カテゴリー別アーカイブ: 自己実現系パワーストーン

自己実現系にお勧めのパワーストーンに関する記事を集めています。小さなことでも何か成し遂げたいことがあるなら、このコーナーにあるパワーストーンがお勧め。

2017年8月17日 ヘマタイト・最初の一歩/ワンドの3

 

2017年8月17日 ヘマタイト・最初の一歩/ワンドの3

お、昨日と変わって良いカードですね。

何かに心を突き動かされる思い感じる日。どうやらチャンスが迫っていますよ。

このインスピレーションは信じられないような途方もないことかもしれませんが、今はそれを気にする必要はありません。未来にだけ目を向けていましょう。

思い切って最初の一歩を踏み出すべし。吉報は後から付いてきます。

また心機一転のために、現状のしがらみを清算する機会のようです。

準備が整うのを待つ必要はありません。スタートしましょう。

このようなときにオススメのパワーストーンはヘマタイト(意味辞典に未記載)。

ヘマタイトに求めるのは「最初の一歩の起爆剤」。もうこのページではお馴染みで登場回数が多いストーンですね。何か始めようとするときに必要なエネルギーが欲しい時、このヘマタイトは役立ちます。またやってくるチャンスに敏感になるという働きもありますね。

人生はゲームでできている

このコラムでは何度か「ゲーム」とその性質について取り上げています。

さて、「人生はゲーム」と書くと、どこか不謹慎で軽薄に見えるかもしれませんが、どう見ても人生がゲームであるのは事実です。

もしもゲームがなければ、その人生やこの宇宙は全くの静穏です。ちょっとした静けさではなく「全くの静穏」ですよ。

この全くの静穏の意味として例えるなら「月面」というのはどうでしょう。何も活動がありません。もちろん一般常識としては誰もいませんから何も起こりません。生物がいませんから何の新陳代謝もありません。まったくの静穏(ゲームのない状態)というのはそんな感じです。

実際にはこのまったくの静穏には多くの人が耐えられません。それは超退屈なのです。そうしてゲームを始めます。

そうしてゲームを始めるなら「まとも」なゲームにしておきましょう。世の中の不都合は実際のところおかしなゲームで成り立っています。

身近な例としては上手く回っていて好調な会社があるとしましょう。社長が特に指示するでもなく、役員と社員によってほとんど自動的に運営されています。これはある意味大成功なのですが、社長としてはゲームがない状態で退屈です。

この時社長は、間違うと変なゲームを始めてしまいます。それは会社全体のサバイバルにマイナスになるゲームです。

好調な会社が社長のゲームによって傾きだすのはこんな理由からです。

明日が良い日でありますように。

2017年8月9日 モスアゲート・転機のチャンス/カップの8

モスアゲート(Mos-agate)
モスアゲート(Mos-agate)

2017年8月9日 モスアゲート・転機のチャンス/カップの8

人生の転機が訪れる人も。

総合的には今までの価値観が一変する可能性あり。

今まで頑張ってやってきたことに価値を見出せなくなったり、他にもっとすることがあるのではないかと気づいたりがあるかも。

この変化は、もしかすると想像を絶するほどに大きな転換になる可能性あり。

人生の岐路に立ているのは確かなようです。

ここで転換を図るなら、それは大きなチャンスですよ。

新たな決意を固めて本当に望むものを追いかけましょう。

このようなときにオススメのパワーストーンはモスアゲート

モスアゲートに求めるのは「明日への希望」「心のアンテナ感度アップ」。不要な執着心を取り除き、主人が本来の目標地点だけを目指して努力していけるようにサポートします。また感情を安定させる働きがあり、それが心の感度を上げる作用となって表れます。

責任とコントロール

昨日は小さな親切が幸せにつながる話を書きました。

その中で親切は自分が起因になることであり、それには自分で「責任を取る」という意思が働いていることを説明しました。

さて、この「責任」なんですが、これは何かしたときに失敗を責められる立場、という捉え方は被害妄想ですよ。

責任の正しい理解の仕方の一つは・・・

「何かをコントロールしようとする意欲」と言えます。

責任を負いたくない人は「必ず」、コントロールされる側にだけいようとすることを見ればわかりますよね。

さて、コントロールといえば、それは何か悪いことのように感じてしまう人もいるでしょう。それは悪いコントロールに関して脅迫的な体験が多いからかもしれません。

端的な例として、車をコントロールできないと悲惨な交通事故が起きますし、組織をコントロールできないと、それは混沌しか生まずにすぐに崩壊してしまいます。

そしてコントロールとは、何かをスタートさせる、向きを変える、動きをストップさせる、これら三つの状態をもっています。

責任を果たそうとすることは、これら三つの状態を上手に切り盛りすることに他なりません。(というか、他にはありません)

