タグ別アーカイブ: ラピスラズリ

2017年10月12日 ラピスラズリ・状況を受け入れる/吊られた男

ラピスラズリ
ラピスラズリ(Lapis-lazuli)

2017年10月12日 ラピスラズリ・状況を受け入れる/吊られた男

アドバイス色の強いカードです。

個人的にはけっこう好きですね。

男が逆さまに吊られている絵ですが、単にまずい状況を示しているわけでもありません。

ひと言でいえば「ジタバタするな」ですね。

状況を受け入れることは苦痛がともなうかも知れませんが、そうしてこそ解決策が見つかります。

まずい状態のときこそ自分自身の真価が問われます。ゲームを放棄するか、一発大逆転する力を信じるか、これはその人次第です。

今のあなたには「試練」をクリアできる力があるはずです。

辛抱強く耐え、時を待ちましょう。

元から持っているひらめきを種として、状況は一変し、人生が変わる可能性もあるのです。

このようなときにオススメのパワーストーンはラピスラズリ

ラピスラズリに求めるのは「試練をクリアする助け」。ラピスラズリは運気と密接に関係があるパワーストーンです。主人である人がより良い成長を果たすために、その人が生きている間に経験したり、学ばねばならないことなどを素早く察知し、呼び込みます。最終的にはあなたを守護するストーンになります。

あるがままに見るとそれは消えてなくなる

吊られた男がそこから脱出するには、今自分が置かれた状態をあるがままに受け入れることが条件になります。

状況が受け入れられないと言ってあがいているうちには脱出のチャンスを見失ったり、さらに状況が悪くなります。

これは実のところ「知らないでいる」から「知っている」の状況に近づくことと言えるかも知れません。

「知っている」はすなわち「あるがままに見る」です。

(ただし、完全に知っている、というわけではありませんよ)

「それは嫌だ!」と思いつつそれを見ても、それは「あるがまま」を見ていることにはなりません。だからその対象は「存続」します。

このままではあまりにも抽象的なので単純な例えを書いておきましょう。

例えば、負債を負っていたとしましょう。

「これをなんとかしなきゃ」と思うわけですが、本気でそうしようと思えばその負債の内容を明らかにしなければなりません。

返済するのか、免除される部分があるのか、返済するにしても現実問題として可能な方法があるのか・・・

このように考えられるようになるには、その負債を「あるがままに見る」のが第一歩です。あるがままに見ることができるようになってこそ、その負債を消すことができます。

負債が実際にいくらあるのか?それがわからないでは返済もできず免除のアクションも取れないでしょう。

他の例では、過去の辛い出来事はそれを忘れているつもりでも現時点の自分自身に影響を与えています。

これから脱却するにはその出来事を「あるがままに見る」のが必須です。出来事を否定し、忘れようとしている限りはその出来事はいつまでも影響力を持っています。

「あるがままに見ると、それは消えてなくなる」

これを覚えておいてください。

明日が良い日でありますように。

公開日:2017年10月11日 最終更新日:2017年10月11日

2017年9月27日 ラピスラズリ・好転のとき/運命の輪

ラピスラズリ
ラピスラズリ(Lapis-lazuli)

2017年9月27日 ラピスラズリ・好転のとき/運命の輪

おお!これはなかなか良いカード。好機の到来を告げていますよ。
(特に現在がっくりで意気消沈しているような人にとっては)

運命の輪がぐるりと回り、これまでどん底だった人もこれから浮かび上がるという暗示。

表面的には意図に反することであっても、結果的には「良かった!」と思えるような幸運が到来しそう。

目に見えて「ラッキー!」と思えないようなことでも実はそれが好転のきっかけだったり、思わぬところからの援助によって救われるということもあるでしょう。

これを機に再チャレンジもできますよ。

もしもこれまでは順風満帆だった人は、将来の危機に備えて今から準備をいたしましょう。

このようなときにオススメのパワーストーンはラピスラズリ

ラピスラズリに求めるのは「幸運を呼ぶこと」。ラピスラズリは基本的に守護の働きがありますが、運気の上昇という作用もあり。悪い縁をどんどん切ってくれるので、自動的にそうなってしまいますよね。

その感情は合理的か?

