ブルーサファイア・現状から離れて気分転換

2015年4月6日 ブルーサファイア・現状から離れて気分転換/カップのナイト/リバース

ううむ、思うようにうまく行きません。欲求不満な状態。

ここのところ、ちょっとした不調気味ですね。

やる気を出して頑張るほどにまずい状態になっていくようです。また、自分の選択が間違っていたのかもというガッカリ感があるかもしれません。

やる気の空回り中ですね。少しばかり現状から離れていましょう。この際ですからスッキリとリフレッシュするのが吉。

そうすれば新しい視野がひらけてやり直しができそうですよ。

このようなときにお勧めのパワーストーンはブルーサファイア(意味辞典に未記載)。サファイアにはさまざまなカラーがあり、働きも微妙に異なりますが、共通項としは心を鎮め精神を落ち着かせ、主人にとって不要な思考やエネルギーを取り除いてくれること。

特にブルーサファイアは精神面のマイナスエネルギーをプラスに変換する事が得意です。

リフレッシュしてください。

うまく行かないときの乗り切り方

ものごとはうまく行かないとき、その「うまく行かない」圧力に負けそうになりますよね。気分がうんざりしますし、目的が達成できないという予想がでてきてしまいそうです。

さて、現状認識として「現状はうまく行っていない」と認識することそれ自体には問題はないでしょう。うまく行くように改善するなり、方向変換するなりができます。

しかし「うまく行っていない」ときにしてはいけないのは、過去の「うまく行っていない体験」と「現状のうまく行っていない」ことをごちゃ混ぜにすることです。

単純に言えば「現状のまずさ」で過去の「失敗体験」を思い出すという行為です。

実のところ、過去の失敗体験が現在において必要以上に「現状のまずさ」に対する気分を必要以上に悪くしてしまいます。

「過去の失敗」と「現在のまずい状態」は似たところがあったとしても別物です。これをしっかりと識別化しましょう。

必要以上にうんざしたり、落胆したり、あせったり、不安に感じることはありません。

しかし、理屈はそうでもこの識別化ができない状態が多いものです。むしろ過去と現在の同一化してしまっているのです。これは本人が気づかないうちにそうしてしまっていることが普通でしょう。

さて、この罠にはまらない最後の手段があります。

気を確かに持ってこうしてみましょう・・・それは

「過去の失敗経験のときにとったのと同じ行動だけはしない」ということです。

理性を働かせてそうしてください。

「過去の失敗のうんざりと、今の厳しい現実は違うのだぞ!」

過去と違う何かをしてみてください。

例えば、過去に相談相手がなくて窮地に陥ったのなら、今回は是が非でも誰かに相談してみる、そんな感じで必ず異なることをしてみましょう。

明日が良い日でありますように。

公開日:2015年4月5日 最終更新日:2015年4月5日