カテゴリー別アーカイブ: 癒し系パワーストーン

癒し系にお勧めのパワーストーンに関する記事を集めています。癒しとひと口に言っても様々なケースがあります。あなたにピッタリのパワーストーンを見つけましょう。

エンジェルシリカ・リラックスで成功する・2019年10月31日

エンジェルシリカ(Angelsilica)
エンジェルシリカ(Angelsilica)

エンジェルシリカ・リラックスで成功する・2019年10月31日

エンジェルシリカが出ています。(意味辞典に未記載)

エンジェルシリカに求めるのは、リラックス、ゆるさ、大らかさ、前向き。

エンジェルシリカはチャロアイトとクリスタルが混ざったストーンであることからも、これが基本的に癒し系に使われることがわかりますね。

クリスタルが入ることで浄化力がより一層強化されていると思えます。

特に感情面での癒し、トラウマ系のヒーリングは得意分野。

ですから、過去の時間の何かに触り、現時点での時計の針が動き出すように働きますよ。

エンジェルシリカが面白いのは、持ち主だけでなく、周囲の人々にも影響を与えること。場の緊張感を取り除けます。

カード:ワンドの9

良し悪しよりもアドバイス色があります。

状況として、とりあえずするべきことはした、という状態。

しかしその状態に満足しているかどうかはわかりません。まだまだ足りないのか、これでいいのかと葛藤がある感じ。

必要があればいつだってまだやれる、そんな意気込みも含まれてはいるでしょう。

しかし、これでは緊張しすぎかもですね。

本当に成功に到達したければ、リラックスも大切。

あまりに緊張し、将来を疑っていると、目の前に訪れるチャンスを見逃すことにもなりかねません。

緊張状態で構えていなければならないのは、どこかに「疑い」や「不安」があるからかも。

やるべきことはやった、としたら、あとは運を天に任せてリラックスし、次のことに手をつけるのが吉。

感情のレベルとリラックス

一流のアスリートとか演奏家というのは最上級のパフォーマンスを行う時には完全にリラックスしていて、ことによってはそのような状態と突き抜けたところにあるようです。

芸術系ではわかりにくいのでスポーツ系を取り上げますと、記録や演技については少なくともリラックスしていないと良い成績は残りません。

一流選手の多くはそんなメンタルトレーニングもしていますよね。

何かを「力任せ」で行えばよいことならば肉体的には強い緊張も役に立ちますが、それを超えたことをしようとするならリラックスです。(重量挙げだって力任せではありません)

これを感情のレベルで言えば「静穏」クラスのリラックス。

参考資料:感情のレベル

これは一般の人々もある程度は様々な場面で体験していることがあると思いますよ。

なぜかわからないけれどスラスラ解けた試験問題、いつもは自信がなかったのにできてしまったスーパーショット、苦手だと思っていた相手と非常に良い商談ができた・・・などなど。

例えて言えば取り憑かれたように何かをうまくやってしまった瞬間がありませんか?

これらの状態は、後先のことを心配したりはしていません。なんの疑いもなく、今まさにするべきことをしています。過去の何かに引っかかっているヒマはありませんよ。

そんな時には感情のレベルは「静穏」あたりにあります。リラックスを通り超していますよ。

明日が良い日になりますように。

公開日:2019年10月30日 最終更新日:2019年10月30日

アメジスト・慎重になろう・2019年10月25日

アメジスト(Amethyst)
アメジスト(Amethyst)

アメジスト・慎重になろう・2019年10月25日

アメジストが出ています。

アメジストに求めるのは「周囲の声を聞く」「慎重になること」。

もうお馴染みのアメジストです。

基本的には「冷静になること」。何かと「ついうっかり」とか「暴走」」を防ぐ働きとなります。

そういえば、アメジストは一般的に恋愛要素で使うことが書かれていますが、セレニティアスではあまりこれで使いませんね。

また、アメジストは冷静さを取り戻すことからくるリラックス効果もあり、ここでは癒し系の働きをしていることにもなります。

カード:ワンドのエース/リバース

ちょっと注意なカード。

ワンド(棒ですよね)の一番が逆さまなので、エネルギーのかけようが間違っていることを示唆しています。

まずは単独での暴走を避けましょう。周りの人の意見を取り入れる方が問題をクリアしやすいようです。

このあたりの考え方、今回のコラムで考えます。

暴走しない考え方

このコラムでは重ね重ね「自分自身が起因たれ」ということを書いてきました。

受け身でいるほどに責任能力を放棄し、いつもインフローを受け入れてばかりとなり、自分で何かを生み出す能力が減退していくからです。

しかしながら、今夏のカードで示唆しているのは「暴走注意」。

自分がしていることが果たして暴走かどうなのか、これの判断基準があります。

それは何度も出てくる「生存の多重円」です。

生存の包含関係
生存の包含関係(多重円)

