ルチルクオーツ・ビッグチャンス到来/運命の輪

ルチルクオーツ(Rutile-quartz)
ルチルクオーツ(Rutile-quartz)

2016年10月21日 ルチルクオーツ・ビッグチャンス到来/運命の輪

おお!久々に素直に良いカード。

ビッグチャンスの到来ですよ。

ただしそれは今まで苦難があった人に。運命の輪が回ります。

今現在悩み事や問題を抱えいたり、アクシデントに見舞われてしょげていたのであればこれらが解消される暗示です。

現在マイナスの状態ににいる人であれば、このカードが出たら、それらの問題を解消できる大きなチャンスなのです。

タイミングを逃さないよう、アンテナをしっかり立てておきましょう。臨機応変さが幸運のカギ!

また、今のところさしたる問題もなく、順当だと思っている人は常に備えを怠らないように。運命の輪が回転で思わぬ状況変化があるかもです。備えあれば憂いなしです。

このようなときにオススメのパワーストーンはルチルクオーツ

ルチルクオーツはビジネス系でいつもおすすめしますが、今回は情報キャッチ力という点をプッシュしましょう。ルチルクオーツは金運系としても重宝されていますが、それは情報キャッチ力の賜物だと思います。

運命の輪に思うこと

今回のカードは運命の輪。運命は輪のようにいつも回転して変化しているというわけですね。

そこで連想することが「持続」ということです。そしてそれから連想するのが何かが持続するにはそこに「嘘」が含まれているということです。

この「嘘」というのは誰かを騙すための嘘以上のことを含んでいますから間違わないでくださいね。理解の仕方としては「ありのままには見ないよ」ということです。

その一方で運命の輪は回転しています。何かをありのまま見ないで持続させても、環境がどんどん変化しています。その持続させている何かは時間の中で取り残されています。

例えば、あることにこだわり、すなわちそれはありのままに見ないでそのことを持続させ、その人はといえばどんどん年を取り、そして周囲の人々も変わり、社会が変わっていくのに、ありのまま見ていない部分はその人の中で持続します。

その持続させた何かがそれほどまでにそんなに大切な何かなのか?

ありのままに見ないがために、悪い記憶もそのまま持続させてしまいます。何にも役に立たず、運命の輪が回って回っても、ありのままに見ないそのことは持続しています。悪い記憶を後生大事にするのはなぜでしょう?不思議でなりません。

ちなみに、「ありのままを見ればそれは消えて無くなる」ということの理解しにくい部分についてさらに補足を。

悪い記憶というのは、それをありのままに見ることが難しいために持続します。逆にありのままに見ることが簡単な良い記憶は、ありのままに見やすいがために消えて無くなるのです。今でも記憶にあって持続している楽しい思い出は、実のところどこかに嘘が入っている可能性もありますよ。例えば、その出来事が実際よりも素晴らしい何かに誇張されているとかです。

あたなの周りにいる人で、その人が自分の過去についてあまり興味がないとすれば、それは現時点に興味を持っている、健全な人だと思いますよ。その人はきっとありのままに見ることが得意なはず。

運命の輪が回っています。最大限に興味を持つべきは現時点の何かです。

明日が良い日でありますように。

公開日:2016年10月20日 最終更新日:2016年10月20日