カテゴリー別アーカイブ: 癒し系パワーストーン

癒し系にお勧めのパワーストーンに関する記事を集めています。癒しとひと口に言っても様々なケースがあります。あなたにピッタリのパワーストーンを見つけましょう。

チャロアイト・ちょっと休憩/ワンドの4

チャロアイト(Charoite)
チャロアイト(Charoite)

2017年2月27日 チャロアイト・ちょっと休憩/ワンドの4

まずまずなカード、そしてちょっとしたアドバイスですね。

思いがけないところから今までの努力が正当に評価される日です。

これまでに挫折や迷いがあったとしても、それをなんとか乗り切ってきたあなたの働きが認められます。

また、とにかく前進しなければならないという強迫的な感覚があるとすれば、それはきっぱり忘れましょう。

そして、あなたがやってこれたのは、自分自身だけでなく、周囲にいる多くの人の助けや協力者の存在を忘れてはなりません。

少し肩の力を抜いて「自分の心が喜ぶこと」をしてみましょう。また親しい人と楽しい時間を過ごすのも吉ですね。

このカードが言わんとする大切なことは、成功を目指して突っ走るだけでなく、一般生活の中に喜びを見出そうということも含まれます。その方が真の幸せが見つかりそうですよ。

このようなときにオススメのパワーストーンはチャロアイト

チャロアイトに求めるのは典型的な「癒しの力」。これまで休みなく突っ走ってきたあなたは少し休憩しましょう。仕事以外に取り組める楽しみを作ってください。その方が人生全体として充実して過ごせます。ちょっと休憩ですね。

人付き合いのポイント(コミュニケーション・ラグ)について

このコラムでは散々コミュニケーションについて書いてきましたが、今回はその応用編の一部になります。

さて、人間同士がコミュニケーションするとき「反応」するのに要する「時間」があります。

単純な例として、誰かに「おはよう」と言ったとき、相手の返答にどれくらい時間がかかるかということです。

まあ挨拶としての「おはよう」は単純な例ですが、相手は少なくとも「あなたからのコミュニケーションを受け取った」という合図をあなたに返す必要があります。この合図を返すのに要する時間のことを「コミュニケーション・ラグ」と言います。

このコミュニケーション・ラグが同じ程度の人同士はそこそこにうまくやっていけるかもしれません。

しかしながら素早い反応を要求する人と、コミュニケーション・ラグが大きい人とでは相性が悪いです。

素早いレスポンスを要求する人は、反応が遅い人に対していつもイライラしていなければなりません。

これが仕事上の対人関係なら我慢しながらお互いに相手に合わせることもするでしょうが、友人同士や恋人同士になったりする率は少ないです。また、無理に人間関係を築こうとしても難しいことがあるでしょう。

また、端的に言ってレスポンスが早い人の方が一般的には有能です。

また、相手からのコミュニケーションを受け取っていながら、それについてレスポンスしないというタイプでコミュニケーション・ラグが発生しているケースもあります。

このような人の場合、周囲にトラブルを撒き散らす可能性が非常に高いです。その人は一人で淡々とこなす仕事をなんとかやっていくかもしれませんが、コミュニケーションを必要とする現場ではほとんど使えません。

これは昔の日本でよしとされた「寡黙(かもく)」ということのようですが、それはあくまでも一人で淡々を行う仕事をしているときのみに許可できる状態です。

コミュニケーションの不全があるところに、必ずトラブルが発生します。

「コミュニケーションを受け取ったらすぐに返事をする」ということが自発的にできない場合には教育によってもできない場合が多いものです。

彼をトラブルの源にしないように人員配置には気を配る必要があるでしょう。

明日が良い日でありますように。

公開日:2017年2月26日 最終更新日:2017年2月26日

アクアマリン・リセットの日/カップの5

アクアマリン
アクアマリン(Aquamarine)

