タグ別アーカイブ: ラピスラズリ

ラピスラズリ・愛情系の吉日・ 2018年6月27日

ラピスラズリ
ラピスラズリ(Lapis-lazuli)

ラピスラズリ・愛情系の吉日・ 2018年6月27日

ラピスラズリが出ています。

一応ラピスラズリなんですが、ここではもう単に幸運のストーンといたします。守護的な働きがあったり、悪縁を切ったりと持ち主の幸運についての守り石ですね。

ラピスラズリはとりあえず持っているだけで「幸運のパワーストーン」という広い意味での使い方として有効といたしましょう。

さて、カードの方は愛情系としては最も良しの「カップのエース」。

もうパワーストーンの助けを得るまでもなく良いカード。

愛に包まれ、そして愛を与えることで知る喜びを得ることでしょう。

この愛情であなた自身の運命が大きく変わることを暗示しています。

また、これから愛の告白をしようとしているなら吉報と言えますよ。

人間関係で悩みがあったなら、それも良い形での解決に向かいます。

そして得られた愛を他の人々と大いに分かち合うことも大切。

芸術についての一考察

ここのところ良いカード続きで、今回もちょっと脱線を。

このコラムでちょこちょこと芸術について触れますが、今回はある学者さんの論文から知ったことについて触れます。

その学者さん、芸術家がなぜ芸術活動をするのか?ということについて書いていました。確か、論文のタイトルは「芸術家の作品とその精神分析」(随分昔に読んだために間違っているかもしれません)

その論がある意味で奇想天外でした。

例えば・・・超かいつまんで書きますと・・・

絵描きは十分に物が見えない。
音楽家は音が聞こえない。

なのだそうです。

これ、普通に考えると逆な気がしますよね。

絵描きは物がよく見えるので絵を描いており、音楽家は他の人より耳が良いと思いませんか?

しかしその学者さんの論によると、絵描きさんはよく見えないのでそれを補うために自分で絵を描き、音楽家は聞こえない部分を補うために音楽を作ると・・・

うううむ、これはどうだろうなぁ?

まったくを否定することもありませんが、素直に全面的に承服することもしにくいように思えます。

ただし、筆者自身もこの学者さんと似た見解を一部分は持っています。

というのは、芸術家の一部には、日常的にはコミュニケーション不全なところがある場合もある・・・ということです。

で、日常的には不十分なコミュニケーションを絵画とか音楽によって補っている部分もないとは言えないと思っています。

しかし、それはその芸術家の「限界」であって、日常的にコミュニケーションの不全がないとしても素晴らしい芸術家はたくさん存在するのも確か。

芸術それ自体はコミュニケーションの手段として存在し、それは日常的な言葉や視覚的な表現以上のことを伝えることができる何かだと思います。

人々が感動するのはその部分についてであって、それを芸術と呼んでいると思います。

日常的なコミュニケーション不全の部分を補ったという表現にいちいち感動したりはしません。

才能があって、良い芸術の作り手は、日常的なコミュニケーション以上のことを表現しますから、それの受け手もそれなりな能力が必要で、芸術が「わかる/わからない」という境目はこの辺で生まれます。

今回はちょっとややこしい芸術論めいた話でしたが、ここまで!

明日が良い日でありますように。

公開日:2018年6月26日 最終更新日:2018年6月26日

ラピスラズリ・自由がやってくる・ 2018年6月22日

ラピスラズリ
ラピスラズリ(Lapis-lazuli)

ラピスラズリ・自由がやってくる・ 2018年6月22日

ラピスラズリが出ています。

ラピスラズリに求めるのは「チャンス・幸運」。

ラピスラズリは主に「守護系」としての役割が多いのですが、今回は「幸運のお守り」として使います。

単にお守りとしてよりも、運気の上昇が目的ですね。

さて、カードの方はまたかなり良いものが。

「ソードの8/リバース」です。

このカードはリバースの方が良いですね。

問題の解消、制限が解けて希望が溢れる兆しです。

また、黙っていなければならなかったことをオープンにできるなど、自由がもたらされるようですよ。

経済的な悩みもなくなり、やりたい道に歩み出せることも。

これまでに不運の連続だった人は思わぬ幸運が!