明日が良い日でありますように。

2017年8月3日 パープルフローライト・可能性が広がる/ペンタクルの王子

フローライト(Fluorite)
フローライト(Fluorite)左手前がパープルフローライト

2017年8月3日 パープルフローライト・可能性が広がる/ペンタクルの王子

おお、またまた良いカード。

様々な可能性の扉が目の前に!その扉は少しの力で開けられるはず。

今はその可能性を感じながら将来のために行動を起こすことにワクワクできるはず。

初めのうちは苦難があったとしてもそれは乗り越えられるでしょう。

思考を柔軟にし、様々なものを吸収しながら行動すればラッキー。

また、今抱えている問題は人との出会いによって解決の糸口が現れることがあるでしょう。

経済面での良い兆候もありですよ。

将来のために、資格を取る決意をしたり、新しいプロジェクトの立ち上げには最適ですよ。

このようなときにオススメのパワーストーンはパープルフローライト(意味辞典に未記載)。

パープルフローライトに求めるのは「知的能力アップ」。脳細胞を最大限に活性化するために、精神的な疲労を取り除き、ストレス状態を緩和し、心身のバランスを保ちます。これはもうペンタクルの王子にぴったりですよ。

スマートフォンは記憶力や情報処理能力を低下させる

今回も良いカード!

そこでまたコラムでは息抜きの記事

おなじみライフハッカーより「スマートフォンは記憶力や情報処理能力を低下させる

研究によるとスマホの使用は記憶力や情報処理能力といった認知行動能力が低下するそうです。

この記事はタイトルと実験結果だけ見ると誤解しそうですが、スマホの使用そのものが知能低下を招くのではなく、何かしている時にそばにあるスマホの存在で気が散るというのが実態のようです。そこで対策としては、そのスマホを隣の部屋に置いてしまえと・・・

スマホで気が散る、といえば車を運転していて、他に走っている車の挙動が何かおかしいと思ったら、案の定運転しながら電話していたりが大変多いです。

そういえば、ハワイでは歩きスマホが法律で禁止されるようですね。

実は日本だって自転車に乗りながらのスマホ操作は道路交通法では違反です。自動車と同じように、警官がその気になれば反則切符を切られますよ。

明日が良い日でありますように。

公開日:2017年8月2日 最終更新日:2017年8月2日

2017年8月1日 ルチルクオーツ・完結/世界

ルチルクオーツ(Rutile-quartz)
ルチルクオーツ(Rutile-quartz)

2017年8月1日 ルチルクオーツ・完結/世界

うわわっ!前回に続いてまたまた良いカード。それも最上級クラス!

物事の完結!

邪魔モノは消え去ります。そしてゴールに向かって突き進むといった希望に満ちています。

とにかく自分自身の最高の状態を得られることを暗示しています。しっかりと望んでいたことなら、それが現実化します。

それが前人未到なことであっても臆することなく取り組むべき。宇宙全体があなたの味方をしているようですよ。

人間関係など相手があることであれば、向こうから距離を縮めてくれたり、何らかの反応をよこすでしょう。

望むものがあるなら自分自身が起因となって動きましょう。

このようなときにオススメのパワーストーンはルチルクオーツ

ルチルクオーツに求めるのは「素早い行動」。素早い状況判断と適切な行動をとれるように導き、ライバルに打ち勝つための力や目的を達成するための「気力・情熱」などをアップしてくれるストーンです。世界のカードが出ているわけですから、これをみすみすほおっておく理由はありませんよ。今です!

住吉大社に学ぶこと

またまた良いカードなので今回はちょっと一服といったコラムです。

さて、セレニティアスではちょくちょく住吉大社に参拝します。

ここは住吉神社の総本社であって社殿が国宝とか重要文化財とかに指定されているところですね。境内に入るだけで空気が凛としていて気持ちの良いところです。

社殿は四つあり、第一本宮から第四本宮まで順番にお参りすることになります。

すると、お賽銭が4回必要に。それどころか、境内には他に摂社とか末社とかと言って細かいお祀りどころが点在しており、マジにやっているともっとお賽銭投入を迫られます。

それから元は仏教系からくる「五大力さん」という場所があり、そこには「五」「大」「力」と一つずつ字が書かれた小石が敷き詰められております。そこから三文字の小石を持って帰ってお守りにできるというもの。(専用御守袋300円)

これはある意味パワーストーンですわ。

で、願いが叶ったら「倍返し」(要するに600円のお賽銭を要求)の決まり。

他、「おもかる石」がある末社の案内図にはパワースポットはこちら」とか書かれた看板が設置されていますね。神社が自分で「パワースポットって言うか・・」

それから夏の催事として「夏越祓神事」があるのですが、これは一般的な日取りとは異なる日に行われています。(そうしておけば他の神社と日取りがバッティングしませんよね)

