サファイア・ちょっと逆境でも切り抜けよう/ワンドの7/リバース

2016年6月14日 サファイア・ちょっと逆境でも切り抜けよう/ワンドの7/リバース

昨日に比べて急転直下、逆境の兆候。そしてアドバイス。

何をやっても事態は好転しないように見えるかも。そして万策尽きた感でヘトヘトな気分になることも。しかし!

弱気になるようなことがあっても、心は強く持っていること。

今までのやり方とは異なる方法を試すと良い突破口が開けそう。

この際ですから人の言うことに耳を傾けないで逆らうというのも方法です。

このようなときにオススメのパワーストーンはサファイア(意味辞典に未記載)。
サファイアは「視野を広げる」という意味で使います。また、一生懸命にやっているのに結果がついてこないという人にもおすすめです。硬くなった思考回路をほぐして判断力が養われますよ。

店員さんのアドバイス

今回のカードでは「人の話には耳を傾けないで逆らうのも方法」ということが出ています。

そこで、筆者が時折感じている「誰かのアドバイス」について書いておこうと思います。

店員さんの言うことを鵜呑みにしない

この仕事をしていますとかなりな頻度でパソコンやその周辺機器を使います。ですから、家電量販店にはときおり出入りすることがあります。

例えばパソコンのパーツを探すとき、近くの店員さんを捕まえて必要な品物について相談するわけでです。

が、何せそこは量販店であって、私が使っているパソコンについてその店員さんが一部始終を熟知しているわけではないのです。

「そのパーツは今は当店にはございませんね」

(いや、あるはずですよ。そんなレギュラーでポピューラーな品物を置いてないでどうやって商売するの?また、ズバリそのものの品物がなかったとしても互換商品はあるはずだ。)

もしも店員さんの言葉を鵜呑みにすれば「ああ、そうですか、残念」と言って店を後にするだけですが、自分で売り場を探し回れば目的の品物が見つかったりです。

まあでも、こんなに様々な商品があふれているわけですから、個々の品物について店員さんがその全てを熟知するのは不可能です。

正直言って、私はパソコン関係では店員さんにものを尋ねることはしません。

また、店員さんをテストするつもりはないですが、すごく初歩的なことを聞いてみたりすると、恐ろしく見当はずれな答えを得ることもありです。

このことについてはパソコンのようなある意味専門分野でなく、白物家電、例えば冷蔵庫や洗濯機でも同じこと。どうやって選べば良いかわからないほどの品数ですよ。店員さんがそれら個々の良し悪しなんかわかるはずもないのです。

普通に売っているような品物であれば、今の時代ならネットをちょっと叩けば様々な情報が得られます。特定商品については、すぐさま店員さんより詳しく知ることになってしまいます。

店員さんのアドバイスを聞かない話、今日はここまで。

明日が良いに日なりますように。

公開日:2016年6月13日 最終更新日:2016年11月13日