カテゴリー別アーカイブ: 自己実現系パワーストーン

自己実現系にお勧めのパワーストーンに関する記事を集めています。小さなことでも何か成し遂げたいことがあるなら、このコーナーにあるパワーストーンがお勧め。

ガーネット・心配無用そのまま続行!/ワンドの3/リバース

ガーネット(Garnet)
ガーネット(Garnet)

2017年3月23日 ガーネット・心配無用そのまま続行!/ワンドの3/リバース

リバースで出ていますが心配ご無用。(良いカード続きですよ)

現状に不安を感じる部分があるかもしれませんが、心配は不要ですよ。

「あなたは正しい」です。自信を持ってしていることを続けてください。後になって必ず「あれは間違っていなかった」と気づきます。

これはある意味、自分自身への信頼を試されているようなところがあります。悪魔のささやきに耳を傾けてはいけません。

信念に基づいて行動していれば、問題は解消されることを暗示しているカードです。

このようなときにオススメのパワーストーンはガーネット

ガーネットに求めるのは「持久力」。主人の「努力に成果をもたらす石」としてのパワーは十分期待できますが、力を授けてくれるのと同時に、主人に対しては「地道な努力の継続」を求めてくる大変な?ストーンでもあります。意志がくじけそうな時には、いつも身につけておいてください。「もう、ダメだ!」と夢を投げ出そうとするあなたに「持久力・忍耐力」を与えてくれます。

このあたりのこと、意味辞典の方には触れていませんね。

科学が実証する、子どもを「幸福感の強い人間」に育てる方法

今回はおなじみのライフハッカーより役立つ記事を取り上げます。

参照記事:科学が実証する、子どもを「幸福感の強い人間」に育てる方法

記事内容におおむね賛成です。

これは親としてどう子供に接するかだけの問題ではなく、人間同士の一般論にも当てはまる部分が多いのではないでしょうか。

子育てに近い状況としては上司として部下を育てるということにはそのまま応用できる部分もあります。

もちろん、パートナー、友人どうしにも役立つ情報だと思います。

それから付け加えることがあるとすれば、このコラムで何度も書いています「コミュニケーション」の法則を確実に取り入れて欲しいと思います。

その人と「理解の三角形」を大きくしようと思うなら、コミュニケーションは正常に保つ必要があります。親とか上司としての立場であれば、相手からの問いかけには「必ず」答えることが大切であって、宙ぶらりんで放置は厳禁です。

理解の三角形

逆に、子供として親とうまくやっていこうと思う時も同じ、相手の問いかけに対して必ずやレスポンスしましょう。

理解の三角形を随所に適用し、そしてコミュニケーションを図りましょう。それだけでも問題のかなりな部分は解消します。

ちなみに、「民事裁判」というのは、理解の三角形が最小になり、コミュニケーションが破綻した時に起こります。

参考記事:2017年3月6日のコラム(コミュニケーションの法則)

明日が良い日でありますように。

ルビー・間違いなくチャンスは来る!/ワンドの女王

2017年3月22日 ルビー・間違いなくチャンスは来る!/ワンドの女王

わぁ〜!またワンドの女王!昨日と同じです。

みなさんには超ラッキーと思いますが、筆者としては「さあ困った」です。

しかしそこで、このカードについてもう少し掘り下げておきましょう。

実はこのカードが成立するにはちょっとした条件があるかもしれませんよ。

それは、最初の目標を忘れずに地道に努力してきたかどうかです。あまりにもちゃらんぽらんにあっちへ行ったりこっちへ行ったりと一貫性のないことをして、目標が曖昧で行動もそれにつられていたのでは目的地にたどり着いたりはしないのです。

