ラピスラズリ・導き・チャンス・2019年4月3日

ラピスラズリ
ラピスラズリ(Lapis-lazuli)

ラピスラズリ・導き・チャンス・2019年4月3日

ラピスラズリが出ています。

ラピスラズリに求めるのは「導き・チャンス」。

ラピスラズリは基本的に守護系のストーンですね。

一般的に言われる運気アップの働きは、もともとが悪因縁を断つということに関連しそうです。

それから、隠れた働きとしては癒し系もあり。むしろ古くからの言い伝えでは癒し系が強いです。

また今回取り上げた「導き・チャンス」の意味として「思考力の刺激」が挙げられます。

ラピスラズリは運気や能力に対してのかなりな万能ストーンと言えそうです。

カード:カップのエース

いやー、前回と同じカードです。愛情系の最上級。

喜びに満ちていて言うことなし・・・

良い出会い、成就、問題の解決などなど、すべての物事の良い進展を表します。

ただ、アドバイスがあるとすれば、身の回りのささやかなことにも愛情を注ぎ、見返りや結果を求めずに育むことの大切さを知りましょう。

ストーンとしてはラピスラズリの「導き・チャンス」を選択しましたが、小さなことにでも気づいて愛情を持って接することを求めています。

「責任」と所有性

さてさて、まだ「責任」に関して続きます。

前回は責任と管理能力について書きました。

そして今回は「責任–管理能力–所有性」です。

そのことが管理する(できる)つもりがなければそれについてその人は所有性はありません。

ゴミについて管理するつもりがない、すなわち責任を負えないならゴミ屋敷が出来上がります。そこの住人はゴミに対してですら所有性がありません。所有していないから手が出せないのです。

(ゴミ屋敷の住人が、なぜゴミを捨てられないのか今までにも様々な書き方で説明してきました)

このように責任と所有性は切っても切れない関係にあります。

ですので、お金にあかして様々な物体を買って持っているとしても実際の所有性とは関係がありません。ゴミ屋敷のゴミと同じく、ただそこにあるだけです。

最後に書きますが、責任とはもともと簡単なことなのです。

「それならば、それは私がやろう」これだけです。

ゴミ屋敷の住人は、ゴミに関して「それではそれを捨てに行こう」とさえ思えないほどに責任を放棄し、所有性を下げているわけです。

これを感情のレベルに当てはめれば最下位の「無気力」となります。

少し前に書きました「暑いのに窓を開けられない学生」のこと。これって「無気力」でしょ。窓を開けることを人に尋ねて賛同を得ようとしません。

ね、そこの教室についての所有性がゼロですよね。

明日が良い日でありますように。

公開日:2019年4月2日 最終更新日:2019年4月2日