カテゴリー別アーカイブ: 癒し系パワーストーン

癒し系にお勧めのパワーストーンに関する記事を集めています。癒しとひと口に言っても様々なケースがあります。あなたにピッタリのパワーストーンを見つけましょう。

グリーンアベンチュリン・セルフコントロール/力

グリーンアベンチュリン
グリーンアベンチュリン(Green-aventurine)

2017年6月23日 グリーンアベンチュリン・セルフコントロール/力

今回は良し悪しよりもアドバイス色が強いカードですね。

現状として難しい状態に立ち向かっているのかもしれません。それがどのようなことであるかにかかわらず、精神的な力を要求されることは間違いないようです。

単に「力」を持ってことを圧倒する形では解決は難しいのです。「力」を使うことはそれだけ反作用が起こるのは道理です。

小さな「力」で大きなことを動かせる日ですよ。

「力まかせ」ではなく、自分の力量をきちんと知った上で落ち着いてじっくり取り組むべし。忍耐は必要です。

肩の力を抜いて行きましょう。

このようなときにオススメのパワーストーンはグリーンアベンチュリン

グリーンアベンチュリンに求めるのは「安定した精神」。基本的にストレスを緩和するストーンです。イライラ感を取り除き、精神的な余裕を与えてくれます。そしてさまざまな物事を「寛大な心」で受け止められるようになり、精神状態が安定してきます。

パワーと精神

今回のカードは「力」に関するアドバイスのようです。

世間では「何々パワー」とか「精神力」といった表現で「力」の存在を認めています。

とりもなおさず、何かを成そうとするとそこに「力」が必要と思うのも無理はありません。

「力」はすなわち「エネルギー」ですね。何かにつけて「エネルギー」を使うことを余儀なくされるのがこの世での生活だと思ってしまいます。

しかしながら、エネルギーを全く必要としないことも沢山あります。

例えば「モックアップ」です。

モックアップはこのコラムでも再三取り上げていますよね。ごく簡単に言えば「想像」です。

一例として「赤い車を思い浮かべる」ということをすると、それは「赤い車をモックアップする」と言います。

そこで!赤い車をモックアップするときにエネルギーは必要でしょうか?

必要ありません。

「そうかなあ、本当かなあ?」と思われたでしょうか?

それでは試しに、その赤い車を100台モックアップしたら・・・

できる人にはわかると思いますが、1台だろうが100台だろうが元からエネルギーは使っていませんから疲れることも何もなく100台の車をモックアップできます。

これが工場だとか紙に絵を描くといった作業だと100倍のエネルギーは必要でしょうが、モックアップはもとよりエネルギー不要です。

このことを少し一般化して言いますと、「精神活動にエネルギーは必要ない」ということになります。

実のところ「何かことを成すには必ずエネルギーが必要だ」と思うのは、ある意味で「罠にかかった」状態です。

「これこれをするためには何々がない、だからできない」これって何かができないときに必ず出てくる話です。

「何々をしようにも、エネルギーがない」こう言っているわけです。そしてこれはこういう「思考」ですよね。

ところが思考それ自体はモックアップと同様にエネルギーが必要ありません。(モックアップはほとんど思考とイコールです)

何かを成そうとするとき、元はと言えばエネルギーが全く必要ない「思考」からスタートしています。確かに最初の一歩はエネルギーは不要なのです。

ここまでのお話、飲み込めるでしょうか?

じゃあ、「エネルギーをモックアップする」ことはできるでしょうか?

答えを書いてしまいますが、「エネルギーがない」ということの「罠」に落ちないでいる人は、エネルギーをモックアップできます。

明日が良い日でありますように。

ブルーレースアゲート・コミュニケーションを図ろう/ワンドの8/リバース

ブルーレースアゲート(Bluelace-agate)
ブルーレースアゲート(Bluelace-agate)