そして、ちゃんとやってきた人だけ果実が得られるということのようですよ。

とにかく、いつでも諦めずに「それをやり続けること」が大切だと教えてくれているかもしれません。

このようなときにオススメのパワーストーンはルビー(意味辞典に未記載)。

ルビーに求めるのは「完全な勝利」。主人の持つ「自信と勇気」を刺激して、ゴールを目指しひたすら努力することが出来る人間になれます。あらゆる災難から主人を守り、平和な生活を与える…と解説する国もあります。今手にしている幸せを継続して楽しみたい時には、あなたが続いて欲しい夢をストーンに聞かせてみてください。

目標の設定を再考してみる

今回のコラムは、同一の良いカード続きなのでちょっと脱線。とりとめなく書くことになります。

さて、「目標の設定」と言っても、そんなの簡単に見つかりませんよね。

また、特に目標などありません、ということが何か悪いことなのか?と問われれば、それはそれで仕方がないと思います。

ただし、目標なしに何となく生きているだけだと、それはかなり受身になる一方の可能性が高いです。それは単なる消費者として「カモ」になるだけの人生かもしれません。

そして世間では「好きなことをしよう」と簡単に言いますが、単に好きなだけではその分野でお客さんになっているだけの可能性も大です。

例えば、「映画が好きだ」という時には映画を見る人と作る人、それから映画評を書ける人など様々です。もしも映画鑑賞が好きなのであれば、面白かった映画について、その感想を誰かと分かち合うことをすることは非常に良いと思えます。ことによってはマニアックな映画を見て、その映画評をブログに書くといったことを始められるかもしれません。これを突き詰めると、一冊の本を書けるレベルに達します。

また、おすすめしたいのは映画鑑賞が好きなのであれば、自分でも映画を作ってみるのはどうでしょう。コミュニケーションとして映画を作って発信する側に回ってみる訳です。もちろん、本格的なことは無理としてもホームビデオ的なことであれば今はスマホ一台でもできてしまうでしょう。

同じく、音楽鑑賞が好きなのであれば、自分が演奏する側になってみることで、音楽そのものについてより理解が深まり、そして今までよりも「鑑賞力」がつくと思いますよ。

さてさて、話を戻して「目標設定」のこと。そんなの本当に何でも構わないと思います。

ただ、物質的な欲求を最終目標にすると、それはかなり虚しい結果を生むことを請け合います。

今までの人生で最も楽しかったことを思い出し、それをそのままでなくとも出来るだけ近い方向で目標を設定すれば、大きな間違いはないと思っています。

明日が良い日でありますように。

サファイア・チャンスは必ず来る!/ワンドの女王

2017年3月21日 サファイア・チャンスは必ず来る!/ワンドの女王

連休明けの1日目、良いカードが出ています!

ビッグチャンス到来!のようですよ。

本当に「欲しい!」と思っていることだけに的をしぼって全力を注ぎましょう。

このチャンスを手にして「あきらめなくてよかった!」ときっと思うでしょう。

また、もしもこのチャンスに今の段階で何かピンとこないなあ、と思ったとしても、夢をあきらめてはいけません。本当に願うことに向かうパワーはまだあるはずです。

近い将来を信じて意欲的になってください。必ずチャンスが巡ってきます。

このようなときにオススメのパワーストーンはサファイア(意味辞典に未記載)。

サファイアに求めるのは「不屈の精神」。ひとつのゴール目指して進んでいけるようにサポートするストーンです。主人のビジネスが成功するように必要なものを運んでくる作用もあります。

怪我をした時に忘れずにすることは・・・その3

前回、前々回と怪我をした後に早期回復に良い方法について書いてきましたが、今回はさらにこれらを深掘りしておきます。

これまでに書いた方法は、心理学分野で言うところの「暴露(ばくろ:エクスポージャー)療法」に似た感じがあります。確かに似ているのですが、正直言って私が書いたのが元ネタにあり、それを真似したのが暴露療法のようです。

ここで私が懸念するのは、暴露療法はちょっと間違うともっとまずくなる可能性が高いこと。そして暴露療法は原理的は単なる解釈であり、要するに「気分の問題」としての側面しか持ち得ないと思えてならないのです。

