2017年7月31日 ラリマー・結実!/ペンタクルの女王

ラリマー(Larimar)
ラリマー(Larimar)

2017年7月31日 ラリマー・結実!/ペンタクルの女王

おおう!これはなかなか良いカードが出ていますよ。

「結実の日」です!

これまで様々に努力してきたことが実るという暗示。なかなか結果が見えなかったかもしれませんが、じっと耐えて未来を見続けてきた甲斐があったようです。

あまりパッとしない結果しか得られていなかったかもしれませんが、これが急展開を見せる可能性大ですよ。

もしも「迷うような」大きなチャンスが飛び込んできたら、臆することなくつかむべしです。

自分を信じることが成功の秘訣。これはどんなカードが出ていようと「法則」です。

このようなときにオススメのパワーストーンはラリマー

ラリマーに求めるのは「自分を信じる力」。ズバリ、「自分自身への愛情を育む」というのがラリマーの基礎の基礎ですね。うまくいかない人生の多くは「自己嫌悪、自己否定」が元になっているようです。過去は過去です。もしも反省点があるなら反省し、償いたいことがあるならそれをしてしまいます。また、誰かに人格を規定するようなセリフを言われていたとしても、それも過去に放置してアクセスする必要などないのです。

ここだけの話ですが、「自己嫌悪や自己否定」の多くは子供の頃の教育、多くの場合は親に原因ありと考えられます。

やる気が出ないときの対応策

昨日のこと、TV番組の中で「やる気が出ないときの対応策」の何点かが紹介されていました。

その第1番に上がったのが「とにかく手をつける」でした。

なんじゃそりゃー!という答えなのですが、実際にこれはそうです。意外にも最善策ですよ。

ここで、なぜそうなのかを説明しましょう。

「やる気が起きないとき」というのは、多くの場合気分が「内向」しています。

「やらなきゃいけないけど面倒くさいなあ」「あれは後回しでいいや」とか頭の中で考えがグルグルと回っている状態です。さらにはそれをしないがための自己弁護や、しないことに持って行く動機付けをしています。これらはいずれにせよ頭の中で考えがグルグル回っている状態です。(前回の記事「すべては考えからできている」を参照のこと)

さてさて、実際にメンタル系のカウンセリングにかからなければならない状態というのはグルグル回りの考えが引き金になっています。

このようなときに最も効果的にグルグル回りの考えを止めて正常に戻すには、「外向的になること」につきます。

それには自分自身が環境とコミュニケーションすることが非常に大切で、それが基本中の基本です。

具体的に、単純なところでは「散歩」です。外の景色を眺めながら、視点を遠く、近くん切り替えながら様々なものを見ながら歩きます。

もしも自分が重症ではないかと思えるフシがる人にオススメするのはかなりな長距離の散歩です。ハイキングでも良いでしょう。もうクタクタのへとへとになるまで歩きます。もう何も考えられないほどへとへとになることをオススメいたします。

この長距離散歩は、何かにとりつかれたようにそのことばかりを考えてしまって頭がおかしくなりそうだとかというときにも強くオススメいたします。

本当ですよ。中途半場な距離はダメですまじヘトヘトになるまで歩きます。

(夏場は熱中症にならないように注意です)

帰ってきたら、バタンキューと寝てください。起きたら、手をつけるべきことに手をつけましょう。環境とコミュニケーションしてください。

明日が良い日でありますように。

公開日:2017年7月30日 最終更新日:2017年9月11日