モスアゲート・時間をかけて取りもう/正義/リバース

モスアゲート(Mos-agate)
モスアゲート(Mos-agate)

2016年10月18日 モスアゲート・時間をかけて取りもう/正義/リバース

今回のカード「正義」は正逆どちらにしても要注意な感じです。

まずは冷静さを欠いた言動に注意です。また間違った判断をしてしまいがちであるのは確か。この点は十分に気をつけてくださいね。

それに、正しいと思っている判断が、実は偏見に満ちたものであるといったこともありえます。

結論を急がず、時間をかけて問題に取り組んだ方が良いですね。

思うようにいかないと不満を爆発させる前に、自分の過去の行動に原因がないか見直しましょう。そうすることで円満解決が早まるようです。

このようなときにオススメのパワーストーンはモスアゲート

モスアゲートは自分を見つめるという意味で使います。このストーンは何せ恐ろしく自己反省を強いるところがありますよ。まあ、これに耐えれば大幅に人間的成長があるでしょう。感情の乱れも防いでくれますから、落ち着いた大人になれますよ。

ありのままに見る難しさ

このコラムではことあるごとに「ありのままに見る」を連発していますよねえ。

しかしこれが簡単にはできません。そこで少しばかり「ありのままに見る」ことそのものについて考察します。

まずは、多くの場合が「ありのままに見る」つもりが全然そうではないという状態にあります。

ありのままに見ようとして、そのとき実際にしてしまいやすいのは「否定すること」です。

まあ、大体がですね、ありのままに見なければならないとこというのは往々にして「嫌なこと」が圧倒的に多いわけです。

例えば、怪我をしたその場所を「ありのままに見よう」としてもなかなかうまくできません。なぜならそこは、痛いということから自分で嫌っているわけです。

見なければならないある状態について、好き嫌いを言っているうちにはありのままになど見られません。

ましてや、それを否定してしまっては、なおさらそれが存続するのを助けていることに他なりません。

ここで覚えていて欲しいのですが・・・

否定するとそのことは存続します。

例えて言えば「戦争」のようなことがこれにぴったり当てはまります。相手のことを否定しあうことによってこれはいつまでも続き、片方が降参するまで終わりません。(降参は、すなわち否定ではなく、相手には勝てないというある意味の承認です)

ですから、ある場面をありのままに見なければならないときに「そんなはずでは!」と否定的な感情を伴ってみていてはまったくダメです。

まあ、これのコツと言って良いかどうかわかりませんが、感情で見るのではなく「魂」の目で見るという感じでしょうか。

また、戦争のような争いごとについて「ありのままに見る」とき、その観点としてはまるで自分が神様にでもなったような高みから見る必要があります。親兄弟などの身内のちょっとした争いうごとはどこの家庭にもあるでしょうが、そのときにはかなりの高みからその状態を見てください。

このとき、物事に「善悪」の判断基準を持ち込まないのもコツです。これは良い、これは悪いと思いながら見るときに、「ありのままに見る」ことができなくなりやすいのです。

ありのままに見ることに成功している度合いに従って、その対象物は薄くなります。もしも完全にありのままに見たならば、それはあなたにとっては消えてなくなります。

明日が良い日でありますように。

公開日:2016年10月17日 最終更新日:2016年10月18日