暴露療法はPTSD(心的外傷後ストレス障害)に効果があるとされていますが、じゃあなぜPTSDになるのか、そはそのまま謎であり、暴露療法ではそれを「慣れ」によって克服せよとしてそれ以上のことはありません。なにせ基本原理がわかっていないで気分だけで解決しょうとしているようです。

私が書いた怪我の後の処理方法は、決して「慣れ」にたよることではありません。

また、PTSDの定義ではその人の人生に何か「事件」が必要なのですが、そんな事件の経験がない人でもPTSDのような症状をいくらでも持っているのはなぜか?その点についても不明なのです。

心理学にはわからないままのことが多いのです。定義が曖昧であったり科学的なようで科学的でないことも多数あります。しっかりした定義をしていないことについて何を研究できるでしょう?「心」と何か?これを定義できていないままの学問分野が「心理学」です。

明日が良い日でありますように。

プレナイト・うまい話に要注意/星/リバース

2017年3月17日 プレナイト・うまい話に要注意/星/リバース

うん、ちょっと注意なカードです。

それでも心配には及びません。普通の感覚でいさえすれば災難に遭うこともないでしょう。

あまりにも「美味しい話」には用心です。

相手の口車に乗せられないよう、得た情報を十分に吟味しましょう。

また、あなたの目標がそもそも「自分自身のものでない」ということはありませんか?

誰かが敷いたレールに完全に載っているとしたら軌道修正のチャンスと思ってください。

誰かの言いなりになって自分自信の判断が不要であれば、それは確かに「責任」のない状態ですが、それは同時に「自由」のない状態なのです。

このようなときにオススメのパワーストーンはプレナイト(意味辞典に未記載)。

プレナイトに求めるのは「真実を探す能力」。思考回路を明瞭にし、自分の願望達成のために「必要な情報」だけを選び出す能力を強化してくれるストーンです。「真実を見抜く目」を養うサポートもしてくれるので「何が正しくて、何が違うのか?」を知るための手助けになるでしょう。

怪我をした時に忘れずにすることは・・・その2

前回のコラムでは「怪我の回復を助ける方法」を書きました。

これがどういう意味なのかを解説しておきましょう。

まず、人が怪我をすると、それが小さな怪我であってもごく短時間には「無意識」状態になりやすいのです。

小さい火傷などで「熱っ!」と手を引っ込めて水で冷やそうと思いつくまでの瞬間、この短時間にも無意識が発生しています。

この「無意識」状態だと五感で感じているすべてが「イコール」の状態で記憶されます。

火傷の痛み、目の前の熱いナベ、ガズコンロ、テレビ番組のアナウンサーの声、「おっちょこちょいだなあ」というパートナーの台詞。

これらのことが一気にごちゃまぜに記憶入って未整理状態となります。

こうなりますと、あなたの中では「おっちょこちょいだなあ」という台詞と火傷の痛みが結びつき、「おっちょこちょいだなあ」と言われるたびに治ったはずの火傷が痛むという刷り込みが発生します。たとえ痛みが発生しなくても、嫌な感じがするという程度のことは起こりやすいのです。もちろん、ナベも嫌いになり、ガスコンロも嫌いになるといったことになります。

そこで、その火傷をしたシーンを再現するということは、この場面を客観視することに他なりません。一緒くたになった記憶をきっちりと整理することです。

そして怪我というのは誰も嫌なので、その痛む部分とのコミュニケーションを遮断する傾向にあり、それがなおさら怪我の治りを遅くする原因になります。

そこで怪我のシーンの再現によって体の痛む部所とのコミュニケーションの回復も図れるということです。

さて、上の記憶のごちゃごちゃは程度の差こそあれ、多くのケースで発生します。

そして本当に長い時間の無意識状態になるような大怪我とか麻酔による手術など、その期間は無意識状態のはずなのに記憶されていることがいっぱいあることがわかります。

できれば、その無意識状態に周囲で何が起こっていたのか、そのごちゃごちゃな記憶を整理することは大変有用です。

明日が良い日でありますように。

ペリドット・助けが来る!/ペンタクルの女王

ペリドット(Peridot)
ペリドット(Peridot)

