ブラウントルマリン・バランスによって成り立つこと/節制

2017年6月15日 ブラウントルマリン・バランスによって成り立つこと/節制

ちょっと昨日の延長という感じのカード。

調和して穏やかな状態の日。

自分の幸せ、喜びを周囲にも分けよう。そうして全体的なバランスに気を配るともっと良い状態になれます。これは現在安定している人に対しては大変大切なことですよ。

また、現状として安定と節度が保たれた考えができることもあり、かつての問題が解消に向かう暗示があります。

このようなときにオススメのパワーストーンはブラウントルマリン(意味辞典に未記載)。

ブラウントルマリンに求めるのは「バランス感覚」。様々な物事に対する「バランス感覚」を強化し、かたよった考え方を改善し「何をどうしたいのか?」をキチンと考えさせるようにサポートするストーンです。このことは自身の健康をも左右する大切なことですよ。

バランスの良い決定をすること

何せ、この宇宙全体がバランスによって成り立っていますよね。

そしてこのコラムに何度も出てくる「生存の多重円」としてどこのレベルにも突出しないで全体としてサバイバルできることを念頭に置いた選択だけが、この惑星全体を生存させることができます。

生存の多重円(生存の包含関係)

そして、この多重円のどこか一つだけに益をなし、他の円に害をなすことを「罪」と呼びます。

文明と自然科学、人文科学が発達するに従って、判断の仕方はより的確になっていくことが期待されます。かつて滅びた文明にいた人々よりも現状の私たちの方がきっと知識が多いことでしょう。

さて、途方もない話になっていますが、多くの人は多重円の中で自分、家族、グループといったレベルでしか考えられないことが多いです。どのレベルの円が貴重ということはありません。どのレベルも同じだけ大切です。

それだけに、現実には非常に難しい判断を迫られることにはなっていると思います。

知識がある分、それだけ責任は大きいということです。

「責任なんて嫌だなあ」と思いますか?

いえいえ、責任が大きいほどに自由も大きいのです。

日本で、多くの人が責任を放棄してしまっているがために、選挙の結果何が起こっていて、私たちの自由が狭められてきていることにお気づきでしょうか。

明日が良い日でありますように。

ブルーフローライト・自分の心に聞いてみよう/ペンタクルの4

2017年6月14日 ブルーフローライト・自分の心に聞いてみよう/ペンタクルの4

おお、久しぶりに良いカードですね。

物事は順調に推移しそうです。そしてあなた自身は今までに築いてきたことを守ろうとする気持ちが強くなっている状態を暗示しています。

ところがその一方、何か大きな話が舞い込んでくる可能性も。この話に乗るべきかどうか?判断に迫られることがあるかもです。

今の場合、周囲の人がどんな発言をしようとも、「自分の気持ち・考え」を優先すべし。カードはそのように告げています。

これは言わば責任を負うことを示唆しています。どんなことも最終的に自分で決定すること。これが責任です。そうすればどんな場合にも悔いが残らない決定になります。

このようなときにオススメのパワーストーンはブルーフローライト(意味辞典に未記載)。

ブルーフローライトに求めるのは「自分の本心との対話を助けること」。ブルーフローライトは基本的にコミュニケーションを助けるパワーストーン。コミュニケーションというのは人対人だけでなく、自分自身の心に対することもあり、もちろん、自分と外の世界全般にも関わっています。すべての回答は良いコミュニケーションの結果にあります。例えば、ある機械がうまく扱えないとき、その機械とあなたのコミュニケーションがまずいというわけです。

ちょっとした運動が幸せを呼ぶ

おなじみ、ライフハッカーよりちょっとした記事です。

「ほんのちょっとの運動」でも幸福度は上がる:調査結果

なるほど、ささいな運動、例えば座り仕事をしている人がオフィスの周りを5分歩くだけでも健康への悪影響を緩和できるそうです。

わざわざ、「運動だ!」と言ってジョギングしてみたり、ジムに通うほどのことをするまでもなく、本当にちょっとしたことで効果テキメンなようですね。

それで思い出したのが「ラジオ体操」。

この運動、実は年配者が日常的に怪我をしないことに一役買っているそうです。

それは、ラジオ体操というのは日常的にあまりしないような動きが多彩に存在するため、いざ転んだ時にとっさに動けるような筋肉とその反射を鍛えておくことになっているそうな。そして実際、毎朝ラジオ体操をしているグループの年配者では怪我が少ないそうです。