2017年6月22日 ブルーレースアゲート・コミュニケーションを図ろう/ワンドの8/リバース

もしかすると、ここのところの良いカードで状況が良くなっていることの反動といった感じが出ているかもです。

環境変化により、今までのパートナーと合わなくなったり、意思疎通がおろそかになりやすい暗示があります。それによって孤独感を味わうことになるかもです。

また、状況が良いがために最初の目標を見失って何をすべきなのか混乱状態に陥りやすいわけです。

急激な変化に心が追いつかずに混乱しやすい日。

こんな日はコミュニケーションを密にして周囲の人と接しましょう。

落ちつてい考えれば「すべきこと」「目標やゴール」は見えるはず。そうすれば正しい道に戻れます。

このようなときにオススメのパワーストーンはブルーレースアゲート

ブルーレースアゲートに求めるのは「良好なコミュニケーション能力」。また、孤独感を和らげる作用がありますからワンドの8/リバースのカードに見られるような孤独感を乗り越える時にはうってつけのパワーストーンと言えるでしょう。

コミュニケーション、混乱の許容範囲

今回のカードではコミュニケーションについて少し注意がありました。

さて、このコラムではもう何度も出てくるコミュニケーションですが、重要ポイントを少し使いしておきましょう。

まずは以下の会話を見てください。

Aさん)こんにちは!(Bさんに対して)
Bさん)やあ、こんにちは!Aさん。
Bさん)今日はイイ天気ですね。
Aさん)そうですね、全く雲ひとつありませんね。

この会話は良いコミュニケーションの典型例です。

まず、AさんがBさんに問いかけ、Bさんが返事をする。
そして今度はBさんがAさんに問いかけ、Aさんが返事をする。

こういう組み合わせで出来上がっています。これを「二方向のコミュニケーション」と呼びましょう。できる限りこの二方向のコミュニケーションが起こるように留意してください。片方だけでは不十分なのです。

そしてできるなら自分自身は最初のコミュニケーションの「起因」Aさんの役をしてください。これ秘訣です。

次に、混乱の「許容範囲」について書いておきましょう。

混乱というのは起こって欲しくないのですが、実際には混乱を収めることを知ることこそがスキルアップに他なりません。

大混乱で全く手がつけられないのは困ったことですが、自分の実力を多少上回る混乱であればそれはスキルアップのチャンスなのです。

また、混乱の性質を二つに分けますと「動きが早すぎる場合」そして「動きが遅すぎる場合」があります。

動きが早い時には「飛んでいる粒子を捕まえられない」状態。動きが遅い時は「粒子の動きが遅すぎて待っていられない」状態です。

これらのどちらの状態をも処理できることがスキルアップです。

日常的には「新しく取り組む何か」というのは混乱です。スキルアップして混乱が治った状態というのは「粒子を捕まえることができる」「遅い粒子でも我慢することなく待っていられる」という状態です。

多少の混乱なら、進んで引き受けることが吉ですよ。

明日が良い日でありますように。

アンバー・無理に進めてはいけない/ワンドのエース/リバース

アンバー
アンバー(Amber)

2017年6月13日 アンバー・無理に進めてはいけない/ワンドのエース/リバース

ううむ、ちょっと注意なカードですね。

もっとも良いと思える考えでも、他人にとっては理解しがたいこともあります。

これを無理に推し進めようとしても大きな壁が立ちはだかることでしょう。

本当に自分が正しかったとしても、自分だけで突き進むのはかなり困難です。

今日は「感情的になったら負け」。

周囲の人たちの声に耳を傾け、ムチャな行動はしないこと。

このようなときにオススメのパワーストーンはアンバー

アンバーに求めるのは「人の言葉を正しく理解すること」。情報を正確にキャッチすることができるようになります。この働きは人間関係の改善にも役立つことになります。また特定の人に対する苦手意識を正すことにも使えるでしょう。

理解を得られる方法を考えよう

本日のカードは「人に理解されないことは実行が難しい」とアドバイスしていますね。

これ、すでにこのコラムで幾度となく触れている「理解の三角形」の知識を持って改善できる部分があります。(というか、多岐に渡って応用可能)

理解の三角形

わかりやすくするため、ちょっと極端な例をあげましょう。

アポロ計画によって人は月に立つことができました。しかしこの計画の最初には多くの人が「そんなアホなことできるのか!?」と思ったことでしょう。これを「人に理解されない」という状況のサンプルとします。

