アメトリンで現実を見る

アメトリン(Ametrine)
アメトリン(Ametrine)

2014年11月6日アメトリンで現実を見る/死神のリバース

死神のカードは基本的に「死〜再生」を意味しており、良し悪し以前に再スタートを暗示しています。そしてそのリバースは、なんらかの原因でその再スタートが切れないでいるような状況と言えるでしょう。

再びやり直すしか他に方法はない、そのようにわかっているつもりでも実行に踏み切れないということはないでしょうか。ひとことで言い表せば「どうすることもできない」ということです。

この閉塞感、無力感をなんとかしましょう。

「どうして良いのかわからない」このようなときの解決策は実は簡単です。その答えは「とにかく何かをする」です。だからそのするべき「何か」がわからないのですよね。しかしとりあえず2〜3の案は出るのではないでしょうか?そのどれをするか迷うのであれば、もうなんでも構いません。なんとなく「これは」と思ったものを選べば良いのです。だって、それが将来どうなるかなんて、今わからないことはその将来なんてもっとわかりませんから。

それでも、少しでもまともな良い方向へ持っていくためには現状認識が大切です。現状認識の正確さのみが未来のためになるでしょう。

そのためにお勧めのパワーストーンがアメトリンです。アメトリンは理想に向かって向上を助けるパワーストーンですが、その根本にあるのは現状認識力です。将来のためには今の状況を知る。ここからスタートしましょう。そんなときにアメトリンは強い助けになりますよ。

ちなみに、現状認識が甘いとどんなバカなこともやれてしまいますよ。

どの程度まで認識すれば良いのか

最善の道を歩もうとするなら、できるだ正確な現状認識が必要でしょうが、実のところ何が「最善の道」なのか、今現在はわかりません。ですからとりあえず「やってみる」しかないのです。

さてしかし、人によっては几帳面にも不必要なほどに現状を認識しようとしてちっとも前に進めないという状況に陥っていることもありげですね。

データの詰め込み過ぎはいけません。それで身動きできないようでは元も子もありませんよね。

さて、適切なデータ量を定めるその秘訣は、一見は圧倒されるように見えた分量でもじっと眺めてみたらなんとかなりそうだ、そのように感じられる程度です。圧倒されっぱなしの分量はダメ、あまりに少なすぎて「ちょろいなあ」と思う分量は少なすぎ。だいたいこれが目安です。

別な言い方では、「よく見たら、なんとかやっていける、それにプラスアルファで頑張れる」そんなイメージ。

明日が良い日でありますように。

公開日:2014年11月5日 最終更新日:2014年11月5日