シーブルーカルセドニー・過去の失敗を忘れよう/ワンドの9

カルセドニー(代表的な物)
カルセドニー(Chalcedony)

(上の画像はカルセドニー一般)

2015年12月14日 シーブルーカルセドニー・過去の失敗を忘れよう/ワンドの9

今まで努力を注いできた物事に結論が出るときです。

まずは力(ちから)を抜きましょう。頑張った時間が長いほど、それで受け取る結果に疑いを持つかもしれません。一生懸命になっていたので「これで良いだろうか?抜かりはないか?」と心配しているかもしれませんね。

言い換えれば、今までがあまりにも苦しいと、受け取れるはずの幸運を信じにくいということがあるのかもしれません。

しかしここは、どんな結果でもそれを引き受けようではありませんか。リラックスした方が自分の良さを引き出せますし、周囲も穏やかになることでしょう。

過去の失敗を忘れれば、将来の不安もなくなるはず。待っていた成果はもうすぐ訪れそうですよ。

さて、今回おすすめのパワーストーンはシーブルーカルセドニー(意味辞典に未記載)。

シーブルーカルセドにーと言っても、基本はカルセドニーの働きです。それは物事に対する許容範囲を拡大してくれること。様々なことを柔軟に受け入れることができるようになります。それによってストレスが溜まりにくい精神状態を作れ、リラックスすることができますよ。そしてシーブルーとしての青い色は浄化を意味しています。とりあえずカルセドニー一般のリンクをつけます

ノストラダムスの・・・

今回のカードでは「過去の失敗を忘れましょう」ということで、過去にあった何か事件はないかとふとネット上のカレンダーを見ていますと・・・・

1503年12月14日、これがなんとノストラダムスの誕生日。

みなさん、覚えていらっしゃいますか?

「1999年7の月、空から恐怖の大王が降ってくる」

いわゆる「ノストラダムスの大予言」という本に出てくる話です。

とんでもない天変地変、はたまた核戦争が起こるのか!?

1999年、この話題で持ちきりでした。本も空前の大ヒットで続編が何冊も出版され、テレビでも盛んに取り上げられていました。

で、みんなドキドキしながら待っていた1999年7月、何事も起こりませんでした。

さて、ノストラダムスはフランスの医師、そして占星術師なのですが、ご当地フランスでは全くの無名・・・なんですよ。

フランスで街ゆく人に「ノストラダムスってご存知ですか?」とインタビューしても誰も知りません。

ノストラダムスの大予言で大騒ぎしていたのは日本人だけだったというお話です。

そういえば、アセンションというのもあったなー。
といえば、マヤ暦での人類滅亡の日もいつの間にか去ってしまいました。

水に流しましょう。

明日が良い日でありますように。

公開日:2015年12月13日 最終更新日:2015年12月13日