2017年2月24日 アクアマリン・リセットの日/カップの5

ううむ、これはまったく昨日の続きのようなカード。

ただし、良し悪しで言えば難しいところ。

思っていたような結果が得られずにガッカリ感があるかもしれません。ここで焦ってジタバタしても余計に状況は悪化する可能性ありです。

また何かを失うという形になって現れることもあります。それは対人関係だったりも。

しかし、これはやり直しのチャンスと見ることもできます。

何もかもがうまく行く人生はありません。成功したり、失敗したりの繰り返しから学ぶこと、知ることも沢山あります。

今日はスッキリ「リセット」の日にしましょう。現実をしっかり見つめてから、次の行動を決めるのが吉。

このようなときにオススメのパワーストーンはアクアマリン

アクアマリンに求めるのは「心の浄化・よどみの洗浄」です。精神的、肉体的に疲れている人には「安らぎを与え、心身のバランスを回復させる」作用に優れたストーンです。感情の波を穏やかに保ち、生命力を高めます。このあたりのこと、意味辞典では触れていませんね。アクアマリンは一般的に対人関係で使いやすいストーンですが、今回は心の浄化で取り上げました。

失うことの恐怖や悲しみの考察

今回のカードでは当てが外れてガッカリとか大切な人を失ってしまうという暗示です。

確かに何かを失ってしまうのは誰でも嫌ですが、失うことに対する動揺の度合いや耐性は人によってそれぞれです。

失うことに対して耐性の強い人の特徴は、何かを所有するということに自信があることです。

何でも所有できると思っている人は失うことをいといません。なぜなら「必要とあらばまたそれを得られるだろう」という感覚を持っているからです。

逆に何かを失うことに怯えたり、失って悲しんで復帰しにくい人は「自分は何も所有できない」と思っています。これを端的に表現して「所有性が低い」と言います。

この所有性の低さはその人の過去と関係していることが多いです。

幼い頃の教育により、何も自分で管理できない、責任を持たされない、すなわち所有性が低くなるように思い込まされている場合に起こりやすいです。まあ、端的に言ってその人のサバイバイル能力がアップするような教育ではなかったということです。

上の文章で「責任を持たされない」と書きましたが、そうです、所有性と責任は密接に関係があり、責任を負える度合いと所有性はイコールです。

さてさて、最後になりましたが、所有性をアップさせる魔法の質問(というか指示)は以下の通りです。

「あたりを見回して、あなたが所有しても構わないと思うものを教えてください」

これの答えを気が済むまでいくつでも取り上げてください。気分が晴れたら終了です。

明日が良い日でありますように。

公開日:2017年2月23日 最終更新日:2017年2月23日

スギライト・その出来事を引き受けよう/ソードの3

スギライト(Sugilite)
スギライト(Sugilite)

2017年2月14日 スギライト・その出来事を引き受けよう/ソードの3

久々に、ザクっと良くないカードです。
でも長い間には誰でも通る道でしょう。心配せずに乗り切りましょう。
(次にはまた違うカードが出ますって)

これまでの努力がまったく報われないことが決定してしまうということが起こる可能性あり。

また人間関係においても別離やいさかいが起きて喪失感にさいなまれることがあるかもです。

これらは非常に受け入れがたいでしょうが、どうにもならないこともあるのです。

昨日感じた痛みを引きずっているかもしれません。その辛さを消化するには「一旦それを受け入れる」のが早道。そうしてから「手放す」のです。手放そうと思ったら、一旦引き受けるのが秘訣ですよ。

今日は自分の心に優しくいたわりを向けてあげましょう。

このようなときにオススメのパワーストーンはスギライト

スギライトに求めるのは非常にシンプルに「強力な癒しの力」。スギライトは三大癒しストーンのひとつですね。恐怖・悲しみなどのマイナスエネルギーを解放し、精神的な安定状態へ導く作用に優れています。特定の場面に出会った時にわき起こる「イメージや恐怖心」などの「過去の感情」に惑わされることなく、目の前の現実だけをしっかり見るように促します。

悲しい出来事への対処

昨日のコラムでは「どうやって感情のレベルを維持するか」の具体策について書くことを予告していました。

おりしも、今回のカードは「悲しいことが起こるかも」ということで、これを題材にしましょう。

「悲しみ」というのは感情のレベルとしてかなり低いところにあります。普段どんなに愉快な人でも、大切な人との別離などがあれば一時期は悲しみにくれることもありますよね。誰もがそのまま高い位置の感情のレベルを維持できるわけではありません。

