アゲート

Agate

アゲート各種

アゲートとひと口に言っても上の画像の通り多くの種類があり、それぞれに意味や効能を持っています。

そこで、このページではアゲート類全体の一般論を説明し、個々のアゲートについてはそれぞれのページを用意しています。

アゲート類は、日本でも古くから親しみのあるパワーストーンですね。和名として瑪瑙(めのう)と呼ばれています。

アゲートは水分中にあった珪酸成分(SiO2)が水温の低下によって、水中内で沈殿することにより形成されます。

沈殿した微小な結晶が集合し、その結晶と結晶の間にはさらに小さな隙間がたくさんあります。

なので染料を染み込ませやすく、カラーバリエーションも豊富です。また加工と使用において程よい硬度があり、扱いやすいストーンと言えます。

アゲート一般についての意味と働き

アゲートは古代エジプトの頃から「大地との結びつきが強いストーンだ」と考えられていて、豊作・長寿・財産・健康・勇気をもたらすために「護符」や「装飾品」などに加工され、愛用されてきました。

  • 赤い色をしたアゲートは「勇気」「活力」
  • 緑色をしたアゲートは「豊作」「安らぎ」

アゲートの守護

燃えて揺らめく炎の色合いをしたアゲート※1は「守護」。

※1 単品使いには向かないストーンで「力の出し加減や、暴走を調整するための女房役ができるストーン」が必要となる「要取り扱い注意」な子です。

他にも、淡い水色の縞模様が交互に入ったアゲートは「和平」「人の輪」
などそれぞれに特殊要素があります。

アゲートは、ベースとなる構成成分が珪酸成分(SiO2)だけあって「魔除け」「安らぎ」などに使ってあげる方が、ストーンも力を発揮しやすいように思います。

同じ成分を持つ「ロック・クリスタル」の守護能力には及びませんが「パワーストーン初心者」に対しても辛抱強く接してくれます。

ですので、色んなカラーリングをしたアゲートの種類の中から気になる子を見つけたら、積極的に愛用してみて使用前&使用後の様子を記録しておきましょう!

何かあった時に自分の願いを応援してくれるアゲートを直ぐに探しだせるようになるので便利ですよ。

アゲートのグラウンディング

また、アゲートは「グラウンディング※2の石」とも言われていて、身体中を巡るエネルギーの循環、吸収、排出を助け、情緒・肉体・知性面のバランスを助けます。

プラスエネルギーとマイナスエネルギーを調和させるのが得意なので、パニくった主人の心を落ち着かせる名人でもあります。

※2グラウンディング

地に足をつける意味。しっかりと大地に足をつけていることを意識して行う。自身に溜まった余計なエネルギーを大地に流し、逆に癒しのエネルギーをもらうことができる。

アゲートを使ったセレニティアス製品

アゲートは多くの作品に取り入れられています。代表的な作品は以下の通りです。

関連記事

前のページ