マラカイト・謝っちまおう・ 2018年4月17日

マラカイト(malachite)
マラカイト(malachite)

マラカイト・謝っちまおう・ 2018年4月17日

マラカイトが出ています。

ただし、意味辞典にある一般効能以外の使い方をします。

今回のマラカイトの意味、働きとして・・・

  • 冷静に客観的な思考をする
  • 他者、相手の立場の理解

これらを取り上げfます。

マラカイトは基本的に「精神安定系」の働きがあるわけですが、これは「冷静に客観的な思考をする」と通じる部分ですね。

それができれば「他者、相手の立場の理解」も進むことでしょう。

さて、なぜマラカイトのこれらのような働きを取り上げるかといえば・・・

今回のカードは「正義」。(ちょっと前にも出た)

これ、カードのネーミングは良いのですが「気をつけよう」というアドバイス系と思ったほうが良いです。

自分が正しいと思っていることが通らない!とか・・

自分を正当化するために「正義らしいこと」を取り上げている、と言った傾向がないでしょうか?

何が正しいか?というのは本当に難しい問題です。良かれと思ってしていたことがマイナスになったり、正義だと思っていたことがとんだ嘘っぱちだったことなんてたくさんありますから。

正義を振りかざす前に、様々な人々の立場や、現状で妥協できる八方よしの状態にちょっとでも近づける方策はないか、それを探ってみることとをお勧めいたします。

謝っちまおう・正当化の根源

「正当化」する、というのは誰にでも経験があるでしょうが、その中には具合が悪いものもあります。

単純な例として世の中で枚挙にいとまがない「いじめ」があります。

いじめる側は「いじめられる方にも原因がある」というのが非常にシンプルな正当化。

これとそっくりなのが「戦争を始めてしまったその理由」です。

で、やっちまった側に「なぜそんなことしたんだい?」と質問すると・・・

「だって、○○が△△したからさ」と答えるでしょう。

これ、端的に言って自分以外の誰かのせいなんです。

ここでひとつ面白い例を。

アメリカのハイウエイで速度違反の取締をして、違反者に「違反した理由(動機です)」を問うとその答えで多いのが・・・

「女房が急に産気づいたと電話が入ったので急いで病院へ向かう途中だった」

だそうです。

ひどいものは「ブレーキが壊れたので急いで直しに行くところだった」とか。

その「まずい行為」が、本当にうっかりの「過失」でない限りは必ず動機が語られます。(本当の過失でさえ正当化しようとする場合もあり)

そしてその動機は必ず「後から考えてくっつける」というメカニズムがあります。そしてそれは100%、自分でなくて「誰か(またな何か)のせい」です。

なんのことはない、とにかくその人は「まずいこと」をしてしまったのです。そして後からその理由(動機)を作ります。ま、これが正当化です。

ですから、正当化を懸命に語る誰かを見た場合、彼はとにかく「まずいことをしてしまったのだ」ということだけは確実。

また、正当化の中には「誰かを悪くする」ということが含まれています。これは多いです。これに当てはまるのは「いじめられる方にもその理由がある」とか「戦争を始めざるを得ない状況に追い込まれた」と言った話の持って行きようです。

なんのことはない、これらはほとんどが後付けの正当化です。

ですから、声高に誰かを悪し様に言う人を見たら、その人が先に「何かまずいことをしたんだな」と思っていて間違いありません。

さて、その「まずいこと」をしてしまう本当の理由を書いておかねばなりません。

「まずいこと」をする直前には、必ず「混乱」があります。

その混乱を収めるために取り上げた行動が「まずい何か」だったということです。

端的に言って「混乱の処理方法を間違った」です。

そしてそれを間違う理由は「知恵のなさ」です。

知恵がないので正しい判断ができていない、ただそれだけです。

ね、犯罪者を見てください。自分がしたことが自分と人や社会に対してどんなにリスキーなことであったのか、全く正しい判断ができていません。知恵が無いのです。

いじめのように、自分の八つ当たりで他人の尊厳を傷つけて良いわけがありません。知恵がありません。じゃあ自分がされたらどうなんだよ!です。

人は「自分は正しい!」と言って正当化するとき、実は自分には知恵が足りていませんでした!と白状しているに近い状態があることを観察してみてください。

もしも「混乱」に当たったら、冷静になって知恵を振り絞りましょう。

そしてもしも正当化しなければならない状況を持っているとすれば、過去の間違いを冷静に見て素直に謝っちまった方が1000倍楽で将来も明るいのですよ。

それにねえ、正当化は多くのケースで自分にも人や社会にも二次被害をもたらしますよ。ね。

正当化してしまったがために、その「知恵のない間違った行い」をさらに続けねばならなくなるのです。自分の正当性を主張せんがためにはそうなってしまいます。

↑これ重要。

だから言い訳(正当化)が多い人は、その間違いを続行せざるを得なくなりますよ。(言い訳が多い子供はなかなか躾ができないのもそんな理由。言い訳できる浅知恵が仇。)

戦争の泥沼化、不倫が原因の離婚などなど、例には事欠きません。

正当化したくなったら、マラカイトを見てみよう。正当化したくなったらそれより先にとにかく謝ることをお勧めします。重ねて書きますが、その方が1000倍楽で、未来が明るいのです。

明日が良い日でありますように。

公開日:2018年4月16日 最終更新日:2018年4月16日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です