しかし「立ち直りが早い」人が確かにいますよね。

彼らの立ち直りが早い理由は、まず「その事態を受け入れる」ことができているということです。

「目の前で起こっていることをありのままに認めること」

これは早く立ち直る「秘訣の中の秘訣」です。

「ありえない!」
「信じられない!」
「嘘だ!嘘だろ!」

上の台詞が表すように、現状を受け入れられないでいると、この悲しみはいつまでも続きます。

上の台詞は全部、現状を認めないという意味ですよね。

ちょっと厳しい例ですがわかりやすくするために、交通事故で大切な人を失ったとしましょう。「その人はもういない」という現実がそこにあるのに、それを認めないというのは「嘘をつく」ということに他なりません。

この悲しみを存続させる原動力は、そう「嘘」なんです。

これについては2017年1月17日のコラム「悪魔はどこにいるのか」を参照してください。

逆に、誰かを失ったこの事件を認め、受け入れた人はどうなるかというと、その悲しみが消えてなくなります。

本当にありのままを受け取ると「その対象は消えてなくなる」という性質を持っています。また全部なくならなくても、認めた分だけなくなりますよ。

立ち直りが早い人は、素直に現状を受け入れることができているということに尽きます。

これをもう少し普通の言葉で言えば「悲しみを引き受ける」です。

悲しいことが嫌だからといって現実に対して嘘をついていても、ずっとずっと悲しみに追いかけられる状態が存続します。

「勇気を持って」悲しみを引き受けることが、悲しみを遠くに追いやる最大の方法です。

さて、最後に最大級のオマケを書いておきます。

悲しい時、あなたを十分に理解してくれている人がいたら、その悲しい出来事をできるだけ客観的に、気がすむまで何度でも話してみるのは方法。望ましい相手の態度は、淡々とあなたの話を聞いてくれて、あれこれ意見を挟まない人であることです。(あれこれ意見を言う人には、むしろ話さない方が良いでしょう)

そうしてあなたが話し飽きて涙も枯れたなら、このアクションは成功しているでしょう。

で、もしもあなたがあるとき「聞き役」になったとしたら、そのときは意見を挟むことなく、淡々と聞いてあげてください。そうすれば、相手は悲しみから抜け出すのが早いでしょう。そしてそこにスギライトがあれば完璧ですね。

明日が良い日でありますように。

公開日:2017年2月13日 最終更新日:2017年2月14日

ブロンザイト・決定が迫られるとき/ソードの2

2017年2月2日 ブロンザイト・決定が迫られるとき/ソードの2

これは良し悪しで言うよりもアドバイス系のカードと見て良いでしょう。

決断しなくてはならないのにあれこれと迷って心がグラグラしやすい状態にあるかもしれません。

こんなときに誰かが背中を押してくれればそちらの方へ行けるだろうにと思ってみたりもしているでしょう。これは実際のところ受け身の姿勢ですからあまり褒められたことではありません。

しかし実際には自分自身の本心ではすでに決定が下されているはず。

誰かからのアドバイスや偶然を待っているより「自分の本心」に向き合うことが大切。自分の言動を自分で決定する方が、全体としてはよほど良い状態でいることができます。

誰かの決定を待つことは自分で自由を放棄しているのと同じです。

このようなときにオススメのパワーストーンはブロンザイト(意味辞典に未記載)。

ブロンザイトに求めるのは「自分を知る旅のナビゲート」。基本的な性質として癒し系でもあります。自分が何をしたいのか、考えてみたり記憶を辿るうちに感情が揺れ動くという人には特におすすめです。長い長い記憶のトラックにアクセスするとき、道を踏み外さないようにナビゲートしてくれるでしょう。(ブロンザイトの働きの理論をしっかり説明するにはスペースが不足です)

決定の指標になること

人生や仕事の中で、誰でも必ずや難しい決定を迫られることがあります。

「あちらが立てばこちらが立たず」とう具合で、どうすれば最も良いのか妥協点を探るしかないといった決定も多いはず。

そして、その決定が「バカなこと」な場合、それが「罪」として罰せられられるということになるわけです。

そこで参考になるのが「生存の多重円」です。

生存の多重円(生存の包含関係)

自分の決定の正しさを判定するとき、生存の多重円でできるだけ多くのレベルに対して害をなさないことが「良い決定」と言えます。

逆に、その決定が多重円のうちの多くのレベルに害をなすものが罪となります。

もちろん、この多重円の中心には自分自身が存在します。

こうした観点での決定を「全体決定」ということがあります。

しかしできるだけ正しく全体決定をするには「知識」の蓄積が必要になるでしょう。

例えば、工場の廃棄物をどこに捨てるか決定しなければならない立場にいる人が、その廃棄物が環境や生き物に対する影響について何の知識もなければ、それはひどいことが起こるでしょう。