久々にライフハッカーの記事からです。

怒りを感じたら独りになれる場所へ行け

要点としては、その場から立ち去ってちょっと落ち着いてみよう、ということ。

そして重要な三項目があります。

  1. 何があなたを怒らせた?
  2. その怒りは正当なもの?
  3. 今後、同じ状況になるのを避けるにはどうすればいい?

これ、非常に重要だと思います。

このコラムで何度も取り上げている「感情のレベル」があります。

感情のレベル 参考資料

これらの感情は人が生きている間には必ずどこかの感情を持っていて折に触れて移動しています。

これらの感情を持つことが合理的であれば問題はないのですが、不合理に発動してしまうことが多々有ります。

それは、これもこのコラムで取り上げいる「借りた人格」から出てくる感情があります。

あなた自身の感情ではなく、誰か他の人の感情です。

そんなに怒らなくて良い状況でやたらに怒ったり、それほど悲しいことかという場面で大泣きしてみたり、場違いなところで笑ってしまったりってありませんか?

そんな時には少し時間をおくと「なぜあんなに怒ったのだろう?」とか、感情の制御に完全に失敗している自分がいたりで後悔することがありませんか?

これらの感情は不合理なもので、自分自身のものでない可能性ありです。

ですから、ある感情が湧いた時、何かとりつかれたようにその感情に突き動かされるような感じがあったなら、ちょっと落ち着いて上にあげた三項目を点検しましょう。

自分自身の本当の感情ではないところの感情に支配されるのはばかばかしいことですよね。

明日が良い日でありますように。

公開日:2017年9月26日 最終更新日:2017年9月26日

ラピスラズリ・いつでも希望はある/吊られた男

ラピスラズリ
ラピスラズリ(Lapis-lazuli)

2017年5月11日 ラピスラズリ・いつでも希望はある/吊られた男

ひょっとして、身動きが取れない状態?

でもこれをチャンスとみなすことができます。これをモノにすると大きな飛躍が待ち受けているようですよ。

目の前に立ちふさがる壁は、乗り越えられるものしか現れない・・・と真剣に感じられるかどうかが分かれ目になるでしょう。

吊られた男のように、ジタバタしないで状況を認めましょう。正しい現状認識があってこその問題解決です。

また、最悪な状況が将来は結果的にその人の成長の糧になることもあります。

そして考えても仕方のないことに頭を使って疲弊しないことも重要。考えるよりも直感で物事を知りましょう。

このようなときにオススメのパワーストーンはラピスラズリ

ラピスラズリに求めるのは「乗り越える力」。きている間に経験したり、学ばねばならないことなどを素早く察知し、呼び込みます。その上、守護力が大変強いストーンですから、逆境に立ち向かう人にはもってこいですね。

乗り越えられる壁とは何か?

「吊られた男」のカードは「乗り越えられない壁は出現しない」「どんな逆境でも希望を失うな」と言っているようです。

確かに、世間にある「成功哲学」のような標語や宗教的な教えにも「乗り越えられない壁はない」とか「神様は乗り越えられない壁は作らない」と言った表現は多いですよね。

しかしながら、私の場合「本当にそうなのかな?」とマジ考えたことがあります。

ある人が、その壁を乗り越えたら「そう!乗り越えられたでしょ!」といい、そして人が壁を前にくじけそうなときには「乗り越えられない壁はない」と言って励ますことをします。

確かに、励ましの意味としてはそれで良いでしょう。しかしその人がその壁を本当に乗り越えられるかどうかはまったく別問題でしょう。それに、実際にその人が壁を乗り越えるかどうか、それは誰にもわからないでしょう。

