タグ別アーカイブ: ガーネット

2017年10月6日 ガーネット・復活と再生/審判

ガーネット(Garnet)
ガーネット(Garnet)

2017年10月6日 ガーネット・復活と再生/審判

「リセットの力」を得られる日。

まるで新しく人生を始められるような転機を迎えようとしている暗示です。

それもまるで生まれ変わったように。

一度はあきらめたことに再トライできます!

または全く新しいことを始めるにも良い日となるでしょう。

ただし、中途半端にしていることには何らかの審判が下る日になります。

特に、現状の自分自身に影響を与えている過去の体験を手放すよう努めてください。そうすることで状況は好転するはずです。

このようなときにオススメのパワーストーンはガーネット

ガーネットに求めるのはとにかく「あきらめない根性」。

ガーネットは主人の「努力に成果をもたらす石」としてのパワーは十分期待できますが、力を授けてくれるのと同時に、主人に対しては「地道な努力の継続」を求めてくる大変な?ストーンでもあります。意志がくじけそうな時には、いつも身につけておいてください。「もう、ダメだ!」と夢を投げ出そうとするあなたに「持久力・忍耐力」を与えてくれます。

手放すことで復活できる

今回のカードは「再生」「復活」「覚醒」といったワードで例えられます。

そしてアドバイスとして「過去を手放す」とあります。

実のところ、過去を手放すことができればいつだって復活や再生、覚醒ができますよ。本当はそうなんです。

このコラムで何度も書きますが、さらに復習として書きます。

手放すためにはそれを忘れようとするのでなく、一度は「よく見る」ことが必要なのです。

十分に見てもいないものをどうやって忘れることができるでしょうか。

嫌だから見られない。見られないから「それが何だったのか」理解できない。

理解できないものはミステリーとなり、現時点の自分自身に影響を及ぼすことになります。

手放す、すなわち忘れるためには、そもそもがそれをよく見て納得しなければなりません。

その対象を嫌だと思う前に、納得いくまでよく見てやろう・・・こういったノリになってください。

何度もそれを見ているうちに感情が動き出すでしょう。そして退屈になり、どうでもよくなり、バカバカしくなって、最後には笑ってしまえたらOKです。

これはどなたにも少なからず経験があるのではないでしょうか。

過去の大失敗があったとして、そのときには必死であがいているのですが、何年か後にはそれが笑い話になっているとか。そして日常的にはそんなことはもう忘れているということがありませんか?

これは自分自身でよく見た出来事であり、ミステリーが含まれない、完全に手放せる過去そのものです。

気になることはこのメカニズムに従って消去してしまえたら幸せです。

明日が良い日でありますように。

公開日:2017年10月5日 最終更新日:2017年10月5日

2017年8月25日 ガーネット・完成!/世界

ガーネット(Garnet)
ガーネット(Garnet)

2017年8月25日 ガーネット・完成!/世界

うわっ!最上位クラスの良いカード!
昨日の続きっぽくもあります。

「完成!」の日です。

邪魔ものは霧散し、障害は消え去ります。あなたの計画が完成に近づいています。

それは誰も信じず突拍子もないことだったかもしれませんが、あなたは自分を信じて歩んできたのでしょう。

ずっと望んでいたならそれを受け取れる日。欲しかったことやものが近づいてきたら、迷わず手を伸ばしてつかみ取る気迫で!

このようなときにオススメのパワーストーンはガーネット

ガーネットに求めるのは「情熱」。主人の「努力に成果をもたらす石」としてのパワーは十分期待できますが、力を授けてくれるのと同時に、主人に対しては「地道な努力の継続」を求めてくる大変な?ストーンでもあります。意志がくじけそうな時には、いつも身につけておいてください。

