マンガンカルサイトで人に与える

マンガンカルサイト
マンガンカルサイト(Manganese-calcite)

2014年12月18日マンガンカルサイトで人に与える/ペンタクルの王

おっと!これはまた非の打ち所がないほどのカードが出ています。ここのところ全体としてはかなり上向いています。このカードが暗示するところは豊かさの象徴。かつて思い描いていた目的は達成され、その満足感に浸れるはず。さらには願ってもいなかったチャンスにも恵まれ周囲の様々な環境はあなたのために整えられることでしょう。

そうしてあなたに残るのは「責任」です。多くのことをコントールできる地位を得るわけですからそこには責任が伴います。自分自身のことはもう十分ですから人々のことを考えてみようではありませんか。

こんなときにお勧めのパワーストーンはマンガンカルサイト。人に与えることで自分自身が様々な恩恵を享受できるのです。人を含む周囲の環境をないがしろにしていては、自分自身も早晩に自滅します。コントロールできる地位の責任です。

退屈の下にある敵対心の意味(復習)

昨日の記事では「退屈」になったら気をつけて「敵対心」に落ちないようにと書きました。

しかし、「退屈」の下がなんで「敵対心」になるのかちょっとピンとこないかも知れませんね。

そこで再び実例を交えて解説してみましょう。

退屈といえば、学生の頃を思い出してみてください。あなたはどうかわかりませんが、授業の内容を十分には理解できなかったことはありませんか?それでも教室にいる限りはじっとしてノートをとり続けるわけですが、あまりにも授業について行けなくなると、これでは必ず退屈になります。

そしてきっと「あ〜つまらない」「早く休憩時間にならないかなぁ」と思います。退屈の典型ですね。

しかしそれでも毎日学校へ通わざるを得ません。これを放っておけば何が起こるでしょうか?その人はきっと様々な理由で「不平不満」を言い始めます。

あの授業が退屈なのは先生の教えかたがまずい。その授業が世の中に出て何の役に立つのか?。家で予習や復習をしたくても家計の足しのために働かなければいけない(収入が低いという家庭環境が悪い)。頭の悪い子を産んだ親が悪い。etc. あげればきりがないほど授業がについて行けない理由を挙げることでしょう。ほらほら「敵対的」になってきているでしょ。

授業が退屈になったのは、もともとはほとんどがほんの些細なつまずきなんです。この場合、退屈を感じた直前のレベルに戻って不理解部分を洗い出すのが正しいリハビリです。

気をつけましょう「退屈」。

明日が良い日でありますように。

公開日:2014年12月17日 最終更新日:2014年12月17日