しかしながら、何にも挑戦しない人には壁はありません。これも確かです。

そしてさらによく耳にする話としては・・・アスリートや起業家に多い談話に「とにかく乗り越えられるまであきらめなかった」ということですね。

とすると、壁を乗り越えられるかどうかは単に「あきらめるか否か」によって決まるとも言えます。

挑戦することはすなわち「起因」に立っていることであり、そして環境をコントロールしようとしていることです。

環境にコントロールされる側にいるほどに、責任を負うことはなく・・・それと同時に自由もなくなります。

明日が良い日でありますように。

公開日:2017年5月10日 最終更新日:2017年9月19日

ラピスラズリ・悪縁を絶つ日/ソードの6/リバース

 

ラピスラズリ
ラピスラズリ(Lapis-lazuli)

2017年3月29日 ラピスラズリ・悪縁を絶つ日/ソードの6/リバース

ふむふむ、これはまあアドバイス的要素が強いカードですね。

まあ、良し悪しで言えば「悪い」方に入るとは思います。

なかなか結論を出せなくてこう着状態になっている暗示。ダメだろうと思っていてもそれを止められないと言うことも。

ここは決断するしかないようです。

「ううむ、なんだかなあ・・」とか「いやーどうしたもんだ?」と思っている人間関係を見直す日になるでしょう。

仕事上でやむをえないつき合い以外はできるだけ避けて頭を冷やしてみてください。そうすることが現状打破のきっかけになるでしょう。

情に流されず論理的に思考することが大切なときです。

このようなときにオススメのパワーストーンはラピスラズリ

ラピスラズリに求めるのは「腐れ縁切り」。主人を守護する作用に優れたストーンですが…。主人にとって悪い影響を与える縁は、有無を言わさず切り捨てさせるような心の強さを育むストーンでもあります。一時的な淋しさから自分を犠牲にしがちな精神的に弱い主人の心を支えつつ「宿命的な因縁を断る」ように促す作用があります。

罪を犯す仕組み(その3)

さて、前回までに「罪」に関して見てきましたが、ここまでお読みの方に更に情報を。

世の中を見てみると「再犯」ということが多いですよね。これは警察に捕まってしまうような犯罪でなくとも、何度も同じ罪を犯してしまうという状況です。これはいつも「やらかしてしまう」判断のミス、仕事の失敗なども含みます。

なぜこれが起こるのか?

それは「罪を犯す仕組み」で書きました「罪の後の正当化」がキーワードです。その人は、犯してしまった罪を正当化するために、何度もその罪を犯します。これ、本当にはまり込みます。ことによるとその罪を重ねるうちにどんどん過激になり、そして正当化を重ねることもあります。

その人は罪を犯すたびに「謝る」かもしれませんが、罪の本質を知らないがために自動的に次の正当化に走ることがあります。

さて、このコラムでは「罪の原因は判断ミス」と、超簡単に書きましたが、その判断ミスの前には必ず「混乱」が起こっています。

混乱がなければ判断ミスもありません。

これは最近頻発する車の事故として「ブレーキの踏み間違え」を例に挙げることができます。

そのドライバーはブレーキを踏んだつもりなのにアクセルを踏んでいるわけです。これは混乱です。そして判断ミスが起きます。

また車を運転していてある交差点に差し掛かり、前方の信号が黄色であったならこれも小さな混乱です。しかしある人は危険なことを承知の上で黄色信号を突破するということもします。「今ブレーキをかけてもどっちみち交差点の真ん中で止まることになる、だから突破だ」といった後付けの動機で正当化したりするでしょう。そういう人は再犯率も高く、いつの間にか「黄色信号は突破」というサイクルが完成するかもしれません。

しかしこの黄色信号の例では、他の人の安全意識によって事故に遭わずに救われているだけだという事実を無視した状況です。

まずは、罪は判断ミスによるもので、それには必ず事前の「混乱」があることを覚えてください。

この話、続きます。

明日が良い日でありますように。

公開日:2017年3月28日 最終更新日:2017年3月28日