またお守りなどのグッズ類も種類が多く、面白そうなものが結構あります。末社によっては英語がベラペラな宮司さんもいてグローバルに対応です。

このように、随所にすごくビジネス上手な面が見えるような気がしてなりません。

もちろん、神前結婚式や式場そのものの経営もしていますしね。国宝の社殿で神前結婚、住吉大社で式を挙げたらどこからも文句も出ますまい。

いや、これはこれで良いのです。人々に幸せを分けるビジネスとしては最高峰ではないかと思っているのですよ。

明日が良い日でありますように。

公開日:2017年7月31日 最終更新日:2017年7月31日

2017年7月28日 マンガンカルサイト・目覚めのときがきた/審判

マンガンカルサイト(Manganese-calcite)
マンガンカルサイト(Manganese-calcite)

2017年7月28日 マンガンカルサイト・目覚めのときがきた/審判

ううむ、これは昨日のカードの延長な感じ・・

今までの辛さを吹っ飛ばすような「意識変革」が起きやすい日。

頑張って取り組んでいたことに新しい命が吹き込まれたように前進していくでしょう。

これまでに様々な苦境を過ごしてきた人も、これから復活する暗示です。未来を信じて歩み出せるタイミングに来ています。

こんなときこそ自分を支えてくれていた人、こと、ものに感謝です!

このようなときにオススメのパワーストーンはマンガンカルサイト

マンガンカルサイトに求めるのは「素直な気持ちの表現」。基本的に癒し系としての働きがあるストーンですね。自分が癒されると人に対しても優しくなれますよね。愛情表現が楽になることで人間関係もよくなりますよ。

すべては考えでできている

審判のカードの特徴として、環境の変化よりも自分自身の内面の変化があるということです。

実際のところ、環境を変えることはかなり大変です。そのためには少なからずエネルギーを使うことが必要でしょう。

例えば、部屋という環境を掃除しようとするだけでもエネルギーが必要で、目の前のコップを持ちあげるのでさえがエネルギーが必要です。

ましてや、周囲の人々の考えをエネルギーを使って変えるのはかなり大変なゲームと言えます。(ゲームについてはその構成要素をここのところのコラムで書いてきましたね)

しかしながら内面が変化するにはエネルギーは全く必要はありません。

「考え」を変えるだけで良いのです。

また、自分の考えを変えることについては何か「ゲーム」を設定する必要はありません。対戦者はどこにもいないですよね。ただ自分自身で考えを変えるだけです。

この「考え」というのはほとんど自分自身の本体ということができますよ。自分自身から「考え」を取り去ったとしたら何が残るでしょうか?

さて、今回のカードはその「考え」を変えるかなり最大級のチャンスが巡っているわけです。これを最大限に活用しましょう。

ちなみに、多くの人々にとっての現実は「考え」の「合意」によって成り立っています。

明日が良い日でありますように。

公開日:2017年7月27日 最終更新日:2017年7月27日

2017年7月27日 ヘマタイト・仕切り直し!/死神

2017年7月27日 ヘマタイト・仕切り直し!/死神

うわ、死神のカード。

名前はゾッとしますが悪い意味でなく示唆に富んだ内容に目を向けましょう。

抱えていた案件に決着をつけなければなりません(いえ、決着がつくかも)。

その決着とは、すっぱりと方向変換すること!

「恐れ」で立ち止まることなく、自分で望む未来を創り出す気力で前進することを選びましょう。

はっきり言ってゼロスタートする地点にいるのは確か。

現状にしがみついていて無理に無理を重ねていても結果は得られないようです。

ポイントは、実のところ手放すことなのです。

このようなときにオススメのパワーストーンはヘマタイト(意味辞典に未記載)。

ヘマタイトに求めるのは「起爆剤」。これはもう何度も登場しているストーンですね。ここ一番でパワーが必要なときにはコレです。ゼロスタートするにはふさわしいでしょう。「プラスのエネルギー」を多く持ったストーンですから、主人の心の中にある「マイナスエネルギー」をプラス側に変換させ、暗く沈みがちな心を改善します。精神安定にも期待できます。

手放すことの重要さ

ゼロスタートの必要性が高まっているカード、死神ですね。

さて、手放すことに関して、これがなぜ重要かといえば、過去の悪感情や辛い感覚なども手放すことで楽になるということです。単純です。

過去の出来事自体は記録物として消す必要はありませんが、そのときの感情はいかようにも扱えます。辛い思い出や嫌な気分としてわだかまっているなら、その感情を捨てることはできるのです。

