ガーネット・旅立ちとチャレンジ・2019年4月4日

ガーネット(Garnet)
ガーネット(Garnet)

ガーネット・旅立ちとチャレンジ・2019年4月4日

ガーネットが出ています。

ガーネットに求めるのは「旅立ち・チャレンジ」。

今回のガーネットは「勇気をもらう」と言った意味で使います。

スタートする勇気、チャレンジする勇気ですね。

飛行機が飛び立つとき、もっともパワーが必要なように、何かをスタートさせる時には人もエネルギー(後述します)が必要です。

それからガーネットに求めることができるのは「努力に成果をもたらすこと」。

せっかくスタートしたことが成果に繋がるようにサポートしてもらいます。

カード:ワンドの3

ううむ、ずーっと良いカードが続きますね。

何かを見つけてスタート地点に立つことを意味してます。

そのために固定観念や常識に囚われないことが大切。

そして、このカードはその冒険の旅立ちが結果として実ることを表します。

このスタートのためには、新しい関係を求めたりと、古いしがらみを断ち切る必要性もあり。

なお、このカードが出ているときに何もしないのは、それはむしろリスクと思って良いでしょう。

エネルギー依存の考察

「飛び立つ時には大きなエネルギーが必要」と書きましたが、これは一応、一般常識としてわかりやすくするためなんです。

それは確かに、旅の準備と出発には物質的なエネルギーが必要でしょう。

単純に、エネルギー補給のためにご飯も食べなければなりません。

が・・・

あなたが大変好きなことをしているとき、時間もご飯も忘れてそれに打ち込んだことがないでしょうか?

または、好きなことでなくても締め切りが迫っていてその責任を果たそうとご飯も睡眠も忘れて仕事をしたことがあるでしょう。

実は何かを遂行する能力の元の元は、物質的なエネルギーの有無とは関係がありません。

先にあるのが「これをしよう!」という明確な「意図」です。

本当に楽しいことをしていて時間もご飯も忘れている時の感情のレベルは、最上位の「静穏」か「熱狂」あたりにあります。

このへんのレベルでは、エネルギーの有無に関係なしに意図が最優先されています。

で、感情のレベルがずっと下がって「退屈」あたりになると「そうだ、お腹空いた、これはt後回しにして何か食べよう」ということになります。

さて、時間、空間、エネルギーに対して起因に立っているのが「意図」です。

新しい旅に出発できない人は、元の「意図」が薄く、その代わりにエネルギーを探したり、蓄えようとしていつまでもそのままの状態にあります。

チャレンジしよう!と思えるのは、エネルギーが溢れているからではありません。明確な意図があるからです。

そして意図は「静穏」のレベルで最大限に発揮されます。

ところでガーネットにかかわらずパワーストーンのほとんどは、エネルギーよりも「意図」の部分に働くように思えます。

明日が良い日でありますように。

公開日:2019年4月3日 最終更新日:2019年4月3日