2017年8月29日 チャロアイト・リフレッシュしよう/ワンドの王

チャロアイト(Charoite)
チャロアイト(Charoite)

2017年8月29日 チャロアイト・リフレッシュしよう/ワンドの王

まあ、どちらかといえば良いカードで、アドバイス色が強いです。

今まさに、望みに向かって邁進しているか、そうしようと決意しているところかもしれません。

壮大な目標なために理解者がいない孤独な戦いを強いられることもあるでしょうが、最初の情熱を失わない限り、いつか成功するでしょう。

ただし頑張りすぎは禁物です。今とにかく情熱的に取り組みやすい時期なのですが、それだけに必ず休憩を取るように心がけてください。

ここしばらく無理を重ねているのなら、本日はOFFの日として休みましょう。むしろそれも仕事のうちと考える方が幸運を引き寄せそうですよ。

このようなときにオススメのパワーストーンはチャロアイト

チャロアイトに求めるのは「癒し」。もう端的に癒し系三大ストーンのひとつですね。特にチャロアイトは心に働きます。自分が考え出してしまった不安や取り越し苦労などのマイナス感情から解放され、本来望んでいる方向へ動けるように助けます。今回はカードとしてやる気満々なのでむしろ癒しのストーンを取り上げておきました。

あるある、人から聞いた人格について

さてさて、まだ人格を取り込んでしまう話が続きます。

ゲームの対戦相手にしてしまう人格を幾つか取り上げてきましたが、今回は「人に聞かされた人格」について。

例えば両親と子供がいるとして、母親は子供に父親について悪い話(または良い話)をさんざんしていることがあります。父親とは何かの理由で離別があったり、または家庭内にいても疎遠になっていたりするときに多い例です。

これを聞かされた子供は、母親の話から父親の人格を得ます。

このようなとき、母親の話の中に出てくる父親は、本当にそのような人格をしていることはまずありません。

がしかし、子供は聞かされるままに受け取ることが多いのです。その子が母親を信頼していればなおさらです。そしてことによっては母親から聞かされている父親の人格とゲームを始めてしまう可能性があります。

母親が父親を悪く言っているときにはその子供にとって父親は敵である可能性はありますが、同時に、母親の注意を引いているという意味では、母親から愛情を得ようとすれば父親の人格を借りるという可能性もあります。

これ、実はマスコミが事件の犯人像を伝えるときにも同じようなことが起きています。私たちは、その犯人についてその全体像を知ることなく、犯人としての人格のみを知ることがほとんどでしょう。その人のある一面だけを見て、それがその人の全体像だと認識しています。

人から聞いた人格はうのみにしてはダメでしょう。ましてや、その人格とゲームを始めてはいけないし、取り込んでもいけません。これらはまったくバカな話ですよ。

明日が良い日でありますように。

公開日:2017年8月28日 最終更新日:2017年8月28日