アメトリン・発想の転換を/ワンドの4/リバース・ 2017年12月14日

アメトリン(Ametrine)
アメトリン(Ametrine)

アメトリン・発想の転換を/ワンドの4/リバース・ 2017年12月14日

このカードは表裏どちらもそこそこ良し。

特に裏はアドバイス色が強いですね。

成功のカギは「逆転の発想」にあり!

違う手法を試すべし。

本、ネット、周囲からのアドバイスetc.をどんどん吸収しましょう。

今までの考えにこだわらず、新しい発想を得てください。

そうすれば新たな成長や学びを得ることができる日。

いいえ、かなりなチャンスが待っているようですよ!

このような日にはアメトリンを紹介しましょう。

アメトリンのを使う意味として「心、精神の許容量アップ」。なぜ許容量アップなのかといえば「相反することのギャップを埋める」ことが得意なパワーストーンだからですね。

発想の転換とアメトリン

元々、人間は考えを変えるのが非常に得意ですよ。

あっという間に考えを変えてしまいます。こだわらなければ簡単なことのはず。

三日坊主の日記、あんなに祝福された結婚の誓いはどうでしょう。

そこに何か問題があってそれを解決したいなら基本的には「発想を変える」以外にはありません。

以下は問題ということの模式図。

撞着(どうちゃく)状態
撞着(どうちゃく)状態

同じ力の大きさの矢印が向き合って止まってしまっています。これを撞着(どうちゃく)と言います。

これらの矢印を動かすには、どちらか一方の力の大きさか、方向を変える以外にはありません。

例えば「理想の自分と現実の自分が違いすぎる」といったストレスも実は上の図式で現わせます。

アメトリンはこれらのギャップを埋めるという言い方をすることが多いですが、実際には「現実を受け入れること」ができる、という働きが根本にあるようです。

「受け入れる」というのは「押す」ことの反対で「引き込む」ことですよね。

押していた矢印の片方の向きが逆転する意味があります。

「引き込む」ことは、実際にはそれをきっちりと見ること、そして理解することです。

引き込まないと、それをきっちり知ることはできないでしょ。力で向こうに追いやっては理解も許容もありませんよね。

自分が嫌なことほど、実は引き込んでよく観察することで問題が解消することが多いのです。

自ら引き込んで観察しますから、その対象から動揺を受けることもありません。

この部分は理性に働くアメジストの働きが作用しているようです。

(アメトリンはアメジストとシトリンの合わさったものだから)

明日が良い日でありますように。

公開日:2017年12月13日 最終更新日:2017年12月13日