サンストーン・抜け出る道は・2018年10月4日

サンストーン(Sun-stone)
サンストーン(Sun-stone)

サンストーン・抜け出る道は・2018年10月4日

サンストーンが出ています。

今回サンストーンに求めるのは「明確な態度」。

意味辞典の方ではサンストーンについて「勝負事に勝つ石」と紹介されていますが、実際にはその根底にあるが「明確な態度」なんです。

「絶対に勝つ」。これって何を隠そう「明確な態度」ですよね。

そのためにサンストーンがしているのは「消極的な思い」を取り去ること。マイナス要素を取り去りながら、プラス側へは行動を促進するといいう働き方です。

ただし、サンストーンは持ち主にフルパワーを使わせようとするために、使い方としてちょっと注意が必要。これは意味辞典でも触れていますね。

さて、カードは「ソードの騎士/リバース」。

少しばかりの注意とアドバイスといった感じ。

トラブル有りかもです。

無理やり推し進めているようなこと、そして推し進めていることが他の人に理解されないがために無理が生じるということがあるかも。

それで困難な状況を招いている部分が有りかもです。

しかしながら、ここは決然とした態度で通り抜けることの方が良さそうです。

「そこから抜け出る道は通り抜ける道」

問題を避けて通ってはいけません。サンストーンを胸にきっぱりと心を決めましょう。

持ち主以上にサンストーンが頑張ります。(ついて来れますか)

やりたいこととゴミ、他の話題

サンストーンが厳しいストーンなる秘密

今回のパワーストーン、サンストーンの働きとして「明確な態度」。

これ簡単そうでなかなかできないのですよね。

明確な態度、というのは第三者から見て単に「はっきり、きっぱりしているなあ」ということのみには収まりません。

見た目の態度として明確でなく、むしろ温和であったとしても、その人の内心では「きっぱりしたものがある」ということは多々あります。

さて、いずれにせよ、態度以前に「きっぱりした思い」があってのことになります。

実際には見た目の態度でなく「思い」が重要であって、態度はむしろ温和な方が良好な人間関係のためには無難なこともありでしょう。

そこで、このきっぱりした「思い」ですが、それを邪魔するものが沢山あります。

沢山hありますが、それは大きく分けて二種類になります。

  1. 考え
  2. 失敗の経験

まずは「考え」が邪魔します。

  • あ、いや、やっぱり無理か・・・
  • こんなことになったら恥ずかしいしな。
  • これをするのにいったいいくらかかるのだろう?
  • 誰も賛成してくれそうもないな。

次に失敗の経験ですね。

これは過去にした失敗の中で、シチュエーションの一部が似ているものが取り上げられてしまいます。

これらは理由がわからない「苦手意識」のようなことになって心に巣食っています。

で、もしも前世や輪廻転生を信じると、過去の失敗経験なんて途方もない数になってしまって救いようありません。いくつもの前世の失敗が積み重なっていますから。

それからもう一つ、オマケをつけておけば、「教育」が大きく足を引っ張ってくれますよ。

あれもダメ、これもダメ、ここにいてはいけない、これに触るな、あなたには無理。

こんなことを言われ続けていたら「自分がやろう」としていることに真正面から向き合えません。

これらはみんな「ゴミ」です。

しかしゴミなしに率直に素直に「思う」ことを多くの人が忘れてしまっています。

ゴミのない状態の「思い」とはどんなだったか?・・・

子供の頃、綺麗な花を見つけたら一直線にそこに駆け寄って行くことがなかったでしょうか?

例えるならそんな場面になるかもしれません。

そしてこの文章ではとりあえず「思い」と書きましたが、それはすなわち「意図」のことです。

そしてこの意図を持つために、考えること以前に、ゴミに絡め取られる以前に、「決定力」がものをいいます。

その「決定」とは、実のところ結果に「責任を負います」ということに他なりません。

小さな決定は誰でもしますが、大きな決定ができないのです。なぜならそこには大きな責任が伴いますから。

意図や決定を邪魔する「考え」というのは、何を隠そう責任を負いたくない度合いのバロメーターとも言えるほど。

そして負える責任がゴミに勝るとき、元の意図が明確になることでしょう。

ここまで読んだ方はお気づきと思いますが、サンストーンが働けば、そこに必ず責任が発生することを意味します。

ね、サンストーンを使うのは大変なことなんですよ。ですので様々な方面の、様々なサポートをする他のストーンが必要なんですね。

明日が良い日でありますように。

公開日:2018年10月3日 最終更新日:2018年10月4日