人生はゲーム・しかし終わったゲームを戦ってはいけない

さらに、「ゲーム」について言及しましょう。

このコラムでは様々な角度から人生で起こることがらについて触れていますがその続きです。また過去記事の中にはタネとして話がつながることも多々ありです。

さて、家庭内でもゲームがあります。親子とか夫婦とかの間にゲームがあります。

親子や夫婦間であれば「もっと愛してもらう」ということを目的にしたゲームがあります。

このとき、戦い方を間違うと「病気になる」という選択肢を取り上げてしまったりです。子供の病気にはこれが多いのはご存知の通りでしょう。

その子供がもう少し大きくなると「非行に走る」という、これも間違った戦いを行うこともあり、これもご存知の通りです。

それから、その子供が成人して、親は先に亡くなります。

そうすればゲームは終了します。しかし・・・

このコラムで何度か書きましたが、人は常にゲームを欲しています。ですので終わったはずのゲームを存続させようとします。(ゲームがないと生きていけないと言えるほどです)

その時、何をするかといえば、亡くなった人の人格を自分に取り込みます。そうして一人二役して戦います。これは恐ろしい葛藤だったりしますよ。しかし多くの場合それに気づくこともないでしょう。

身近な人が亡くなると、残っている人が亡くなった人の人格を借りることは以前のコラムで何度か書きましたが、上に書いた「ゲームの存続」のメカニズムがこれをさせています。

ですから犬とゲームをしていた人はその犬が死ぬと犬の人格(犬格とでも言いましょうか)を借りることさえありす。

前々回のコラムの最後に「自分と戦ってはいけない」と書いたのは実はこのことです。ゲームが終わっているのに、対戦していた相手の人格を自分に取り込んで自分の中で戦ってはいけません。

まともな新しいゲームを取り上げましょう。

誰かが亡くなるということ以外に「別離」という形でもゲーム終了に伴って対戦相手を自分に取り込む可能性があります。

これまでの死別や別離に関して、その周囲にいた人の変化、自分自身の変化を振り返ってみてください。

終了したゲームはそのまま放置し、新しく、良いゲームを取り上げてください。

明日が良い日でありますように。

公開日:2017年8月24日 最終更新日:2017年9月19日

ガーネット・今です!/戦車

ガーネット(Garnet)
ガーネット(Garnet)

2017年7月13日 ガーネット・今です!/戦車

うわ、これまた勢いのあるカード。先月の26日にも出ましたが。

いこれはもうやるときが来た!今です!という感じ。

つべこべ言っておじ気づいている場合ではないのです。

このスタートで何が起ころうと、そんなのどうにかして乗り切るまで!

このカードが言わんとするのは「自分の弱さに負けるな」です。

心配せずに力を出し切ってください。文句があるならその後で!

スタートすることでまだ知らない世界を知りましょう。好奇心や探究心をから行動を起こしてください!

このようなときにオススメのパワーストーンはガーネット

ガーネットに求めるのは「馬力!」。ここ一番でパワーをかける必要があるときには頼りになるストーンです。否応なしにパワーを出してくれるのですが、それには手加減がありませんよ。それはある意味危険でもあり、セレニティアスがガーネットを単体で使うことがほとんどない理由はそこにあります。

手っ取り早いストレス回避について

同じみライフハッカーの少し気になる記事を紹介。

ストレスを一時的に抑えられる「アンカー効果」を使った応用術

詳しくは記事を読んでいただくとして要点をまとめますと「アンカー効果」を応用すればストレス回避ができるとのこと。

まあ、ある意味大雑把に言えば自己催眠、自己暗示に近いですね。自分で条件付けを作って自分でそれにはまり込むようにする方法です。

その方法は、まず楽しいことを思い出しながら、身体的なポーズをつく入り、楽しいこととその行為を関連づけておきます。

そしてストレスを感じた時は前述の「楽しい思い出に関連付けられたそのポーズ」をとることで楽しい時間に自分からはまりこもうという段取り。

まあ一時的にストレス緩和するにはまったくダメとは言いませんが、本当にストレスがあるときにはこのこと自体を忘れてしまうか、馬鹿馬鹿しくなって投げ出してしまいそう。

一応、ストレスに関する正攻法を書きますと、まずは何が問題なのか洗う必要あり。そのストレスがどこから来るのかをきっちりと嘘偽りなく知ることが必要でしょう。

それから問題を取り上げ、それに対面して処理します。少しでもマシになったら達成感がありますから、まだ困難が残っていたとしても気が楽になってますよ。

ストレスは、元から断たねばなりません。それだけが正攻法で確実な方法と思えます。(もちろん、逃走する・・これも方法です)

