タグ別アーカイブ: グリーントルマリン

グリーントルマリン・豊かな心で・2019年6月25日

グリーントルマリン(Green-tourmaline)
グリーントルマリン(Green-tourmaline)

グリーントルマリン・豊かな心で・2019年6月25日

グリーントルマリンが出ています。(意味辞典に未記載)

グリーントルマリンに求めるのは「心の豊かさ・いたわり」。

思いやりや慈愛心を豊かにするパワーストーンです。

それができるようになるために、まずは持ち主自身の心を豊かにし、それから人を助けいたわることができるようになります。

ですから、まずは自分自身に対しての癒しとして働くのが順序です。

また、第六感のような感覚が豊かになることから、人の気持ちを察することができるようにもなるのでしょう。

カード:ペンタクルの5

表面的には物事があまりうまく行っていないことを暗示します。

望み通りに運ばないこと、不信、失望といった感じがそこにあります。

今まで信じてきたことが通用しない、よりどころがなくなるといった気分。ある意味では逆境です。

しかしながら、このカードはそこから学ぶことも意味します。

今まで求めていたことに本当に価値があるのか?

今までがむしゃらに求めてきたことやその行動は本当に正しかったのか?

これを改めて考えるチャンスかもしれません。

物事の価値を見つめ直し、自分は何のために何をするのかを再考できるときです。

ここでのポイントは心を豊かにもっと大局を見て、真の幸福に向かって再スタートすることのようです。

あなたを助けてくれようとした人々に改めて感謝し、他人の働きに対して感謝しいたわる気持ちを持ちましょう。

問題からゲームへ

これまでのコラムで「人は問題が好き」「人はいつもゲームを欲している」ことを書きました。

今回はゲームについて少し掘り下げます。

人生はゲームに例えることができ、それは単に障害を乗り越えてゴールをゲットすることです。

そのゲームは、まあ普通に言うところの「価値観」によって様々なケースがあります。

退屈しのぎのために作った問題を解決するゲームなのか、自分や人々や社会がより幸福になるためのゲームなのか、どんなことを選ぶのかは人それぞれでしょう。

また、自発的でなくとも自分がゲームに参加させられていることもあり。

しかし、そこから抜け出すというゲームを設定することもできます。

そして、ゲームの盤上にいるときには目先のゴールしか目に入りません。

しかし日々のゲームとしてそれをこなさなければならないのも確か。

ただ、人はそのゲームを「ゲームのコマ」としてではなくゲーム盤そのものを上から見ようと思えばそうすることはできます。

そうして見ると、ゲームそのもののルールがおかしくないか?と気づくこともあります。

そうすると、もしかしたらルールを変更するべきだ、という新しいゲームに行き当たることもあり。

また、おかしなルールに気づいたならば、そこを突破口に人が気づかぬ作戦でゴールをゲットできるかもしれません。

また、ことによっては「おかしなルールのゲームはお断り」としてそのゲームから降りるゲームを開始できるかもです。

何れにしても、誰しもが何らかのゲーム盤のコマとして存在します。

しかし、ゲームの「コマ」としてでなく、上から見ることは大切です。

こうすると自発的に価値観の転換ができるかもです。

価値観の転換が起こると、昨日していたその仕事やその作業を今日も同じようにしたとしても、昨日とまったく異なった気分で取り組むことになるかもです。

大局を見て自分で価値観を変えるには、実はそもそもが心が豊かな状態であることが必要そうです。

逆に、切羽詰まっているときにこそ、ゲーム盤を上から見てみましょう。(あくせくしないで心豊かにです)

その方が本質的な解決策が見出しやすいです。

グリーントルマリンを使ってみてください。

明日が良い日になりますように。

公開日:2019年6月24日 最終更新日:2019年6月24日

グリーントルマリン・常識と公平・2018年12月7日

グリーントルマリン(Green-tourmaline)
グリーントルマリン(Green-tourmaline)

