カテゴリー別アーカイブ: 自己実現系パワーストーン

自己実現系にお勧めのパワーストーンに関する記事を集めています。小さなことでも何か成し遂げたいことがあるなら、このコーナーにあるパワーストーンがお勧め。

アメトリン・人の意見に耳を傾けよう/隠者/リバース

アメトリン(Ametrine)
アメトリン(Ametrine)

2017年4月27日 アメトリン・人の意見に耳を傾けよう/隠者/リバース

要注意なカードです。

現実逃避的に内に閉じこもり気味な暗示です。

または何か単純な思い込みによっても「これでいいんだ」という間違った判断をしている可能性も。

ここはひとつ、視野を広くして大きく物事を受け取ることが大切。

思考を柔軟にし、他人の意見も採用する必要あり。

このままだと身動きできなくなる兆候。自分の世界に閉じこもらず人ととの会話を。

このようなときにオススメのパワーストーンはアメトリン

アメトリンに求めるのは「心の柔軟性」。相反するものに対する心のキャパシティを大きくし、どんなことでもありのまま受け止められるようになるということ。またそのためにはリラックスすることが大切で、アメトリンにはその働きもあります。

現代版・家訓

本日のカードではどうやら閉じこもり気味になっていることへの留意点ですよね。これはどうして良いかわからない時の「混乱」がある様子。こんな時には「とにかく何かを取り上げる」です。

そこでちょっとした判断材料になると思われる家訓を紹介しておきましょう。以下の二点は我が家の比較的新しい家訓です。(他の家族に同意が得られているかどうかは別)

先生・社長にろくな者なし

これは先生や社長と呼ばれる人をバカいしているのではありません。その人の肩書きに騙されてはいけないという戒めです。どんな人でも先生や社長にはなれるのです。その人の人間性と肩書きは関係ありません。

また、逆に自分自身が先生とか社長と呼ばれるようになったとしたら、その時にはその肩書きに頼って尊大になってはいけないということも含んでいます。

店員にものを尋ねるな

店で物を選ぶとき、店員さんにどれが良いか尋ねることがあります。昔はそれでよかったのですが、特に量販店などでは正社員の店員さんはいません。するとどうしても売り方が一過性のことになり、ユーザーとの長いおつきあいや信用を大切にするということがなくなっている場合が多いようです。

また、大きなショップになると品数は膨大になり、一人の店員さんがそれぞれの製品について良し悪しを判断することは不可能でしょう。それもあって店員さんに何かを尋ねても正しい答えが返ってくるという保証はありません。

今やネットの時代ですから、少し値のはる物は評価記事などを参考に自分で目星をつけておくのが良いでしょう。また、物を買う時には自己責任という意味も含んでいます。むしろ「店員に勧められたのに!」と後悔しないためです。

明日が良い日でありますように。

ソーダライト・挑戦のときがきた!/戦車

ソーダライト(Sodalite)
ソーダライト(Sodalite)

2017年4月26日 ソーダライト・挑戦のときがきた!/戦車

うわっ!明るい未来の予感!
追い風が吹いています。

昨日の「審判」から繋がっている感じがありますよね。

まさに、挑戦するときが来ています。ここでちゅうちょしてはなりません。やりたかったことにすぐに取りかかるべし!

このカードは「とにかく困難を乗り越えろ!」と言っています。

「しかし、でも・・・」といった想像によるブレーキを乗り越えチャレンジ精神を全開に!

今日は積極的に行動を。どんなチャンスも見逃してはなりません!

このようなときにオススメのパワーストーンはソーダライト

ソーダライトに求めるのは「想像による不安を乗り越えること」。ソーダライトの働きを更に書けば、冷静さを与え、思考能力を強化し、好奇心を刺激し「なぜ?、なんだろう?」と様々なものに興味を持たせ、自ら学んでいくように促すことになります。

2分間で人生を変える技

本日のカードは「戦車」。これが象徴するのは「とにかくすぐやる」です。

さて、あるページの記事に「人生が激変する「2分ルール」とは? 先延ばしグセや心理的不安も完全克服!」というのがありました。

要約しますと、まずは今身の回りを見渡して「2分でできることはとにかくすぐに手をつける」ということです。2分でできることですから、まあこれはすべて簡単なことですよね。

返信できるメールに返信
必要な電話の連絡
デスク周りのちょっとした掃除
etc.

