ガーネットあるある

ガーネット1

ガーネット2

パワーストーンあるある (第十五話)

以前から「ガーネットは取り扱い方が難しいストーン」と言ってきました。

それは、ガーネットという名前は色々な種類の変種から成るグループの総称の事を指しているからです。

赤系のキレイな石=ガーネットではないですよ。

ガーネットは、大きく分けて「赤系」「緑系」があります。さらに変種として「オレンジ系」「ピンク系」「黄系」「混合系」「カラーチェンジ系」etc..と。

セレニティアスで使うガーネットは主に赤系の一種である「ロードライト・ガーネット」です。

でも、必要に応じて「ツァボライト・ガーネット(緑系)」や「ヘソナイト・ガーネット(黄系)」も使います。

宝石学や鉱物学を学んでいる人にとっても「??」ってなるのが、ガーネット

カラーバリエーション豊富ということは含まれる鉱物も様々。当然、それに伴い効能も若干変化しちゃう。

だからガーネットは取り扱いが難しいのです (; ^ω^)

関連記事

パワーストーンコラム更新をメールで受信

マガジン「パワーストーン・トーク」では当コラムの更新情報もお届けいたします。

パワーストーンコラム・バックナンバー

簡単!メール登録・解除

ときにはお得なクーポンも。
メールマガジン
セレさんのパワーストーン
トーク紹介

コメント


認証コード7669

コメントは管理者の承認後に表示されます。