このとき、重要なのは「所有性」です。

あなたが実際には「なんでも持てる」という感覚が十分でないときには「何かを捨てる」ことにかなり抵抗があるはずです。

捨てることができないがために過去に置いている「辛い思い」や「悪感情」が現在に影響をもたらします。

さて、捨てるために現場の所有性をアップさせることが必要です。

以下にそれができるようになるおまじないを記しておきます。何かを捨てることが不得意だと思う人は取り組んでみてください。

1)部屋を見回して、あなたが持つことができそうなものを教えてください。
(ここで「持つことができる」というのは所有できるという意味)

2)部屋を見回して、あなたがそのままそこにあっても許せるものを教えてください。

3)部屋を見回して、あなたが不要にできそうなものを教えてください。

上記三つの質問に答えます。1)を20回、2)を5回、3)を1回やります。

次に、1)を10回、2)を8回、3)を2回。
次に、1)を10回、2)を10回、3)を4回。

これが簡単にできるようになったら外に出て、同じように「部屋」を「周囲」に変えた質問で繰り返します。

何でもないような質問ですが、人によってはこれに簡単に答えることができないかもしれません。時間がかかってもやり通してください。

また、ことによってはこれに答えようとすると、気分が悪くなることがあるかもしれません。しかし途中で止めてはいけません。気分が回復するまで続けます。

これらの質問に簡単に答えられないこと、気分が悪くなることがあるって不思議でしょう。もしあなたがそうであれば、なおさらこの質問に答えることをしてください。

これをしていると、簡単に答えられて退屈になり、それを通りこしてバカバカしく感じ、そして最後には笑ってしまうかもしれません。もしそうなれば順当に所有性がアップしています。

明日が良い日でありますように。

公開日:2017年7月26日 最終更新日:2017年7月27日

ラブラドライト・成功の兆し/ペンタクルの9

2017年7月24日 ラブラドライト・成功の兆し/ペンタクルの9

おわっ!良いカードが出ていますね!

夢に描いていたことが、実現化する日!
いえ、予想以上の結果を得るかもしれませんよ!

あらゆるつながりがあなたの成功に向けて動き出しています。新しい人間関係として有力者が現れたりもするでしょう。

また、不安に思っていたことも解消する兆し。

ここで、最後まで気を抜かず、やりきってください。
自分の働きへ感謝も忘れずに。

このようなときにオススメのパワーストーンはラブラドライト(意味辞典に未記載)。

ラブラドライトに求めるのは「最後までやり抜く力」。名前からは連想できないような働きですよね。最初のゴールを目指して、最後まで走り続けるための「持久力・忍耐力」を与えてくれます。挫折しそうになったときも強い味方になってくれるでしょう。

もっと大きな問題を!

7月20日のコラムで「ものを頼むなら忙しい人に頼め」という記事を書きました。

要約しますと、持っている問題が少なすぎる人は「その問題にはまり込みすぎて身動きが取れなくなる」ということです。数々の問題を抱えている人(忙しい人)はどんどん問題を解決しており、何かを頼むならそんな人に頼めということでした。

では、人の話ではなくて「自分自身」が持っている問題が少なく小さいときにはどうするべきかを書いておきます。

解決策は「もっと大きな問題を作る」です。

「問題を作る」というのは一見はおかしなことに見えるかもしれませんね。しかしながら、問題というのはそれが「問題だ」と誰かが言い出すまでは問題ではありません。

世界のどんな混乱も不幸も悲惨も、それが問題だと認識されるまでは問題ではないのです。

ですから、ある意味で問題はモック・アップできるものです。

さて、抱える問題が少なすぎてそれに固執している人は、もっと大きな問題を持たせれば様々なことが調子良く回り出すことがあります。

単純にはこうです・・・小さい問題にこだわっている人に大きな問題を渡すと「え?そんなこと言ってる場合じゃないな!」となりますよね。

そして、自分自身で大きな問題をモック・アップすることもできます。

そのとき、大きな問題はよりまともなゲームとして作ることが大切です。半ば強制的にあてがわれた小さなゲームでなく、より大きな良いゲームを設定してください。

たとえば、職場環境が極悪で、人間関係も最悪だ!という問題があるとしましょう。そんなときはその問題自体にくよくよせず、もっと大枠のゲーム、たとえばその会社を辞めてより良い環境で自分の能力を発揮する、というゴールを持ったゲームを設定するのが良いでしょう。(あくまで例えですよ)

また、会社に留まるなら、あなたが困っている問題よりももっと大きな問題を会社の中に作る(発見する)ことも考えられます。ただし、その解決が建設的な方向に向かえる問題にしておきましょう。ダメな会社だとそのまま崩壊するかもしれませんが、それが脱出口になる可能性があるかも。

明日が良い日でありますように。

公開日:2017年7月23日 最終更新日:2017年7月23日