レインボーオブシディアン・決断の日/ワンドの王子

レインボーオブシディアン(Rainbow-obsidian)
レインボーオブシディアン(Rainbow-obsidian)

2016年4月11日 レインボーオブシディアン・決断の日/ワンドの王子

何だかすごい良いカードですよ。

スタート地点に立っているようです。または第二の人生に差しかかっている場合には全く新しいことを始める時期でもあります。

新しく才能を開花させるには大変良いタイミングが訪れました。

これからのスタートですからまだ何も始まってはいませんが、それだけに夢は大きい方が良いのです。誰にも信じられないようなことでも思い描いて構いません。

夢と希望に満ちたスタートの日。今日「何を選ぶか?」で未来は大きく変わります。

今日のテーマは「決断」です。

これまでとは全く違った道に歩み出すことで自分が知らなかった才能に開花する可能性もありますよ。

このようなときにオススメのパワーストーンはレインボーオブシディアン

決断に最もふさわしいストーンとしてレインボーエブシディアンを選びました。優柔不断を断ち、決定力を強化します。

ゴールと決断

決断して何かを始めましょうというカードが出ています。

今回のコラムではその「決断」と「ゴール」について考察します。

さて、何かを始めるのは結構簡単です。

何を始めても良いわけですが、ゴールの設定は必要です。それは始めるにあたっての意味ですね。で、何がしたいのか?ということです。

ゲームを考えてみてください。将棋なら王をとった人の勝ち。これがゲームのゴールとして設定されているものですね。

目的(ゴール)がないスタートは、途中で本当に迷子になりますよ。単に日記をつけるという決断でさえが三日目にはもう崩壊します。

逆に言えば、目的がある方が全く楽に進めます。自分が何をするべきなのかわかるからですね。

日記が三日坊主になる理由のひとつは、その目的が曖昧だからではないでしょうか。

「とにかく日記をつける」では良い大人が自分を納得させることはできません。

かつてのコラムで「考えを変えるのは誰でも得意だ」として、その例を三日坊主の日記として取り上げました。

そのときは、日記を書くという決断を「やめる決断」で覆すという意味で表しましたが、今回の例は目的なくスタートしたがために迷子になるという話です。

で、決断で大切なのはスタートをする決断ではなく、ゴールの設定であるということでしょう。

ゴールが決定すれば、ほとんど何でも自動的にスタートできますよ。

「そのゴールの決定ができない」

というのであれば、それは無責任ということです。誰かに与えられたゴールに向かって走る、それは将棋盤の上の駒であって、ゲームのプレーヤーではありません。

ゴールの設定をしないまま、知らないままでいることは、それは一生涯をゲーム盤の駒で過ごすことです。

明日が良い日になりますように。

公開日:2016年4月11日 最終更新日:2016年4月11日