2017年3月15日 ペリドット・助けが来る!/ペンタクルの女王

またまた良いカードが出ています。かなり良しですよ。

思わぬ助けがああり、取り組んでいることが急展開するという暗示。

かつては何もなかったとろに種をまき、それを大切に育んできた結果を得ようとしています。人知れず努力をしていて、そして時にはこれがものになるのかと悩んだこともあったかもしれません。しかしそれが結実しそうですよ。

「やりたい」「欲しい」と思いながらやってきたことだから全部受け取るつもりで自分を信じることが大切。遠慮は無用ですよ。

このようなときにオススメのパワーストーンはペリドット

ペリドットに求めるのは「自信」。主人に「希望と明るさ」を与え、暗い考えやマイナス思考を一掃し、主人が進む路を明るく照らしてくれるストーンです。持つ人に希望を与えるこのストーンは、先の見通しが立たずに不安な人にはお勧めです。

考えと決定によって、やっぱりすべてが生じる

不思議と謎の大冒険「カラパイア」より役立つ記事です。

人生から後ろ向きな考えを取り除く9つの習慣

まあ、内容は既に皆さん知っているようなことなのですが、しかし、再びそれを見直してみると確かにその通りだと思えます。

そして、感情のレベルが下がったり、倫理観が低下しているときというのは、リンク先の記事にある9つの習慣から外れているときだとわかります。

そしてこれら9つの習慣を見て思うこととして、同じ状況にあっても「考え方」ひとつで後ろ向きにならないでいられるということです。

そう、やはり考え方だけなんです。

そして、マイナスなことに目を向けるよりプラスなことに目を向けてそちらにエネルギーを注ぐのが正解。

これは、何かのウィークポイントを持っていてそれが気になるために改善策を考えるよりも、ウィークポイトを忘れるほどに他の何かに熱中する方が総合的にプラスになることを意味しています。

ウィークポイントをなんとかしようと思うより、良いところを伸ばす方が総合的にプラスになります。

まあ、もちろんはた迷惑なウィークポイントはすぐにでも改善されるべきでしょうが、そうでないならすべて後回しにします。

例えば「私はなんでマイナスにしか考えられないのだろう?」と悩むのはやめようということです。

そんな理由などどうでも良いのです。するべきは「それじゃあ早速プラスに考えてみよう」と、それを実行することです。考えて、そして決定してください。

明日が良い日でありますように。

ブルーカルセドニー・チャンスは無限/カップの王子

ブルーカルセドニー(Blue-chalcedony)
ブルーカルセドニー(Blue-chalcedony)

2017年3月14日 ブルーカルセドニー・チャンスは無限/カップの王子

おや、これも良いカードでしょう。

ただし、未来に対しては未知数であることも理解しておきましょう。

希望に満ち溢れたスタート地点にいます。想像力や直感が働きやすい時期ということもあり、特に芸術性やアイディアが重要な分野では才能が大きく花開く可能性が大。

愛と豊かさを得るために「スタート」する日。自分が手にするものを周囲の人にも分かち合うように行動することが大切。

そして望む未来を得るためには真剣な取り組みが大切ですよ。

このようなときにオススメのパワーストーンはブルーカルセドニー(意味辞典に未記載)。

ブルーカルセドニーに求めるのは「心の柔軟性」。物事に対しての「許容範囲」のレベルを最大値まで引き上げる作用を持つストーンです。その作用は「自他」を問わず発揮されます。極端に相対するモノまでも受け止められる能力は大きければ、大きいほど、その身に吸収できるモノが無限に増えてきます。

カルセドニーグループの一般論はこちら

誰にもある考えの柔軟性そして決定の大切さ

前回までのコラムで「考え」が持っている性質について書いてきました。「考え」は努力やパワーの上にあり、それらを完全に支配しているものでした。

たとえ話としては三日坊主の日記のことを書きました。あんなに固く日記の続行を誓ったのに、四日目になると「まあいいか」と「考え」を変えてしまってそれを即実行できるわけです。