次に、新しく「火星に人を送る」という計画が持ち上がります。これについてある程度の人は「ううむ、月に行けたのだからなんとかなるかも」と思うかもしれません。

後者の場合、アポロ計画で実証された「宇宙旅行」についてある程度のリアリティがあり、「理解」が進むわけです。

「愛情」「リアリティ」「コミュニケーション」これら三つのどれかを大きくすることで「理解」は向上します。

そしてまず「コミュニケーション」が最も大きな要素にはなります。

相手とどのようにコミュニケーションを図るか、相手に対して愛情を持ち、愛情を持ってもらい、そしてどうやればリアリティを得てもらえるか、これを考えましょう。

前例がなかった時代のアポロ計画は、かなり大変だったと思いますよ。

明日が良い日でありますように。

ローズクオーツ・休んでひらめく/ワンドの王

ローズクオーツ(Rosequartz)
ローズクオーツ(Rosequartz)

2017年5月29日 ローズクオーツ・休んでひらめく/ワンドの王

さてさて、新しい週の始まりにふさわしい感じのカードかもです。

今あなたは理想に向かって邁進しているときかもしれません。ビジネスや研究、学習の分野での成功を願って努力をしている最中かもです。

今やろうと思っていることは、たとえ一人も理解者がいなかったとしても継続するべし。

理解者がいないことから孤独を感じることもあるでしょうが、それは誰も歩んだことがない道をあなたが切り開こうとしている証拠でもあるのです。

それはなかなか厳しい道であり、それでも寝食を忘れて取組んでいるかもしれませんね。

ただし健康には留意して上手に休みを取り入れよう。その方が結果的に良いアイディアが浮かびそうですよ。ひらめきはいつもリラックスしているときに現れるのです。

このようなときにオススメのパワーストーンはローズクオーツ

ローズクオーツに求めるのは「オン/オフの切り替え」。このローズクオーツには「適度なリラックス効果」が備わっていますので、適度な鋭敏さと、適度な緩慢とを上手く使い分けるサポートをしてくれると思います。バリバリ働くあなたには、必要なパートナーだと思いますよ。

エンパスを考えてみる

「エンパス」とは、かいつまんで書きますと他人の感情をまるで自分のことのように体感してしまう、非常に共感力の強い人のこと。

へえ、それなら「人の心がわかって便利だなあ」と思われるかもしれませんが、そう単純に喜べる話ではありません。様々な害もありますよ。(もしかしたら害のほうが大きいかも)、というところでカラパイアに以下の記事が。

共感力が人並み外れ、常に他人の感情が流れ込んでくる。「エンパス」が負の感情にはまり込んでしまった時のサバイバルガイド

いやー、これは「毒気に当たった後」の話ですよ。私としては最初に「共感しない」のが最重要と思えます。

そして、実はそもそもが「共感」でなく単なる勘違いによる思い込み、そして自分の過去が単に反応しているというケースのほうが圧倒的に多いと思えてなりません。

そうです、エンパスは「共感」でなく単に「反応的」と思えてなりません。そして感情を取り違えて理解されてもこっちが迷惑ですよ。

ま、それでも「エンパス」と言われる性質があるとして、なぜそうなるのかという問いの究極的な答えは・・・・

その人が自分に対して無責任であるから

「え?そんなのひどいなあ」と思われたでしょうか?

いえいえ、共感してはいけないことに共感するからいけないのです。気に入らないことを受け取って離さないからまずいのです。

じゃあこの無責任状態から少しでも抜け出せる方法はあるのか?