2分でできることですからまあそんなレベルです。これは心理的な負担がほとんどありません。手をつけてさえしまえばなんとかなるようなことばかりです。

そしてこの「2分でできるリスト」をどんどん増やすということです。

それでは2分以上かかる作業はどうするのか?

答えは簡単でその作業を2分単位に区切るのです。

実際のところ、自分が手をつけられないようなことというのは、その案件がすぐにわ終わらない大きなことなんです。しかしなが2分のステップに区切ってみるとほとんどができることばかり。

これの応用としては「読書習慣をつけよう」と思ったらなら、すぐに2分間は読書してみる、ということです。

なかなか良いアイディア、考え方だと思いますよ。

明日が良い日でありますように。

ブラックスピネル・目覚めがあるかも/審判

2017年4月25日 ブラックスピネル・目覚めがあるかも/審判

少し難しいカードかもしれませんが、良い兆候と考えられます。

ひと口に言えば「再生」を意味し、そこには「覚醒」といったことが含まれます。

これまでに散々な目にあって様々なことをあきらめざるを得なかったという人には朗報になるでしょう。

今まさにどうしようもない絶望に苛まれているとしてもこれが逆転する暗示です。

また、やり残していること、途中になったままだったことに再チャレンジするチャンス!

逆転のカギは「やる!」と決める意思。

このようなときにオススメのパワーストーンはブラックスピネル(意味辞典に未記載)。

ブラックスピネルに求めるのは「チャレンジする気力と情熱」。保留や棚上げにしようが、突き進もうが、止めようが、とにかくどうするかを決定する必要がありますよね。ならば自分の心の核心に触れてみるべし。ブラックスピネルは自分の心に入っていくパワーストーンです。け与えることを念頭に置いてください。誰にもでも公平に愛情を注ぐことが大切です。

成長を可能にするヒント(当たり前のことですが)

今回もライフハッカーネタです。

知的な不快感を乗り越える方法

これは、うんざりするような知的生産をする必要性に迫られているときの話です。

ううむ、この記事では結論としてアスリートがするようにとにかくトレーニングして乗り越えなければならないということになります。

初めのうちには適度に休憩を挟みながらも、そのインターバルを伸ばしていくということですね。

最終的にそれができるようになることが、成長につながるということです。

まあ、そりゃまあそうでしょう。簡単にできてしまうことばかりをしていては成長はありません。壁を乗り越えるからこそ成長があるのです。

さて記事の中で筆者として普通に「おお、その通り」と思った部分もあります。

それは・・

集中力を削ぐものと雑多な決断を排除することが大事

そしてそのためには「選択肢を狭めておくこと」。

その通り、1日の中で必ずするような「生活ルーチン」に選択肢が多すぎるほど無駄なことはありません。

例えば、着るものを選ぶ、履く靴を選ぶ、何を食べるか選ぶ、そんなことに意識を持って行けるほどの余裕があるなら集中すべきことに集中する方が良いです。

(もちろん、趣味でそれを楽しむならそれも良いでしょうが)

まあ、ここで言わんとすることは集中するべきことに優先順位をつけなければならないということです。

どうでも良いことにこだわって集中力を奪われないように注意です。乗り越えるべき壁は他にあるはずです。

それから、アスリートに限らず、その道の一流人たちは、その課題への取り組みが半端ないです。単に1日の中での時間配分からして凡人とは異なります。

何かをものにしようとするなら、それに集中するしかありません。具体的には時間配分を変えるしかありません。ことによっては睡眠時間を削るしかないでしょう。

明日が良い日でありますように。

グレームーンストーン・まだ大逆転劇の中/運命の輪

2017年4月20日 グレームーンストーン・まだ大逆転劇/運命の輪

わっ!おとといと同じカード!

