モスアゲート・逆転のチャンスが巡る/運命の輪

モスアゲート(Mos-agate)
モスアゲート(Mos-agate)

2016年10月14日 モスアゲート・逆転のチャンスが巡る/運命の輪

何となく、一昨日辺りから続いてとうとう「運命の輪」にたどり着いた感じがありますね。

今現在、ことがうまくはかどっていない人にとってはかなり良いカードになるでしょう。今の苦境から這い上がろうとしている人にとっては絶好の時です。まさに運命の輪が回ります。

またある意味ではこれまであなたがしてきたことにジャッジが下る日でもあります。真面目に取り組んできたならば、必ず現状打開となるでしょう。

この宇宙にそのままの状態で永遠にとどまっているものは何もありません。必ず変化しています。同じ状態がずっと続くことはないのです。

そして今現在が調子良く幸福の中にあるなら、将来のための備えをしましょう。幸せの絶頂にいると、この点がおろそかになるものです。

このようなときにオススメのパワーストーンはモスアゲート

基本的には「自己反省」を強いられるパワーストーンですが、同時に「執着心を消す」という作用があります。これまでのうまく行かない何事かにとらわれることなく、運命の輪の回転をうまく乗りこなすことが目的です。このあたり、意味辞典の方では触れていません。

時間の不思議

世の中のビジネス系の啓発ノウハウにはほとんど「時間管理」がつきものです。「何々をうまく行うには時間管理を徹底しよう」といったように使われていますね。

しかしながら「時間」それ自体が定義できる人はなかなかおらず、物理でも哲学でもその説明は空間とか運動とかをまぜこぜにした堂々巡りの解説に終始してしまいます。確かに時間は謎です。

そこで、このコラムでは今まで触れらていないであろう側面から「時間」の問題を取り上げてみます。

まず、時間というのは空間とそこにある何かの動きによってもたらされることであるのは確かなようです。この宇宙に全く動きがないとしたら、時間は意味を持ちません。

次に、人間が「時間」と呼ぶものは実際のところ「合意」以外の何ものでもありません。このコラムに何度も出てくる「合意(もしくは同意)」です。

誰にとっても一時間は一時間ですよね。これは地球上のどこに行っても共通認識です。

そうです、「時間」は多くの人々によって「合意された何か」であることは確かです。

しかし、合意される以前に、時間というのは「考え」である可能性が大なのです。これをちょっと説明しましょう。

ある物体が、地点Aから地点Bに移動するとして、それを何人かが観測しているとします。その観測には観測者の数だけ視点があり、それらの視点間の合意が規則化されたものが時間となっています。これはしかし「考え」です。「合意するよね、これが1分だよ」、という「考え」です。

もう本当に、多くの人がこの「時間」に対して合意していますよね。反対しようにもそれができないほどにです。

そうなると、元が「考え」であったにかかわらず、自分自身は何も考えず「時間」に関してその他大勢に合意を依存している状態となります。

さて、そこで時間に関する「逸脱」が始まるきっかけとなります。

自分自身で時間管理できない人、というのは「時間」のコントロールを完全に他の誰かや何かに依存している状態です。

時間のコントロールとは「自分で時間を作ること」に他なりません。そして過去、現在、未来を区別できることに他なりません。

過去と現在を混ぜ合わせにするなんて考えられないと思いますか?いえいえ、多くの人が混ぜ合わせ状態ですよ。

さもないと、過去の何かについて今現在悩む必要などないし、後悔などありえません。

また、過去と現在を混ぜ合わせ、そしてさらには過去と未来を混ぜてそれを現在に持ってきて悩む人もいますよ。その状態とは将来に対する不安を抱えている人です。

これらはすべて時間に関する「逸脱」です。なぜそれが起こるのかといえば、時間を創造するこができずに時間をコントロールできないからですね。

そうなる理由は、時間に関する合意を完全に他人に委ねていることです。

それから抜け出る方法は、自分で時間を作り、その中で自分がしようと思うことをしてみるのです。最初は大それたことをしなくて良いです。たったの5分でも自分で決めた時間を自分で使います。

そして以下の言葉を読んで、その通りにしてください。

「いくらか時間を作ってください」

明日が良い日でありますように。

公開日:2016年10月13日 最終更新日:2016年10月13日