あります。自分がエンパスだと思える人は試してみてください。

相手から感情が飛んできたと思ったら、まずはその状態を「客観視」します。どっぷりはまり混む前にしてくださいよ。はまり込んだら「反応」が始まってしまいますから。

客観視できる構えが即座にできるだけでかなりマシなはず。そういうクセをつけてみてください。(入門編としてはこれくらいでしょうか)

少しでもそれができれば、自分に対しても相手に対しても責任ある行動がとりやすいはず。

実はこの話、多岐にわたって沢山のことを書かねばならない分野になります。過去のコラムの中にもそのネタが散りばめられていると思います。

明日が良い日でありますように。

公開日:2017年5月29日 最終更新日:2017年5月29日

ブルーレースアゲート・ジタバタしない/吊られた男

ブルーレースアゲート(Bluelace-agate)
ブルーレースアゲート(Bluelace-agate)

2017年5月17日 ブルーレースアゲート・ジタバタしない/吊られた男

ううむ、ちょっと前にも同じカードが出ています。吊られた男です。

カードのアドバイスを端的に言えば・・・

「ジタバタするな」です。

今はその方が自体が好転するはず。

それから何か人生の岐路を表していることもあります。ジタバタしないで現状を見つめることで達観を得ることもあります。

またカードの絵が表しているように、全く助けがなく身動きが取れない状態なのですが、この男は笑っているわけですね。

今は自分の中を見つめて、そして希望の光を見出すべき時なのかもしれません。

このようなときにオススメのパワーストーンはブルーレースアゲート

ブルーレースアゲートに求めるのは「心の棘を抜くこと」。怒りを抑えることが得意なストーンですね。また寂しがりやに対しても心を温めてくれます。心がざわめく時、このストーンを使って落ち着いてください。

自分自身とのコミュニケーションその2

さて、吊られた男ですね。ここはちょっと落ち着いて自分とコミュニケーションを図る必要性大有りです。

さて、コミュニケーションを取るのが苦手という人は少なくないです。

それは自分自身に対しても、そして他人に対してもです。(そして身の回りの生活用品や自動車などにも)

苦手になる理由の多くは、実のところ幼い頃の「教育」が大きいです。

もっとも、保護者はそのように「教育」するつもりはなかったのですが、結果的にその子どものコミュニケーション能力を潰してしまいます。

まず、幼い頃には「触るな」とか「黙れ」と言われる局面が非常に多くあります。

もちろん、危険だから「触ってはいけない」、また周りに迷惑だから「静かにしなさい(黙れ)」ということはあるわけなのですが、子供にとってはとにかくそれは「コミュニケーションの遮断」です。

このように、幼い頃にどんどんとコミュニケーションが遮断されることが繰り返され、それが身についてきます。

また、前世の記憶がある、という人ならば、前の生涯の中で挫折した何か、例えば学校での特定の学科など、どこかで挫折があって自分自身でコミュニケーションを遮断したことがあるかもしれません。

そのようなコミュニケーションの不全から立ち直る一つの方法は、昨日お伝えしたやり方です。(恐ろしく簡易な方法で書いてはいますが)

実際には、車の運転に関するコミュニケーション回復には、車という物体に対する回復、空間に関する回復など多角的なプロセスが必要になると思われます。

明日が良い日でありますように。

公開日:2017年5月16日 最終更新日:2017年5月16日

スギライト・とりあえず休もう/節制/リバース

スギライト(Sugilite)
スギライト(Sugilite)

2017年5月1日 スギライト・とりあえず休もう/節制/リバース

ううむ、普通に要注意なカードですね。

不満足な気分が強くなっているかもです。またここで利己的な考えを持つとトラブルの元になりそうです。

かなり疲れているかもしれません。

もしそうであれば、あれこれ考えても良いアイディアは生まれません。思いきって「休みましょう」。

ムダにエネルギーを浪費しないこと!

このようなときにオススメのパワーストーンはスギライト

スギライトに求めるのはシンプルに「癒し」。スギライトは「癒し効果」がとても強力なパワーストーンで、身体の各組織の活性化を促します。また心理面においても「高いリラックス効果」が期待できるパワーストーンです。心に深い傷を負った人には「代価を求めない無償の愛情」で包み込み、そして悲しみでうつむいた心を少しずつ解きほぐして明るい方向へも目を向けるように誘ってくれることでしょう。

月齢と生物の関係再び

かつてこのコラムで月齢(月の形)とそれが生物に及ぼす影響について言及していました。

ことに、昔から新月と満月の前後には事件・事故が起きやすいという話がありました。しかしながら科学的な調査、統計によりますと月齢による有意なデータは取れないという結論があるようです。