ね、こうしてみても「考え」というのは恐ろしく柔軟であることがわかります。

しかしながら、再び日記の例を挙げますと、四日目もやはりきっちりと日記をつけようと思うのも「考え」です。接待の飲み会で帰りが遅くなってそのまま眠りたいと思っても、「とにかく日記は書く!」と意志を貫くのも「考え」に他なりません。

「考え」は本当にあらゆることの上位にありますよ。

ちなみに、人間から「考え」を取り去ると何が残るでしょうか?それは多分、反応のみで行動を決定しているロボットと変わらないでしょう。

しかしながら、「考え」で堂々巡りをして行動ができないという状態も避けたいところ。「考え」のさらに上位にあるのは「決定」です。

ある年の初め、今年の日記は三日坊主にならないように続けようと「決定」しますよね。

「考え」というのはデータの評価を伴いますが、「決定」はそうではありません。単に「決定」です。

「決定」がないところでは「考え」がうまく働きません。さらには「考え」によって決定を覆すということも起きます。

実際のところ、強力な「決定」に勝ることはありません。まずはこれです。

明日が良い日でありますように。

アマゾナイト・あと一歩!/ペンタクルの7/リバース

アマゾナイト(Amazonite)
アマゾナイト(Amazonite)

2017年3月13日 アマゾナイト・あと一歩!/ペンタクルの7/リバース

リバースに出ていますがメチャクチャに悪くもありません。ちょっとしたアドバイスと思いましょう。

ゴール目前の足踏み状態かも。そうです、ゴールは目前なんです。

ここで将来について思案したり不安を感じているかもしれませんね。チャンスは確かに到来しています。これを真の果実にするためにはちょっと面倒に見えることでも着々とクリアしていくことが必要そうですよ。

不安、迷いにとらわれず、「最後のひとふんばり」を。そうすれば願いは必ず叶うでしょう。

このようなときにオススメのパワーストーンはアマゾナイト

アマゾナイトに求めるのは「夢と現実の橋渡し」。自分が持つ可能性を十分に発揮し、秘めている能力を開花していくように働きかけてくれます。頭をスッキリとさせてくれる作用も強いですよ。自分の思考に直接アクセスさせてくれますから考えを即行動にうつしやすいです。

ゴールに到達できない病

今回のカードは「ゴール目前なのでがんばろう!」ということですね。

ところが「もう少しのところで遠慮する」という人がいます。

もし、自分がそうだと思う方がいれば、どうぞ続きをお読みください。

まず、この遠慮病というか、ゴールに到達できない病はややもすると「植え付けられた何か」である可能性があります。その理由は様々にあるでしょうが、これこそが、実は「考える能力」によってクリアできる面が多いのも確かです。

「なぜ私はゴール寸前で遠慮してしまうのだろう」と感じている人がいたとしたら、そこで今回ばかりは踏みとどまり「いや、ゴールしてみせる」と考えてください。

前回のコラムでも書きましたが、何せ「考え」は努力の上位にあって努力そのものをコントロールしていますよ。

三日坊主になる日記を見てください。始めたときには「絶対三日坊主はしないぞ!」と考えたではありませんか!そして四日目に「まあいいや」と「考えた」ではありませんか。

ね、いつもいつも「考え」が上位にあるのです。

そして実は「何かの苦手感」がある場合、これは「考え」だけでクリアできることも少なくありません。不合理な「苦手感」、またはその苦手感について様々に「不合理な」言い訳ができる場合、単に「考え」によってその全てを覆すことができる可能性が大きいですよ。

最後に、ゴールに到達できない病があるのではないか、と感じる人は、今度ばかりは「多少の図々しさ」を持ってみてください。「こんなことをしたら図々しいと思われやしないか」といった心配はご無用です。自分が思っているほど人は人のことを気にしていませんよ。

明日が良い日でありますように。