プレナイト・自分の能力と現実を見ることから始めよう

2015年3月24日 プレナイト・自分の能力と現実を見ることから始めよう/ペンタクルの2

今現在の持てる能力を十分に使おう。

もっとやりたいことがあるけれど、自分にはそのその能力がない、そのように思ったことはありませんか?

しかし、実は今自分自身が持っている能力を十分に使っているのかどうか?それも怪しいということはないでしょうか?

自分自身を疑うことで本来持っていた能力を使わずじまいになっていることがあるかもしれませんよ。

自己否定、自分自身を過小評価するのは止めましょう。

さて、この日にお勧めのパワーストーンはプレナイト(意味辞典に未記載)。このストーンは自己実現系のお助けとして優れた働きをしてくれます。思考回路が明晰になり、周囲から必要な情報だけを選び出したり、持久力も付けさせてくれますよ。

自分の能力と現実をしっかりみて、今はより安定的に基礎を築くのも良いでしょうね。

やればできるという言い訳

自分自身を過小評価して様々なことにチャレンジできないというのも残念ですが、別な状況の残念な状態もあります。

それは「やればできる」という「言い訳」。ある意味で過小評価と逆パターンですね。思いますに「やればできる」は単なる仮定の話に過ぎません。

また「やればできる」は親が子供にハッパをかけるときの台詞としてよく耳にします。または単に「親バカ」である可能性も。

しかし、本当にやればできるのでしょうか?さあ、どうでしょう?

「やればできるのだが・・・」なぜかやらないわけですよね。

「やればできるだろうが・・」これは「できないのでしない」人と結果的には何も変わりません。

そういえば、親に言われ続けたせいか「やればできる」と自分自身を勘違いしている人もいるようですよ。できもしないのに「やればできる」と思っている人のことです。

またスポーツや芸術系でも「才能はあるんだからやればできるんだ」という種類の言いようもありますよね。

持っている才能ねえ、思いますに人生で最も大切な才能は「あることに取り組んだらそれを続けること」だと思います。

物事を続けられる人に対しては「やればできる」なんて架空の話はありません。その人は継続的に「やってます」。できることを今まさにしている最中ですよね。

あなたの中にある「やればできる」を今すぐに実行してみても良いかもです。

明日が良い日でありますように。

公開日:2015年3月23日 最終更新日:2015年3月23日