何かことを起こすとき、自分がしていることが多重円のすべてのレベルにおいて総合的にプラスかマイナスか、これが常に問われます。

この円のうち、どこか一箇所だけが突出して生存性が高まったとしても、他がダメージを受けていることはNGです。

大きいことのたとえでは、畑を作ってお金を儲けようと思ってアマゾンの森林を焼きすぎてはなりません。(アマゾンの森林が地球上の酸素供給の役割を担うから)

小さいことでは「人の自転車」を盗んではなりません。

これらがこれがいわゆる「罪」と言われることです。

ただし、自分がしようとしていることでどこかのレベルにある程度のダメージがあったとしても、全体として後々にプラスに転じるはずだ、と思われることもあるでしょう。

このような時にはコミュニケーションを通じて各所を説得する必要があります。そして少しずつでもプラスの結果を出していく必要あり。

これは「合意」を形成する作業です。それが最終的に吉と出るかどうかは結果論でしかありませんが、不合意なままの暴走に比べればあなた自身の生存確率は高くあるでしょう。

不合意なままで突っ走った結果、それがどのようになっていくか、経験の中から探してみてください。

明日が良い日になりますように。

公開日:2019年10月24日 最終更新日:2019年10月24日

ターコイズ・出発・2019年10月23日

ターコイズ(Turquoise)
ターコイズ(Turquoise)

ターコイズ・出発・2019年10月23日

ターコイズが出ています。

ターコイズに求めるのは「自由・気まま・おおらかさ」「子供のように」。

ターコイズは古くからお守りとして使われることが多いようです。

災難を軽減するという意味において確かに有用と思われます。

また「自信を持つ」ためにはマイナスとなる要因を解消する、いわゆる癒し系の働きを持っています。

それから今回のカードに即して言えば、型にはまった考えを一掃し、柔軟で伸び伸びできるように導いてくれるのがターコイズと言えます。

旅のお供に最適かもしれませんね。

カード:愚者

これは私が最も好きなカードかもです。

無限の可能性を秘め今からスタートするということです。

無限の可能性の中には、もちろん良いことも悪いこともあるでしょう。

しかし、その「良い/悪い」というのは人の考えの中にあることで、宇宙にとってはそんなことは知ったことではありません。

が、このカードはとにかく自分の足で前に進もうとしています。

しかしその図柄としては崖っぷちを歩く男。今にも崖から落ちそうにも見えます。

が、崖から落ちたところで宝物を発見するかもしれずです。

現時点にいること(その3)

セレニティアスのパワーストーン教室では、現在は上級コースを扱っています。

その中で特別なワークとして自分の中にある「可能性を邪魔すること」を見つける、といったことを行なっています。(これができればより適切にパワーストーンを選択できるようになりますよね)

さて、シンプルな話として、可能性を邪魔する要因は過去の積み重ねにあり、それは教育だったりします。

「お前は・・だ」と人格を決定するようなしつけ方、「何々するな」「これをしろ」などなど。

自由な意志や選択を奪う固定観念を植え付けられることが少なくないわけです。

が、しかし誰かに強制されるばかりではなく、自分で選び取る「制限」も多いです。

パターン1

例えばその人に兄弟姉妹がいるとしましょう。

そこでは親の躾として自分自身でなく兄弟姉妹に向かっていることを、自分自身に対することだと受けることもあります。

自分とは関係のない第三者間のことを自分のこととして取り上げてしまうパターンです。

パターン2

誰かの「口ぐせ」を自分のものにすることがあります。

例えば、一緒に暮らしていた祖父母の「口ぐせ」をそのまま借りるパターン。

「もっとお金があったらなあ」(ないのでどうしようもない)

