ユナカイト・価値観の転換期にあり/ペンタクルの5

ユナカイト(Unakite)
ユナカイト(Unakite)

2017年4月5日 ユナカイト・価値観の転換期にあり/ペンタクルの5

おおっと、これはちょっとばかり複雑な示唆があるカードが出ています。

何か物事がうまくいっていない状況に困難を感じてはいないでしょうか。

これによって今まで行っていたことが無意味に感じたりで気分は落ち込みがちということがないでしょうか。

しかしながら、そんなあなたの落ち込みに対し、助けの手を差し伸べようとする人を知ることになるかもしれません。

そのような出来事から、あなたはこれまでに知ることがなかった新しい価値を見出すといった可能性があります。

だとすると、この価値観の変容はあなたの人生にとって大きな向上をもたらすことになりそうですよ。

実際のところ、今までの考え方ややり方を変えることで、失ったもの以上のことを得るですよ。

物質的なことにのみ眼を向けるのではなく、心のゆとり、潤いを忘れないでください。

このようなときにオススメのパワーストーンはユナカイト。

ユナカイトに求めるのは「心の余裕」。癒し系のストーンですね。心の傷を癒し、前向きに物事を考えられるようにサポートするストーンです。心の傷からかたくなになった感情をほぐし、外部からの優しさや愛情を素直に受け入れられるように導きます。

契約が破綻する理由

ここのところ罪についてばかり書いてきましたので少し目先を変えましょう。

さて、世の中には契約を伴う社会的な活動が多いです。会社や個人の間の契約はもちろんですが、「結婚」というのも契約の一種と考えらえます。

しかしながら、契約というのはふとしたきっかけで破綻することがあります。

その理由はどちらか一方が契約の内容を破るからですよね。しかしなぜそれが起こるのでしょうか?

まず、契約というのは「それ以降コミュニケーションしないでも、そのリアリティによって約束が守られる」という取り決めに過ぎません。むしろコミュニケーションしないで済むように契約するというのが契約の本質的な姿のようです。

そしてその契約によってコミュニケーションがなくなるために、契約それ自体が破綻します。そして裁判が起こされます。

実際のところ、コミュニケーションというのは物事を理解して納めるためには大きな役割があります。

そのことを以下に解説しておきます。

まずは「理解の三角形」についてを見てください。

理解の三角形
理解の三角形

何か(誰か)を理解しようとすれば相手について愛情を持ち、リアリティを持ちコミニュケーションを図ることが大切なわけですが、中でもコミュニケーションが最も大切な要素になります。

まず、愛情だけがあったとしても、そこにコミュニケーションがなければ理解が深まりません。

また、リアリティーだけあったとしてもコミュニケーションがなければ理解が深まりません。

しかし、コミュニケーションだけがそこに存在したとしても、それに伴って愛情とリアリティは増してきます。

愛情、リアリティ、コミュニケーションは、どこかを大きくすれば全体が大きくなって理解が深まりますが、コミニュケーション抜きでは非常に困難です。

世の中の裁判沙汰の多くは、コミュニケーションの欠如が原因になっていることを観察してみてください。(離婚がそれ)

苦手な何かがあるなら、むしろそれとコミニュケーションを図ってみましょう。楽になりますよ。

明日が良い日でありますように。

公開日:2017年4月4日 最終更新日:2017年4月4日