ムーンストーン・星はいつでもあなたを見ている/星

ムーンストーン(Moon-stone)
ムーンストーン(Moon-stone)

2016年12月13日 ムーンストーン・星はいつでもあなたを見ている/星

おお、久しぶりに良いカードでしょう。

ここしばらく続いた要注意カードですが、これらの注意点に気をつけていれば自ずと道が開けてきているという感じです。

未来のために結果だけを思い描きましょう。そしてあとは行動するだけです。

ほとんど言い古された、もう耳にタコができたようなパターンですが、なぜまたこれを書かなければならないのか?

それが真実だからです。

今までに挫折しそうになって諦めかけたことがあるなら、再チャレンジする機会が巡っているようです。

足を引っ張るような出来事にがっかりしないで、自分自身を信じてください。またこの時期は直感が鋭くなり、インスピレーションに従った行動が吉に出るという暗示があります。

「星」はいつもあなたと共にあって、あなたを照らし続けていますよ。

このようなときにオススメのパワーストーンはムーンストーン

ムーンストーに求めるのは直観力。自分が変化したい時や新たなステージに進みたい時に道標となってくれるでしょう。その過程で「まだ知らない自分」に出会う人もいます。どんな自分が出てきても慌てず、頭ごなしに拒否するのではなく「どんなものなんだろう?」と落ち着いて状態をよく観察してみてください。自分の成長にとても役立つ情報ですよ。

意思の決め方あれこれ

カードのコーナーでも触れましたが、リバースで出た要注意な部分を何とかこなしていれば乗り切れるといった感じです。要注意な点はどう見ても「そりゃそうだ、頑張るしかないよね」といったものですよね。

さて、昨日は「何かをなそうと思うなら習慣化た大切」ということを書きました。

それをするには「意思決定」が先立ちます。

ところで、この意思決定には二種類が存在します。

ひとつ目は、過去のデータから論理的に割り出す決定です。

これは一般的に多いです。過去の経験やデータからはじき出して将来を予想し、それに従った決定をするということですね。

自分が完全な受身でいて良いなら、この方法の意思決定が使われます。たとえば天気予報で雨が予想されていたので傘を持って外出するといったことです。

二つ目は、過去のデータには全く従わない決定です。

未来を創造するにはこの決定しかありません。

たとえば、ロバート・ケネディー米国元大統領が「月に人を送る」という決定を行いました。そして現実に人が月面に立ったわけです。

この決定には過去のデータがありません。参考にするべきことが何もないところで未来を作っています。

さて、前者と後者の決定で、人だけが特別にできるのは後者の決定です。

過去のデータに基づく決定であれば、それはコンピュータや今なら人工知能で行えます。

しかし前例としての参考データが全くない決定は人間にしかできません。

そして、未来を切り開くことができるのは、後者の決定なのです。

さてさて、多くの人は過去のデータに基づいて決定していることがほとんどです。これだと可能性が広がりません。人が月に到達することもなかったでしょう。

ものは試し、自分自身のために、未来を作るために過去のデータに基づかない決定をしてみませんか?!

明日が良い日でありますように。

公開日:2016年12月12日 最終更新日:2016年12月12日