確かに、子供の頃にしていたラジオ体操について、なぜこんな「日常でしないような動きなんだ、意味あるのかな?」と不思議に思っていました。

ラジオ体操が開発された当時、そんなことを考えながら作ったとは思いにくいのですが、思わぬところで役立っているようですね。

セレニティアスの仕事では、本当に座ったきりのことが多いです。気をつけて率先して散歩などするようにしていますが、これで良かったのですね。

明日が良い日でありますように。

アンバー・無理に進めてはいけない/ワンドのエース/リバース

アンバー
アンバー(Amber)

2017年6月13日 アンバー・無理に進めてはいけない/ワンドのエース/リバース

ううむ、ちょっと注意なカードですね。

もっとも良いと思える考えでも、他人にとっては理解しがたいこともあります。

これを無理に推し進めようとしても大きな壁が立ちはだかることでしょう。

本当に自分が正しかったとしても、自分だけで突き進むのはかなり困難です。

今日は「感情的になったら負け」。

周囲の人たちの声に耳を傾け、ムチャな行動はしないこと。

このようなときにオススメのパワーストーンはアンバー

アンバーに求めるのは「人の言葉を正しく理解すること」。情報を正確にキャッチすることができるようになります。この働きは人間関係の改善にも役立つことになります。また特定の人に対する苦手意識を正すことにも使えるでしょう。

理解を得られる方法を考えよう

本日のカードは「人に理解されないことは実行が難しい」とアドバイスしていますね。

これ、すでにこのコラムで幾度となく触れている「理解の三角形」の知識を持って改善できる部分があります。(というか、多岐に渡って応用可能)

理解の三角形

わかりやすくするため、ちょっと極端な例をあげましょう。

アポロ計画によって人は月に立つことができました。しかしこの計画の最初には多くの人が「そんなアホなことできるのか!?」と思ったことでしょう。これを「人に理解されない」という状況のサンプルとします。

次に、新しく「火星に人を送る」という計画が持ち上がります。これについてある程度の人は「ううむ、月に行けたのだからなんとかなるかも」と思うかもしれません。

後者の場合、アポロ計画で実証された「宇宙旅行」についてある程度のリアリティがあり、「理解」が進むわけです。

「愛情」「リアリティ」「コミュニケーション」これら三つのどれかを大きくすることで「理解」は向上します。

そしてまず「コミュニケーション」が最も大きな要素にはなります。

相手とどのようにコミュニケーションを図るか、相手に対して愛情を持ち、愛情を持ってもらい、そしてどうやればリアリティを得てもらえるか、これを考えましょう。

前例がなかった時代のアポロ計画は、かなり大変だったと思いますよ。

明日が良い日でありますように。

ソーダライト・挑戦の覚悟を/戦車

ソーダライト(Sodalite)
ソーダライト(Sodalite)

2017年6月12日 ソーダライト・挑戦の覚悟/戦車

うわっ!週の初めとして十分に挑戦的なカードが出ました。

これまでに抱いてきた夢に挑戦する日。

やりたいことがあるのに、あれやこれやとできない理由を挙げて躊躇するのはもう終わりにしましょう。

自信のなさを嘆くより、小さなチャンスでもモノにする!という覚悟を持ってください。

想像による不安に負けず、立ち向かうべし。

そもそもが簡単にできることなら何も挑戦など必要ないのです。困難があるからそれは「挑戦」と呼ぶのです。

このカードは「自分に負けるな、突き進め」と言っていますよ。

このようなときにオススメのパワーストーンはソーダライト

ソーダライトに求めるのは「恐怖心の克服」。不安感・恐怖心などを取り除き、精神的な混乱状態を安定させます。と同時に冷静な思考回路と判断力を強化し、今やるべき事にだけ神経を集中し、力を注ぐように促してくれるストーンです。

恐怖と反応の再考

人が恐怖を感じるというのは、かなりのケースで反応的です。例えば「ヘビ」を見てぎょっとして警戒する、といったことは典型例ですね。

それから、過日このコラムで書きました「ゴキブリ」に対する反応です。

ゴキブリに対して恐怖を感じるのはあくまでもナンセンスなことではありますが、恐怖は基本的に自分の身の危険に関して起こる感情でしょう。

そして恐怖の中に「反応」と論理的な場合との二種類があるようです。

前述の「ヘビ」に関してはまあ「反応的」。一方、例えば飛行機に搭乗していてエンジンから出火したとしましょう。この場合はまあ「論理的」な恐怖ですね。そして同じ飛行機の例として、とにかく飛行機に乗るのは怖い、と思う人もいるでしょう。こちらは「反応」です。ヘビ出現の恐怖に似ています。とにかくヘビはイヤ、というのと同じ種類になります。

