アンバー・こだわりを捨てよう/ワンドの4/リバース

アンバー
アンバー(Amber)

2017年5月24日 アンバー・こだわりを捨てよう/ワンドの4/リバース

このカードもアドバイス色が強いです。

ここのところの問題解決に向かうのに丁度良い具合ではないでしょうか。

成功のカギは逆転の発想。

特にヒントになることは「周囲のアドバイス」。

これまでのやり方にこだわるのを止めてみましょう。現在の考えに固着しないことで突破口が開けるはず。

ですので、自分自身の考え以外のところに問題解決のヒントが転がっているのです。

また、自分の考えにこだわるなら、コミュニケーション不全に陥っていることもありえますよ。

ここは周囲のとのコミュニケーションを回復し、調和をもたらすことが最善のようです。

このようなときにオススメのパワーストーンはアンバー

アンバーに求めるのは「人の言葉を理解すること」。他人からの言葉や外からの情報を正しく受信しにくい人にお勧めのストーンです。他人の言葉や外からの情報を正しく受け止めたい時は、この石を「左手」に軽く握りしめながら「今聞いた言葉や話を繰り返し反すう」してください。それらを正しく受け止める事が可能になりますよ。(このあたりのこと、意味辞典ではあまり触れられていませんね)

コミュニケーションを回復しよう・手放すこと

ほらほら、昨日に続き「手放すこと」に関するカードが出ています。

こだわりを捨てる=手放すこと

でしょ。

しかし、どんなつまらない不要なものでもなかなか手放せないという人は少なくありません。部屋中が物だらけでゴミ屋敷化する人は「手放すことができない」わけです。

なぜ手放すことができないかと言えば、「自分は持てる」という感覚を忘れているからです。

ですから手放すことができるようになるには「自分は持てる」という感覚をリハビリする必要があるのは確か。

これまで何度も書いてきた「所有性の回復」です。

そのリハビリのためにお伝えできる範囲のこととしては「モックアップ」の練習を積むことです。

以下にその手順を示します。

  1. 何か好きな物をモックアップ(頭の中でその映像を描く)します。
  2. それができたら同じ物をもう一つ。
  3. またもう一つ。
  4. さらにもう一つ。
  5. まだまだもう一つ。
  6. 20か30くらい同じ物をモックアップしてください。
  7. それができたらそれらをひとまとめにして丸めます。
  8. そうしたらそれを窓の外に投げ出してください。

できましたか?できるようになるまで1-8を何度でも繰り返します。

次にコミュニケーションを回復させます。

  1. 目の前に何がありますか?
  2. その物に、あなたに対して「こんにちは」と言わせてください。
    (頭の中で想像してください)
  3. その物が「こんにちは」と言ったら、あなたはそれに対して「OK」と返事してください。

スムースにできますか?

これを嫌になるまで何度も繰り返してください。そしてバカバカしくなって、そして笑えてきたら終了です。

明日が良い日でありますように。

公開日:2017年5月23日 最終更新日:2017年5月23日