回れ回れ!運命の輪!

前回の出現ではまだ不足だったのでしょうか。またはこの変化を知らせるために念を押すようなことなのでしょうか。

運命の輪は黙っていても確実に回転し続けます。時間は止まりません。

とにかくこのカードが出ているとき、これまで苦難の中にいた人にとっては大きな吉兆です。人生の逆転劇が起ころうとしていますよ。

そして今までに順風満帆だった人は、将来に対しての備えを怠らないこと。今まで順調に来た分、トラブルへの耐性や処し方の知識が不足していることが考えられます。今現在が不自由ない環境ならば、今のうちに様々な分野で経験値を積んでおきましょう。

このようなときにオススメのパワーストーンはグレームーンストーン(意味辞典に未記載)。

グレームーンストーンに求めるのは「本心との対話」。基本的に普通のムーンストーンと同様な働きをしますが、グレームーンストーンはその作用をさらに強くしたと思って差し支えありません。これから新しい計画を立てるとき、過去のしがらみを取り去って自分自身が本当にしたいことに焦点を当てるのが大切です。自分の本心を知るときには役立つパワーストーンと言えます。

時間と精神についての考察

運命の輪は周り続けます。家にじっとしていれば何も変化がないと思えるかもしれませんが、人は肉体的にどんどん年をとり、そして自分が何もしていなくても周りがどんどん変化してしまいます。

ところで、人間を魂または精神と言われる部分と、肉体とを別に考えるとしましょう。

精神というのは年をとるのでしょうか?

年齢を重ねると、費やした時間に比例して「経験値」は積みかさなりますよね。それはあくまでも記憶であって、精神それ自体とは違うでしょう。

それでも一般論として「精神年齢」という言い方をします。「精神の年齢」のことを意味してはいないでしょう。大雑把に言えばその人が「若者風か年寄り風か」のある程度の尺度以外の意味はなさげです。(もともとは心理学用語で定義は別にあります)

そこで筆者が思うのは、精神は年をとらないけれど心が年をとるのではないか、ということです。

心ってその働きの目的は肉体と精神の間にあってある程度の情報を取り持つような感じに思えます。

で、私の感覚の中では精神は年をとらず、よって時間感覚はありません。普通に言えば「時間という概念」を持っていません。

「時間」を持っているのは肉体であって、心もそちらに加担しているようです。

そして肉体は年をとり、心がそれを嘆き、そしてそれを精神に伝え、精神は年をとった気分になる・・という仕組みです。(実際には精神は不変です)

そしてさらに言えば、もともと時間などなく、肉体がこの空間に存在し移動する時に必要な「便宜上の尺度」であるに過ぎないのです。

もう一度書きますが、精神は時間の概念を知りません。

これを知るために以下の実験をしましょう。

「赤い車をモックアップしてください」

できる人は瞬時にモックアップできています。かかる時間はゼロです。精神の活動に時間は全く入り込みません。

そして今度は質問。この宇宙で、時間ゼロでできることをモックアップ以外に探し出せますか?

今回はとりとめなく、ややこしい話を書きました。たまには良いでしょう。

お知らせ

セレニティアスは4月20日(木)-21日(金)の二日間、お休みをいただきます。

よって今週、このページの更新は本日が最後となります。

次回の更新は4月23日(日)の午後10時以降となります。

明日が良い日でありますように。

シトリン・気力充実のチャンス/ソードの騎士

シトリン(Citrine)
シトリン(Citrine)

2017年4月19日 シトリン・気力充実のチャンス/ソードの騎士

おわっ!これは勇ましいカードが出ています。

なんだかここのところ、カードにお尻を叩かれている感じがしますね。

やる気満々になっている最中ではないですか?または何か難問があってそれを突破しようと奮い立っているとか。

このカードが巡っているということは、ある意味チャンスです。挑戦することを楽しみと捉えられるだけの高揚感が得られる時期ですよ。

気力、体力、集中力が高い志を総動員。ゴールを目指して全力投球!

