コーラル(珊瑚)の意味と効果

Coral
母から娘、愛しい者への願いを込めたもの

穏やかなエネルギーで包み込む

コーラルはすなわち珊瑚(さんご)ですね。世界のあちらこちらで古くから「女の子の守り石」としても大切にされてきたものです。

全ての命を育む源と言わる「海で生まれるもの」だから特別な意味を感じていたのでしょう。

様々なコーラル

悪魔から身を守るための「魔除け」として大切な人に贈る事もありました。

俗信的な言い伝えでは「止血に効く」ともいう説もあったようですが真偽はナゾです。

古くから「母から娘へと」大切に受け継がれていた歴史、そして実際の働き方をみてきた上で、セレニティアスではコーラルをパワーストーンとして取り扱っています。

上の画像の通り、様々な色の物があります。実際には天然の色でなく染めた物の方が多いです。ちなみに、最も手前にある赤いコーラルは天然色の物。

ところでコーラルは正確には「石」ではありません。

「刺胞動物門(しほうどうぶつもん・海洋に生息し毒液を注入する針などを持つ動物の総称)の集まり」です。

古くから「母から娘へと」大切に受け継がれていた歴史、そして実際の働きを見見ると、セレニティアスではコーラルをパワーストーンとして取り扱っています。

コーラルのリラックス効果

コーラルは、海の中に根を張り枝を伸ばします。でも、枝が育つ向きによっては海流に乗ってきたプランクトンをキャッチできない枝もあります。

しかし!

1本の根から育つコーラルは餌となるプランクトンを一度体内に取り込み、全ての枝に栄養が行き渡るようお互いに分け合いながら一個体として成長していきます。

この生態だからこそ、コーラルは非常に穏やかで優しく協調性の高いエネルギーを持っているのだと思います。

自分と一体になっている主人(身につける人)をいたわり、常に心を配ってくれるので、その結果として心身がゆるみ、とてもリラックスできるのでしょう。

(海は穏やかさと激しさの両面を持つ命を生み出す場所。そんな海の中で助け合いながら生きているなんてすごいなぁ、と思います)

コーラルは迷いや不安を取り除く

コーラルは不安や迷いを取り除き、冷静な判断ができるように精神面に空きスペースを作ります。このスペース作りは大事です!

特に対人関係における自分に非がないトラブル事に関しては、一時的な痛みは伴ってでも「結局は正しい道だった」と後で言えるような行動をさせてくれます。

今の自分に必要なもの、もう手放してもよいものをキチンとジャッジし、片付ける。記憶物の断捨離みたいなものですね。
キチンと考えなくてはいけない時こそ「まずは、記憶テーブルの上の空きスペース確保」が優先されます。

コーラルは絶対的な安心感で包み込んでくれますので、手放すことへの恐怖心、答えが見つからない不安感を軽減します。
不要なものを手放し、空きスペースができたところで「じっくり考え、自分なりの答え」を見つけ出す。

これら一連の作業がスムーズに行われることによって、コーラルは迷いや不安を取り除き、自分なりの答えを導き出すサポートができるのです。

また、特に対人関係における自分に非がないトラブル事に関しては、一時的な痛み(別れによる喪失感)は伴ってでも「結局は正しい道だったんだ」と後で思えるような行動をさせてくれます。

コーラルを使った作品例

上はコーラルを使った作品例「赤サンゴとスワロフスキーのペンダント」。ここに使われているコーラルは天然の色の「赤サンゴ」。希少品です。

コーラルをお勧めしたい人

  • いつも何かの答えを求めて、不安感がある人。
  • 何があっても自分だけの味方となってくれるものが欲しい人。
  • 精神的な余裕が欲しい人。
  • 新しい行動を起こすために必要な下準備をしたい人。

これらの方にお勧めします。

心が穏やかなエネルギーに満たされると自分が出す雰囲気まで変わってくるので、コミュニケーションを円滑にする効果も期待できます。人と接するのが苦手な人はいつも身につけているとよいでしょう。

人と接するのが苦手な人はもちろんのこと、もっと深く付き合いたいと思う人がいる時にはいつも身につけていると、相手にも穏やかな空気が伝染して、楽しめるコミュニケーションができますよ。

また、心が穏やかなエネルギーに満たされると自分が出す雰囲気までも変わってきますよ。穏やかなムードは円滑なコミュニケーションには欠かせないものですね。

関連記事

前のページ