ユナカイト・混沌から抜け出せる・ 2018年6月19日

ユナカイト(Unakite)
ユナカイト(Unakite)

ユナカイト・混沌から抜け出せる・ 2018年6月19日

ユナカイトが出ています。

ユナカイトに求めるのは「未来への希望・自信」。

意味辞典の方ではユナカイトの「癒し系」機能のみを取り上げていますが、実際には将来に向けて希望を見出し、前向きに考えられるという働きもあります。

まあ、それができるようになるのも、過去の辛い出来事のために閉ざした心を癒すことが根本にあるわけですが、さらに未来に対して自信を持てるように導いてくれるのがユナカイトですね。

さて、カードは「ソードの4/リバース」。

これはリバースの方が良いですね。

どことなく、前回の延長上にあるような気も。

これまでに東奔西走してジタバタと事に当たっていましたが、その混沌の後の静けさが戻ってきた様子。

どうにかこうにか対処して、自体を収拾してきたあなたはそれによって新たに実力を得ている可能性大。

現状で問題のすべてが解決したわけではないにせよ、以前よりまして落ち着いて的確に処理できそうですよ。

自分を信じて正義を貫けば有利な展開になる暗示です。

大阪府北部地震のこと

これを書いている6月18日、朝8時前にM6の大きな地震がありました。

セレニチアスでは業務に差し支えることもなくどうにかやり過ごすことができました。

お見舞いメールを多数いただき誠にありがとうございます。

さて、この地震で京阪神に長く暮らす人々の記憶によぎるのが、23年前の阪神淡路大震災です。

このようなとき人々は様々に反応します。

今朝の地震と23年前の地震をごっちゃにするということです。

これはバカなことですが、人の記憶のメカニズムとしてどうしてもそうなりやすいのです。

今朝の地震では何も被害がなくとも、過去の地震被害とごちゃ混ぜにしてオロオロしてしまいます。

そうならないためには「現時点にいて凛として現実を見る」これしかありません。

過去の辛い思い出に操られないためには、この地震でなくとも同じことです。

現時点にいてしっかりと現実を見ることができるかどうか、これをいつも念頭におきます。

自分がしてしまう何か不可解な反応があるとすれば、それは忘却の彼方にあると思っている辛い記憶と関係ありかもです。

辛い記憶はそれがなかった事のように振る舞いたいものですが、そうはいきません。

その辛い記憶さえもしっかり見ることが大切、しっかり見たものは、それが過去のことであることを認識でき、現在のこととごっちゃにすることがありません。

過去の処理、それはしっかり見ること。これにつきます。

明日が良い日でありますように。

公開日:2018年6月18日 最終更新日:2018年6月18日