話すことと見ること

前回のコラムでは「考える前に見てみよう」と書きました。更に前のコラムでは「人に話してストレスを減らす」ことを書きました。

実はこの「人に話す」はそのまま「見ること」に通じます。

人に何かを話すとき、自分の記憶へアクセスしていますよね。これ、すなわち自分の心を見ることに近いです。

話そうとすれば見るしかありません。

そして話し飽きるということはそのまま「見飽きる」ということになります。

見飽きるということは「もうそんな記憶はどうでもいいや」という状況です。

「どうでもいいや」と思っている何かからは影響を受けることはなくなります。

その辛い思い出が「どうでもよくなった」と思えたらかなりしめたものですよ。

ただ、辛い記憶というのはそれを自分自身で見ることが辛いのですよね。

しかし、それを辛いと言って見ないでいては、いつまでもその記憶の影響下に置かれます。

そして、ことによっては記憶を完全に閉塞した状況に置き、自分からはアクセスできないのにしっかり影響だけ受けるといいう状態もあります。

嫌な記憶については、少しずつでもアクセスして人に話すことをした方が良いですね。(練習によって回復することができますよ)

そういうところでラピスラズリの働きなのですが、もしかしらたら過去の嫌な記憶に関しても、その災転じて福となすようなことをしそうです。

さてさて、今週も最後のコラムとなりました。

それでは良い週末を。次の日曜の夜お会いしましょう。

明日が良い日でありますように。

公開日:2018年6月21日 最終更新日:2018年6月24日

ラピスラズリ・幸運の兆し到来・ 2018年5月2日

ラピスラズリ
ラピスラズリ(Lapis-lazuli)

ラピスラズリ・幸運の兆し到来・ 2018年5月2日

ラピスラズリが出ています。これ、意外に久しぶりのパワーストーン。

現在の運気の流れはひと口に言って以下の通り。

「幸運の兆し到来。素直に流れに乗るべし」

そしてカードは「運命の輪」。

ぐる〜りと大回転です。

回転するということは、今までが苦難の連続にあった人にはそれが様々な形で解消する大きな吉兆。これ、良い方としてはカードの中でもかなり良しです。

そして逆に順風満帆だった人には要注意といったことになります。

ですので「幸運の兆し到来。素直に流れに乗るべし」と言っても、それは今まで辛かった人に対してですね。

だから、今が「良い」人は「天災は忘れた頃にやって来る」的な備えをしようと取っていて良いですね。

いずれにせよ、運命はぐる〜りと回るものです。

運がかなり作用するというデータ

「運命の輪」が出ているので、今まで苦難の道だった人にはパワーストーンが特に必要でもないような状況ではあります。

まあ、それでもラピスラズリは運気を知るバロメーターとしての働きがあるとされていますね。

色が変わったり、ふとしたことで無くなったり、そしてまた出てきたりと不思議な現象があるようです。(これはラピスラズリに限らず、ほかのストーンでもたまにあります)

それから車輪の回転で悪い方に転げ落ちる方の人のためには、ラピスラズリとしては一応お守り的な働きをしてもらいましょう。そしてたとえまずいことが起こったとしても、それを乗り越えられる試練に変えていくという作用がありますから。

ところで、ある研究によると、人が成功するかどうかはその人の資質以外に「運」がかなり強く作用している、という結果が出ているそうです。いえいえ、才能とか資質よりも運の作用の方がよほど大きいとさえ。

