ユーディアライト・自由と責任・ 2018年3月21日

ユーディアライト(Eudialyte)
ユーディアライト(Eudialyte)

(上の画像では赤いハートのビーズに挟まれたストーン)

ユーディアライト・自由と責任・ 2018年3月21日

3月21日は春分の日。「明日のパワーストーン」はお休みのはずですが、なんとなくカードを引いてしまい、ストーンも出てしまいました。

せっかくですからアップしましょう。

ここのところ要注意&アドバイス系のカードが続きましたが、どうもリセットがかかった様子。新しい旅立ちのようです。

今回のカードは「愚者」。

崖っぷちを知らずに笑いながら踊って通る男の絵です。

対するパワーストーンは「ユーディアライト」と出ました(意味辞典に未記載)

これ、カードもストーンもなかなか判断が難しいところではあります。

カードは「何でもあり」的なところがありますが、ひと口に言えば「自由」とそれに対する願望、そしてメッセージとしては「思い切って行動してみたら?」がありそうです。

そしてストーンもそれを後押しする方向の物が出てきたようです。

ユーディアライトの働きはかなり抽象的ではありますが、基本にあるのは「自分の存在を認める」があります。

自由を得るためにまず最初にすることは、自分の存在を認めること。

カードとストーンの組み合わせとして、どうもこんな感じに見えそうです。

自由と責任の考察

「自由には責任が伴う」

といったお説教を書くつもりはありません。でもなぜそうなのかと言うメカニズムに少しだけ触れておきます。

さて、どんな状況でも受け入れることができる、というその度合いに応じて自由は大きくなります。

「受け入れられない」として抵抗している限りは自由ではありません。

ただ、ここで言う自由とは、なんでも好き勝手にできると言う意味ではありませんね。

辞書から引いて正確性を保っておきましょう。

他からの強制・拘束・支配などを受けないで,自らの意志や本性に従っている・こと(さま)。自らを統御する自律性,内なる必然から行為する自発性などがその内容で,これに関して当の主体の能力・権利・責任などが問題となる。哲学的な意味では,自らを自律的に統御し,内なる必然から自発的に行為すること。

(スーパー大辞林より)

そしてこの自由というのは、引き受けられる責任の度合いの応じても大きくなるわけです。

何事につけ、責任を負いたくないという人の自由がどれだけ少ないことか、振り返ることは簡単です。

「引きこもり」という状態が、どれくらい不自由でどれくらい責任を負っていないかを見れば一目瞭然ですよね。

そして、そのような人たちがしているゲームを見ると面白いですよ。それはそれは小さな小さなゲームです。(小さいだけでなく、猫がまたいで通るような内容でしょう)

そうして自分では責任を負わないくせに、文句だけ言うことをしていますよ。

そしてその人たちの自由は小さなものです。

今より自由になりたければ、今より少しだけでも大きい責任を負ってみること。

そして、非常に単純に言えば、自分の意思で「新しく何かをする」ということはそのことについて責任を負ってみようということに他なりません。

これ秘訣です。

明日が良い日でありますように。

公開日:2018年3月20日 最終更新日:2018年3月20日

ユーディアライト・自由と責任・ 2018年3月21日」への2件のフィードバック

  1. 春分ですし、時期的に新しい場所へ進まないといけない時期ですもんね。
    動くことは自分で決めたことですから、責任を持たないとですね(^^)/

    1. コメントいただきありがとうございます。
      何か始めるには良い時期ですよね!

      責任を持つことが自由度を広げること、これで行きましよう。

コメントは停止中です。