とにかく「自分を信じる」ことが成功のカギ。

このようなときにオススメのパワーストーンはシトリン

シトリンに求めるのは「自信」。自分への自信と自尊心を高め、自分を貶めるような(卑下するような)または自分を犠牲にしがちな考え方の癖を改善する事をサポートするストーンです。誰かに拒否・批判される事に対する恐怖心を和らげ、少しずつ耐性をつけさせ、素直に自分を表現していけるように働きかけます。

勉強の方法を勉強しよう

おなじみライフハッカーより興味深い記事です。

優れた効果が証明された「自分を相手に議論する学習法」

ひと口に言って課題に取り組むときにはその内容について一人で「脳内議論」をすることだそうです。

ま、これを少し具体的に書きますと・・・

「A+B=Cである」ということを学習するとき、一人二役で脳内議論するなら以下のような感じでしょうか。

「A+B=Cってなんでそんなことになるんだよ」
「よく見てみなよ、だってこれがAでこれがBとする、それをいっしょにしたらどうなる?ね、Cになるだろ。な、いつもCじゃないか。他のものになるか?」

こんな具合でしょう。

これって一人芝居ですね。子供のとき多くの人が体験したのではないでしょうか。誰かに何かを教えているシーンを一人二役で演じている感じ。

それから、この学習法を自動的にやれる人もいると思います。そんな人の中では勝手に一人二役の芝居が始まります。

「A+B=Cだって?ん?なんでそうなるかなあ・・それはだから・・」

多分こんな感じに理解しようとしているでしょう。

これはさておき、学習についてさらに重要なことを記しておきます。このコラムではもう取り上げていますが復習です。

意味を知らない単語を読み飛ばさない

これ最重要ポイントです。

ある文章を読んでいて、それが理解できないとき、文章全体がわからないのではなく、実はたった一つの意味を知らない単語か、意味を間違って覚えてしまっている単語がその文章に混ざっています。これを見つけて解決してください。

ちなみに、どうしても苦手な科目があるとすれば、そこに意味を理解していない単語がたった一つあったがために、それ以降の学習がストップしてしまったということが多いのです。

明日が良い日でありますように。

タイチンルチルクオーツ・行動を起こせ!/戦車

2017年4月17日 タイチンルチルクオーツ・行動を起こせ!/戦車

うん、これはシンプルなカード。

そしてここのところ出ているカードの延長上にありげですね。

行動に移すときがきています。かすかなチャンスも見逃さないこと!

もしも困難な状況に陥ったとしても乗り越えられるはず。あなた自身の経験値で十分に対処できるのです。

もしかしたら敵は自分自身の心。弱気になるところをじっとこらえて前進しましょう。いずれにせよ「全力投球」が吉。それ以外にありません。

今日も「チャレンジあるのみ!」の1日。

すべての条件が整うのを待っていては人生が終わります。目の前にあるものに全力で立ち向かおう!

このようなときにオススメのパワーストーンはタイチンルチルクオーツ(意味辞典に未記載)。

タイチンルチルクオーツに求めるのは「行動の起爆剤」。この意味ではヘマタイトと似ています。が、タイチンルチルの方は瞬発力が違います。働き方は基本的にルチルクオーツに準じ、これをさらに強力にした感じ。物事を始める前に、考えてばかりで、なかなか行動に移せない人や重い腰があがらない人は、この石を「左手」に乗せて見つめてください。余計な不安感などを取り除き、身体を動かす気力を与えてくれます。持久力・行動力もアップしてきます。

本を燃やす人は、いつか人間も燃やす

↑どうですかこの格言。今日初めて知ったのですが、これは非常に言い得ています。

そこで出処を調べますと「ベルリンの焚書の広場」に書かれているハイネの警句だそうです。

—————-

焚書(ふんしょ):書物を焼きすてること。思想弾圧の手段として,異端の書とされたものについて行われた。(スーパー大辞林より)

