2017年9月15日 ホワイトジェード・復活のとき/審判

2017年9月15日 ホワイトジェード・復活のとき/審判

これまでに苦労を重ねてきたと思われる人には大変良いカード。

復活、再スタートの暗示ですね。

今まで感じていた辛さに対して大きな意識改革が起きるかも。新しく大きな生命力が流れ込んできます。新しいスタートラインに立つことができる日。

これまでに様々な喪失や絶望的な出来事にあってきたかもしれませんが、まるで新しく生まれ変わるように、これらが一切清算されるというような、大きな心境変化があるかもです。

秘訣として、自分自身でも過去を手放すようにしてみてください。それがうまくいけば事態は必ず好転します。

このようなときにオススメのパワーストーンはホワイトジェード(意味辞典に未記載)。

ホワイトジェードに求めるのは「不安な感情の浄化と、それらを手放すこと」。細く鋭いエネルギーを持つヒスイの一種です。ジェダイトとは違って、鋭いながらも内面的な安定をサポートするように染み込んできます。魂や精神など「見えないけど自分の根幹部」にこびりついている「不要になったエネルギー」「不要になった過去の感情」を浄化し、それらを手放すよう促します。

過去を手放すために(ホワイトジェードはいいですよ)

今回のカードにちなんで過去を手放すことについて記しておきます。

ある出来事が起こった、という事実は誰にとっても同じです。それがなかったことにはできません。

しかし受け取りようは人の数だけありますよね。

その「受け取りよう」というのは、実際には「考え」で決定されます。どう思うかはその人次第です。

それから「考え」以外に反応としての受け取りようがあります。

これは前回までに書いていた「それに似た、より過去の出来事」の連鎖にあるように、反応的に植え付けらたものがあります。

しかしながら、この反応も、実際には「考え」で変えることができるのは確かですよ。

反応から脱して考えによって受け取りようを変える極意は、とにかくその出来事を良く見ること。

良く見てこそ、捨てるべきものの正体が分かります。

単に反応しているだけだと捨てるべきものがわかりません。

ところで、ここで捨てるべきは「感情」ではありません。多くの人がここで間違いやすいです。感情を捨てるのは難しいです。怒ったり泣いたりしている人が、その感情を捨てるのはちょっと無理があるように。

むしろ捨てるというよりも、整理してわきに置くというのがぴったりかもしれません。そのためにも、その出来事を良く見る必要があります。しっかり見ると、怒ったり泣いたりはしませんよ。

あなたが無意識だった瞬間、あなたの周りで誰かが何かを話していなかったでしょうか?

「もうダメだ!」と言っていたのはあなたでなく、あなたを見ていた誰かかもしれません。

明日が良い日でありますように。

公開日:2017年9月14日 最終更新日:2017年9月19日