明日が良い日でありますように。

公開日:2017年7月12日 最終更新日:2017年7月12日

ガーネット・心配無用そのまま続行!/ワンドの3/リバース

ガーネット(Garnet)
ガーネット(Garnet)

2017年3月23日 ガーネット・心配無用そのまま続行!/ワンドの3/リバース

リバースで出ていますが心配ご無用。(良いカード続きですよ)

現状に不安を感じる部分があるかもしれませんが、心配は不要ですよ。

「あなたは正しい」です。自信を持ってしていることを続けてください。後になって必ず「あれは間違っていなかった」と気づきます。

これはある意味、自分自身への信頼を試されているようなところがあります。悪魔のささやきに耳を傾けてはいけません。

信念に基づいて行動していれば、問題は解消されることを暗示しているカードです。

このようなときにオススメのパワーストーンはガーネット

ガーネットに求めるのは「持久力」。主人の「努力に成果をもたらす石」としてのパワーは十分期待できますが、力を授けてくれるのと同時に、主人に対しては「地道な努力の継続」を求めてくる大変な?ストーンでもあります。意志がくじけそうな時には、いつも身につけておいてください。「もう、ダメだ!」と夢を投げ出そうとするあなたに「持久力・忍耐力」を与えてくれます。

このあたりのこと、意味辞典の方には触れていませんね。

科学が実証する、子どもを「幸福感の強い人間」に育てる方法

今回はおなじみのライフハッカーより役立つ記事を取り上げます。

参照記事:科学が実証する、子どもを「幸福感の強い人間」に育てる方法

記事内容におおむね賛成です。

これは親としてどう子供に接するかだけの問題ではなく、人間同士の一般論にも当てはまる部分が多いのではないでしょうか。

子育てに近い状況としては上司として部下を育てるということにはそのまま応用できる部分もあります。

もちろん、パートナー、友人どうしにも役立つ情報だと思います。

それから付け加えることがあるとすれば、このコラムで何度も書いています「コミュニケーション」の法則を確実に取り入れて欲しいと思います。

その人と「理解の三角形」を大きくしようと思うなら、コミュニケーションは正常に保つ必要があります。親とか上司としての立場であれば、相手からの問いかけには「必ず」答えることが大切であって、宙ぶらりんで放置は厳禁です。

理解の三角形

逆に、子供として親とうまくやっていこうと思う時も同じ、相手の問いかけに対して必ずやレスポンスしましょう。

理解の三角形を随所に適用し、そしてコミュニケーションを図りましょう。それだけでも問題のかなりな部分は解消します。

ちなみに、「民事裁判」というのは、理解の三角形が最小になり、コミュニケーションが破綻した時に起こります。

参考記事:2017年3月6日のコラム(コミュニケーションの法則)

明日が良い日でありますように。

公開日:2017年3月22日 最終更新日:2017年3月22日

ガーネット・可能性の扉/ペンタクルの王子

ガーネット(Garnet)
ガーネット(Garnet)

2017年3月10日 ガーネット・可能性の扉/ペンタクルの王子

うひゃひゃっ!また良いカード。そして少しのアドバイスといった感じ。

今年に入ってから不思議に良いカードが多いですね。

さてペンタクルの王子は様々な「可能性の扉」が目の前に!という暗示。

なたは今、将来のためのビジョンを描いている最中かもしれません。そんな気力が充実する時期が到来します。

また、暗礁に乗り上げていた案件も思わぬ助っ人の登場で改善に向かいそう。あなたを助ける専門家が出てきそうですよ。

しかし日々の努力の積み重ねを怠らず、常に準備をしておくことが大切。これによってさらに可能性の扉が開きます。

それから、物事を柔軟にとらえましょう。無意味なこだわりは捨てることです。そうする方が恵みを得られる率が高まりますよ。

このようなときにオススメのパワーストーンはガーネット

ガーネットに求めるのは「努力するための持久力」を得ること。主人の「努力に成果をもたらす石」としてのパワーは十分期待できますが、力を授けてくれるのと同時に、主人に対しては「地道な努力の継続」を求めてくる大変な?ストーンでもあります。意志がくじけそうな時には、いつも身につけておいてください。「もう、ダメだ!」と夢を投げ出そうとするあなたに「持久力・忍耐力」を与えてくれます。