そして巡り巡って自分の生存をも脅かすことになります。

できるだけ妥協点の高い決定を下せるように、常日頃から広く知識を持つことが求められます。

最も自分に近い決定として、人生の決定がありますが、これも知識を得ることで大きく異なったことになるでしょう。少し前にも書きましたが、単に歳を取るだけではその知識は増えません。常に勉強していることが必要ですね。

明日が良い日でありますように。

公開日:2017年2月1日 最終更新日:2017年2月2日

ラリマー・努力が実る/ペンタクルの10

ラリマー(Larimar)
ラリマー(Larimar)

2017年1月31日 ラリマー・努力が実る/ペンタクルの10

おわっ!かなり良いカードです。

ほとんど祝福の光りに満ちているという感じ。

信用と社会的地位が向上する兆し。とにかく非常な発展が予測されます。

または一見は普通の暮らしに見える中から確かな手応えを感じることもあるでしょう。さらにそこが永住の地であることを意味することも含まれ、新たな拠点や家を手に入れることも考えられます。

さらに、資産の相続や家の継承という恵みもあり得ます。

この成果は今日まで自分の努力あってのこと。今日は頑張ってきた自分をたくさん褒めることにしましょう。

このようなときにオススメのパワーストーンはラリマー

ラリマーに求めるのは「自分を認め、愛し、大切に扱うこと」。ラリマーは基本的に癒しのストーン。その働きは「自分をすきになる、自分への制限を取り除く、罪悪感を消す」。自分を褒めるのが不得意な人にはぴったりのパワーストーンですね。

情熱を傾けられることを探すには

おなじみのサイト、ライフハッカーで面白い記事を見つけました。

「生きがい」は見つけるものではなく「作るもの」:研究結果

内容をかいつまんで書きますと「情熱を傾けられるものを探すのではなく、とにかく目の前にあることに手をつけて行動を起こせ」ということ。

いやまさにその通りだと思えます。

記事の中でも触れられていますが、「情熱を傾けられるものを探している限り」それは受け身だということです。

「何かが私を楽しく、打ち込ませてくれないだろうか」

そう思ってあれやこれやをしていてもそれは受け身です。

受け身でいる限り情熱は起こりませんし、無責任でいられます。

とにかく今やっていることにもっと打ち込むことが生きがいを見つける早道なのだということです。

ヘトヘトになるまでやってみないで「もっと自分にあったことが他にある」というのではいつまでたっても生きがいは発見できないでしょう。

そう言えば、「私が考えた格言」があります。

「自分がしたいこと、自分ができること、お金を稼げることの三つが一致することは非常に稀である」

これら三つの要素はこれもまた三角形を構成しているかもしれません。どれか一つの角に取り組んで努力すると、三角形の全体が大きくなるかもです。

この三角形は「やりがい」の三角形と言えるでしょうか。

明日が良い日でありますように。

公開日:2017年1月30日 最終更新日:2017年1月30日

セレナイト・変化の波が来る/隠者

セレナイト
セレナイト(Selenite)

2017年1月26日 セレナイト・変化の波が来る/隠者

良いカードです。とらえ方は難しいかもしれませんが良い暗示です。

あれこれ迷うことがあっても大丈夫です。自分の本心に向き合おうとする姿勢が不安を取り除くカギになるでしょう。

このカードは今抱えている不安や問題が間もなく解消される兆しを表します。

これまでやってきたことが正しかったのか?今その結果を得ているのか?そのように考えてみたり、とりあえずなんとかやっているけれど、それに興味が薄れているといったことはないでしょうか。

ところがどうやら、次の段階へ進むためにひとつのステップを越えようとしているようです。

次のステップに進むには、自分自身が本当に目指していたことを見つめ直し、新しくゴールを設定することもありえます。

もうすぐ大きな変化が訪れるようですよ。

このようなときにオススメのパワーストーンはセレナイト

セレナイトに求めるのは「心の声に耳を澄ます」。セレナイトの働きは基本的に「深い癒し系」と言えますが、ここではそれを使いません。人が自分自身の心の声を聞こうとするとき、過去に入り込んだ「余計な暗示」や自分自身の経験による「間違った決めつけ」が入り込みます。しかしセレナイトはそれらの余計なノイズを取り除き、自分の声だけを聞くという能力を高めます。このあたりのこと、意味辞典ではあまり触れていませんね。