これ、データとして数量的に現れてしまっていてそこそこ信ぴょう性ありげなんです。

なので、ある成功者がその成功法則を語ったとしても、その人の成功はそもそもが運の作用が大きく、ほかの人に当てはまらないことが多いわけです。

自己啓発系のセミナーで語られることがほとんど役に立たない可能性があるのはこのあたりが理由かも。

しかし、そうかと言って自分で何も学ばずのらりくらりと暮らしていたのでは成長しないですよね。

何もしなければノーベル賞は取れないしオリンピックにも出られません。

とりあえず、地道にトレーニングやとにかく学ぶべきことを学び、仕事を続けていなければ、運が回って来てもどうしようもないですよね。(運に気づきもしない)

また、筆者が思いますに「成功」と言ってもそれは人それぞれ。

地位や名誉や金銭では測れないと思うのですよ。

ただ一つ言えるのは「感情のレベルが高いところ」にいる人はいつもハッピーであることに間違いはありません。

感情のレベル 参考資料

地位や名誉やお金があっても感情のレベルが低いところにいれば、かなりな不幸せです。

明日が良い日でありますように。

追伸:

連休後半に入ります。次の更新は5月6日の夜ですね。このページもカレンダーどうりのお休みとなります。

それでは良い連休をお過ごしください。

公開日:2018年5月1日 最終更新日:2018年5月4日

2017年10月12日 ラピスラズリ・状況を受け入れる/吊られた男

ラピスラズリ
ラピスラズリ(Lapis-lazuli)

2017年10月12日 ラピスラズリ・状況を受け入れる/吊られた男

アドバイス色の強いカードです。

個人的にはけっこう好きですね。

男が逆さまに吊られている絵ですが、単にまずい状況を示しているわけでもありません。

ひと言でいえば「ジタバタするな」ですね。

状況を受け入れることは苦痛がともなうかも知れませんが、そうしてこそ解決策が見つかります。

まずい状態のときこそ自分自身の真価が問われます。ゲームを放棄するか、一発大逆転する力を信じるか、これはその人次第です。

今のあなたには「試練」をクリアできる力があるはずです。

辛抱強く耐え、時を待ちましょう。

元から持っているひらめきを種として、状況は一変し、人生が変わる可能性もあるのです。

このようなときにオススメのパワーストーンはラピスラズリ

ラピスラズリに求めるのは「試練をクリアする助け」。ラピスラズリは運気と密接に関係があるパワーストーンです。主人である人がより良い成長を果たすために、その人が生きている間に経験したり、学ばねばならないことなどを素早く察知し、呼び込みます。最終的にはあなたを守護するストーンになります。

あるがままに見るとそれは消えてなくなる

吊られた男がそこから脱出するには、今自分が置かれた状態をあるがままに受け入れることが条件になります。

状況が受け入れられないと言ってあがいているうちには脱出のチャンスを見失ったり、さらに状況が悪くなります。

これは実のところ「知らないでいる」から「知っている」の状況に近づくことと言えるかも知れません。

「知っている」はすなわち「あるがままに見る」です。

(ただし、完全に知っている、というわけではありませんよ)

「それは嫌だ!」と思いつつそれを見ても、それは「あるがまま」を見ていることにはなりません。だからその対象は「存続」します。

このままではあまりにも抽象的なので単純な例えを書いておきましょう。

例えば、負債を負っていたとしましょう。

「これをなんとかしなきゃ」と思うわけですが、本気でそうしようと思えばその負債の内容を明らかにしなければなりません。

返済するのか、免除される部分があるのか、返済するにしても現実問題として可能な方法があるのか・・・

このように考えられるようになるには、その負債を「あるがままに見る」のが第一歩です。あるがままに見ることができるようになってこそ、その負債を消すことができます。

負債が実際にいくらあるのか?それがわからないでは返済もできず免除のアクションも取れないでしょう。

他の例では、過去の辛い出来事はそれを忘れているつもりでも現時点の自分自身に影響を与えています。

これから脱却するにはその出来事を「あるがままに見る」のが必須です。出来事を否定し、忘れようとしている限りはその出来事はいつまでも影響力を持っています。

「あるがままに見ると、それは消えてなくなる」

これを覚えておいてください。

明日が良い日でありますように。

公開日:2017年10月11日 最終更新日:2017年10月11日