ガーネット

大変有用、でも使うのが難しいパワーストーン

ガーネットは意味や効果としては大変有用なパワーストーンなのですが、使用に際して少し緊張をともなうパワーストーンです。

ガーネット



上の画像では赤紫の丸玉がガーネットです。

ガーネットの基本的な意味として「大切な人との絆を深める一途な愛を象徴するパワーストーン」として紹介されていることがあります。

販売するときもこれを表に出しておけばよく売れるとは思いますけど。

ところが、パワーストーンの意味と効果を熟知している人でも、使用する際には緊張を強いられる物のひとつだと思えてなりません。

それでもまあ、別にこのパワーストーン自体が、偏屈で変わりモノなのではなく、基本的には非常に有用だとは思います。

バランスを取る意味とその効果

持ち主となる人のエネルギーが「過剰な状態」にあり、ささいなことで人にケンカを売ってしまうとき、持ち主から余分なエネルギーを吸収します。

逆にエネルギーが「不足状態」にあり、抑うつ症や不眠傾向が強い場合、自分が持つエネルギーをパワーストーンが分け与えます。

そうしながら持ち主にとって「ちょうど良いバランス」をとることができるパワーストーンがガーネットなのです。

組み合わせと使用の難しさ

ガーネットを他のパワーストーンと組み合わせて使うとき、ガーネットがそれらのパワーストーンの影響を受けない状態に組み上げる必要があります。そうでないとまったく上手く働きません。

その意味ではガーネットの単体使用がお勧め

「遠距離恋愛のお守り」や「愛する人に貞節を誓う」場合に使用したりするパワーストーンでもありますが、この効果を望むとき「愛する人がただ一人だけ」の場合に限ります。

少しでも「浮気な心」「あやふやな態度」を感じると、このパワーストーンは「自分が持つパワー」を全て空中に放出してでも、持ち主のために働くことを拒否するストーンです。

これもガーネットを使うことを難しくしている点になります。このパワーストーン、使える人がどれくらいいるでしょうか?

ガーネットを使用したセレニティアス製品

代表的な作品は以下のリストです。

関連記事

前のページ