ここで、論理的な恐怖を感じる場合、元が論理ですから考え方を変えるだけで恐怖を克服することが可能な場合があります。

逆に意外に手強そうに思われるのが反応タイプの恐怖でしょう。ヘビが怖いとか、ゴキブリが嫌いとか、飛行機に乗りたくないというのは論理を超えてしまっています。まるでDNAが持っていそうな根源的な性質といった感じさえします。

さてところが、非常に非常識なことを書かいてしまいますが「反応タイプの恐怖」についても、実はこれを克服することは可能です。

きっと見たことがある人がいらっしゃると思いますが、例えば「ヘビ恐怖症」を催眠術で抑えるといったことができます。(たとえ一時的にでもですが)

ただしここで決して催眠術を推奨しているのはありません。(実際に存在する現象として書いているだけですので。)

催眠術で「自分を騙せる」のであれば、どこかにコントロール可能なメカニズムがある、ということになります。

さて、細かいことを書いているとボリュームが増えすぎますので、結論を書いて終わろうと思います。

「どうしようもないと思っている反応的恐怖心も、実際にはコントロール可能」

そしてそれは催眠術など使う必要はありません。

逆に、きっちりと目が覚めた状態でいることによって反応はしなくなります。

反応的な恐怖を克服できないと言って嘆くことはりません。こんなとき、ソーダライトは確かに役に立ちますよ。

明日が良い日でありますように。

公開日:2017年6月11日 最終更新日:2017年6月11日

ホークスアイ・苦難を乗り越えろ!/ワンドの王/リバース

ホークスアイ(Hawkseye)
ホークスアイ(Hawkseye)

2017年6月9日 ホークスアイ・苦難を乗り越えろ!/ワンドの王/リバース

要注意、そしてアドバイスとしてのカードです。

日常に追われることでかなり疲れてしまっているかもしれません。または何か大きな障害が立ちはだかって苦しい状況にあるのかも。

しかし・・・

「行き詰まり感」を自覚したなら「その夢は本物か?」と試されている証。本当に望むことであれば何度でも挑戦!突破口は挑戦しかありません。

とにかくくじけずに前進すること!

このようなときにオススメのパワーストーンはホークスアイ

ホークスアイに求めるのは「不屈の精神と根性」。ホークスアイはあなたの否定的な感情を取り除き「もう一度、別角度からチャレンジしてみよう」という気力を奮い起こします。ですから、やりたい事があるのに過去の嫌な体験から実際に行動を起す事を躊躇している人には特にお勧めなのです。

瞑想についての再考(その2)

昨日に続き瞑想の話題を。

たまたまにですがライフハッカーにこんな記事が。

なかなか続かないあなたへ。瞑想を習慣化する方法

ううむ、記事内容それ自体がそもそも瞑想とは関係ないといえばそうなります。たいして中身がない記事といえばそれまで。

ある人が瞑想を習慣化して続けられないというわけですが、この人は多分他のことでも続かない気がします。このままではね。

こんなときに「とりあえず3分間だけやってみる」作戦の方が良いように思います。もう理屈ではないのです。とにかくやるんです。

ただし、瞑想というのはそもそもが、やるんだ!といって歯を食いしばってするようなことではありませんよね。

思いますに、瞑想には向き不向き、生まれつきやりやすい人とそうでない人が確かにあるようです。

そして、どうしても瞑想ができなきゃいけないこともありません。個人的には流行りだと思えます。

そして、ちゃんとできていて何らかの恩恵がある人は1/10程度ではないかと感じています。

明日が良い日でありますように。

公開日:2017年6月8日 最終更新日:2017年6月8日

クリソプレーズ・重要な選択の日/恋人たち

クリソプレーズ(Chrysoprase)
クリソプレーズ(Chrysoprase)

2017年6月8日 クリソプレーズ・重要な選択の日/恋人たち

おお、久々に良いカードです。そしてちょっとしたアドバイス。

新しい何かの予感です。しかし、その新しい何かは漫然と眺めているだけでは手に入りません。

ここでは選択と決断が大切。

未知な何かを選択するのには恐怖が伴うかもしれません。しかしここでひるむことなく自分の心に素直になってください。

運命を切り開くべき選択の日!