—————–

この焚書はナチスドイツや、昔の中国では制圧した敵国の文化を滅ぼすために行っていたことですね。

これは意味深いです。

ここで言う「本」とは単に物体としての本ではなく思想そのもの、そして人の自由な意思が含まれています。

ここで思い出すのがSF映画の「華氏451度」。有名な作家レイ・ブラッドベリによる原作のフランス映画です。未来のある国で思想弾圧のために焚書が行なわれているのですが、逃れた一部住民たちは目ぼしい本を完全丸暗記で過去の思想を後世に伝えているというものです。(ラストシーンですね)

さてそこで、本を燃やす焚書は行動として目に見えて分かりやすいですが、これがじわじわと目に見えない形で今の日本でも進行中と思われます。

しかしその目的は文化、思想の抹消そのものではなく、抵抗して立ち上がろうとする人たちの悲しみ、叫びを見たい「ハラスメント」にあるような気がします。

簡単に言えば「いじめ」ですね。ここにもどうやら罪と動機の螺旋悪循環があるようですよ。

これは多くの犠牲を払うことになるかもしれませんが、そのような人たちは時間の問題で自滅することになります。それが「生存の多重円の仕組み」です。

明日が良い日でありますように。

プレナイト・目標の再設定/ワンドの2

2017年4月14日 プレナイト・目標の再設定/ワンドの2

今回のカードは昨日の延長にある雰囲気です。これも良し悪しよりもアドバイス重視といった感じ。

これまでにしてきたことは、とりあえず何らかの成果を得られているようです。

しかしながら自分にはもっとできることがあるのでは、と感じる部分もあり。

新しい目的を新しいレベルで発展させてみるべきではないかと、感じ出しているのではないでしょうか。

それならば・・・

今の成果に満足せず「更に上」を望んで目標の再設定を。

やるべきことに的を絞り、全力を注ぎましょう!

このようなときにオススメのパワーストーンはプレナイト(意味辞典に未記載)。

プレナイトに求めるのは「正しい選択」。思考回路を明瞭にし、自分の願望達成のために「必要な情報」だけを選び出す能力を強化してくれるストーンです。「真実を見抜く目」を養うサポートもしてくれるので「何が正しくて、何が違うのか?」を知るための手助けになるでしょう。

こだわりの「〇〇」の正体

本日は身内の集まりで小さな食事会がありました。

そこで「料理とこだわり」ということについて思うことを少しだけ書いてみます。

さて、外食のお店では「こだわりの何々」というキャッチコピーを時おり目にします。

料理人がこだわった何かを出してくれるということで、もう普通に見飽きた感じでもあります。

そして、そのメニューを注文してみると「これがこだわった結果なのだろうか?」と正直なところよくはわからないということがしばし。そんなことが少なくないと思いませんか?

いえむしろ、こだわりの〇〇と言っている店の方が外れの確率が高いかもです。

さてさて「こだわりのシェフ」はなぜこだわる必要があったのか?

それは多分「混乱」が元にあります。もしかするとその料理に自信がなかったかもしれません。

ある時そのシェフは、その料理についてどうするべきか?何かに迷ったはず。

その混乱をおさめる唯一の方法、それは「何でも良いから取り上げる」です。

その取り上げたものがこだわりです。

しかしそれにしてもまだあまり自信がないのかもしれません。だって「〇〇にこだわったから美味しいはずだ」と言わなければいけないというのは、味の勝負ではありません。「意味付け」の勝負になっています。

料理の腕ではなく、キャッチコピーやポップのライターの腕ですよね。

たとえ何かにこだわったとしても、それを表に出していない店の方が、多分美味しいのだろうと思われます。

明日が良い日でありますように。

「混乱のメカニズム」そしてそれをおさめる方法はこのコラムで何度も随所に登場しています。検索してみてください。

公開日:2017年4月14日 最終更新日:2017年4月14日