と、ところが筆者の個人的なデータではありますが、月齢が人に何らかの影響を及ぼしている可能性があることを見つけました。

それはiPhoneのアプリ「Sleep Cycle」のデータに現れていました。このアプリは睡眠中に何種類かのデータが取れるもので、睡眠時間、深さなどを測定してどんどん蓄積し、天候とか月齢などとの関連を見ることができるようになっています。

そのデータによりますと、私の場合は新月から満月に向かう時期には快眠度が次第に高まり、そして満月を頂点にして次の新月に向かって快眠度が低下するということになっています。これは確実です。(約2年分のデータにて)

端的に言って満月の時は睡眠が深く、新月の時は浅いのです。

確かにこのように変動はしているのですが、しかしそれは最高でも1%程度の差しかありません。確かな変動はありますが、これが有意かどうかは判断に困るところです。

それから、太古の昔には地球と月の距離がもっと近かったらしく、地球上の生物はもっと月の影響を受けていたと考えられ、それが私たちのDNAに刻み込まれているという説もあり。今は月齢による大きな重力変異はないにせよ、DNAはそれなりな反応をしている可能性がないとは言えないと思っています。

明日が良い日でありますように。

公開日:2017年4月30日 最終更新日:2017年4月30日

アンバー・大逆転劇/運命の輪

アンバー
アンバー(Amber)

2017年4月18日 アンバー・大逆転劇/運命の輪

おっ、これは困っている人にとっては劇的に良いカード!

文字どおり、運命が回転しますよ!

現状で問題を抱え、どうにもうまく行かない人、どん底にいる人は「ぐるり!」運命が変わって大逆転の可能性。大変な吉兆です。思いもよらぬ方から助けがやってきたり新しい出会いによって劇的な変化がもたらされるようです。

また、今これといって不自由なく過ごしていた人は将来について備えてください。運命の輪が回り、急転直下でどん底になるとも限りません。準備万端でいてください。未来に投資し時間と体を使うのが吉。

人生には良いことも悪いことも起きます。

このようなときにオススメのパワーストーンはアンバー

アンバーに求めるのは「素直な実行力」。凍えそうな主人の心にぴったり寄り添い、いつも温め続けてくれるストーンです。消極的な考え方を取り除き、自分の気持ちを安定させます。運命の輪で人生が逆転するような人は、これまでかなりダメージを受けていそうですよね。そういう人にとって癒し系でありながらも行動を支えてくれるはず。

ある音楽家の運命

実は昨日、筆者が好きだったギタリスト「アラン・ホールズワース」さんが亡くなりました。享年70歳です。

氏は1970年代初頭よりギター演奏の世界で新しい分野を開拓してきた人でした。

その世界では世界的に十分に有名人でレコード多数、ステージでの演奏も数え切れません。

しかしながらある種の「専門分野」というのは、それがどんなに達者であってもそれでご飯を十分に食べられるかどうかは全く別問題です。世界に信奉者がいたとしても、それでは食べられないと言う現実があります。

氏は実際に「孤高のギタリスト」と呼ばれていました。

何にも迎合せず、自分の表現という純粋に芸術のためだけに人生を捧げたという感じです。

そうして、氏は貧困のため、病気になっても十分には手当ができなかった様子。その上に葬儀の費用さえこと欠く状況のようです。

そしてふと気づくと、氏の葬儀費用の捻出と、残った家族のために「募金サイト」が立ち上がっていました。

そのサイトをざっと見ますと、立ち上がってから24時間ほどで日本円にして600万円ほどが集まっていました。(最初の募金のゴール設定は2000ドル=220万円ほど)

氏は生きている間に決してお金持ちにはならなかったけれど、自分がしたいことだけしていたんだなと思います。そして氏がしていたことの理解者は世界中にいたのです。

運命の輪がぐるりと回ったのでしょうか。

「現状のボディの状態ではちょっと厳しいかも。そこそこな年齢だしね、お金ないしね」
「じゃあ、次の人生でまた音楽をやるかい?じゃあ、そうしよう」

そのようなことが起こったのかもしれません。

明日が良い日でありますように。

公開日:2017年4月17日 最終更新日:2017年4月17日