人生を左右するような大きな決断でも怖がらず、退かず「何を選べば心から喜べるか」を感じ取ってください。

自分の心との対話をしっかりと。

このようなときにオススメのパワーストーンはクリソプレーズ

クリソプレーズに求めるのは「自分の本心に気づくこと」。将来への夢や目標があるのにも関わらず、前進する気力が萎えたり、面倒になった時に「背中を押す」働きを持つパワーストーンです。特に、最初は熱心でも途中から「やる気が減少したり」「中だるみ」を起こして、さぼりがちな人にお勧めです。

瞑想についての再考

セレニティアスのパワーストーン教室の上級コースとか、またはこのコラムでも取り上げたと思われる「瞑想」について再考しておきます。

さて、以下の記事は情報サイトGigazineからです。

「瞑想」で生じるデメリット「魔境」について科学的な調査が始まる

さてさて、そもそもが瞑想というのはそう簡単にはできることでないですね。単に目をつむってじっとしているというスタイルだけでは測れません。早速そのスタイルだけをしてみても、雑念だらけになって抜け出せなくなるのが普通です。

さて上記のサイトの記事ではこの瞑想にまつわるデメリットが語られています。

これには様々な要因があるとは思いますが、筆者が得ている情報としては「目を閉じることによって生じる過去の反応」ですね。これをできる限り一般知識に置き換えて例えれば「煩悩が反応する」ということになるでしょうか。

実は、一昨日このコラムで「目を閉じたままのにらめっこ」を紹介しましたが、これを続けようと思うと記事の中にある「魔境」に簡単に入る人もいると思います。

しかし、これを克服する方法としては「とにかくこれを続けること」しかないようです。

まあそれでも瞑想それ自体が簡単ではありません。普通は目をつむった状態でじっとしているという「やせ我慢」をしている状態でしょう。

しかしそれを続けることによって何かすっからかんの状態が訪れた感じがすることがあります。そこからが瞑想の入り口といった感じでしょうか。

明日が良い日でありますように。

公開日:2017年6月7日 最終更新日:2017年6月7日

アメジスト・ジタバタしない/吊られた男/リバース

アメジスト(Amethyst)
アメジスト(Amethyst)

2017年6月7日 アメジスト・ジタバタしない/吊られた男/リバース

ううむ、端的に良くないです。

ジタバタするのを止めて落ち着きましょう。まずは状況を良く観察すること。

これはもうカードの絵そのままににっちもさっちも行かない状態。ダメなことがわかっていても成り行き上で同じことを続けるハメになっていることも。

また、考えが変えられずに人の話も聞けないような状態で現実を見られなくなっていることもあり得るでしょう。

ジタバタしても無駄にエネルギーを消費するだけです。ここは力を温存しておき、次のチャンスに生かす時。とにかく冷静に、状況を見てみましょう。

このようなときにオススメのパワーストーンはアメジスト

アメジストに求めるのは「とにかく冷静になること」。もう超おなじみのストーンとその用途ですね。多くを語る必要もないでしょう。また、アメジストは他のストーンの浄化にも使えますから、さざれ石などで持っていると便利ですよ。セレニティアスのメンテナンスキットにも使われているわけです。

アメジストさざれ
アメジストさざれ石

自制心ということ(その2)

昨日に続いて要注意っぽいカードです。そして同じように「自制」に関わるようですね。

要点としては「ジタバタしないこと」ですから、昨日の話に取り上げた「ゴキブリを見て大騒ぎ」といったことの延長上にありそうです。

さて、吊られた男の逆位置では、現実を見る目が曇っている状態と言えます。

それでは現実を見ないで何を見ているかといえば、多くのケースでは「過去」を見ているようです。これは昨日書きました「反応」と同じです。

ダメだとわかっていてもやり方を変えられないといった場合、それはある意味「過去の成功体験」が邪魔をしていることがありえます。

また、実際には危険でも何でもないゴキブリの出現で大騒ぎするのも「過去の何か」が影響しているようです。

いずれにしても、現時点に直面しないで「過去を見ている」状態ですね。

それから脱出できる最も端的な方法は・・・

「必要性のレベルが上がること」

ゴキブリがそこに多量にいたとして、しかし家が火事だとその上をまたいで脱出することを迫られている・・・そんなシチュエーションを設定することができます。ゴキブリ恐怖症などこれで一発で克服できるでしょう。現時点で火事なので、過去など見ている余裕はありませんね。

できるだけ早くに「そんなことしている場合かよ!」と気づかねばなりません。確かに、こんな時にはアメジストの出番でしょう。

明日が良い日でありますように。

公開日:2017年6月6日 最終更新日:2017年6月6日