努力を怠るな・・・というけれど

今回のカードも、そしてそこで選ばれたストーンも、いわゆる「努力系」の大切さを語っています。

しかしこのコラムでは、努力よりもっと上の感覚について何度か書いてきましたね。「努力は質量、エネルギー、空間、時間に関する事柄」であって精神はその外側にあるということです。

さて、しかしこの宇宙で生きている限りは最終的には何らかの努力は必要です。単に歩くのだって重力に抵抗する努力です。

でもここでのお話はそういう物理的な何かよりも「つとめ」として何かをやり通すといったことを取り上げましょう。

いやしかし、これが自分で決めても三日坊主。「決める」のは考えや精神ですから、それは努力よりも上。なのになぁ〜という感じですね。

そこで、毎日続けたい何かがある時、これを習慣化してしまう以外にはありません。(これは前にも書いたなあ)

これこそが、信じられない「根性論」のようですが、とにかく「うむを言わずにそれをする」以外にはなさそうです。うまく習慣化してしまえばそれはもう根性や努力など不要ですよ。まあ、いわば朝のハミガキみたいなものです。

そして「決めたことが実行できない」というのは、「考えを変える」という考えをした時に起こることですよね。本当はこれをしなきゃいけないけど、今日だけさぼろう、と考えを変えたわけです。

ねえ、人は努力よりも考えが優先なんです。

ならば、考えをちゃんとしていれば、様々なことが習慣化できるはず・・・なんだけどなあ。

明日が良い日でありますように。

公開日:2017年3月9日 最終更新日:2017年3月9日

ガーネット・ゴールに向かう準備を/ペンタクルの8

ガーネット(Garnet)
ガーネット(Garnet)

2017年1月10日 ガーネット・ゴールに向かう準備を/ペンタクルの8

年明け早々の連休も終わり、本格的に2017年が始まりました。

さて、今回のカードは新しい可能性を暗示しています。年の始まりにふさわしい感じですね。

より大きな目標設定をして具体的な取り組みを始めるにあたって良いタイミングが来ています。またはこれまでに蓄積したスキルに磨きをかけてさらなる発展を望むのも良し。

とにかくゴールへの下準備に精を出すことを自分で決めるには最適の日となっています。

大きなゴールほど遠くにあり、途中には様々な障害があるでしょう。しかしあなたにはそれを超えていけるだけの精神力を持っています。

今これに取り組むことができるという環境に感謝し、粘り強く進んでください。全体としては順調に目的に近づけるはずです。

このようなときにオススメのパワーストーンはガーネット

ガーネットに求めるのは「身を結ぶまで努力する強い精神力」。主人の「努力に成果をもたらす石」としてのパワーは十分期待できますが、それと同時に、主人に対しては「地道な努力の継続」を求めてくる大変な?ストーンでもあります。意志がくじけそうな時には、いつも身につけておいてください。「もう、ダメだ!」と夢を投げ出そうとするあなたに「持久力・忍耐力」を与えてくれます。このあたり、意味辞典では触れていませんね。

努力より上位にくるもの

自己実現のノウハウはたくさんありますが、とにかく何かを得ようと思えばそこに努力が不可欠なことはまったく普通のアイディアです。

確かにただしく努力していれば、ある程度はゴールに近づいていけるはずです。根性とか、努力とか、そんなことは耳にタコができるほど聞いてきました。

だいたい、努力とか根性には、その中に「我慢」ということが入っているように思いますがどうでしょう。

まあ、確かに何かを成そうとすれば「我慢」のひとつも必要ですね。ここで我慢しやすくするには、自分である程度は「ニンジンをぶら下げる」という作戦は必要でしょう。必要な我慢の先には何かご褒美を置いておくという方法です。

