スモーキークオーツ・自分の本気度を試されるとき

スモーキークオーツ(Smoky-quartz)
スモーキークオーツ(Smoky-quartz)

2015年6月9日 スモーキークオーツ・自分の本気度を試されるとき/ワンドの3/リバース

カードはリバースで出ていますが、ネガティブな雰囲気はありません。

邪魔していた問題を解消し、不自由を感じていたことがらから解放されるといった暗示です。

ただしタイトル通り、自分自身の本気度を試されるという場面が訪れるかも。

このときの対処で多少の不安がったとしても、後になってそれが正しい選択だったと気づくときがくるようです。

そうなるためには自分自身と仲間を信頼し、迷いを振り切って前進してください。

このようなときにお勧めのパワーストーンはスモーキークオーツ

ズバリ、スモーキークオーツは今回「不安の解消」として使います。想像による不安や(まあ不安というのはほぼ想像ですが)、悪い方に考えがちな悪いクセなど主人が持つマイナス思考から脱出させてくれるストーンですね。

スモーキークオーツのこの働きにについて意味辞典の方では触れていません)

迷うことと、選択の秘訣

さてさて、今回のカードは「迷うことなく自分と仲間を信頼しよう」というアドバイス。

しかしながら「迷う」ということに大そう苦しむ人がいるのも確かです。

ところでこの「迷う」ですが、要するに責任を取りたくない(またはリスクを取りたくない)という心の表れと見ることできます。まあかなりの割合でそうでしょう。

これがひどい人になると、その選択を誰か他の人に任せようとするでしょ。ね、責任回避の気持ちがそこにあるのがわかります。

そして、この責任を取りたくないと思っている理由のひとつを端的に言えば「だってどれが良いのかわからないもの!」ではないでしょうか?

そう、混乱ですね。仕方がないですね。だってわからないのですから。

このようなとき、それでもどうしても決断せざるを得ない場面というのは人生には必ず起こります。

現状で得られる情報をとりあえず並べてみて、そのどれもが平行線で良し悪しがわらからないのであればもうアミダでもやって決めるしかありません。

これは冗談でなくて本当ですよ。

ここで思い出していただきたいのは「人生の大目標からはずれなければ小さいことは気にしない」という大方針です。

迷ったときには視点をもう少し高い位置に置いて眺めてみましょう。あまりにも細かいことに思考と時間を費やすと、大目的がなんだったのか見失いますよ。

人生はある見方をすれば時間でできていますから、時間の浪費はすなわち人生の浪費。

AにするかBにするか、実のところどっちだって大目的にかなうならば、もとよりどちらでもかまいはしないのです。

A or B どっちか未来においてより良い選択か??

そんなことは神様しか知りません。AでもBでもときに応じてやりくりし、良いものにしていきましょう。人間万事塞翁が馬

最終的に迷ったら、自己責任でアミダをやりましょう。

明日が良い日でありますように。

公開日:2015年6月8日 最終更新日:2015年6月8日