞いていますが、その中でいくつかの話を記しておきます。

若い方はご存知ない人もいらしゃるということで、ここに改めて書きますが、その昔、日本は「アメリカ」(その他の連合国)と戦っていたのです。

■学徒動員のこと(秘密兵器の製造)

「学徒動員」とは、戦時体制下で学生に勉強をさせずに軍事に当たらせること。

女学校へ行くとほとんど勉強しなくて一日中何かの部品にヤスリがけの作業だったり・・・

そしてある日、家にある古新聞を持ってこいと。それを講堂に広げて広げて、上からコンニャクで作ったノリをぬりぬり。すると弾力のあるゴム状のシートができた。

「先生、これ何ですか?」
「超ナイショだが、風船爆弾を作るらしい・・・スパイがいるかも知れないからナイショだぞ!」

コンニャクのゴムシートで気球を作り、それに爆弾をつけて飛ばすそう。

これでマジ米国本土を攻撃しようとしたらしい。

母『こんなんで戦争に勝てるわけないわ』

風船爆弾

↑Wikipedia が開きます。

■軍事教練のこと(飛行機)

「軍事教練」とは普通の授業ではなしに戦時下に対応した軍事的な訓練、いわゆる「竹ヤリ」を持って訓練したり・・・

ある日軍事教練と称して女学校のクラス全員で鳥取砂丘へテクテク数キロ。

砂丘へ着くとそこには一機のグライダーと兵隊さんが。

グライダーってエンジンがない飛行機。自力では離陸できませんよ。

さて、クラス委員がグライダーに乗り、残りの全員がそれを引っ張って走れ走れ!

グライダーは20mほど滑空して着地。そしてその繰り返し。

母『だから何?これじゃ戦争に勝つわけないわ!』

■進駐軍がやってきた

8月15日、ラジオで重大な発表があるという噂がありました。いわゆる「玉音放送」です。天皇による戦争終結の宣言ですね。

これを聞いた母は「あー、もう学徒動員や軍事教練に行かなくていいんだ」と真っ先にはそう思ったそう。

で、終戦からしばらくして母が住む町(小さな小さな地方都市)に進駐軍がやってきました。進駐軍とは、戦勝国の軍隊、アメリカ軍です。

そして進駐軍は各家を巡り、土足で上がってDDT(殺虫剤)を撒いていったそうな。

その時、母は初めて米兵を見ました。印象に残ったのは黒人兵。

「うわー、背が高いなあ!パリッとした制服でお尻もピッと上がっててかっこいいなー!これじゃ戦争に勝てるわけないわ」と思ったそうな。

====

日本の戦争を「アジアの平和のためだった」として正当化する考えがあります。

これを本気で正当化するために、そう思っている人たちは何をしようとするのか、このコラムをお読みの方にはお分かりと思います。

「あれは正しかった」ならば、それが正しかったことを証明するために、もう一度「あれをする」です。(これはもう法則ですよ)

これだけは絶対に阻止しなければなりません。スパイラル・ダウンさせるわけにはいかないのです。

明日が良い日でありますように。

公開日:2018年8月15日 最終更新日:2018年8月15日