プレナイト・自分を信じて思うままに行動できる

2015年7月29日 プレナイト・自分を信じて思うままに行動できる/カップの7/リバース

今回はリバース(逆位置)でカードが出ましたが、決して悪くありません。むしろ良い暗示です。

それは本当の願いをみつけるとか人生の目的を発見するということになりそう。そしてそれを実現させるためのサポーターが出現したり。

また、なかなか実現しないだろうと想像していたことが急展開して叶ったりです。

急に目の前が開け、本当にやりたかったことに進める日ですよ。自分を信じて思うままに行動しましょう。

このようなときにオススメのパワーストーンはプレナイト(意味辞典に未記載)。

プレナイトは願望達成のために役立つストーンです。思考回路を明晰にし、必要なことを見抜く目を強化します。同時に、持久力を強化する働きがありますかから、目的を達成するのにもってこいですよね。

豊かな日本で「自由」を実感できないのはなぜか

今日は良いカードなので、またちょっと休憩を兼ねた脱線を。

さて、本日Web版ニューズウィークの記事で少し興味深いものを見つけました。

詳しく知りたい方はリンク先をお読みいただくとして、以下に感想を書いてみます。

まずは記事内容をかいつまんで説明しますと、60カ国で調べた「自分の人生をどれほど自由に動かせるか」という感覚について10点満点とする自己評価のデータです。

それによりますと・・・

1位:メキシコ(8.442点)
2位:トリニダード・トバゴ(8.165点)



60位:インド(5.413点)。

そして日本の順位はといいますと・・・59位(5.755点)

最下位インドのひとつ上ですよ。どう思われますかみなさん?

とりあえず記事の締めくくりの文章を以下に引用します。

日本の暮らしは快適で便利だが、それは人々を高度に管理・統制することで成り立っている。貧しいが自由な社会と、豊かだが抑圧の強い社会。大きく分ければ社会には2つのタイプがあり、現存する国々はこの両極の間に位置している。この統計から分かるのは、日本は後者の極点に近いことだ。こうした偏りを是正し、成熟社会にふさわしい姿に近づけていくのが理想だろう。

確かにその通りかもしれません。日本の教育は基本的に「管理統制されるのに適した人材を育てる」ことをしてきていると思えてなりません。

さて、そういう人というのは「コントロールされる人」のことです。このコラムで何度も取り上げてきましたね。コントロールされることは、単におとなしく生きる、ということではありません。出る杭は打たれる、といった「かわいらしい」格言で済む話ではありません。

なぜならば、コントロールを人に渡すということは、すなわち責任を全て人(組織)に転化することにほかならないからです。その結果何が残るかといえば不平不満です。

しかし「自由に人生を選べないから」不平不満が出るのではりませんよ。それはもともとコントロールを人に渡したからです。

コントロールを自分以外の何かに委ねてしまうことによって、責任を逃れる代わりにかならず不平不満を言い出します。なぜかって、コントロールすることを放棄すれば自分には責任がなく全部が人のせいですからね。

不正、犯罪の動機としてもっとも多いのがこのあたりのことですよ。

さあ、コントロールを取り戻しましょう。自らを由としする。これが自由です。

明日が良い日でありますように。

公開日:2015年7月28日 最終更新日:2015年7月28日