このような方法は、細かい過程の中ではある程度は有効に働くかもしれません。がしかし大目標そのものについては通用しにくいでしょう。

努力、根性、我慢は過程の中の細かいステップで使ってください。そしてそれらさえあればきっと目標が達成できる・・・とするなら、それは思い違いです。

実際には、努力に先立って「決定」が必須です。

例えば「ダイエット」をしたいということがあったとして、その一週間の努力目標が2kg減だとしましょう。これはあくまで努力目標であって戦術です。うっかりすると、この戦術自体が目的化してしまってそもそもが大目標がない状態でスタートすることが多いのです。そうした場合には「決定」がありません。

ここでダイエットの例を取りますと、最初の決定は「痩せてあの服を着る」といったことが必要です。

このとき、「あの服が着たいなあ」ではダメで「あの服を着る」が正解。

この決定力が強いほど、過程にある努力が初めて生きてきます。

まずは強力な決定をすること、これが目的にたどり着く秘訣です。

この決定が強力であると、努力がちっとも我慢でなくなり、もしかすると楽しくさえなりますよ。

そうそう、決定してこそ努力が生き、そしてガーネットもよく働くでしょう。

明日が良い日でありますように。

公開日:2017年1月9日 最終更新日:2017年1月11日

ガーネット・人生の新たなスタート/審判

ガーネット(Garnet)
ガーネット(Garnet)

2016年12月2日 ガーネット・人生の新たなスタート/審判

おおおっと!これは良し悪しで言えば、良いカードでしょう。

それにしても意味深いです。

何せ「人生が新しくスタート」するときに出るカードです。

これまでに様々な言い知れぬ逆境にあっていた人でも「なんとかやってこれて良かった!」と思えるような経験をすることがあるかもです。

助けがなくて、孤独で寂しく、それでもとにかく生きてきたという人も、これまでにエネルギーを注いだことが生きを吹き返すように復活して実るかもです。

新しくスタートするにあたって、過去を見てはいけません。見たとしても今の自分の石杖となっていると思って感謝しましょう。そうすれば状況は必ずよくなります。

モヤモヤをすっきりリセットし、復活のエネルギーにあふれる日ですよ。

あきらめていたことに再チャレンジできるでしょうし、まったくの方向変換も可能でしょう。

このようなときにオススメのパワーストーンはガーネット

ガーネットに求めるのは「不屈」。あきらめないでいたからこそ、審判のカードの意味があります。意味辞典の方では詳しく触れていませんが、ガーネットはかなりな頑固者のようです。他のストーンとの組み合わせが難しく、単独使用、またはシンプルにクリアなクオーツとの組み合わせが無難。そしてさらに言えば、ガーネットそれ自体が不屈といった感じですね。

迷いの原因を知る(その2)

本日も良いカードですね。

そこでちょっと脱線気味に息抜きの記事とします。

昨日は「迷いの原因」として「責任の負えなさ」のことを書きました。

さて、皆さんもきっと経験がおありの「あみだくじ」について。

「あみだくじ」は何かを決めかねたとき、便利な「決定方法」として存在します。

何人かがいたとして、誰か一人だけに何らかの責務を負わせたいときなどに使われるアレです。例えば、何人かのグループで、誰か一人が「缶コーヒーを買ってくる」とかです。

これは責任を「くじ」に押し付けるといった感じでしょうか。

しかしながらこの「あみだくじ」でさえ、最初の言い出しっぺがいるはずです。ですから、実際にはその人が責任を負っています。

「じゃあ、あみだで決めよう」と言ったその人は、実際には責任を負うことをいとわないわけです。

おっと、少しここで復習です。「責任」についてその定義をしっかりと見ておきます。

まず第一義には・・・

自分が引き受けて行わなければならない任務。義務。
(スーパー大辞林より)

そして、何かの決定が自分でできない人は、結果を引き受けられないわけですから、「良いこと」も「悪いことも」起こりません。

これって平穏無事な人生に見えるかもしれませんが、もしかしたら・・・奴隷状態と変わらないかもしれません。

実際に、奴隷状態であれば決定権は持てませんよね。

責任回避したいがために決定を下さないことを続けるならば、それは自分から人生の奴隷状態になっていくということになりますね。

あれ?息抜きのつもりがいつものような記事に・・・

明日が良い日でありますように。

公開日:2016年12月2日 最終更新日:2016年12月2日