グリーントルマリン・常識と公平・2018年12月7日

グリーントルマリンが出ています。(意味辞典に未記載)

グリーントルマリンに求めるのは「公平さ」。

グリーントルマリンは基本的に癒し系のストーンですね。

それに公平さを求める意味として博愛的な慈愛をもたらすことがあります。

自分が癒されてないと他に慈愛をもたらすのは難しいでしょう。

厳しい状況にあっても神経をなだめてちょっと落ち着こう、という時にトルマリンは役立つパワーストーンです。

神経をなだめることができれば、正常な判断力も戻り公平な考えもできるでしょう。

さて、カードは「法王」。

少しアドバイス色があるカード。

より正しい行いを選択しさえしていれば、必ず道は開けることを示唆しているカードです。

人は誰でも迷うことがありますが、自分を含めた最大多数の人々にとっての幸福につながる方を選択する、これが最も間違いのない選択となります。

これを簡単に書けば、より良い妥協点を見つけるように努力する、となるでしょうか。

ま、人生すべてこれかもです。

ただ間違ってはいけないのは、単なる妥協ではなく、総合的により良い妥協点を見つけることです。

総合的により良い妥協点を選ばなかった文化、文明は短命に終わります。

今の状況は「常識と公平」を保って進むとき。迷ったらこれに尽きます。

「罪」について改めて考察

今回の話題は上に書きました「より良い妥協点」に沿って進めます。

犯罪というのは何を隠そう、多くの人にとって迷惑な行為に他なりませんよね。

これ、すなわち「多数の人にとってより悪い妥協点」を選択した状態です。

参考までに、よく出る生存の多重円の通り、ひとつの円だけに突出して益をなして他の多数の円に害をなすのが罪です。すなわちより悪い妥協点のことです。

▼参考リンク

生存の多重円(生存の包含関係)

例を出せば、国の存亡のために人が死ぬ、ということがあります。いわゆる戦争ですが、非常にシンプルに国というグループを支えている個々の人を死なせてしまっては、国そのものが滅びるという仕組みです。

「お国のために死ぬ」は大きな考えちがいであるどころか、それは罪だとここに明記しておきます。

他の例では、生存の多重円に見る生物界に害をなすような公害物質を垂れ流せば、巡り巡って人間生活に悪影響が及びます。

ね、どちらも結果的に文明や文化が破壊されることになってますよね。

一体何が罪なのか、それがなんで罪なのかは、生存の多重円として全体が良くなるための妥協点の取り方に間違いがないかで判断できます。

ところでなぜ妥協点と書いているのか?・・・

これはシンプルに、生存の多重円の全てにムラなく誰一人として我慢してもらう必要がないような行為というのはほとんどないからです。

これ、いわば「民主主義」ということを表していますね。多数決とはちょっと違います。

ここはちょっと考えてみてください。

明日が良い日でありますように。

公開日:2018年12月6日 最終更新日:2018年12月6日

グリーントルマリン・ちょっと休息・2018年12月3日

グリーントルマリン(Green-tourmaline)
グリーントルマリン(Green-tourmaline)

グリーントルマリン・ちょっと休息・2018年12月3日

グリーントルマリンが出ています。(意味辞典に未記載)

