ムーンストーン・バランスが取れている・ 2018年6月11日

ムーンストーン(Moon-stone)
ムーンストーン(Moon-stone)

ムーンストーン・バランスが取れている・ 2018年6月11日

ムーンストーンが出ています。

ムーンストーンに求めるのは「自分を知ること」。

これ簡単そうでなかなか難しいことですね。

詳しいことはコラムに譲ることにしますが、要点としては「バランス感覚・調和」になります。

カードはそこそこに良い「節制」と出ています。

これ自体は今現在がバランスが取れていて調和がとれ、平穏な様子を表しています。

こじれて動かなかった話がうまい具合に解決策が見つかったりすることもありそうです。

ただし、自分からも積極的にバランスどりをすることが大切。

このカードは現在が調和が取れて平和をもたらすことを表しますが、同時に、いつもバランスが大切だと語っています。

自分を知ることとバランス

自分を知るのは難しいかもしれませんが、なぜか「生存的でない反応」をすることがないでしょうか?

「生存的でない反応」とは、単純な例えとしては「衝動的に何かマズイことをしてしまう」ことですね。

「こういうときに、なんでいつもこうしてしまうのか?!」と思うことはないでしょうか?

それをやっちゃあマズイことは頭ではわかっているつもりが、ついつい反応的にそうしてしまう、ということです。

(マズイこととは、つまり生存的でない行動です)

しかし多くの場合、このマズイことををする反応も自分自身の一部であってそれは仕方のないことだと思いがちですが、実はそうではありません。

反応というのは、あるときに植え込まれてしまった衝動ということが多いです。

例えば「暗示」ということがあります。

これの極端な例では「催眠術」ですね。これは本当に条件反射です。

物事の良し悪しに関係なく行動を起こさせます。

これは本来の自分自身ではありません。

自分自身を知る、というのは「本来の自分とは関係のない、後付けのおかしな反応ではないか」と感づくこと。

これ、自己嫌悪から脱却する第一歩ですね。

なんとなくでも気づきがあれば、バランスが取れた判断(すなわち生存的で合理的な)ができるはず。

生存的、ということは自分だけが生き延びるのではなく、取り巻く環境の生存までを考慮していなければなりません。(その反対にあるのが犯罪で、これはいっときの自分の生存のためだけに行う行為)

要はバランスです。

本当ですよ。

そこで、ムーンストーンというのはこの辺りで役立つパワーストーンなんですね。かなり奥が深い働きをしていますよ。

それから、マズイことをしてしまっているのではないか、と後から気づいたら、できる限り、自分で考えた「償い」をしてみましょう。

楽になります。マジです。

間違っても「間違いの動機」を正当化するために、さらに間違いをしてはいけません。(犯罪は繰り返されるとか、かなりな例で再犯率が高いのはこの理由)

明日が良い日でありますように。

公開日:2018年6月10日 最終更新日:2018年6月10日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.