隠者のカードに思うこと

隠者のカードと言えば、ほとんど「老賢者」として老人が描かれています。

ところで私が幼い頃思っていたことに「人は歳をとるにつれて人格者になる」ということがありました。

いやいや、今はもう単純にそんな思いは「大間違い」であるとわかっています。

人は単に歳をとるだけで立派になるはずはありませんよね。経験を重ね、そこに問題があってそれを解決し、探究し続け、謎を解くことを続ける以外には成長はありません。

しかしそうしているのは多分人口の2割あるかないか、そんな程度のような気がします。残りの8割は多分、螺旋悪循環に囚われていると思えます。

それから、厳しいようですが、単に「善良」であるだけでは不足だと思えます。生存の多重円を見て、すべてのレベルにおいて持続的な生存を可能にするには、自分ひとりが善良であるだけでは間に合わないのです。

生存の多重円(生存の包含関係)

「8:2の法則」ということがありますが、どう見ても社会や文化を成り立たせているのは2割程度の人たちの働きではないかと思えます。

明日が良い日でありますように。

公開日:2017年1月25日 最終更新日:2017年1月25日

ペリドット・ひとりで考えるよりも/ペンタクルの8/リバース

ペリドット(Peridot)
ペリドット(Peridot)

2017年1月19日 ペリドット・ひとりで考えるよりも/ペンタクルの8/リバース

ちょっと要注意のカードです。

「自分を信じる心」が弱くなりげな日。

少しばかり疲れがたまっていませんか。それにストレスも。

とりあえず努力はしてみているものの、これが将来実るのだろうかと疑いや不安を感じているかもしれません。

これもあってか希望を失い、現状に甘んじることを選択しがちになっていないでしょうか?これでは未来の可能性を自分で減じてしまうようなことになります。

これらのことをひとりで考えると堂々巡りする傾向があります。ここは誰かに相談するのが吉。

また、投げやりやいい加減な考えで行動すると後で自分を責めることになりますよ。

このようなときにオススメのパワーストーンはペリドット

ペリドットに求めるのは「心にプラスエネルギーを与え、自信を育むこと」。主人に「希望と明るさ」を与え、暗い考えやマイナス思考を一掃し、主人が進む路を明るく照らしてくれるストーンです。持つ人に希望を与えるこのストーンは、先の見通しが立たずに不安な人にはお勧めです。

感情のレベルが下がったら

昨日のコラムでは「あるがままに見る」についてちょっと難しい話になりました。これからも追々、何かたとえ話を使って機会があるたびに書こうと思います。

さて、今回のカードでは「自分を信じる心」が弱くなっているということでした。

これはすなわち「感情のレベル」が下がってきている証拠と言えます。

感情のレベルが下がる理由は様々にありますが、本日はそれから抜け出す方法について触れます。

まあ、自分の感情の状態など、通常はまったく気づきません。単にその感情の中にどっぷりいるだけでしょう。

感情のレベルが高いときはそれで構いませんが、問題は「低いとき」ですよね。

例えば「退屈」といった感情より下に行ったときは要注意。このことはポストイットに書いて机に貼っていても良いくらい。

まあ、そんな工夫で自分の感情レベルが下がりつつあることに気づいたとしましょう。

そのとき、「一歩下がって自分の外へ出てみる」ということを試してみてください。

そう聞くと変ですが、普通に言えば「自分を客観的に見る」です。それを感覚的に書くと「一歩下がって自分の外へ出てみる」です。

これは感情のレベルがより下の方にあるときほどに大切なことです。

そして外から自分を見て・・

「なんで泣いているんだろう」
「何を怒っているんだろう」

そう思えたらかなり良いです。これで立ち止まれたらしめたものですよ。それ以上レベルを下がることはありません。今いる感情のレベルが「バカバカしい」と感じたら勝手に上がっていけるかもです。

明日が良い日でありますように。

公開日:2017年1月18日 最終更新日:2017年1月18日