グリーントルマリンに求めるのは「心のリフレッシュ」。

典型的な癒し系ストーンですね。

ゆれ動く神経を鎮め、心を穏やかにしつつ、心のわだかまりや、葛藤などを取り除き、滞りがちな感情を穏やかに保ち神経疲労をねぎらってくれるストーンです。

ただしトルマリンは高価ですね。ピンキリありますが、見た目に美しいものはかなりな高額で取引されています。全く美しくない物でもそれなりに高価。

ただしパワーストーンとしての働きは見た目とはあまり関係ないようですよ。

さて、カードは「カップの6」。

良し悪しとして語りにくいカードです。

過去の思い出をもとに、自分自身を癒そうとしている感じがあります。

ということは、現在何か具合がよくないのかもですね。

がしかし、癒しの甲斐があって復活するのは確かなようです。今はちょっと休息タイムが必要なのですね。

記憶を用いた癒し系の実用的なリスト

雰囲気だけでなく、実際に使える「癒せるリスト」の一部をピックアップしておきます。

簡単な記憶の「思い出し」です。6項目を挙げておきます。

  1. あなたにとって本当に現実的だった時を想起してください。
  2. あなたが誰かから本当の親愛の情を感じた時を想起していください。
  3. 誰かがあなたと良いコミュニケーションをとっていた時を想起してください。
  4. あなたが誰かに対する深い親愛の情を感じた時を想起してください。
  5. 自分が誰かに対して本当に良いコミュニケーションをしているとわかった時を想起してください。
  6. 何人かの人があなたに完全に同意した時を想起してください。

これらのリストを、気分が良くなるまで繰り返すのは方法です。

明日が良い日でありますように。

公開日:2018年12月2日 最終更新日:2018年12月2日

グリーントルマリン・過信に注意/ワンドの女王/リバース

2017年4月24日 グリーントルマリン・過信に注意/ワンドの女王/リバース

久々にシンプルに要注意カードです。が、心がけで災難を回避しましょう。

そのまま進むと思っていたことが予期せぬトラブルに見舞われたり、頼りにしていた人間関係がダメになるといった暗示。

これはもともと過信であったり策に溺れることが原因になりそうです。

もしも思い当たるフシがあるなら十分に気をつけてください。また、嫉妬や根拠のない疑いを持つことも大きなマイナスに。

周囲の人への感謝、いたわりの心を欠くと足元をすくわれます。

自我、勝気を少しセーブして気配りを心がけよう。

このようなときにオススメのパワーストーンはグリーントルマリン(意味辞典に未記載)。

グレームーンストーンに求めるのは「いたわりと愛情の心」。グリーントルマリンは慈愛の心を豊かにしてくれるストーンですね。この流れで得たことを人々に分け与えることを念頭に置いてください。誰にもでも公平に愛情を注ぐことが大切です。

子供にお手伝いをさせる意味

少しだけお休みをいただいていました。お久しぶりです!

さて、休み明けに面白い記事を見つけました。おなじみライフハッカーより・・

「お手伝いをする子ども」のほうが、大人になって成功する

というお話。

私自身はこれは当然だと思っています。

まず、人が生まれると「慣れない身体」をなんとか使うことから始めます。物質宇宙という空間で目の前にある何かに対処することを強いられます。これって要するに「サバイバルを強要されている」という状態です。

そして家事というのは根本的なサバイバイルに他なりません。どんなことだろうが誰かが家事をしているからそこで暮らしている人が生き延びられるわけですから。

子供に家の手伝いをさせるのは、まさにサバイバルの訓練に他なりません。目の前の物体に向き合い、直面し、問題を解決するトレーニングです。

これには手で行う作業がついて回ります。これはスマホやPCのゲームと違い「実態を伴ったゲーム」です。

家事は全て実態を伴う物質的な空間で行う実態を持った作業なのです。

何かを手で持つ。その感触、重さ、それが硬いのか柔らかいのか、危険か安全か?彼がこの空間で自由を得るにはこのあたりの感覚がトレーニングされることが望ましいです。もちろん空間認知力も高まります。

彼(彼女)が作業するとき、その空間は彼のものです。よって彼は空間的な所有という概念を得ることもできます。少なくとも、その作業中はそこが彼の居場所です。だからその家には彼の居場所があります。

幼い頃から家の手伝いをするのはほとんど良いことばかりです。

まあ、件の記事にあるように、子供にその仕事を任せても全体の仕事が減ることはないという可能性もありますけれど。

でもこれは単なる家事ではありません。彼に対しての非常に理にかなった教育だと思います。

明日が良い日でありますように。

公開日:2017年4月23日 最終更新日:2017年4月23日