こんな口ぐせのおじいしゃんが、あなたを大切にしていて、あなたもおじいちゃんを十分に好きだっっとしましょう。

で、おじいちゃんが亡くなると、あなたはおじいちゃんに対する喪失感を、おじいちゃんの人格を借りることでカバーします。自分の中におじいちゃんを生かし続ける、という感じ。

そこで、世間でよく言われる「〇〇はおじいちゃんに似てきたね」というのは、実はこの人格の借用というパターンが多く、元になる人が亡くなった後に顕著になるのはそのせい。

あ、これの面白い話ですが「犬は飼い主に似る」ということが言われますよね。

で、その犬が死んだとしましょう。実は「飼い主が」死んだ犬に似る、ということをすることありですよ。

簡単に2つの例を書きましたが、このように、過去によって現在の自分が作られているということです。

ここに刺激–反応のメカニズムが働いています。

人がだんだんとおおらかでなくなるのは、歳をとるに従って、この反応メカニズムをどんどん増やすことが考えられます。

今日のカード、愚者に習い、子供のような心を取り戻したいものです。

そのためにはターコイズが役立つでしょう。

明日が良い日になりますように。

公開日:2019年10月22日 最終更新日:2019年10月22日

オレンジカルサイト・方向性の模索・2019年10月17日

オレンジカルサイト(Orange-calcite)
オレンジカルサイト(Orange-calcite)

オレンジカルサイト・方向性の模索・2019年10月17日

オレンジカルサイトが出ています。(意味辞典に未記載)

オレンジカルサイトサイトに求めるのは「じっくり考える」「感情と行動のバランス」。

これも癒し系が入るストーンですね。

オレンジカルサイトの働き、そのひとつが恐怖心の克服。まあだいたいが、怖がっている人はロクなことをしません。

恐怖とは人が心に操られている状態ですね。感情のレベルとしてみてもずっと下。

感情的なことからおかしな行動を起こさぬよう、まずは恐怖を抑えます。

そこからまともな行動が起こせるようにサポートするわけですね。

カード:カップの4

前回の延長っぽいところもありで停滞気味。

現状で閉塞感あり、しかしそこから抜け出すにも何をすべきか考えにくいといった状況に。

とりあえずするべきことはしていても、それに対してやりがいを感じられないと言う退屈さがあります。

何か外から面白い話は舞い込んでこないか?そうすればもっと面白い日常があるかのなのに・・・

そんな思いを抱いていませんか?

感情のレベルとしてあまり高くない状態にあるので、今は大きな動きの判断は慎重に。

今は方向性を見出すためのデータ収集の時期としましょう。

変化の前のちょっとした混沌です。自分が本当は何がしたいのか、ちょっと考えてみる時期。

魂・心・身体(その2)

前回の続きの話題。

魂が心に対して起因に立つことで、過去の記憶をどうにでも扱えるようになれば、記憶は単なるデータとして処理され、魂は影響を受けなくなります。

さて、魂が心に対して起因に立つにはどうすれば良いのか?

まず第一にはその記憶に対面してしっかり見ることが必要。
(怖がっていたら話になりませんよ)

普通は、嫌な記憶は避けて通りたいわけですから、避けているうちには処理不能で、魂は心に操られます。

これは日頃から小さな訓練を重ねることである程度は克服できる可能性あり。

例えば、日常的に避けて通りたいことがありますが、それに直面して「受けて立つ」と言う心つもりで対処することです。

例えば「対人関係」で苦手なタイプの相手、ということがあるでしょう。

なぜその人が苦手なのか自分でもよくわからない、とするなら、むしろその苦手な人とのコミュニケーションを「受けて立つ」、と言うことをしてみます。(少しづつで良いです)

そのうちに、なぜ苦手なのか気づくときが訪れるか、またはその相手が苦手でもなんでもなくなる日が来るかもです。

人によっては、その苦手な人はその人自身でなくて、過去の時間に知っている嫌な誰かさんにどこか似ているだけなのだ、ということに気づくかもです。

で、このようなとき、人によってはその古い記憶というのが何百年単位の過去であったり。(輪廻を肯定すると、これはありうることになり、そしてことによっては万年以上の単位で遡る可能性も)

そうして苦手な何かを受けたつことをを繰り返しているうち、かつてはあった苦手意識そのものに興味すら失い、そして忘れてしまうことになるかもです。

明日が良い日になりますように。

公開日:2019年10月16日 最終更新日:2019年10月17日